FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-05

contatto 接触 - 2021.03.15 Mon

IMG_0341.jpg

La mattina mangia da matti

朝は飢餓状態

(continua a covare le uove finte ギランまだ温めてます)



Molto probabilmente i lettori italiani mi direbbero "Ma cosa c'è di difficile? È ben chiaro, no?"
Ma purtroppo è più difficile, anzi più complicato, di quanto immaginino.

「これのどこが難しいの?いたって分かりやすいじゃん?」とネイティブはきっと言うでしょう。
でも、彼らが思うより難しいんです。というか、ややこしいんです。




contattare qlcu ~に連絡をとる

Ho contattato una mia amica universitaria dopo tanto tempo.
久しぶりに大学の友だちに連絡をとった


ハイ、これは他動詞の contattare。日本語では「~に連絡をとる」とも「~と連絡をとる」とも言うけど、いずれにせよ他動詞だから「~に」や「~と」にあたる前置詞を入れてはいけません。「彼女に連絡をとった」であれば、L'ho contattata。タッタ~タ♪


mettere A a contatto con B AをBにくっつける、AをBに接触させる

Ho messo i mobili a contatto con le pareti
家具を壁にくっつけて設置した


contattoは「連絡、コンタクト」である前に「接触」なので、AとBをピタッと接触させる場合はこういうんですねぇ。


mettersi in contatto con qlcu ~に連絡をとる

Mi sono messa in contatto telefonico con i miei.
電話で両親に連絡をとった

prendere contatto con qlcu ~に連絡をとる

Ho preso contatto con il mio avvocato.
弁護士に連絡をとった


この2つは、動詞contattareと意味は同じですね。だけど、再帰動詞 mettersi + in contatto に対して他動詞 prendere + contatto ってところが、なんか試されてるようでヤな感じ!


essere in contatto con qlcu ~と連絡が取れている

Siamo in contatto con il migliore medico della regione.
州で一番の医者と連絡が取れている


こちらは essere なので、これから連絡するんじゃなくて、すでに連絡がとれている状況にあるってことでしょうね。
「最近、親と連絡とってないんだよね~」っていうのもこれですね。


rimanere in contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

Vorrei rimanere in contatto con te. Sei su Facebook?
あなたと連絡を取り続けたいんだけど、Facebookやってる?

tenersi in contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

Mi tengo ancora in contatto con tutti gli amici che ho conosciuto durante il viaggio.
旅行中に知り合った友だちとは全員、いまだに連絡を取り続けている

mantenere il contatto con qlcu ~と連絡を取り続ける

È difficile mantenere il contatto con i compagni delle elementari.
小学校の友だちと連絡を取り続けるのは難しい


一方この3つは、一度連絡をとった人と、今でもやりとりを続けている、という意味ですね。rimanere「とどまる」、tenersi「保つ」、mantenere「維持する」ですもんね、contattoを継続的に持ち続けているのだと。


venire a contatto con qlcu ~と連絡をとることになる

È venuto a contatto con la persona risultata positiva al virus.
彼は、ウィルス感染で陽性になった人と接触することになってしまった

entrare in contatto con qlcu ~と連絡をとることになる

Cosa devo fare se sono entrato in contatto con un positivo?
陽性者と接触することになったら、どうするべきなんだろう。


妙にタイムリーで現実的な例文ですが。
mettersi、prendere、rimanere などとは違って、こちらの2つは venire と entrare ですからね。そんな状態の中に「やってきた」り「入ってきた」りするわけなので、「そういう結果になる」といった意味合いになりますね。上の例文は、2つとも、「連絡をとる」ではなく「接触する」という意味で使われているので、「感染者と接触する結果になった」と考えればいいかな。
もちろん、Come sei entrato in contatto con il professore Rossi?「ロッシ先生と、どうやって連絡取れるようになったの?」なんていうのもありますよー。


stare a contatto con qlcu/qlco ~と触れ合う

Abbiamo potuto stare a contatto con la natura.
私たちは、自然と触れ合うことができた


stare だから、その中にジ~ッとしてる感じ?


avere contatto con qlcu ~と接触する、~と関係をもつ

Non voglio avere contatto con quelle persone.
あの人たちとは関係をもちたくない


これは分かりやすい!avere contatto だからそのまんま「接触をもつ」。
あ、となると、またもや Ho avuto contatto con un positivo 「陽性者と接触をもった」もありということで。



contatto.jpg



Ricapitolando...
まとめると・・・


mettersi in contatto con...
prendere contatto con...
essere in contatto con...
rimanere in contatto con...
tenersi in contatto con...
mantenere in contatto con...
venire a contatto con...
entrare in contatto con...
stare a contatto con...
avere contatto con...





Ora non mi va più di avere contatto con "contatto".
ふぅ・・・。しばらくコンタクトとはコンタクト取りたくないって感じ



Devo dire 言わなくちゃいけない - 2021.01.17 Sun

IMG_0011.jpg

Devo dire che preferirei la mela
piuttosto che il mandarino...

ほんとはミカンよりリンゴの方がいいんだけどなぁ・・・





C'è un'espressione in cui m'imbatto spesso, la traduzione in giapponese della quale è a volte facile ma a volte no.

イタリア語を読んだり聞いたりしている最中に、とってもよく出くわす表現があります。その日本語訳は、時に簡単で、時に難しく。




Si tratta di:
それはなにかというと、



devo dire



Mi capita davvero spesso di vederla e sentirla, e ogni volta che la incontro, mi fermo un attimo a pensare come sia la traduzione più appropriata.

devo dire って、直訳すると「私は言わなくちゃいけない」だけど、それじゃどーも変、っていう文が結構多くて、このデヴォディーレに出会うたびに、どう訳すのが適切か、しばし悩んだりします。



Ieri ho visto un film. Beh, non è stato tanto divertente devo dire.
昨日映画見た。うーん、正直なところ、あんまり面白くなかった。(面白くなかったと言わざるを得ない

Devo dire che davvero non la capisco.
言わせてもらえば、彼女のことは本当に理解できない。(理解できないと言わざるを得ない


Questi sono abbastanza facile da capire perché ci fanno pensare che il parlante in teoria non avrebbe voglia di dire una cosa negativa, ma non ne può fare a meno, quindi "deve dire per forza" che il film era noioso e che lei è una ragazza incomprensibile.

これはまだ分かりやすいですよね。「面白くなかった」「理解できない」なんていうネガティブなことは本当は言いたくないんだけど、言わざるを得ない、という気持ちが伝わってきますもん。言いたかないけど、言うしかない。だから devo dire。


Il mio nuovo appartamento è molto più piccolo di quello prima, ma devo dire che è comunque tranquillo e confortevole
私の新しいマンションは、前のよりずっと小さいけど、まあ確かにとりあえず静かで快適かな。

Devo dire che a scuola ero abbastanza bravo.
言わせてもらうと、僕は学校ではかなり出来が良かったんだ。


Un po' diversi da quelli primo e secondo, ma posso capire il senso. Il parlante non è tanto tanto contento del suo nuovo appartamento ma si sente di dover accontentarsi dell'ambiente tranquilla, e quello dopo, lui esita a vantarsi della propria bravura, ma si permette di dirlo con un'aria un po' orgogliosa.

初めの2つとはちょっと違うけど、これもニュアンスは分かりますよね。新居にすごく満足しているわけじゃないけど、まぁ静かな環境を良しとしなくちゃいけないかな、っていう dovere。その次のは、自分のことを出来が良かったなんて、自分で言っちゃうのもなんだけどぉ。え?いいから言えって?そう言うなら言わざるを得ないけど、の dovere。



Il problema è i seguenti usi.
問題は次です。



Questo è il risultato finale della torta, devo dire che sono molto soddisfatta!
これが出来上がったケーキ。正直すっごく満足!

Devo dire che non sono venuti male.
正直、出来上がりは悪くないと思う(むしろ良い出来だ)。

E devo dire che sembrano essere davvero prodotti interessanti.
本当のところ、実に興味深い製品に思えます。

Devo dire che sono un po' emozionato.
本当のところ、ちょっと感動してます。

Ma devo dire che stai benissimo.
いや、マジで元気そうだね。(そう言わずにはおれない←?)

Mi piace camminare, devo dire.
私は歩くのが好き、本当に

Bene, devo dire.
いいと思う、実に


Nessuna frase suddetta ha una sfumatura d'imbarazzo, né d'esitazione, né di compromesso, anzi, tutte hanno una nuance positiva, spontanea e attiva.
In questi casi sembrano che abbiano dei significati come "veramente", "onestamente", "a dire il vero", "potrei dire che", e così via, per cui ogni frase ha bisogno di una traduzione adeguata in giapponese.

上記の文のどれをとってみても、「ほんとは言いたくないけど、言わざるを得ない」といった、戸惑いや躊躇、妥協を感じさせるニュアンスは皆無。それどころか、「すごい満足」だの「実に興味深い」だの、至ってポジティブで積極的!みんなニコニコ嬉しそう!それなのに、dovere という、どこか強制力を匂わす動詞を使って、devo dire 「言わなくちゃいけない」と表現するところがめんどくさい。
これらは皆、veramente 「本当に、実に」、onestamente 「正直に」、a dire il vero 「本当のところ」、potrei dire che 「~と言えるだろう」のような意味になると思われ、よって、ケースバイケースで適した日本語訳を考えなくちゃいけないってことになりますね。



Di che colore 何の色 - 2020.11.01 Sun

IMG_6861.jpg

Ciao! Tutto bene?

チャオ!みんな元気?





3cf57fad8177db53ae1b8e2ae4f767db.jpg





"Di che colore è il tuo cane?"

あなたの犬は何色?





Mi è sempre stato un "mistero" perché ci vuole "di" quando si chiede il colore di qualcosa.
È un errore chiedere "Che colore è"?

「何色?」と聞く時、なんで che colore 「何色」の前に前置詞 di が必要なのか、実は長いこと疑問でした。
di 無しで、Che colore è? って聞いちゃダメ?




L'ho chiesto ad un sito di scambio linguistico e un madrelingua italiano mi ha subito risposto dicendo:

いつも利用している言語交流サイトに問い合わせてみましたら、すぐにネイティブさんからメッセージが来ました。曰く、


26157518_454867244909933_1521297834517725184_n_2020110122444140b.jpg

"Quando studi una lingua, è meglio non farsi queste domande.
In Italiano si dice 《di che colore è》, punto e basta! "

「言葉を勉強する時には、そういう質問はしちゃダメ。
イタリア語では、di che colore è と言う。以上!




Informandomene bene però ho sciolto abbastanza facilmente questo indovinello.
"di" di "di che colore" potrebbe significare l'appartenenza, cioè come si chiedesse "Tra tutti i colori, di quale colore è il tuo cane?".

しかしながら、長いこと放置していたのを今度こそ調べてみたら、意外に簡単に謎が解けました。
di colore è の di は、「~の」という「所属」を表す di で、言ってみれば、Tra tutti i colori, di quale colore è il tuo cane? 「全ての色の中で、あなたの犬はどの色に属していますか?」と聞いてるようなもんなんですね。


A: Di che colore è il tuo cane? あなたの犬は何色?(何の色に属してるの?)
B: È marrone. / È di colore marrone. 茶色だよ



Questo vale anche per le seguenti domende:
これは、次のような質問でも同じ理屈ですね。


A: Di che razza è il tuo cane? あなたの犬は何犬?(何の種類に属してるの?)
B: È Pomerania. ポメラニアンだよ

A: Di che segno sei? あなたは何座?(何の星座に属してるの?)
B: Sono scorpione. 蠍座だよ

A: Di che nazionalità sei? あなたは何人?(何の国籍に属してるの?)
B: Sono giapponese. 日本人だよ



Si potrebbe anche dire "che colore ha il tuo cane" ma agli orecchi d'italiani suonerebbe molto meglio "di che colore".
Se i madrelingua ce lo dicono così, allora non ci resta che seguire come dicono, no?

di 無しの che colore è il tuo cane は間違いなんだそうです。è を ha にして、che colore ha il tuo cane 「あなたの犬は何色(の毛をもってる)?」だったらいいらしいんだけど、イタリア人の耳には、di che colore è の方がずっと自然に聞こえるらしい。
ネイティブがそう言うんなら従うしかありませんわね。


auguri vs congratulazioni 祝辞 - 2020.10.03 Sat

P9110217 (2)

Ce l'ho fatta a perdere 6g! Congraturazioni a me!

6g ダイエットした!自分におめでとう!





Ho sentito che molti italiani confondono le due espressioni "Auguri" e "Congraturazioni", allora figuratevi com'è difficile usarle noi giapponesi senza sbagliare!
Molto probabilmente si crede che queste due sono sinonimi e che le si possono dire nelle medesime situazioni, ma in realtà non lo sono.

Auguri (アウグーリ)と Congraturazioni(コングラトゥラツィオーニ)というお祝いの言葉。どちらも日本語にすると「おめでとう~!」なので、どっちを言っても大して変わらない・・・と思いがちですが、さにあらず。これ、イタリア人でさえ混同することが多いらしいので、日本人である我々が「むむ?」と思うのも無理ありません。



Questo video, che ho trovato per caso, ce lo spiega in maniera molto chiara. A dire il vero, pure io le ho sempre usate con un po' di incertezza, ma grazie alle spiegazioni dettagliate di questo video mi è stata risolta l'ambiguità.

これ、たまたま出会ったビデオなんですが、その辺のことをとてもクリアに説明してくれています。
実は私もね、200%自信を持てぬまま、ひっそりと小声で使っていたことも、ある。うん、確かにある。それがこのビデオのおかげで、違いがバシッと分かりました!




tratto da こちらより引用 LearnAmo



Provo a riassumerlo per i lettori giapponesi.
ざっと要約すると・・・



Auguri Congraturazioni は、いずれも人に投げかけるお祝いの言葉だけど、まったく同じように使っていいかというと、実はそうじゃないのです!類義語と思われがちのこの二つ、シーンに合わせて使い分けが必要なんですよ。


Auguri!(アウグーリ) 「祝辞」「祈願」

① 誕生日、結婚記念日、オノマスティコ(日替わり聖名の祝日)など、毎年やってくる、その人個人のお祝い事(ビデオでは、una festa personale ricorrente 「繰り返される個人のお祝い事」という表現をしています)

A: Oggi è il tuo compleanno, vero? Auguri! 今日、誕生日でしょ?おめでとう!
B: Grazie! ありがとう!


② クリスマス、正月、パスクワなど、万人に共通の祝日

A: 3... 2... 1... Auguriiiii!!! 3・・・2・・・1・・・おめでとーー!
B: Buon anno nuovooooo!!! 新年おめでとーー!


③ 母の日、父の日、バレンタインデーなど、個人でもなく、国の祝日でもない特別な日

A: Auguri, mamma! Questo è per te! おめでとう、ママ!これプレゼント!
B: Grazie, cara! ありがとう!


これらは全て、Buon/Buona~で言い換えられます。

Buon compleanno! 誕生日おめでとう!
Buon anniversario (di matrimonio)! 結婚記念日おめでとう!
Buon onomastico! オノマスティコおめでとう!(自分の名前がその日の守護聖人である時)
Buona festa della mamma! 母の日おめでとう!

こう言われた人は、Grazie! 「ありがとう!」と答えます。

Buon Natale! クリスマスおめでとう!
Buon anno nuovo! 新年おめでとう!
Buon San Velentino! バレンタインデーおめでとう!
Buona Pasqua! 復活祭おめでとう!

こう言われた人は、Altrettanto! 「あなたにもおめでとう!」と答えます。


ここで一つ気をつけなくちゃいけないことは、Auguri は場合によっては皮肉めいたニュアンスになる、ということ。
いいことがあった人、あるいは嬉しいことを控えている人に対して、一応はお祝いを言うけど、心の中では「ま、自分には関係ないけど」という無関心さが表れます。

A: Ho finito tutto il lavoro!! 仕事ぜんぶ終わったー!
B: Auguri. そりゃ良かったね(でも自分にとってはどうでもいい)


Congraturazioni!(コングラトゥラツィオーニ) 「祝辞」

① 結婚、妊娠、子どもの誕生、大学卒業など、その人個人のおめでたい日。ただし、毎年繰り返されるわけではない。(ビデオでは、una festa personale non ricorrente 「繰り返されるわけでない、個人のお祝い事」という表現をしています)

A: Mio figlio si è sposato il mese scorso. うちの息子が先月結婚しました
B: Wow! Congraturazioni! わぁ!おめでとう!

A: Finalmente mi sono laureato! やっと大学を卒業したよ!
B: Che bella notizia! Congraturazioni! それはいいニュースだね!おめでとう!


② 就職や昇進、大きなことを成就した相手に、心からのお祝いや喜びを伝える時。

A: Ho vinto il premio del concorso fotografico! 写真コンクールで賞を取ったよ!
B: Bravo! Congraturazioni! すごい!おめでとう!

A: Finalmente ho trovato un lavoro! ついに仕事が見つかった!
B: Congraturazioni! おめでとう!



さぁ、ここで使い分けに要注意!



まだ起きていないこと、実行されていないことに対しては、Congraturazioni ではなく、Auguri と言います。

A: Mi sposerò tra un mese! 私、1ヶ月後に結婚するの!
B: Auguri! おめでとう!

auguri augurio の複数形ですが、「祝辞」という意味の他に、「祈願」という意味もあるので(なんせ動詞 augurare は、「~を願う、~を祈る」という意味)、結婚を控えている人に対して Auguri と言うのは、Spero che il tuo matrimonio vada bene! 「あなたの結婚式がつつがなく行われますように」と祈願していることになります。


それに反して、もうすでに起きたこと、実行されたことに対しては、Auguri ではなく、Congraturazioni と言います。

A: Mi sono sposata il mese scorso. 私、先月結婚したの
B: Congraturazioni! おめでとう!

(これはビデオ内では言ってないですが)この場合に Auguri と言うと、あたかも「あなたの結婚生活が、(離婚もせずに)長く続きますように」と言っているようで、縁起でもないのですよ。
ここが Auguri Congraturazioni の最大の違いなわけで、誕生日やクリスマス、新年に言う決まり文句 Auguri 「祝辞」とは違って、「就職した」「結婚した」「子どもが生まれた」「一軒家を買った」といった、すでに成就したことに対して Auguri と言うのは、「何ごともなく、これからもうまくいくことを願います」という、転ばぬ先の杖といいますか、余計なお世話といいますか、せっかくメデタイことを報告しているのに、な~んかヤな感じ? Congraturazioni! 「おめでとう!」と素直に言いましょうよ、ってこと。




Per quanto riguarda "Felicitazioni", io non l'avevo mai sentito dire. Se neanche italiani lo dicono quasi mai, allora potrei non metterlo nella mia lista da ricordare?

ビデオの中では、これ以外のお祝いの言葉として Felicitazioni も挙げていますが、とてもフォーマルで、ほとんど(誰も)使ってないらしいので、この際無視しちゃいましょう。



2b433fd7e6a946c19811eda18d1bff25.png




Insomma, nel passato sono sicura di aver rivolto diverse volte "Auguri!!" a chi ha raggiunto un grande obbiettivo. Mi dovrebbero scusare che non intendevo prevedere la possibilità che gli accada qualcosa di male.

すごい目標をついに達成した人に対して、Auguri! って私、過去に言ってた。絶対何度も言ってた。ガビーン!
「そんなハッピーなことがこれからも続くとは思えないけど、でもとりあえず続くことを願ってるよ」なんてことを言いたかったんじゃないからね!そうじゃないからね!


さぁ、明日はいよいよ実用イタリア語検定試験の当日です!
皆さんに Congraturazioni!! と私は言いたい!ガンバレ!




a/in  - 2020.09.26 Sat

P8270169.jpg

Facciamo pausa?

ちょっと休憩しよっかね




andare in Italia... イタリア行く
andare a Roma... ローマ行く
andare da Marco... マルコのところ行く

andare in montagna... 山行く
andare al mare... 海行く

andare al ristorante... レストラン行く
andare in trattoria... トラットリア行く

andare a teatro... 劇場行く
andare al museo... 美術館行く
andare in chiesa... 教会行く





Le preposizioni italiane sono uno degli argomenti più tormentosi non solo per i giapponesi ma forse anche per tutti che studiano l'italiano. Devo dire che pure il giapponese è una lingua non facile, ma per quanto riguarda le preposizioni, o meglio "particelle" che indicano la direzione, saranno sicuramente 100 volte più semplici, perché basta dire ~に (ni) dovunque vada!!

イタリア語の前置詞って、日本人にとってだけでなく、恐らくはイタリア語を勉強している多くの人にとって、極めてめんどく・・・もとい、悩ましい項目です。日本語もそれ相当に難解な言語だとは思いますが、少なくとも方向を指す助詞に関しては、イタリア語の100倍簡単!だって、イタリアだろうがローマだろうが、海だろうが山だろうが、「~行く」って言えばいいんだもん!




La primissima cosa che s'impara a scuola sarà "in + paese" e "a + città", cioè "vado in Italia" e "vado a Roma". Quando si impara questa regola, c'è una cosa da tenere a mente: non pensare al perché. Si ricorda così perché è fatto così, punto e basta.

イタリア語学習の最初の最初の方で習うフレーズに、vado in Italia 「イタリアに行く」、vado a Roma 「ローマに行く」っていうのがありますが、これを習う時に大事なことはただ一つ。なぜイタリアには in で、ローマには a なのかを考えないこと。国は in だけど街は a なのだと。そういうことになっているのだと。以上




Approfittando di questo tema, ho provato a consultare quale paese/città/regione/isola richiedono la preposizione "in" e quale "a" con l'aiuto delle frasi trovate su internet. A seconda del posto alcune dicono "in" e alcune "a" e non saprei quale sia più comune, ma comunque provo a elencarli.

どこに行くかで前置詞が違うなんて困りますね。
・・・で終わってしまうのもナンなので、この際、どの国・街・地方・島が in を必要として、どれが a を必要とするかを、ネットに出ているフレーズを使って調べてみました。もうヤケです。
場所によって、in だったり a だったりしているところもあって、どれが一般的なのか分からないのもありましたが、ま、とにかく一覧にしてみますね。




Vado... 私は行く・・・

《paese/stato indipendente 国・独立国》
in Giappone 日本に
nel Principato di Monaco モナコに(フランス地中海沿岸の公国)
nelle Filippine フィリピンに(7千以上の島で構成された共和国)
a Cuba キューバに(カリブ海にある共和国)
a San Marino サン・マリーノに(イタリア内にある独立した共和制国家)
a Vaticano (a Città del Vaticano) バチカンに(バチカン市国に)
a Liechtenstein リヒテンシュタインに(スイスとオーストリアの間の公国)
alle Maldive モルジブに(インド洋にある共和国)

《regione 州・地方》
in Toscana トスカーナ州に
in Piemonte ピエモンテ州に
nelle Marche マルケ州に
in regione di Kanto 関東地方に

《città 街》
a Tokyo 東京に
a Milano ミラノに
a L'Aquila (= all'Aquila)  アクイラ(ラクイラ)に

《isola 島》
in Sicilia (25,710km²) シチリアに
in Sardegna (24,090km²) サルデニアに
in Corsica (8,722km²) コルシカに
in Hokkaido (all'Isola di Hokkaido) (83,450km²) 北海道に
a Shikoku (18,800km²) 四国に
ad Okinawa (2,281km²) 沖縄に
all'Elba (224km²) エルバ島に
ad Ischia (46.3km²) イスキア島に
a Capri (10.4km²) カプリ島に
a Taiwan (36,197km²) 台湾に
a Creta (8,336km²) クレタ島に
alle Hawaii (28,311km²) ハワイに


andiamoinItalia.jpg



"in" per il Giappone ma "nelle" per le Filippine, anche se è uno stato, perché sono costituite da circa 7.100 isole.
"in" per Sicilia perché è grande, per Capri invece "a" perché è piccola...

日本は in だけど、同じ「国」であるフィリピンは nelle = in + le。なぜなら7千以上の le isole 「島」でできてるから。
シチリアは in。なぜなら大きいから。一方、カプリは a。なぜなら小さいから。


08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20200926233915cef.jpg



L'italiano è davvero interessante...

イタリア語って、実にオモロイですね・・・



espressioni utili 便利表現 - 2020.08.20 Thu

IMG_6456.jpg

Ho perso ancora una piuma

また抜けちゃったよぉ





È da tantissimo tempo che non aggiornavo questa serie "espressioni utili" nonostante un argomento abbastanza seguito dai lettori. Sinceramente il blog stesso non veniva aggiornato da un po' di tempo.
Vi dico subito tre motivi di questa mia pigrizia: numero uno è per la calura incredibile che c'è ormai da più di due settimane, secondo è per il tempo che passa troppo veloce da non accorgermene nemmeno, e terzo è per il fatto che sono stata senza computer per 4 giorni circa in quanto ho dovuto sostituire per forza uno nuovo a quel vecchiotto metà morto.

皆さまに毎回ご好評いただいている(?)にもかかわらず、昨年12月から更新していなかった「便利表現シリーズ」・・・。というか、ブログ自体しばらくぶりですぅ。
なぜこんなに怠慢だったのか、理由を3つほど申し上げます。
その1、もう2週間以上続いている猛暑。セミも燃え落ちる40度近い熱って、コロナでなくても倒れそうです。
その2、ハッと気づくと3日ほど進んでいる時の流れの速さは吉野川の激流の如く。自分がどれくらい流されたのかも気づかないほどです。
その3、パソコン無しの生活を4日ほど強いられていた。長年酷使して死にかけていた旧PCの買い替えを余儀なくされ、データの移し替えがあまりに大変で、汗と涙で目が潰れておりました・・・。




Ok, smetto di trovare delle scuse e mi metto subito a elencare una lista di locuzioni interessanti trovati in questi ultimi tempi.

まぁそんなこんなで間が空きましたが、つべこべ言ってないで、久しぶりの便利表現を並べてみようと思いますよ。




食べ物は、みんなで集まるための単なる口実だった



Il cibo rappresentava solamente un pretesto per riunirci.

《ポイント》 どこで読んだ文だったか覚えてないんですけど、確か、中々みんなで集まれない家族がいて、そのうちの一人が、美味しいもんでも食べない?とみんなに声かけて、久々に一同介した。集まれるなら理由なんて何でも良かった。というような内容だったと思います。
rappresentareは、「表現する、象徴する、代理をする、~に値する、意味する」など色んな意味がありますよね。「食べ物は単なる口実だった」なら、il cibo era solamente un pretestoとしちゃいそうですが、rappresentareを使うってところがなるほどポイントであります!



これで充分説明できているといいのですが



Spero di essere stato esaustivo.

《ポイント》 ネイティブに質問を投げかけるサイトで、私の質問に対して親切に答えてくれたイタリア人の方が、メッセージの最後にこう書いてくれました。
esaustivo という形容詞を知りませんでした。「余すところのない」という意味で、「存分に、充分に、これ以上ない程に」説明したつもりなんだけど、分かってくれたかな?ってことですね。なんて優しい心遣いなんでしょっ!ありがとーありがとー、よく分かったよ!



パンを上手に作るためには・・・



Per la buona riuscita del pane, è necessario....

《ポイント》 riuscito は riuscire「うまくできる、成功する、成し遂げる」の過去分詞だけど、riuscita は「成功、良い結果、成就」という女性名詞なんですね~。fare buona riuscita で「成功する」だけど、ここでは fare 無しで、「パンの成功のためには」となっています。



5階まで階段を歩いて上った



Ho fatto 5 piani di scale a piedi.

《ポイント》 出ました!マルチ万能動詞 fare 様の登場です!
「上る」は普通 salire で、Ho salito le scale 「階段を上る」ですが、ここでは、「5階分の階段を歩いてfareした」のような文になっています。
切符を「買った」り、ガソリンを「入れた」り、列に「並んだ」り、今度は階段を「上った」り、fare様は本当に働き者ですこと!



お店の人がちゃんともてなしてくれたように感じたから、チップをあげたくなった



Ho voluto dare una mancia al cameriere perché mi sono sentita trattata bene.

《ポイント》 「essere + 過去分詞」という受け身の形の代わりに、「sentirsi + 過去分詞」の形で、「~された気分になる、~されたように感じる」ということを表す、よく使いそうな便利セットに座布団1枚。
Mi sento di essere coinvolto より Mi sento coinvolto 「巻き込まれているように感じる」、Non sentirti di essere obbligato di farlo より Non sentirti obbligato di farlo 「それを絶対しなくちゃいけないなんて思うことないからね」の方がスッキリしてますよね。



cc(カーボンコピー)で送るね



Te lo invio in cc.

《ポイント》 誰かにメールを送る時、ついでに他の誰かにも ccで送る時ってありますよね。その 「ccで」の「で」が in だというお話。



人数が少ない場合は、あなたのグループレッスンはプライベートレッスンに変更になります。



Se ci saranno meno persone, le ore delle tue lezioni in gruppo verranno convertite in ore individuali.

《ポイント》 コンバーチブルって、屋根を出し入れできる車、ですよね?確か。要は、屋根あり、屋根なし、どっちにも替えられると。イタリア語では、convertibile 「交換可能の」で、その動詞が convertire 「改宗させる、転向させる、転換させる、切り替える」。
幻と消えた3月のフィレンツェ留学 。上の文は、その手続き中に学校からもらったメッセージなんですが、グループレッスンからプライベートへの「切り替え」という時は、convertire がピッタリなんですね、きっと。ちなみに前置詞は in で、convertire A in B 「AをBに切り替える」。



身の回りの物をお忘れになりませぬように



Non dimenticate i Vostri effetti personali.

《ポイント》 「身の回りの物」は effetto の複数形なのかぁ~と思うわけです。
effetto といえば「効果」とか「結果」!あるいは effetti collaterali 「副作用」の時の「影響」!以上。って感じなんですよねぇ、個人的に。それが何故に「身の回りの物」?
リムジンバスなどを降りる時、Don't forget your personal belongings 「お忘れ物のないよう、お気をつけ下さい」と英語で放送が流れますが、アリタリアを降りる時なんかにもCAさんが言っていたんだろうか。今度乗る時にはよく聞いておこう。(早く乗りたい!AZでもいいから!爆)



この数週間で得たこと全てが、台無しになってしまうだろう



Verrà gettato alle ortiche tutto ciò che si è ottenuto in queste settimane.

《ポイント》 これはイタリア語検定1級の語彙問題に出そうな慣用句ですね~。
ortica は、触るとイテテテとなる植物のイラクサのことで、gettare alle ortiche 「イラクサに投げる」という言い方で、「物や時間、お金などを台無しにする」を意味するのだそうです。そりゃイラクサなんかの上にポ~イ!って投げちゃったら、痛いから取りに行けなくて、諦めざるを得ませんはね。
また、一生懸命やってきたことを、何かがきっかけでやめたくなって、エイヤッ!と全てを放り投げて方向転換する時などにも使えるみたいです。
詳しい使い方はこちらをどうぞ。



ご指摘ありがとう、修正しました!



Grazie della segnalazione, risolto!

《ポイント》 確か、イタリア人が書いているブログか何かに、ちょっとした間違いがあって、読者の指摘に対する本人のコメントだった気がします。私だったら、Grazie per avermelo notato. L'ho già corretto! 「(直訳)それを私に気づかせてくれてありがとう。すでに修正しました!」って書きそう。それに対して、わずか4単語でそれを表現できるなんてスゴイと思いません?
segnalazione 「信号を送ること、報告、特記」をありがとうって、これでいいんですね~。そして、risolvere 「解決する」の過去分詞 risolto だけで、至って口語的とはいえ、「(間違い箇所を)解決した→修正した」っていう意味になりますもんね。Finito! 「終わった!」、Fatto! 「やったよ!」みたいに。



その店は、ちょっとのお金のために閉めようとしない



Quel negozio non chiude per il vil denaro.

《ポイント》 これはですね、3月下旬にコロナが騒がれ始めて、国からの休業要請が出て、それでも絶対閉めようとしない店の話をイタリア人の友人としていた時に出た表現です。
vil とは 形容詞 vile、「無価値な、つまらない、卑しい」といった意味で、語尾脱落させた il vil denaro は「はした金、ケチケチした金」といったところでしょうか。当時は、国民の健康の方が大事なんだから、ちょっとぐらい休業したっていいじゃないねぇ~なんてことを言っちゃってましたが、あれから6ヵ月。休業を強いられた店舗がどれだけ苦しいことになってしまったかを考えると、ごめんなさい!



31426119.jpg



Troverete qui sotto "espressioni utili" del passato
過去の便利表現シリーズはこちら
15 dicembre 2019
12 febbraio 2019
18 ottobre 2018



mi piace ~が好き - 2020.07.27 Mon

piace.png

Mi piace molto fare il bagno!

お風呂大好き!




L'altro giorno durante la lezione una mia allieva N chan mi ha fatto una domanda interessante:

先日レッスン中にNちゃんから興味深いご質問をいただきました。



「~が好き」って言いたい時、日本語は、好きなものがなんであっても、とりあえず「~が好き、~が大好き」でいいじゃないですか。イタリア語ではどんなバリエーションがありますか?

(Quando si mostra simpatia verso qualcosa o qualcuno, in giapponese si dice "~ga suki" o "~ga daisuki" per qualunque cosa, no? In italiano invece? C'è qualche variazione?)




Ha ragione.
In giapponese, pur essendoci certo delle espressioni diverse, possiamo comunque utilizzare "~ga suki" o "~ga daisuki", se ci piace molto, per qualsiasi cosa e persona.

そう言えばそだねー。
自分の好意を示す表現は、そりゃもちろん他にも色々あるけど、とりあえず「~が好き」。とっても好きなら「~が大好き」。好きな対象がラーメンだろうが、彼氏だろうが、なんであってもこれで事足りる。



イタリア料理が好き (italia ryoori ga suki)
Mi piace la cucina italiana

ラーメンが大好き (ramen ga daisuki)
Mi piace molto il ramen

食べるのが大好き (taberu no ga daisuki)
Mi piace molto mangiare

レディ・ガガが好き (Lady Gaga ga suki)
Mi piace Lady Gaga

ユーヴェントスが大好き (Juventus ga daisuki)
Mi piace molto la Juventus

お母さんが好き (okaasan ga suki)
Mi piace mia mamma

彼氏が大好き (kareshi ga daisuki)
Mi piace molto il mio fidanzato



大好き



Forse anche in italiano il verbo "piacere" è usabile in tutti i casi, ma quante altre espressioni vi vengono in mente che esprimono la propria simpatia?

イタリア語も、「~が好き」と言いたい場合は、動詞piacereが万能だろうし、mi piace~と言っておけばまず間違いない。(英語と違って、主語はその人じゃなくて…の説明を始めると、読者がみんな寝ちゃうから割愛。)
でも、piacere以外の、自分の好意や愛情を表す言葉って、他にどんなのが浮かびます?



adorare ~が大好きである、~を熱愛する
Adoro la cioccolata チョコレートが大好き
Maria adora i bambini マリーアは子どもが大好き

amare ~を愛する、~が大好きである
Amo il mio fidanzato 彼を愛している
Mio papà ama la muscia classica パパはクラシック音楽が大好き

volere bene a qlcu ~が好きである、~を大事に想う、~を愛する
Mamma, ti voglio bene! ママ、好きだよ!
Claudia, ti voglio bene... クラウディア、君が好きだ・・・

provare affetto per qlcu/qlco ~に愛情を感じる、~を愛する、~が好きである
Provo affetto per te あなたのことが好きだ
Per il mio cane provo tanto affetto 自分の犬が大好き

essere innamorato di qlcu/qlco ~に恋をしている、~に夢中である
Sono innamorata di Andrea 私、アンドレアに恋してるの
Luca è innamorato dell'arte giapponese ルカは日本の芸術に夢中だ

essere appassionato di qlco/qlcu ~が大好きである、~に夢中である
Sono appassionato di tutti i dolci al cioccolato チョコレートのお菓子ならなんでも大好き
Mia figlia è appassionata di Justin Bieber 娘はジャスティン・ビーバーに夢中

andare pazzo/matto per qlco/qlcu ~が好きでたまらない、~に熱中している
I ragazzi vanno pazzi per i videogiochi 子どもたちはビデオゲームに熱中している
Vado pazza per la torta alla crema クリームケーキが好きでたまらない

perdere la testa per qlcu ~にぞっこんである、~に夢中である
Ho perso la testa per te 君にぞっこんだ
Mauro perde subito la testa per le ragazze マウロはすぐ女の子に夢中になる

essere tifoso di qlcu ~の熱狂的なファンである
Siamo tifosi degli Yankees 私たちはヤンキーズの大ファンだ
Sono una grande tifosa di Rui Hachimura 八村塁の熱狂的ファンだ



"adorare" è un sentimento più forte di "piacere" ed è simile ad "amare", giusto?

色々あるけど、やはり一番スタンダードな「好き」「大好き」は、piacereadorareamareでしょうか。
adorare 「大好き」は、piacere 「好き」より強い気持ちを表し、amare 「大好き」に近い。


ovvero sarebbe
つまりこんな感じ?


amare ≒ adorare > piacere


Se per esempio ti piace veramente tanto il cioccolato, puoi anche dire "Adoro il cioccolato" o "Amo il cioccolato", ma ho sentito dire che sarebbe meglio non usare troppo questi due verbi, altrimenti sarebbe strano. Forse agli orecchi di italiani suonerebbe troppo esagerato e ridondante, e quindi se vuoi dare un'enfasi al sentimento di piacere, sarebbe molto più naturale usare "piacere" aggiungendo gli avverbi tipo "mi piace molto/moltissimo/davvero tanto/un sacco/da morire" e così via.

もし、あなたが無類のチョコ好きであるなら、Adoro il cioccolato とか Amo il cioccolato と言ってもいいわけだけど、大好きだからといって、adorare amare を頻発するのは変らしい(特に amare)。「私はチョコに夢中だ!」「私はチョコを愛してやまない!」なんていう日本語を連発する外国人がいるとしたら、どんだけチョコ好きかは充分伝わるけど、ちょっと暑苦しくてヒクって言うんですか?イタリア人の耳にはそんな風に響くのかもしれません。
そんなに好きなら、ここは一つ、スタンダードな piacere と副詞の合わせ技で、mi piace molto/moltissimo/davvero tanto/un sacco/da morire 「すごく/めっちゃめちゃ/マジでほんとに/猛烈に/死ぬほど+チョコが好き」などと表現するのが最も自然であると。どうやらそういうことらしいです。



Amo-lItalia_art.jpg

Questo invece lo possiamo dire pure 100 volte, giusto?

これは100回言ったっていいですよね?




N chan a cui piace tantissimo il cioccolato alla menta voleva sapere altre versioni oltre a "Mi piace".
Spero di esserle stata d'aiuto.

チョコミントが大好きなNちゃんは、チョコミントへの愛を表現するのに、Mi piace以外にどんなのがあるのか知りたかったようでした。
お役に立てば嬉しいです。



dieci volte 10倍 - 2020.05.29 Fri

IMG_5866.jpg

Avete approfittato della quarantena per studiare italiano?

自粛生活を活用してイタリア語勉強した~?




Magari non ci sara` nulla da meravigliarsi, proprio niente da emozionarsi, ma per me e` stata una bella scoperta quindi ve lo scrivo lo stesso.

もしかすると、別にどってことないことかもしれません。え?だから?みたいなことかもしれません。
でも、なんだかオモロイな~と私には思えるので、書いちゃいますね。



Lui mangia piu` di me. [動詞+piu`]
彼は私より食べる

Sono piu` impegnato di prima. [piu`+形容詞]
私は以前より忙しい

Oggi ho camminato piu` a lungo di ieri. [piu`+副詞句]
今日は昨日より長く歩いた

Lavoro con piu` piacere di prima. [piu`+副詞句]
= Lavoro piu` piacevolmente di prima.
私は以前より楽しく働いている

Parlo italiano con meno fatica di cinque anni fa. [piu`+副詞句]
= Parlo piu` facilmente di cinque anni fa.
私は5年前より苦労せずにイタリア語が話せる



Piu` quanto? Meno quanto?
どれくらい多く食べるの?前よりどのくらい忙しいの?



Lui mangia dieci volte piu` di me.
彼は私より10倍食べる

Sono dieci volte piu` impegnato di prima.
私は以前より10倍忙しい

Oggi ho camminato dieci volte piu` a lungo di ieri.
今日は昨日より10倍長く歩いた

Lavoro con dieci volte piu` piacere di prima.
= Lavoro dieci volte piu` piacevolmente di prima.
私は以前より10倍楽しく働いている

Parlo italiano con dieci volte meno fatica di cinque anni fa.
= Parlo dieci volte piu` facilmente di cinque anni fa.
私は5年前より10倍少ない労力で(1/10の労力で)イタリア語が話せる



Ecco, immagino che i lettori italiani non capiscano cosa sia il punto da meravigliarsi , ma mi incuriosisco del fatto che si esprime con "numero + volte" quando si riferisce alla quantita`.

で?それがなにか?って感じ?
でもね、「何倍も食べる」「何倍も忙しい」「何倍も長く歩いた」「何倍も楽しく働く」「何倍も容易く話す」など、動詞だろうが形容詞だろうが副詞あるいは副詞句だろうが、「~倍も」と言いたい時は、「数字+volte(回)」と表現すればいいっていうのが、へぇ!そうなんだねー!って思いません?思いますよね?



E poi,
それともう一つ。



Mi alleno con dieci volte piu` piacere di prima
私は以前より10倍楽しくトレーニングしている

Mi alleno dieci volte con piu` piacere di prima
私は以前より楽しく10回トレーニングしている


un'altra cosa interessante e` che il concetto della frase cambia secondo dove metto "con"! Nel primo caso specifico che mi alleno con una quantità di piacere superiore di 10 volte di prima, mentre nel secondo caso mi alleno con piu` piacere ma non parlo di quanto sia questo piacere.

con piacere 「喜んで」やcon fatica 「苦労して」のconの置く場所によって、文の意味が変わるっていうのも面白くないですか?
最初の文が、「10倍の喜びでもって」であるのに対して、2つ目は、「10回のトレーニング」を「喜びをもってやっている」けど、以前と比べてどのくらいの喜び具合かには言及してないと。



d2535-2523-319385-10_thum800.jpg



Anche se nessuno mi condividesse questa emozione, sono soddisfatta lo stesso!

一人で喜んでる文法オタク。誰も分かち合ってくれなくてもいいの、幸せだから。




Non vedo l'ora 楽しみだ - 2020.05.23 Sat

IMG_5673_2020052223181738d.jpg

Non vedo l'ora di uscire dalla gabbia!

カゴから出るのが楽しみだ!




C'e` un'espressione idiomatica molto interessante con il significato di desiderare ardentemente di fare qualcosa:

「~するのが楽しみだ」という意味の面白い表現があります。



Non vedere l'ora di fare qualcosa

(直訳)~するのに時刻を見ない



Perche` uno non si vede l'ora quando e` impaziente di fare qualcosa?
Non ho trovato un'etimologia definitiva, ma una delle supposizioni che mi ha convinto di piu` e` si dice cosi` perche` se vedessimo l'ora sembrerebbe che il tempo non passi mai, o molto lento, quindi quando abbiamo qualche evento a cui teniamo molto, non vediamo l'orologio sperando che arrivi in un batter d'occhio.

楽しみなことがあると、なんで時刻を見ないんだ?
由来はこれです!という確固たる説明は見つけられなかったんですけど、あちこち読んだ中で、かなり説得力があった説はこれです。人は時計を見ていると、ちっとも時間が過ぎないような気がする。あるいは、秒針がカチッ・・・カチッ・・・と進むのがやけにのろく感じる。なので、楽しみなことが控えている時は、あっという間に時が過ぎてほしいから時計なんて見ない!という説。
これを読んで思い出したのが、何かを茹でようと思ってお湯を火にかけて、沸くまでジーッと見てると、いつまでたっても沸きゃしない。なのに、火にかけたまま他のことをしていると、すぐに沸いて熱湯が飛び散ってたりする。この心理と似てますね~。



Io me ne sono convinta, ma alcuni dei miei allievi dicono che una frase che inizia con "NON" gli fa pensare come se si esprimesse qualcosa che non si vuole fare, ma non sembra per niente una cosa che si aspetta impazientemente.

私は大いに納得したんですが、生徒さんの中には、NONで始まる否定文を聞くと、その人が何かをしたくなさそうに聞こえて、ウキウキワクワクしているようには思えません!とおっしゃる方も。確かに。




1b0180c84503d4c3b3ed08f382036939.jpg

(物理的に)時刻が見えない
(そーゆーこと言ってんじゃないから)




La cosa che vorrei scrivere oggi pero` non e` da dove deriva questa locuzione.

でも実は、今日私が書きたいことは、この表現の由来じゃないんです。




Si dice:
たとえば、


A: Io non vado alla festa di domani.
私は明日のパーティー、行かないよ
B: Neanche io.
私も(行かない)

A: Quest'estate non andro` da nessuna parte.
この夏はどこにも行かない予定なんだ
B: Neanche io.
私も(どこにも行かない)

A: Non amo molto essere con tanta gente.
たくさんの人といるのはあんまり好きじゃないんだ
B: Neanche io.
私も(好きじゃない)



Avete gia` intuito, no?
Quando si e` d'accordo alla negazione detta dall'interlocutore, normalmente si risponde "Neanch'io", per cui mi e` passata per la mente un'idea che potesse essere applicabile anche al caso di "non vedere l'ora".

ふふふ。私が何を言おうとしているか、ピンときましたね。
相手が言った肯定文に賛同する場合、イタリア語では Anche io 「私も(~だ)」と言うけど、否定文に賛同する場合は、Neanchi io 「私も(~じゃない)」と言いますよね。じゃあ、もしかして、文字通りの意味が「時刻を見ない」という否定文である Non vedo l'ora の場合も、それに賛同するなら Neanche io 「私も(時刻を見ない)」になるわけかしら?



A: Non vedo l'ora di rivederti!
あなたに会うのに時刻を見ない!(←あなたに会うのが楽しみ!)
B: Neanche io!
私も時刻を見ない!(←私も楽しみ!)



Ma in realta` non lo era.
"Non vedo l'ora" non e` una negazione, anzi vuol dire che sei emozionato, quindi A dice che e` felicissimo di rivedere B, quindi B risponde "Anche io" sottintendendo che "Sono emozionato come lo sei tu".

我ながらいいツッコミだと思ったんだけど、結果はやっぱりそうじゃなかった。
ネイティブに確かめてみたところ、Non vedo l'ora というのは、文体こそ否定文だけど、意味するところは、「私はあなたに会いたくてワクワクしている」だから、そう言われた相手も、「私もあなたと同じようにワクワクしている」ことを伝えるために、Anche io と答えるのだそうです。


A: Non vedo l'ora di rivederti!
あなたに会うのが楽しみ!
B: Anche io!
私も楽しみ!



無題



Ok, allora un'altra domanda.
分かった、じゃもう一つ質問。



Si dice:
たとえば、


A: Non prendi il secondo?
メインディッシュは食べないの?
B: No, sono gia` piena.
ううん(食べない)、もうお腹いっぱい

A: Oggi non usi la macchina, vero?
今日、車使わないよね?
B: No, la puoi usare tu.
ううん(使わない)、あなたが使っていいよ



Allora come si risponde se viene chiesto "Non vedi l'ora?"?

「~しないの?」という否定疑問文に対して、「しない」場合は、日本語では「うん、しない」って言うけど、イタリア語ではしないもんはしないんだから、「ううん、しない」となる。だから、No と答えますよね。
じゃあ、Non vedi l'ora? 「あなたは時刻を見ない?(あなたは楽しみ?)」と聞かれたら何と答えるんでしょう?



A: Domani torno in Sardegna a trovare i miei. E` da tanto che non li vedo!
明日、親に会いにサルデニアに帰るんだ。ずいぶん会ってないな!
B: Non ne vedi l'ora, vero?
時刻見ないでしょ?(←楽しみでしょ?)
A: No, non ne vedo davvero l'ora!!
ううん、見ない!(←うん、楽しみ!)



Eh, si`, lo so, ve l'ho chiesto apposta, solo che volevo fare un piccolo gioco di parola.
Anche in questo caso A dovrebbe rispondere "Si`" perche` la domanda di B non e` una negazione, giusto?

ええ、ええ、分かってますって。わざと謎かけしただけですって。
形は否定文でも、言わんとしていることは否定文じゃないんだから、言われた方も Si`「うん」で答えるべし。だよね?


B: Non ne vedi l'ora, vero?
楽しみでしょ?
A: Si`, non ne vedo davvero l'ora!!
うん、すっごく楽しみ!


1663391_176s_20200522231815a5a.gif


Voi avete qualcosa di cui non vedete l'ora?
Io... non vedo l'ora di guarire dal dolore causato dalla strega.

皆さんは、時計を見たくないほど楽しみにしていることはありますか?
私は・・・ 魔女に飛び蹴りされたところが早く治ることかなぁ。



fase 2 フェーズ2 - 2020.05.03 Sun

IMG_5328.jpg

Quasi quasi ricomincia...?

いよいよ再出発…?




Ecco il twitter del signor Giuseppe Conte inviato il primo maggio.
Sono brevi, ma ho trovato ben 4 locuzioni fisse da ricordare!

ジュゼッペ・コンテ首相が、5月1日に発したツイッターです。
中身ももちろん大事なんですが、ほんの数行の中に、4つも覚えておきたい言い回しがあったこともご報告申し上げたい!



conte_202005031800007d0.png

経済活動が試練に立たされています。多くの人が、休業と、今後の危機的な見通しとの狭間で、この緊急事態を不安と心配を抱えながら過ごしています。皆さまから寄せられた文書を読み、皆さまの立場に立って考えてみました。そして、責任の重さを感じています。

essere messo a dura prova
試練に立たされる、厳しく試される

vestire i panni di qualcuno
(人の服を着てみる→)人の立場になって考える


cont_20200503175958b3a.png

私は、皆さまからの忠告や要求、怒り、不安を聞かないふりなどしません。それらが無視されることも、無駄になることもありません。それはむしろ、政府の活動をより強く押し進める風です。恐らくそれが、今日という日、5月1日(メーデー)というこの日に敬意を表する唯一の方法なのだと思います。

cadere nel vuoto
(空っぽの中に落ちる→)(提案などが)無駄になる、無視される、聞き入れられない

essere parole al vento
(風に向かって話す言葉になる→)無駄になる

vento は「風」ですが、風に向かって話しても空しいですよね。国民の声をそんな扱いにはしませんよ。むしろ、政府を後押しする「風」なんですよ、と vento にかけてニクイことをおっしゃっています。



Ci dovrebbero essere opinioni favorevoli e contrarie, tuttavia beati italiani che hanno un leader che pronuncia parole direttamente al popolo...

イタリア人の間では、政府の判断に賛否両論あるみたいですけど、それでも、国民に直接!ダイレクトに!ディレッタメンテに!語り掛ける首相がいるなんて、イタリア国民が羨ましい・・・。



そしてこちらが、明日5月4日から施行されるフェーズ2。
題して、『Cosa si puo` fare e cosa no a partire dal 4 maggio (5月4日からやっていいことと悪いこと)』。いやはや分かりやすいにもほどがある!!


163515853-ee172ff4-5bab-4f7a-a307-ee940c5a6d9d (1)



Oh, meno male, da domani si puo` finalmente andare a trovare i proprio parenti e fidanzati che stanno nella stessa regione! Gli amici invece non si puo` ancora. Funerali e matriomoni ok, ma la messa in chiesa no... E` una tabella veramente dettagliata e si puo` capire in un'occhiata!

同じ州内にいる親戚や彼氏彼女に会うことはOKになるんですね!良かったな~!でも、友だちはまだダメなんですねぇ。お葬式や結婚式はOKになったけど、教会でのミサはまだNGと。



In questo sito si trovano tutti i particolari della fase 2 a partire da domani, tra cui le misure di ogni settore del lavoro e di quelle regionali.
Io non saprei se siano appropriate o no considerando la situazione attuale in Italia, ma per lo meno e` una spiegazine di facile comprensione per tutti rispetto a quello che sta facendo il nostro governo.

上記の一覧は、こちらのサイトで見たんですが、ぜひご覧下さい。明日から突入するフェーズ2の内容が書かれていて、その詳細っぷりがスゴイです。製造業、飲食店、輸送、美容院、学校、宗教関連などなど、それぞれの分野の留意点はもちろんのこと、明日以降どのようなことが可能になり、これまでと同様なことは何なのかが、州ごとに1つ1つ書かれています。
イタリアの現状を考えて、その内容が妥当なのかどうかは私には分からないけど、少なくとも傍目には、OKになることと、まだダメなことがとっても分かりやすくていいな~と思うんです。
A政権がゴチャゴチャやってること(っていうか、やってんのかな)と比べるとずっとね、いいよね。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}