FC2ブログ
IMG_5797.jpg

2018-12

mica ミカ - 2018.12.07 Fri

FullSizeRender1_20181207223849c4a.jpg

Mica male!

なかなかイケるね!





"mica" e` una parola un po' misteriosa.

mica って言葉は、な~んかね、な~んとなくね、よく分かんないヤツ。



≒ per niente, affatto 「全然~でない」
 
Non è mica vero quello che dice lui
彼の言ってることは、まったくのデタラメだ(← まったく本当じゃない)

Non ti arrabbiare, non l'ho mica fatto apposta!
怒んないでよ、わざとやったわけじゃ全然ないんだから!

Non hai mica capito il mio sentimento!
あなたは私の気持ちなんて全然分かってない!

Sono cose vere, non sono mica storie
それは本当の話であって、作り話なんかじゃ全然ない

Stai bene? - Non sto mica tanto bene
元気?- 全然元気じゃない

E` un vino da poco prezzo, ma non e` mica male
安いワインだけど、悪いことは全然ない (→ むしろなかなか良い)



Se viene invece prima del verbo, "mica" si usa senza essere accompagnata dal "non".

「non~mica」のセットで「全然~でない」ですが、mica を文頭にもってくると、それだけで否定の意味になるので、non は不要なんだけど・・・



Non è mica vero quello che dice lui
Mica e` vero quello che dice lui
Mica vero quello che dice lui

Non ti arrabbiare, non l'ho mica fatto apposta!
→ Non ti arrabbiare, mica l'ho fatto apposta!

Non hai mica capito il mio sentimento!
Mica hai capito il mio sentimento!

Sono cose vere, non sono mica storie
→ Sono cose vere, mica sono storie
→ Sono cose vere, mica storie

Stai bene? - Non sto mica tanto bene
Mica sto tanto bene
Mica tanto

E` un vino da poco prezzo, ma non e` mica male
→ E` un vino da poco prezzo, ma mica e` male
→ E` un vino da poco presso, ma mica male



Capisco la teoria, ma secondo me "mica" non suona una negazione come ad esempio "nessuno", "niente" e "nulla", per cui se sento dire "mica male" ci vogliono cinque secondi per capire se e` male o non e` male.

mica 「ミカ」って響きが、ネガティブ感まるで無い!nessuno 「誰も、何ひとつ~ない」、niente 「何も~ない」、nulla 「何も~ない」などは、「n・・・」で始まってくれている分、non を連想させて否定の雰囲気があるんだけど、ミカちゃんはワタシテキにはむしろポジティブな感じ!爆
故に、mica male 「ミカ・マーレ」なんて言われても、それが「全然マーレじゃない」→「全然悪くない」→「結構いいかも」であることを理解するのに5秒ほどかかります。



40790501.jpg



Poi c'e` un altro significato.
で、mica には、疑問文で使うさらにこんな意味も。



≒ per caso 「もしかして」

Non ti ho mica disturbato?
もしかして、お邪魔じゃなかった?

Non ti sarai mica offeso?
もしかして、気を悪くなんかしなかった?

E` scappato via il mio gatto! Non l'hai mica visto in giro?
猫がどっか行っちゃった!もしかして、その辺で見なかった?



Se "mica" viene prima, ugualmente non richiede "non".
この場合も、mica が動詞の前にくると non は不要であると。



Non ti ho mica disturbato?
Mica ti ho disturbato?

Non ti sarai mica offeso?
Mica ti sarai offeso?

E` scappato via il mio gatto! Non l'hai mica visto in giro?
Mica l'hai visto in giro?



Allora se rispondessi a queste domande con "mica" nel senso di "per niente", le risposte potrebbero essere cosi`?

じゃあさ、これらの質問に、「全然~ない」という意味での mica を使って答えるならこうなるわけかしら?



A: Mica ti ho disturbato? もしかして、お邪魔じゃなかった?
B: No, mica mi hai disturbato. いや、全然邪魔なんかじゃなかったよ

A: Mica ti sarai offeso? もしかして、気を悪くなんかしなかった?
B: No, mica mi sono offeso. いや、全然気なんか悪くしなかったよ

A: E` scappato via il mio gatto! Mica l'hai visto in giro?
猫がどっか行っちゃった!もしかして、その辺で見なかった?
B: No, mica l'ho visto. いや、全然見なかったよ




mikatyan.gif

Piacere! Mi chiamo Mika! Mi piace tanto mikan!

(mikan = mandarino)




Parlando di questo mistero della parola "mica", il mio amico italiano Luigi ha fatto un bel gioco di parole.

そんなこんなで、ミカちゃんの不思議を友人のルイージと語ってましたら、彼が座布団3枚のシャレをかましてくれましたよ。



Non hai mica un'amica Mika?

(読み方) ノナーイミーカウナミーカミーカ?
(意味) もしかして、ミカっていう女友だちいる?



E io risponderei
この質問にはこう答えるかな。



No, non ho mica nessun'amica Mika!

(読み方) ノ、ノノミーカネッスナミーカミーカ
(意味) いや、ミカっていう女友だちは誰もいない




20150502_317235.jpg

mica = 雲母 でもある




Circolo Massimo イタリア語教室からのお知らせ - 2018.12.06 Thu

無題7



派遣業務のため、下記日時のレッスンをお休みさせていただきます

12月3日(月)、4日(火)、6日(木)終日
12月5日(水)9:00~15:00


Pakkun vs Fu-chan - 2018.12.03 Mon



essere incompatibili 相性が悪い、相容れない

IMG_5741.jpg

essere inconciliabili 妥協不可能

IMG_5742.jpg

non andare d'accordo 馬が合わない

IMG_5748.jpg

essere come cane e gatto 犬猿の中

IMG_5745.jpg

attaccare briga con qualcuno ~に喧嘩を売る
combattere contro qualcuno ~に立ち向かう

IMG_5747.jpg

attaccare lite con qualcuno ~と喧嘩を始める

IMG_5751.jpg

litigare con qualcuno ~と喧嘩をする
venire a litigio 口喧嘩になる
fare una scenata 言い争いをする

IMG_5749.jpg

venire a battaglia 戦闘を開始する
venire alle mani 取っ組み合う
combattersi 互いに格闘する

IMG_5750.jpg

non conciliarsi mai 絶対仲直りしない

IMG_5654.jpg





Ahi ahi ahi...
やれやれ…




mi sa che ミサケ - 2018.11.25 Sun

P9090075.jpg

Mi sa che oggi non mi hai ancora dato niente da mangiare

今日はまだ何も食べさせてもらってないような気がする





Mi sa che piovera`.
雨が降るような気がする

Mi sa che sono innamorata di lui.
彼に恋してるような気がする

Mi sa che e` ormai troppo tardi.
もう遅すぎるような気がする

Mi sa che lei non mi chiamera` piu`.
彼女はもう電話をくれないような気がする

Mi sa che ho detto una stupidaggine.
バカなことを言ってしまったような気がする



Mi sa che...

Mi sa che...

Mi sa che...

Mi sa che...

・・・って気がする

・・・って気がする

・・・って気がする

・・・って気がする



misacheho.png

間違ったマウスを捕まえちゃった気がする!



Prima di tutto, il verbo "sapere" ha in questo caso un significato intransitivo "avere sapore, avere segno" di qualcosa.

まず、動詞 sapere のこの場合の意味は、他動詞「~を知る」ではなくて、自動詞「~の味がする、~の気配がある」なので、そこから「~のように思える、~と思う」ということになり、よって Mi sa che piovera` は、



"Mi sa che piovera`" quindi sta per

A me questa giornata abbia il sapore di pioggia
Ho impressione che piova
Mi sembra che piova
Credo che piova

ワタシテキには、今日は雨の気配がある
→ 私は雨が降る印象をもっている
→ 私には雨が降るように思える
→ 私は雨が降ると思う




Fin qui tutto OK!
ってことで、ここまではいいんだけど




Ma una cosa strana e` che non ho mai sentito dire
変だなぁと思うのは、次のように言うのを聞いたことがないってことです。



Ti sa che piovera`? (= Ti sembra che piova?)
君には雨が降るように思える?

Ci sa che piovera` (= Ci sembra che piova)
私たちには雨が降るように思える

Vi sa che piovera`? (= Vi sembra che piova?)
君たちには雨が降るように思える?

Gli sa che piovera` (= Gli sembra che piova)
彼には雨が降るように思える

Le sa che piovera` (= Le sembra che piova) 
彼女には雨が降るように思える



"mi" di "mi sa che" e` il complemento indiretto, cioe` "a me", quindi dovrebbe essere applicabile anche agli altri complementi, ma mi sa che non lo e`.
"sapere che" viene usato esclusivamente con "a me"? Se si`, come mai?

mi sa che の mi は、間接目的語代名詞の a me 「私に」なんだから、他の人称「君に、私たちに、彼に」などにも当てはまるはずですよね。だけど、ミサケそうじゃない。
sapere che というのは、1人称 「私に」限定なのか?もしそうなら、なぜだ?




sorci.png

ネズミどもを食い過ぎた気がする




Poi un altro dubbio: "mi sa che" deve essere seguito dall'indicativo o dal congiuntivo?
A questa domanda risponde Accademia della Crusca, la piu` prestigiosa istituzione linguistica d'Italia e del mondo! ... pero` e` troppo lungo! e la conclusione la troverete solo alla fine.

そしてもう一つ疑問が。
ミサケの後は、直説法?それとも接続法?
「~のような気がする」なんだから、そりゃ接続法でしょう、と思うわけなんですけど、これに関しては、Accademia della Crusca (クルスカ学会)が答えてくれてますよ。クルスカといえば、そう、1612年に最初のイタリア語辞書を作ったイタリア語の協会で、ネイティブも言葉に困ったらまずクルスカ!ってぐらいイタリア言語における神様的存在です。
でもね、解説が何かにつけて必要以上に細かい・・・あ、いや、大変詳しいもんで、欲しい答えは一番一番一番最後にやっと載ってたりします。




misache.png 《質問》 mi sa che に続く動詞は直接法なのか、あるいは接続法なのかとよく聞かれますがどっち?




動詞 sapere のラテン語由来の意味やらなにやらで解説が始まり・・・




延々と・・・




延々と・・・




延々と・・・




色んな説明が続き・・・









やっと最後の5行で結論が!




Rispondiamo allora al dubbio dei nostri utenti seguendo le indicazioni della maggior parte dei dizionari e della Grande Grammatica di Consultazione: dopo la proposizione mi sa che è preferibile l’uso dell’indicativo, data la sua maggiore frequenza, ma senza dubbio è possibile anche il congiuntivo, come riportato dal Sabatini-Coletti 2008, dallo Zingarelli 2012 e dalla Grammatica Italiana di Moretti-Orvieto.

「では、大多数の辞典が示していることに則って、ユーザーたちの疑問に答えることにしよう。mi sa che の後には直説法をもってくるのが好ましい、というのが大筋の結論であるが、功名でエライ色んな辞典が言っているように、接続法をもってくることも可能であることは間違いない。」


(ハイ?



クルスカ様 Accademia della Crusca


imparare ascoltando 聴きながら覚える - 2018.11.19 Mon

PB150754.jpg

(Provo gelosia per quel giovanotto pieno di vita...)

(あの若さが妬ましい・・・)





Durante questo viaggio in Italia si` che sono stata sfortunatissima con il tempo che mi ha impedito di uscire, ma avendo passato tanto tempo nei dintorni di casa del mio amico, ho imparato varie espressioni attraverso le nostre belle chiacchierate.
Alcune le sapevo gia` "nella testa" ma mai usato ne` sentito dal vivo, alcune invece sono quelle che ho sentito per la prima volta...

しつこいようですが、今回の旅行はマジでついてなかった。
でも、雨ばっかりのせいで、ず~っと友人宅やその周辺をウロウロし、その間ず~っとイタリア語でおしゃべりをしていたもので、ネイティブが無意識に発する生のイタリア語をたくさん聞くことができ、かえってとっても有意義な時間となりました。
頭で知ってはいても、使ったことも生で聞いたこともなかった表現や、えぇー、知らなかったヨヨヨ!みたいなのももちろんあり・・・



IMG_5384.jpg



fesseria 「戯言、無意味なこと」

"Dai, tutto questo e` una fesseria!"
もう、そんなの意味ないし!

Non mi ricordo in quale situazione l'ho sentito, ma mi e` rimasta nelle orecchie la parola "fesseria".

どんな状況でこれを聞いたか忘れちゃいましたが、友人の口癖なのか、何度も fesseria (フェッセリーア)という単語を耳にしたもんで覚えちゃいました。


incastrare 「はめ込む、割り込ませる」

"Incastriamo qua la birra..."
ビールをここに突っ込もう・・・

Magari ho sentito male.
Lui voleva mettere delle bottiglie di birra nel frigo ma era pieno e non aveva spazio. Ce le ha messe per forza dicendo cosi` (credo).

確かこう言ったような気がしたんですが、もしかしたら違うかも。
友人は、ビール瓶を冷蔵庫に入れたかったんだけど、ギチギチで入らない。そこでこんな風に言いながら、卵や野菜の間にエイッエイッ!と無理矢理ビールを押し込んだのでした。
ふむ。incastrare は、狭い所にギュムギュムものを押し込む時に使えるのか。


mangiucchiare 「少しずつ食べる、ぼそぼそ食べる」

"Cosa mangiucchiamo stasera?"
今晩、なに食べる?

Mi domando se suona piu` moderato rispetto a "Cosa mangiamo?", nel senso che si mangia qualcosa di non speciale ma normale, sobrio e meno caro.

mangiare ではなく、mangiucchiare です。Cosa mangiamo?「何を食べる?」と言うよりも、Cosa mangiucchiamo? の方が、特にスゴイものってわけではなく、控えめでちょっとしたもの、そして低価格のもの、というようなニュアンスが出るんでしょうか。


pressapoco 「およそ、ほぼ」

"Sono pressapoco uguali."
それらはほぼ同じだね

Ho sentito spesso questo "pressapoco" ma io ho sempre detto "quasi" o "piu` o meno".
L'ho aggiunto nella mia lista dei vocaboli.

pressapoco って単語をよく耳にしました。「およそ」と言えば、quasi や piu` o meno しか使ってなかったから、新単語としてマイリストに追加!


squallido 「わびしい、惨めな、手入れしてない」

"Bello? ma e` un po' squallido."
いいって?でも、あんまりパッとしない所だよ

Mi ha detto cosi` riferendosi a un piccolo supermercato da cui siamo passati per fare spesa.
Mi piace tanto andare al supermercato in Italia anche se e` squallido.

今回、何軒もスーパーに行ったんですが、ふっと立ち寄った所も良さそうな感じだったのでそう言うと、彼のこの一言。
squallido は知ってる形容詞だったけど、生で聞いたのは初めてだったので、「え?え?今なんて言った?スク・・・?」と思わず確認しちゃいました。
パッとしててもしてなくても、イタリアのスーパー行くの大好き!


a occhio 「目で見て」

"A occhio?"
目分量で?

Mentre preparavo il tempura per la sua famiglia, mi hanno chiesto il dose della farina, la temperatura dell'olio, come si capisce quando sara` pronta la frittura, ecc, ma io che non l'avevo mai misurato precisamente mi sono mangiata le parole, e lui mi ha chiesto: "A occhio?"
Un'espressione semplicissima, ma non mi e` uscita.

天ぷらを作った時、小麦粉の量は?油の温度は?ちゃんと揚がってるってどうやったら分かるの?でさ、でさ・・・と質問攻めに遭いまして、そんなのちゃんと測ったり考えたりしたことなかった私は、「いや、それはね・・・ええとね・・・」とモゴモゴしちゃいました。
そんな私を見てすかさず、A occhio? 「目分量?」
えっらい簡単な表現だけど、パッと出ませんでしたね~。


lasciare fare a qualcuno 「~にさせておく」

"No, no, no, lascia fare a me!"
いやいやいや、僕がやるから!(僕にやらせておけ)

In segno di gratitudine per la loro ospitalita` volevo almeno lavare i piatti dopo i pasti, ma mi hanno sempre bloccato.
Sapevo questo modo di dire ma d'istinto dico sempre "Faccio io".

大変お世話になったお礼に、せめて食後のお皿洗いぐらいやりたくて流しの前に立つんですが、すかさず誰かがブロック! で、このセリフ。
文法用語で言うところの放任動詞 lasciare +不定詞!~するままにしておけ!分かっちゃいるけど、反射的に Faccio io! 「私がやるよ!」しか言えてなかった自分を発見。


appannato 「曇った」

"Guarda questi vetri appannati!"
ガラスがこんなに曇っちゃったよ!(←この曇ったガラス見て!)

Di sera dopo cena riferendosi alla finestra della cucina. L'aggettivo "appannato" mi era nuovo.

夜、夕飯後にふと窓ガラスを見るとビッチリ結露が。
appannato という単語は知らなかった。こんな風に思わずネイティブが言う表現はしみじみ勉強になるな~。
視覚(=結露した窓)と聴覚(=appannato)が合致した時が、一番脳内に深くインプットされる気がします。


prendere paura 「恐怖を覚える」

"Ho preso paura quando l'ho visto!"
それ見た時、ビビったよー!

Non sapevo che "paura" richiedesse il verbo "prendere"!

何にビビったのかはこの際どうでもよく、paura 「恐怖」とくれば、動詞は prendere だという事実!おぉー!


lasciare qualche ricordino 「ちょっとした想い出を残してる」

"Attenzione! Hanno lasciato qualche ricordino."
気をつけて!彼らがちょっとした想い出を残してるからね

Mentre facevamo una passeggiata sul prato, lui ci ha detto cosi`. Ho potuto intuire subito che si trattava di di .

芝生の上を散歩している時に彼が言った言葉。すぐに、 のことだと分かったよ。プッ
それにしても、イタリア人ってなんでこんなに詩人なんでしょう。


mancata visita 「成されなかった訪問」

"Grazie alla mancata visita ad un posto dove c'e` l'alluvione..."
洪水になってる所に行かなかったおかげで・・・

Se io fossi stata in una regione senza sapere che ci sarebbe stato poi il tempolare...?
Grazie a loro, sono stata salvata essendo in un posto senza pericoli.

直後に雷雨、豪雨、洪水になることを知らずに、そんな場所に行ってたとしたら・・・。
友人ファミリーのおかげで、安全な場所にいることができて助かりました。
それにしても、Grazie a・・・「~のおかげで」の後に、「行かなかった」をどうつなげるのかに迷ってしまうところを、mancata visita と名詞をもってくるところがニクイ。負けたって感じ。



IMG_5463.jpg

こんなに食べられないって!でも、ありがとう。感謝。



Insomma, mi sono resa conto di nuovo che s'impara una lingua mooooolto velocemente ascoltando dal vivo quello che dicono i madrelingua.

というわけで、言葉というのは、ネイティブたちに囲まれて、彼らが話すことを直接たくさん耳にすることで、より早く習得できるもんなんだろうなぁ~、という、ごく当たり前のことを改めて実感した数日でした。




Una foto omaggio.
おまけ写真を一枚。


IMG_5370.jpg


Non sapevo che ci fosse anche in Italia un prodotto di questo genere!

ヴェネト州トレヴィーゾのスーパーにあったカニカマ。その名も、Surimi。
Bastoncini al sapore di granchio 「カニ風味スティック」だそうです。爆




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (111)
grammatica 文法 (52)
espressioni 表現 (127)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (62)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (17)
Circolo Massimo (22)
etc その他 (84)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}