FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2020-07

pronomi relativi 関係代名詞 - 2020.07.05 Sun

IMG_6173.jpg

Il posto su cui ho atterrato per caso
è stato la giungla del germoglio di piselli


たまたま着地したのは豆苗ジャングルだった



(Leggerete un post molto lungo)
(今日は長いです。しかもマジメ系。)



Tra gli elementi grammaticali della lingua italiana, uno di quelli più difficili per i giapponesi sarebbe i pronomi relativi, almeno credo, o meglio è uno degli elementi con la più grande differenza tra quelli che capiscono senza fatica e quelli che fanno molta fatica.
Per chi conosce bene l'inglese può essere abbastanza facile perché è simile, ma per la maggior parte dei giapponesi sarà difficile capire come costruire la frase dal momento che la struttura grammaticale è totalmente diversa da quella giapponese.

たくさんあるイタリア語の文法項目の中で、日本人にとって最も難しいものの一つは関係代名詞なんじゃなかろうか、と個人的に思います。というより、さほど苦労せずにさ~っと理解できる方と、とても苦労する方の差が大きい項目と申しましょうか。
英語の関係代名詞、私もほとんど忘れちゃってますが、これが分かってる方は当然早いですよね。考え方が似てますもんね。でも大多数の方にとって、日本語とまったく!まったく!まったく!違う、イタリア語の関係代名詞を使った文の構造を理解するのは容易なことじゃありません。




Il pronome relativo "che" che si riferisce al soggetto o al complemento diretto è abbastanza facile da capire per tutti, un brutto incubo invece è "cui" preceduto da preposizione.

「関係代名詞といえば che でしょ~? 」「それだけじゃないってば!」というやりとりを何度したか分かりませんが、確かに che はいいんです。簡単だから。「私が食べたパン」「あそこで働いている人」といった、直接目的語と主語を指すのが che だから、比較的分かりやすい。
問題は、そうじゃないヤツ(ヤツ呼ばわり)。前置詞+cui で言わなきゃいけないヤツ!



(qlco =qualcosa 何か、qlcu =qualcuno 誰か)


dare qlco a qlcu (~を~にあげる、渡す)

Il bambino a cui ho dato le caramelle è mio nipote.
私が飴をあげた男の子は、私の甥っ子です

「~あげる」が、dare a~だと分かっていても、「飴をあげた男の子」の部分をイタリア語にする時、なぜ難しいか。それは多分、「~」が無いからだと思います。「~」が日本文に無いから、a が引き出せない。
でも、「私は飴を男の子あげた Ho dato le caramelle al bambino」と、「男の子は私の甥っ子だ Il bambino è mio nipote」をくっつけるので、言ってみれば、「男の子、私はその子飴をあげたんだけど、その子は私の甥っ子」といった文になるわけですね。

offrire qlco a qlcu (~を~におごる、提供する)

Chi è la ragazza a cui hai offerto un caffè?
君がコーヒーをご馳走した女の子は誰?
(その女の子は誰?君はその子コーヒーをご馳走したけど)

chiedere qlco a qlcu (~を~に尋ねる、お願いする)

La signora a cui ho chiesto la strada era molto gentile.
私が道を聞いた女性は、とても親切だった
(女性、私はその人道を聞いたんだけど、その人はとても親切だった)

insegnare qlco a qlcu (~を~に教える)

Gli studenti a cui insegno l'italiano sono tutti bravi.
私がイタリア語を教えている学生たちは、みんな優秀だ
(学生たち、私は彼らイタリア語を教えているんだけど、彼らはとても優秀だ)


imparare qlco da qlcu (~を~から習う)

L'insegnante da cui imparo l'italiano è di Roma.
私がイタリア語を習っている先生は、ローマ出身だ

これも、「私がイタリア語を習っている」の中に「~から」が無いから、da がパッと出にくいのかもしれない。同様に、「先生、私はその人からイタリア語を習っているんだけど、その人はローマ出身だ」と考えるのは如何でしょ?

prendere in prestito qlco da qlcu (~を~から借りる)

Ho perso la tessera della biblioteca da cui ho preso in prestito il libro.
本を借りた図書館の会員証を失くした
(図書館の会員証を失くした、そこから本を借りたんだけど)


parlare di qlco, qlcu / con qlcu (~について話す / ~と話す)

Ho comprato il libro di cui mi hai parlato l'altro giorno.
君がこの前話してくれた本を買ったよ

お次は、同じ動詞でも前置詞が変わると意味が変わるものです。
parlare di~は、「~について話す」だから、「あの本買ったよ、君がこの前それについて話してたやつ」のような組み立てになるんですね。

Chi è quella bella ragazza con cui parlavi?
君が話してた、あの綺麗な子は誰?

一方こちらは、parlare con~「~と一緒に話す」なので、「あの綺麗な子は誰?君が一緒に話してた子」って感じ。

Non mi piace il modo in cui parla il mio capo.
上司の話し方が私は好きじゃない

これは、parlare in というよりは、modo 「方法、やり方」とセットになってる前置詞が in だからで、「私はその方法が好きじゃない、上司はいつもその方法話すんだけどさ」というわけですね。
modo とくれば前置詞は in!(例 in modo specifico 「具体的な方法」)


andare a / in / da / con (~に行く / ~と行く)

La festa a cui sono andata ieri sera non era tanto divertente.
昨晩行ったパーティは、そんなに楽しくなかった
(パーティ、私は昨晩そこ行ったんだけど、そんなに楽しくなかった)

Non mi ricordo il giorno in cui sono andato in quel ristorante.
そのレストランに行った日を覚えていない
(日にちを覚えていない、そのレストラン行った日を)

Il medico da cui vado sempre è molto bravo.
私がいつも行っているお医者さんは、とても優秀だ
(お医者さん、私はいつもその人のところ行っているんだけど、とても優秀だ)

Lei è Angela con cui sono andata insieme in Sicilia quest'estate.
彼女は、この夏一緒にシチリアに行ったアンジェラです
(彼女はアンジェラです、この夏彼女シチリアに行きました)

andare alla festa 「パーティ行く」、andare in quel giorno 「その日行く」、andare dal medico 「医者行く」、andare con Angela 「アンジェラ行く」・・・とこれはもう、いつ・どこに・誰と行くのかで前置詞が違うから仕方がない。


per questo motivo / per questa ragione (~という理由で)

Mi dica il motivo (= la ragione) per cui sono stato licenziato!
私がクビになった理由を教えて下さい!

さっき、modo 「方法」といえば in!と書きましたが、motivo、ragione (いずれも「理由、原因」)といえば per!なぜなら、「~の理由」の「」が per だからで、「理由を教えて下さい、私はその理由クビになったと」 という表現になるからですね。


avere bisogno di qlco (~が必要である)

avere voglia di qlco (~がしたい)

avere fiducia in qlcu (~を信用する、~を信頼する)

fidarsi di qlcu (~を信用する、~を信頼する)

contare su qlco/qlcu (~を信頼する、~を当てにする)

non poter fare a meno di qlco (~なしではいられない)

intendersi di qlco (~に詳しい)

volere bene a qlcu (~を愛する、~を大事に想う)

essere innamorato di qlcu (~に恋をしている)

fare il tifo per qlco/qlcu (~を応援する)


ハイハイ、もう数え上げたらキリがないですよー。
これらは全部、いつも決まった前置詞がつく熟語!しかも、その前置詞が日本語としっくり噛み合ってないのが特徴です。「~が」なのに di?「~を」なのに in?などと考えててもしょうがない。なぜなら熟語だから。
でもその前置詞を知ってないと、たとえば、「信用できない人には、仕事の話はしない方がいいよ」とか、「あなたの人生において、これなしではいられないもんってなに?」とか、「あなたたちが応援してるチームはどこ?」なんていう文が作れないわけですねぇ。ふふふ。



Insomma, cari lettori italiani,per i giapponesi è molto molto più difficile manovrare i pronomi relativi, soprattutto "preposizione + cui" di quanto immaginiate! La nostra lingua è anche complessa, ma parlando solo del pronome relativo, magari il giapponese sarà molto più semplice.

というわけで、イタリア人の読者の皆さん、我々日本人が、「前置詞+cui」の関係代名詞にいかに苦労させらているか、お分かりいただけたでしょうか。di かな?a かな?それとも in かな?ウヒヒヒ~ッ!と前置詞どもに試されてる気がして腹立たしい。腹立たしいから頑張らなくちゃいけないのです!
「飴をあげた男の子」→「男の子飴をあげる」って何て言う?「昨日行ったパーティ」→「パーティ行く」って何て言う?という思考回路で前置詞を導き出してみて下さいね~!


ねこ




se cambiamo la preposizione...? 前置詞を換えると...? - 2020.04.21 Tue

IMG_5469.jpg

Mi mancano tutti che venivano a lezione...

みんながいないとつまんないなぁ…





E` complesso... davvero complesso...
ややこしい... ホントややこしい...



無題



Le preposizioni sono le parti del discorso indubitabilmente importanti, ma nello stesso momento sono anche indubitabilmente complicate tale da a volte far impazzire chi studia l'italiano.
Leggendo dei testi o degli aricoli in italiano mi imbatto nelle locuzioni fisse, tra cui ci sono quelle a prima vista uguali ma praticamente non lo sono, e mi trovo spesso a consultare il dizionario per cercare il significato gia` controllato poco prima! Uffff...

前置詞って、品詞の中でも間違いなくトップ級に重要なんだけど、トップ級にややこしいことも間違いなくて、イタリア語学習者を時にキィーーッ!とさせます。キィーーッって。
イタリア語で書かれた文章や記事を読んでいると、多くの熟語に出くわすわけですが、一見同じに見えて、よく見ると実は少し違う、なんていうのもしょっちゅうで、意味を調べようと辞書を引いたら、ちょっと前にすでに調べたヤツだった!似てるからまた引いちゃったじゃないか!バンッ!(ちゃぶ台返し)と一人で怒ったりして疲れます。まったく…。




Ad esempio:
たとえば



in fretta 急いで(~する)
Mi sono svegliata tardi! Devo prepararmi in fretta!
寝坊した!急いで準備しなきゃ!

essere di fretta 急いでいる
Scusa, ora sono di fretta, ne parliamo dopo.
ごめん、今急いでるから、それについては後で話そう



a base di... ~から成り立っている、~をベースにした
La cena di ieri sera a base di pesce è stata davvero eccellente.
魚をベースにした昨日の夕食は、実に素晴らしかった

in base a... ~に基づいて
Il risarcimento dovrebbe essere offerto in base a quello che si avrebbe guadagnato.
補償は、得るはずだった収入に基づいて成されるべきだろう



consiste di... ~で構成されている、~から成り立っている
Il corso d'italiano consiste di 2 ore ogni lezione e 4 volte al mese.
イタリア語講座は、各レッスン2時間、月に4回で構成されています

consiste in... ~に由来する、根拠が~にある
Il nostro lavoro consiste nel progettare scuole nei paesi poveri.
我々の仕事は、貧しい国に学校を造ることである(仕事する根拠がそこにある)



per caso 偶然に、たまたま、ひょっとして
Senti, hai per caso una moneta da un euro?
ねぇ、ひょっとして1ユーロ硬貨もってない?

a caso 適当に、行き当たりばったりに
Non e` un vino tanto pregiato, l'ho scelto a caso.
そんなにいいワインじゃないよ、適当に選んだんだから



dietro a + 物・人 ~の後ろに、~の裏に
Dietro al Duomo (= Dietro il Duomo) c'e` un buon ristorante.(aはあっても無くてもOK)
ドゥオーモの裏にいいレストランがある

dietro di +人称代名詞 ~の後ろに
Mario, non correre, stai dietro di me!
マリオ、走らないで私の後ろにいなさい!



a quanto... ~によると
A quanto lei dice, quel fatto non e` per niente vero.
彼女が言うところによると、それはまったく真実ではないらしい

per quanto... ~に関しては、~の限りでは
Per quanto io ne sappia, c'e` gia` un farmaco per il virus. (lo spero tanto!)
私が知る限り、ウィルスに効果的な薬剤はもうあるらしい(だといいんだけど!)

in quanto... ~だから
Pazienza, dobbiamo per forza stare a casa in quanto quasi tutti i negozi sono chiusi.
仕方ない、家にいなくちゃいけないよ、ほとんどの店が閉まってるんだから



di vista 視界から
Seguivo quell'uomo ma ad un certo punto l'ho perso di vista.
その男を追いかけていたが、ある瞬間見失った(視界から消えた)

in vista 見えるように
Metti le mani in vista o sparo!
手を(見えるように)上げろ、さもなくば撃つぞ!

in vista di ~を見据えて、~を考慮して
Organizziamo il viaggio in vista delle condizioni fisiche della mamma.
お母さんの体調を考えて、旅行を計画しよう



di solito 通常、いつもは
Di solito prendo un caffe` al bar prima di andare in ufficio.
通常、会社に行く前にバールでコーヒーを飲む

al solito いつも通り、いつものように
Mario e` venuto in ritardo come al solito.
マリオは、いつものように遅刻してきた

del solito いつもより(比較級)
Oggi sono tornata dal lavoro piu` presto del solito.
今日はいつもより早く仕事から帰った



a proposito ところで、ちなみに
A proposito, sei libera stasera?
ところで、今晩ヒマ?

a proposito di... ~に関して
A proposito di Marcella, sai dove abita adesso?
マルチェッラといえば(マルチェッラに関してだけど)、今どこに住んでるか知ってる?

in proposito この点に関して
Permettemi di esprimere alcuni commenti in proposito.
この点に関して、いくつか言わせて下さい

di proposito わざと、まじめに、まじめな
Probabilmente lui l'ha fatto di proposito.
恐らく彼は、それをわざとやったんだろう



972177_10151603968805735_269123820_n_2020042122561307f.jpg

Oh, Dio mio!

なんたることよ!




Ce ne dovrebbero essere molti altri!
Se eventualmente vi verranno in mente, fatemeli sapere!

こんなのごく一部で、絶対もっともっとどっさりあるんだと思う。
もし見つけたら、ぜひご一報を!



Grazie, l'italiano! ありがとうイタリア語! - 2019.12.05 Thu

IMG_4243.jpg

Forza, forza!

ガンバレ、ガンバレ!





Di recente faccio abbastanza spesso il corso intensivo ai dipendenti delle aziende che andranno in Italia per lavoro.
La maggior parte dei casi sono principianti assoluti che non sanno nemmeno "buongiorno", e in tempo limitato faccio del mio meglio per fargli capire la base della struttura grammaticale dell'italiano e conoscere il fascino di questa lingua.

ここ最近、イタリア赴任を控えたビジネスパーソン様の短期集中レッスンを多く承っております。
大多数の方が、「ぼんじょるの」って何ですか?の入門者でいらっしゃいまして、イタリア語の文法がどんなことになっちゃってるかをお教えし、かーなーりーめんどくさいけど、かーなーりーオモロイ言語なんでありますよ、といったことをご説明申し上げるのに、ワタクシ、燃えます。




Ormai i corsi li ho gia` fatti tantissime volte, ma ogni volta che lo faccio, riconosco di nuovo che l'italiano e` una lingua veramente ben fatta.

もはや、こういった講座は何度もやってるんですが、学習者の方たちが、イタリア語の特徴を一目で分かるような例文を敢えて書き、そのたんびに、イタリア語ってホンマよぉできとる言語やわ~、と自分でも毎回感心します。




Questo cappotto nero e` molto bello.
Questi pantaloni neri sono molto belli.
Questa giacca nera e` molto bella.
Queste scarpe nere sono molto belle.

この黒いコートはとても綺麗だ
この黒いパンツはとても綺麗だ
この黒いジャケットはとても綺麗だ
この黒い靴はとても綺麗だ


Lo posso provare?
Li posso provare?
La posso provare?
Le posso provare?

(コートを指して)あれを試着していいですか?
(パンツを指して)あれを試着していいですか?
(ジャケットを指して)あれを試着していいですか?
(靴を指して)あれを履いてみてもいいですか?


Paolo e` simpatico.
Paolo e Lucio sono simpatici.
Paola e` simpatica.
Paola e Lucia sono simpatiche.

パオロはいい人だ
パオロとルーチョはいい人だ
パオラはいい人だ
パオラとルチーアはいい人だ


Sandro e` andato al mare.
Sandro e Claudio sono andati al mare.
Sandra e` andata al mare.
Sandra e Claudia sono andate al mare.

サンドロは海に行った
サンドロとクラウディオは海に行った
サンドラは海に行った
サンドラとクラウディアは海に行った



2718502i_20191203224014e13.jpg

Bellissima questa desinenza in rima!!
(A me piace l'avverbio che solo lui fa a modo suo senza obbedire al sostantivo )

この美し過ぎる語尾の韻はなんだ!
(他の品詞が名詞に粛々と従う中、一人だけテコでも動かない副詞が男前




Vedendo questi esempi infatti quasi tutti gli studenti si convincono della regola caratteristica della lingua italiana. Poi c'e` chi provo piu`interesse, ma c'e` anche chi si sente perplesso davanti alla complessita` grammaticale.

これらの例文は実際とても説得力があって、イタリア語独特のルールを、へえぇー!こりゃたまげた!と一発でお分かりいただけます。たまげた後、面白いですねぇ~と前のめりになる方もいれば、こんな細かいルール覚えられる気がしません、と天を仰ぐ方もそりゃたくさんね、いるわけですけどね。


a03482-0_20191204223402897.png


Ma io penso che chi deve studiare italiano abbia vantaggio sulle persone che hanno bisogno di studiare un'altra lingua.
Quando faccio questo corso, nelle altre aule fanno le lezioni di diverse lingue, e ogni tanto si sentono le voci degli studenti che si esercitano la pronuncia corretta con l'insegnante.

でもね、イタリア語を勉強しなくちゃいけない人は、世界の他の言語を勉強しなくちゃいけない人に比べたら、ずーっとマシだと思うんですよ。
この集中講座をしている時、他のクラスでは往々にして他の言語のレッスンも行われていて、生徒さんたちが先生に続いて、正しい発音をみんなで何度も何度も声に出して練習しているのが時折り聞こえてくるんです。



Enchante, je m'appelle XX. (アンシャンテ、ジュマペールXX)

Freut mich, Ich heisse XX .(フロイト ミッヒ、イッヒ ハイセXX)

Приятно C BAMN познакомиться, Меня зовут
(プリヤートナ ス ヴァーミ パズナコーミッァ、ミニャー ザヴートXX)

ยินดีที่ได้รู้จักครับ/ค่ะ ผมชื่อ ... ครับ 
(インディー ティー ダイ ルーゥチャック クラッ(プ) カー、ポム チューXXクラッ(プ)

初次见面,我的名字是XX (チューツージェンメン、ウォー ジャオXX)



Incredibile! Sono tutti "Piacere, mi chiamo..."! Ma quanto sara` difficile pronunciare correttamente!!

これ全部、単なる「はじめまして、私の名前はXXです」!
je m'appelle がなんで「ジュマペール」、Freut がなんで「フロイト」なんだ!アルファベットじゃない人たちはもう見ただけでお手上げだ!




Chi studia l'italiano (almeno noi giapponesi) dovrebbe ringraziare il fatto che questa lingua e` fatta con uno spelling e una pronuncia assai semplice rispetto al francese, tedesco, russo!! Il primo passo dello studio inizia con aprire il libro, per cui vedere delle frasi che si possono piu` o meno leggere e` una cosa estramamente positiva!

ローマ字はローマ字通り読めば良く、母音は書いてあるだけキッチリ発音すれば良いイタリア語って、なんて学習者に優しいんでしょっ!語学学習はまずテキストを開くところからスタートするんだから、パッと開いた瞬間に、なんだか読めちゃうというのは、最初の一歩のモチベーションが全然違いますよね。
あとは、マッキナなのかマッキーナなのか、マッティーナなのかマッティナなのかを覚えればいいんだけなんだから、こんなとっつきやすいにも程があるイタリア語に、皆さん感謝しましょう。なーむー。



ci vs ne notizia aggiornata 続報 - 2019.11.13 Wed

IMG_3900_20191113104404276.jpg

・・・




Nell'ultimo post ho scritto sul "mistero" delle particelle Ne (=di esso) e Ci (=con esso).
Penso di aver capito piu` o meno la regola, o meglio sto cercando di convincermene per forza, ma praticamente mi rimane ancora irrisolto...

前回、NE (=di~) と CI (=con~) の謎について書きました。
なんとなくは理解したというか、なんとか理解しようと努力しているというか、でもやっぱりまだ喉に引っかかったまま食道に落ちて行かないというか・・・



Nel frattempo un caro lettore Higheppa-san ci ha mandato un messaggio in proposito che mi ha dato un gran suggerimento!

これはもうご飯を丸飲みして、無理矢理落とし込むしかないな、と思っていた矢先、記事を読んで下さったヒゲッパさんから、大きなヒントになる貴重なコメントをいただきました!




辞書によると、「con:素材(〜で、〜から、〜を使って)」、「di:材料(〜の、〜でできた)」というのがありました。
英語でも、「from:原料(質や成分が変化する)」と「of:材料(構成要素)」を使い分けることが多いようです。
con(from)と di(of)の使い分けにもそんな意識が影響しているのかもしれませんね。

ll dizionario dice: CON indica materie prime, DI indica materiali/ingredienti.
Anche in inglese vengono distinti tra FROM (cambiano la qualita` e/o elementi) e OF (ingredienti, componenti)
Forse anche in italiano c'e` questa differenza.





2718502i_20191110173153ef6.jpg

Infatti!!!

確かに !!!






succo fatto CON l'uva ブドウでできたジュース
sake` fatto CON il riso 米でできた酒
dolce fatto CON il tofu 豆腐でできたお菓子
torta fatta CON le mele リンゴでできたケーキ


In poche parole non si capisce a prima vista di cosa e` stata fatta, cioe` gli elementi si trasformano nel corso di produzione.

一言で言えば、それが何でできているのか、一目じゃ分からないもの。原料であるブドウや、米、豆腐、リンゴが、出来上がりにはすっかり姿を変えているわけで、ヒゲッパさんが指摘して下さった、「素材・原料→質や成分が変化する」に当てはまるわけですね。


tavolo fatto DI legno 木でできた机
vaso fatto DI vetro ガラスでできた器
casa fatta DI mattoni レンガでできた家
torta fatta DI farina, uova e zucchero 粉、卵、砂糖でできたケーキ


Questi esempi invece, in poche parole si capisce a prima vista di cosa e` stata fatta, cioe` quei materiali e ingredienti sono stati utlizzati per fare un prodotto.

一方こちらは、パッと見てそれが何でできている分かるもの。つまりは、木やガラス、レンガ、粉その他を材料にして作ったということで、「質が変化」しているわけじゃなくて、その物を構成する「要素」を述べているってことなんですね、きっと。(きっと、というあたりにまだ自信の無さが滲んでいる)

どこに書いてあったかどうしても思い出せなくて、ちょっと今イライラしてるんですが、使うものが同じ「牛乳」でも、出来上がったものが、これは牛乳でできてる!とすぐ分かれば、fatto di latte で、これ何でできてるの?え?牛乳なの?!みたいなものだと、fatto con il latte になる、ということがどこかに書いてあったことを思い出しました!えーと、どこに書いてあったんだっけなぁー。イライラするなーもう!




Ringrazio Higheppa-san per avermelo notato!

ヒゲッパさん、すっごいヒントを下さってありがとうございます!




Ma quanto e` complessa la lingua italiana...

いやはや、イタリア語ってなんてオモロイんでしょう・・・ヒクヒク




ci vs ne - 2019.11.07 Thu

IMG_3994.jpg

Tutti e due vanno bene, no?

どっちだっていいんじゃないの~?




Mio figlio e` fortissimo nella corsa. ( ) faro` un vero campione!
私の息子は走るのが大の得意です。私は彼を真の一流選手にするつもりです。

a) lo
b) ne
c) ce lo
d) ce ne


Questo e` uno delle domande dell'esame d'italiano del primo livello svolto nel 2016.
L'avevo dato anch'io e avevo scelto a) che e` sbagliato.
La risposta giusta e` b) e ho saputo che c'e` un'espressione idiomatica "fare di + ql.cu. + ql.co." che vuol dire "fare diventare ql.cu. + ql.co.", e "di + ql.cu." si puo` sostituire a NE, per cui la risposta e` "NE (= di mio figlio) faro` un vero campione".

これは、2016年の実用イタリア語検定1級に出題された問題です。
私も受けたんですが、答えに a) を選んでアウト。
正解は b) で、「fare di + 人 + 何か」で、「人を~にする」というイディオムであることを後になって知りました。で、「di + 人」の部分が NE で置き換えられるので、答えは、NE (= di mio filgio) faro` un vero campione 「息子を一流選手にする(息子でもって一流選手を作る)」なんだとか。
こういう場合の di は、手段を表す「~で」という意味をもつんですね。



La mia insegnante Fiorenza mi ha spiegato che l'uso simile lo troviamo anche nella frase come questa:

そんなの分かんないよぉ~、とフィオレンツァ師匠に言いつけたら、こういう NE はこんな文の時も使うわよ、と新たな例文を教えてくれました。



In casa ho della farina, delle uova e dello zucchero, e NE faro` una torta.
家には、小麦粉と卵と砂糖があるから、これでケーキを作ろう。



Anche in questo caso NE indica "di tutti questi ingredienti" e li trasformo in torta.
Ok, sto capendo che questo "DI qualcosa" sia il punto importante per sostituire con la particella NE...

この場合も、NE は、di tutti questi ingredienti 「これらの全ての材料で」を指していて、li trasformo in torta 「これらをケーキに変える」ということなんですね。
ふーむ。息子「で」一流選手を作ったり、粉と卵と砂糖「で」ケーキを作ったり、その「で」が NE なのだな・・・



MA!!!!

ところが!!!!




Ho comprato 3 mele, ( ) faro` una torta.
リンゴを3つ買ったので、これでケーキを作ろう。

a) ne
b) ci


Questo e` un quiz che ho trovato su internet e la risposta giusta non era NE ma CI !!!!

これ、ネットでたまたま見たクイズなんですけど、答えは NE ではなくて CI だと言うではないですかっ!!!


365896_a5134149349043798cc3096f8a416d67~mv2

Ma come mai????!!!!!

なんでだよぉー????!!!!





Ho provato a chiedere il perche` ad una pagina scambio linguistica, e un signore me l'ha spiegato gentilmente che in questo caso CI riferisce a "CON queste mele" e sta a dire che "con queste 3 mele faro` una torta"
Quando hai invece farina, latte, uova e zucchero e di tutti questi ingredienti fai una torta, puoi dire NE fai una torta, perché li trasformi in una torta.
Non puoi usare NE per le 3 mele, perche` e` impossibile trasformarle in una torta senza l'uso degli altri ingredienti.
Neanche lui era certo al 100%, ma e` cosi` il suo parere.

粉と卵と砂糖でもってケーキを作る時は NE で受けて、リンゴでもってケーキを作る時は CI で受けなきゃいけないって、一体どゆことー?!ドンッ!(机叩く)
ワナワナしながら、ネットで然るべきサイトに尋ねてみたところ、とっても親切なネイティブの方が教えてくれました。(ゼーゼー)
曰く。
粉や牛乳や卵や砂糖があって、それらを全部使ってケーキを作る場合、すでに上に書いたように、DI tutti questi 「それら全部で」を NE で受けることはできるけど、リンゴ3つの時は NE はダメ。なぜなら、他の材料を何も使わずにリンゴだけでケーキを作るなんて不可能だから、CON queste 3 mele 「この3つのリンゴを使って」を意味する CI になるのだと。
解説してくれたその人も、100%確信があるわけじゃないけど、僕はそう思うと。



Capisco che CI intende "CON qualcosa", invece NE indica "DI qualcosa", ma per me sono ugualli nel senso che faccio una torta UTILIZZANDO qualche ingrediente, una con farina, uova e zucchero, e l'altra con le mele (e ovviamente con gli altri ingredienti)!

「con~」を代名詞に替えると CI になり(Sto bene con Anna = Ci sto bene など)、「di~」を代名詞に替えると NE になる。うん、そうだとも。それは分かってる。
でも、ワタシテキには、その材料を使ってケーキを作るという意味において、両方とも同じなんですけど! 1つは、粉と卵と砂糖を使って(←しつこい)、もう1つは、そりゃ他にも材料必要だけど、リンゴを使ってってことでしょ?結局同じじゃん!


08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_201911071510460ed.jpg


C'e` qualcuno che potrebbe convincermene in modo semplice...?

どなたか、ズバッと一発で腑にブッ込んで下さる方はいらっしゃいませんか?





La Prova di Abilita` Linguistica イタリア語検定 - 2019.10.07 Mon

IMG_3652.jpg

500 x 4 = 2,000




Ciao a tutti! Come state?
皆さん、こんにちは!お元気でいらっしゃいましたか?



Da un po' di tempo che non aggiornavo il blog.
久しく更新していませんでした。



Mi chiedete il perche`?
なぜかって?



Perche` oltre alle lezioni quotidiane mi dedicavo tutto il tempo a fare l'ultimo controllo del mio secondo libro della grammatica italiana, che fra non molto

なぜなら、日頃のレッスン以外の時間は、ひたすら2冊目のイタリア語文法書の最終チェックに追われていたからでありまして、しかし、それもようやく終盤を迎え、



972177_10151603968805735_269123820_n_2019100714330320d.jpg



sara` finalmente in venditaaa!!!

じきに出版となりますぅぅぅ!!!!





Spero tanto che vi piacera`! Il giorno del lancio ve lo comunchiero` piu` avanti.

皆さまに愛用していただけますよーに!発売日はまた改めてお知らせしたいと思います。



images_20191007145649b45.png



Dunque, ieri si e` tenuto l'esame della lingua italiana che si svolge una volta all'anno per il primo e il secondo livello, e due volte per tutti i sei livelli: quinto, quarto, terzo, pre-secondo, secondo e primo.
E` un test che ci offre una buon'opportunita` per affrontare la prova linguistica italiana e per sapere le proprie conoscenze e competenze. Questa volta cinque dei miei allievi l'hanno sfidato e mi domando se sia andata bene per tutti quanti.

そんなことより、昨日は第49回実用イタリア語検定の日でしたね~。1年なんてホントにあっちゅ間で、もうこの日が来たか、という感じです。受験された方々、お疲れ様でした!
CILSやPLIDAと違って、日本人対象の、日本国内のみで行われている試験ではありますが、自分って一体どのくらい分かってんだろう?と、今もってる知識と実力を測る、いいチャンスですし、これに向かって勉強するというのも、学習モチベーションを維持する1つの方法かと思います。
毎回、数名の生徒さんがトライしていますが、今回は5名がゲートイン。みんな、日頃の勉強の成果を遺憾なく発揮できたかなぁ。ヨシッ!と心の中でガッツできた問題が出てるといいんだけどなぁ。




Prima dell'esame, di solito con gli studenti facciamo tanti esercizi utilizzando quelli che si sono gia` svolti nel passato. Siccome gli allievi hanno diversi livelli, risulta che io faccia parecchi esercizi di vari livelli , e nel ciascun esercizio ci imbattiamo spesso nelle domande "pericolose" che tentano di intrappolare i candidati.

試験の前は、たいてい過去問を生徒さんとやりまくります。解いて解いて解きまくります。5、4、3、準2、2、1級の6段階ある中で、生徒さんたちが目指す級はそれぞれなので、結果的にワタクシとしては、全級の問題を解いて解いて解きまくることになります。
色々やっていると、各級の傾向が浮かび上がってくるもので、毎回これ出るね、よっぽど覚えとけってことだね、という問題もあれば、手を変え品を変えて、受験者を何とか罠にはめようとするヤバイ問題もある。こっちも必死だけど、検定協会も必死に危険な問題をたくさん用意して、皆さんが来るのをコシタンタンと待ち構えています。



Per esempio:
たとえば、



Livello quarto 4級 (2016春)

Ieri mattina Carletto ( 1 ) tardi, cosi` ( 2 ) in fretta e ( 3 ) di corsa per andare a scuola, senza fare neanche colazione.

(1)
a) si ha svegliato
b) si ha sveglio
c) si e` sveglio
d) si e` svegliato

(2)
a) e` dovuto prepararsi
b) ha dovuto prepararsi
c) e` dovuto si preparare
d) ha dovuto si preparare

(3)
a) ha uscito
b) ha escito
c) e` uscito
d) e` escito

(2)は従属動詞+再帰動詞の近過去の問題で、毎回100%出る。賭けてもいい!


Livello quarto 4級 (2018春)

A me ( ) yogurt alla frutta non piacciono molto.

a) il
b) lo
c) i
d) gli

そうくるか・・・。よくこんな問題考えました。エライ!


Livello terzo 3級 (2011秋)

Grazie! E` un regalo ( ) bellissimo!

a) piu`
b) il piu`
c) molto
d) davvero

これはねぇ、-issimoがなんなのかを知っておく必要がありますね。


Livello terzo 3級 (2011秋)

Se io ( 1 ), tu ( 2 ) di non raccontarlo a nessuno? Sara` un segreto fra di noi.

(1)
a) te lo dico
b) lo ti dico
c) ti dicolo
d) dirtelo

(2)
a) gli prometti
b) promettiti
c) mi prometti
d) promettimi

(2)は、これもまた、そうくるか系。よく考えるな~、まったく。疑問符と感嘆符って大事なのね。


Livello pre-secondo 準2級 (2017春)

( ) la febbre, sono dovuto andare a lavorare.

a) Anche se
b) Sebbene
c) Nonostante
d) Pur essendo

これね、結構最近まで私も気がつきませんでした。アレとアレは同じなのでは?と思わせといて、実は・・・。


Livello secondo 2級対策本

Stamattina Maria ( ) ha visto dipingere un ritratto.

a) si
b) lui
c) gli
d) li

これはいやはやなんとも・・・。


Livello primo 1級 (2014)

Tagliate a cubetti il pomodoro, che ( 1 ) precedentemente pelato e privato dei semi, e quindi ( 2 ) agli altri ingredienti.

(1)
a) aver
b) avrete
c) aveste
d) avreste

(2)
a) mescolato
b) mescolando
c) lo mescoli
d) mescolatelo

(1)はですね、考えてみればそりゃそうなんだけど、こういう形で言われちゃうと一瞬分からなくなる、みたいな問題。



ねこ3Se c'e` qualcuno che vuole sapere le risposte, scrivimi un messaggio!

皆さんもトライしてみて下さいね。
答えをお知りになりたい方は、メッセージお待ちしています!





Non so 分かんない - 2019.07.27 Sat

P7060707.jpg

Non giocare con il mio viso!

人の顔で遊んでんじゃねーよ!





C'e` una locuzione fissa che, secondo me, e` molto utile :

個人的に、これは便利だなぁ~と思う表現があります。



Non so come fare.
どうしたらいいか分かんない

Non so cosa fare.
何をしていいか分かんない

Non so dove andare.
どこに行っていいか分かんない

Non so quale comprare.
どれを買っていいか分かんない

Non so quando partire.
いつ出発していいか分かんない



Cioe` si tratta del modo di dire:
つまり


Non so + avverbio interrogativo + infinito



分かんない + 疑問副詞 + 不定詞 

(ただし、「分かんない人」と、不定詞の主語が同じ場合)




Una cosa interessante e` che quando usiamo i verbi servili, cioe` dovere, volere e potere, il verbo non e` piu` all'infinito ma va coniugato secondo il soggetto.

疑問詞の後が不定詞ってところが楽チンでいいな~と思うんだけど、ここに従属動詞3兄弟dovere、volere、potereが参入してくると事情が変わってきます。
3兄弟は不定詞のままじゃダメで、ちゃんと主語に合わせて、つまり「分かんない人」に合わせて人称変化してね、っていうのが不思議あるあるイタリア語文法です。



Non so come posso fare.
どうしたらいいか分かんない

Non so cosa devo fare.
何をしなくちゃいけないのか分かんない

Non so dove voglio andare.
自分がどこに行きたいのか分かんない

Non so quale devo comprare.
どれを買わなくちゃいけないのか分かんない

Non so quando posso partire.
いつ出発できるか分かんない




Rage-why_2019072717031650c.pngCon l'avanzare dell'eta` ho sempre piu` cose che non so come fare, soprattutto qualcosa dell'ambito tecnologico dell'informazione.
A volte poi quando c'e` qualcosa che non va con il mio computer non so nemmeno a chi devo chiedere: a Microsoft? a JCOM? a Toshiba? al negozio di elettronica? al proprietario del condominio? ・・・

歳と共に、何をどうすべき分かんないことが益々増えているような気がします。特に、IT分野ね。これはもうどうにもなりません。
1日24時間365日、これだけ酷使しているパソコンなのに、メカニズムの理解度はほぼゼロ。何か不具合が起きると、私を助けてくれるのは、マイクロソフト?JCOM?東芝?電気屋?それとも管理人さん?!・・・といちいちパニクリます。・・・





Vorrei essere un'adulta che ci sa fare.

何ごともスマートに切り抜けられる大人になりたいもんです。




pronomi 代名詞 - 2019.07.12 Fri

P6240548.jpg

Come sono?

中々イケてる?




Quando facciamo alla lezione i pronomi diretti, indiretti e accoppiati, la maggior parte degli studenti si mostra imbarazzato.

レッスンで直接目的語、間接目的語、直接と間接の結合型の勉強をすると、生徒さんの大多数はこんな顔されます。



08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20190711115416654.jpg



Capisco. Condivido di tutto cuore i loro sentimenti.

分かります。その気持ち、よーく分かります。



Mi servono quei documenti. Puoi passarmeli?
私はそれらの書類が必要です。私にそれらを取ってもらえますか?

Hai deciso di dire la verita` a tua moglie? - Si`, ho deciso di dirgliela stasera.
奥さんにほんとのことを言うことにした?-うん、今晩、彼女にそれを言うことにした。

Fammi sapere com'e` andata la riunione. - Certo, aspetta un attimo che te lo racconto subito.
会議がどんな風にいったか教えて。-もちろん。すぐに君にそれを話すから、ちょっと待って。

Marco, quando puoi presentarmi il rapporto di ricerca? - Cerchero` di rappresentarGlielo entro domani.
マルコ、いつ私に調査結果を提出できるかね?-明日までに、あなたにそれを提出するようにします。

Tra le cose piu` divertenti del Giappone ci sono i divieti. Ce ne sono un miliardo. Ne elenchero` solo alcuni e altri ve li mostrero` in foto. (citato dal libro "I love Tokyo" di La Pina)
日本で最も面白い物の中に、「禁止」がある。それに関しては、膨大な数あるわけ。それらのうちのほんのちょっとだけリストアップしてみるけど、他のは、あなた方にそれらを写真で見せるわね。(La Pinaの『I love Tokyo』より引用)


s_201907121931116e9.png



Accidenti! Quanti pronomi vengono usati in una frase!

ったく、どんだけ代名詞好きなんだ!






Sapete cosa? In giapponese si capisce perfettamente anche senza pronomi (cioe` le parti in rosso), anzi, e` molto piu` normale senza! Direi perfino che suona strano metterli ogni volta che si parla.

メリだの、テロだの、リエロだの。誰に?何を?をいちいちいちいち入れるイタリア語。
一方、日本語の赤い部分、ハッキリ言って要らないですよね?いちいち言う方が変ですよね?




Una lingua in cui e` indispensabile mettere i pronomi vs una lingua in cui si parla normalmente senza pronomi...
Ecco perche` noi giapponesi facciamo fatica a manovrare queste piccole parole.

代名詞が殊のほか大事な言語と、全部スッ飛ばしちゃったって、ぜーんぜん困らない言語という、両極端な者同士の仁義なき戦い。
なもんで、我々日本人にとってはえらく難儀な作業なわけです。





Tuttavia...
とはいっても・・・





mi, ti, ci, vi (私を・私に/君を・君に/私たちを・私たちに/君たちを・君たちに)
lo, la, li, le + ne (彼を/彼女を/彼らを/彼女らを+それについて)
gli, le, gli, gli (彼に/彼女に/彼らに/彼女らに)




praticamente ce ne sono SOLO 13!!
Anche con quelli accoppiati, in totale 33!

目的語代名詞は、合計たった13個しかないんですっ!
えらいいっぱいあるように思えて、わずか13ですよ、13。
「私にそれを」などの結合型を含めたとしても、計33なんですよ!これはいけるでしょう~?
(まぁ、これを適材適所、瞬時に入れられるかどうかが最大の問題なわけですが)




Ci vorra` un "allenamento" per poter dire istantaneamente i pronomi giusti al posto giusto.

目的語代名詞は、もし勝手に省略してしゃべったとしても、言いたいことの趣旨は伝わると思うんです。それゆえ、意識して使うようにしないと中々上達しない。
パッと聞いて、ピッと考えて、チャッと言えるようになるにはトレーニングが必要です。
で、『代名詞100本ノック』(正確には80本)を用意しました。メロ・テロ・リエロ♪を強化したい方はリクエストお待ちしております!


sono o siamo? 私?私たち? - 2019.04.14 Sun

P3310234.jpg

Grazie di cuore per le vostre condoglianze e per aver provato la compassione per me.
Saro` per sempre nel vostro cuore...


皆さま、温かいお言葉を本当にありがとうございました。
優しいお心遣いが沁みます・・・。
絶対、その辺飛んでる!パタパタパタパタパタパタ・・・


IMG_0462.jpg



Allora, mi rimetto a studiare.
では、気を取り直して、勉強再開。





L'altro giorno mentre facevo gli esercizi di CILS, l'esame organizzato dall'Universita` per stranieri di Siena, mi sono imbattuta nella seguente domanda:

先日、シエナ外国人大学が行っているCILS試験の問題を解いてたら、次のような問題が出てきました。




Avevo 12 anni quando (visitare) per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non (dimenticare) i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito (andare) in un'agenzia di viaggi e....

サルデーニャのマッダレーナ島を初めて訪れたのは、私が12歳の時だった。そのヴァカンツァで体験した潮の香りと海の色を今でも覚えている。というわけで、去年の夏、夫と一緒に私は旅行代理店に行き・・・





Si deve completare il testo con le forme giuste dei verbi tra parentesi, e sinceramente non e` stato tanto difficile, almeno mi sembrava.

カッコの中の動詞を適切な形にしなさい、という問題なんですが、そ~んなには難しくないかも、と思いました。少なくともパッと見は。




Avevo 12 anni quando ho visitato per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non dimentico i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito sono andata in un'agenzia di viaggi e....





Tutti i verbi del testo li ho coniugati e sono andata tranquillamente a controllare le soluzioni... e qui mi aspettava una cosa INCREDIBILMENTE SCONVOLGENTE!!!

全部で20個あるカッコの動詞を、こうであろうと思われる形にホイホイと変えて、では答え合わせを、と解答を見たらば・・・そこには、なんとも大変ショーゲキテキな答えが待ち受けていました!




Le soluzioni dicono:
答えが言うには、




Avevo 12 anni quando ho visitato per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non dimentico i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito siamo andati in un'agenzia di viaggi e....

サルデーニャのマッダレーナ島を初めて訪れたのは、私が12歳の時だった。そのヴァカンツァで体験した潮の香りと海の色を今でも覚えている。というわけで、去年の夏、夫と一緒に私たちは旅行代理店に行き・・・





o0162016212229231691_2019041415062022b.jpgMa come mai?!
Perche` "siamo andati"?! Perche` il soggetto e` NOI?!
Dice che "con mio marito" quindi sono io che sono andata con lui in un'agenzia di viaggi, no?!

えぇぇーっ!なんでなんで?!
なんで、「私たち」が主語なの?!
con mio marito 「夫と一緒に」って書いてあるんだから、彼と旅行代理店に行ったのは「私」ですよね?!





Sono andata con mio marito al cinema.
私は夫と一緒に映画に行った

Io e mio marito siamo andati al cinema.
私と夫は映画に行った



La suddetta regola e` quella su cui non avevo mai avuto dubbio da 30 anni!

「夫と一緒に」なら主語は「私」!
「私と夫」なら主語は「私たち」!
人生このかた、このルールに疑いをもったことなんて一度もありまてん!!





... ma mi chiedo se sara` possibile che l'Universita` per stranieri di Siena faccia un errore cosi` distratto...

・・・でも、シエナ外国人大学が、こんなうっかり間違えをするなんて有り得るだろうか・・・(時々あるんだけどね)





oppure...
そうか・・・





Non vorrei sentire che c'e` per caso una regola grammaticale che definisce

まさかとは思うけど、こんな文法ルールがあるなんて言わないよね・・・?



Sono andata con mio marito al cinema.
私は夫と一緒に映画に行った

ma
だけど

Con mio marito siamo andati al cinema.
夫と一緒に私は映画に行った



08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20190414175014889.jpg


Ovvero, se "con mio marito" viene prima del verbo, il soggetto diventa NOI e non IO...?

つまり、con mio marito 「夫と一緒に」が動詞の前にくると、主語は「私」ではなく、「私たち」になるとか・・・?





Cari lettori madrelingua italiani, ci potreste far sapere i vostri parere su questo?
Altrimenti non riuscirei a dormire!

ここはもう、イタリア語母国者の皆さまのご意見をお寄せいただきたい!
日本人の方でも、あ、そういうルールになってるみたいだよぉ~、ということをご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお寄せ下さいまし。
解決しないと寝られない!(うそ)



pronome diretto+si 直接目的語代名詞+si - 2019.02.19 Tue

 P2071283.jpg

Da qui vi sto guardando se state studiando o no!

みんなが勉強してるかどうか、ここから見張ってるからね~





Se volete potete chiamarmi maniaca della grammatica italiana. Appunto, lo sono!

皆さん、私をイタリア語文法マニアと呼んで下さって構いません。実際そうだから。ウフフ




Se mettiamo il complemento all'inizio della frase, bisogna ripetere il pronome diretto corrispondente:

普通、直接目的語は他動詞の後ろにくるわけですが、それを文頭に置いた場合は、直後にその直接目的語を受ける代名詞を繰り返さなくちゃいけない、というルールがあります。日本語の「~を~する」が「~は~する」になるイメージ。



Mangio il gelato dopo cena.
ジェラートを夕食後に食べる

Il gelato lo mangio dopo cena.
ジェラートは、(それを)夕食後に食べる


Devi fare subito i compiti!
すぐに宿題をしなくちゃだめよ!

I compiti li devi fare subito!
宿題は、(それを)すぐにしなくちゃだめよ!


Vuoi il caffe` caldo o freddo?
ホットコーヒーとアイスコーヒーとどっちがいい?

Il caffe` lo vuoi caldo o freddo?
コーヒーは、(それは)ホットとアイスどっちがいい?


Vuole le olive nere o verdi?
黒オリーブとグリーンオリーブとどちらがいいですか?

Le olive le vuole nere o verdi?
オリーブは、(それは)黒とグリーンとどちらがいいですか?




Poi "si" impersonale richiede il verbo alla terza persona singolare:

直接目的語を文頭に置いた場合のルールが分かったところで、次は、「人はみんな~です」を意味する非人称の si なんですが、これはいつも動詞の3人称単数が後ろにきますね。



In Italia si parla molto.
イタリアでは、人はみんなよくしゃべる



で、お次は受身の si ですが、これは動詞の後の名詞が、実は受身形における主語なので、それが単数なのか複数なのかによって、動詞も3人称の単数か複数かが決まります。



In Iitalia si mangia molta pasta.
イタリアでは、人はみんなよくパスタを食べる

In Italia si bevono molti caffe`.
イタリアでは、人はみんなよくカフェを飲む





Mi state seguendo fin qua?
Allora, entriamo nell'argomento principale!

みんな~、ここまでちゃんとついて来てますかー?
では、本題に入りましょう!




In Italia si mangiano gli spaghetti al dente.
イタリアでは、人はみんなスパゲッティをアル・デンテで食べる



Se mettiamo "gli spaghetti" prima del verbo, come cambiera` la frase??
この文の gli spaghetti を動詞の前にもってきたら、文の構成はどう変わると思います?



In Italia gli spaghetti...
イタリアでは、スパゲッティは・・・

In Italia gli spaghetti li...
イタリアでは、スパゲッティはそれを・・・

In Italia gli spaghetti li si...
イタリアでは、スパゲッティはそれを、人はみんな・・・

In Italia gli spaghetti li si mangiano al dente...?
イタリアでは、スパゲッティはそれを、人はみんなアル・デンテで食べる・・・?



26157518_454867244909933_1521297834517725184_n.jpg



4J7X7ZbTGRSufEm_7475_2019021809432238f.jpg

In Italia si mangiano gli spaghetti al dente
イタリアでは、人はみんなスパゲッティをアル・デンテで食べる

In Italia gli spaghetti li si mangia al dente
イタリアでは、スパゲッティは、人はみんなアル・デンテで食べる





Nella frase "si mangiano gli spaghetti al dente", il soggetto e` "gli spaghetti" perche` e` la forma passiva, cioe` sta per dire "gli spaghetti sono mangiati al dente".
Ma se mettiamo "gli spaghetti" prima del verbo, cosi` come "il gelato lo mangio dopo cena", ci vuole il pronome corrispondente "li" e cosi` "gli spaghetti" non e` piu` il soggetto ma il complemento diretto. E chi li mangia? Le persone generali. E quindi ci vuole "si" impersonale, e di conseguenza il verbo deve essere alla terza persona SINGOLARE!

si mangiano gli spaghetti al dente という文は、gli spaghetti sono mangiati al dente という受動態を、受身の si を使って言い換えただけなので、主語は gli spaghetti。だから動詞も3人称複数形。
だけど、il gelato lo mangio dopo cena 「ジェラートは(それを)夕食後に食べる」のように、gli spaghetti を動詞の前に置くと、それを受ける直接目的語代名詞 li を繰り返さなくちゃいけないから、gli spaghetti はもはや主語ではなく、直接目的語になっちゃって、じゃあ、それを誰が食べるのかというと、「人はみんな」なので、非人称の si が必要になって、そうなると動詞も必然的に3人称単数形になるとっ!!



A: Dove si trovano i libri storici dell'antica Roma?
古代ローマの歴史の本はどこで手に入りますか?
B: Di solito li si puo` trovare ai musei Vaticani.
たいていは、バチカン美術館で(それらが)手に入りますよ


A: In Italia prima si facevano le tagliatelle a casa.
イタリアでは、昔はタリアテッレを家庭で作っていたよね
B: Esatto, ma ora normalmente le si compra al negozio di alimentari.
そうだね。でも今は、みんな(それらを)食料品屋さんで買ってるね


A: Sai come si mangiano i calciofi?
カルチョフィって、どうやって食べるか知ってる?
B: No, come li si mangia?
いや、どうやって(人はみんなそれを)食べるの?



028_20190219160055821.png
Ecco perche` mi piace l'italiano...

だから、イタリア語好きよ・・・




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (133)
allargare i vocabolli 語彙を広げる (1)
grammatica 文法 (62)
espressioni 表現 (152)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (8)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (50)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (26)
etc その他 (99)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

プライベートレッスン 日本人講師 教室 イタリア語 小田急線 経堂 Circolo_Massimo 世田谷区 東京 チルコロマッシモ 

.new {color:red; font-weight:bolder;}