FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-04

pentirsi 後悔する - 2021.04.13 Tue

image0.jpeg

Mi pento di essere stata distratta

油断したことを後悔




Non lo sapevo...
知らなかった…



Non lo sapevo proprio...
ぜっんぜん知らなかった…



Ora faccio un "addestramento" di descrizione a tema con il mio insegnante, il professor Alberto, e l'altro giorno gliene ho presentata una in cui ho scritto la seguente frase:

今、アルベルト先生と一緒にテーマ別の作文を特訓中なんですが、この前、先生に提出したものの中に、次のような文を書きました。



"... Anche un ombrello è indispensabile, una volta infatti, a Milano sotto la pioggia mi sono pentita molto di non averlo portato con me."
「…傘も忘れてはいけない。実際、一度ミラノで雨の中、傘を持って来なかったことをすごく後悔したことがある。」




Certo che ho combinato degli errori da mettermi le mani nei capelli, ma quello che mi ha impressionato di più è quando Alberto mi ha detto:

もちろん、自分バカバカバカ!みたいな間違いもいくつか犯したんですが、そんなことよりもですね、一番ビックリ仰天したのはですね、先生がこう言った時です!




Con il verbo "pentirsi" non si usa l'avverbio che indica la quantità come "molto", "tanto", "un po'" Ti penti o non ti penti e basta. Gli avverbi tipo "veramente", "davvero" invece ok.

pentirsi「後悔する、悔いる」という動詞は、「とても」「すごく」「ちょっと」みたいな量を表す副詞とは使わないよ。後悔するか、しないか、ただそれだけ。「本当に」とか「誠に」とか、そういう副詞ならオッケーだけどね。




o020002001352027225551_20210412230638c6c.gifEhhhhh!! Mi sono sempre pentita a volte tantissimo e a volte un pochino!!!
In giapponese si può esprimere il grado quantitativo di pentimento con gli avverbi "sugoku", "chotto", "honno chotto", ecc.

えええーっ!人生踏み外して大いに後悔したり、1本5000円もするワインを買っちゃってちょっと後悔したりするもんだけど、イタリア語では、後悔の「量」に80も20もないのか!




Interessante... moooolto interessante...
Deriva dal fatto che c'è chi confessa i propri peccati in chiesa ma c'è anche chi non lo fa, ovvero 100 oppure 0 e non c'è via di mezzo, o no?

神の掟に背いた者でも、司教様に告解する者もいれば、しない者もいる。後悔するかしないか。100か0かの世界。そゆこと?
これからは私も何かを悔いる時は、いつも一定量にしようと思います。




実用イタリア語検定1級出題傾向 - 2021.04.05 Mon

無題

Datevi da fare!!

がんばるのだ!




Qualche mese fa ho fatto dell'analisi riguardo agli elementi grammaticali più frequenti della prova di abilità linguistica, partendo dal livello cinque fino a quello pre-secondo, e oggi vi dimostrerò la classifica del livello TOP!!

数ヶ月前、実用イタリア検定の5級から準2級までの出題傾向を文法事項別に分析し、頻繁に出される項目のランキングを張り出しましたが、今日は1級のを発表しちゃいますよ!


Dal livello 5 al pre-secondo 5級~準2級のランキングはこちら  risultati


Ovviamente le domande sono molto difficili e non è più la questione della conoscenza di ogni elemento grammaticale ma ci mette alla prova se capiamo tutto il concetto delle frasi. Non è più una semplice domanda sulla preposizione "di" in "finire di mangiare" ma si tratta di quello che viene usata nelle espressioni idiomatiche come "essere dell'avviso", "fare di qlcu qlco", e così via.
Al secondo e al terzo posto si sono classificati il congiuntivo e il condizionale, ma questo era del tutto scontato.

そりゃまぁ、1級は当然のことながら難しいです。もはや、それぞれの文法事項が分かっているかというよりも、フレーズ全体の意味が理解できているかどうかを試されてる感じ。そして、たとえば同じ前置詞 di を問われる問題でも、finire di~「~し終える」なんていうカワイイもんじゃなくて、essere dell'avviso che ~「~という意見である」とか、fare di qlcu qlco 「人を~にする」といった、中々目にする機会の少ない熟語の中に組み込まれた di を、a? in? per? の中から選べとかね。えぇ~、知らないよそんなの!と鉛筆をボッキリ折りたくなるような問題が、ほら、ご覧の通り堂々の第1位。慣用表現が文法問題の出題トップワンなのですよ。
2位と3位には、接続法と条件法がランクイン。ま、これは想像通りの結果です。


1級


Negli ultimi 5 esami, i primi 5 elementi grammaticali più frequenti sono:

1. locuzioni fisse
2. congiuntivo presente, passato, imperfetto e trapassato prossimo
3. condizionale semplice e composto
4. avverbi
5. passato remoto



Ecco le locuzioni fisse che sono state chieste nel passato:

過去5年間に出題された慣用表現の数々は以下の通り。それぞれの中にある動詞や名詞や前置詞を4択にして、正しいのはど~れだ♪と楽し気に聞いてきます。


 2015
o per meglio dire もっと正確に言えば
接続法 + o no ~であろうとなかろうと
provare disgusto di qlco ~に嫌悪感を抱く
fare l'abitudine a qlco ~に慣れる
fin troppo あまりにも~だ
essere dell'avviso che ~という意見である
essere di giovamento a qlcu ~に有益である、~に役立つ
andare in confusione 頭が混乱する
non è da lui 彼らしくない
non potere + 不定詞 ~するはずがない

 2016
pensarci su ~について熟考する
mettere in pratica 実践に移す
al risveglio 目が覚めた時
essere forte nel qlco ~が得意である
fare di + qlcu + qlco 人を~にする (di qlcu が ne になる)
fare di + qlco + qlco ~を~にする
è ora che + 接続法 今や~する時である

 2017
sin da ora ただ今から
a centinaia 何百も、数多く
dal momento che ~なので
essere in molti a + 不定詞 ~する人は多い
puoi dirlo forte その通り(相手への賛同)

 2018
arrivare a capo di qlco ~を解決する(di qlco が ne になる)
il più delle volte たいていの場合
vedere di + 不定詞 ~してみる、努める
è anni che non... 何年も~していない
近過去 + sempre ずっと~してきた(過去から今でも続いている事柄)

 2019
per quanto + 接続法 たとえ~でも、どんなに~であっても
va + ジェルンディオ (継続的、反復的に)~する
接続法 + o no ~であろうとなかろうと
passare alla storia 歴史に残る、後世に伝わる
una volta... 一度~すると
ebbe (avereの遠過去) a + 不定詞 ~しようとしている
近過去 + sempre ずっと~してきた(過去から今でも続いている事柄)
fare di + qlco + qlco ~を~にする(di qlco が ne になる)
è ora che + 接続法 今や~する時である
mettere su... ~を準備する

 2020
in fatto di... ~についての
senza girarci attorno 遠回しにせずに、ダイレクトに
si tratta di... ~である
nel tentativo di + 不定詞 ~しようとして
cosa da poco 取るに足らないもの
stare a... ~によると
nel tempo 同時に



こんなにいっぱい教えてくれてありがとう!と検定試験に感謝しつつ、これらを全部丸覚えする。うん、それも大事。大事だけど、一度出題された熟語はもう出ないから、覚えても無駄。
…と思いきや、「接続法 + o no ~であろうとなかろうと」と、「fare di + qlco + qlco ~を~にする」と、「近過去 + sempre ずっと~してきた」と、「è ora che + 接続法 今や~する時である」が複数回出ているぞ!
じゃやっぱり、とりあえずは全部暗記しときましょうか。



Prossimamente proverò ad analizzare quello del secondo livello.
近日中に2級も分析してみます。


Moretti モレッティ - 2021.03.30 Tue

IMG_0407.jpg


Da tanto, ma davvero da tantissimo tempo che non mangio fuori a causa della pandemia.
Ora i ristoranti sono aperti fino alle 9:00 di sera, quindi potrei anche andare a mangiare e bere volendo... ma non mi va. Devo dire che ormai ho quasi dimenticato com'era la vita quotidiana prima del covid in cui andavo a spassarmi quando e quanto volevo.

コロナのせいで、長いこと、ホントに長いこと外食してないなぁ~。
飲食店も今は夜の9時までやってるんだから、食べに行きたかったら行けばいいんだけど・・・行く気がしない。コロナ前は、友だちを誘ったり誘われたり、好きな店に好きなだけいて、食べたいもん食べて、飲みたいだけ飲んでたのにな。そんな生活があったこと自体、もはや忘れかけてる。



Essendo questa la situazione, l'altro giorno una mia amica N chan è venuta da me a mangiare insieme, e questo mi ha fatto davvero piacere! Non solo, con due lattine di Moretti in mano!!

そんな現状なので、友人のNちゃんがこの前うちに食べに来てくれた時は嬉しかったなぁ。しかも、モレッティ缶2つ携えて!


IMG_0417.jpg


Brava, hai azzeccato! Non volevo né Asahi né Kirin ma volevo Moretti! Mi mancava proprio questo!!

さすが!分かってらっしゃる!アサヒでもキリンでもなく、これが飲みたかったんだー! 双子のおじさんに超感激!



Il signor Moretti era la birra che compravo sempre appena arrivata in Italia. .
Dopo un lungo viaggio in aereo arrivo in albergo, di solito la sera verso le 22:00. Lascio tutti i bagagli nella camera ed esco a comprarla da qualche parte e torno in camera. Mi butto a letto, apro la lattina e faccio un bel sorso...
Questa "cerimonia" mi faceva sentire di essere veramente tornata in Italia.

イタリアビールを代表するモレッティおじさんは、イタリアに着くといつもすぐに買っていたビールでした。
日本からの長いフライトを経て、やっとの思いで宿にチェックイン。たいていいつも夜の22時頃。重たいトランクを部屋に置くや否や外に出て、その辺のバールかなんかでおじさんを買ってきます(たいていあんまり冷えてない)。部屋に戻り、ベッドに倒れ込み、やおらプシュッ・・・。
この一連の儀式が、またイタリアに来れたんだ!という実感と喜びをもたらしてくれるのでした。


IMG_0416.jpgApprofittando di questa bella occasione, ho letto la dicitura che praticamente non avevo mai letto.

Nちゃんのおかげで久しぶりにおじさんに会えたので、これを機に缶に書いてあることを読んでみたいと思います。そういえばこれまでちゃんと読んだことなかったな。

独自の製造方法

モレッティビールは、ずっと昔からイタリア食文化のリーダーであり、混ざり気のない味と、持続可能な品質を大切にしてきました。1859年から変わらないモレッティビール。それは、独自の製造過程が生む、味わい豊かで黄金色の低発酵ビールです。




出だしの Birra Moretti は主語で、その動詞は è。間にある da sempre は「ずっと前から」という熟語で、おまけで入ってるだけだからとりあえずカッコに入れちゃう。すると、Birra Moretti è...「モレッティビールは・・・」という主語・述語がはっきりする。
attenta a...「~に注意深い」だから、alla genuinità と alla qualità の二つは並列。
dal gusto と dal colore の da は、「~という特質をもった」という意味だから、これも並列で、「そんな2つの特質をもった低発酵ビール」となる。
grazie a...は「~のおかげで、~に因る」という熟語。

私、「長文」をいつもこんな感じで読んでいます。
主語と述語を把握するのが一番大事だから、間に入ってる余計なもんはすぐカッコに入れちゃう!同じ前置詞が並んでるのは、大体が並列で、コレと、コレと、コレがこうなのね、ってことだから、前置詞を〇でグルグルしちゃう!
これでだいぶ分かりやすくなる・・・はず。


IMG_0409.jpg

Ahhh, quanta nostalgia!!
Chissà quando potrò riavere il giorno in cui mi butto con il signor Moretti sul letto di un albergo in Italia...

嗚呼、懐かしい!!
今度いつイタリアのホテルで、モレッティおじさんとベッドインできるんだろうぅぅぅ。

Nちゃんからは、ぱっくん柄の鍋つかみもいただきました。ありがとね!


ciabatta スリッパ - 2021.03.23 Tue

IMG_0391.jpg

Ho fame da lupi!

腹へり!




Se cerco la parola "ciabatta" su Google, escono fuori queste immagini:

突然ですが、「ciabatta」 とGoogleで画像検索すると、こんなんが出てきます。


ciabatta.png


Ma praticamente le ciabatte sono queste:

でも、ciabatta は本来コレ。


4549741483650_L.jpg


Alla lezione (che prendo io) dell'altro giorno, il mio insegnante, che si chiama Alberto, mi ha fatto sapere un'espressione molto interessante mai sentito, il significato letterale della quale l'ho capito subito, ma il suo vero senso invece...

先日お話しした経緯で、ひょんなことから始まったアルベルト先生とのレッスンですが、この前、とっても面白い表現を教えてもらいましたよ。
文字通りの意味はすぐに分かったけど、一体どういう場面で使うのだ・・・?



"Fritta è buona anche una ciabatta"
揚げ物にすればスリッパだって美味しい



Mi ha spiegato che la frittura è buona e piace a tutti, e così buona che qualsiasi cosa riuscirebbe bene se viene fritta, pure la ciabatta!!

揚げ物って美味しいですよね~。油ギッシュと分かっていても、万人に愛される揚げ物。
肉にしろ、魚介類にしろ、野菜にしろ、フライにすると何でも美味しいから、たとえ大した材料でなくても美味しい。たとえそれがスリッパでも!それほどフライはヤバい! ・・・ということだと先生は教えてくれました。


crocs-kfc-pollo-fritto-01.jpg


Che spiritoso!! A me piace tanto questo senso di umorismo. Infatti la frittura è buonissima e io mangerei anche lo scarpone fritto! (ma considerando ciò, come mai proprio la ciabatta???)

おもしろーーい!大好き過ぎるものをこんな風に例えるなんて、ナイスなセンスだな~! (にしても、なんでスリッパ?)



Alberto mi ha spiegato poi che questo modo di dire ha un altro senso, cioè si usa quando si tratta di qualcosa che non vale la pena di particolarmente menzionare, così come la bontà indiscutibile del fritto.

でもそれだけじゃなくて、「そんなの当たり前過ぎて、取りたてて言うほどのことじゃない。」みたいな時にも使うよ、とアルベルト先生。



A: Era buonissimo quel ristorante! Il fritto...
あの店、めちゃくちゃ美味しかったね!あのフライ、思い出しただけでも・・・
B: Sì, beh, sai, il fritto è facile, la fritta è buona anche una ciabatta.
うん、まぁね、でもほら、フライって簡単だからさ。スリッパだってフライにしたら美味しいんだから

(= non mi dire quel ristorante è speciale)
(= あの店が特別ってわけじゃない。さほど言い立てるほどのことはない。)


A: Ho fatto una lezione interessantissima. Tutti gli studenti stavano a sentire.
すっごく面白い授業をしたんだ。生徒たち、み~んなちゃんと聞いてたんだよね。
B: Ah, che cosa hai spiegato?
へぇ、何を教えたの?
A: Il congiuntivo.
接続法。
B: Ah, beh, grazie, la fritta è buona anche una ciabatta.
あ~、なるほど、でもさ、スリッパだってフライにしたら美味しいからさ

(= è naturale che tutti sono interessati al congiuntivo)
(= 接続法は興味深いテーマだから、みんなが関心をもつのは当然のことで、特別ってわけじゃない。)




il-fritto-misto-di-pesce.jpg

fritto misto

tempura_04.jpg

tempura misto



Mamma mia, mi sta venendo una voglia incredibile di mangiare la frittura!!
Non mi accorgerei se ci fosse una ciabatta nel misto!

ああああ、無性に揚げ物が食べたくなってきたぞ!
スリッパフライが混ざってても気がつかないかもぉ~。


contatto 接触 - 2021.03.15 Mon

IMG_0341.jpg

La mattina mangia da matti

朝は飢餓状態

(continua a covare le uove finte ギランまだ温めてます)



Molto probabilmente i lettori italiani mi direbbero "Ma cosa c'è di difficile? È ben chiaro, no?"
Ma purtroppo è più difficile, anzi più complicato, di quanto immaginino.

「これのどこが難しいの?いたって分かりやすいじゃん?」とネイティブはきっと言うでしょう。
でも、彼らが思うより難しいんです。というか、ややこしいんです。




contattare qlcu ~に連絡をとる

Ho contattato una mia amica universitaria dopo tanto tempo.
久しぶりに大学の友だちに連絡をとった


ハイ、これは他動詞の contattare。日本語では「~に連絡をとる」とも「~と連絡をとる」とも言うけど、いずれにせよ他動詞だから「~に」や「~と」にあたる前置詞を入れてはいけません。「彼女に連絡をとった」であれば、L'ho contattata。タッタ~タ♪


mettere A a contatto con B AをBにくっつける、AをBに接触させる

Ho messo i mobili a contatto con le pareti
家具を壁にくっつけて設置した


contattoは「連絡、コンタクト」である前に「接触」なので、AとBをピタッと接触させる場合はこういうんですねぇ。


mettersi in contatto con qlcu ~に連絡をとる

Mi sono messa in contatto telefonico con i miei.
電話で両親に連絡をとった

prendere contatto con qlcu ~に連絡をとる

Ho preso contatto con il mio avvocato.
弁護士に連絡をとった


この2つは、動詞contattareと意味は同じですね。だけど、再帰動詞 mettersi + in contatto に対して他動詞 prendere + contatto ってところが、なんか試されてるようでヤな感じ!


essere in contatto con qlcu ~と連絡が取れている

Siamo in contatto con il migliore medico della regione.
州で一番の医者と連絡が取れている


こちらは essere なので、これから連絡するんじゃなくて、すでに連絡がとれている状況にあるってことでしょうね。
「最近、親と連絡とってないんだよね~」っていうのもこれですね。


rimanere in contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

Vorrei rimanere in contatto con te. Sei su Facebook?
あなたと連絡を取り続けたいんだけど、Facebookやってる?

tenersi in contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

Mi tengo ancora in contatto con tutti gli amici che ho conosciuto durante il viaggio.
旅行中に知り合った友だちとは全員、いまだに連絡を取り続けている

mantenere il contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

È difficile mantenere il contatto con i compagni delle elementari.
小学校の友だちと連絡を取り続けるのは難しい


一方この3つは、一度連絡をとった人と、今でもやりとりを続けている、という意味ですね。rimanere「とどまる」、tenersi「保つ」、mantenere「維持する」ですもんね、contattoを継続的に持ち続けているのだと。


venire a contatto con qlcu ~と連絡をとることになる

È venuto a contatto con la persona risultata positiva al virus.
彼は、ウィルス感染で陽性になった人と接触することになってしまった

entrare in contatto con qlcu ~と連絡をとることになる

Cosa devo fare se sono entrato in contatto con un positivo?
陽性者と接触することになったら、どうするべきなんだろう。


妙にタイムリーで現実的な例文ですが。
mettersi、prendere、rimanere などとは違って、こちらの2つは venire と entrare ですからね。そんな状態の中に「やってきた」り「入ってきた」りするわけなので、「そういう結果になる」といった意味合いになりますね。上の例文は、2つとも、「連絡をとる」ではなく「接触する」という意味で使われているので、「感染者と接触する結果になった」と考えればいいかな。
もちろん、Come sei entrato in contatto con il professore Rossi?「ロッシ先生と、どうやって連絡取れるようになったの?」なんていうのもありますよー。


stare a contatto con qlcu/qlco ~と触れ合う

Abbiamo potuto stare a contatto con la natura.
私たちは、自然と触れ合うことができた


stare だから、その中にジ~ッとしてる感じ?


avere contatto con qlcu ~と接触する、~と関係をもつ

Non voglio avere contatto con quelle persone.
あの人たちとは関係をもちたくない


これは分かりやすい!avere contatto だからそのまんま「接触をもつ」。
あ、となると、またもや Ho avuto contatto con un positivo 「陽性者と接触をもった」もありということで。



contatto.jpg



Ricapitolando...
まとめると・・・


mettersi in contatto con...
prendere contatto con...
essere in contatto con...
rimanere in contatto con...
tenersi in contatto con...
mantenere in contatto con...
venire a contatto con...
entrare in contatto con...
stare a contatto con...
avere contatto con...





Ora non mi va più di avere contatto con "contatto".
ふぅ・・・。しばらくコンタクトとはコンタクト取りたくないって感じ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (141)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (66)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (55)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (28)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}