3749299106.jpg

2017-04

patate ジャガイモ - 2017.03.13 Mon

P2082793.jpg

Nel mondo ci sono mille cose che non conosco...

世の中知らないことだらけ・・・






L'altro giorno con l'allieva Y san ho fatto degli esercizi di un libro di testo che si deve trasformare la frase usando il verbo "preferire".

イタリアで出版されている、とあるテキストの練習問題に、動詞 preferire 「~の方を好む」を使って文を作るというのがありまして、それをこの前、Yさんとやっていましたらね。




esempio : riso / pasta → Preferisco il riso alla pasta
例: 米 / パスタ → 私は、パスタより米の方が好きだ

1. spaghetti / tortellini スパゲッティ / トルテリーニ
2. verdura / patate 野菜 / ジャガイモ
3. formaggio / mozzarella チーズ / モッツァレッラ
4. carne / pesce 肉 / 魚
5. caffe` / te` コーヒー / 紅茶
6. spremuta / succo フレッシュジュース / ジュース





・・・eh??? ( ̄▽ ̄!!!!))))・・・





Aspetta, aspetta, c'e` qualcosa di strano qua...
オイオイ、ちょっと待ってくれ・・・





2. verdura / patate 野菜 / ジャガイモ
3. formaggio / mozzarella チーズ / モッツァレッラ





・・・ma scusa ( ̄▽ ̄!!!!)))) あのさ・・・





Preferisco la verdura alle patate??!!
私は、ジャガイモより野菜の方が好き??!!!

Preferisco il formaggio alla mozzarella??!!
私は、モッツァレッラよりチーズの方が好き??!!




Le patate non sono la verdura?! La mozzarella non e` il formaggio?! Mi sa che sia stranissimo fare questa comparazione!!

ジャガイモは野菜じゃないのか?!モッツァレッラはチーズじゃないのか?!ジャガイモより野菜が好きって、どゆこと?!!




patate.jpg



tratto da こちらから引用 Barilla

patate.png

ジャガイモは野菜とは見なされない、って知ってました?

ジャガイモは、茹でたり、フライにしたり、ローストしたり、マッシュポテトにしたりして消費される野菜と見なされているが、実は、食用の「塊茎(かいけい)」である




Mozzarella-9.jpg



tratto da こちらから引用 Yahoo answers

fo.png

質問: モッツァレッラってチーズ?

ベストアンサー: 正確にはチーズではなくて、水牛や乳牛の乳から作る、糸状に伸びる生地でできた乳製品で、プーリア州やカンパーニャ州、バズィリカータ州の名産品。

その他コメント: 絶対チーズにあらず。発酵させて作るチーズは別カテゴリー。モッツァレッラは乳製品で、発酵させない乳製品は数日後には捨てなきゃいけない。一方、チーズはそのまま熟成させる。 






o020002001352027225551_20170313223124d1a.gifEhhhhh, davvero??!!
Beh, anche in Giappone le patate appartengono alla categoria diciamo "verdura di radice", ma sono generalmente considerate come verdura, e nessuno direbbe "Preferisco la verdura alle patate"! E pure la mozzarella quasi tutti i giapponesi la considerano il formaggio.

えぇぇぇー、マジすか?!
そりゃまぁ、日本だってジャガイモは細かく言えば「根菜」の部類だけど、とりあえず「野菜」として認知されてるわけだから、「私って~、どっちかっていうとジャガイモより野菜の方が好き♪」なんて絶対言いませんよね?
モッツァレッラだって、みんなチーズだと思ってるし。そりゃ発酵もしてないし、熟成もしてないけどさ・・・ブツブツ・・・





Questi esercizi sono per i principianti, e mi domando come mai hanno scelto apposta questi sostantivi invece di usare quelli piu` facili e generali come ad esempio "mele/fragole", "gatti/cani", e cosi` via.

この練習問題、初級者用なんですよね。なんでわざわざこんなトンチの利いた名詞を選んだのか謎です。もっとこう分かりやすく一般的なものにすればいいのにね。「リンゴ・いちご」とか、「猫・犬」とかね・・・




tuberira.png

tuberi 塊茎





ciao! チャオ! - 2017.03.09 Thu

P2282890.jpg

Salve a tutti!

皆さん、こんにちは





_20121001_1955909945.jpg

a2h7O.jpg

9127cda5.jpg



tratto da こちらから引用  etimoitaliano
ciao.png

「Ciao」は、ある一定の親しみや親密さをもった相手、要するに、少なくとも自分と同じような「立場」にある「tu(君)」の間柄の人に対して投げかける挨拶であり、片や、自分より「立場が上」の人や、年配の人に対しては、「buongiorno こんにちは」や「arrivederci さようなら」、「salve やぁ、どうも」などの、あまりダイレクトでない言葉を使うのが礼儀正しいとされる。
実は、「schiavo 奴隷」という言葉が、その昔ヴェネト州で、「s-ciao」あるいは「s-ciavo」という方言に変化し、今日皆が普通に使っている「ciao」に形を変えながら、幾世紀かの間に標準のイタリア語となったのだが、当時は、「schiavo suo はい、貴方様」「schiavo vostro はい、皆様方」(直訳は、「私は貴方・皆様方の奴隷です」)という意味以外の何ものでもでなかった。
ciao は親しみを込めた挨拶どころか、少なくとも語源的には、現在の「buongiorno こんにちは」や「buonasera こんばんは」などよりも、相手に対する全面的な服従と敬意を表す挨拶だったのである!(たとえ単なるうわべだけにしても)





・・・・(゜▽゜;;;;;;)!!!!!!!!

Oh, mamma mia! Non lo sapevo proprio!!!



ええぇぇぇーっ!全然知らんかった!!




c0011649_827376_convert_201403102344051.jpg




portoghese ポルトガル語 - 2017.02.09 Thu

P2052769.jpg

GNAM GNAM GNAM...

ウマウマウマ・・・





L'ultimo giorno mi e` capitato di andare a mangiare in un ristorante portoghese.
La cucina italiana ormai la conosco abbastanza bene , quella spagnola cosi` cosi`, ma per quanto riguarda i piatti portoghesi direi che non li conosco quasi nulla, per cui ero molto curiosa di assaporarli.

先日、ポルトガル料理屋さんに連れて行ってもらうことがありました。
イタリア料理はさすがにまーまー知ってるつもりですし 、スペイン料理もステレオタイプレベルでよければ、知らなくもない感じ。でも、ポルトガル料理に関しては、何となく想像はつくものの、具体的には何一つ知らなかったので、何が食べられるんだろ~、ととても楽しみでした。





Seduta al tavolo pero` la cosa che mi ha incuriosito molto di piu' era
でも、席につくや私の興味をビビビッと惹きつけたのは、料理ではなく、





la tovaglietta di carta su cui c'era un'elenco delle parole giapponesi di origine portoghese!!
「日本語になったポルトガル語」がズラ~リと記された、紙のランチョンマットでした!


P2082780.jpg


Praticamente ce ne sono alcune che non si usano piu' tanto, ma sono rimasta meravigliata nel sapere che ci sono cosi` tante parole giapponesi che derivano da portoghese!

カンテラとか、オイチョカブとか、日常使ってる人がいたら会いたいぐらいの言葉もありますが、こ~んなにたくさんの日本語が、元ポルトガル語だったなんて、言語オタク脳を相当刺激するではありませんか!



bateira --> battello --> ばってら battera (che e` un tipo di sushi la cui forma somiglia a una piccola barca)
botao --> bottone --> ボタン botan
canaria --> canarino -> カナリア kanaria
caramelo --> caramella --> キャラメル kyarameru
confeito --> confetto --> 金平糖 konpeetoo
gibao --> 襦袢 juban (che e` un indumento messo sotto il chimono)
manto --> mantello --> マント manto
mirra --> mummia --> ミイラ miira ・・・



Ma quella che ha attirato di piu' la mia attenzione e`
そんな中、一番興味を引いたのは、


P2082779_20170208235703a2f.jpg











TANTO!!







Sapete che "たんと tanto" e` un dialetto di Osaka che sta per "molto"? Viene usato come "たんと食べなはれ! tanto tabenahare" (mangia tanto!), "けったいな人は大阪にたんといたはります kettai na hito wa oosaka ni tanto itaharimasu" (delle persone strane ce ne sono tante a Osaka), ovvero si usa proprio come "tanto" in italiano (cioe` in portoghese) con un significato di una grande quantita`!
Interessante, neeeee!

大阪弁の「たんと」はポルトガル由来だったのかっ?!「たんと食べなはれ」「けったいな人は大阪にたんといたはりますぅ」と言ってる大阪の人たちは、一部ポルトガル語、つまりはイタリア語の tanto を使っているということなのか?!
イタリア語のレッスンで、副詞 tanto 「大量に、大いに、とても」が出てくると、あれ?日本語と同じですね~、奇遇ですね~、なんて話がよく出ますが、奇遇なんかじゃなくて、ラテン語だったってこと?
いやぁ、これはオモロイですねー!




s_004v.jpg

VILA MOURA 赤坂店



あ、今気がついたんですが、先ほど書いた「ランチョンマット」って、もしかして lunch on mat ?!それとそれと、「ポルトガル」って Portogallo -> Porto Gallo -> 港のニワトリ??
すみません、今さらなんですが、私の中では大発見なもんで心拍数が・・・



viaggiare 旅行する - 2016.11.24 Thu

PB231888 (2)

・・・




Si dice
えーと、こうは言うけど



Ho viaggiato in Italia (イタリアを旅行した)



Ma non si dice
こうは言わない



Ho viaggiato a Roma (ローマを旅行した)



ma perché ?!!
のはなぜっ?!





viaggio.jpg




E` stato un dubbio che mi accompagnava da sempre.
Praticamente mi sono sempre sentita che c'e` qualcosa che non va... che e` un errore... che non si dice cosi`...
ma non sapevo spiegare il perché!!

これは、ずいぶん前からモヤモヤモヤモヤと頭の中にあった疑問です。
viaggiare in Italia はシュッとしてるのに、viaggiare a Roma だと、な~んかど~っか変・・・。言うに言えない違和感があって、きっとこうは言わないんだろう、ということは感じるんだけど、何がどう変なのかが説明できない! という時間が長く続いておりました。







Ed ora, chiedendo ad alcuni italiani e consultando dei siti che fanno lo scambio linguistico, sono finalmente riuscita a chiarire (quasi) questa incertezza!

この度ようやく重い腰を上げ(早くしなさい)、ネイティブに聞いたり、言語交流サイトに質問したりして、このモヤモヤをやっと晴らすことができました(と思います。たぶん。)!




"viaggiare" とは

Piuttosto che la destinazione del viaggio, significa spostarsi andando in posti diversi e lontani
旅行の行先がどこどこ、というよりは、あちこち離れた複数の街の間を「移動する」ことを意味し、



Ho viaggiato in Italia イタリアを旅行した
(回ったのが複数の街か、一か所滞在かは明確じゃないけど、イタリア国内を「回った・移動した」)

Ho viaggiato per l'Italia イタリアを旅行した
(一か所滞在ではなく、あちこちの街を「周遊した」)



e descrive il viaggio con la durata, come ci si e` spostati, come si ha fatto, ecc.
そして、どのくらいいたのか、どう移動したのか、どんな風に旅行したのか、を描写する。



Ho viaggiato per una settimana 1週間旅行した
Ho viaggiato da Roma a Milano ローマからミラノまで旅行した(移動した)
Ho viaggiato tutto il giorno fino a Venezia ヴェネツィアまで一日中移動した
Ho viaggiato in treno 電車で旅行した
Ho viaggiato con gli amici 友だちと旅行した
Ho viaggiato bene/male 快適に・ひどい旅行をした




Se si tratta invece delle citta` non si puo` usare il verbo "viaggiare", perché la citta` e ` un posto "solo" e in genere non ci si puo` spostare lontano.

要するに、日本語で「旅行する」というと、荷造りしてチケット持って、さぁ出発だ!ルンルンル~ン♬ というニュアンスがありますが、viaggiare という動詞は、「遊びに出る」というより、あくまでも「あっちからあっちへ移動する」という動きに重きが置かれているようなんですね。
viaggiare の後に街の名前をもってこられないのは、「街」というのは「一か所の場所」であり、「あちこち遠い場所に移動する」という概念からは外れてしまうからなんですね、きっと。



Con la citta` quindi bisogna dire in un altro modo:
なもんで、「ローマを旅行した」なんて言う場合は、他の言い方をする必要があると。



Ho visitato Roma ローマを訪れた
Ho visto Roma ローマを見た
Ho girato per Roma ローマを見て回った
Ho viaggiato attraverso Roma ローマを(通って)旅行した




Conclusione:
結論


viaggiare + paese 国
viaggiare + citta` 街




※ Ringrazio gli amici italiani ed i soci del mitico sito Lang-8 che mi hanno aiutato!
※ 教えてくれたイタリア人の友人、そして、書き込みしたら、すぐさまコメントをくれた Lang-8(言語学習相互添削サイト)のメンバーの皆さんに感謝します!





A proposito
ところで


↓ il dizionario che ho 小学館の赤の辞書 ↓

PB241917.jpg




Mah!
ま、いいんだけど・・・




Comunque...
とにもかくにも



viaggi-2.jpg

世界は本である
だから旅をしない人は
本を1ページしか読まないということだ
 
ね?





ventaglio ホタテ - 2016.11.21 Mon

PB051792.jpg

Ottimo lavoro!

グッジョブ!





La scorsa settimana un mio amico italiano L e` venuto a Tokyo dall'Italia con la sua mamma, e siamo andati a cenare insieme in un ristorante giapponese.
Abbiamo brindato al nostro ri-incontro su un bicchiere di birra e abbiamo ordinato tanti piatti giapponesi, tra cui c'era un piatto misto di sashimi. Non era una varieta` di pietanza come la foto qui sotto ma comunque L e la sua mamma sembravano felici di gustare la cucina tipica giapponese.

先週、イタリアから友人のL君と、彼のママが来日し、3人で和食の店で夕飯を食べました。
再会を祝してサル~テ~! とビールで乾杯し、まぁ居酒屋によくあるザッツ・ジャパニーズなお料理を色々食べたわけですが、そのうちの一つがお刺身の盛り合わせでした。盛り合わせなら、もっと盛り合わせてほしい!といった内容で、決して下の写真のようなものではなかったんですが、それでも L君とママはニコニコしながら、クチーナ・ジャポネーゼに舌鼓を打っておりました。



sashimi1.png



Mangiavano ogni sashimi pensando che pesce fosse: "Questo e` sgrombo... e questo invece tonnetto... e questo cos'e`??" Mamma mi ha chiesto indicando le fettine bianche (quelle che indica la freccia rossa nell'immagine).

「これはサバ・・・これはカツオ・・・」と、それが何の魚なのかを確認しながら、食べ進める二人。するとママが、白く薄くペタッとしたものを指して、「これはなーに?」と聞いてきました(写真の赤い矢印のヤツ)。




: Ah, quello e`.... uhm, aspetta... lo conoscevo come si chiamava in italiano,ma mi e` scappato... (cercato l'immagine su internet e dimostrandogliela) si`, si`, ecco! Il ventaglio!
あー、それはですね、えーとえーと・・・イタリア語でなんていうんだっけ・・・知ってたのになぁ・・・ (と、すかさずネットで画像を調べて、ママに見せながら)あーそうだそうだ、ventaglio (ヴェンタッリオ)です!

: Eh? Cosa? (guardando l'immagine)... ahhh, ho capito, la cappasanta!
え?なに?・・・ (と画像を見る)あぁ~、あれね、カッパサンタね!






 ・・・(゜▽゜;;;)・・・????






youkai_kappa.png







河童 kappa
cos'e` kappa?





christmas_santa.png





サンタ Santa (= Santa Clause)






Cappasanta カッパサンタ・・・...
Cappa Santa カッパ サンタ・・・
Santa Cappa...?? サンタ・カッパ(=聖なるマント)・・・??




Oh, madonna! Non sapevo che il "ventaglio", o magari viene anche chiamato il "pettine di mare", ha un altro nome cosi` sacro!

ううう、知らなかったヨ!ventaglio(ヴェンタッリオ=扇)、pettine di mare(ペッティネ・ディ・マーレ=海の櫛)の他に、ホタテにそんな神聖な名前があったとは!





capa.png

Capasanta「カパサンタ」の由来
一般的には、San Giacomo「聖ジャコモ」、Pellegrina「ペルリーヌ」(18~19世紀に用いられた婦人用のウエスト丈肩掛け、巡礼者のケープに由来)、そして Cappasanta「聖なるマント」とも呼ばれるこの貝は、中世の時代、スペインのガリツィア海岸で猛烈に収獲され、この地には、巡礼者がこぞって訪れる聖地、サンティアーゴ(サン・ジャコモ)・デ・ドンポステーラがある。聖人が、神の祝福を授ける式典に使用する聖水を汲むために、この貝が使われたとされ、それが名前の由来である。ヨーロッパのあらゆる地域からこの聖地を目指した巡礼者たちは皆、ホタテ貝を一つ拾っては自分の杖に結んだり、首にかけたりして、巡礼の旅を成し遂げた証とした。

 Alimentipedia.it



image62.jpg

61474675.jpg



Ma che interessante! Interessante anche per il fatto che un mollusco ha cosi` tanti nomi diversi!

いや~、新宿のフツーの居酒屋でたまたまたのんだ、盛り合わせてない刺身盛り合わせから、こんなオモロイことにつながるとは思ってもみませんでしたよ! ホタテにこんなにたくさんの有難い名前があること自体オドロキですよね。



20110911_2139684.jpg



Per curiosita`, la cappasanta si chiama in giapponese HOTATE.

ホタテは、どこいってもホタテなんでしょうかね~。





compleanno 誕生日 - 2016.11.07 Mon

P9041419.jpg

Auguri!

おめでとさん!





buon-compleanno12.jpg

無題compleanno





comple + anno

= (latino ラテン語) complere+ anno

= (italiano 伊語) compiere + anno

= Portare a termine un anno, giungere al termine di un percorso...
1年を成し遂げる、一つの行程の終点に達する・・・





Che bella parola...
Avere un anno di piu' non si tratta d'invecchiamento, ma di aver potuto adempire sano e salvo il proprio 365 giorni anche quest'anno!

いい言葉ですねぇ・・・
また歳とっちゃった、もう~歳になっちゃった、というのは「あ~あ」感が満載ですが、無事にまた365日を走り切った!今までの歳に、達成した分の1年をプラスして、計○○歳になった!と表現するイタリア語ってステキ!!(久しぶりに負けた気がする)





Mentre invece
それに対して




gg1.png

birth + day = giorno della nascita


ta.png

たんじょう (tanjoo) + び (bi) = giorno della nascita



Uhm... non c'e` un pizzico di fantasia.
うむ・・・そのまんまやん。





Comunque, oggi ho compiuto gli anni...
とりあえず、今日また無事1年成し遂げました・・・



veramente - 2016.11.01 Tue

P9131503.jpg

Ora escooooo!

出まーーす!





Non sono sicura ma probabilmente molti giapponesi che studiano italiano usano l'avverbio "veramente" prevalentemente in questo modo:

突然ですが、副詞 veramente 「ヴェラメンテ」ってどんなイメージですか?
私の勝手な憶測ですが、イタリア語を勉強している皆さんの多くは、もっぱらこんなイメージをおもちなんではないでしょうか。




834dfe1b0563710e5bcd5535fb0f08d0.jpg



ウマ過ぎーーっ!


201510200553531.jpg




えぇーっ!マジすか?!





veramente
= realmente, sicuramente, effettivamente, seriamente...
「本当に、まさに、実に、誠に、実際、ものすごく・・・」





Leggendo gli articoli o guardando i programmi in italiano pero` si sente spesso dire con un altro senso.

ごもっとも!そういう私もそうです。
ところが、イタリア語の記事や番組などを見てますと、「超ナントカ」じゃないヴェラメンテがしょっちゅう登場するんですねー。



A: Che ne pensi di quello che lui dice? 彼が言ってること、どう思う?
B: Io, veramente, non sono d’accordo. 私は、実を言うと賛成じゃないんだよね

A: Raccontami tutto! Laura e` innamorata di Antonio, vero?
全部教えてよ!ラウラってアントニオのこと好きなのよね?
B: Veramente, non ne so nulla... いや、私、何にも知らないからさ・・・

A: Buongiogno, mi dica. こんにちは、何か?
B: No, veramente, sono qui per il lavoro. Ho visto l'annuncio d'assunzione.
あ、いや、仕事のことで来ました。求人広告を見たもので。



In questi casi "veramente" significa "ma, pero`, tuttavia, praticamente" che esprime incertezza e perplessita` del parlante, ma quando lo sento dire, per un istante non capisco il senso perché tendo ad interpretare come se significasse "davvero, sul serio, moltissimo".

この場合の veramente は、「でも、それでも、実は、実際のところ、いや〜なんていうか」といった、話し手の戸惑いとでもいいましょうか、えーとえーと、みたいな言いよどみを表す副詞なんでありますね〜。
もっぱら、「マジでナントカ!」という意味でしか使ってこなかった身としては、急に自信なさそうな使い方されても困りますよねぇ。でもこれがまた日常的によく使われるようなんですわ。





anfrt5.jpg

自分の言ってること、マジで信じてるわけ?





A proposito degli avverbi, ho l'impressione che non pochi siano incerti riguardo alla posizione di questa parte del discorso. Alcuni sembrano di avere una certa regola, ma effettivamente e` un po' complicato per noi giapponesi.

ところで、副詞といえば、文のどこに入れるべきなのか迷うことありませんか?文頭なのか、真ん中なのか、文末なのか・・・。場合によってはルールがあったり、どこでもいいんじゃないスかね、みたいな時もあったりしてね、意外にややこしかったりします。





Seguenti sono quelli che so io come una regola di base. Fatemi sapere se troverete gli errori o se ci sono altre regole!

語順ルールは大体こんな感じ↓ですかね~。ええ?そうかなぁ、というのがあったらぜひ教えて下さいね!




avverbio + aggettivo 副詞+形容詞

Marcello e` davvero simpatico! マルチェッロってものすごくいい人!
Ho mangiato una bistecca veramente buona. ほんとに美味しいステーキを食べた
La lingua italiana e` estremamente difficile. イタリア語は甚だ難しい


avverbio + avverbio 副詞+副詞

Si e` comportato molto male con me. 彼は私にとてもひどい態度をとった
Maria ride sempre allegramente. マリーアはいつも陽気に笑う
Oggi mi sento un po' meglio. 今日は少し気分がいい


verbo + avverbio 動詞+副詞

Marco studia molto. マルコはすごく勉強する
I bambini parlano correttamente inglese. 子供たちは英語を正しく話す
Prima di andare al lavoro passo sempre dal bar. 仕事に行く前に、バールにいつも立ち寄る


l'avverbio che si riferisce a un'intera frase 文全体にかかる副詞

Finalmente ho finito l'esame. やっと試験が終わった
≒ Ho finalmente finito l'esame.
≒ Ho finito finalmente l'esame.
≒ Ho finito l'esame finalmente.


l'avverbio che si riferisce al tempo 時を表す副詞

Ieri sera sono tornato a casa a mezzanotte. 昨夜、夜中に帰宅した
≒ Sono tornato a casa ieri sera a mezzanotte.
≒ Sono tornato a casa a mezzanotte ieri sera.


verbo ausiliare + avverbio + participio passato
助動詞+副詞+過去分詞


Ho gia` finito di leggere questo libro. もうこの本を読み終えた
Non sono mai stato in America. 一度もアメリカに行ったことがない
Mi sono molto arrabbiata con lui. 彼にはものすごく頭きた
Fin da piccola mi e` sempre piaciuto cantare. 子どもの時から、ずっと歌を歌うのが好きだった
Ho troppo bevuto il vino. ワインを飲み過ぎた

.
Questo ultimo, mi domando se si puo' anche dire "Ho bevuto troppo il vino" o in questo caso "troppo" funziona come aggettivo, per cui si deve dire "Ho bevuto troppo vino"...?

最後の文は、troppo を過去分詞の後に置いて、Ho bevuto troppo il vino でもいいんでしょうかねぇ。でもそうすると、troppo は動詞 bere にかかる副詞じゃなくて、 il vino にかかる形容詞「多過ぎるワイン」みたいになるから、定冠詞を外して Ho bevuto troppo vino と言わなきゃいけないんですかねぇ・・・




Piu' ci penso, piu' mi fa impazzire...

あぁやだやだ。考えれば考えるほどパァーになるぞ・・・



stracciatella ストラッチャテッラ - 2016.10.26 Wed

IMG_0340.jpg

Lasciamiiiiiiii!!!

そういうのやめてくださーーい!!!!!!






Se sento la parola "stracciatella", mi viene subito in mente

stracciatella 「ストラッチャテッラ」と聞いて、すぐに頭に浮かぶのは



straciatella-gelato2.jpg




questo!!
これ!




Assolutamente
絶対的に

IMG_7926.png



questo!!
これ!!





Oppure
そうか

Eisneuheiten20201620von20Nestle20und20Schöller



questo tipo!!
このタイプ!!






Per 40 anni non ho mai dubitato che "stracciatella" e` niente altro che il gelato con scaglie di cioccolato, ma l'altro giorno un mio amico italiano mi ha fatto sapere che si tratta anche di

そう、ストラッチャテッラといえば、砕いたチョコを混ぜたジェラートのことだと、40年間信じて疑わなかったのに、先日、イタリア人の友人から衝撃的なことを教えてもらいました。
ストラッチャテッラ、それは、なななななんと




dsc02843.jpg

la zuppa a base di uova sbattute!!!!



かき玉汁のことでもあった!!!!!





Noooo! Chi l'avrebbe mai pensato che fosse un piatto che non c'entra niente (secondo me) con il chocolate chip icecream!!

ええええーっ!チョコチップアイスと何の共通点もない(ように見える)かき玉汁が同じ名前だなんて、誰が想像できましょうや!



無題stra

「ストラッチャテッラ」は、ローマ、マルケ、アブルッツォ地方の郷土料理。卵をベースに、おろしたパルメザンチーズ、塩、こしょう、ナツメグを加え、時にはセモリーナのパスタを入れてスープで煮込んで作る。名前の由来は、ブロードの中で固まった卵が、小さな straccetti (ぼろ布、雑巾、端切れ)のように見えるから。




stracciatella-890x570.jpg



Gli stracci... ora ho capito, me ne sono convinta...
Pure il gelato alla stracciatella e` chiamato cosi` perché contiene il cioccolato stracciato, giusto?

そ、そうか、straccio 「ぼろ布」か・・・。かき玉汁は、ボロボロ卵のスープであると。
考えてみれば、stracciare は「ずたずたに引き裂く、ちぎる」だから、ジェラートのストラッチャテッラは、ボロボロに細かく砕いたチョコ入りのジェラートってことなのですね。
な~んかオサレな名前だな、さすがイタリアだな、なんて長年思ってきたけど、まさかボロ雑巾からのネーミングだったとは、軽く脱力・・・。









Per curiosita`, ho trovato degli altri "straccetti".

脱力ついでに、他にもボロボロシリーズを見つけました。
中華料理じゃありませんよ。みんな正真正銘のイタリア料理です。



stracc21.jpg



straccetti di manzo

牛肉の細切れ炒め(?)



min-2999.jpg


straccetti di pollo

鶏肉の細切れ炒め(?)




straccetti-al-guanciale-e-rosmarino-005.jpg


straccetti di tacchino

七面鳥の細切れ炒め(?)






Grazie, amico mio, per avermi suscitato molta curiosita`!

友よ、オモロイことを教えてくれてありがとう。





guardare vs vedere 見る vs 見る - 2016.09.16 Fri

P9041430.jpg

Ma che buonoooooo!!!

うっまーーーーーっ!!!





「TVを見る」は guardare la TV なのに、「映画を見る」は vedere un film なのはなんで?  

Si dice "guardare la TV" ma "vedere un film". Come mai?





E una questione che mi fanno spesso i miei allievi, e la mia spiegazione finisce sempre con ambiguita`, cioe` lascia molto a desiderare.

これは、常々生徒さんからよく出る質問なんですが、私の説明はなんかいっつもグズグズで・・・





028_20160916224233b03.png

えーと、guardare は 「ある一定時間見つめる、凝視する」なので、テレビを「じっと見る」ってことで guardare。一方 vedere は、ただの「見る」で、瞬間的というか、視覚に入ってくるというか。映画は・・・ むむ。映画も一定時間じっと見るか・・・。テレビと同じか・・・。じゃなんで vedere なんだ・・・?  

(Dunque, "guardare" ha un significato continuo nel tempo, per cui si "guarda" la TV. "vedere" invece ha un senso immediato, quindi... mmm... hai ragione, pure il film si vede di solito in un certo tempo continuo... mamma mia, non capisco neanch'io! )










Tra mille altri impegni, questa domanda la lasciavo in sospeso da molto tempo, ma finalmente ho consultato alcuni siti e ho capito comunque qualcosa.

さっさと調べればいいものを、毎日のドサクサに紛れて、長いこと放置していたこの懸案事項。
やっとこさこの前、関連サイトを色々と見て、ある結論に何となく達しました。イタリア語を勉強している外国人はもちろん、イタリア人の間でもよく分かってない人が多いようで、なんでなんで~?と問いかけ、それに対して自分なりの答えを持ち寄ってるサイトが結構たくさんありました。





In breve, si dice normalmente "vedere" un film, ma si puo' anche dire "guardare" un film. Sono tutti e due corretti e nessuno ti correggera` se dici "guardare" al posto di "vedere".
Ho anche dato un'occhiata sul sito Lang-8 in cui i madrelingua correggono le frasi scritte dagli stranieri, e infatti ho scoperto che un messaggio in italiano mandato da un'inglese che dice "Ho guardato un film italiano che si chiama..." non veniva corretto da due su tre italiani (uno l'ha corretto in "Ho visto").

結論からいうと、一般的に vedere un film と言うけれど、 guardare un film でもいいと。どっちも合ってるし、vedere の代わりに映画を guardare するって言ったとしても、ブッブーって誰も言わないだろうと。
外国人が書く文章をネイティブが添削してくれるという、外国語学習者相互お助けサイトのような Lang-8 もちょろっと覗いてみましたが、イギリス人と思われる人が書いた Ho guardato un film italiano che si chiama... 「・・・っていうイタリア映画を見ました」という文を、3人中2人のイタリア人は「添削の必要なし」としていました(1人は Ho visto と添削)。





Per quanto io ne sappia, in tutti i libri di grammatica si trovano le frasi "Guardo la TV" e "Vedo un film" senza nessuna spiegazione perché c'e` questa differenza, ed ecco perché ci viene questo dubbio.

私が知る限り、イタリア語のどのテキストにも、Guardo la TV に並んで Vedo un film と書いてあったりして、なんで映画は guardare じゃないのかの説明なんてないですよね。
どっちでもいいなら早く言ってよぉ~ん。



thumb150ml_preview.png



Andare a vedere una mostra. 展覧会を見に行く
Andare a vedere uno spettacolo. 公演を見に行く
Andare a vedere un quadro. 絵を見に行く
Andare a vedere una partita. 試合を見に行く
Andare a vedere un concerto.  コンサートを見に行く




E questi? Andrebbe bene anche "guardare" ?? Mi sa che tutti sono da guardare in tempo continuo come la TV...

じゃこれは?これも guardare でもいいのかな。どれもTVと同じく一定時間ジーーー・・・っと見るもんだと思うんだけど。





significato principale 主要な意味 - 2016.08.08 Mon

IMG_8953 (2)

Attenzioneeee!

アッテンツィオーネだよ~ん!





Insegno italiano, ma pure io imparo tante cose dagli allievi e scopriamo molte cose interessanti durante le lezioni.

イタリア語を教えてはおりますが、生徒さんから教わることもそりゃもうたくさんありまして、レッスン中に「へぇーっ!」みたいな発見もよくあるわけです。





L'altro giorno, mentre un'allieva, M san, traduceva in giapponese un articolo su un gruppo musicale che lei adora, e` imbattuta nella parola "tifoso". L'ha tradotta senza fatica dicendo che si riferisce ad un "fan fanatico", ma mi ha fatto anche sapere una cosa interessantissima.

先日、Mさんとのレッスンで、彼女の大好きな音楽グループに関する記事の和訳をしていましたら、tifoso「ティフォーゾ」という単語が出てきました。「熱烈なファン」とMさんは難なく訳したあと、ああ、そういえば・・・と。




 「tifoって「チフス」で、「熱狂的なファン」の tifosoって、そこからきてるんですよね?熱で頭が熱くなったり、人に感染して広がるってとこが、チフスに似てるってことで。」

(La parola "tifoso" viene dalla malattia contagiosa "tifo" che causava una febbre alta, vero? I fan fanatici infatti hanno la testa calda essendo invasati dall'entusiasmo per lo star!)




d2f58880930c18b978bba5b7c8a7f71e.jpg


Eeeeeeh! Non lo sapevo!!!!

えええええっ!知らなかった!!!






Sono andata subito a cercare il vocabolario, e li' infatti c'era scritto cosi`:

そうなの?そうなの?とすぐに辞書を見たらば、なんとそこにはこんな風に。


tifo

① malattie infettive チフス
② passione e sostegno entusiastico per le squadre o personaggi チームや人物に対する情熱や熱狂的支援



Mi ha sorpreso il fatto che il significato numero uno e` stato la malattia!

tifo といえば追っかけ&出待ちも厭わぬ熱狂!だと長年思い込んできたけど、なんと第一の意味はチフスだった!





bizzarro-tifoso-giapponese.jpg
un tifoso giapponese dei Mondiali





Poi un'altra allieva, K san, mi ha portato una frase di cui significato voleva chiarire.

そして、自身で前置詞強化合宿中のKさんは、意味がいまいちよく分からないという、こんな文をもってきて下さいました。



"Abbiamo trovato una capanna per ripararci dalla neve".



Dunque, conosciamo tutte le parole, ma non abbiamo capito cosa vuol dire!
Ma e` stato subito chiarito il perche`: per noi il verbo "riparare" e` sempre stato il sinonimo di "aggiustare" e niente altro, per cui non abbiamo capito cosa voleva dire una capanna per aggiustare noi stessi dalla neve.

trovare「見つける」でしょ~、capanna「小屋」でしょ~、riparare「修理する」でしょ~・・・と単語は分かるんだけど、何を言いたいのかが分からない!
私たちにとって riparare といえば「修理する」。車とか、壊れたもんを riparare する。aggiustare「調整する」の親戚みたいな感じ!と長年思ってきたもんで、ripararsi と再帰動詞になったって、「自分で自分を修理する」。
え?じゃ、「雪から自分を修理するための小屋を見つけた」って、どゆこと?





Ed anche questa volta ho scoperto che questa parola aveva un significato che precede quello che conosco gia` da piu' di 20 anni!

しばし二人でシーーン・・・としたあと、なんで分からないのかが分かりました。
tifo と同じく、20年以上もそうだと思い込んでた意味よりも、さらに上をいく、第一義があったのでした。



riparare/ripararsi

① proteggere/proteggersi da qualcosa 
~から保護する、~から自分の身を守る

② aggiustare 修理する



surprised-shocked-animals-funny-6__700_Rookk.jpg


Non lo sapevo...

知らなかった・・・






Le parole che si e` imparato nella prima tappa dello studio hanno tendenza a rimanere fortemente nella mente e potrebbero imprimersi tanto profondamente tale da non poter pensare ad un altro significato.
L'imprinting e` a volte molto rischioso, ne!

語学学習の早い段階で覚えた単語って、頭に深く刻み込まれる傾向があって、強くすり込まれると、後になって、その単語がもつ全く違う意味がもう頭に入んないというか、覚えちゃってる意味についこだわっちゃうというか、そういうことってありますよね~。そして、後になって知った意味の方が、実はその単語の最も基本的な意味だったりしてね。
すり込みって危険だわ・・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

Circolo Massimo

corso d'italiano イタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (86)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (98)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (49)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Italiano-juku イタリアーノ塾

Skypeレッスンはいかが? マレンマ満喫ホームステイはいかが?

KLA 九段アカデミー

東京市ヶ谷にあるイタリア語の学校です

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Digiscoping di Stefano

Stefanoの自然写真館

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}