PA290414.jpg

2018-02

appena アッペーナ - 2018.02.07 Wed

 PC261221.jpg


Fa troppo freddo quest'inverno!

この冬は寒すぎっ!





Appena sono tornata a casa mi sono subito buttata sul letto.

家に帰るや否や、すぐにベッドにひっくり返った


Sono appena tornata a casa e voglio subito buttarmi sul letto.

いま家に帰ったとこだけど、すぐにベッドにひっくり返りたい





Ohhhhhhh!
おおおおおお!






Cambia il senso semplicemente cambiando l'ordine delle "appena" ed "essere"!

appena の位置をちょっと変えただけで、「~するや否や」から「たった今~したところ」に変わったど!




6000-1.jpg




Lo so, qui non c'e` niente da meravigliarsi, solo che "appena" ha due funzioni diverse: uno come congiunzione che sta per "subito dopo", "quasi nello stesso momento", e l'altro come avverbio che significa "soltanto".
Ma vi dico che da una cosa piccola cosi` rimango gia` molto impressionata! Mi dite che sono una semplicione?

いやなに、そんなに感動するほどのことじゃないんですけどね。
appena が、「~するとすぐに」、英語でいうところの as soon as という接続詞の働きと、「~したばかり」、英語でいうところの just という副詞の働きの二つをもっているという、ただそれだけのことなんですがね。
でもでも、appena と sono が入れ替わっただけでこれだけ違うってスゴクないですかっ?! これしきのことで大発見の喜びに浸れるって、車はベンツじゃないとダメ、なんてよりずっと幸せモンですよね?(オメデタイとも言う)
ちなみに、接続詞の方は、例のアレ、冗談なら入れるのやめようよの「冗語 non 」が入りがちですよ~。




neoki_man.png


34.png





Per quanto riguarda la funzione avverbiale, ce ne sono altre con l'uso interessante.

副詞としての appena には、「~したばかり」以外にも、日本語にすると色んな表現になる使い方がありますね。



かろうじて
Mario sa appena leggere alcuni kanji.
マリオは、かろうじていくつかの漢字なら読める

ギリギリ~する
Sono arrivato appena in tempo alla riunione.
会議にギリギリで間に合った

ほんのわずか
Il chiodo sporge appena appena dalla parete.
釘が壁からほ~んのわずか出ている(2回繰り返します)

ほんのすぐ
Il libreria e` appena dietro l'angolo.
本屋はその角を曲がってすぐです

ほとんど~ない
Io e Antonio ci conosciamo appena.
私とアントニオはお互いをほとんど知らない

~しか~ない
Ho speso troppi soldi ed ora mi sono rimasti dieci euro appena.
お金を使い過ぎて、もうたったの10ユーロしか残っていない

~だけ
Non avevo tempo e ho letto appena i titoli del giornale di oggi.
時間がなくて、今日の新聞の見出しだけ読んだ(見出ししか読んでいない)




Lo sapevate gia` oppure l'avete appena saputo?
Sarebbe meglio prenderne appunti appena imparato qualsiasi cosa nuova, ne!

アッペーナがこんなヤツだったって、もしかして皆さんもう知ってましたか?それともアッペーナ今日知った?
何ごとにつけても、新しいことを知ったらアッペーナ書き留めた方がいいですよ~。なんつって!



loro 彼ら、彼女ら - 2018.01.10 Wed

P1092011.jpg

Sono venuti il fratellone e dei miei parenti!

ビッグな兄貴と親戚一同が遊びに来たよ






Il pronome "loro" e` molto misterioso...

人称代名詞の loro って、なんだかとてもミステリアス・・・。




io 私が → noi 私たちが
tu 君が → voi 君たちが
lui 彼が → loro 彼らが
lei 彼女が → loro 彼女らが



Ecco, ecco! E` gia` misterioso! Sia maschile che femminile della terza persona, al plurale sono tutti e due "loro".

ほらほら、もう変!一人称、二人称は単数・複数でそれぞれ形が違うのに、三人称は単複が同じなの。





Ma comunque questo e` accettabile, tanto anche in inglese he/she → they.

でも、まぁこれは良しとする。英語でも、he/she → they だし。





Mentre invece...
でも、これはどうよ。




これ・これらは私の~です
Questo e` il mio cane → Questi sono i miei cani 
Questa e` la mia macchina → Queste sono le mie macchine

これ・これらは君の~ですか?
Questo e` il tuo cane? → Questi sono i tuoi cani? 
Questa e` la tua macchina?→ Queste sono le tue macchine?

これ・これらは私たちの~です
Questo e` il nostro cane → Questi sono i nostri cane 
Questa e` la nostra macchina → Queste sono le nostre macchine

これ・これらは君たちの~ですか?
Questo e` il vostro cane? → Questi sono i vostri cani?
Questa e` la vostra macchina?→ Queste sono le vostre macchine?

これ・これらは彼の・彼女の~です
Questo e` il suo cane → Questi sono i suoi cani
Questa e` la sua macchina → Queste sono le sue macchine

これ・これらは彼ら・彼女らの~です
Questo e` il loro cane → Questi sono i loro cani
Questa e` la loro macchina→ Queste sono le loro macchine




Come mai solo "loro" non ha le forme per il singolare e per il plurale, per il maschile e per il femminile? Perché è indeclinabile a differenza degli altri pronomi possessivi?

「これ」「これら」が、男性名詞を指しているのか、女性名詞を指しているのか、はたまたそれが単数なのか、複数なのかで、他の皆さんは所有格の語尾を粛々と合致させているというのに、loro だけがまるで開き直ったかのように、ドーンと4つとも同じ!なのはなぜだ? (もう考えるのめんどくさくなっちゃったんですかね、とおっしゃった生徒さんがいました・笑)
だいたいですね、主語と所有格が同形っておかしくないですか?ドンッ!(←机たたく)




08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20180109221712f60.jpg Quello che ho letto su qualche sito diceva che nella lingua latina, cioe` quella che parlavano gli antichi Romani, esisteva una parola: “illorum” che equivaleva a: “di quelli”, e il corrispondente femminile era illarum che corrispondeva a “di quelle”, ma nella sua evoluzione i parlanti preferirono utilizzare la forma aggettivale "illorum"... E alla fine le forme per il maschile/femminile/singolare/plurale sono diventate tutte uguali??

どこかのサイトでチラッと読んだところによると、古代ローマ人が使っていたラテン語には、「彼らの、それらの」を意味する illorum 、「彼女らの、それらの」を意味する illarum という別々の所有形容詞があったらしいんですけど、時の流れと共に、みんな illorum でいいんじゃね?ということになり・・・。
で、最終的には、単数も複数もみんなみんな同じになってしまったと?!





Come se non bastasse, c'e` anche questo mistero!

誰が決めたのか、どうにも不可解さが脱ぎい切れない loro ですが、まだあります。



私はすべての本を彼にあげた
Gli ho dato tutti i miei libri
= Ho dato tutti i miei libri a lui
= Ho dato a lui tutti i miei libri

私はすべての本を彼らにあげた
Gli ho dato tutti i miei libri
= Ho dato tutti i miei libri a loro
= Ho dato loro tutti i miei libri



Quando si tratta del complemento indiretto, esclusivamente "loro" ha una indecifrabile regola diversa dagli altri: quando "loro" segue subito dopo il verbo, non si mette la preposizione "a"!

「~に」という間接目的語の話ですが、またしても loro だけにヘンテコなルールが!
「君に」は a te、「彼に」は a lui ですよね?それを直接目的語「~を」の後に置こうが、動詞の直後に置こうが形は変わらないのに、loro だけは、動詞の直後に置く場合は前置詞 a が不要ってさぁ・・・(この場合、loro に a が内蔵されているらしい)
こうまで自由奔放だと、不思議を通り越して、なんだかもう不気味だわ。



creepy-trees-backgrounds2.jpg

wbA4J8hR_20180109231507d53.jpg





interessare 興味を引く - 2017.12.26 Tue

PC261233.jpg

Com'e` andato il vostro Natale?

ナターレはどうだった?





Avete passato un buon Natale? Avete mangiato a crepapelle tante cose buone?
Ed ora siamo proprio all'ultimo angolo del 2017, il periodo in cui s'inizia quasi quasi a pensare a quello che si desidera realizzare nell'anno nuovo.

皆さん、楽しいクリスマスを過ごしましたか?チキンやら、ポテトやら、ケーキやら、ドカーンと腹いっぱい詰め込みましたか?
サンタクロースが去った後は、待ってましたとばかりに門松と鏡餅のお出ましだ!いよいよ、2017年も最終コーナーを曲がり、来年はこんなんだといいなぁ、と新年に向けて思いを致す時期となりました。




Father Christmas

Ma babbo, non hai dato i regali ai bambini?




Anche quest'anno ci sono state tante belle scoperte linguistiche trovate durante lo studio sia con gli allievi che da sola, ma quella di recente era anche davvero qualcosa!

自分一人で、あるいは生徒さんたちとの勉強の合間に、今年もいっぱいオモロイ発見がありましたが、ついこの前の掘り出し物もちょっとね、かなりスゴイよ、奥さん。




Recentemente i miei allievi hanno la tendenza a dare la colpa all'errore di stampa quando s'imbattono in una frase o in una parola il cui significato non lo possono capire in alcun modo.
Quando dicono "Questo non lo posso capire! Magari e` un errore tipografico! ", io faccio del mio meglio per spiegarglielo bene, a volte pero` cado pure io nella trappola della grammatica italiana.

ここ最近、生徒さんの間で、ややこしい文やどうしても分からない単語があったりすると、「コレ、印刷ミスじゃなくない?」と誤植を疑うのが流行っています。
「えぇー、なにこれ?分かんないよぉ。印刷ミスなんじゃ?」という皆さんの声を聞くたびに、容疑をかけられた出版社の冤罪をはらすべく、私も全力で説明するよう努めるんですが、時に私もまんまとイタリア語文法の罠にはまり、誤植嫌疑をかけてしまいそうになることもあり・・・




L'altro giorno io e la signora M stavamo leggendo un dialogo tra uno studente e un professore dell'universita`. Questo studente e` all'ultimo anno della laurea e chiede un consiglio al professore riguardo alla sua tesi, e il professore gli risponde:

先日、大学生と大学教授の会話文をMさんと読んでいましてね。来年卒業を控えたその学生が、卒論のことで相談をもちかけると、教授が学生にこう訊くんです。



"Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?"
「特別に興味をもったテーマ、もう何か考えましたか?」



(゜_゜!)・・・



"Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?"



(゜△゜;;)・・・




Ma perché "la"? Come mai il pronome diretto??
Il verbo "interessare" mi e` sempre stato intrasitivo che viene usato con il complemento indiretto proprio come i verbi "piacere", "servire", "mancare" ecc.
Non l'ho potuto infatti spiegare alla signora M, e me l'ho tenuto come mio compito per la prossima lezione.

なんで la「あなたを」?なんで直接目的語?
interessare 「興味をもたせる」という動詞は、piacere 「好意をもたせる」、servire 「役に立つ」、mancare 「不足する」といった動詞軍と同様に、私の頭の中では何十年来、「~に」を意味する間接目的語が常にセット!「~を」じゃなくて「~に」!
「なんで le じゃなくて la なんでしょうねぇ。なんかの間違えですかねぇ。」などと、説明できないことを印刷ミスのせいにしつつ、後ずさりする私。教師にあるまじき対応を恥じつつ、自分への宿題として即行撤収です。





Informandomi si e` rivelato subito il perche`!
で、調べたらすぐ分かりました!(じゃもっと早くやりたまえ)





iii.png

[質問]
tutte cose che interessavano a mia sorella 「姉が興味をもっていた全てのこと」
tutte cose che interessavano mia sorella 「姉が興味をもっていた全てのこと」
はどちらが正しいですか?最初の文の方がいいような気がするんですが、教えて下さい。



iiii.png

[回答]
動詞 interessare は他動詞(助動詞は avere )でもあり、自動詞(助動詞は essere )でもあり、ご質問の二つの文は両方とも合っていますが、ただ、意味が違います。
Tutte cose che interessavano a mia sorella は、interessare を自動詞「~にとって興味深い」として使っていて(だから、間接目的語 a mia sorella 「姉に」になっている)、この場合は「(~にとって)重要である、気にかかる」を意味します。(関心を持ってる人が主体)
一方、Tutte cose che interessavano mia sorella は、interessare を他動詞「人の関心を引く」として使っていて(だから、直接目的語 mia sorella「姉を」になっている)、この場合は「関心を引きながら人を巻き込む」を意味します。(人に関心をもたせる物事が主体)




a102789ac2a671a027ff34dfa063c59e_400_20171226114814a9e.jpg



Oddio... non lo sapevo...



そ、そうだったのか・・・





La frase del professore "Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare?" significa quindi "un argomento tanto interessante che ha coinvolto Lei", giusto?

なわけで、教授が言ってた、Ha gia` pensato a un argomento che la interessa in modo particolare? は、「あなたを巻き込むほど興味深いテーマは何かあったかね?」ということで、直接目的語 la 「あなたを」だったってことですね!
くぅーっ、そうなのか!他動詞 interessare のキーワードは「あなたを巻き込む」ですよ、皆さん!
(いや~、思い込みって恐ろしいです。piacere もそんなだったらどうしよう!と急に怖くなって確かめたら、こちらは自動詞オンリーでした。ホッ)




ea22b03f-84c7-4a60-b765-e5f836ca8a93.jpg




nomi irregolari 不規則名詞 - 2017.12.19 Tue

P3310085.jpg

State utilizzando al massimo il dizionario?

辞書引いてるぅ~?




Mi permetto di dirvi una cosa inaspettata.

甚だ突然ですが、



e0096346_17492442.jpg


1o0941096013872211382


20130307114023.png


il labbro

le labbra 両唇 = il labbro superiore 上唇 + il labbro inferiore 下唇

i labbri = i bordi di una ferita' o i confini di un perimetro 傷口、何かの周辺、ふち


Maschile al singolare ma al plurale diventa femminile con la terminazione "-a", poi ha un altro significato diverso al maschile plurale...
Ma scusa, questa "regola" fa impazzire davvero noi giapponesi!

単数だと「男」なのに、複数になると「女」に・・・ってここまでは100歩譲るとして、「女・複数」なら語尾が -e かと思いきや、-a だとおっしゃる。しかもしかも、「女」にならずに、「男」のままの複数もあって、同じ単数から生まれているのに、「女・複数」とは意味が違う・・・ってどゆこと?!
「女」だと思ったら実は「男」だった!ということについては、約6年前に書きましたが、今日は、その性別がミステリアスな名詞が、「男・複数」と「女・複数」で違う意味をもつ、というお話です。



Ma purtroppo i nomi irregolari ce ne sono parecchi, neeee!!

ピグモンの唇に限らず、この手の名詞は結構あって、えっとえっとちょっと待ってね、と把握するのに数秒かかります。




matome_20141202154107_547d5f0303615_png.jpg



il ginocchio 膝

le ginocchia
(同じ人の)両膝



interno_cosce.jpg



i ginocchi
(とにかくいっぱいの)膝





130830-10.jpg

il dito 指

le dita (手の集合体の)指



20170325_00.jpg



i diti それぞれの指の複数形
(この場合なら、人差し指が4本 = 4 diti indici)




kenka_friends.png



il grido 叫び声

le grida
(人間の)叫び声、怒鳴り声



無題


i gridi (動物の)吠え声、鳴き声





Come se non bastasse...
さらにさらに・・・


il cervello le cervella 動物の脳、料理名 / i cervelli 脳、組織のブレイン
l’osso le ossa 骨、骨格 / gli ossi 骨状のもの、動物の骨
il budello le budella 腸 / i budelli 細い管
il cuoio le cuoia 人間の皮膚、皮 / i cuoi
il corno le corna 角 / i corni 角状のもの、先端
il gesto ジェスチャー le gesta 功績 / i gesti ジェスチャー
l’urlo 悲鳴、怒号 le urla 大勢の叫び声 / gli urli 動物の吠え声、一人の叫び声
il membro メンバー le membra 四肢、手足 / i membri メンバー
il filo 糸、コード le fila (話の)脈略、道筋、方向 / i fili 糸、コード
il fondamento (建物の)土台 le fondamenta 基礎、土台 / i fondamenti 根拠、原理、理由
il muro le mura 城壁 / i muri
il lenzuolo シーツ le lenzuola 上下組みのシーツ / i lenzuoli 個々のシーツ




無題tt


多くの場合、男性複数形は比喩的な意味、女性複数形は、文字通りその名詞そのものの複数形を意味するが、いつもそうとは限らない(限らないんか!)。ちゃんとしたルールはないので(ないんか!)、辞書を引いて、一つ一つの意味を確かめるしかない。


Ho capito...

あそうですか・・・




mancare 足りない - 2017.11.17 Fri

PA080945 (2)

Mi manca il cibo

エサが足りない





Ci sono tanti verbi italiani il cui uso lo troviamo particolare dal punto di vista dei giapponesi.

日本人の観点からすると、へんなの! と思わざるを得ないイタリア語の動詞っていっぱいありますよね。





Uno dei quali sara` assolutamente
そのうちの一つは絶対コレ





"mancare" マンカーレ !!!




Il suo primo significato che sta per "non esserci, non essere sufficiente" e` abbastanza facile da capire.

mancare といえば、その第一の意味は「不足する、欠けている」ですが、そういう意味でならそんなに難しいことはありません。



Mi manca il tempo per finire questo lavoro entro oggi.
この仕事を今日中に終わらせるには時間が足りない

A mio figlio manca il coraggio per affrontare la difficolta`.
私の息子には、困難に立ち向かう勇気が足りない

I documenti sono pronti, manca solo la firma del direttore.
書類はそろった、あとは部長のサインだけだ(←サインだけが欠けている)

5 cose che non dovrebbero mancare nella vita.
人生において欠かせない5つのこと

Lui e` simpatico... ma gli manca qualcosa... diciamo di fascino da uomo?
彼っていい人だよね・・・ でも、なんか足りないんだよねぇ・・・ 男としての魅力っていうの?




cc00d964742ba09e4a265c1cb63ef4da.jpg

Le mancano i denti

歯が足りない




Ma tutto il resto, per noi e` abbastanza complicato perche` in giapponese non si direbbe cosi` com'e` in italiano.

一方、元をたどれば「足りない」「欠けている」っていうことなんだけど、そこから派生した表現は、うーむ、そう来ましたか、と腕組みーの、眉間にシワ寄せーの。それは引き算の原理のようであり、なんとなくイタリア人がお釣りを渡す時の、合計額への足し算のようでもあり、とにかく何だかめんどくさい思考回路なのでありますよ!




Nella mia camera in albergo mancava l'acqua.
ホテルの私の部屋は、水が出なかった(←水が不足していた)

Mentre guardavo la TV e` mancata la luce all’improvviso.
テレビを見ていたら、突然電気が消えた(←電気が突然不足した)

A: Quante ore mancano all'arrivo a Tokyo?
東京到着まであと何時間?(←あと何時間足りない?)
B: Mancano ancora 5 ore.
まだあと5時間(←5時間足りない)

Oltre alla luce, non si accende neanche il gas!! Oh, no! Ci mancava anche questo!
電気だけじゃなくて、ガスも点かない!キィーッ!一難去ってまた一難だ!(←ガスもまだあったのか ←ガスも不足するものに入っていたのか)

A: Scusa, ho bozzato la tua Mercedes. Ma ci penso io a farla aggiustare.
ごめん、君のベンツ、凹ませちゃった。でも、僕がちゃんと直すから。
B: E ci credo! Ci mancherebbe altro!
そりゃそうさ!せめてそれぐらいやってくれよ!(←君しかやる人いないだろう ←他に誰が欠けてるというんだ)

A: Ti ringrazio veramente tutto quello che hai fatto per me!
私のために色々やってくれて、本当に感謝してる!
B: Ma dai, ci macherebbe altro!
やめてよ、なに言ってんの!(←これがせめて私にできること ←もっと他に足りない点があったかもしれない)

Tu mi dici che sono introversa, ma praticamente il coraggio non mi manca, sai?
私のこと引っ込み思案だって言うけど、実はかなり大胆だって知ってる?(←私に大胆さが不足しているなんてことはない ←かなり持ち合わせている)

Alla festa, non mancavano i ragazzi che volevano conoscere le ragazze.
パーティでは、女の子たちと知り会いたい男の子たちが大勢いた(←そんな男の子たちが不足することはなかった ←かなりいた)

A: Questo fine settimana faccio una festa a casa mia. Non mancare, ok?
週末うちでフェスタするから、絶対来てよね!(←君は欠けちゃダメだよ)
B: Verra` anche Adriano?
アドリアーノも来るの?
A: Credo proprio di si`! Ad una festa lui non manchera` mai!
きっと来るよ!アイツはフェスタには必ず顔出すからね!(←フェスタ好き ←フェスタには欠かせない)

Venezia e` bellissima! Non mancate di visitarla!
ヴェネツィアってほんと綺麗だよ!絶対行くべき!(←訪れることを欠いちゃダメ)

Sei partito solo ieri, ma mi manchi gia`molto.
あなたは昨日発ったばかりなのに、すでにもう淋しい(←あなたが私に足りない)

Ehi, ciaooo!! Mi eri mancata!!!!
おぉー、チャオー!君がいなくて淋しかったよぉぉぉ!!(←君が僕に不足していた)

Mi manca una sigaretta dopo mangiato.
食べたあと、タバコが欲しくなる(←タバコが私に足りない)

Lui manca sempre alla parola data.
彼はいつも約束を守らない(←示された言葉から欠けている)

Nelle partite importanti nostro figlio non ha mai mancato il gol.
大事な試合で、うちの息子は必ずゴールを決めた(←絶対ゴールを失敗しない ←絶対ゴールから不足することはない)

A: Saluta i tuoi da parte nostra!
ご両親に我々からよろしく言ってね
B: Si`, non mancherò!
はい、必ず伝えます!(←必ずそれを果たします ←それから自分を欠かさない)





365896_a5134149349043798cc3096f8a416d67~mv2

C-O-M-P-L-I-C-A-T-O!!

やーやーこーひぃぃ!!






参考サイトはこちらこちら


crudo ナマ - 2017.09.18 Mon

P9060764 (2)

Fa troppo caldo per chiamarlo autunno!

秋というには暑すぎる!






parmafette.jpg



prosciutto CRUDO

ハム



zamrazena_riba1.jpg



pesci CRUDI





Disossati1.jpg



prosciutto CRUDO

ハム



3mori1.jpg



pesci CRUDI





14562318481.jpg



prosciutto CRUDO

ハム






Ecco, a molti giapponesi, io inclusa, la parola "crudo" fa pensare quasi all'istante al prosciutto o ai pesci freschi per fare sushi.

ハイ、そうですね。「クルード」と聞けば、プロシュット・クルード!すなわち、ハムゥー!と即答しちゃうぐらい、「クルード=生」が頭に刷り込まれている日本人(私も含めて)は多いことと思います。そうか、クルードの魚はどうもね~、なんて昔は言ってたくせに、お寿司サイコー!ペッシェ・クルード(生魚)サイコー!なんて言ってるイタリア人を見て、「クルード」は「生」ね、と覚えた方とかも多そうです。





E di conseguenza, non si capisce il significato di una frase come seguente:

なもんで、「クルード=生」に囚われている頭が、次のような文を読むと、一瞬意味が分からない。





"... ma cruda la nube pur essa fuggi`..."
(・・・しかし、クルードな雲さえも、遠くに流れ去って行ってしまった・・・)





Praticamente e` una parte della battuta dell'opera lirica di Donizetti. Mi ha portato una mia allieva per chiedermi la struttura grammaticale del libretto di essa, e quando ho letto la frase suddetta, sono rimasta bloccata per qualche secondo prima di capire il senso di "cruda".

クルード以前に、文体事態もややこしいこちらは、実はドニゼッティの歌劇の一節。オペラを歌われる生徒さんが、台本に書かれているイタリア語の文の構造を把握したいということでお持ちになったんですが、歌の節に合わせて自由自在に勝手に(?)語順を入れ替えちゃうオペラって、普通の文体にたどり着くまでに、作者がしかけた(?)謎解きがえっらい大変で、ここまでくるのに脳フル回転!
で、このクルードですよ。
クルード=生」の方程式でオートマチックにブロックされた脳は、cruda la nube → la cruda nube → 「ナマ雲」が理解できず・・・





crudo = crudele 残酷な





Ohhh, non lo sapevo che "crudo" avesse questo significato!
Ma guarda, questi due aggettivi dovrebbero sicuramente avere la stessa etimologia, ma a quanto mi sembra, non c'e` una teoria convincente in proposito.

頭を冷やすこと約10秒。
そう、crudo はこの場合、crudele 「残酷な、厳しい、むごい」という意味なんですね。ハムは一切関係なく、不遇な主人公の女性を置いて、雲さえもつれなく空の彼方に行ってしまうのね、ということでした。
それが分かって一件落着なんですが、crudocrudele。形も意味も酷似の形容詞。この二人、絶対親戚ですよね!語源が同じ親戚!
でも、ネットで見たところ、これだ!っていう説が見つからないんですよねぇ~。





Questo e` la mia semplice supposizione, ma probabilmente viene dalla freddezza delle parole o atteggiamento crudele di una persona priva di premura e accorgimento verso gli altri che fa sentire il freddo... freddo come la carne cruda!

これは単なる推測ですが、恐らくは、考える前にズバッ!と言ったり、グサッ!と相手を傷つけるような人の、その冷淡さ、冷酷さ、crudele 「冷淡な」が態度と、火の通ってない carne cruda 「生肉」のひんやり感が、両者を結びつける鍵なのではなかろうかと。




1200px-_14_-_ITALY_-_prosciutto_(leg_-_ham)_-_taglio_anatomico_della_carne_di_maiale1.jpg


O magari viene da questa crudelta`?!!



そうか、この残酷さからだったりして・・・



bucato ブカート - 2017.09.11 Mon

P9030726 (2)

La spazzatura la fai tu neeee!

あと掃除ヨロシク





L'altro giorno durante la lezione ho avuto l'occasione di provare con l'allieva quanti lavori domestici possiamo dire in italiano.

一口で「家事」と言っても、あんなことしたり、こんなことしたり、そりゃまぁ大忙しなわけですが、先日レッスンの合間に、家事をイタリア語でいくつ言えるかやってみよー!イェイイェーイ!的なことになり、生徒さんと思いつくことを並べてみました。




fare la spesa 買物をする

preparare un pasto / la cena 食事・夕食を作る

apparecchiare la tavola 食卓の準備をする

sparecchiare la tavola 食卓の片づけをする

lavare i piatti 食器を洗う

differenziare i rifiuti ゴミを分別する

buttare i rifiuti (le immondizie, la spazzatura) ゴミを捨てる

passare l'aspirapolvere nelle stanze 部屋に掃除機をかける

passare lo straccio sul pavimento 床を雑巾がけする

spazzare il pavimento 床を掃く

spolverare i mobili 家具の埃をはらう

fare il letto ベッドメーキングする

fare il bucato (la lavatrice) 洗濯する

stendere il bucato (i panni) 洗濯物を干す

ritirare il bucato (i panni) 洗濯物を取り込む

piegare il bucato 洗濯物をたたむ

stirare le camicie シャツにアイロンをかける

riordinare i vestiti nell'armadio 服を洋服だんすにしまう




Rispetto all'altro lavoro, vedo che si deve impiegare molto tempo finche` ci si possa mettere un vestito pulito!

他の家事に比べて、ビシッとアリエールな服を着用できるまでには、相当な手間が掛かることが分かりますね~




faccende.jpg




A proposito, tra queste faccende domestiche, c'e` una che mi e` sempre rimasta misteriosa, magari gia` da piu` di 20 anni.

ところで、これらの数ある家事の中で、私の頭の中に20年近く気になっているものがあります。それは、




DSC2535_51.jpg





Perché si dice "fare il BUCATO"??

なんで、「洗濯する」ことを、「BUCATO(ブカート)する」というのかってこと






03b17853.jpg


buco


無題b


avere le mani bucate 手に穴が開いてる(浪費家である)


bucatini_2015.jpg


bucatini ブカティーニ(穴開きスパゲッティ)





Si dice cosi` perche` facendo il bucato si rischia di bucare i vestiti?

bucato は、bucare「穴を開ける」の過去分詞であり、「穴の開いた」という形容詞でもあるわけですが、あんまりゴシゴシ洗濯してると、場合によっては洗濯もんに穴が空いちゃうかもしれないからなのか??




mastelli-in-legno.jpgPraticamente non ha niente a che fare col "forato", si tratta invece del mastello di legno che veniva usato per lavare i panni a mano quando la lavatrice non era stata ancora inventata. Il mastello sul fondo aveva un buco chiuso con un tappo, poi dopo aver lavato i panni si toglieva il tappo per far scorrere l'acqua dal mastello.
L'espressione "fare il bucato" quindi risale ai tempi quando si usava questo secchio BUCATO.

いやいや、そうじゃなくてですね。
遠い遠い昔、まだセンタッキなんてもんが発明されるずっと前、人々は底に穴の開いた木の桶に栓をして、手で衣類を洗い、洗い終わると、その栓を抜いて中の水をジャ~。栓をして水を貯めて、洗っては栓抜いてジャ~・・・。
「洗濯物」を bucato (穴の開いたもの)、「洗濯する」を fare il bucato 「ブカートする」と表現するのは、穴の開いた桶を使って洗濯してたことに由来するってわけですね~。





Finalmente e` stato sciolto il mio dubbio che avevo da anni!

20年抱えていた謎がやっと解けたぞ! (もっと早く調べろ) 





maschile femminile 男子女子 - 2017.08.19 Sat

P8070661 (2)

Insomma...

ふぅ~ん・・・




Lo Wikipedia dice che...
ウィキ曰く・・・



it.png

イタリア語における名詞の性

イタリア語において、名詞の性(男性・女性)の区別は、名詞そのものの意味と強い結びつきがあるわけではなく、一般的にきちんとした決まりはない。だから、なぜ domenica (日曜日)が女性名詞で、fiore(花)が男性名詞なのかを説明する説得力のある論理は存在しないのだ。(ちなみにフランス語は、これと全く逆で、le dimanche(日曜日)は男性名詞、la fleur(花)は女性名詞。とはいえ、フランス語の大多数の名詞の性は、イタリア語のそれを一致するのだが。)





Infatti...
確かに、その名詞がもつ「男女のイメージ」と、実際の文法上の性とは、全くもって関連性がないと思われ・・・




I sostantivi che sembrano femminili ma in realta` maschili:
女性名詞かと思いきや、男性名詞


il dolce お菓子
il fondotinta リキッドファンデーション
il rossetto 口紅
il gioiello ジュエリー

(余談)リキッドファンデが fondotinta「奥まで染色」かぁ・・・。確かに、肌の奥までグイグイ染めないと、色んなもんが隠し切れない今日この頃。(ううう)


I sostantivi sembrano maschili ma in realta` femminili:
男性名詞と思いきや、女性名詞


la barba ヒゲ
l'ugola 口蓋垂(つまり、喉ち○こ)
le mutande lunghe モモヒキ(ズボン下)
la brillantina ポマード




Va bene, potrei anche rispettare le regole grammaticali in quanto contro cui non posso fare nulla.

そうなんだね。うん、分かった。従う。えええっなんで?と思ってみたところで、事態は何も変わらないし。






Ma se si tratta di questo,
でもね、これを知った時はさすがに





42649.jpg




le basette!
もみあげ!




51A8E8WyrHL__AC_UL320_SR250,320_




le basette!
もみあげ!




img_21.jpg




le basette!
もみあげ!






permettetemi di dire due parole!

誰が決めたんだ、オイ!と思わず机をドンッする自分を禁じ得ませんでした!(しかも、常に複数形扱い)




capp... カップ・・・ - 2017.07.31 Mon

P7170546.jpg

Ho gia` perso ben 3g !!

もう3g痩せたよ!






Portret_Titusa.jpg

frate cappuccino カプチン修道士


377c71f2069b1dba47f10aeb701d576d889101ee.jpg

cappuccino カップッチーノ


d.png

cappotto カッポット(コート)


felpa-65260-felpa-zip-cappuccio1.jpg


cavolo-cappuccio-501a8cbf36c348_338488131.png



penna-Bic_Cristal1.jpg

cappuccio 

(゜▽゜)! (゜▽゜)! (゜▽゜)!

カップッチョ(ペンのキャップ)



non lo sapevo 知らなかった・・・


13203_large_jpg.png

Cappuccetto Rosso 

カップッチェット・ロッソ(赤頭巾ちゃん)




sostituire 取り換える - 2017.05.23 Tue

P4180239 (2)

Ciao...



18119463_1313211005398635_3371119287469580890_n.jpg

相手を変える唯一の正しい方法は
その人を替えることだ
つまり、他の人に替えるということ

Andrea De Carlo

(作家、音楽家、画家、写真家のミラノ人)


sostituire A con B

Voglio sostituire il cellulare con uno nuovo
携帯を新しいのに替えたい

Il capo ha sostituito un impiegato con un altro
上司が、従業員を一人、他の人に代えた

Dovresti sostituire il tuo computer con uno che funziona meglio
もう少しちゃんと動くパソコンに換えた方がいいじゃないかな





「変える」「替える」「換える」「代える」の違いも難しいところでありまして・・・。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (98)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (113)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (75)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}