FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-05

il mondo è piccolo 世界は小さい - 2021.03.02 Tue

IMG_0168.jpg

La vita è bella, eh?

人生って楽しいよねぇ




Basato su una vera storia.
Based on a true story.
実話です。



Una ragazza giapponese di 24 anni è partita per Firenze con una forte volontà di studiare l'italiano.
La scuola che ha scelto era piccola piccola ma tanto familiare e in classe c'era sempre un'atmosfera calorosa. Il direttore Paolo e tutti i docenti erano davvero simpatici e avevano molta passione nell'insegnamento, così la giapponesina si è immersa nello studio e ha cercato di imparare più che poteva.

24歳の日本人の女の子が、イタリア語を猛烈に勉強したくてフィレンツェに旅立ちました。
留学先に選んだ学校はとても小さくて、それゆえとても家庭的で、教室にはいつも温かい雰囲気が漂っていました。校長のパオロも、他の先生たちも、みんないい人たちで、教えることに大きな情熱をもっていました。彼女はそんな中で勉強に没頭。できる限りのことを学ぼうと頑張りました。



Tornata al suo paese, naturalmente ha continuato a studiare, intanto teneva in contatto con Paolo non per mail elettronica - perché non esisteva ancora - ma per una vera e propria posta aerea, e ogni volta che ha fatto un viaggio in Italia è andata sempre a trovarlo.

帰国後ももちろん勉強を続けました。その間、パオロともメールで、正真正銘のエアーメールでやり取りを続け(当時Eメールなんて無い)、イタリアに旅行に行くたびに会いに行きました。



Col passare il tempo però hanno gradualmente perso il contatto, anche perché Paolo ha lasciato la scuola per certi motivi.

でも時が経つにつれて、パオロが諸事情で学校を辞めたというのもあって、文通は徐々にフェードアウトしていきました。




E sono passati trenta anni circa...
そして約30年が過ぎ・・・




La ragazza (ormai non è più ragazza però), che era diventata insegnante d'italiano, ha deciso di fare un piccolo viaggio di studio alla sua ex-scuola a Firenze, e l'ha contattata per iscriversi. L'idea di tornare a studiare in un posto dove aveva studiato ben più di trenta anni fa la emozionava moltissimo!
La procedura d'iscrizione è andata tutto bene, ma poi le è successo una cosa proprio inaspettata: ha avuto un problema sgradevole con il attuale direttore, e di conseguenza ha perso totalmente la voglia di tornare a studiare alla "vecchia casa", così ha cancellato l'iscrizione.

イタリア語の講師となった女の子は(もう女の子じゃないけど)、昔懐かしい学校でまたミニ留学がしてみたくなり、申し込みをすべく学校にコンタクトをとりました。30年ぶりに「母校」に戻って勉強するというアイデアに大興奮しながら。
ところが、手続きは全て順調にいったんだけれど、思いもよらぬことが起きました。現校長との間に不愉快な出来事があり、その結果、古巣に戻る気がすっかり失せてしまい、結局申し込みをキャンセル。



Si sentiva agitata perché mancava solo un mese circa alla partenza. Frettolosamente si è messa a cercare un'alternativa, e per una grandissima fortuna, ne ha trovata una che le sembrava molto buona e simpatica.
Si è iscritta subito, ha pagato la quota d'iscrizione, e non le restava che partire!!

フィレンツェ出発まであと1ヶ月しかなく、留学先を失った彼女は焦りました。代替の学校を見つけるべく、大慌てで検索しまくった結果、良かったことにとても良さそうな所に行き当たり、ホッと胸をなでおろしたのでした。
すぐに申し込みをして、授業料を払い込み、あとは出発を待つばかり!





Ma è arrivato il covid-19...
そこにコロナがやってきた・・・





La pandemia l'ha costretta a cancellare tutto il programma. Lei è rimasta tutta stordita e ha pianto di delusione.

パンデミックにより全ての計画はキャンセルとなり、茫然自失の彼女は落胆のあまり泣きました。



Per alcuni motivi riguardo al decreto governativo, la scuola a Firenze, a cui si era iscritta, per qualche mese non era in condizione di fare rimborso della quota già ricevuta dagli iscritti, ma in fine i soldi le sono tornati indietro, una piccola parte dei quali però le è stata chiesta di assegnare alle lezioni online.

国の法令に関する諸事情により、申し込みをした学校はしばらくの間、前納された授業料の返金ができない状態にありましたが、最終的には、その大半が彼女の元に戻って来て、一部だけはオンラインレッスンに振り当てるよう要請がありました。



Così è iniziata la lezione con il direttore.
Era molto emozionata perché era da tanto che non studiava con l'insegnante italiano, ma anche perché è il direttore della scuola dove voleva tanto andare.
La lezione, la personalità dell'insegnante, l'atmosfera della scuola che si vede sullo schermo, gli squilli tipici del telefono italiano e il rintocco della campana che si sente tramite l'altoparlante del computer... per lei erano tutti troppo affascinanti.

こうして、校長先生とのレッスンが始まりました。
イタリア人の先生に授業を受けるのは久しぶりだったし、行こうと思っていた学校の校長先生自らが教えてくれるということで、彼女はとてもワクワクしていました。
レッスンも、先生のお人柄も、そしてパソコン画面に映る教室の雰囲気や、スピーカーから聞こえてくるイタリアの電話特有の着信音、教会の鐘の音、その何から何までが彼女にとっては魅力的で、叶わなかったフィレンツェ滞在を束の間でも実現できたような気さえしました。



Pian piano hanno cominciato a conversare in maniera franca, e durante la seconda lezione il direttore le ha raccontato la situazione attuale di Firenze e della sua scuola sotto la pandemia, e anche delle cose private.
Gli ha ascoltato con molto interesse, ma la cosa che l'ha impressionata di più era quando ha cominciato a parlare in giapponese! Si è sorpresa e gli ha chiesto come mai lo sa parlare, e lui ha detto:

少しずつ打ち解けた会話ができるようになり、2回目のレッスン時には、コロナ禍におけるフィレンツェや学校の状況、そして個人的な話もしてくれました。
どれも興味深く、彼女は話に聴き入っていましたが、一番驚いたのは、先生が突然日本語を話し始めた時でした。えぇーっ!なんで話せるんですか?!と聞くと、



"Perché mia moglie è giapponese."
「私の妻は日本人なんです」



davvero.png




えええ!そうなんですか?!



"Lei è di Abiko e siamo stati insieme tante volte in Giappone." ha detto il direttore.
Mamma mia, che bella sorpresa! Non se l'aspettava che la moglie del direttore della scuola che aveva trovato proprio per caso su internet fosse una sua conterranea!

「彼女は我孫子出身で、私も一緒に日本に行ったことがあるよ。」と校長先生。
マンマ・ミーア!なんてビッグサプライズ!偶然に見つけた学校の校長先生の奥様が日本の方だなんて!



Ma la storia non finisce qui.
でも、サプライズはこれだけではありませんでした。



L'altro giorno, dopo che avevano finito la lezione, la moglie del direttore è venuta davanti al computer per salutarla di persona. Tutte e due donne giapponesi erano tanto entusiaste che non potevano smettere di parlare per un po'.
Ha raccontato alla moglie quello che le era successo prima di trovare la loro scuola, e le ha chiesto se conosceva per caso la scuola a cui sarebbe dovuta andare, e lei le ha risposto:

先日、いつものようにレッスンを終えると、奥様がパソコン前まで直接挨拶しに来てくれて、二人の日本人女性は嬉しさのあまり、凄まじい勢いでしゃべり続け、時間を忘れるほどでした。
その昔留学していた学校に再び行こうと思っていたことや、それをやめにした経緯などを奥様に話し、その学校をご存じかどうか何気なく聞くと、




「知ってますよ!たしか、前の校長はパオロだったかな?」
"Sì, la conosco. L'ex-direttore era Paolo, se non mi sbaglio..."



78192384_220x216.png


Avendola sentito dire così, si è sentita girare la testa e le ha chiesto, quasi esclamando, se lo conosceva di persona. E la moglie ha detto:

その言葉を聞いて、驚きのあまり頭がクラッ・・・。パオロをご存じなんですかっ?!とほとんど叫びながら聞くと、



「はい、パオロは夫の友だちですよ。」
"Sì, Paolo è l'amico di mio marito."




fb1dcb6525f234b14f686935571d9eb8_202103011819152ef.jpg

Oddio...

なんということでしょう・・・




È rimasta tutta stordita. Per poco cadeva dalla sedia per una tale coincidenza incredibilissima.
Certo, Firenze è piccola, potrebbe anche succedere questa cosa, ma a lei è sembrato un miracolo, come se il mondo fosse stato capovolto!
Ma figuratevi, tra mille scuole di lingua a Firenze ne ha scelta una proprio per caso come alternativa della scuola dove aveva studiato più di trenta anni fa, e il direttore della scuola programmata aveva la moglie giapponese, ed era l'amico di Paolo, che è la persona che l'aveva ispirata per primo a intraprendere la sua carriera.

仰天のあまり、しばし凝固。あまりの偶然に、もう少しで椅子から落ちそうになったのは言うまでもありません。
もちろん、フィレンツェは小さい街だからそんなことも十分にあり得る。あり得るけど、彼女にとっては、天地がひっくり返るような奇跡に思えました。
だって、予定していた学校の代わりに、星の数ほどあるフィレンツェの語学学校の中から、たまたま見つけた学校の校長先生の奥様が日本人で、しかもパオロの友だちだったなんて!イタリア語講師という今の仕事を始める、最初のきっかけとなった人。その人の友だちだったなんて!!そんな偶然ってあるでしょうか!!



Se lei non avesse avuto il problema con il direttore della vecchia scuola, non le sarebbe capitata una sorpresa così fantastica!
La vita è davvero imprevedibile.

もし前の学校とのもめ事がなかったら、こんな素敵過ぎるサプライズも起きなかった。
そう考えると、人生って本当に予測不能です。



Appena sarà finita la pandemia, preparerà immediatamente la valigia e partirà per Firenze in un batter d'occhio.

コロナが終息したら、即座に荷物を用意して、フィレンツェにすっ飛んで行くことでしょう。



FIN



nuovo decreto 新法令 - 2021.02.24 Wed

IMG_0157.jpg

Spero che tutto torni presto alla normalità...

早く元通りになるといいねぇ・・・





Mi chiedo come sia controllata l'Italia sotto la situazione covid-19.

コロナ禍で、今イタリアはどういう状況になっているんだろうか。



post.png

州をまたぐ移動は、3月27日まで禁止
閣議が新法令を発表、レッドゾーンは「訪問の免除」は適用外

2021年2月22日(月)

Lunedì mattina il Consiglio dei ministri ha approvato un nuovo decreto relativo all’emergenza coronavirus che prevede che gli spostamenti tra regioni continueranno a essere vietati fino al prossimo 27 marzo, indipendentemente dal colore assegnato alla regione. Rispetto alle regole attuali, inoltre, è previsto che nelle aree in zona rossa sarà vietato fare visita a parenti e amici nelle abitazioni private, quindi non varrà più la “deroga sulle visite”: gli spostamenti verso abitazioni diverse dalla propria in area rossa saranno permessi soltanto per motivi di lavoro, salute e necessità. Il decreto non è ancora stato pubblicato in Gazzetta Ufficiale.

月曜日午前、閣議は新型コロナウィルスの緊急事態に関して、各州に割り当てられた色とは関係なく(※)、州をまたぐ移動の禁止を3月27日までとする新しい法令を発表した。(※感染者数その他状況の深刻さに合わせて、各州をレッド・オレンジ・イエローの3つのゾーンに分けて、状況次第で色を変えながら、人々の行動を制限している、あれですね。)
さらに、現行の規則と比較して、レッドゾーンの地域では、親戚や友人の個人宅を訪問できなくなることが想定されているため、これまでの「訪問の免除」は適用されなくなる。つまりは、レッドゾーンにある自分以外の家への移動は、仕事や健康、必要不可欠な理由を除いては許可されなくなる。 法令はまだ公式官報に掲載されていない。

Gli spostamenti tra regioni continuano a essere consentiti esclusivamente per comprovati motivi di lavoro, salute o necessità.

州をまたいでの移動は、仕事や健康、その他やむを得ない理由の場合に限り、引き続き許可される。

La “deroga sulle visite” rimarrà valida nelle regioni in zona gialla per spostamenti all’interno della regione, e in quelle in zona arancione per spostamenti all’interno del proprio comune. La “deroga” prevede la possibilità di spostarsi una volta al giorno, dalle 5 alle 22, per fare una visita a una sola casa (di chiunque, amici o parenti); in questo spostamento si può essere al massimo in due, eventualmente accompagnati da minori di 14 anni, persone disabili o non autosufficienti senza restrizioni di numero.

イエローゾーンは州内の移動、オレンジゾーンは市町村内の移動であれば引き続き訪問は許可される。訪問が免除されるのは、1日に1回、午前5時から午後22時までで、訪問先は1軒のみとする(友人や親戚など、相手が誰であるかは問わない)。一緒に移動できるのは最大2名で、場合によっては14歳未満の子ども、身障者、自立できない人は人数の制限なく同行可能とする。

Attualmente la maggior parte delle regioni italiane si trova in zona gialla. Da domenica Campania, Molise ed Emilia-Romagna sono passate in zona arancione, aggiungendosi a Umbria, Abruzzo, Toscana, Liguria e alle province autonome di Trento e Bolzano. Non ci sono regioni interamente in zona rossa, ma ci sono molti territori sottoposti alle regole della zona rossa in più regioni.

現在、イタリアのほとんどの地域はイエローゾーンになっているが、日曜日以降、カンパーニャ、モリーゼ、エミリア・ロマーニャはオレンジゾーンに移行し、ウンブリア、アブルッツォ、トスカーナ、リグーリア、そして、トレントとボルツァーノ自治州がそれに加わった。 完全にレッドゾーンに入っている地域はないが、複数の州で、レッドゾーンの対象となり得る地域は多くある。


(tratto dall'articolo di こちらの記事より引用  il POST)



イタリア政府のサイト CLICK

governo.png

AGGIORNATA AL 21 FEBBRAIO 2021
2021年2月21日の状況

zone.png



"...prevede la possibilità di spostarsi una volta al giorno, dalle 5 alle 22, per fare una visita a una sola casa; in questo spostamento si può essere al massimo in due..."
Oddio, quanto è preciso e particolareggiato!! È totalmente diverso dalla "richiesta" vaga del governo giapponese che ci chiede soltanto di non uscire di casa "il più possibile".

「訪問が免除されるのは、1日に1回、午前5時から午後22時までで、訪問先は1軒のみ。一緒に移動できるのは最大2名で・・・。」
ひぇ~!なんて細かいんだ! 2人で2ヶ所どっか行っちゃったり、3人で誰かんちに押しかけたりしたら即行アウト!バッキーン!・・・なのかな?「なるべく外には出ないでね」というお願いベースでずっとここまで来てる日本とは根本的に違うな~。




Mi fa piacere sapere che attualmente nessuna regione è nella zona rossa. Spero tanto che diventino tutte gialli, poi puri bianchi dove non c'è più pericolo, essendo accompagnate dai vaccini che potrebbero riportare la vita prima del 2020!

州内の移動はおろか、市町村内のお宅訪問も禁止なんていうレッドゾーンに、今日現在どこも属してなくて良かったですよ、ほんと。州の外に出ちゃダメ!っていう状態が3月27日まで継続されるのは、あと1ヶ月関東地方から出ちゃダメ!っていうのに近いとすると、まぁなんとか我慢できそうですよね。
このまま全地域がオレンジからイエローになって、そのうち危険のない真っ白ゾーンになって、ワクチン接種も相まって、2020年前のイタリアに戻ることを祈ってやみません。




Vax Day ワクチン記念日 - 2020.12.27 Sun

IMG_6757.jpg

Ma cosa stai gridando?

なにをワーワー言ってるのぉ~?




Ahhhh, è arrivato il momento...
嗚呼、ついにこの時が・・・



tratto da こちらより引用 La Reppublica

rep.png

Vax Day(ワクチンデー)
スパッランツァーニ国立感染症研究所で初のワクチン接種。コンテ首相「歴史に刻まれる日になるだろう。」ローマ法王「全ての人々に行き渡るように。」


ウィルス学研究所所長は言う。「とても気分がいいし、興奮していますが、それよりも大変誇りに思います。」ワクチン接種は、イタリア全土でスタートしたが、保健省のスペランツァ大臣は、「これはまだ始まりに過ぎない。注意深く観察しなければ。」と警告する。

repu.png

2020年12月27日

マリア・ロザリア・カポビアンキ所長、クラウディア・アリヴェルニーニ看護師、それに医療従事者のオマール・アルベッリは、本日午前7時20分、ローマのスパッランツァーニ国立感染症研究所において、新型コロナウィルスのワクチンを接種したイタリア初の3名となった。彼らに続いて同研究所で接種するのは、2人の感染症専門医のアレッサンドラ・ヴェルゴーリとアレッサンドラ・ダブラーモである。

「とても気分がいいし、興奮していますが、それよりも大変誇りに思います。」今朝、新型コロナウィルスワクチンを、イタリアで初めて接種した3名のうちの1人である、スパッランツァーニ国立感染症研究所のマリア・ロザリア・カポビアンキ所長は言う。「(自分が優先して接種した)この特権が、早く全ての人に行き渡ることを願っています。」ただ、こうも強調する。「我々はまだ勝利を謳歌するべきではありません。」

c19.png

「私は心から言いたい。自分自身のために、大切な人のために、社会のためにワクチンを接種しましょうと。」これは、同じく今朝、ワクチン接種を受けた、同研究所の29歳の看護師クラウディア・アリヴェルニーニが、接種後初めて口にした言葉である。
「今日ここに来る機会を与えてくれた、メディカルディレクターのフランチェスコ・ヴァイア博士と、デ・アンジェリス博士に感謝します。 深い誇りと大きな責任感を持って、今日私はワクチンを接種しました。小さな行為ですが、私たち全員にとって重要なことです。」



225439024-34879d89-3c79-4302-83ad-118c56754fb4_20201227232024793.jpg



Non si sa quanto sia efficace.
Non si sa quando sarà esteso a tutti quanti.
Non si sa quando si potrà sentire veramente la fine di questa pandemia.
Ma speriamo in bene!!!!!!!!!

どのくらい効果があるのか分かんない。
いつ国民全員に行き渡るのか分かんない。
いつこのパンデミックの終息を肌で感じられるのか分かんない。
なーんにも分かんないけど、とにかくいい方向に行ってくれっ!!!!



Altrimenti...
そうじゃなかったら・・・



Non potrei andare eternamente in Italia!!
永遠にイタリアに行けないよぉ!



Ma mi domando quando arrivi il vaccino in Giappone....

でもイタリアだけで盛り上がってもダメなんだよ。日本と双方でやってくれないと。
日本にワクチンがやって来るのはいつなんだろうなぁ・・・。


Buon Natale! メリークリスマス! - 2020.12.24 Thu


bn.png


separatori_58.gif

Il 2020 è stato un anno molto duro e difficile per tutti quanti.
Che l'anno nuovo riporti i sorrisi e la serenità in tutto il mondo!

2020年は、思いもよらぬ大変な年となりました。
新しい年が、世界中にまた元の平和と笑顔をもたらしてくれますように。







Caro Presidente Conte コンテ首相さま - 2020.11.26 Thu

PB020379 (2)

Quanto manca al Natale?

もういくつ寝るとクリスマス?




こちらより引用 tratto da twitter del Presidente Conte

Conte_202011252138481df.png

数日前、チェザーノ・モデルノ市(ロンバルディア州モンツァ県)の5歳の男の子からこんな手紙をもらい、とても異例なお願いごとをされました。


Tommaso.png

コンテ首相さま

ぼくは、トンマーゾです。チェザーノ・モデルノに住んでいます。5歳で、聖アンナ幼稚園に通っています。

家でも、幼稚園でも、全部のルールとあなたの命令を守って、いつも手をきれいにして、他の人とは離れるようにして、大人たちはマスクをしています。

今日の朝、クリスマスまであと何日?とママに聞きました。サンタクロースのことが心配だからです。

サンタクロースが、世界の子どもたちにプレゼントを配れるように、特別な autocertificazione (ロックダウン下において、どうしても外出しなければならない時に自分で書いて携帯が義務付けられている許可書)を出してもらえないか、あなたに聞きたいです。
サンタクロースはおじいちゃんだし、たくさんの家に行くのは危ないのは分かっているけど、えらい人だから、自分を守るためにきっとマスクをすると思います。

クリスマスツリーの下に、温かいミルクとビスケットだけじゃなくて、消毒液も置いておくことを約束します。

お仕事がんばって下さい。そして、サンタクロースのために、この特別のお願いを聞いてくれますように。

ぼくの友だちに教えてあげられるように、あなたのお返事を待っています。

ありがとう。
トンマーゾ



risposta.png

トンマーゾ君へ

君のメッセージを読みました。安心して下さい。サンタクロースは、世界を周れる許可書をもう持っていると私に言ってくれましたよ。だから、どこにだって行けるし、世界の子どもたちにプレゼントだって持っていけるんです。どこにでも、誰にでもです。それに、いつもマスクをするし、自分のことも、会う人みんなのことも守るために、みんなとはちゃんと離れるようにすると言ってくれました。

クリスマスツリーの下に、温かいミルクとビスケットのほかに消毒液も置いておくのは、最高のアイデアだと思います。それをちゃんとつければ、彼の手をかんぺきに消毒できるし、安心してまた出発できるよね。

君と、君のお友だちが、ママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃん、そして大切な人たちを守るために、全部のルールをきちんと守ってくれていることを知って、私は嬉しいです。だから、サンタクロース宛ての手紙に、君がいい子でいたことを書く必要はないよ。それは、私が彼に言っておいたからね。

イタリアは今年、すごく大変な年で、君も、他のすべての子どもたちも本当にえらかったと彼に伝えました。コロナウィルスをやっつけてほしいと、サンタクロースにお願いしたがっていることも知りましたが、そんなお願いをすることで、もう一つプレゼントをもらえるチャンスを逃さないでほしい。コロナウィルスをやっつけるのは、私たち大人が力を合わせてやるからね。そうすれば、君やお友だちが、自由に楽しく遊んだり、みんなでハグし合ったりできるようになるからね。前のように、なんの心配もなく。

大きなハグを。
ジュゼッペ・コンティ



babbo-natale-2020_w630.jpg



Non si sa mai come e quando si potrà cacciare via il covid-19 e io non saprei cosa stia succedendo veramente in ogni paese del mondo, ma l'unica cosa certa sarebbe l'importanza di avere un cuore puro come questo bimbo di 5 anni che non solo segue tutte le regole proclamate dal governo, ma augura anche una buona salute di vecchiotto Babbo Natale.

コロナをいつ、どうやって退治できるのかなんて誰にも分からないし、世界の国々で本当は何が起きているのか、そんな実情は私には分からないけど、唯一確かなことは、政府から発表された規則をちゃんと守っているだけでなく、おじいちゃんサンタの健康まで心配している、5歳のこの男の子の純粋な心の大切さ、ですよね。



Comunque, lo trovo un bellissimo episodio. Anche se un bimbo giapponese scrivesse un messaggio al Primo Ministro chiedendogli se Babbo Natale non abbia rischio di essere contagiato, non sarebbe probabile che Yoshihide Suga gli risponda personalmente, ancora di meno in maniera così affettuosa come quello che ha fatto il Presidente Conte.

首相宛てのこのメッセージは、恐らくは親御さんが書いた、あるいは大部分を手伝ったんだろうと想像できるけど、それはさておき、日本で今、幼稚園児がスガちゃんに「サンタクロースがGoToで飛び回っても、病気になったりしませんか?」なんていう手紙を送ったとしたら、「密は避けるし、マスクしながらご飯食べるから大丈夫!って言ってたから心配しなくてもいいよ。」と、コンテ首相のようなハートウォーミングな返事を書いたりする・・・わけないな。




shiba 柴 - 2020.11.16 Mon

IMG_6856.jpg

Ti funziona il cervello?

頭、だいじょうぶ?




Leggendo ogni giorno delle frasi in italiano mi capita spesso di trovare qualcosa di nuovo, e anche oggi ho fatto una scoperta molto interessante... anzi, piuttosto che interessante, devo dire che è sorprendente, stupefacente, sconvolgente, perché si tratta non della lingua italiana ma della lingua giapponese!

毎日なにがしかのイタリア語の文を読んでいると、なにがしかの発見があるわけなんですが、今日もまた面白いことを知ってしまいました・・・いや、面白いというより、ビックリ!衝撃!ショーック!な発見でして、それはなぜかというと、その発見が、イタリア語に関することじゃなくて、日本語に関することだったからです。




Tra le fiabe giapponesi più conosciute c'è 桃太郎 (Momotaro) che inizia con la seguente frase:

日本を代表する昔ばなしの中に『桃太郎』がありますが、出だしはこうですよね。



momotaro.jpg

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
ある日、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
(Mukashi mukashi arutokoroni ojiisan to obaasan ga sundeimashita.
Aruhi ojiisan wa yama e shibakari ni, obaasan wa kawa e sentaku ni ikimashita.)
 








In un libro, scritto da un professore giapponese dell'Università degli Studi di Napoli "L'Orientale", c'è la traduzione in italiano di questo brano iniziale, e io, per curiosità, ho pensato di provare a tradurlo senza leggerla.

ナポリ東洋大学の日本人専任講師の方が書かれた、とある本の中に、この出だしのイタリア語訳が載っていたもので、お、訳を見ないでちょっと書いてみよっかな、と思いました。



Ho scritto:
で、書いた文はこんな感じ。


"C'erano una volta un vecchio e una vecchia. Il vecchio andò a tosare l'erba in montagna e la vecchia al fiume a fare il bucato."


La traduzione nel libro invece è questa:
本にある訳はこれ。


"C'erano una volta un vecchio e una vecchia. Il vecchio era andato a fare legna in montagna e la vecchia era andata al fiume a fare il bucato."




Uhm? "fare legna"...?
んん?fare legna 「薪を拾う」・・・?




Ho tradotto 柴刈りに行く (shibakari ni iku) in italiano "andò a tosare l'erba" dal momento che "shiba" è "l'erba" e "kari" è "tosare", ma il libro dice "fare legna" e non "tosare l'erba"...

「柴刈りに行く」を、私は andò a tosare l'erba 「シバ刈りに行く」と訳したけど、本に載ってる訳は、fare legna 「薪を拾いに行った」で、「シバ刈り」ではない・・・。




Per un istante mi sembrava errata la traduzione del professore,

ちょっとセンセ~、これ違ってませんか~?と一瞬思ったんですが、




ma all'improvviso ho pensato che poteva essere io a sbagliare il vero significato di 柴刈り (shibakari)!!

し、しかし、次の瞬間、もしかして「柴刈り」って「シバ刈り」じゃないの?!
なんかエッライ勘違いしてるの、もしかして私?!と思い、急に心拍数がドドドドド。




e infatti lo ero...
そしてやっぱり私がバカでした・・・。



柴


Questo kanji si legge "shiba" e "shiba kari" significa "fare legna"
こっちの「シバ刈り」は、「薪を拾う」



shib.png

Questo si legge anche "shiba" ma "shiba kari" con questo kanji significa "tosare l'erba"
一方、こっちの「シバ刈り」は、「芝生を刈る」




Pensandoci bene infatti nessuno andrebbe in montagna a tosare l'erba perché di solito in montagna non si trova l'erba. Ahahaha.
Momotaro è una fiaba famosissima che forse non ci sono giapponesi che non la conoscono, ma può darsi che ci siano alcuni come me che credano che il vecchio sia andato a tagliare l'erba in montagna.

よく考えてみれば、山に芝生を刈りに行く人っていないよね。普通山には芝生えてないもんね。
いや~、おじいさんは今の今まで芝を刈りに行ったんだとばっかり思ってましたよぉ~。
「シバ」の意味を深く考えたことなんてなかったっていうのもあるけど、たとえ「芝刈り」じゃなくて「柴刈り」だと知っていたとしても、それが「薪拾い」を意味することを知らなかったんだから、結局頭の中は、芝刈り機で芝を刈るおじいさん。


CoolClips_vc089795.png

672314.jpg


I kanji sono assai pericolosi.
漢字って怖いわ。


(おじいさんは山に芝を刈りに行ったんだと思ってる人、後で調べてみたら結構たくさんいるみたいで、実はあるあるな話でした。でも、それが正しくないことをイタリア語訳から知った人はワタクシだけかもしれません!←エバルな)



buchette del vino ワインの窓 - 2020.08.25 Tue

IMG_6625.jpg

Ma come mai fa ancora così caldo??

いつまで暑いんだよぉ!




bucchette.png

カッフェ、ジェラート、スプリッツ
感染防止対策のために、トスカーナでbuchette(ブケッテ)が復活


(buchetta は buco「穴」の縮小辞で、「小さい穴」)

9-1.jpg
tratto da こちらの記事をお借りしました DOVE


A Firenze e in altre località della Toscana sono state riaperte le famose "Buchette del Vino", un modo originale per commerciare in sicurezza in tempi di Coronavirus e distanziamento sociale. La tradizione risale al 1600, quando il nostro Paese era in preda a un'altra pandemia: la peste. Stavolta, da quelle finestrelle sistemate a mezza altezza vicino ai portoni di antichi palazzi passa ogni genere di prodotto: gelati, libri, caffè e spritz.

フィレンツェおよびトスカーナ州の飲食店で、かの有名な Buchette del Vino 「ワインの窓」が復活し、コロナ禍における安全性と、ソーシャルディスタンスの確保に一役買っている。「ワインの窓」の起源は、かつてイタリアがペストに見舞われた1600年代に遡る。コロナが蔓延している今は、古い建物の表門の脇に、門の高さの半分ぐらいのところにしつらえてあるその小窓を通して、ジェラートや本、カフェ、スプリッツなど、あらゆる商品が手渡されている。

“Buchette anti contagio”, le chiama così l’associazione fiorentina Buchette del Vino. Che ha fatto rivivere quel sistema antico e ancora presente in molti palazzi del centro storico di Firenze. In tempi di Covid-19 quei piccoli pertugi nelle mura rinascimentali sono infatti il modo più sicuro (e originale) per passare al cliente i prodotti.

「感染防止窓」。Firenze Buchette保存協会は、この窓をそう呼ぶ。フィレンツェの歴史的中心街にある多くの建物には、まだこの小窓が現存し、この度、保存協会がその古いシステムを復活させた。コロナ禍の今、ルネサンス時代のその小さな壁の穴は、商品を顧客に手渡す、最も安全な(そして独創的な)方法となっているのだ。

3.jpegVivoli, storico gelataio in via dell’Isola delle Stinche, serve ai clienti gelati e caffè dalla buchetta. (ph: Vivoli Gelateria)
Al momento se ne contano più di 150 in tutta la regione, dicono dall’organizzazione culturale senza scopo di lucro, creata nel 2015 da tre amici – Matteo Faglia, Diletta Corsini e Mary Christine Forrest – con lo scopo di promuovere, conservare e valorizzare queste feritoie. Pare che nella sola Firenze ce ne siano quasi 100.

フィレンツェのイーゾラ・デッレ・スティンケ通りにある老舗ジェラート店『Vivoli』では、ジェラートやカフェをブケッテからお客さんに提供している。(右の写真)
非営利団体のBuchette文化保存協会によると、この小窓は、現在トスカーナ地域全体で150個以上、フィレンツェだけでも100近くあるそうだ。協会は、この「穴」のプロモーション、保存、利用を目的として、2015年にMatteo Faglia、Diletta Corsini、Mary Christine Forrestの3名の仲間によって設立された。

Gelateria Artigianale Vivoli


Dalla peste al coronavirus
La storia racconta che le Buchette del Vino nacquero durante la peste del 1629-1631, usate soprattutto dai mercanti di vino che volevano continuare con la vendita al dettaglio ma evitare il contagio. Lo testimonia un documento del 1634, intitolato “Relazione del contagio, stato in Firenze l’anno 1630 e 1633”, redatto dall’accademico fiorentino Francesco Rondinelli e ritrovato dalla storica dell’arte Diletta Corsini.

ペストからコロナウィルスへ
歴史を紐解くと、「ワインの窓」は、1629年~1631年に流行したペストの時代に誕生し、とりわけ、ワインの小売業を続けたいが、感染も防ぎたいと考えるワイン商人によって使われていたことが分かる。そのことは、フィレンツェの学者であるフランチェスコ・ロンディネッリが1634年に書いた、『伝染病の報告、1630年と1633年のフィレンツェの状況』というタイトルの文書に記されていて、美術史家のディレッタ・コルシーニによって発見された。

Nei secoli, gran parte sono state murate. Ma tante buchette si trovano ancora lì. La curiosa vicenda è diventata “virale” in queste settimane su molti portali d’informazione di lingua inglese.

何世紀もの間に、その大半は壁の中に塗り込まれてしまったが、それでもまだ多くが現存している。この興味深い歴史的事実は、ここ数週間で多くの英語の情報ポータルに、「ウィルスのように」拡散された。



Qui il link alla pagina dell’associazione Buchette del Vino
Buchette文化保存協会のリンクはこちら buchettedelvino.org


image_20200824230924475.jpg

OIP.jpg

due_to_pandemic_italians_are_using_the_buchette_del_vino_technique_once_again_640_03.jpg

173339858-c4d21953-010a-4508-9469-86b13c829eba.jpg


Molto interessante! Chi dei mercanti di vino del XVII secolo avrebbe mai pensato che le loro buchette sarebbero utilizzate dopo 420 anni circa per lo stesso scopo??
Sono stata mille volte a Firenze ma, a dire il vero, non conoscevo per niente di queste curiose finestrine! Chissà quando, ma la prossima volta quando ci sarò tornata, andrò sicuramente a fare un'esplorazione alla ricerca di queste buchette storiche!

おもしろーい!17世紀前半のワイン商人たちにしてみれば、自分たちがウィルス対策に使っていた小窓が、まさか420年後に同じ目的で利用されることになるなんて、思ってもみなかったでしょうね~。
ワタクシ、100万回フィレンツェに行ってますが、大変お恥ずかしながら、ワインの窓の存在を全く知りませんでした。
来年は行けるのかな~。いやいや、行くよ、絶対!留学費用、学校に預けっぱなしなんだし笑。そしたら、1日10個、10日で100個のブケッテを見つけちゃうぞ!



Ah, un'altra cuorisità l'ho trovata sul sito dell'Associazione. Qualcuno ne conosce qualche altro?

あ、そうそう、保存協会のサイトにこんなことも書いてありました。どなたか他の名称をご存じの方はいらっしゃいますか?ご存じの場合、なんだかとても名誉なことになりそうですよ!


Buchette.png
tratto da 協会のサイトより buchettedelvino.org

BUCHETTE だけではありません

フィレンツェの建物の壁に空いた、このちょっと変わった「穴」の名称は、時代によって様々あります。下の一覧がそれですが、トップにBuchetteがあります。最も一般的に使われていた馴染みある名称で、我々の協会もそこから命名しました。
これ以外の名称をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡下さい。他にはまずない「ワインの窓」辞典に、また新たな言葉が仲間入りすることになりますので。

BUCHETTE (小さな穴)
TABERNACOLI (小さな壁祭壇) 
MOSTRE (アーチ) 
NICCHIE (壁龕) 
FINESTRUOLE (窓) 
BUCHE (穴)
PORTICELLE (小さな扉)
FINESTRINI (小さな窓)
PORTICINE (小さなポーチ)
SPORTELLINI (小さな窓口)
PORTE DEL PARADISO (天国の扉)
PORTICCIOLE (小さい扉)・・・


cercasi turisti 観光客求む - 2020.07.13 Mon

IMG_6240.jpg

Sono in ansia...

心配だねぇ...




Ho letto un articolo su un sito qui sotto in cui spiega la situazione inconsueta di Capri.

たまたま読んだ記事、ナポリから約30㎞南に位置するカプリ島の尋常ならざる状況を伝えています。
ビデオを見ているだけでも、カプリの人たちの戸惑いがジワジワと。記事は、ビデオの内容をまとめたものになっています。


↓ click ↓
euronews.png





tratto da こちらより拝借しました euronews


Capri: vacanzieri cercasi
Di Giorgia Orlandi 11/07/2020 - 14:48

カプリ、旅行者求む
ジョルジャ・オルランディ 2020年7月11日14:48


Russi, americani o brasiliano non s'interessano solo delle principali città italiane, ma anche del isole della penisola, soprattutto durante la stagione estiva.

ロシア人、アメリカ人、ブラジル人は、イタリアの主要都市だけでなく、特に夏のシーズンには半島の島々をも好んで訪れる。

Capri è una delle destinazioni preferite del paese, ma oggi la biglietteria delle navi treghetto è vuota. Dice Ciro Accordo delle Linee Ferry “CAREMAR”: "L'ufficio biglietti in genere è pieno di visitatori e sono tutti stranieri, non senti mai parlare italiano, ma oggi ce ne saranno un paio di stranieri". A bordo di una delle navi treghetto la situazione non è dissimile come ci conferma la nostra corrispondente: "In questo momento dell'anno questo traghetto collega Napoli a Capri e dovrebbe essere pieno di turisti. La capacità dell'imbarcazione è di almeno 600 passeggeri, soprattutto durante il fine settimana, ma oggi non c'è nessuno. Mancano i turisti stranieri".

カプリは、人気の高い観光地だが、今日、フェリー乗り場のチケット売り場には誰もいない。CAREMARフェリーラインのチーロ・アッコルドは言う。「チケット売り場は、普段だったら観光客でいっぱいだし、それはみんな外国人で、イタリア語が聞こえることなんてないけど、今は外国人が2、3人いる程度です。」フェリーの中も、我々特派員が確認したように状況は同じだ。「年間この時期、このフェリーはナポリ~カプリ間を走るんですが、観光客で溢れかえるのが通常です。少なくとも600人ほどの乗客がいるのに、今日はゼロです。観光客がいないんです。」

Una volta a Capri diventa ancora più chiaro di quanto le cose siano cambiate. Dice il proprietario di un negozio: “Solitamente ci sono due persone che lavorano al bancone. In questi giorni sono da solo. I clienti sono pochissimi".

世の中の状況がいかに変わってしまったかが、カプリではより鮮明だ。「店では通常二人で働いているんですが、ここ数日は私一人です。お客はほんのわずかしかいません。」と店主は言う。

I brasiliani sono considerati il secondo gruppo per importanza qui. Assieme a russi e americani sono quelli che spendono di più e generano il reddito maggiore soprattutto nel lusso.

ブラジル人たちは、ここでは2番目に大切な存在だ。ロシア人、アメリカ人と共に、彼らは最もお金を遣い、とりわけ贅沢に、カプリにとって最高の収入を生み出す人たちなのだ。

Luciano Bersani presidente “ASCOM”, dice: "La riduzione dell'economia locale è di almeno un 70% del reddito complessivo. Si tratta di un tipo di clientela insostituibile. Per ora ci sono italiani e alcuni europei"

ASCOMのルチアーノ・ベルサーニ社長は言う。「地方経済の総収入は、少なくとも70%減です。それは、我々にとって、なくてはならない観光客がいないからです。今現在いるのはイタリア人と、いくらかのヨーロッパ人だけです。」

I tour di gruppo sono scomparsi e la maggioranza di turisti è, appunto, italiana o tedesca. Una ragazza tedesca dice: "Sicuramente è molto meglio, puoi goderti la vita selvaggia e lunghe passeggiate nella natura ed è molto più facile prenotare un ristorante."

団体ツアー客は消え、観光客の大半はまさにイタリア人とドイツ人だ。「絶対今の方がずっといいです。自由な日常を満喫できるし、自然の中をうんと散歩できるし、それにレストランの予約もすぐできちゃうし♪」とドイツ人観光客の女の子。

Ma cosa dovremmo aspettarci in futuro? Poniamo la domanda al presidente di Federalberghi: "Sembra che il virus abbia colpito i paesi più ricchi, cioè quelli più importanti per noi. Io però sono molto ottimista e penso che una volta trovato il vaccino, coloro i quali non sono venuti quest'anno, torneranno nel 2021".

一体我々はこの先、何を期待すべきなのだろうか。イタリアホテル事業の業界団体代表にこの質問を投げかけてみた。「ウィルスは、最も富のある国々、つまり、イタリアにとって最も重要な国々を襲ったように思えます。しかし、私はとても楽観主義者なので、一度ワクチンができれば、今年来なかった観光客も、来年2021年には戻ってくると思うんです。」

Per adesso però, un vaccino è ancora lontano e in Italia la dolce vita tarda a ritornare.

しかしながら、今のところワクチンもまだ遠い話で、イタリアに『甘い生活』が戻ってくるのもまだ先のことだ。




1280px-Habour_of_Capri.jpg



Mi chiedo veramente quando tornerà la dolce vita in Italia...
Anzi, non c'è bisogno di essere una vera e propria dolce vita. Basta che l'Italia, il Giappone e tutto il mondo ritornino almeno un po' come prima, giusto?

ヴァカンツァシーズン到来の7月2週目に、ほとんど誰もいないカプリ。そして恐らくは、どこもかしこも同じような状況。
本当に、いつになったら観光客がわんさか集まる、これぞ世界の観光立国!これぞイタリア!が戻ってくるんだろうか。
いや、なにも完璧なDolce Vitaでなくてもいい。イタリアに、日本に、そして世界中の国々に、ほんのちょっとでもいいから前の活気が戻りさえすれば、今はそれで充分嬉しいですよね?



Non si sa quale provvedimento preso in ogni paese sia stato il meglio, ma l'unica cosa certa è che il numero di contagiati a Tokyo sta aumentando di nuovo di giorno in giorno!
Anche se l'Italia fosse pronta ad accogliermi a braccia aperte, essendo in questa situazione io non potrei uscire mai dal Giappone! Da Tokyo! Da mia casaaaa!!

最初のピーク時に、各国が取った措置のどれが最良のものだったかなんて分かりようがないけど、今一つだけ確かなことは、東京の感染者数が再び、日に日に、ジャンジャン増えてるってこと!
たとえイタリアが、「さぁ、おいで!」と両手広げて私を迎えてくれる日が来ても、こんな状況下じゃいつまでたっても、日本から、東京から、家から出られないYOOO!


caratteristica di libri italiani イタリア語の本の特徴 - 2020.06.18 Thu

P5310069.jpg

Facciamo una pausa!

ブレイクタ~イム!




Noto una cosa ogni volta che faccio esercizi dei libri scritti in italiano. A me sembra sia una delle caratteristiche che non si trovano quasi mai negli esercizi della grammatica italiana pubblicati in Giappone.

イタリアで出版されている文法練習問題をやるたびに、あることに気がつきます。それは、日本で出版されているイタリア語の練習問題にはまず見られない、向こうの本の特徴の一つと思われ。


IMG_5808.jpgAd esempio, questo è il libro di esercizi su passato prossimo e imperfetto.
Ovviamente ci sono un sacco di domande riguardo alla forma corretta dei participi passati, all'ausiliare avere/essere, quando si usa passato prossimo e quando imperfetto, l'uso particolari di questi due tempi passati, ecc, ma sfogliando le pagine, già alla tredicesima pagina, ovvero alla primissima parte del libro, si trovano gli esercizi veramente imbarazzati! (almeno per me)

たとえば、この近過去と半過去の練習問題。
近過去と半過去の使い分けを勉強するんだから、正しい過去分詞の形や、助動詞avereとessereのことや、近と半の使い分けや、それぞれの特殊な使い方や、そういったことを当然わんさか問うてくるわけですが、ページをめくると、13ページ目に、つまりは計107ページの本のごくスタート地点に、思いもよらない問題が出てくるんです!



Collega le due colonne. 正しい答えを選びましょう

1. Chi ha inventato la radio?
ラジオを発明したのは誰?

2. Chi ha vinto la prima Coppa del Mondo nel 1934?
1934年に、初のワールドカップで優勝したのはどこ?

3. Chi ha dipinto la Cappella Sistina?
システィーナ礼拝堂に絵を描いたのはだれ?

4. Chi si è sposato con Giulietta Masina?
ジュリエッタ・マシーナと結婚したのは誰?

5. Chi ha fatto una sfilata dentro la Fontana di Trevi?
トレビの泉の中でファッションショーをしたのは誰?

6. Chi ha fabbricato la prima moka per fare il caffè?
カフェを作るモカ第一号を製造したのは誰?

7. Chi ha recitato nel film La grande bellezza di Paolo Sorrentino?
パオロ・ソレンティーノ『グレート・ビューティー/追憶のローマ』の中で演じたのは誰?

8. Chi sono stati gli attori protagonisti del film Mio fratello è figlio unico di Daniele Lucchetti?
ダニエーレ・ルッケッティの『マイ・ブラザー』の主人公は誰?

9. Chi è stata la cantante italiana di maggior successo commerciale con 150 milioni di dischi venduti?
1億5千万枚のレコードを売上げ、商業的に最も成功したイタリアの女性歌手は誰?

10. Chi ha aperto una lavanderia per i senzatetto nel quartiere Trastevere a Roma?
ローマのトラステーヴェレ地区に、ホームレスのためのコインランドリーをオープンしたのは誰?


a. Michelangelo ミケランジェロ
b. Fendi フェンディ
c. Toni Servillo トニー・セルヴィッロ
d. L'Italia イタリア
e. Alfonso Bialetti アルフォンソ・ビアレッティ
f. Papa Francesco フランチェスコ法王
g. Mina ミーナ
h. Guglielmo Marconi グリエルモ・マルコーニ
i. Riccardo Scamarcio e Elio Germano リッカルド・スカマルチョとエリオ・ジェルマーノ
l. Federico Fellini フェデリコ・フェッリーニ



ねこ3Mamma mia! Non lo soooo! Praticamente non sapevo la metà su dieci!
Ma scusa, questi sono gli esercizi su passato prossimo, o no? Invece di chiedercelo ci mette alla prova le conoscenze culturali??

ぇぇ~!なにこれ~! 10問中5問分かんなかったよ~。
で、これって近過去の練習問題ですよね?ね?ね? 近過去の用法を聞かずに、実際試されてるのは文化的知識って、そんな殺生な問題ってあり?



Collega le due colonne. 正しい答えを選びましょう

1. Quando Domenico Modugno è arrivato primo al Festival di Sanremo con la canzone Nel blu dipinto di blu, diventata subito Volare per gli italiani?
イタリア人には『ヴォラーレ』で知られる『Nel blu dipinto di blu』、この曲でドメニコ・モドゥーニョがサンレモ音楽祭で優勝したのはいつ?

2. Quando l'Italia ha vinto i mondiali di calcio in Germania?
ワールドカップドイツ大会でイタリアが優勝したのはいつ?

3. Quando Francesco è diventato Papa?
フランチェスコが法王になったのはいつ?

4. Quando è morto Umberto Eco?
ウンベルト・エコが死んだのはいつ?

5. Quando a Parma è nata la prima università italiana?
パルマにイタリア初の大学が誕生したのはいつ?

6. Quando Leonardo da Vinci ha dipinto la Gioconda?
レオナルド・ダ・ヴィンチがモナリザを描いたのはいつ?

7. Quando Mondadori ha pubblicato Gomorra, il libro di Roberto Saviano?
モンダドーリ社が、ロベルト・サヴィアーノの著書『ゴモラ』を出版したのはいつ?

8. Quando gli italiani hanno scelto la Repubblica?
イタリア人たちが共和国を選択したのはいつ?

9. Quando i romani hanno iniziato a costruire il Colosseo, simbolo di Roma?
古代ローマ人が、ローマのシンボルであるコロッセオを造り始めたのはいつ?

10. Quando si è formata ufficialmente l'Unione Europea?
欧州連合が正式に設立されたのはいつ?


a. Il primo novembre 1993 con il trattato di Maastricht. 
1993年11月1日、マーストリヒト条約の締結によって

b. A marzo del 2006 
2006年3月

c. Il 19 febbraio 2016 
2016年2月19日

d. Il 2 giugno 1946 
1946年6月2日

e. Nel 2006 
2006年

f. Nel 72 a.C. 
紀元前72年

g. Dal 1503 al 1506 
1503年から1506年まで

h. Nel 1958 
1958年

i. Il 13 marzo 2013 
2013年3月13日

l. Nel 962 
962年



08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20200617223907a2c.jpgPeggio ancora!! Come faccio a sapere quando è morto Umberto Eco? Quando Gomorra è stato pubblicato?
Mi domando se per un italiano sia normale conoscere tutte queste cose. Secondo loro sono conoscenze elementari?
Ma scusa, questi sono gli esercizi su passato prossimo, o no?

だから分かんないってばー! さっきよりもっと分かんない。ウンベルト・エコが逝去した日とか、『ゴモラ』が出版された年をどう知っていろと?
イタリア人だったら、このくらいのこと普通みんな知っているんでしょうか?欧州連合が、マーストリヒト条約の締結によって1993年11月1日に設立されたことなんて、彼らに言わせれば常識中の常識なんでしょうか!
で、これって近過去の練習問題ですよね?ね?ね?



IMG_6165.jpg
Questa è invece una delle pagine degli esercizi su imperfetto.
Uhm, anche qui vedo otto personaggi... probabilmente molto importanti e indispensabili nella storia italiana.
Vedo anche l'esempio che dice "Leonardo da Vinci era vegetariano"... beh, chi lo sa!

そしてこちらは、半過去を問う1ページ。
うーむ、ここにもなにやらスゴソーな人たちが8人見えますね~。イタリアの歴史上欠かせないエライ人たちですね~。
で、なんだってなんだって?「レオナルド・ダ・ヴィンチはベジタリアンだった(←半過去)」って?
知らんがな!




Gli esercizi italiani sono fatti per arricchire non solo le conoscenze grammaticali ma anche culturali, ma per noi giapponesi seguire e capire la regola del tempo passato è il massimo che possiamo fare. ・・・

文法的知識と文化的教養を同時に身に着けさせようとする、イタリアの練習問題。
我々日本人は、過去時制のルールを理解するのでいっぱいいっぱいですがね。・・・


ご興味のある方はこちらへ Amazon



viaggio libero 自由な行き来 - 2020.06.12 Fri

IMG_6004.jpg

Mi piacerebbe andare da qualche parte...

どっか行きたいなぁ・・・



Voglio andare in Italia...
イタリアに行きたい・・・



Voglio andare in Italia!
イタリアに行きたい!



Voglio andare in Italiaaaaaa!!!
イタリアに行きたーーーーい!!



... ma da quando si potrà tornare a viaggiare in Italia??
・・・で?いつからまた行けるようになるんでしょ??




Il link qui sotto è la misura attuale emmessa dal Ministero degli Affari Esteri giapponese che ci avverte dei paesi europei dove non dobbiamo ancora andare né per lavoro né per turismo.

こちら、外務省が出している『海外安全ホームページ』で、どのような目的であれ行くのはやめて下さい!絶対やめて下さーい!と警戒レベル3の欧州諸国を、強烈な紫で警告しています。

Ministry of Foreign Affairs of Japan



Ok, ok, l'Italia ci resta ancora un paese dei sogni.

分かったよ。行かないよ。行かなきゃいいんでしょ。







Ora vediamo com'è la situazione in Italia.
Secondo il sito che ho trovato per caso:

それじゃ逆に、イタリアの人たちの海外渡航の可否がどんなことになっているかを見てみましょう。
たまたま見つけたこのサイトによると・・・



corona.png

ヨーロッパが再開:海外旅行とコロナウイルス
どの国に行くことができるのか


イタリア人が行っていい国と、まだイタリア人は来てほしくないと考える国:6月3日から、シェンゲン諸国への海外旅行が可能に

2020年6月9日




Tuttavia, si vede che i criteri di ogni paese sono molto diversi.

とは言っても、6月3日をもって、欧州が一斉にオープンになったわけじゃ全然なくて、イタリア人の往来への判断基準は国によって様々なようです。



Per esempio
たとえば



Austria オーストリア:
Il 15 giugno riapriranno i confini, ma il governo austriaco ha in un primo momento annunciato che quelli con l’Italia sarebbero rimasti chiusi...

6月15日から国境を開けるけど、オーストリア政府は、イタリアとの国境はまだ封鎖のままだと言っている。(でも16日から開けよう、とか内部で色々あるみたいです)

Belgio ベルギー:
Sono ancora in vigore i controlli alle frontiere... quindi resta vietato l’ingresso anche agli italiani.

国境封鎖は引き続き実施・・・よって、イタリア人もまだ入国不可。

Bulgaria ブルガリア:
Tutti i cittadini dell’Unione Europea e dello Spazio Schengen possono entrare liberamente, per chi arriva da alcuni paesi però, compresa l’Italia, resta l’obbligo di quarantena di 14 giorni.

全EU諸国およびシェンゲン協定を結ぶ国は自由に入国可能だが、イタリアを含む一部の国から来る人に対しては、14日間のクワランテーナ(隔離)が義務付けられる。

Francia フランス:
I cittadini dell’Unione Europea, compresi gli italiani, possono andare in Francia. Si deve però compilare un’attestazione sui motivi dell’ingresso nel paese e un’autocertificazione in cui si dichiara di non avere avuto sintomi riconducibili al Covid-19 nelle ultime 48 ore.

イタリアを含むEU諸国の人々は、フランスに行ける。行けるけど、入国の理由と、過去48時間以内に、コロナ感染を疑わせるような症状がなかったことを証明する書類への記載が義務付けられる。

Germania ドイツ:
L’ingresso resta vietato ai cittadini italiani e a quelli di buona parte dei paesi Ue. La riapertura delle frontiere senza condizioni è prevista dal 15 giugno.

イタリア人はまだ入っちゃダメ。大部分のEU諸国の人たちもダメ。条件無しで国境を開放するのは6月15日から。

Portogallo ポルトガル:
Le frontiere sono chiuse a tutti i cittadini non portoghesi fino al 15 giugno. L’unico accordo attualmente in essere è quello con la Spagna.

6月15日までは、ポルトガル人じゃない人は入っちゃダメ。唯一の例外国はスペイン。

Regno Unito 英国:
L’8 giugno sono entrate in vigore le nuove norme per l’ingresso dei cittadini stranieri. Possono entrare tutti, ma c’è l’obbligo di quarantena per 14 giorni... L’obbligo di quarantena resterà in vigore fino al 29 giugno.

6月8日から、外国人の入国に関する新規定が実施される。誰でも入っていいけど、14日間のクワランテーナは義務・・・ 6月29日までは。

Spagna スペイン:
I collegamenti aerei con l’Italia sono già stati ripristinati, ma al momento gli stranieri che arrivano in Spagna devono sottoporsi a quarantena di 14 giorni e possono entrare solo per motivi di lavoro o di urgenza. L’obbligo verrà revocato dal 1°luglio. Dal 22 giugno, intanto, riaprono i confini con Francia e Portogallo.

イタリアとの航空路は既に回復しているけど、スペインに到着する外国人は、14日間のクワランテーナを受けないとダメ。ビジネスあるいは緊急の理由でのみ入国可。この規定は、7月1日で解除。6月22日からは、フランスとポルトガルとの国境が解放される。



Ogni paese sta procedendo a tentoni.
Non si sa la risposta giusta e non si sa quale sia il provvedimento corretto, perché si tratta di una guerra contro un nemico invisibile. Quindi non resta che cercare di fare quello che si può fare.

それぞれの国が試行錯誤、まさに手探り状態ですね。
誰にも正解は分からないし、どれが正しい対策かは分からない。だって、見えない敵との闘いなんだもん。やれることをやるしかないですよね。


european-map_it.jpg


Tuttavia quando gli italiani potranno tornare a viaggiare in Giappone? Questo è il punto più ansioso non solo per me ma forse anche per tanti giapponesi che lavorano soprattutto nel campo del turismo.

それにしても、イタリア人の皆さんが欧州から出て、また日本に来られるようになるのはいつなんでしょう。これは、私だけじゃなくて、とりわけ観光業の分野でお仕事をされている人たちが最も心配な点だと思います。



Continuiamo a leggere l'articolo...
記事を読みつづると・・・



Quando si potrà tornare a viaggiare fuori Europa, anche per motivi di turismo? I viaggi all’estero al di fuori dei paesi dell’Unione europea e dello Spazio Schengen sono in realtà già consentiti per motivi di lavoro, salute o assoluta urgenza. Il divieto di spostamenti liberi – quindi anche per motivi di turismo – da e per Paesi extra europei scade il 15 giugno 2020.

ヨーロッパ圏外に、観光目的で行けるようになるのはいつなんでしょう。EU諸国およびシェンゲン圏外への海外旅行は、実際には、ビジネス、健康、あるいは緊急を要する理由であれば、すでに許可されています。旅行目的を含む、欧州以外の国との行き来の禁止は、2020年6月15日をもって解除されます。



... cosa?!
...え?!


La commissaria Ue agli affari interni Ylva Johansson ha però annunciato che tra i ministri dell’interno dei paesi dell’Unione c’è un’intesa per prorogare la chiusura dei confini europei fino al 1°luglio. I primi ministri italiano e spagnolo, Giuseppe Conte e Pedro Sanchez, hanno inviato una lettera congiunta alla presidente della Commissione europea Ursula von der Leyen per chiedere la riapertura dei confini esterni dell’Unione al più presto e in modo coordinato per tutti i paesi.

しかし、EU内務省のYlva Johansson委員長は、EU諸国の内務大臣との間で、ヨーロッパの国境閉鎖を、7月1日まで延長することで合意したと発表しました。イタリアとスペインの首相、ジュゼッペ・コンテとペドロ・サンチェスは、欧州委員会のウルスラ・フォン・デル・レイエン大統領宛てに共同書簡を送り、できるだけ早く、すべての国のためになる方法で、EUの国境の再開を要請しました。






Anche nel caso in cui si possa tornare a viaggiare al di fuori dell’Europa, non significa necessariamente che i paesi di destinazione permettano l’ingresso libero agli italiani. Ci si dovrà insomma informare caso per caso sulla normativa vigente nel paese che si è scelto per le vacanze.

ヨーロッパ圏外へ旅行できるようになったとしても、それは、目的地の国が、必ずしもイタリア人の自由な入国を許可しているということではありません。要するに、あなたがヴァカンツァに選んだ国の現行の規定に基づいて、ケースバイケースで自分で判断して下さいね。




angelo.jpg


Uhm, hai ragione!!

うーむ、おっしゃる通り!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}