PB020736.jpg

2018-04

anatra? 鴨? - 2018.04.08 Sun

P2060014.jpg

A quale ordine e famiglia appartengo io?

わたしはナニ目ナニ科?





Noi giapponesi con la parola "鴨 (kamo)" ci riferiamo sempre a

我々日本人は、「鴨」といえば、誰しもがコレを思い浮かべますよね。


4ce5f45d835487001783894a37b2c6f9_s.jpg



Con la parola "アヒル (ahiru)" invece ci riferiamo sempre a

一方、「アヒル」といえば、誰がなんと言おうとコレね。

768px-White_domesticated_duck,_stretching


Insomma, voglio dire che per noi "kamo" e "ahiru" sono due cose diverse!

つまり、何が言いたいかというと、「鴨」と「アヒル」は別物だってことです!





Durante la lazione dell'altro giorno pero` ho scoperto che in italiano vengono chiamati tutti e due

ところが、先日のレッスン中に、イタリア語では「鴨」も「アヒル」もこう呼ばれているということを知りました。



f0233968_1110089.jpg

anatra (oppure anatra domestica)

アーナトラ あるいは、アーナトラ・ドメスティカ(家鴨)





Consultando internet ho saputo che tutti e due infatti sono uccelli domestici appartenenti all'ordine degli Anseriformi e alla famiglia degli Anatidi, solo che hanno colori molto diversi, e ho anche saputo che, anche se in giapponese "ahiru" viene normalmente scritto in katakana, ha un vero e proprio nome in kanji "家鴨 (iegamo)" che sta per appunto "anatra domestica"! Uhh, non lo sapevo proprio!

鴨とアヒルは同じなのか?!と結構うろたえてネットで見たならば、どっちもカモモクカモカ・・・あ、いや、カモ目カモ科のカモだということが判明。しかも、「アヒル」ってカタカナで書くことが多いけど、漢字で書くと「家鴨」だということも分かってクラっとめまいが・・・。
鴨とアヒルを、同じ anatra 「アーナトラ」で片づけようとするイタリア語に疑い光線を発射して申し訳ありませんでした!




giant_rubber_duck.jpg



Durante la lezione la mia allieva T san voleva sapere come si dice "ahiru" in italiano, e io che in quel momento pensavo che "ahiru" dovesse sicuramente avere un nome diverso da "anatra", ho cercato LUI su internet:

レッスン時、生徒さんのTさんからの質問は、「アヒル」は anatra でいいんでしょうかね、というもので、いやいや、anatra は鴨でしょ!と信じて疑わなかった私は、ハッとアイツが頭に浮かんで、そうだそうだとすぐにネットで見てみました。




39800457.gif

Paperino パペリーノ




Paperino sarebbe il nome vezzeggiativo di "papero", allora mi chiedo se "ahiru" puo` essere chiamato anche "papero".

Paperino 「パペリーノ」は、ドナルドダックのイタリア語名で、papero に愛称接尾辞 -ino がついた形ですが、papero を辞書で引くと、「若いガチョウ」とか書いてあって、え?ガチョウ?ドナルドがガチョウ?こりゃまためんどくさいことになってきたぞ、ということで、見なかったことにしました。
でも、いくつかの伊伊辞典には、anatra と併記して papero ともあったので、papero もアヒルで良いかと。




Nel frattempo mentre andavo avanti e indietro tra "ahiru", "kamo" e "paperino", ho trovato un sito molto interessante.

アヒルは鴨で、ドナルドはガチョウで、ガチョウもきっとカモモクカモカで・・・と、今まで考えたことないラビリンスを行ったり来たりしていましたら、、中々興味深いサイトに行き当たりました。



↓ CLICK ↓

disney.png




Non lo sapevo che Goofy letteralmente significa sciocco e imbranato! Allora meglio chiamato Pippo, ne!

ミッキーはミッキーだろ、と思いますが、イタリア語名は Topolino 「トポリーノ」(小さいネズミ)。
グーフィーは可愛そうに、文字通りの意味は「マヌケ」だそうですよ。それなら Pippo と呼んであげた方がいいですね!


(Tさん、おかげでオモロイことがたくさん分かりました。ありがとうございます!)


Pasqua パスクア - 2018.04.04 Wed

P3260225.jpg

PAC PAC PASQUA

パクパクパスクア





Anche se e` gia` finita...
もう終わっちゃったけど・・・



La parola Pasqua viene dall’ebraico Pesach, che significa “passare oltre”, e celebra la liberazione degli ebrei dalla schiavitù degli egiziani, grazie a Mosè che con l’aiuto di Dio portò il suo popolo oltre il Mar Rosso. In sostanza, grazie alla liberazione del popolo di Israele, ha inizio la nuova vita verso la Terra promessa. Il termine, dunque, sta a significare “transito, passaggio”.

Pasqua 「パスクア」という言葉は、passare oltre 「向こうに渡る」を意味するヘブライ語 Pesach から由来していて、神の力を借りて、イスラエルの民を紅海の向こう側まで率いたモーゼのおかげで、エジプト人の奴隷であったヘブライ人たちが解放されたことを祝う日である。 つまり、イスラエルの民の解放が、約束の地カナンに向けての新たな人生の始まりを意味するわけで、Pasqua は言うなれば 「通過、移動」ということなのである。


1677927.jpg


Per i cristiani, quel passaggio è la Resurrezione di Cristo, quindi un transito dalla morte alla nuova vita.

キリスト教徒にとっては、その「通過」は、イエス・キリストの復活、要するに、死から新しい生命への移行を意味する。

Inoltre, nell’etimologia del nome è compreso il significato di “sofferenza” o “sacrificio”, per gli Ebrei quello che ha dovuto sopportare il popolo schiavo degli egiziani, che ha infine dovuto sacrificare un agnello, e col sangue segnare gli stipiti e l’architrave della porta. Dio, sceso sull’Egitto per uccidere il primogenito di ogni famiglia, riconobbe quel segno e passò oltre.

また、Pasqua は、エジプト人の奴隷であった苦渋に耐え、羊を生贄に捧げ、戸や窓の側柱に血文字を刻んだヘブライ人たちの「苦悩」と「犠牲」をも意味している。彼らの長男を殺すためにエジプトに降り立った神は、その血文字を見て、過ぎ去って行ったと言われる。

Nella Pasqua cristiana, resta dunque l’etimologia del nome, ma il senso è diverso. Cristo, agnello di Dio, prende su di sé la colpa dell’uomo, sconfiggendo la morte e donando la speranza della vita eterna...

キリスト教における Pasqua は、そんな由来をもつ名前を残しつつも、意味するところは違っている。神の子羊であるイエス・キリストは、死に打ち勝ち、永遠の命に希望を託しながら、人間の罪を背負ったのである・・・


tratto da こちらから引用 VIAGGI NEWS COM



christ.jpg

Buona Pasqua!



anche se e` troppo tardi.

ってちょっと遅いけど。



senso del gusto 味覚 - 2018.03.30 Fri

P3070162.jpg

Sta per finire addirittura un quarto del 2018

2018年ももう4分の1が終わりだねぇ





Degli aggettivi fondamentali in italiano che descrivono il gusto, direi che ne conosco abbastanza :

味覚を表す形容詞の話。
基本的なのは、まずまず知ってたりしますよね。



dolce 甘い
Una torta dolce 甘いケーキ

salato 塩辛い
Un formaggio salato 塩辛いチーズ

piccante ピリピリ辛い
Un salame piccante ピリピリ辛いサラミ

amaro 苦い
Un caffe` amaro 苦いコーヒー

aspro 酸っぱい(果物、ワインなど)
Un mandarino aspro 酸っぱいみかん

acido 酸っぱい(酢など)
Un condimento acido 酸っぱいドレッシング

agrodolce 甘酸っぱい
Un aceto balsamico agrodolce 甘酸っぱいバルサミコ酢




20150622182817.jpg

il Re tra gli alimenti asprissimi giapponesi

日本の酸っぱいもん界の王様




Fin qua va bene, ma ho pensato
で、ここまではいいとして、



vino_20180330095107cdb.png




come si puo` dire per descrivere un sapore cosi.
「渋い」ってなんて言うんだろう、と思いました。





Non si tratta dell'amarezza né dell'acidita` ma... come dire... un certo disgusto che si sente in fondo alla lingua... che a volte ci fa anche venire la pelle d'oca...

「苦い」でもなく、「酸っぱい」でもなく、なんと言いますか、舌の奥の方であんまり嬉しくない、あのゾワゾワ~とした感じを引き起こす「渋味」。




Ecco, ho scoperto che si dice
和伊辞典で見ても、う~ん、そうじゃないんだぁ、とあまりピンとこなかったので、和→英→伊という順で調べたら、こんな結果が。


astringente アストリンジェンテ 「渋い」


E` la prima volta che l'ho sentito! Ma letteralmente cosa significa "astringente"?

初めて聞いた!食やワインに通じている人たちの間、いや、もしかしたらごく普通に使われてる言葉なのかもしれないですが、お恥ずかしながら初耳です。
stringere 「締める、縮める」に a がついた astringere の形容詞。文字通りの意味はなんでしょ。



"Di sostanza che esercita sui tessuti un'azione costrittrice diretta o indiretta. Di rimedio che riduce l'evacuazione intestinale."

ある物質に対して、直接的あるいは間接的に、筋肉組織に収斂作用を引き起こすこと。医学的には、収斂剤(皮膚または粘膜組織のタンパク質を沈殿させて被膜を形成し,細胞膜の透過性を減少させる薬で、下痢・炎症・潰瘍・きずの治療に用いる)。




E` difficile , ma in poche parole, sarebbe un cibo o una bevanda che ci provoca una contrazione al palato.
Insomma sono contenta di aver trovato questa parola in quanto in Giappone ci sono non pochi cibi astringenti come ad esempio i cachi non maturi, il te` verde fatto con foglie gia` usate (quindi molto cattivo), ecc.

なんだってなんだって?やけに画数の多い漢字がいっぱ~い。意味が分からない単語がいっぱ~い  甘い、辛いに比べて「渋い」はなんかとてもめんどくさいことになりました。
ま、早い話、口の中がキュ~ッと収縮して、ウィ~ッとなる感じってことでしょうか。これからは、渋柿かじったり、出がらしのお茶を飲んじゃった時は、収斂した細胞を感じながら ケ・アストリンジェンテ!と叫んでみようと思います。




5-sapori-ayurveda-640x390.jpg

6つの味覚




A proposito, ho trovato un elenco degli aggettivi che descrivono ogni gusto e profumo, da "buono" a "pessimo" e tanti altri.
Non sono chef né cuoca né sommelier, ma mi fara` piacere se potessi esprimere la delizia che si scioglie nel palato usando le parole come seguenti.

ところで、色んな味や香りを表現する形容詞を集めたサイトをたまたま見つけたのでご紹介です。
私はシェフでも、料理人でも、ソムリエでももちろんないですが、口の中に入れたものを間髪入れず、テキカクにこんな言葉を使って表現できたらカッチョいいなぁ、なんて思います。ケ・ブオーノ!はもう飽きたし。 


buono 美味しい
squisito 美味しい(ほっぺた落ち級)
delizioso 美味しい(ほっぺた落ち級)
prelibato 美味しい(ほっぺた落ち級)  
ottimo 最高な

appetitoso 食欲をそそる
gustoso 味わい深い
saporito 風味豊かな

fruttato フルーティな
aromatico 香り高い
speziato スパイシーな
pungente ピリッとした

fresco フレッシュな
liscio なめらかな
leggero 軽やかな
gradevole 心地よい
piacevole 心地よい
soave 甘美な
delicato 繊細な
sofisticato 洗練された
raffinato 優雅な
fine 優雅な
forte 力強い
intenso 強烈な

dolciastro 甘ったるい
grossolano 雑な
sobrio 地味な
ruvido 粗い
insipido 風味のない
pesante 胸やけしそうな
particolare 奇妙な
strano ヘンテコな

cattivo 不味い
disgustoso ウェ~な感じ
pessimo サイテー!

(和訳は、あくまでも私の個人的感覚です)

tratto da こちらから引用 DIZY




negozio e venditore 店と店の人 - 2018.03.18 Sun

IMG_1892 (2)1

Guardate questa bella linea!

見て見て、このシュッとしたライン!





Una cosa che trovo interessante e` che in italiano ci sono delle coppie di parole che una sta per il "negozio" e l'altra per venditore, produttore, artigiano, insomma una persona che fa quel lavoro.

イタリア語とつき合ってると、まぁオモロイことがいっぱいあるわけですが、「店の名前」と「それを作ってる人・売ってる人」の名称がセットになってるというか、それぞれ違うというか、「店」と「人」とが単語レベルでバチっと分かれているというのが、中々興味深いなぁと思います。




pasticceria お菓子屋、ケーキ屋
pasticciere 菓子職人、ケーキを売る人

panetteria (panificio) パン屋
panettiere (fornaio) パン職人、パンを売る人

tabaccheria たばこ屋
tabaccaio たばこ屋の人

gelateria ジェラート屋
gelataio ジェラート職人、ジェラートを売る人 

cartoleria 文房具屋
cartolaio 文房具を売る人

calzoleria 靴屋
calzolaio 靴職人、靴を売る人

farmacia 薬局
farmacista 薬剤師、薬を売る人

pescheria 魚屋
pescivendolo (pesciaiolo) 魚を売る人

macelleria 肉屋
macellaio 畜殺人 、肉を売る人

salumeria (豚肉加工品を主に扱う)食料品店
salumiere (salumaio) サルメリーアの商品を売る人

fioreria 花屋
fioraio 花を売る人

gioielleria 宝石店
gioielliere 宝石商、宝石を売る人

parrucchieria 美容院
parrucchiere 美容師

barbieria 床屋
barbiere 理髪師




Interessante perché in giapponese questa distinzione normalmente non la si fa quando si va a comprare qualcosa, e si dice di solito "Vado in pasticceria / in panetteria / in parrucchiere", ovvero sempre in "negozio" ma non da qualcuno.

「パスティッチェリーア」と「パスティッチエーレ」、「パネッテリーア」と「パネッティエーレ」って、老眼だったり二日酔いだったりしたら見分けがつかないほど似ているけど、それぞれ「店」と「人」だから意味するところは違うわけですね。
日本語で、「パン屋行ってくるね」といえば、パンを売っている店に行ってくるってことだし、「昨日、美容院に行ったんだ」といえば、髪を切ってくれる美容師さんがいる店に行ってきた、ってことだけど、イタリア語では、単に店に行くのか、馴染みの店員や個人商店の誰それのところに行くのかで、単語を使い分けるんですね~。




Se dico "Vado dal fornaio" anziché "in panetteria" mi sa che si sente piu` calore umano...
Ho sentito che in Italia rimane ancora questo rapporto privato e caloroso, cioe` si va non al "negozio" ma dalla "persona" che lo vende, e questo e` un senso ormai noi giapponesi, soprattutto in una grande citta` come Tokyo, abbiamo gia` perso da tempo.

Vado in panetteria 「パン屋行ってくるね」と言うより、Vado dal fornaio 「あのパン職人のところに行ってくるね」という言い方の方が、いつものあの美味しいパンを作ってくれる彼のところに行ってくるね、と言っているようで、何だか温かい人間味を感じる・・・
イタリアは、まだまだ個人でやっている店も多いし、あの人が作っている、あるいはあの人が売っている、いつものあれを買ってくる、という感覚が根強く残っているから、こういった表現が存在すると聞きました。日本にも、作る側とお客が、そういう昔ながらのつき合いをしている地域はたくさんあるだろうけど、魚もケーキも靴も売ってるような大規模店舗で買物を済ましちゃうような生活の中では、彼のパン買ってくるね、といった感覚はなくなってしまいましたねぇ。




2VR5NSWR.jpg

fornaio パンを作る人




Se parliamo pero` di una cosa grammaticale per chi studia l'italiano, c'e` un piccolo problema: bisogna stare attento a non sbagliare la preposizione!

な~んて、しみじみ感慨にふけってしまいましたが、ここで文法に目を転じますと、「店」なのか「人」なのかで注意すべきことがありますね。そうそう、前置詞ゼンチシぜんちし! 「~ ria」のつく店は in、人は da + 定冠詞!




Vado... 行きます

in pasticceria お菓子屋、ケーキ屋に
dal pasticciere 菓子職人、ケーキを売る人のところに

in panetteria (panificio) パン屋に
dal panettiere (fornaio) パン職人、パンを売る人のところに


in tabaccheria たばこ屋に
dal tabaccaio たばこ屋の人のところに

in gelateria ジェラート屋に
dal gelataio ジェラート職人、ジェラートを売る人のところに

in cartoleria 文房具屋に
dal cartolaio 文房具を売る人のところに

in calzoleria 靴屋に
dal calzolaio 靴職人、靴を売る人のところに

in farmacia 薬局に
dal farmacista 薬剤師、薬を売る人のところに

in pescheria 魚屋に
dal pescivendolo (pesciaiolo) 魚を売る人のところに

in macelleria 肉屋に
dal macellaio 畜殺人、肉を売る人のところに

in salumeria (豚肉加工品を主に扱う)食料品店に
dal salumiere (salumaio) サルメリーアの商品を売る人のところに

in fioreria 花屋に
dal fioraio 花を売る人のところに

in gioielleria 宝石店に
dal gioelliere 宝石商、宝石を売る人のところに

in parrucchieria 美容院に
dal parrucchiere 美容師のところに

in barbieria 理髪店に
dal barbiere 理髪師のところに





6446863175_b3c11720b5_b.jpg

pescivendolo 魚を売る人




A proposito...
Mi domando come viene chiamato il negozio dove lavora il fruttivendolo.
Magari non esiste? perché le verdure e la frutta normalmente si comprano al "mercato"??

ところで・・・
「野菜や果物を売る人」は、fruttivendolo というけど、彼らが働いている店、つまり「八百屋」っていう単語がどうも見当たらないんです。なんでかな~。ないのかな~。野菜販売員も店もフルッティヴェンドロなのかな。
どなたかご存じだったら教えて下さいねん。


...pirare ...pirare ピラーレピラーレ - 2018.03.07 Wed

PC261233_20180307113301768.jpg

Buongiorno a tutti!

どうも皆さん、おはようございます。





Vi siete mai scavati la fossa con le proprie mani?
Io si`, direi spesso.

皆さんは、墓穴って掘ったことありますか?
私、あります。結構しばしば。




Anche l'altra volta...
この前も・・・




Una mia allieva M chan ha fatto degli esercizi di traduzione dal giapponese all'italiano, tra cui c'era una frase che andava tradotta come "Ho sistemato la stanza disordinata e ho passato l'aspirapolvere".
M chan l'ha scritto benissimo, ma chissa` perché io quasi d'istinto le ho fatto una spiegazione in piu` dicendo:

日本語からイタリア語に訳す練習問題をやってきたMちゃん。その中に、「散らかってた部屋を片付けて、掃除機をかけた」というのがあったんですが、模範解答としていた Ho sistemato la stanza disordinata e ho passato l'aspirapolvere を見事に書きこなしてきました。そこでなぜか私、ほとんど反射的にこんなこと言いました。



: aspirare は「吸う」、polvere は「ホコリ」だから、「掃除機」 aspirapolvere は「ホコリ吸い」ってことだねぇ。ケケケ。
("aspirapolvere" e` una parola fatta con il verbo "aspirare" e "polvere", cioe` questo in italiano viene chiamato una macchina che aspira il polvere della casa. ahahaha!)




Sentendomi dire questo, M chan, che e` sempre molto sveglia, mi ha chiesto:

いつも頭のキレが素晴らしいMちゃん、「掃除機」が「ホコリ吸い」だという説明を聞いて、おもむろに言いました。




: aspirare は「吸う」なんですねぇ・・・。ちなみに「吐く」ってなんていうんですか?
("aspirare" e` "trarre a sé l'aria"... per curiosita`, il contrario qual e`??)




20121216_259522_201803062217178db.png


Dunque, il contrario di "aspirare"...

えーと、「吐く」は・・・。






Essendomi scappata la parola che sta per far uscire l'aria dalla bocca, ero rimasta bloccata per un secondo, il dizionario pero` ci ha subito risolto il problema. La risposta e` "espirare".

オェ~ッと吐く方の「吐く」じゃなくて、空気を口から出す方の「吐く」って、えーと、えーと、なんだったっけ?・・・としばし固まり、そんな単語もすぐ出てこない自分の頭と、余計な掃除機解説をしたことを呪いながら辞書を引くと、そこには espirare という文字が。
そうかそうか。「外へ」を意味するラテン語の接頭辞 es- か。なるほどね、なんて、いかにも知ったような顔で佇む私。



02.png



Ma informandomi di piu`su questa serie di parole, ho scoperto una cosa inaspettata.

で、呼吸に関する単語をさらに調べていたら、思わぬことを知ることになりました。




Credevo da sempre che "aspirare" e` un'azione fisica per vivere che noi esseri umani facciamo senza pensare, ma avendo trovato la parola "espirare", ho saputo che "aspirare" non e` il contrario di "espirare"! Quello giusto e` "inspirare"! 

aspirare とは、人間が生きるために無意識にしている呼吸の「吸う方」だと長年思い込んでましたが、このたび「吐く」が espirare だということが判明したのをきっかけに、実は aspirareespirare の反意語ではなく、 正しくは inspirare だったということが分かりました!(ややこし)




Allora qual e` la differenza tra "aspirare" e "inspirare"?

じゃ、aspirareinspirare はどう違うのだ?



inspirare ⇔ espirare
Far entrare l'aria nei polmoni e farne uscire. Un'azione involontaria per vivere.
(呼吸として)空気を吸うこと。そして吐くこと。生きるための無意識の身体機能。


aspirare
Trarre a sè l'aria immettendola nei polmoni mediante il movimento d'inspirazione per sentire ad esempio il profumo di un fiore, della cucina, dell'aria pulita in montagna, ovvero un'azione cosciente.
たとえば、花や料理の香りをかいだり、山の新鮮な空気を取り込むために酸素を吸い込むこと。つまり、意識的な行為。


respirare
inspirare + espirare = respirare
inspirare 「吸う」+ espirare 「吐く」 = respirare 「呼吸する」




Che stupida io che non ci avevo fatto caso! L'aspirapolvere aspira appunto "coscientemente" il polvere!

ああ、バカバカ!考えてみればそうじゃん!掃除機はまさに、これからワタクシ吸います!って「意識的に」ホコリを aspirare してるじゃん!




I verbi riguardo alla respirazione sembra che ce ne siano molti.
吸ったり吐いたり系の動詞はこれだけじゃなく、まだ色々あるみたいです。



sospirare
Emettere uno o più sospiri, come espressione di un sentimento accorato o ansioso.
悩みや悲嘆に暮れてため息をつくこと。


ispirare
Infondere nell'animo di una persona i pensieri e i sentimenti. Trarre ispirazione nella creazione artistica.
考えや感情を人に吹き込むこと。あるいは、芸術的インスピレーションを与えること。


spirare
Di vento, soffiare. Emettere un profumo di qualcosa... e significa anche fare l'ultimo sospiro.
そよ風が吹くこと。香りや匂いを発散すること。・・・そして、息を引き取ることでもあるようです。




inspirare, espirare, respirare, sospirare, ispirare, spirare... ma quanto e` complicato!

インスピラーレ、エスピラーレ、レスピラーレ、ソスピラーレ、イスピラーレ、スピラーレ・・・。
ピラーレピラーレあははは!みんなおんなじに見えるぅ~。




Inspirazione.png

Inspira! Espira! Inspira! Espira!

吸って!吐いて!吸って!吐いて!




venire 来る - 2018.02.23 Fri


P2160109.jpg

Sono fotogenica?

フォトジェニック?

(いいね~、ちょっと目線くださーい!)  





Quiz per chi studia l'italiano.

突然ですがクイズです。



Chissa` perché ma vengo sempre male!
何でか分かんないんだけど、私はいつも male に vengo なんだよね!

Guardate, siete venuti veramente bene!
見て、あなたたち、ほんとに bene に venuti だよ!

Meno male! Questa volta mi e` venuto molto bene!
良かった!今回はとっても bene に venuto だ!

Accidenti, non mi vengono mai bene!
まったくも~!bene に vengono したためしがない!




Il verbo "venire" ha vari significati, tra cui quello suddetto sara` una delle funzioni meno conosciute a chi ha iniziato a studiare l'italiano da poco.

さーさー、上の4つの文はいったい何を言ってるでしょうか?(すぐに分かっちゃうとつまんないので、イタリア語の文は敢えて一部削ってあります)





Trovo interessante questo uso di "venire" che sta per "risultare", e penso molto utile per esprimere come vanno o sono andate a finire le cose.

venire 「来る」は、なぜだか andare 「行く」に比べて人称変化を中々覚えてもらえない可哀そうなヤツですが、めちゃめちゃ大事で、めちゃめちゃ色んな意味をもつ、ぜひものにしたい重要動詞ですよね~。
で、今回ご紹介のvenire は、「~が仕上がる、~な結果になる」といった意味で、これがまた中々便利なんですよ。知ってしまったら、貴方もきっとあらゆるシーンで使ってみたくなりますよ!




<答え>

Chissa` perché ma vengo sempre male in foto!
何でか分かんないんだけど、私はいつも写真写りが悪いんだよね!(悪い結果に仕上がる)

Guardate, siete venuti veramente bene!
見て、あなたたち、ほんとによく写ってるよ!(うまく撮れてるよ。いい結果に仕上がってるよ)

Meno male! Questa volta il tiramisu` mi e` venuto molto bene!
良かった!今回はティラミス、とってもうまくできた!

Accidenti, le lasagne non mi vengono mai bene!
まったくも~!ラザーニャはうまくできたためしがない!




Faccio piu` esempi.
とか、こんなのも。



Ho fatto una camicia ma e` venuta un po’ troppo larga
シャツを作ったんだけど、ちょっと幅が広すぎちゃった(←ダボダボに仕上がった)

Gli esami sono venuti malissimo!
試験の出来は最悪!(←ひどい結果になった)

Fammi controllare se e` venuto bene il pollo arrosto
ローストチキンがうまくできたかどうかチェックさせて

Prova a farne un'altra che sono venuta davvero male in questa foto!
この写真、とんでもない顔で写ってるから、もう一枚撮って!

Non sono contento di come e` venuta la partita
試合の結果に私は満足していない

La torta è venuta troppo dolce
ケーキ甘過ぎちゃった(←焼き上がって食べてみたら甘過ぎた)

Sono pronti gli gnocchi? Come sono venuti?
ニョッキできた?どんな風にできた?(←うまく作れたか、ではなく、どんな仕上がりになったか、ということですね)





P2230125.jpg


Tenute immerse nell'acqua salata, dopo 3 mesi circa sono venute abbastanza bene le olive raccolte a Roccalbegna nell'ottobre 2017!

塩水に浸すこと約3ヶ月、2017年10月にロッカルベーニャで収穫させてもらったオリーブが中々いい感じで出来上がりました



appena アッペーナ - 2018.02.07 Wed

 PC261221.jpg


Fa troppo freddo quest'inverno!

この冬は寒すぎっ!





Appena sono tornata a casa mi sono subito buttata sul letto.

家に帰るや否や、すぐにベッドにひっくり返った


Sono appena tornata a casa e voglio subito buttarmi sul letto.

いま家に帰ったとこだけど、すぐにベッドにひっくり返りたい





Ohhhhhhh!
おおおおおお!






Cambia il senso semplicemente cambiando l'ordine delle "appena" ed "essere"!

appena の位置をちょっと変えただけで、「~するや否や」から「たった今~したところ」に変わったど!




6000-1.jpg




Lo so, qui non c'e` niente da meravigliarsi, solo che "appena" ha due funzioni diverse: uno come congiunzione che sta per "subito dopo", "quasi nello stesso momento", e l'altro come avverbio che significa "soltanto".
Ma vi dico che da una cosa piccola cosi` rimango gia` molto impressionata! Mi dite che sono una semplicione?

いやなに、そんなに感動するほどのことじゃないんですけどね。
appena が、「~するとすぐに」、英語でいうところの as soon as という接続詞の働きと、「~したばかり」、英語でいうところの just という副詞の働きの二つをもっているという、ただそれだけのことなんですがね。
でもでも、appena と sono が入れ替わっただけでこれだけ違うってスゴクないですかっ?! これしきのことで大発見の喜びに浸れるって、車はベンツじゃないとダメ、なんてよりずっと幸せモンですよね?(オメデタイとも言う)
ちなみに、接続詞の方は、例のアレ、冗談なら入れるのやめようよの「冗語 non 」が入りがちですよ~。




neoki_man.png


34.png





Per quanto riguarda la funzione avverbiale, ce ne sono altre con l'uso interessante.

副詞としての appena には、「~したばかり」以外にも、日本語にすると色んな表現になる使い方がありますね。



かろうじて
Mario sa appena leggere alcuni kanji.
マリオは、かろうじていくつかの漢字なら読める

ギリギリ~する
Sono arrivato appena in tempo alla riunione.
会議にギリギリで間に合った

ほんのわずか
Il chiodo sporge appena appena dalla parete.
釘が壁からほ~んのわずか出ている(2回繰り返します)

ほんのすぐ
Il libreria e` appena dietro l'angolo.
本屋はその角を曲がってすぐです

ほとんど~ない
Io e Antonio ci conosciamo appena.
私とアントニオはお互いをほとんど知らない

~しか~ない
Ho speso troppi soldi ed ora mi sono rimasti dieci euro appena.
お金を使い過ぎて、もうたったの10ユーロしか残っていない

~だけ
Non avevo tempo e ho letto appena i titoli del giornale di oggi.
時間がなくて、今日の新聞の見出しだけ読んだ(見出ししか読んでいない)




Lo sapevate gia` oppure l'avete appena saputo?
Sarebbe meglio prenderne appunti appena imparato qualsiasi cosa nuova, ne!

アッペーナがこんなヤツだったって、もしかして皆さんもう知ってましたか?それともアッペーナ今日知った?
何ごとにつけても、新しいことを知ったらアッペーナ書き留めた方がいいですよ~。なんつって!



loro 彼ら、彼女ら - 2018.01.10 Wed

P1092011.jpg

Sono venuti il fratellone e dei miei parenti!

ビッグな兄貴と親戚一同が遊びに来たよ






Il pronome "loro" e` molto misterioso...

人称代名詞の loro って、なんだかとてもミステリアス・・・。




io 私が → noi 私たちが
tu 君が → voi 君たちが
lui 彼が → loro 彼らが
lei 彼女が → loro 彼女らが



Ecco, ecco! E` gia` misterioso! Sia maschile che femminile della terza persona, al plurale sono tutti e due "loro".

ほらほら、もう変!一人称、二人称は単数・複数でそれぞれ形が違うのに、三人称は単複が同じなの。





Ma comunque questo e` accettabile, tanto anche in inglese he/she → they.

でも、まぁこれは良しとする。英語でも、he/she → they だし。





Mentre invece...
でも、これはどうよ。




これ・これらは私の~です
Questo e` il mio cane → Questi sono i miei cani 
Questa e` la mia macchina → Queste sono le mie macchine

これ・これらは君の~ですか?
Questo e` il tuo cane? → Questi sono i tuoi cani? 
Questa e` la tua macchina?→ Queste sono le tue macchine?

これ・これらは私たちの~です
Questo e` il nostro cane → Questi sono i nostri cane 
Questa e` la nostra macchina → Queste sono le nostre macchine

これ・これらは君たちの~ですか?
Questo e` il vostro cane? → Questi sono i vostri cani?
Questa e` la vostra macchina?→ Queste sono le vostre macchine?

これ・これらは彼の・彼女の~です
Questo e` il suo cane → Questi sono i suoi cani
Questa e` la sua macchina → Queste sono le sue macchine

これ・これらは彼ら・彼女らの~です
Questo e` il loro cane → Questi sono i loro cani
Questa e` la loro macchina→ Queste sono le loro macchine




Come mai solo "loro" non ha le forme per il singolare e per il plurale, per il maschile e per il femminile? Perché è indeclinabile a differenza degli altri pronomi possessivi?

「これ」「これら」が、男性名詞を指しているのか、女性名詞を指しているのか、はたまたそれが単数なのか、複数なのかで、他の皆さんは所有格の語尾を粛々と合致させているというのに、loro だけがまるで開き直ったかのように、ドーンと4つとも同じ!なのはなぜだ? (もう考えるのめんどくさくなっちゃったんですかね、とおっしゃった生徒さんがいました・笑)
だいたいですね、主語と所有格が同形っておかしくないですか?ドンッ!(←机たたく)




08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20180109221712f60.jpg Quello che ho letto su qualche sito diceva che nella lingua latina, cioe` quella che parlavano gli antichi Romani, esisteva una parola: “illorum” che equivaleva a: “di quelli”, e il corrispondente femminile era illarum che corrispondeva a “di quelle”, ma nella sua evoluzione i parlanti preferirono utilizzare la forma aggettivale "illorum"... E alla fine le forme per il maschile/femminile/singolare/plurale sono diventate tutte uguali??

どこかのサイトでチラッと読んだところによると、古代ローマ人が使っていたラテン語には、「彼らの、それらの」を意味する illorum 、「彼女らの、それらの」を意味する illarum という別々の所有形容詞があったらしいんですけど、時の流れと共に、みんな illorum でいいんじゃね?ということになり・・・。
で、最終的には、単数も複数もみんなみんな同じになってしまったと?!





Come se non bastasse, c'e` anche questo mistero!

誰が決めたのか、どうにも不可解さが脱ぎい切れない loro ですが、まだあります。



私はすべての本を彼にあげた
Gli ho dato tutti i miei libri
= Ho dato tutti i miei libri a lui
= Ho dato a lui tutti i miei libri

私はすべての本を彼らにあげた
Gli ho dato tutti i miei libri
= Ho dato tutti i miei libri a loro
= Ho dato loro tutti i miei libri



Quando si tratta del complemento indiretto, esclusivamente "loro" ha una indecifrabile regola diversa dagli altri: quando "loro" segue subito dopo il verbo, non si mette la preposizione "a"!

「~に」という間接目的語の話ですが、またしても loro だけにヘンテコなルールが!
「君に」は a te、「彼に」は a lui ですよね?それを直接目的語「~を」の後に置こうが、動詞の直後に置こうが形は変わらないのに、loro だけは、動詞の直後に置く場合は前置詞 a が不要ってさぁ・・・(この場合、loro に a が内蔵されているらしい)
こうまで自由奔放だと、不思議を通り越して、なんだかもう不気味だわ。



creepy-trees-backgrounds2.jpg

wbA4J8hR_20180109231507d53.jpg





interessare 興味を引く - 2017.12.26 Tue

PC261233.jpg

Com'e` andato il vostro Natale?

ナターレはどうだった?





Avete passato un buon Natale? Avete mangiato a crepapelle tante cose buone?
Ed ora siamo proprio all'ultimo angolo del 2017, il periodo in cui s'inizia quasi quasi a pensare a quello che si desidera realizzare nell'anno nuovo.

皆さん、楽しいクリスマスを過ごしましたか?チキンやら、ポテトやら、ケーキやら、ドカーンと腹いっぱい詰め込みましたか?
サンタクロースが去った後は、待ってましたとばかりに門松と鏡餅のお出ましだ!いよいよ、2017年も最終コーナーを曲がり、来年はこんなんだといいなぁ、と新年に向けて思いを致す時期となりました。




Father Christmas

Ma babbo, non hai dato i regali ai bambini?




Anche quest'anno ci sono state tante belle scoperte linguistiche trovate durante lo studio sia con gli allievi che da sola, ma quella di recente era anche davvero qualcosa!

自分一人で、あるいは生徒さんたちとの勉強の合間に、今年もいっぱいオモロイ発見がありましたが、ついこの前の掘り出し物もちょっとね、かなりスゴイよ、奥さん。




Recentemente i miei allievi hanno la tendenza a dare la colpa all'errore di stampa quando s'imbattono in una frase o in una parola il cui significato non lo possono capire in alcun modo.
Quando dicono "Questo non lo posso capire! Magari e` un errore tipografico! ", io faccio del mio meglio per spiegarglielo bene, a volte pero` cado pure io nella trappola della grammatica italiana.

ここ最近、生徒さんの間で、ややこしい文やどうしても分からない単語があったりすると、「コレ、印刷ミスじゃなくない?」と誤植を疑うのが流行っています。
「えぇー、なにこれ?分かんないよぉ。印刷ミスなんじゃ?」という皆さんの声を聞くたびに、容疑をかけられた出版社の冤罪をはらすべく、私も全力で説明するよう努めるんですが、時に私もまんまとイタリア語文法の罠にはまり、誤植嫌疑をかけてしまいそうになることもあり・・・




L'altro giorno io e la signora M stavamo leggendo un dialogo tra uno studente e un professore dell'universita`. Questo studente e` all'ultimo anno della laurea e chiede un consiglio al professore riguardo alla sua tesi, e il professore gli risponde:

先日、大学生と大学教授の会話文をMさんと読んでいましてね。来年卒業を控えたその学生が、卒論のことで相談をもちかけると、教授が学生にこう訊くんです。



"Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?"
「特別に興味をもったテーマ、もう何か考えましたか?」



(゜_゜!)・・・



"Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?"



(゜△゜;;)・・・




Ma perché "la"? Come mai il pronome diretto??
Il verbo "interessare" mi e` sempre stato intrasitivo che viene usato con il complemento indiretto proprio come i verbi "piacere", "servire", "mancare" ecc.
Non l'ho potuto infatti spiegare alla signora M, e me l'ho tenuto come mio compito per la prossima lezione.

なんで la「あなたを」?なんで直接目的語?
interessare 「興味をもたせる」という動詞は、piacere 「好意をもたせる」、servire 「役に立つ」、mancare 「不足する」といった動詞軍と同様に、私の頭の中では何十年来、「~に」を意味する間接目的語が常にセット!「~を」じゃなくて「~に」!
「なんで le じゃなくて la なんでしょうねぇ。なんかの間違えですかねぇ。」などと、説明できないことを印刷ミスのせいにしつつ、後ずさりする私。教師にあるまじき対応を恥じつつ、自分への宿題として即行撤収です。





Informandomi si e` rivelato subito il perche`!
で、調べたらすぐ分かりました!(じゃもっと早くやりたまえ)





iii.png

[質問]
tutte cose che interessavano a mia sorella 「姉が興味をもっていた全てのこと」
tutte cose che interessavano mia sorella 「姉が興味をもっていた全てのこと」
はどちらが正しいですか?最初の文の方がいいような気がするんですが、教えて下さい。



iiii.png

[回答]
動詞 interessare は他動詞(助動詞は avere )でもあり、自動詞(助動詞は essere )でもあり、ご質問の二つの文は両方とも合っていますが、ただ、意味が違います。
Tutte cose che interessavano a mia sorella は、interessare を自動詞「~にとって興味深い」として使っていて(だから、間接目的語 a mia sorella 「姉に」になっている)、この場合は「(~にとって)重要である、気にかかる」を意味します。(関心を持ってる人が主体)
一方、Tutte cose che interessavano mia sorella は、interessare を他動詞「人の関心を引く」として使っていて(だから、直接目的語 mia sorella「姉を」になっている)、この場合は「関心を引きながら人を巻き込む」を意味します。(人に関心をもたせる物事が主体)




a102789ac2a671a027ff34dfa063c59e_400_20171226114814a9e.jpg



Oddio... non lo sapevo...



そ、そうだったのか・・・





La frase del professore "Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?" significa quindi "un argomento tanto interessante che ha coinvolto Lei", giusto?

なわけで、教授が言ってた、Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare? は、「あなたを巻き込むほど興味深いテーマは何かあったかね?」ということで、直接目的語 la 「あなたを」だったってことですね!
くぅーっ、そうなのか!他動詞 interessare のキーワードは「あなたを巻き込む」ですよ、皆さん!
(いや~、思い込みって恐ろしいです。piacere もそんなだったらどうしよう!と急に怖くなって確かめたら、こちらは自動詞オンリーでした。ホッ)




ea22b03f-84c7-4a60-b765-e5f836ca8a93.jpg




nomi irregolari 不規則名詞 - 2017.12.19 Tue

P3310085.jpg

State utilizzando al massimo il dizionario?

辞書引いてるぅ~?




Mi permetto di dirvi una cosa inaspettata.

甚だ突然ですが、



e0096346_17492442.jpg


1o0941096013872211382


20130307114023.png


il labbro

le labbra 両唇 = il labbro superiore 上唇 + il labbro inferiore 下唇

i labbri = i bordi di una ferita' o i confini di un perimetro 傷口、何かの周辺、ふち


Maschile al singolare ma al plurale diventa femminile con la terminazione "-a", poi ha un altro significato diverso al maschile plurale...
Ma scusa, questa "regola" fa impazzire davvero noi giapponesi!

単数だと「男」なのに、複数になると「女」に・・・ってここまでは100歩譲るとして、「女・複数」なら語尾が -e かと思いきや、-a だとおっしゃる。しかもしかも、「女」にならずに、「男」のままの複数もあって、同じ単数から生まれているのに、「女・複数」とは意味が違う・・・ってどゆこと?!
「女」だと思ったら実は「男」だった!ということについては、約6年前に書きましたが、今日は、その性別がミステリアスな名詞が、「男・複数」と「女・複数」で違う意味をもつ、というお話です。



Ma purtroppo i nomi irregolari ce ne sono parecchi, neeee!!

ピグモンの唇に限らず、この手の名詞は結構あって、えっとえっとちょっと待ってね、と把握するのに数秒かかります。




matome_20141202154107_547d5f0303615_png.jpg



il ginocchio 膝

le ginocchia
(同じ人の)両膝



interno_cosce.jpg



i ginocchi
(とにかくいっぱいの)膝





130830-10.jpg

il dito 指

le dita (手の集合体の)指



20170325_00.jpg



i diti それぞれの指の複数形
(この場合なら、人差し指が4本 = 4 diti indici)




kenka_friends.png



il grido 叫び声

le grida
(人間の)叫び声、怒鳴り声



無題


i gridi (動物の)吠え声、鳴き声





Come se non bastasse...
さらにさらに・・・


il cervello le cervella 動物の脳、料理名 / i cervelli 脳、組織のブレイン
l’osso le ossa 骨、骨格 / gli ossi 骨状のもの、動物の骨
il budello le budella 腸 / i budelli 細い管
il cuoio le cuoia 人間の皮膚、皮 / i cuoi
il corno le corna 角 / i corni 角状のもの、先端
il gesto ジェスチャー le gesta 功績 / i gesti ジェスチャー
l’urlo 悲鳴、怒号 le urla 大勢の叫び声 / gli urli 動物の吠え声、一人の叫び声
il membro メンバー le membra 四肢、手足 / i membri メンバー
il filo 糸、コード le fila (話の)脈略、道筋、方向 / i fili 糸、コード
il fondamento (建物の)土台 le fondamenta 基礎、土台 / i fondamenti 根拠、原理、理由
il muro le mura 城壁 / i muri
il lenzuolo シーツ le lenzuola 上下組みのシーツ / i lenzuoli 個々のシーツ




無題tt


多くの場合、男性複数形は比喩的な意味、女性複数形は、文字通りその名詞そのものの複数形を意味するが、いつもそうとは限らない(限らないんか!)。ちゃんとしたルールはないので(ないんか!)、辞書を引いて、一つ一つの意味を確かめるしかない。


Ho capito...

あそうですか・・・




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (104)
grammatica 文法 (46)
espressioni 表現 (113)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (62)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (20)
etc その他 (79)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}