IMG_9150.jpg

2017-05

parrucchiere italiano 美容院事情 - 2017.04.12 Wed

P4040064 (2)

La vitamina C e` importante per la bellezza!!

ビューティーにはビタミンC!!





Il mese scorso una delle mie allieve, la signora T, ha fatto un bellissimo viaggio in Italia, durante il quale ha provato ad andare in un posto dove io non avevo mai avuto coraggio di andare!

先月、生徒さんのTさんが、とっても素敵なイタリア旅行をされて、旅行中、これまたちょっと面白い所に立ち寄られたようなんです。それは、私なんかは勇気がもてなくて、中々行けない場所なんでありますが。





Si tratta di...
それがどこかといいますと・・・





il salone di bellezza!!
ビューティーサロン!






E mi ha fatto vedere il listino dei prezzi.
料金表を見せて下さいましたよ。


無題1f

カット 23ユーロ
ドライヤーあるいはカーラーでのセット 20ユーロ
ローション 5ユーロ
パーマとプレパーマ 45ユーロ
カラー 35ユーロ
銀紙メッシュ  70ユーロ
ペディキュア 23ユーロ
マニキュア 16ユーロ



I nostri prezzi sono unitari
料金は標準原価です

La qualita` puo` essere data solo al giusto prezzo
品質は適正な価格でのみ与えられる(直訳)
➡ ハイクオリティを、適正な価格でもってご提供致します(みたいな?)

Nel salone piu` esclusivo, ti invitiamo a dartene una prova
もっとも独占的なサロンで、一つの試みをご自分に与えるよう勧めます(直訳)
➡ プライベート専用サロンで、あなたも一度お試しになりませんか?(みたいな?)





Ohh, l'informazione del parrucchiere italiano mi ha incuriosito tanto! Non avevo mai fatto caso al listino dei prezzi del parrucchiere durante il mio viaggio in Italia.
La signora T si e` fatta il trattamento dei capelli ed anche il manicure. Ha fatto bene a fare un'esperienza cosi` che un turista ci penserebbe raramente, e di sicuro questa "avventura" di farsi bella deve aver reso piu` piacevole il suo viaggio.

おおおお、興味をそそる情報ですねぇ!イタリア旅行中、そりゃ美容院の前を1回くらいは通り過ぎたことあるはずなんですが、料金表をまじまじ見たのは初めてです。
Tさん、髪のトリートメントをしてもらって、ネイルもキラキラにしてもらったようなんです!すごいなすごいな、そういうイタリア旅行もあるんだな!パニーノかじって、ドゥオーモ登って、チャオ~、なんてやってるだけがイタリア旅行じゃないもんね。思いつかなかったなーもう!なにやっても雑なイメージ(笑)のイタリアの美容院で、どんなことされるのかちょっと怖い気もするけど、何かとカサカサになる旅路の途中で、美しく変身するのっていいだろうな。



salonebg-parrucchiere-estetista-6.jpg



A proposito d'orario di questo salone, mi domando se non poteva essere un po` piu` stabile. Cosi` non si potrebbe sbagliare, no?

それにつけても、こちらのお店の営業時間、曜日によって微妙に違うのはなぜだろう。15分や30分ぐらいの違いで、何がそう変わるというのだろうか。こんなの覚えらんないYO。




Tさん、楽しい情報をありがとうございました!



mzmz.jpg
la permanente giapponese negli anni '50-'60. (fa paura!!)
昭和初期のパーマネント。(こわっ!)

Vola! 翔べ! - 2017.03.22 Wed

P2102822.jpg



53.jpg


17191383_1259797814073288_6015605730425107962_n.jpg

己に聞いてみよう
今日していることが
明日、自分がそこにいたいと願う場所に
少しでも自分を導いてくれているかどうかを






Buon Anno 2017 - 2017.01.01 Sun




PC292274.jpg


Possa questo nuovo anno presentare
molte opportunità sulla vostra strada,
trasformare i vostri sogni in realtà
e tutti i vostri sforzi in grandi risultati!
Buon Capodanno 2017!




明けましておめでとうございます!
皆さまにいろ~んなチャンスが訪れ
夢が現実になり
そして、頑張ったことが大きな結果を連れてくる
そんな1年になりますように!



IMG_02951.jpg




Natalia Ginzburg ナタリア・ギンズブルグ - 2016.09.26 Mon

P9131489 (2)

Hai fatto una cosa rara, eh!

珍しいことしたね!






Venerdi` scorso sono andata ad ascoltare una recitazione della letteratura intitolato "Anna Bonaiuto legge Natalia Ginzburg" organizzato dall'Istituto Italiano di Cultura.

先週の金曜日、イタリア文化会館主催の、「アンナ・ボナユート『ある家族の会話』を読む」という朗読会に行ってきました。
いつも家に引きこもってるか、ブログにふざけたことばかり書いていると思われがちですが、たま~には、こういった知的活動もしているのだ、というところをお知らせしたくて、敢えて書いております。



P9251551.jpg



E` stata un'occasione rara e preziosa in cui Anna Bonaiuto, una delle piu` rinomate attrice cinematografiche italiane, legge un brano del romanzo "Lessico famigliare" di una delle piu' grandi autrici italiane, Natalia Ginzburg, con il sottotitolo in giapponese sullo schermo tradotto da Atsuko Suga, una famosa saggista e specialista di letteratura italiana.

イタリアを代表する映画女優の一人である、アンナ・ボナユートさんが、これまた20世紀のイタリアを代表する大作家、ナタリア・ギンズブルグの小説『ある家族の会話』を朗読し、しかも、須賀敦子さんの翻訳が字幕代わりにプロジェクターに映し出されるという、とんでもなく贅沢な三つどもえの催しなのでありました。





A dire il vero, non e` che io sia amatrice né di Natalia Ginzburg né di Anna Bonaiuto, anzi, direi sinceramente che non le conosco bene. (non sapevo infatti che la moglie di Pablo Neruda del film "Il postino" la recitava Anna Bonaiuto!)

・・・なーんてエラそうに書いてますが、実はナタリア・ギンズブルグも、アンナ・ボナユートさんもほとんど知らない私。映画『イル・ポスティーノ』で主役のマリオ(マッシモ・トロイージ)が憧れる詩人、パブロ・ネルーダの奥さんがアンナさんであったことすら、この日までちっっっとも知りませんでした!





Ci sono andata approfittando di questa rara conferenza per sapere quanto sarei riuscita a capire quello che legge Bonaiuto.
La sua voce era bella e profonda, e leggeva in modo molto convincente da farci sentire di essere veramente sul luogo. Grazie alla sua pronuncia chiara, mi sono sentita di essere in grado di capire la maggior parte del racconto, tranne delle parole particolari degli anni fascismo 1920-1940.

そんななのに、なんでこの朗読会に行ったかというと、ナタリア+アンナ+須賀さんという組み合わせのスゴさが、いまいちピンとこないマヌケな状態にしても、何だかとてもステキそうだし、朗読会なんて初めてだし、朗読されるイタリア語がどのくらい分かるかを試してみよう 、なんて思ったからなんです。
ボナユートさんの声は深く美しく、時に静かに、時に激しく、聞いてる者にもその場の雰囲気が活き活きと伝わってきましたし、聴き取りやすいイタリア語のお陰で、須賀さんにはあまりお世話にならずに大筋理解できたかなぁ~。時代が1920~1940年代のファシズム全盛期ですから、そのあたりの特殊用語で分からないものはもちろん数多くありましたけどね。




img_2_201609252232372fb.jpg

IlPostino_2016092523382741a.jpg




A proposito di Natalia Ginzburg, mi ricordo di una cosa.
Piu` di 10 anni fa, lavoravo come segretaria di una piccola scuola d'italiano. Quando non c'erano gli altri insegnanti (tutti italiani) a scuola, il direttore (italiano) si lamentava spesso dicendo "Mannaggia! I giovani di oggi non conoscono neppure Natalia Ginzburg! Un insegnante che non la conosce, come potrebbe insegnare la letteratura italiana ai giapponesi?!! "

ところで、ナタリア・ギンズブルグと聞いて思い出すことがあります。
10年以上前なんですが、とある小さいイタリア語学校で受付の仕事をしてたことがあったんですが、他のイタリア人の先生たちが学校にいない時、校長(イタリア人)がよく怒ってたんです。「ったく!!最近の若い連中はナタリア・ギンズブルグさえ知らないのか!ギンズブルグを知らないで、どうやって日本人にイタリア文学を教えるっていうんだっ!? " バン!(机たたく)」って。





Questa disperazione del direttore mi aveva fatto sapere per la prima volta che Natalia Ginzburg e` proprio indispensabile quando si racconta delle produzioni letterarie italiane...

校長のこの嘆きを見て、ナタリア・ギンズブルグ知らずして、イタリア文学は語れないらしい、ということを初めて知ったのでした・・・



un sistema inaccettabile 受け入れ難いシステム - 2016.09.05 Mon

P7130938 (2)

Ma cos'e` questo?

なんだそれ?





La mia cara allieva, la signora K, e` una donna molto decisa e svelta, e quando le capita di avere dei giorni di vacanza tra il suo lavoro sempre impegnativo, non perde quasi mai l'occasione di approfittarne per andare in Italia.
Venerdi` scorso e` venuta a lezione. Non ci vedevamo da circa un mese, ed infatti mi ha detto che era stata a Genova il mese scorso! Ohhh, complimenti, signora! Ma quanto sei sveglia! All'ultima lezione non mi dicevi niente, eh!

生徒さんのKさんは、本当に頭の回転が速く、決断力もバリバリ私の10倍くらいおありで、お忙しい日々の仕事の合間に、ポコッと休みが数日でも取れると分かると、よしっ!今イタリアに行っとかねば!と即決。えーとえーと、といつもチャンスを逃しているグズラな私は、本当にそのスピーディな行動力にいつも感嘆しているのであります。
先週の金曜日にレッスンにいらっしゃいまして、「1か月ぶりぐらいですよねぇ。ご無沙汰してました~」と挨拶を交わした直後、「あのね、先月ジェノヴァに行ってきました。フフフ。」って。え?今なんて言いました?てな具合で、もうまたもやビックリですよー!だって、前回のレッスンの時、何も言ってなかったですよね?
もう~、Kさんったら!その即決力ってどうやったら養えます?





Guardate questi regali che mi ha dato! Bellissimi, ed anche carini! Mi piace molto il suo gusto! Grazie mille!

そして、こんなにステキなお土産をいただいてしまいました。おぉ、可愛い!Kさんのセンス好き!!ありがとうございます!!


P9041396.jpg

P9041397.jpg




Dandomeli, la signora K mi ha raccontato una cosa buffa ed incredibile.

Kさん、お土産を下さりながら、今回の旅の途中で起こったオモロクも、ちょっと信じられない話を聞かせて下さいました。



P9021377.jpg
Non mi ricordo dov'era, ma in una piccola stazione del treno, lei ha comprato il biglietto con la macchinetta self-service.
Per la destinazione costava 1,60 euro quindi ha inserito 10 euro... dopo qualche secondo le e` uscito il biglietto... ha aspettato che le restituisse il resto... ma non sono uscite monettine...

ジェノヴァのどこだったか忘れちゃったんですが、とある小さな駅で、なんとかという町に行こうとしていたKさんは、自動券売機で切符を購入。行先まで1.6ユーロだったので、10ユーロを入れ、待つこと数秒・・・。するとチケットが出てきたので、お釣りは・・・?と思いきや、出てきたのはお釣りではなく、




e` uscito invece un altro biglietto con la dicitura
こんなことが書かれた紙。




"Ricevuta di credito per l'importo: 8.40 euro
Rimborsabile presso le biglietterie Amt Genova (Via D'Annunzio 8, Via Avia 9r o Via Bobbio 250r)"

領収額8.40ユーロ 
ジェノヴァ公共交通会社(Azienda Mobilità e Trasporti S.p.A.)の切符売り場にて払い戻し可(住所 D'Annunzio通り8番、Avia通り9r、あるいは、Bobbio通り250r)






o020002001352027225551_201609032336280d3.gif


Ma scherzi????!!!!!!






Davanti alla macchinetta che ha mangiato il resto, la signora K non ha capito cosa l'e` successo, e quel momento non faceva ancora caso a quel sistema tanto particolare che non esiste mai in Giappone.
Senza convincersene e` comunque salita sul treno che voleva prendere. Ha fatto vedere il biglietto e la "ricevuta" al controllore credendo che glielo restituisse lui. Il signore pero` dopo aver controllato il suo biglietto se n'e` andato via senza riferirsi all'8.40 euro da ridarle, e povera lei e` restata a bocca aperta... ・・・


お釣りを飲み込んだままの券売機の前で、Kさんは何が起こったのか瞬時には飲み込めず、お釣りを受け取るための、こんなヘンテコなシステムについても、まだその時は気づかず、納得いかないけど仕方がないので、乗りたかった電車にとりあえず乗車。
そうだ、車内の検札の人がきっと返してくれるんだわ、と気を取り直して、やってきたオジサンに乗車券とその「領収書」もどきを見せると、オジサンはそれらを一瞥して任務終了。お釣りに関して何も言わずに立ち去るオジサンと、オイオイ、私の8.4ユーロはどうしてくれるんだい、と呆然とするKさん・・・ ・・・





Ma cari lettori italiani, vorrei chiedervi se questo sistema d'imborso - ma praticamente il resto e` il denaro che va ridato subito ai passeggeri - sia normale in Italia!!
Anche se la signora K avesse capito subito come si doveva fare per ricevere il resto, sarebbe stato difficile recarsi ai posti indicati senza sapere dove si trovano! Figuriamoci se fosse un turista con due grandi bagagli in tutte le due mani! Potrebbe anche andarci volendo, ma credo che si rinunci, tanto sono "solo" 8.40 euro...
Ma dove andranno a finire questi soldi "accumulati"?????

それにしてもですよ。このシステムってイタリアじゃ普通なのか?そもそも、rimborsabile「払い戻し可能」なんて言ってるけど、お釣りって「払い戻し」するもんじゃなくて、ユーザーにその場でお返しすべきもんなんじゃないのか?!
たとえKさんが、お釣りの受け取り方をその時にすぐに分かったとしても、指定されている場所にわざわざ出向かなきゃいけないって、情況からいって不可能でしたよね。もしそれが、大きなトランクを両手に抱えた旅行者だったら、一体どうしろというわけ?いや、絶対お釣りはもらわなきゃ!と意地でも取りに行くこともできるだろうけど、ま、いっか、わずか8.4ユーロだし、なーんて諦めちゃうのが大方なんじゃないでしょうか。
で、それを見越したかのようなシステムにより、どんどん溜まっていく「お釣り」は、一体どこにいくんでしょう・・・




5613494528_99bfeb1974_b.jpg




Attenzione pero`, la cara Amt Genova, che al prossimo viaggio lei verra` sicuramente a ricuperare il suo denaro.
Vuole sapere perché lo so gia`?
Perché alla fine del racconto lei mi ha chiesto: "Sulla ricevuta non e` indicata la scadenza, vero?"

でも、大丈夫。
ジェノヴァ公共交通会社よ、待っていたまえ。Kさんは、次回の旅行で絶対8.4ユーロを取り返しに行くからね。
なぜ分かるかって?
だって、真相が分かった時点で、私に言ったんだもん。「領収書、scadenza(有効期限)書いてないよね?」って。




(Kさん、この前のジェノヴァ・ストーリーを思い出しながら書きました。違ってる点があったらごめんなさい!)


bar spagnolo スペインバール - 2016.08.16 Tue

P8151309.jpg

ma come dire...

なんていうんスかねぇ・・・






Oh, signore, voglia perdonarmi! Ho commesso un piccolo "tradimento".

おお主よ、許したまえ!ちょっとした己の裏切りを!






Devo essere stata tentata dal demonio ad andare in un locale non italiano ma

いやね、ちょっと魔がさしただけなんですよ。イタリアンじゃなくて、



FullSizeRenderb.jpg


SPAGNOLO!! addirittura dove si mangia e si beve in piedi

スパニッシュなお店に行ってしまったのは!
しかもそこは、立ったままカウンターにもたれて飲食するという


FullSizeRendera_20160815232530a60.jpg

proprio come il bacaro veneziano!

まったくもって、ヴェネツィアのバーカロと同じスタイル!




E` stato solo un giorno prima in cui ero incantata da un'ottima atmosfera veneziana del Bacaro Ferro, ma la sera successiva quest'osteria-bar spagnola che si trova vicinissimo a casa mia mi ha fortemente tentato ad entrare...

富士見ヶ丘駅の新バーカロ・フェッロで、ここはまっこと、ほんまもんのヴェネツィアやねぇ~、などとウットリした翌日の夜、イタリア・ラブの舌の根も乾かぬうちに、ふらふら~と寄ってしまった、うちから激近の立ち飲みスペインバール。スペインに魂を売ったわけじゃ決してないんですが、な~んか雰囲気のあるお店が、こっちに向かっておいでおいでするもんで、つい・・・




Io non m'intendo per niente della Spagna, né della cucina spagnola, e non so neanche quanto sia differente tra loro dal punto di vista enogastronomica. L'unica cosa che so e` che la Spagna ha la paella e l'Italia il risotto, e gli spagnoli bevono la sangria e gli italiani il bellini, e che tutti e due sono squisiti!

スペイン、そしてスペイン料理には全く詳しくありません。スペイン料理とイタリア料理の間に、どのくらいの違いがあるのかもよくは分かりません。唯一知っていることといえば、スペインにはパエリアが、イタリアにはリゾットがあり、スペイン人はサングリアを飲み、イタリア人は桃のカクテル、ベリーニを飲む。そして、どちらもとっても美味しい! っていうことぐらい?(マジか?)




IMG_9890.jpg








A proposito, ora sto facendo un corso intensivo d'italiano ad un dipendente che andra` a vivere a Roma per lavoro fra non molto. E` un signore molto bravo e sta acquistando la conoscenza linguistica molto piu' velocemente di quanto io pensassi. Ma e` tutto naturale, perché aveva studiato lo spagnolo all'universita`.
Mi dice che ormai si e` gia` dimenticato quasi tutto, ma si vede ovviamente che gli rimane ancora un bel po' che l'aiuta nell'apprendimento della lingua italiana...

ところで、もうすぐローマに仕事で2~3年行くことになっている会社員の方に、いま直前集中レッスンを行っているんですが、その方、とーっても優秀な方で、10言ったら8ぐらい分かる超スピードで、じゃんじゃんイタリア語を習得中。それもそのはず、大学時代に第二外国語がスペイン語だったんですって。やっぱりね~!
いや、もうほとんど全部忘れちゃいましたよ、なんておっしゃってますが、長年使わなかっただけで、脳内に実は相当数残っていたスペイン語が、久しぶりのラテン語系言語のレッスンで刺激されて動き出したっていうんでしょうか。それが、親戚筋のイタリア語の理解をかなり助けていることは、傍の目から見ても明らかです。



spagnolo.png
... ma lo mette anche nei guai e gli crea tanta confusione il fatto che queste due lingue si somigliano moltissimo, ma nello stesso tempo sono parecchio diverse naturalmente!!

・・・ただ、そっくりなのに違う、でも違うけどそっくり!っていう現実が、彼を大いに混乱させているのも事実です。



(ma mi fa impressione il punto interrogativo capovolto messo all'inizio delle frasi!)

(それにつけても、文頭の逆さまクエスチョンマークは、何度見てもものすごい違和感!)











Milano! ミラノ! - 2016.06.18 Sat

P6090457.jpg

Non nasce nulla se non fai nulla...

何もしなきゃ何も生まれませんわね・・・






Ciao a tutti!
Oggi ho una novita` da raccontarvi.

皆さん、こんにちは!
今日はね、ちょっと嬉しいニュースがあるのでございます。





Sapete cos'e`?
なんだと思います?





Ovvio che non lo sapete!
知らんがな、そんなの、とおっしゃるのもごもっとも。






Volete sapere di cosa si tratta?
知りたい?





superman-010_jpg.png

Fra 10 giorni vado a Milano!!!

10日後にミラノに行ってきまーす!!!







Sapete perche`?
なんでかって?





CLICK!

images_201606181049014d2.png

per andare a vedere la Triennale di Milano 2016
che si sta tenendo ora!

現在開催中のミラノ・トリエンナーレ2016を見に行くため!







Vado a vedere cosa di preciso...?
はるばる一体なにを見に・・・?





no_20160618110611231.png

per vedere uno spettacolo del Teatro Noh!

能楽の舞台を見るために!






CLICK!

triennale.png

CLICK!

enit.png



nichii.png





Comunque, non me l'aspettavo proprio di poter andare in Italia quest'anno, ma l'ho deciso all'ultimo momento!
Rimarro` solo una settimana, ma sono sicura che sara` un viaggio piacevole!

それにしても、今年イタリアに行けるなんて、まったく思ってなかったな~。
色々いきさつがあって決めた旅行なので、うんと楽しんでこようと思います。




quale sara` ragionevole? どっちが道理的? - 2016.06.13 Mon

P5290388 (2)

ahi ahi ahi...

あららら・・・






L'altro giorno, la mia insegnante d'italiano, Fiorenza sensei, mi ha scritto dicendo che vuole cambiare il giorno della mia lezione, perche`...

先日、イタリア語のフィオレンツァ先生から、「申し訳ないんだけど、明日のレッスン日を替えてほしいの」と連絡が。
なぜなら・・・




"... domani devo uscire subito per andare a fare il rinnovo della patente di guida. Purtroppo l'unico giorno aperto e` il venerdi` dalle 9 a mezzogiorno..."

明日、即行で免許の更新に行かなきゃいけないの。やってる日が、金曜日の9時からお昼までだけなのよ。





Caspita! Per il rinnovo della patente si ha solo 3 ore alla settimana!?
Vai pure, sensei! Non c'e` problema! Certo che possiamo cambiare il giorno!

ええーーっ!免許更新の可能日が、1週間にたったの3時間?!
そりゃもう行っちゃって下さいよ、センセ!レッスン日を替えるなんてノープロブレムですよ!




patente.png




Dopo un paio di giorni, approfittanto di scriverle su una cosa, le ho chiesto se e` andato bene il rinnovo, e mi e` arrivata la seguente risposta.

2日後、他のことを訊くついでに、更新は無事に終わりました?と聞いてみたらば、こんな返事がきました。




"Non mi ero accorta che la patente era gia` scaduta (!) e quindi mi hanno detto di ritornare oggi. Per fortuna in Italia se uno si dimentica di rinnovare la patente, non deve rifare la scuola di guida come in Giappone. Solo, non puo` guidare fino a che non la rinnova. In Italia non arriva la cartolina a casa che avvisa di rinnovare la patente, e quindi penso ci siano parecchi italiani che si dimenticano."

免許証の期限切れてた!気がつかなかった~! だから、今日また来いって言われたんで行ってきたの。幸運なことにイタリアでは、更新を忘れても、日本みたいに教習所に行き直さなくちゃいけないってことはなくて、ただ、更新するまで運転しちゃダメ、ってだけなの。日本みたいに、更新のお知らせハガキなんて来ないから、きっと大勢のイタリア人が更新するのを忘れてると思うわ。





Come dice lei, in Giappone arriva la cartolina che avvisa di rinnovare la patente quando si avvicina la scadenza, cosi` ci si ricorda di dover andare a fare il rinnovo. Nel caso che ci si sia dimenticati di farlo, non e` che la patente venga scaduta subito, ma si verra` ammesso se si avra` rinnovato entro 6 mesi dalla scadenza.
Ma comunque grazie alla cartolina di avviso, sarebbe difficile dimenticarsene, e proprio per questo, si farebbe una brutta figura andare alla questura con la patente scaduta.

先生が書いたように、日本では免許証の失効期限が近づくと、お知らせのハガキがちゃ~んと届くから、ああ、そうだったそうだった、と思い出しますよね。万が一更新するのを忘れたとしても、すぐさま免許証失効になるわけじゃなくて、期限過ぎてから6ヵ月以内にきちんとやればセーフらしいんですがね。
それでも、親切なハガキのおかげで、まるっきり忘却の彼方、なんてことはまず無いと思われ、それゆえに、うっ!切れてる・・・、なんていう状態は、かなりカッチョ悪いことなんだと思います。




mario.png




Poi nello stesso giorno mi e` arrivato un altro suo messaggio.

なんてことを考えていたら、同日に先生からメッセージが。




"Oggi finalmente il rinnovo della patente e` stato completato, e` stata una cosa sveltissima, mi hanno consegnato un foglio provvisorio e con quello posso gia` guidare. La patente vera arrivera` giovedi` prossimo.
Questo e` un sistema tutto italiano, che comunque funziona bene. Senza stress, senza code, visita medica velocissima, e fine....
... Si`, in Italia esiste ancora la flessibilita`, per fortuna. Comunque, anche in questo ci sono vantaggi e svantaggi, naturalmente. Ma grazie a questa flessibilita`, si puo` ancora avere l'impressione di una maggiore "umanita`".

今日、更新完了。なんだかすごーくテキパキ進んで、仮の免許証を発行してくれたから、これで運転できるわ。本物の免許証は木曜日にくるはず。
これがイタリアのシステム。それで、とりあえずうまいこと機能しているのね。ストレス無し、行列無し、素早い対応、でフィニッシュ・・・
・・・良かったことに、イタリアにはまだ融通性っていうものが残ってる。まぁ、これには当然いい面と悪い面があるけれど、でも、このフレキシブルな対応のおかげで、イタリアってずいぶん人間味のある国だよね、って思えるのね。





Meno male che tutto e` andato bene come se niente fosse accaduto!

まるで何事もなかったかのように、ちゃっちゃっと事が運んで良かった良かった!




892004036.jpg




Ma comunque...
とにかく・・・


cartolina di avviso (= provvedimento in anticipo) お知らせハガキ(=前もって措置)

nessuno si dimentica di rinnovare 誰も更新を忘れない

niente confusione 混乱なし

se ci si dimenticasse 万が一忘れたら

l'imbarazzo e figuraccia totale かなりカッチョ悪い


nessun preavviso (= non e` affare di nessuno) お知らせ無し(=放置)

tutti si dimenticano di rinnovare みんな更新を忘れてる

pure gli addetti si dimenticano, forse 係官だって忘れてる、かも

una cosa troppo normale それが普通の状態

la procedura quindi viene completata in modo regolare なもんで、手続きも日常通り




Ormai non capisco quale sia meglio! Ahahaha

もうどっちがいいんだか分からないぞ!あははは




i messaggi di Fiorenza sensei sono autorizzati a pubblicare qui
メッセージをここに掲載する許可は先生にとってあります





la quarta lingua piu' studiata al mondo 世界で4番目に人気のある言語 - 2016.05.12 Thu

P4170175.jpg

Davvero davvero?

ホントにホントなんですかーーっ?






L'altro giorno ho letto un articolo molto interessante, che gia` il titolo mi ha attirato gli occhi.

先日、ちょっと面白い記事を読みました。タイトルからして目がビビビッ!



sorpresi.png

イタリア語は、世界で4番目に学習者が多い言語である。
ビックリでしょ?


こちらの記事から拝借しました estratto dal sito ATTIVO TV






Ma davvero?? L'articolo mi ha suscitato tanto interesse che l'ho letto fino alla fine.

ええー、そうなんだ?? タイトルにつられて、つい最後まで読んでしまいましたよ。



a1_20160512234526165.png

2週間ほど前、イタリアの新聞が大きな驚きをもって、とある記事を掲載していた。イタリア語は英語、スペイン語、中国語に次いで、世界で4番目に学習されている言語である。理由は分からないけど、と。
初めの3ヶ国は当然といえば当然だろう。英語は、15億人の人々が話している言語だし(インド人も含む)、唯一ではないにしろ、世界の共通語だ。方やスペイン語を話す国民は5億人で、スペイン語は米国で急速に広がりを見せている。そして中国語も、15億の話者数がいるし、なんせ中国自体が今や成長著しい筆頭の国であり、世界で2番目に力のある国なのだ。
うん、ここまでは分かる。



a2.png

で、不可解なのが、なんでイタリア語が4番目なのか、ということだ。イタリア語を話す国民は、6千万をちょっと超すぐらい(イタリア語を知っているアフリカのエリトリア人や、アルバニア人、ソマリア人などを含めると7千万ぐらい)だし、国土も比較的小さいし、すっかり衰退しているし、力のある国からは無視されてるし、昔も今もしょうもない政治家からバカにされている国なのに。

イタリア語に続いて学習者の多い言語は、フランス語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、日本語らしいが、その根拠は?問題は、イタリアのジャーナリストたちが、甚だ無知で、さらにひどいことに、記事を書く前に何のリサーチもしないということだ。





9597030-pila-di-dizionari-isolato-su-sfondo-bianco.jpg



Per il resto dell'articolo, andate al sito e leggete quell'originale.
Per i lettori giapponesi provo a fare il riassunto.

ここから先の記事も長いので、ざっくりとドンブリ翻訳してみますよ。





でもまぁ、しょうがないので、イタリア語が世界で4番目という、このおかしな現象を解き明かすことができそうな何かを探ってみましょうかね。

● イタリア語は、カトリック教会の総本山であるバチカン市国で使われている言語で、なんつっても法王様や司教たちが使っている、スゴイ言葉なのだ。

● イタリアから世界のあちこちに散らばる、約4千万人もの移民たちの子どもや孫世代がバイリンガルとなっている。また、アメリカを中心に暗躍する秘密結社的犯罪組織、コーサ・ノストラの連中がイタリア語を使っていることが多い。

● パヴァロッティが世界中で成功したことを考えると分かるように、イタリア語は音楽ファンから愛されるオペラ音楽を支える、第一言語である。

● 13世紀以降、耐えることなくずっと発展してきた、イタリア文学のレベルの高さ。長続きしなかったイギリスや、フランス、ドイツ、スペイン、ロシア文学とは違うのだ。(エッヘン!)
ペトラルカからグラムシまで、イタリア人作家とその作品は、本国イタリアでよりも、海外で愛され、読み継がれている。(エッヘン!エッヘン!)

● 特にルネサンス期の作品による、イタリア芸術の影響力の大きさ。

● そして最後に、食文化やファッションを語る時の言語はイタリア語が多い。


イタリアの文化と言語が、世界中でこれだけ称賛を得ているのに、イタリア人たちが自国のスバラシサをあんまり自覚していないという、このアンバランスは一体なんなんだろう。
それは要するに、現代のイタリア人たちが、彼らの前にそびえ立つ自国の文化遺産に釣り合ってないってことだろう。ざんねーん。




vaticano.jpg



... ma e` vero che il giapponese e` la nona lingua piu' studiata al mondo??

・・・で、日本語が世界で9番目に勉強されている言葉って、ほんと?



anno bisestile 閏年 - 2016.02.29 Mon

Ciao, carissimi lettori!
Mi dispiace tantissimo se non posso aggiornare il post.

皆さん、こんにちは!
ちーっとも書き込みができなくてスンマセン!




Sapete perche`?
なぜかって?




In queste ultime settimane mi dedicavo a fare preparazione per la mia nuova vita che sarebbe dovuta partire da oggi: il 29 febbraio 2016, il giorno che ci torna solo una volta ad ogni 4 anni!

今日、2016年2月29日(月)、そう、4年に一回しか巡ってこない閏年の今日、新生活を始めるべく、ここ数週間ヒツゼツに尽くしがたい程のドッタバタの日々を送っておったからなんです。




Non potevo avere un minimo tempo per fare qualcos'altro, ma finalmente si stanno calmando tutte queste confusioni.
Da domani in poi, tornero` alla normalita` e ricomincero` pian piano a fare i post che possano farvi divertire!

ボケッとしているのはトイレの時だけ、ぐらいな状態でありましたが、やっとこさ、少しずつ落ち着きを取り戻しつつあります。
明日以降は、徐々にちょびっとずつ日常に戻っていくと思いますし、また皆さんをワハハハと笑わせられるようなオモロイ記事を書いていきたいと思っていますよ!また遊びに来て下さいね!!




Bacioni a tutti voi.
皆さんにビッグバーチョ!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (39)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}