FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-05

Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2021.05.02 Sun


無題7 


新しいテキストのご紹介です!

皆さま、こんにちは。
楽しい楽しい楽しいゴールデンなウィークをどのようにお過ごしですか!(ヤケ)
遠くに行っちゃダメ!お酒飲んじゃダメ!しゃべっちゃダメ!とダメダメづくしの中、じゃあ家でイタリア語勉強するしかないじゃん?と机に向かった、そこの貴方に朗報です。

イタリアに行くと、駅やバールや市場などの様々な場所で、自分の要望を伝えたり、人に何かを尋ねたりしなければいけなくなることも多いわけですが、どんな風に言うのが自然なんでしょう?
今回は、それぞれのシーンに合ったイタリア語表現を教えてくれるテキスト、その名もズバリ、『Come si dice? どう言えばいいの?』を仕入れましたので、ご紹介します。



IMG_0569.jpg


IMG_0572.jpg


Moar君が、バスに乗ったり、洋服買ったり、郵便局に行ったり、はたまた家を探しちゃったりもするんですが 行く先々で質問したり、希望を伝えたりして、相手がそれに応えますので、全編にわたって全て会話文です。

フレーズはどれも簡潔で、大事なポイントだけを押さえた、ぜひとも覚えておきたい表現ばかりです。
イラストも可愛いし、各場所の様子をかなり忠実に描いているので、見ているだけで現地に行ったような気分になりますよ。


IMG_0570.jpg目次はこちら。

『どう言えばいいんだろう…』
 バスに乗るには
 電車に乗るには
 バールで
 ホテルで
 レストラン、ピッツェリアで
 スーパーでで
 市場で
 銀行で
 郵便局で
 自動車整備工と
 薬局で
 救急病院で
 警察署で
 市役所で
 家を探すには
 仕事を探すには



気がつきました?気がつきましたよね!
そう、場所によって前置詞が違うことに注目~!

IMG_0573.jpg




各課には、知っておきたい、というか、知っておかなくちゃいけない情報が必ず一つ書いてあります。
ちなみに、こちらは『駅で』の情報で、「乗車券の刻印は、電車に乗る前にしなければいけません。刻印機は、駅のホームあるいは乗車券売り場にあります。」とあります。



IMG_0574.jpg



各課の最後には、練習問題もあります。
関連の単語も覚えられますね!



レベル : ページが進むにつれて難易度が上がる、という作りではなく、どの課も同等の文法レベルです。冠詞、名詞、形容詞、前置詞、規則・不規則変化動詞の現在形の人称変化の学習を終えた初級レベル以上。

レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しします。会話文の意味をしっかり理解した上で、まるでその場にいるかのように、声に出して読む練習をします(残念ながら音声教材はありません)。練習問題はご自宅でトライ。出てきた単語(たとえば、「切符売り場」「刻印機」「バス停」など)を暗記して、次のレッスンでチェック!というのも語彙が増えていいでしょう。


イタリアに行ける日がいつ来るのかは全く分かりませんが、その日が来るまでのシュミレーションとして、あらゆる場面で使える表現や単語をバッチリ身につけましょう!
ご興味がおありの方は、いつでもご連絡下さい!


Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2020.12.19 Sat


無題7 


新しいテキストのご紹介です!

年も押し迫ったこの時期に、久々に新しいテキストのご紹介です。
東京は高田馬場にある文流。日本とイタリアの架け橋として長年様々な活動をされている会社ですが、そこの洋書部に前から行ってみたくて、先日やっと果たしました。
現在の社長さんは、ミラノにいた小中学生時代の1年先輩である西村徹夫さんなんですが、何年ぶりか分からないくらい久しぶりに、それも急に行ったのに、一目見るなり分かって下さり、嬉しい反面、私ってもしかして小学校の時から顔変わってない?!とひっそり狼狽。でもそんなのおくびにも出さずにさっそく本探しに没頭しましたよ~。
散々迷ったあげく、今回は学習者の皆さんのお役にすぐ立ちそうな2冊を選びました。


PC170542.jpg




PC170544.jpg essere o avere?

イタリア語には過去時制が4つありますが、「食べました」「行きました」など、最もひんぱんに使われるのが近過去。
近過去は、「助動詞avereあるいはessere+過去分詞」で作るわけですが、どの動詞にはどっちが必要なのかがまず問題になってきます。覚えるしかないんですが、ベースになるルールはもちろんあります。
このテキストは、そんな一番大事な基本ルールを、たくさんの練習問題を通して教えてくれますよ。
でも、それだけじゃありません。それぞれの動詞の過去分詞の形はもちろん、自動詞と他動詞両方の意味をもつ動詞の助動詞は?「~したい」「~できる」「~しなくてはいけない」を表す従属動詞の近過去は?「それを見ました」など近過去に代名詞を入れる時の注意点は?近過去と副詞の位置関係は?などなど、『近過去』という時制をあらゆる面からテッテーテキに掘り下げた内容となっております。


(ヨーロッパ言語共通参照枠 A1~B1レベル)



目次はこんな感じ。
1)他動詞と自動詞、2)助動詞avere、3)助動詞essere、4)avereとessere両方をもつ動詞、などなど・・・

PC170546.jpg

PC170548.jpg


問題の一例。ただの穴埋め練習問題じゃつまんないですが、一連のストーリーになっているものの空欄に正しい助動詞を入れていき、尚且つ、その過去形にした動詞が他動詞なのか自動詞なのかを整理していくようになっているのが、とてもいいと思います。動詞の種類を把握することが、近過去のみならず、イタリア語を学習していく上でものすごく大事なことだからです。



PC170549.jpg


全て現在形で書かれている文章を過去時制にしていきます。
「生まれた」「引越した」「書いた」「始めた」などなど、助動詞essereとavereを瞬時に判断し、それに過去分詞をチャッと従える。一つの動詞につき0.3秒くらいのスピードでお願いしますよ~
イタリア語で日記を書いたり、今日やったことを人に伝えたりする時に必要不可欠なことなので、こういった練習問題でトレーニングしていくのはいいですよね。


レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しします。解答もお渡ししますので、練習問題をご自宅でやっていただいた後、ご自身で答え合わせができます。次回のレッスンで、よく分からなかった箇所や、意味を確認したい文など、何でもご質問下さい。
他の内容の学習と並行して、このテキストを少しずつ進めていくのもいいと思います。



PC170550.jpg L'italiano per l'arte
芸術のためのイタリア語

以前ご紹介した『L'italiano per la cucina 料理のためのイタリア語』に続く第2弾、今度は芸術を通してイタリア語を学んじゃおう!というテキストです。
コロッセオ、ローマのナヴォーナ広場、ボッティチェッリの『春』、ダ・ビンチの『最後の晩餐』、ミケランジェロの『ダビデ像』などなど、世界に名だたるイタリアの芸術作品10点に関する解説、歴史、専門知識や用語が所狭しと載っているんですが、面白いのは、それぞれを通して形容詞や代名詞、時制、位置関係の表現など文法事項も学べるようになっていることで、練習問題もたっぷりついています。
ダヴィデ像を使って身体の部位の名称を覚えることもできるし、アルテミジア・ジェンティレスキ作『ホロフェルネスの首を斬るユディト』の血だらけの絵では、「血」「遺体」「シーツ」などの語彙を増やすこともできますよ!

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A2~B1レベル)


目次はこちら。

PC170551.jpg

PC170552.jpg


各課はまずリスニングからスタートします。
たとえば、第一課の『コロッセオの初日』では、紀元80年、この円形競技場の完成式典を兼ねたグラディエイター同士の戦いの、臨場感たっぷりの様子を聞くことができます。その内容に関する問いの後には、人の感情を表す形容詞や、近過去と半過去の問題が(笑)

(音声を聴くには、出版元であるALMA社のHPより登録する必要があります。)


PC170555.jpg



古代ローマ時代の様々な建築様式の名称や、建物の各要素の名前も覚えられます。
テキストと百科事典を兼ねている感じ?


PC170554.jpg




絵の中央にはヴィーナスがいて、彼女の上にはキューピットがいて・・・。
ボッティチェッリの『春』を題材に、まさかの位置関係表現の習得だ!


PC170558.jpg


トンマーゾはクルクルヘアーで髭づら、イエスを見つめて指を天に向け、シモーネはハゲで髭づら、手を広げて驚きのポーズをしている・・・。さー、どの人のことを言ってるでしょうか?
今度は、畏れ多くも『最後の晩餐』のメンバーを使って、見た目やしぐさをイタリア語で言えるようにしようって?

ちなみに、これの次のページには、各自のセリフは次のうちのどれでしょう、という、これまたナイスな練習問題が控えています。



レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しします。ご自宅でじっくり読まれて、イタリアの芸術作品の世界に浸って下さい。練習問題の解答もお渡ししますので、ご自身で答え合わせをした後、内容や意味を確認したい箇所などがありましたら、レッスン時に何でもご質問下さい。
このテキストでレッスンするというよりは、趣味として、楽しみながら芸術を学ぶのに適していますので、他の内容の学習と並行して、こちらを少しずつ進めていくのがいいと思います。
ヨーロッパ言語共通参照枠の一番下から2番目のA2~となっていますが、リスニングや長文の内容は、歴史的背景のある専門用語や、日常使わないような単語も多いので、辞書はたくさん引くことになるでしょう。文法的にも中級レベル以上、実用イタリア語検定3級以上、そしてなんといっても、イタリアの建築や絵画、彫刻が大好きな方に向いていると思います。



以上、新しく導入した2冊のテキストのご紹介でした。
ご興味がおありの方は、いつでもご連絡下さいね!

高田馬場「文流」はこちらです。
ビル2階の小さなドアをくぐると、膨大な数のイタリア語書籍がドドーンッ!と並んでいてビックリします。そこに立つと、まるでフィレンツェのFertrinelli書店にいるよう・・・
ぜひ皆さんも行かれて下さいね!


Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2020.09.01 Tue

無題7 

レッスンお休みのご連絡

下記日時は派遣業務のため、通常のレッスンをお休みさせていただきます。何卒ご了承下さい。

9月29日(火)13:00~16:00
9月25日(金)終日

10月以降も業務が入る予定ですが、レッスンお休みの詳細はまた追ってご報告致します。

Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2020.05.19 Tue

無題7 


新しいテキストのご紹介です!

ハイ、またまた新しいテキストのご紹介ですよ~。
もうね、イタリアに行けないどころか、地元の書店もコロナのせいで臨時休業だし、都会の大きい書店にも行くのを憚られるご時勢なので、ネットで買うわ買うわで勢いが止まりません。


IMG_5807.jpg


今回ご紹介するのは、『passato prossimo e imperfetto 近過去と半過去』と、『100 dubbi di grammatica italiana イタリア語の100の疑問』の2冊です。



IMG_5808.jpg Passato prossimo e imperfetto
近過去と半過去

まずはこちら。入門から初級に進んだあたりで、誰しもがブチ当たる最初の壁、近過去と半過去の使い分け。
「食べた」と「食べてた」の違いは分かる。「寝た」と「寝てた」も分かる。じゃあ、「綺麗だった」「いい天気だった」「人がたくさんいた」はどっち??
この本は、まずは近過去の用法をかなりの量の例文や練習問題でもって叩き込み、それが終わったら次は半過去を徹底的に押さえ、そして最後に両者の使い分けをこれでもか!と問うてきます。イタリア語のレベルA1からB2を網羅しているので、基本の「き」からスタートして、最後はかなり複雑な内容となっています。
近過去と半過去を制す者は、ある一定の日常会話を制す!と私は勝手に思っているんですが、逆を言えば、関係代名詞とか命令法とか、そんなの覚えろとは言いませんから、せめて近過去か半過去か!キンかハンか!はマスターしましょうね、と強くお願いする次第です。

両者の使い分けを日本語で学習され、さらに知識を深めたい方に向いています。解説や問題文も全てイタリア語ですので、ある程度読める必要があります。

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A1~B2レベル)


IMG_5811.jpg



目次は至ってシンプル!

1)近過去を使った過去
2)半過去を使った過去
3)近過去それとも半過去?
4)近過去と半過去について他に知っておくべきこと

以上。



最初は、近過去の過去分詞の形や、助動詞の使い分けなど、ごく簡単なことからスタートします。

IMG_5809.jpg

終わりの方になってくると、使われている単語もやや難しくなってきて、やり応えバッチリです!

IMG_5810.jpg


レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しします。練習問題をご自宅でやっていただき、次回のレッスン時に答え合わせと、内容の解説を致します。他の内容の学習と並行して、このテキストを少しずつ進めていくのもいいと思います。



IMG_5812.jpg 100 dubbi di grammatica italiana
イタリア語の100の疑問

2冊目のこちらは、タイトルが示しているように、イタリア語を学習していく中で湧いてくる(ことが多いと思われる)100個の疑問に答えてくれるテキストです。
たとえば、「定冠詞?不定冠詞?」「arancie? arance?」「Ho voluto? Volevo?」「ピリオド?カンマ?コロン?」などなど、恐らくは多くの学習者が、あれれ?これはどうなってるんだっけ?と疑問に思うことを解説してくれて、それに関する練習問題がそれぞれ載っているという、痒いところを掻いてくれる孫の手のような内容です。
A1からC1、つまりは、6段階のレベルのうちのトップを除いた全てを網羅しているので、文法事項の学習をほとんど全て終えられた方が、細かいところも押さえておきたい場合、あるいは、初級~中級の方が、文法学習と並行して関連事項を把握するのにも向いています。

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A1~C1レベル)


IMG_5814.jpg

冠詞関連の 「il vs un」「il vs lo」から始まって、形容詞と副詞がゴチャゴチャしがちな「molto vs molti」「meglio vs migliore」、頭が痛い定番の「ci vs ne」などなどなど・・・


複数形になると、男性名詞と女性名詞の2パターンあって、それぞれ意味は同じだったり、全く違ったり・・・。
個人的にワタクシ、これ苦手です。

IMG_5816_20200519131340e7c.jpg

他動詞のfareと、使役のfare+不定詞。イラストがあると分かりやすいですね~。

IMG_5817.jpg


レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しします。各項目の解説部分をレッスン内で勉強し、練習問題を宿題としてご自宅にお持ち帰り下さい。次回のレッスン時に答え合わせと、内容の解説を致します。他の内容の学習と並行して、このテキストを少しずつ進めていくのもいいと思います。「100の疑問」ですので、知りたい項目のみをピックアップすることももちろん可能です。


ねこ2


以上、「近過去・半過去」と「100の疑問」のテキストのご紹介でした。
ご興味がおありの方は、いつでもご連絡下さいね!



Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2020.04.29 Wed


無題7 



新しいテキストのご紹介です!


2、3年前にイタリアで仕入れてきた「イタリア料理」に関するテキストと、つい数日前にオンラインで手に入れた「実践イタリア語」のテキストをご紹介します。
コロナがなかったら現地で仕入れるつもりでいた書籍を、こうなったらネットで買ってやるぅーっ! と次々購入中です。皆さまのレッスンが、もっと楽しく、もっとバリエーション豊かになれば嬉しいです。



P4281246.jpg



P4281252.jpg italiano in pratica
- per comunicare in ogni situazione

『あらゆる場面で使える実践イタリア語

人と会う約束をしたり、お祝いを言ったり、店で要望を伝えたり…。実践ですぐに役立つ表現や語彙がギッチリ詰まったテキストです。
全部で20課から成り、各課に覚えたい表現、練習問題、復習問題、リスニング問題があり、すぐにでも使ってみたい表現や語彙を学びながら、文法事項の復習もできます。リスニングは、出版元のALMA Edizioniが配信しているビデオが教材になっているので、イタリア語を聞きながら映像も楽しめます。
イタリア旅行の準備としてはもちろんのこと、イタリア人との自然なコミュニケーションを図る上でも、ぜひ仕上げたい1冊です。

名詞、冠詞、直接法現在・近過去・半過去など、基礎文法学習を終えた方が対象。

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A1/A2レベル)


P4281253.jpg 
1課 チャオ?ブオンジョルノ?

2課 自己紹介と人の紹介

3課 バール、レストランにて

4課 何時ですか?

5課 何日ですか?何曜日ですか?

6課 美術館は遠いですか?

7課 天気はどうですか?

8課 いくつ要りますか?

9課 おめでとう!

10課 家族

などなど・・・



まずは挨拶から。

P4281254.jpg

それぞれの場面に関連する語彙もいっぱい!

P4281256.jpg


レッスン方法: 毎回各課のコピーをお渡しして、テーマになっている表現や文法を解説します。その後、練習問題をやり、終わらなかった場合は宿題としてご自宅でやっていただき、解答もお渡ししますので、答え合わせをしてみて下さい。疑問点は次回のレッスン時に解説します。リスニングは、レッスン時にご一緒にビデオを見て、どれくらい分かったかをチェックしましょう!
もちろん、各課に出てくる表現を使って、実際の会話練習も行います。



P4281247.jpg L'italiano per la cucina
『料理のためのイタリア語

イタリア料理を作ったり食べたりするのが大好きな人にはたまらない1冊です!
切る、刻む、スライスする、焼く、煮る、蒸す…といった調理用語から、パスタやチーズの種類、野菜や食品の名前、はたまたブーちゃんの部位の名称に至るまで、イタリア料理にまつわることがギッシリ詰まっています。写真やイラスト満載なので、分かりやすいことこの上ないです!
全部で12課から成り、各課は、2、3ページにわたる会話文からスタートし(リスニングに音源有り)、文法事項と調理用語に関する練習問題が続きます。知っておくと嬉しいお役立ちメモもあちこちに施されていて、読むだけで楽しいです。
課ごとに、カプレーゼやカルボナーラ、リゾットミラネーゼなどのレシピが載っていて、手順がイラスト入りで説明されているのでひと目で分かり、料理とイタリア語が同時に学べてしまいます!しかも、その調理方法は、出版元のALMA Edizioniが配信している動画もあるので、リスニングの勉強にもなります。

比較級、関係代名詞、目的語代名詞など、初級~中級の文法学習を終えた方が対象。

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A2/B1レベル)


まずは、長文(会話中心)からスタート。

P4281249.jpg

料理に関する語彙もいっぱい!

P4281251.jpg

文法の練習問題もいっぱい!

P4290001.jpg

ピッツァの作り方をイタリア語で説明するとこうなります、という視点で読むのも面白いですよ!

P4281250.jpg


レッスン方法: まずは出だしの会話文を聴いてもらい、どのくらい分かるかにチャレンジしてもらいます。その後、スクリプトを読みながら内容を把握します。毎回テキストのコピーをお渡ししますので、練習問題は宿題としてご自宅でやっていただき、次回答え合わせを兼ねて、文法事項や表現の解説をします。各課の最後にあるレシピ動画のURLをお教えしますので、リスニング練習も兼ねて、ご自宅でお楽しみ下さい。


以上、「実践イタリア語」と「料理イタリア語」のテキストのご紹介でした。
ご興味がおありの方は、いつでもご連絡下さいね!



seminario vini 第一回ワイン講習会  - 2020.02.03 Mon


 Vi comunico che due giorni fa Pakkun IV e` salita al Cielo...
Questo blog e` sempre caraterizzato da Pakkun I, II, III e IV ormai da piu` di 20 anni
ma sospendo momentaneamente la pubblicazione delle sue foto
perche` mi rendono triste

2日前、ぱっくんが天に昇りました・・・
このブログを始めた20年前から、ブログの冒頭には代々のぱっくんの写真を欠かさず載せてきましたが、
写真を見ると今はちょっと哀しくなってしまうので
一時的に掲載をやめようと思います
  





Sabato scorso si e` tenuto il seminario di vini italiani organizzato da Monte Bussan, uno dei piu` antichi importatori giapponesi di prodotti alimentari italiani. E` stato un seminario esclusivamente per i miei studenti d'italiano realizzato grazie ad una mia vecchia collega di questa ditta.
Ci hanno partecipato 8 allieve, la maggior parte delle quali non si intendono dei vini, anche se li amano bere, ed e` stata la prima volta che hanno imparato come viene prodotto il vino e come lo si degusta in maniera corretta.

この前の土曜日、モンテ物産さんの全面協力の元、第一回ワイン講習会を開催することができました。
モンテ物産といえば、イタリア食材とワインの老舗輸入商社ですが、私がむかーしむかーし勤めていた時の同僚のKちゃんが、「ワイン講習会とかやったらいいんじゃないの?」と、おしゃべりの合間にひょいと言ってくれたことがきっかけで、直営アンテナショップ『CA'MONTE』の店長である桝田さんと、ソムリエの川合さんのご協力を得ることができ、Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん対象のイタリアワイン勉強会が実現しました!うー、夢みたい!
ご参加いただいた8名の皆さまは、もちろんイタリアワインが好きだけど、製造過程や種類、テイスティング方法などなどをちゃんと勉強したことはない方がほとんどで、初めて知ったことも多かったのではないかと思います。



Studiano con passione ascoltando quello che spiega la sommelier Kawai.
川合さんの説明に熱心に耳を傾ける皆さん。

IMG_4691.jpg

La signora Masuda, la proprietaria del negozio-sala d'esposizione CA'MONTE.
『CA'MONTE』を最初から立ち上げた、店長の桝田さん。店内にズラ~!と並ぶワインの数々。これだけの規模、これだけの品数を取り仕切るってスゴ過ぎます!尊敬!

IMG_4666.jpg

Grazie anche a tutti gli staff!
スタッフの皆さまもありがとうございます!

IMG_4669.jpg

Abbiamo studiato la tipologia di vino, il percorso di produzione, la caratteristica di ogni tipo, il clima diverso delle regioni italiane, ecc, e dopodiche` e` cominciata la degustazione.
"Ha un colore giallo chiaro con un profumo di agrumi, sa leggermente di pompelmo..."
Mamma mia, quanto e` difficile esprimere l'apparenza, il colore, il profumo, il gusto del vino! Non solo io ma tutte le partecipanti sono state meravigliate dalla ricchezza di vocaboli della sommelier!

ワインの種類、基本的な製造方法、イタリアワインの特徴、イタリア各地の気候の特性などを勉強した後、いよいよテイスティングです。
「淡いクリーム色に、ほのかにグレープフルーツを思わせる柑橘系の香り、しびれる泡立ちの余韻は・・・」
嗚呼!ワインの色・香り・味わいを言葉で表現するってなんて難しいんでしょう! 「ちょっと黄色でおいしい」ぐらいしか出てこない自分に改めて呆れながら、ソムリエさんの語彙と表現力の豊かさに心から感服致しました。

IMG_4673.jpg

Siccome e` stata la prima occasione, abbiamo scelto un tema del vino non troppo specializzato ma abbastanza generico, e la signora Masuda e la sommelier Kawada hanno scelto 6 vini, 3 bianchi e 3 rossi, tipici della ogni regione: settentrionali, centrali e meridionali.

ワイン講習会のテーマというものは、地域、種類、ブドウ品種、製造方法、メーカーなど多岐に亘るそうなんですが、今回は初回なので、あまり複雑で専門的な内容ではなく、シンプルにしようということで、イタリアを北部・中部・南部と3つに分け、それぞれの地域の代表的な白と赤をそれぞれ3本ずつ選んでいただきました。

IMG_4692.jpg

Prosecco Superiole Conegliano Valdobbiadene Brut (Veneto)
Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico (Marche)
Vermentino di Sardegna (Sardegna)
Barolo 2015 (Piemonte)
Solato del Tani Chianti Classico 2016 (Toscana)
Rocca dei Leoni Aglianico 2014 (Campania)

IMG_4680.jpg

All'inizio sembrava che facessero fatica a distinguere ed esprimere la differenza, ma man mano che li degustavano, capivano la caratteristica tipica che ha ogni vino.

最初のうちは、それぞれの違いを見分け、それを表現するのに皆さん苦心していましたが、 意識して試飲し続けるにつれて、それぞれがもつ際立った特徴が徐々に分かってきたと見えて、発言も少しずつ増えていったような気がします。

IMG_4686.jpg


Insomma, e` stata una bellissima esperienza per tutte le partecipanti, e anche per me stessa, aver potuto acquistare almeno una parte delle conoscenze di base del vino italiano che abbiamo sempre bevuto troppo spensieratamente.
Ci piacciono cosi` tanto i vini italiani e quindi sarebbe un peccato non saperne nulla.
Detto cio`, questo corso di vino avra` luogo ancora nei prossimi mesi!

モンテ物産の皆さまのお陰で、2時間の講習会はあっという間に終了しました。参加者8名様にとっても、私自身にとっても、いつも何も考えずに呑気に飲んでるだけだった(私だけ?)イタリアワインの基礎知識を学べたことは、本当に貴重な経験でした。
せっかくイタリアワインがこんなに好きなんだから、何も知らないのはもったいないですよね。
というわけで、色々な方々のご協力を得て、このワイン講習会は今後も続きます!また告知しますので、お楽しみに~!


モンテ物産株式会社

monte.png

直営アンテナショップ CA'MONTE

tokyo_img_05.jpg

表参道界隈に行くことがありましたら、ぜひお立ち寄り下さい!
店内に所狭しと並んだワインから、購入したものをその場でいただくことができますよ。
そして、残ったものは持ち帰れるようにしていただけます。
店内でいただけるチーズやハムも美味しい~♬♪

レッスンお休みのご連絡 - 2020.01.31 Fri

無題7 

レッスンお休みのご連絡

イタリア渡航のため、下記の期間のレッスンをお休みさせて頂きます。何卒ご了承下さい。

3月26日(木)~4月13日(月)

出発前は3月25日(水)まで、帰国後は4月14日(火)より、通常通りレッスンのご予約を承ります。

年末年始のレッスンお休みのお知らせ - 2019.11.01 Fri

無題7 

年末年始は下記の期間、お休みを頂きます

12月29日(日)~1月3日(金)

1月4日(土)のレッスンよりご予約を承ります。

Circolo Massimoイタリア語教室からのお知らせ - 2019.08.17 Sat

無題7 



新しいテキストのご紹介です!

昨年イタリアで仕入れた「旅行会話」のテキストと、先日手に入れた「接続詞」のテキストのご紹介です。


P8140999.jpg 旅行会話

その名も、Facilissimo - corso rapido di italiano per turisti 『超簡単-旅行者のためのイタリア語速習講座』です。
旅行といっても、どこに行ったってやはり挨拶は大事なので、第1課は挨拶や自己紹介の会話文でスタートです。それに引き続き、駅で電車の発着について尋ねたり、ホテルにチェックインしたり、バールでカフェを頼んだり、レストランで注文したり、イタリアに出かけたらすぐにでも役立つ会話文、大事なフレーズ、それに関連する練習問題が満載です。(なぜか、「仕事を見つける→面接する」という課もあって、その辺は少し謎です
ホテルの部屋を替えてほしいとか、もし体調不良になった時の症状説明とか、起こらない方がいいけど、万が一のための会話文も載っています。会話文は全てヒアリング教材もあります。

文法や語彙レベルとしては、A1(実用イタリア語検定でいうと5級、4級)ですが、イタリア旅行を控えていて、速攻で色々な表現を知っておきたい、とお考えの方にも有効かと思います。

(ヨーロッパ言語共通参照枠 A1レベル)


P8141001.jpg


レッスン方法: 毎回、ぶっつけ本番で会話文のリスニングに挑戦していただきます。2、3度聴いた後、スクリプトを読んで内容を把握し、重要単語やフレーズをチェックし、それを元に、まるでイタリアにいるような気分でシュミレーション会話の練習をします。その後に関連の練習問題を行います。
イタリア旅行を間近に控えていらっしゃる場合などは、必要な場面だけをピックアップして学習することももちろんできます。



P8141000.jpg Congiunzioni 接続詞

「~する時」「~なので」「~する前に」「たとえ~でも」などなど、文を構成する上でなくてはならない接続詞ですが、「AとB」「AあるいはB」などの簡単なものからスタートして、接続法と共に使うやや難しいものまで、これだけ覚えておけばバッチリ!というたくさんの接続詞が1冊にまとまっています。A1/A2(初級)、B1/B2(中級)、C1(上級)の3レベルに分かれていて、各セクションごとに総合練習問題が用意されているので、学習したことの力試しができるのも励みになります。
中級ぐらいまでの文法学習を終えた段階で、より自然で滑らかな文章を作れるようにA1~B2を勉強したり、条件法や接続法まですでに学習された後、A1~C1を改めておさらいして、接続詞の使い方をガッチリ押さえておくのにも絶対役立ちます。

(ヨーロッパ言語共通参照枠A1~C1を網羅)


P8141004.jpg
同じ単語でも使い方によって意味が違ったり、後に続くのが直接法だったり接続法だったり。50を超える必須接続詞がズラ~リ。
使い方がよく分からないものをピックアップして、それだけ勉強する、というのももちろんありです!



レッスン方法: 毎回テキストのコピーをお渡しし、各項目の解説を致します。練習問題は宿題としてご自宅でやっていただき、次のレッスンで答え合わせをして、不明な点はどんどんご質問いただいて、その場で解決していきます。学習した接続詞を使って文を作る練習ももちろんしていきます!





新規の方はもちろん、現在すでにレッスンにおいでいただいている方々も、上記のテキストにご興味がありましたら、ぜひご連絡下さい!
皆さまのお越しをお待ちしております!!b_body_jump (2)


proposta libri 本のご提案 - 2018.11.14 Wed

PB130724.jpg

Eccomiiiiiii!

フーちゃんだよ~ん!





E` passata una settimana dal rimpatrio e mi sono quasi ripresa sia fisicamente che mentalmente.
Perche` mentalmente?
Perche` durante il viaggio di questa volta ero costretta a rinchiudermi in casa o in albergo quasi due terzi dell'itinerario totale a causa di quella maledetta pioggia!!

無事帰還して1週間が経ち、体力的にも精神的にもだいぶ回復してきました。
なぜ、精神的か。
だって、今回は旅程のほぼ3分の2が雨に祟られ、毎日、家の中か宿の中でメンタル的にはしょんぼり体操座り。テレビ見たり、おしゃべりしてたら、あら今日も日が暮れた、みたい状態が続いて、それももちろん楽しかったけど、予定してたことの大部分ができませんでしたねぇ。




Pero` anche quello e` un'esperienza.
Non solo una buona pizza sul tavolo all'aperto, un gelato in mano sotto il sole, una bella passeggiata con il venticello e` l'Italia, ma il TEMPOLARE, il cielo completamente COPERTO, camminare tutta bagnata sotto la PIOGGIA TORRENZIALE e` anche l'ITALIA, giusto?
In ogni caso sarebbe importante conoscere tutti e due i lati opposti di una cosa, almeno credo...

でもね、それも経験。
オープンテラスでピッツァ頬張ったり、太陽の下でジェラート食べたり、風に吹かれて散歩したりするだけがイタリアではなく、雷雨だったり、どよよーんと曇り空だったり、ドシャ降りでズブ濡れになる。それもイタリアなのだっ!
何事につけても、両面知っておくのは大事なことではなかろうかと思うのです。




Tuttavia, c'e`stata una cosa (almeno!) di cui mi sono accontentata: ho avuto molto tempo per stare in libreria (ovvio!) e ho potuto comprare dei bei libri di grammatica per i miei allievi.
Ora mi metto subito a presentarglieli!

そんな中にあって、1つ(せめて)満足のいくことがありました。
当然の成り行きとして本屋にいる時間も長かったので、これはぜひ欲しい、と狙っていたテキストの多くを買うことができました。きっと楽しいレッスンが展開できると思いますので、早速ご紹介です!



PB130703.jpgリスニングに特化したテキストで、レベル別に3シリーズ

会話を聞いて問いに答え、大事な文法項目や関連事項の練習問題を通して、日常よく使う表現や語彙を覚えていきます。

会話文は、テキスト用に録音されたものというより、ネイティブ同士の日常会話が、ごく自然な、まさにそのままのスピードで録音されていて、周囲の雑音や、話し手のクセのある発音や訛り、かすれ声などもそのまま入っています。少々聴き取りにくくさえありますが、会話というのはそのぐらいの環境で成されるものなので、その対応力を鍛えるように作られているようです。

細かい部分まで全てを聴き取るのは難しいかもしれませんし、またその必要もないと思いますが、何度も聴いて耳をトレーニングし、このスピードで内容の大筋をつかめるようになれば、ヒアリング力に自信がもてるはずです!


PB130696.jpg


初級~中級

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のA1,A2ですが、会話の内容やスピードはかなり難しく感じるかもしれません。でも、イタリア語で基本的な会話をするには、このぐらいに慣れておく必要があるでしょう。

近過去・半過去ぐらいまでの学習を終えて、ヒアリングに関して言えば、実用イタリア語検定でいうところの3級、あるいは準2級をこれから目指そう、というぐらいのレベルです。(これで耳を鍛えておけば、3級や準2級は簡単に思えると思います)


PB130700.jpg

文法項目:アルファベット、形容詞、直説法現在、前置詞、条件法現在、直接・間接.目的語代名詞、近過去、半過去、命令法など




PB130698.jpg


中級~上級

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のA2, B1。実用イタリア語検定準2級、2級が目安。

シリーズ1同様、会話文のスクリプトも全て載っていますので、リスニングの練習と合わせて読解のトレーニングにもなります。CILS試験B1を目指している方にも適しています。


PB130699.jpg





文法項目:代名詞、大過去、前置詞、命令法、歴史的現在、関係代名詞、非人称、条件法過去など


PB130701.jpg


上級~最上級

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のB2、C1。実用イタリア語検定2級、1級が目安。

インタビューやラジオ番組、知り合い同士の少し込み入った話など、日常会話とは違う、より高度な内容になっています。
CILS試験B2を目指している方に適しています。


PB130702.jpg





文法項目:接続法、ciとne、使役、受身、慣用句、方言など





PB130707.jpg


旅行で使える表現を短期間で学びます!

各課で出てくる12のシーンの会話を聴き取り、関連事項の解説を読み、旅行中に使えそうな表現を練習問題を通して学習していきます。
覚えておきたい単語や、イタリアの文化や生活習慣が、写真とイラストをふんだんに使って解説してあり、見ているだけで楽しくなります♪

文法としては、初級~中級向けですが、上級の方でも旅行に役立つ情報がいっぱいです。




PB130708.jpg

レッスン0:挨拶
レッスン1:自己紹介
レッスン2:人にものを尋ねる
レッスン3:ホテルを予約する
レッスン4:ホテルにチェックインする、その他
レッスン5:バールで注文する、道を訊く
レッスン6:レストランで注文する
レッスン7:ネット環境関連
レッスン8:カードのトラブル、荷物を送る
レッスン9:電車、タクシーに乗る、天気予報
レッスン10:市場、洋品店で買物する
レッスン11:体調不良
レッスン12:就職活動


PB130704.jpg

この1冊でイタリア料理と、お料理関連のイタリア語レベルがグッとアップしそうです!

調味料や食材、調理器具、料理の名称、調理する時の動詞、味覚に関する形容詞、レシピなどなど、料理全般に関するあらゆることが学べます。
料理に関連付けた会話文のリスニングや、文法の練習問題、長文読解も豊富。料理の作り方や物の名称は写真やイラスト入りで、楽しいことこの上ありません!

文法としては中級向けですが、1つの読み物としてどなたにも楽しんでいただけると思います。



PB130705.jpg

レシピ1: caprese, bruschetta
レシピ2: pappa al pomodoro
レシピ3: spaghetti al pomodoro
レシピ4: bucatini all'amatriciana
レシピ5: trofie al pesto
レシピ6: pizza margherita
レシピ7: risotto alla milanese
レシピ8: ragu` alla bolognese
レシピ9: lasagne
レシピ10: tortellini
レシピ11: parmigiana di melanzane
レシピ12: tiramisu`



というわけで、今回仕入れてきた本のご紹介でした。
このテキストで勉強してみたいな、と思われた方はご連絡下さいね。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}