FC2ブログ
IMG_2756.jpg

2018-10

ottobre 10月 - 2018.10.03 Wed

P8100006.jpg

Ho fame da lupiiiiiiii!!!!!!

腹へったーーー!!!!!!!





Passato un tifone tanto pazzesco da aver paralizzato quasi tutti i mezzi pubblici non solo di Tokyo ma forse anche quelli di tante altre regioni... e` tornato di nuovo il caldo.

ちょっとどうかしてるぜ級の台風が、東京の交通網を麻痺させ、恐らくは他の地域の色んなもんもエライ目に遭わせながら、ワァァーーッと駆け抜け・・・そして再び暑さが戻ってきました。




Ora sto infatti in maglietta senza maniche e a piedi nudi, e un vento caldo che soffia sul viso non e` assolutamente quello di ottobre...

実際、今ワタクシ、ノースリーブのTシャツに裸足ですし、日中吹いてる生ぬるい風といったら、10月のそれとはとても思えません・・・




di ottobre...
10月の・・・




di ottobre...
10月の・・・




di ottobre = ottobrino!!




Ecco, questo e` quello che volevo scrivere oggi!
Sono rimasta meravigliata quando ho saputo che alcuni mesi hanno il proprio aggettivo!

ハイ、これが今日書きたかったことです!
「10月の」といえば di ottobre なわけですが、di 込み込みの ottobrino 「10月の」という形容詞が存在するという事実!
10月だけじゃなくて、12ヶ月の中には、自分の形容詞をもつものがいくつもあるという、衝撃の事実にアナタはついて来られるか?!



gennaio 1月 → ??

febbraio 2月 → febbraiolo 2月の、2月にできる

marzo 3月 → marzolino 3月の、3月にできる

aprile 4月 → ??

maggio 5月 → maggiaiolo 5月の、5月にできる

giugno 6月 → giugnolo 6月の、6月にできる

luglio 7月 → ??

agosto 8月 → agostino/agostano 8月の、8月にできる

settembre 9月 → settembrino 9月の、9月にできる

ottobre 10月 → ottobrino 10月の、10月にできる

novembre 11月 → novembrino 11月の、11月にできる

dicembre 12月 → dicembrino 12月の、12月にできる



Questi aggettivi praticamente non mi sono tanto familiari, o meglio non li avevo mai usati, ma secondo alcuni siti, sembra che vengano usati come queste frasi:

フェブライオーロだの、マルツォリーノだの、とんと馴染みのない形容詞。つか、使ったことないし。でも、いくつかサイトで見てみると、こんな風に使われるようです。



La neve marzolina dura tutto il giorno
3月の雪は一日中続く

I vini ottenuti dalle uve agostane
8月に熟したブドウからできたワイン

Il cachi e` la frutta ottobrina
柿は10月の果物だ

La nebbia novembrina ha coperto tutto il campo
11月の霧が、平野全体を覆った

In queste fredde giornate dicembrine non c'è niente di meglio che gustare un piatto di zuppa bollente
12月のこんな寒い日は、熱々のスープを飲むに限る




frutta_20181002233412ca2.png

frutta ottobrina
10月の果物




Ma scusa, per gennaio, aprile e luglio? Chissa` perche` ma non si trovano ne` sul dizionario ne` su siti internet...
Qualcuno ci saprebbe dire se esistono?

「2月の」「5月の」などという形容詞が存在するなんて、動詞 imburrare 「バターを塗る」を発見して以来のオドロキですが、ところで、1月と4月と7月はぁ~?これの形容詞は無いのぉ~?
辞書にもネットにも見つからないのだけど、9ヶ月分はあるのに、この3つが無いのが妙に悔しい。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報を!






spaccare スパッ - 2018.09.26 Wed

P9230808 (2)

Dal buco della chiave si vede...

鍵穴の向こうに・・・





Spaccanapoli... la via situata nel centro storico che divide in due la citta` di Napoli la conosco senz'altro anche io, ma...

スパッカナポリ・・・といえば、ナポリ旧市街にあって、街を2分している通りだってことは、私ももちろん知っていますが・・・



spaccanapoli-25481528.jpg

non lo sapevo che spaccasse
cosi` completamente e splendidamente la citta` partenopea!!




こんなにも見事にスパッと2分割しているとは知りませんでした!!



RBJ_3.jpg

Spacca Napoli!! ... anzi, spacca cocomero!!

スパッカナポリ!!・・・もとい、スパッカスイカ!!





d1b477daf013e082a9c44b738c20a84e1.jpgUn'altra curiosita` e` che dividere qualcosa in due, cioe` spaccare in due parti uguali o tagliare qualcosa ad esempio con un coltello affilato assai scorrevolemente si dice in giapponese "spatto kiru": "kiru" e` tagliare, "spa" e l'onomatopea che sta per un "rumore" di quando e` stata tagliata d'un fiato, per cui il verbo "spaccare" ci suona proprio giusto, e rimango perfino commossa da questa coincidenza fonetica miracolosa!

「たくさん」が tanto (タント)だったり、「元気だ」が in gamba (イン・ガンバ)(←「ガンバってる」つながりで)だったり、たま~にイタリア語と日本語の共通性に出逢って小躍りしたりしますが、この spaccare(スパッカーレ) 「真っ二つにする」と「スパッと2分する」の音声学的、意味論的奇跡の一致には、言い古されているだろうことは承知の上で、しみじみと感動すら覚えます。




A proposito, una mia allieva M chan, che e` sempre molto spiritosa, mentre parlavamo di Napoli mi ha detto per sbaglio "Scappa Napoli" invece di dire "Spacca Napoli".
E` una delle mie "barzerette" preferite! Ahahaha!

ところで、いつもオモロイ生徒さんのMちゃんが、この前ナポリについて何か話してる最中にポロッと一言。「スカッパ・ナポリでしたっけ?あれ?スカッパ?スパッカ?」
スカッパじゃなくて、スパッカだよぉー。scappa Napoli (スカッパ・ナポリ)じゃ、トンズラするナポリだよぉー。ま、何か起こったら、我先にずらかるイメージあるけどね。(scappare = 逃げる、逃亡する)
コレ、最近のお気に入りの笑い話です。あははは


scappanapoli



campione - 2018.09.01 Sat

P8220686 (2)

Fate tifo per me che sono a dieta!

今ダイエット中なんで、みんな応援してね!





Lo trovo molto interessante che

大変興味深いことであるなぁ、と思うのは、





il "campione" mondiale

世界チャンピオンを意味する campione

Italia-Mondiali-2006.jpg


e "il campione" di crema corpo idratante

保湿ボディクリームなんかの見本サンプルを意味する campione

campioni-omaggio1_20180901193700d92.jpg



siano le stesse parole.

同じ言葉だってことです。




Pensandoci bene pero` non ci sarebbe niente di strano: il campione di qualsiasi gara, concorrenza, competizione, concorso, ecc, e` una presenza esemplare che merita di essere stimato da tutti, e pure il piccolo campione di un prodotto fatto dopo una lunga ricerca e sviluppo potrebbe essere una delle poche eccellenze che va provato da tutti. Insomma, tutti e due avranno lo stesso valore.

でもまぁ考えてみれば、競技、競争、試合、コンテストなどなど、あらゆる競り合いに勝ち抜いて頂点に君臨したチャンピオンは、人々の尊敬を集め、自分もこうなりたい!というみんなの「見本」に値する存在なわけだし、保湿クリームや、ふわふわ仕上げの柔軟剤や、新商品のガムなんかのカンピオーネも、研究に研究を重ね、これ以上いいモンは今んとこ作れまへん!というものの「見本」なわけだから、両者が同じ言葉であっても、なんの不思議もないんですよね、きっと。

(蛇足ですが、保湿ボディクリームのサンプル、13個もくれるのかと思ったら3つだけだった。ケチ!定冠詞のせいで間際らしいわ!)



le interiezioni 間投詞 - 2018.07.11 Wed

P7100852.jpg

Mannaggia!

まいったな、オイ!





La mia allieva, la signora N, sta studiando la grammatica e contemporaneamente sta anche arricchendo i suoi vocaboli utilizzando questo libro ↓

生徒さんのNさんは、文法の勉強と並行して、こちら↓の本で少しず~つ語彙のパワーアップ中。



CLICK

41foP85wskL__SX366_BO1,204,203,200_



Un libro davvero ben fatto con tanti esercizi utili, a volte spiritosi e divertenti, e non ci si annoia a ricordare le parole nuove.

まじめな問題から時に笑える問題まで、学習者をなんとか飽きさせないよう、手を変え品を変え、豊富な練習問題をこれでもかこれでもかと繰り出してくる楽しい本で、ともすればつまんなくなる単語暗記を楽しみながら進めていけます。




Io e lei procediamo ogni 2 pagine alla volta, e l'altro giorno ci siamo imbattute in un esercizio che non c'aspettavamo.
Si tratta delle interiezioni che vengono pronunciate d'istinto durante il dialogo, e sono quelle che si sente spesso dire ma difficile da sapere come si scrivono per uno che ad esempio non legge i fumetti italiani o non scambia messaggi con gli italiani.

Nさんと一緒にこの本を毎回2ページずつ進めているんですが、数回前のレッスンの時、思わぬ練習問題が出てきました。
それは、「えーと」とか「うーむ」とか、話している最中に無意識に口から出る間投詞の問題で、読んだり聞いたりはしょっちゅうするけど、たとえばイタリアの漫画を読んだり、日頃からイタリア人とメッセージをやり取りしない限り、それを文字で書けと言われても、とっさにはスペルが思い浮かばないものがあったりして、普通の教科書には載っていない、中々意表を突く練習問題でありました。



Ah ah!

Ehi!

Ehm ehm...

Eh?

Eh!

Boh!

Hmm...

Uh!

Ahi!

Puah!




"Ehm ehm" e "Puah!" praticamente non so come prounciarli e quell'ultimo non l'ho mai nemmeno sentito ne` detto nella mia vita!

皆さん、読めました?どういう時思わず言うか、分かりました?
Ehm ehm と Puah は正しくはどう発音するんでしょうねぇ。特に、Puah! ってナニ?ワタクシ、これを生で聞いたことも、自分が言ったことも今のとこありません。




qed6rn.jpg

あははは!笑える~!




Ah ah! アハアハ!

Ah ah! Quanto ho riso per questa storia!!!
あはは!この話でどんだけ笑ったことか!


Ehi! エィ!

Ehi! Chi credi di essere? Non usare quelle parole quando parli con me!
おい!何様のつもりだ?俺と話す時は、そういう言葉を使うんじゃないよ!
ちょっと!何様のつもり?私と話す時は、そういう言葉を使わないでよ!


Ehm ehm... エ・・・

Ehm ehm... veramente... se posso... volevo fare una domanda.
えーと、えーと・・・実は・・・もしよければ・・・ひとつ聞きたいんだけどぉ


Eh? エ?

Eh? Non ho capito. Puoi ripetere?
え?分かんなかった。も一回言ってくれる?


Eh! エ!

Sono contentissimo, ma ora non cambiare idea, eh!
超嬉しいけど、やっぱやめたなんて言うなよ!(言わないでよ!←少々意訳


Boh! ボッ!

Boh! Non ho nessuna idea di quanti abitanti ha l'Italia!
さぁね~。イタリアの人口がどのくらいなんて、見当もつかなーい!


Hmm... Mmm・・・

Hmm... non so se e` una buona idea... devo pensare un po'.
うーん・・・それがいいアイデアかどうかは分かんないな・・・ちょっと考えてみなくちゃ


Uh! ウー!

Uh! Che bello! Davvero vieni a Roma?
うわぁ!いいね!ほんとにローマ来るの?


Ahi! アィ!

Ahi! Che dolore!!!
うっ!痛い!!


Puah! プァッ!

Puah! Mai visto un film cosi` brutto in vita mia!
まったくもー!こんなひどい映画、人生で見たことない!





pwx8va.jpg

え~っと・・・ダメ!




Per quanto io ne sappia, ci sono anche questi:

自分が知る限り、これ以外にもこんなのがありますよね。



Mah! マッ! 

Mi chiedi cosa ne penso di Franco? Mah!... direi che non e` brutto ma neanche bello.
フランコのことをどう思うかって?分かんないけどさ・・・ブサイクじゃないけど、イケメンでもないんじゃない?


Bah! バッ! 

Vuoi gia` lasciare il tuo lavoro che hai appena iniziato?! Bah! Proprio non ti capisco!
始めたばっかりの仕事、もう辞めたいの?!いやはや、ほんと君って分かんないよ!


Beh ベェ 

A: Domani andiamo al mare!
明日、海行こうよ!
B: Beh, sinceramente non mi va. 
う~ん
、正直言って気が進まないなぁ


Uffa! (Uffff!) ウッフア!(ウッフ!) 

A: Tu mangi troppi dolci! Dovresti controllarti un po'! 
甘いもん食べ過ぎだよ!もうちょっとセルフコントロールしないと!
B: Uffa! Che lagna! 
もー!うるさいなぁ!


Ehi ehi エイエイ

A: Ho vinto 10 milioni alla lotteria!!! 
宝くじで1千万当たった!!!
B: Ehi ehi, non scherzare!
オイオイ、ふざけちゃいけないよ
 



無題

オイオイオイ



Boh! Beh! Bah! Mah! ... Ahahaha, che bello!

ボッ!ベッ!バッ!マッ!ってか。いやー、笑える。



portiere ポルティエーレ - 2018.06.19 Tue

P6160595.jpg

Ti faccio il solletico

こちょこちょこちょ




Trovo molto interessante che la parola "portiere" si riferisce

なんだかオモロイな~、と思うのは、portiere 「ポルティエーレ」という単語が、




3253139_1240_palazzo_cavalcanti.jpg

portiere_20.jpg
non solo a chi custodisce e sorveglia l'ingresso di edifici e di condomini

建物やマンションなどを監視する管理人のオジちゃんのことだったり





buffon.jpg

ma anche al giocatore posto a difesa della porta da calcio!

ゴールキーパーのことだったりすることです!
キーパーは門番だったんですね〜。







2164-portiere-tante-braccia.jpg

Infatti!! Lui sorveglia l'ingresso della palla!!



確かに!ボールの侵入を監視してますわね!




traditional-hall.jpg


Un'altra curiosita` e` che "portiera" al femminile sta per una tenda di stoffa pesante che si appende davanti alle porte per decorazione, ma anche per riparo.

ちなみに、portiere を女性名詞 portiera にすると、それはドアの前につるす、分厚い生地のカーテンのことらしく、部屋を飾るためでもあるけど、向こうとこっちを遮るためでもあるようで、portiereportiera もやっぱり porta 「門、入口、ドア、ゴール」を守ってるもんなんですねぇ。







DXXcceHUQAArfpb.jpg

 Bravi Samurai!! Complimenti davvero!!  

やったね、サムライ!2回戦も頑張れ~! 
(にわかファン)





... ma ripeto... mi dispiace di nuovo per gli Azzurri... Chissa` cosa staranno facendo...

・・・それにしても、イタリア・アッズッリには改めてお悔やみ申し上げます・・・。今ごろ、本国で何やってんでしょうか・・・



imprinting 刷り込み - 2018.04.25 Wed

P4070319.jpg

Pakkun ci cova ( )

(今やエッグマシーン





Le parole il cui significato principale gia` impresso profondamente nel nostro cervello fin dall'inizio dello studio d'italiano ci portano a volte ad un'interpretazione totalmente sbagliata.

1つの単語にはたいがい色んな意味があるわけですが、イタリア語学習の初期段階で、その最も基本となる意味を、脳の奥深くに刷り込まれた単語は、時として我々をあらぬ方向にイザナイます。


 

Ad esempio
たとえば
 


perché ペルケ

perché ペルケとくれば

perché = per il fatto che = なぜなら!


Lascia aperta la porta perché non possono entrare tutti
みんなが入れないから、ドアを開けておいて

ma
ところが

Lascia aperta la porta perché possano entrare tutti 
みんなが入れるように、ドアを開けておいて (perché+接続法=~するように) 




vivere ヴィーヴェレ

vivere ヴィーヴェレとくれば

vivere = abitare = 住む!


Ho vissuto a Milano
私はミラノに住んだ

ma
ところが

Ho vissuto l'infanzia a Milano
私はミラノで幼少期を過ごした (他動詞vivere+目的語= ~を過ごす、~を体験する)




solo ソーロ

solo ソーロとくれば

solo = esclusivamente = ~だけ!


Ho lavorato fino a tardi e a cena ho potuto mangiare solo una pizzetta
遅くまで仕事して、夕飯はミニピッツァ一枚しか食べられなかった

ma
ところが

Ho lavorato fino a tardi e ho potuto mangiare una pizzetta solo dopo le 23:00
遅くまで仕事して、23時過ぎにようやくミニピッツァ一枚食べられた(この場合、finalmente「ついに」は変)



se セ

se セとくれば

se = nel caso che = もし!


Fammi sapere se non puoi venire
もし来られないなら連絡して

ma
ところが

Scusami se ti ho fatto aspettare
待たせてごめん (se ~して)




1Sloths-image-sloths-36191131-625-469




A proposito, in Giappone si tiene una volta all'anno l'esame di stato per chi vuole diventare guida-interprete professionale, e nelle domande del passato ne ho trovata una a me molto "strategica".

ところで、一年に一回行われる国家試験の通訳案内士試験。こちらを目指す生徒さんがこのところ数人増えたこともあって、過去問を入手してチラチラ見ているんですが、ずいぶん前の試験の中にこんなのがありました。



Sei (  ) sette (  ) quarantadue, vero?
セイ(  )7(  )42、だよね?



sei セイ

sei セイとくれば

sei = essere: tu sei = be動詞の「君は」!



ma la risposta e`
ところが答えは、



Sei ( per ) sette ( fa ) quarantadue, vero?

(掛ける)7(は)42だったよね?








anatra? 鴨? - 2018.04.08 Sun

P2060014.jpg

A quale ordine e famiglia appartengo io?

わたしはナニ目ナニ科?





Noi giapponesi con la parola "鴨 (kamo)" ci riferiamo sempre a

我々日本人は、「鴨」といえば、誰しもがコレを思い浮かべますよね。


4ce5f45d835487001783894a37b2c6f9_s.jpg



Con la parola "アヒル (ahiru)" invece ci riferiamo sempre a

一方、「アヒル」といえば、誰がなんと言おうとコレね。

768px-White_domesticated_duck,_stretching


Insomma, voglio dire che per noi "kamo" e "ahiru" sono due cose diverse!

つまり、何が言いたいかというと、「鴨」と「アヒル」は別物だってことです!





Durante la lazione dell'altro giorno pero` ho scoperto che in italiano vengono chiamati tutti e due

ところが、先日のレッスン中に、イタリア語では「鴨」も「アヒル」もこう呼ばれているということを知りました。



f0233968_1110089.jpg

anatra (oppure anatra domestica)

アーナトラ あるいは、アーナトラ・ドメスティカ(家鴨)





Consultando internet ho saputo che tutti e due infatti sono uccelli domestici appartenenti all'ordine degli Anseriformi e alla famiglia degli Anatidi, solo che hanno colori molto diversi, e ho anche saputo che, anche se in giapponese "ahiru" viene normalmente scritto in katakana, ha un vero e proprio nome in kanji "家鴨 (iegamo)" che sta per appunto "anatra domestica"! Uhh, non lo sapevo proprio!

鴨とアヒルは同じなのか?!と結構うろたえてネットで見たならば、どっちもカモモクカモカ・・・あ、いや、カモ目カモ科のカモだということが判明。しかも、「アヒル」ってカタカナで書くことが多いけど、漢字で書くと「家鴨」だということも分かってクラっとめまいが・・・。
鴨とアヒルを、同じ anatra 「アーナトラ」で片づけようとするイタリア語に疑い光線を発射して申し訳ありませんでした!




giant_rubber_duck.jpg



Durante la lezione la mia allieva T san voleva sapere come si dice "ahiru" in italiano, e io che in quel momento pensavo che "ahiru" dovesse sicuramente avere un nome diverso da "anatra", ho cercato LUI su internet:

レッスン時、生徒さんのTさんからの質問は、「アヒル」は anatra でいいんでしょうかね、というもので、いやいや、anatra は鴨でしょ!と信じて疑わなかった私は、ハッとアイツが頭に浮かんで、そうだそうだとすぐにネットで見てみました。




39800457.gif

Paperino パペリーノ




Paperino sarebbe il nome vezzeggiativo di "papero", allora mi chiedo se "ahiru" puo` essere chiamato anche "papero".

Paperino 「パペリーノ」は、ドナルドダックのイタリア語名で、papero に愛称接尾辞 -ino がついた形ですが、papero を辞書で引くと、「若いガチョウ」とか書いてあって、え?ガチョウ?ドナルドがガチョウ?こりゃまためんどくさいことになってきたぞ、ということで、見なかったことにしました。
でも、いくつかの伊伊辞典には、anatra と併記して papero ともあったので、papero もアヒルで良いかと。




Nel frattempo mentre andavo avanti e indietro tra "ahiru", "kamo" e "paperino", ho trovato un sito molto interessante.

アヒルは鴨で、ドナルドはガチョウで、ガチョウもきっとカモモクカモカで・・・と、今まで考えたことないラビリンスを行ったり来たりしていましたら、、中々興味深いサイトに行き当たりました。



↓ CLICK ↓

disney.png




Non lo sapevo che Goofy letteralmente significa sciocco e imbranato! Allora meglio chiamato Pippo, ne!

ミッキーはミッキーだろ、と思いますが、イタリア語名は Topolino 「トポリーノ」(小さいネズミ)。
グーフィーは可愛そうに、文字通りの意味は「マヌケ」だそうですよ。それなら Pippo と呼んであげた方がいいですね!


(Tさん、おかげでオモロイことがたくさん分かりました。ありがとうございます!)


Pasqua パスクア - 2018.04.04 Wed

P3260225.jpg

PAC PAC PASQUA

パクパクパスクア





Anche se e` gia` finita...
もう終わっちゃったけど・・・



La parola Pasqua viene dall’ebraico Pesach, che significa “passare oltre”, e celebra la liberazione degli ebrei dalla schiavitù degli egiziani, grazie a Mosè che con l’aiuto di Dio portò il suo popolo oltre il Mar Rosso. In sostanza, grazie alla liberazione del popolo di Israele, ha inizio la nuova vita verso la Terra promessa. Il termine, dunque, sta a significare “transito, passaggio”.

Pasqua 「パスクア」という言葉は、passare oltre 「向こうに渡る」を意味するヘブライ語 Pesach から由来していて、神の力を借りて、イスラエルの民を紅海の向こう側まで率いたモーゼのおかげで、エジプト人の奴隷であったヘブライ人たちが解放されたことを祝う日である。 つまり、イスラエルの民の解放が、約束の地カナンに向けての新たな人生の始まりを意味するわけで、Pasqua は言うなれば 「通過、移動」ということなのである。


1677927.jpg


Per i cristiani, quel passaggio è la Resurrezione di Cristo, quindi un transito dalla morte alla nuova vita.

キリスト教徒にとっては、その「通過」は、イエス・キリストの復活、要するに、死から新しい生命への移行を意味する。

Inoltre, nell’etimologia del nome è compreso il significato di “sofferenza” o “sacrificio”, per gli Ebrei quello che ha dovuto sopportare il popolo schiavo degli egiziani, che ha infine dovuto sacrificare un agnello, e col sangue segnare gli stipiti e l’architrave della porta. Dio, sceso sull’Egitto per uccidere il primogenito di ogni famiglia, riconobbe quel segno e passò oltre.

また、Pasqua は、エジプト人の奴隷であった苦渋に耐え、羊を生贄に捧げ、戸や窓の側柱に血文字を刻んだヘブライ人たちの「苦悩」と「犠牲」をも意味している。彼らの長男を殺すためにエジプトに降り立った神は、その血文字を見て、過ぎ去って行ったと言われる。

Nella Pasqua cristiana, resta dunque l’etimologia del nome, ma il senso è diverso. Cristo, agnello di Dio, prende su di sé la colpa dell’uomo, sconfiggendo la morte e donando la speranza della vita eterna...

キリスト教における Pasqua は、そんな由来をもつ名前を残しつつも、意味するところは違っている。神の子羊であるイエス・キリストは、死に打ち勝ち、永遠の命に希望を託しながら、人間の罪を背負ったのである・・・


tratto da こちらから引用 VIAGGI NEWS COM



christ.jpg

Buona Pasqua!



anche se e` troppo tardi.

ってちょっと遅いけど。



senso del gusto 味覚 - 2018.03.30 Fri

P3070162.jpg

Sta per finire addirittura un quarto del 2018

2018年ももう4分の1が終わりだねぇ





Degli aggettivi fondamentali in italiano che descrivono il gusto, direi che ne conosco abbastanza :

味覚を表す形容詞の話。
基本的なのは、まずまず知ってたりしますよね。



dolce 甘い
Una torta dolce 甘いケーキ

salato 塩辛い
Un formaggio salato 塩辛いチーズ

piccante ピリピリ辛い
Un salame piccante ピリピリ辛いサラミ

amaro 苦い
Un caffe` amaro 苦いコーヒー

aspro 酸っぱい(果物、ワインなど)
Un mandarino aspro 酸っぱいみかん

acido 酸っぱい(酢など)
Un condimento acido 酸っぱいドレッシング

agrodolce 甘酸っぱい
Un aceto balsamico agrodolce 甘酸っぱいバルサミコ酢




20150622182817.jpg

il Re tra gli alimenti asprissimi giapponesi

日本の酸っぱいもん界の王様




Fin qua va bene, ma ho pensato
で、ここまではいいとして、



vino_20180330095107cdb.png




come si puo` dire per descrivere un sapore cosi.
「渋い」ってなんて言うんだろう、と思いました。





Non si tratta dell'amarezza né dell'acidita` ma... come dire... un certo disgusto che si sente in fondo alla lingua... che a volte ci fa anche venire la pelle d'oca...

「苦い」でもなく、「酸っぱい」でもなく、なんと言いますか、舌の奥の方であんまり嬉しくない、あのゾワゾワ~とした感じを引き起こす「渋味」。




Ecco, ho scoperto che si dice
和伊辞典で見ても、う~ん、そうじゃないんだぁ、とあまりピンとこなかったので、和→英→伊という順で調べたら、こんな結果が。


astringente アストリンジェンテ 「渋い」


E` la prima volta che l'ho sentito! Ma letteralmente cosa significa "astringente"?

初めて聞いた!食やワインに通じている人たちの間、いや、もしかしたらごく普通に使われてる言葉なのかもしれないですが、お恥ずかしながら初耳です。
stringere 「締める、縮める」に a がついた astringere の形容詞。文字通りの意味はなんでしょ。



"Di sostanza che esercita sui tessuti un'azione costrittrice diretta o indiretta. Di rimedio che riduce l'evacuazione intestinale."

ある物質に対して、直接的あるいは間接的に、筋肉組織に収斂作用を引き起こすこと。医学的には、収斂剤(皮膚または粘膜組織のタンパク質を沈殿させて被膜を形成し,細胞膜の透過性を減少させる薬で、下痢・炎症・潰瘍・きずの治療に用いる)。




E` difficile , ma in poche parole, sarebbe un cibo o una bevanda che ci provoca una contrazione al palato.
Insomma sono contenta di aver trovato questa parola in quanto in Giappone ci sono non pochi cibi astringenti come ad esempio i cachi non maturi, il te` verde fatto con foglie gia` usate (quindi molto cattivo), ecc.

なんだってなんだって?やけに画数の多い漢字がいっぱ~い。意味が分からない単語がいっぱ~い  甘い、辛いに比べて「渋い」はなんかとてもめんどくさいことになりました。
ま、早い話、口の中がキュ~ッと収縮して、ウィ~ッとなる感じってことでしょうか。これからは、渋柿かじったり、出がらしのお茶を飲んじゃった時は、収斂した細胞を感じながら ケ・アストリンジェンテ!と叫んでみようと思います。




5-sapori-ayurveda-640x390.jpg

6つの味覚




A proposito, ho trovato un elenco degli aggettivi che descrivono ogni gusto e profumo, da "buono" a "pessimo" e tanti altri.
Non sono chef né cuoca né sommelier, ma mi fara` piacere se potessi esprimere la delizia che si scioglie nel palato usando le parole come seguenti.

ところで、色んな味や香りを表現する形容詞を集めたサイトをたまたま見つけたのでご紹介です。
私はシェフでも、料理人でも、ソムリエでももちろんないですが、口の中に入れたものを間髪入れず、テキカクにこんな言葉を使って表現できたらカッチョいいなぁ、なんて思います。ケ・ブオーノ!はもう飽きたし。 


buono 美味しい
squisito 美味しい(ほっぺた落ち級)
delizioso 美味しい(ほっぺた落ち級)
prelibato 美味しい(ほっぺた落ち級)  
ottimo 最高な

appetitoso 食欲をそそる
gustoso 味わい深い
saporito 風味豊かな

fruttato フルーティな
aromatico 香り高い
speziato スパイシーな
pungente ピリッとした

fresco フレッシュな
liscio なめらかな
leggero 軽やかな
gradevole 心地よい
piacevole 心地よい
soave 甘美な
delicato 繊細な
sofisticato 洗練された
raffinato 優雅な
fine 優雅な
forte 力強い
intenso 強烈な

dolciastro 甘ったるい
grossolano 雑な
sobrio 地味な
ruvido 粗い
insipido 風味のない
pesante 胸やけしそうな
particolare 奇妙な
strano ヘンテコな

cattivo 不味い
disgustoso ウェ~な感じ
pessimo サイテー!

(和訳は、あくまでも私の個人的感覚です)

tratto da こちらから引用 DIZY




negozio e venditore 店と店の人 - 2018.03.18 Sun

IMG_1892 (2)1

Guardate questa bella linea!

見て見て、このシュッとしたライン!





Una cosa che trovo interessante e` che in italiano ci sono delle coppie di parole che una sta per il "negozio" e l'altra per venditore, produttore, artigiano, insomma una persona che fa quel lavoro.

イタリア語とつき合ってると、まぁオモロイことがいっぱいあるわけですが、「店の名前」と「それを作ってる人・売ってる人」の名称がセットになってるというか、それぞれ違うというか、「店」と「人」とが単語レベルでバチっと分かれているというのが、中々興味深いなぁと思います。




pasticceria お菓子屋、ケーキ屋
pasticciere 菓子職人、ケーキを売る人

panetteria (panificio) パン屋
panettiere (fornaio) パン職人、パンを売る人

tabaccheria たばこ屋
tabaccaio たばこ屋の人

gelateria ジェラート屋
gelataio ジェラート職人、ジェラートを売る人 

cartoleria 文房具屋
cartolaio 文房具を売る人

calzoleria 靴屋
calzolaio 靴職人、靴を売る人

farmacia 薬局
farmacista 薬剤師、薬を売る人

pescheria 魚屋
pescivendolo (pesciaiolo) 魚を売る人

macelleria 肉屋
macellaio 畜殺人 、肉を売る人

salumeria (豚肉加工品を主に扱う)食料品店
salumiere (salumaio) サルメリーアの商品を売る人

fioreria 花屋
fioraio 花を売る人

gioielleria 宝石店
gioielliere 宝石商、宝石を売る人

parrucchieria 美容院
parrucchiere 美容師

barbieria 床屋
barbiere 理髪師




Interessante perché in giapponese questa distinzione normalmente non la si fa quando si va a comprare qualcosa, e si dice di solito "Vado in pasticceria / in panetteria / in parrucchiere", ovvero sempre in "negozio" ma non da qualcuno.

「パスティッチェリーア」と「パスティッチエーレ」、「パネッテリーア」と「パネッティエーレ」って、老眼だったり二日酔いだったりしたら見分けがつかないほど似ているけど、それぞれ「店」と「人」だから意味するところは違うわけですね。
日本語で、「パン屋行ってくるね」といえば、パンを売っている店に行ってくるってことだし、「昨日、美容院に行ったんだ」といえば、髪を切ってくれる美容師さんがいる店に行ってきた、ってことだけど、イタリア語では、単に店に行くのか、馴染みの店員や個人商店の誰それのところに行くのかで、単語を使い分けるんですね~。




Se dico "Vado dal fornaio" anziché "in panetteria" mi sa che si sente piu` calore umano...
Ho sentito che in Italia rimane ancora questo rapporto privato e caloroso, cioe` si va non al "negozio" ma dalla "persona" che lo vende, e questo e` un senso ormai noi giapponesi, soprattutto in una grande citta` come Tokyo, abbiamo gia` perso da tempo.

Vado in panetteria 「パン屋行ってくるね」と言うより、Vado dal fornaio 「あのパン職人のところに行ってくるね」という言い方の方が、いつものあの美味しいパンを作ってくれる彼のところに行ってくるね、と言っているようで、何だか温かい人間味を感じる・・・
イタリアは、まだまだ個人でやっている店も多いし、あの人が作っている、あるいはあの人が売っている、いつものあれを買ってくる、という感覚が根強く残っているから、こういった表現が存在すると聞きました。日本にも、作る側とお客が、そういう昔ながらのつき合いをしている地域はたくさんあるだろうけど、魚もケーキも靴も売ってるような大規模店舗で買物を済ましちゃうような生活の中では、彼のパン買ってくるね、といった感覚はなくなってしまいましたねぇ。




2VR5NSWR.jpg

fornaio パンを作る人




Se parliamo pero` di una cosa grammaticale per chi studia l'italiano, c'e` un piccolo problema: bisogna stare attento a non sbagliare la preposizione!

な~んて、しみじみ感慨にふけってしまいましたが、ここで文法に目を転じますと、「店」なのか「人」なのかで注意すべきことがありますね。そうそう、前置詞ゼンチシぜんちし! 「~ ria」のつく店は in、人は da + 定冠詞!




Vado... 行きます

in pasticceria お菓子屋、ケーキ屋に
dal pasticciere 菓子職人、ケーキを売る人のところに

in panetteria (panificio) パン屋に
dal panettiere (fornaio) パン職人、パンを売る人のところに


in tabaccheria たばこ屋に
dal tabaccaio たばこ屋の人のところに

in gelateria ジェラート屋に
dal gelataio ジェラート職人、ジェラートを売る人のところに

in cartoleria 文房具屋に
dal cartolaio 文房具を売る人のところに

in calzoleria 靴屋に
dal calzolaio 靴職人、靴を売る人のところに

in farmacia 薬局に
dal farmacista 薬剤師、薬を売る人のところに

in pescheria 魚屋に
dal pescivendolo (pesciaiolo) 魚を売る人のところに

in macelleria 肉屋に
dal macellaio 畜殺人、肉を売る人のところに

in salumeria (豚肉加工品を主に扱う)食料品店に
dal salumiere (salumaio) サルメリーアの商品を売る人のところに

in fioreria 花屋に
dal fioraio 花を売る人のところに

in gioielleria 宝石店に
dal gioelliere 宝石商、宝石を売る人のところに

in parrucchieria 美容院に
dal parrucchiere 美容師のところに

in barbieria 理髪店に
dal barbiere 理髪師のところに





6446863175_b3c11720b5_b.jpg

pescivendolo 魚を売る人




A proposito...
Mi domando come viene chiamato il negozio dove lavora il fruttivendolo.
Magari non esiste? perché le verdure e la frutta normalmente si comprano al "mercato"??

ところで・・・
「野菜や果物を売る人」は、fruttivendolo というけど、彼らが働いている店、つまり「八百屋」っていう単語がどうも見当たらないんです。なんでかな~。ないのかな~。野菜販売員も店もフルッティヴェンドロなのかな。
どなたかご存じだったら教えて下さいねん。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (110)
grammatica 文法 (52)
espressioni 表現 (122)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (62)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (17)
Circolo Massimo (21)
etc その他 (84)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}