FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-05

Sai cosa?! てーへんだてーへんだ! - 2021.05.11 Tue

IMG_0651.jpg

Il problema è che sono una cicciona

問題は、ちょっとデブっちょだってこと




Oggi vi annuncio una cosa assai sorprendente (per me).
Si tratta di un fatto sconvolgente (per me) tale da far cascare il mondo!

本日は、(私にとって)誠に驚くべきことを発表致します。
それは、(私にとって)地球がひっくり返るほど衝撃的な真実です!




Siete pronti...?
心の準備はよろしくて?




L'unico problema sono i soldi. = I soldi sono l'unico problema.
唯一の問題はお金だ=お金が唯一の問題だ

L'unico problema è i soldi.

"è" non va bene perché, secondo quello che mi spiegano i madrelingua italiani, il soggetto della frase è "i soldi", non "l'unico problema"(!!!), come si può capire dalla frase invertita "I soldi sono l'unica problema".

L'unico problema 「唯一の問題は」と、3人称単数名詞で言い出しておきながら、それを受ける動詞が è ではダメで sono でなくてはならないのは、ネイティブの説明によると、i soldi 「お金」(3人称複数名詞)が主語だからだというんです!!
そしてそれは、「唯一の問題」と「お金」をひっくり返して、I soldi sono il problema 「お金が唯一の問題だ」とすることで、i soldi が主語であることがすぐに分かるでしょ?と。


Il protagonista sei tu. = Tu sei il protagonista.
主役は君だ=君が主役だ

Il protagonista è tu.
Idem come sopra. ダメな理由は同上。


Il problema sono io, non tu. = Io sono il problema, non tu.
問題は私なんだ、君じゃない=私が問題なんだ、君じゃない

Il problema è io, non tu.
Idem come sopra. ダメな理由は同上。


Il suo divertimento sono mangiare e bere.
= Mangiare e bere sono il suo divertimento.
彼の楽しみは、食べることと飲むことだ=食べることと飲むことが、彼の楽しみだ

Il suo divertimento è mangiare e bere.
Idem come sopra. ダメな理由は同上。



o020002001352027225551_202105102334214e9.gifForse gli italiani non comprenderanno la mia perplessità e mi diranno: "Ma scusa, cosa c'è di sorprendente qui?"
Ma ragazzi, tutte queste frasi cominciano dal sostantivo singolare: l'unico problema, il protagonista, il problema, il divertimento, e si potrebbe dare per scontato che sono tutti soggetti della ciascuna frase, proprio come "Marco è italiano" (Marco = soggetto), per cui non mi sento tranquilla dire "L'unico problema SONO...".

恐らく多くのイタリア人読者は、私がなんで「ウソ~~!」と叫んでいるのか分からないだろうなぁ。これのどこにそんな驚愕するようなことが?と思うんだろうなぁ。
でもイタリア人諸君、よーく見て。l'unico problema「唯一の問題」、il protagonista「主役」、il problema「問題」、il divertimento「楽しみ」って単数名詞だよね。これが文頭で、次に動詞が続いていたら、これらが文の主語だと普通思うよね?当然そう思うよね?だって、Marco è italiano「マルコはイタリア人です」と同じ構造だし、この場合マルコが主語だよね?だから、l'unico problemaの後に動詞の3人称複数形を続けて L'unico problema SONO とするのはものすっごい違和感なわけですよ!



Ma grazie ad un certo gentilissimo italiano ho capito che una frase tipo queste è semplicemente quella che è invertita dalla frase normale con la struttura 《soggetto+essere+complemento》, per cui il soggetto rimane lo stesso anche nella frase invertita e per questo il verbo essere va concordato con il soggetto.

だけど、分かったんです。とても親切な、とあるイタリア人の方のお陰で。
この手の文は、一つの強調文であって、普通の《主語+essere+補語》の形の文をただひっくり返して言ってるだけなんですね。だから、文頭にきた名詞は、一見主語に見えるけど、実は補語。主語はあくまでも元の文の主語にあたる名詞だから、動詞はそれに合わせて下さいよと、そういうわけだったのです。


I soldi sono l'unico problema. (主語= i soldi)
お金が唯一の問題だ
L'unico problema sono i soldi. (主語= i soldi)
唯一の問題はお金だ ←「唯一の問題」を強調

Tu sei il protagonista. (主語= tu)
君が主役だ
Il protagonista sei tu. (主語= tu) 
主役は君だ ←「主役」を強調

Io sono il problema, non tu. (主語= io)
私が問題なんだ、君じゃない
Il problema sono io, non tu. (主語= io)
問題は私なんだ、君じゃない ←「問題」を強調

Mangiare e bere sono il suo divertimento. (主語= mangiare e bere)
食べることと飲むことが、彼の楽しみだ
Il suo divertimento sono mangiare e bere. (主語= mangiare e bere)
彼の楽しみは、食べることと飲むことだ ←「彼の楽しみ」を強調



20121216_259522_20210511173544479.pngHo imparato che un soggetto seguito dal verbo essere non è sempre il soggetto della frase. Per me è sempre stata una cosa quasi automatica pensare che lo sia, perciò ci ho messo molto tempo a comprendere il mistero della struttura di una frase di questo tipo.
Ma praticamente si trattava di un fatto tremendamente semplice!

動詞essereの前にある名詞が、いつも文の主語とは限らない、ということを改めて学びました。「AはBだ」という文を見ると、ほとんど反射的、本能的に「A=主語!」と思って長年生きてきたため、今回のこの理屈を理解しようと思っても脳が「いやいや、なに言ってんの?」と受け付けないもんだから、ふ~ん、なるほどね、の域までくるのに相当時間がかかりました。
でも実は文をひっくり返しただけの、極めて、頭くるほど単純な問題なのでした!





追記


強調構文でふと思いました。下の二つの文をご覧下さい。

Mangio dopo il gelato. ジェラートを、あとで食べる
Il gelato lo mangio dopo. ジェラートは、あとで食べる

日本語も、「ジェラートを」だと普通の目的語だけど、「ジェラートは」にすると、「それについては」というテーマを全面に出してるような文になりますよね。イタリア語も、ジェラートを強調したければ、文頭に出して、代名詞 lo でそれを繰り返す、という語順になります。でも、食べるのはいずれにしても「私」だから、動詞は mangio のままですよね。

Il gelato, lo mangio dopo. ジェラート、それはあとで食べる

今回のビックリ構文も、考えてみればそれと同じなんですね。上の文のように、カンマを入れると分かりやすいです。

L'unico problema, sono i soldi.
唯一の問題、それはお金である

Il protagonista, sei tu.
主役、それは君である

「主語+essere+補語」をひっくり返して、「補語+essere+主語」にした場合は、「補語、それは主語である」と考えるようにすれば、i soldi や tu が主語で、動詞はそれに合わせるべし!という法則が妙にスッキリ~?

potenza dei pronomi diretti 直接目的語代名詞のパワー - 2021.02.19 Fri

IMG_0178.jpg

Chissà perché...

なんでだろうね~・・・




mi, ti, ci, vi, lo, la, li, le, ne...
私を・君を・私たちを・君たちを・彼を・彼女を・彼らを・彼女らを・そのうちの・・・

mi, ti, ci, vi, gli, le, gli, gli...
私に・君に・私たちに・君たちに・彼に・彼女に・彼らに・彼女らに・・・




I pronomi diretti e indiretti sono uno dei elementi più tormentosi per noi giapponesi che studiano l'italiano, soprattutto i pronomi diretti alla terza persona "lo, la, li, le" ci mettono a volte veramente in imbarazzo.

イタリア語の直接と間接目的語代名詞は、日本人泣かせの項目の一つですよねぇ。ミとか、チとか、ラとか、ネとか、ごちゃごちゃ細かい二文字があちこちに飛び交って、めんどくさいったらありゃしない。まぁ慣れてきたら、そんなに悪い連中でもないんですけどね。
そんな中でも群を抜いて存在感をアピールしてくるのは、直接目的語代名詞の3人称 lo、la、li、le のような気がします。



Marco ha comprato una macchina. L'ha (= La ha) comprata ieri.
マルコは車を買った。それを昨日買った。



È già stupefacente il fatto che l'uso del pronome diretto richiede la concordanza del participio passato!
Ma pazienza, è un obbligo. Un decreto. Una legge stabilita dal governo italiano...

essere を助動詞にとる自動詞と違って、avere をとる他動詞は、過去分詞の語尾が comprato とか mangiato とか、常に -o で楽チンね~って喜んでたのに、名詞の代わりをする直接目的語代名詞 lo、la、li、le が入った途端、その代名詞の性・数に語尾を合わせなきゃいけないなんて、オイ過去分詞よ、一体何があったんだ! って首根っこをゆさゆさしたくなります。
でも仕方ない。ルールだから。条例だから。イタリア政府が決めた法律だから。




Ma questo è soltanto l'inizio.
しかし!そんなの序の口。




verbi riflessivi 再帰動詞

Marco si mette la giacca. マルコはジャケットを着る
Marco si è messo la giacca. マルコはジャケットを着た(← マルコが男だから)
Marco se l'è (= la è) messa. マルコはそれを着た(← la が入ったから)

Mi lavo i capelli. 私は髪を洗う
Mi sono lavata i capelli. 私は髪を洗った(← 「私」が女だから)
Me li sono lavati. 私はそれらを洗った(← li が入ったから)

Anna si taglia le unghie. アンナは爪を切る
Anna si è tagliata le unghie. アンナは爪を切った(← アンナが女だから)
Anna se le è tagliate. アンナはそれらを切った(← le が入ったから)


Con i verbi riflessivi che richiedono l'ausiliare "essere" il participio passato concorda con il genere e il numero del soggetto, ma con nostra sorpresa, se usiamo il pronome diretto, il participio passato diventa "dipendente" del pronome!

冒頭に書いた、「avere をとる他動詞に lo、la、li、le が入ると、過去分詞の語尾は代名詞の性・数に合わせる」というルールは、まぁまぁ学習の初期段階で宣言されて、一瞬瞳孔が開くものの、どうにか受け入れて参りました。
ところが、lo、la、li、le のパワーはそんなもんじゃなかった!
再帰動詞の近過去の助動詞は essere で、そうなると当然、過去分詞の語尾は主語の性・数に合わせる・・・のに、代名詞が入ると途端に過去分詞は代名詞の家来になるのだ!主人である主語を無視して、代名詞のシモベに!なぜだ!なぜなんだ!



farsi fare da... ~に~してもらう

Marco si fa tagliare i capelli da sua moglie. マルコは、奥さんに髪を切ってもらう
Marco si è fatto tagliare i capelli da sua moglie.
マルコは、奥さんに髪を切ってもらった(← マルコが男だから)
Marco se li è fatti tagliare da sua moglie.
マルコは、奥さんにそれらを切ってもらった(← li が入ったから)

Mi faccio fare il tiramisù da mia sorella. 私は姉にティラミスを作ってもらう
Mi sono fatta fare il tiramisù da mia sorella.
私は姉にティラミスを作ってもらった(← 「私」が女だから)
Me lo sono fatto fare da mia sorella.
私は姉にそれを作ってもらった(← lo が入ったから)


Quella regola tanto misteriosa vale anche alla forma causativa con il verbo riflessivo "farsi".
Ma come mai i pronomi diretti hanno un'influenza così grande nell'ambiente grammaticale?! Rendono talmente complicato che ci viene voglia di mollare tutto e di riunciare a concordare con nessuno...

「farsi + 不定詞+ da+人」は、「~に~してもらう」という、再帰動詞と使役形の合わせ技ですが、farsi が再帰動詞だから、やはりこれにも同じルールが適用され、過去分詞の語尾は、あっけなく主語を見捨てて直接目的語代名詞の言うなりに・・・。
「~を」を司る lo、la、li、le は、近過去の助動詞が avere であろうが essere であろうが、過去分詞の語尾を支配する。
なんなの、これ?この人たち、なんでこんなに影響力があるんだ?!



le mani

mamma: Ragazzi, vi siete lavati bene le mani?
あんたたち、ちゃんと手洗った?

bambini: Certo! Ce le siamo lavate bene bene bene!
もちろん!ちゃんとちゃんとちゃんと洗ったよ!



un regalo extra 嬉しい贈物 - 2020.12.30 Wed

P9210267.jpg

Buon annooooo!!

みなさーん、良いお年をね~!!




Ieri ho ricevuto un bellissimo regalo.

昨日、まったく予期しない素敵なプレゼントをいただきました。


IMG_0032.jpg

Wow! Che bello!! L'olio extra vergine di oliva Novello dell'oleificio Fabbri di Lucca!! Grazie milleeee!!

ワオッ!ルッカはファブリ社のエキストラバージンオリーブオイルではないですか!
わ~ん、嬉しいよ~!ありがとうございます!

Oleificio Fabbri Lucca

IMG_0033.jpg

Il 2020 è stato un anno incredibile. Un anno in cui l'Italia, che mi è sempre stata una presenza subito accanto, si è allontanata da me proprio all'improvviso.
Essendo nel penultimo giorno dell'anno con umore depresso, mi è arrivato inaspettamente un sapore DOC dalla Toscana! La bottiglietta mi ha fatto sentire il profumo dell'Italia nell'ultimo momento dell'anno e mi sono sentita tanto consolata.

2020年は、本当に信じられない年でした。長年、自分の中ですぐ隣にあったイタリアという国が、2月を境に突然、マジで突然!手の届かない存在になってしまった。
そんな1年を引きずったまま、さえない気分で年末を迎えていたら、ピンポ~ン♪と宅配便が。
それはトスカーナからの、美しく輝く鸚緑の一番搾りなのでした。2020年の最後の最後にイタリアの香りを感じることができて、とても慰められました。

IMG_0034_202012301514125a9.jpg

La mia commozione a parte, anche qui c'è qualcosa che mi attira l'interesse.

さて、私の感動はさておき、ここにも何やら目を引く文言が。


"Il sapore fresco di olive con il gusto gradevole ed il suo aroma ampio, equilibrato e rotondo, NE fanno un prodotto di grande qualità."
心地よい味わいと、広がりのある、バランスの取れたまろやかな香りをもつオリーブのフレッシュな風味が、高品質な製品にしています



Ho pensato: a cosa si riferisce questo "ne".
考えました。この代名小詞 ne は何を指しているんだろうと。



Ci è voluto abbastanza tempo finché non avessi capito cosa sostituisce questa particella pronominale, ma alla fine mi sono resa conto che c'è un'espressione fissa: fare di qualcuno/qualcosa + qualcosa" che significa "rendere"!

文の意味は分かるんだけど、ne が気になる!
ne といえば、多くの場合 di~の代わりだよねぇ。ここの ne は di+何だろうなぁ、としばらく時間がかかりました。
で、いきなり閃いた!ああ、あれだ!fare di + A + B 「AをBにする」だ!


Farò di mio figlio un vero campione di corsa.
息子を本物のサッカー選手にするつもりだ
Ne farò un vero giocatore di calcio.
彼を本物のサッカー選手にするつもりだ

Il nuovo sindaco ha fatto dell'onestà la sua bandiera.
新しい市長は、自身の誠実さを旗印にした
Ne ha fatto la sua bandiera.
新しい市長は、それを旗印にした

Voglio fare degli avanzi di pasta un buon piatto.
パスタの残りを美味しい料理にしたい(パスタの残りで美味しい料理を作りたい)
Ne voglio fare un buon piatto.
それを美味しい料理にしたい(それで美味しい料理を作りたい)


E quindi,
なので、


Il sapore fresco di olive con il gusto gradevole ed il suo aroma ampio, equilibrato e rotondo, fanno di questo olio d'oliva un prodotto di grande qualità.
心地よい味わいと、広がりのある、バランスの取れたまろやかな香りをもつオリーブのフレッシュな風味が、このオリーブオイルを高品質な製品にしています
→ ... ne fanno un proddo di grande qualità
これを高品質な製品にしています


linestamp_thumnail_main_663-thumb-240x240-15960_20201230224232a2f.png



Urra! Ce l'ho fatta! È stato risolto l'ultimo dubbio del 2020!

よしっ!2020年最後のモヤモヤもこれで解決!





Cari lettori, grazie tante per aver seguito questo blog anche quest'anno e ci vediamo alla prossima!
Auguro a tutti voi un felice anno nuovo! Ciaoooo!

読者の皆さま、今年もブログをお読み下さり、本当にありがとうございました!来年もまたよろしくお願い致します。
STAY HOME な年末年始ですが、来年は今年よりは絶対!ぜったい!ゼッタイ!いい年になりますようにお祈り致します!
1月にまたお会いしましょう。チャオ~!



anche/neanche ~も~だ/~も~ない - 2020.12.08 Tue

IMG_7037.jpg

Chi sono queste signore?

このオバチャンたちは誰?



Mi permetto anticipamente di dirvi che il tema di oggi è grammaticalmente molto maniaco.

今日は、文法マニア好みの内容となっておりますので、ご了承下さい。




In un libro ho trovato la seguente frase:

今放送中のNHKラジオのイタリア語、上級編がとてもいいですね~。リスニングの力をつけてほしい!という先生方の熱い気持ちが毎回伝わってきます。
そんな中、先日こんな文章がありました。


Nati come 'macchine da pesca' per pescare senza bisogno di uscire in mare con la barca, i trabucchi sono quasi sconosciuti anche agli italiani.
海に船を出さなくても漁を可能にする「漁獲装置」として生まれたトラブッコは、イタリア人にもほとんど知られていません


Si tratta di un articolo sulle piattaforme di legno affacciate sul mare che si trovano sulle coste di Abruzzo e di Molise. L'articolo l'ho letto con interesse, perché è stata una cosa che non conoscevo affatto, ma quello che mi ha attirato di più gli occhi è l'uso della congiunzione "anche".

「トラブッコ」と呼ばれる、アブルッツォ州やモリーゼ州の海岸に今でも残る、昔ながらの漁獲用設備についての記事だったんですが、トラブッコォ~?と私も聞いたことがなかったもので、興味深くリスニングに挑戦しました。
でも実は、トラブッコよりも私の目を引いたのは、接続詞 anche 「~も」の使い方でした。


Me ne sono incuriosita perché "sconosciuto" significa "non conosciuto" per cui mi trovo a pensare quasi automaticamente che è una frase negativa , e se è negativa, dovrebbe richiedere "neanche" e non "anche". Penso così anche perché in giapponese questa frase viene tradotta sempre alla forma negativa.

なぜ目を引いたかというと、sconosciuto が「知られていない」という、conosciuto 「知られている」の反意語で、要は、sconosciuto 自体が否定の意味をもった言葉だからで、否定なんであれば、「~も~ない」は anche ではなくて、neanche なんではなかろうか、と頭が勝手に作動しちゃうからなんです。
あ、何言ってるか分かりますかね
「私は知ってる。彼も・・・」とくれば「知ってる」が続くのが普通だし、「私は知らない。彼も・・・」とくれば「知らない」になりますよね?日本語はどちらも「も」だけど、イタリア語では、肯定文である前者は anche、否定文である後者は neanche でつなぐので、イタリア人にもトラブッコを知らない人が多いなら、neanche にしたくなっちゃう、ということなんです。



Ma praticamente non è la forma negativa ma affermativa, anche se il senso della frase è negativo (cioè neanche gli italiani li conoscono), quindi la congiunzione deve essere "anche".

でも、この文は non は入ってないから否定文ではない!たとえ「イタリア人にも知られていない」と意味の上では否定であっても、否定文ではないのだっ!ゆえに、neanche ではなくて anche にしなくちゃいけないのだっ!!(脳に刷り込む)


...i trabucchi sono quasi sconosciuti anche agli italiani.
...i trabucchi sono quasi sconosciuti neanche agli italiani.
トラブッコは、イタリア人にもほとんど知られていません



Se invece la frase è alla forma negativa, allora si usa "neanche".

一方、もしこれが non の入ったれっきとした否定文なら、もちろん neanche でつなぎます!(ゼーゼー)


...i trabucchi non sono conosciuti neanche dagli italiani.
トラブッコは、イタリア人にも知られていません



istockphoto-544477430-170667a.jpg

trabucco トラブッコ



E qui c'è un'altra cosa da notare :

で、ここでまた余計な・・・もとい、非常に興味深い留意点が


...i trabucchi sono quasi sconosciuti anche agli italiani.
トラブッコは、イタリア人にもほとんど知られていません

...i trabucchi non sono conosciuti neanche dagli italiani.
トラブッコは、イタリア人にも知られていません


Le preposizioni cambiano a seconda dei casi: "sconosciuto", che è l'aggettivo, richiede "a", "conosciuto" invece, che è il participio passato della forma passiva, richiede "da".

そうです。前置詞が違うのです。「イタリア人に」の「に」にあたる前置詞が違うのです!
sconosciuto 「知られていない」は形容詞で、「~に知られていない」は a でつなぐ。一方 conosciuto は、他動詞 conoscere 「~を知っている」の過去分詞で、essere conosciuto は「知られている」という受動態だから、「~によって、~から」を表す動作主は da でつなぐ。


essere sconosciuto a qualcuno ~に知られていない
essere conosciuto da qualcuno ~に知られている(~から知られている)


"conosciuto" può essere anche l'aggettivo (es. Questo attore è molto conosciuto.) e in questo caso si usa "a", ma sarebbe più normale seguire con "da qualcuno"... o no? Tuttavia il significato non cambia.

conosciuto だって形容詞じゃないか!というご意見、ごもっとも。Questo attore è molto conosciuto 「この俳優はよく知られている(有名だ)」のように。
essere conosciuto は、「essere+形容詞」でもあり、conoscere の受身でもあるので、前者なら a でつなぎ、後者なら da でつなぐんだけど、受身と解釈する方がどうやら一般的・・・なのかな?いずれにしても意味は変わらないから、ま、いっか!


Naoki Matayoshi è sconosciuto agli italiani.
又吉直樹は、イタリア人に知られていない

Banana Yoshimoto è conosciuta dagli italiani. (forma passiva 受身)
= Banana Yoshimoto è conosciuta agli italiani. (aggettivo 形容詞)
吉本ばななは、イタリア人から知られている



unnamed_20201208223759f88.jpg





Sono stanca... ora vado a dormire...

ああ、疲れた・・・ もう寝る。




pronomi indiretti 間接目的語代名詞 - 2020.10.09 Fri

P9210258 (2)

Malinconia autunnale...

秋の哀愁・・・




Ho sempre pensato di fare un post riguardo ai pronomi indiretti nell'uso un pochino "misterioso" per noi giapponesi , ma finora non l'avevo ancora fatto. Ho deciso di spiegarlo anche perché l'altro giorno sono stata chiesta in proposito da una mia allieva.

今日は、間接目的語代名詞の変な使い方についてです。
いや、ネイティブにとっては変な使い方どころか、至極真っ当な用法なんでしょうが、我々日本人は「ふー・・・ん 」みたいな顔になる 。これについては、前から書きたいと思ってはいたのに書いてなくて、先日生徒さんから質問をいただいたのをきっかけに書こうと思いました。




Quando studiamo i pronomi indiretti, i libri ci danno degli esempi di frase come questi:

「誰々に」を表す間接目的語代名詞を学習する時、テキストにはたいてい次のような例文が載っていますよね。


Ho telefonato a Mario → Gli (= a lui) ho telefonato.
マリオ電話した→彼電話した

Ho regalato dei fiori a Maria → Le (= a lei) ho regalato dei fiori
マリア花をプレゼントした→彼女花をプレゼントした

A me piace il gelato → Mi piace il gelato
私(にとって)はジェラートが好き

Ai bambini piace giocare → Gli (= a loro) piace giocare
子どもたち(にとって)は遊ぶのが好き→彼ら(にとって)は遊ぶのが好き


Questi sono facili da capire, si tratta soltanto della funzione fondamentale di "a chi?".

ハイ、これは簡単ですね。「誰?」を mi「私に」、ti「君に」、ci「私たちに」、vi「君たちに」、gli「彼に」、le「彼女に」、gli「彼らに、彼女らに」で表すという、間接目的語代名詞の基本中の基本の用法ですもんね。



maxresdefault_202010082325499e4.jpg



Ora entriamo nell'argomento di oggi
I seguenti esempi invece a prima vista è difficile capire quale funzione abbiano quei pronomi.

さて、ここからが本題です。
次の文に入っている間接目的語代名詞の役割はなんでしょ?1問5秒でお答え下さい!チッチッチッチッ・・・


1) Scrivo quello che mi passa per la mente.
頭に浮かんだことを書く

2) Il giovane le ha carezzato la guancia.
若者は、彼女の頬を撫でた

3) Gli ho tagliato i capelli.
彼の髪を切ってあげた

4) Mi gira la testa quando salgo in alto.
高い所に上るとめまいがする

5) Ho portato mio figlio dal medico. Gli ha osservato la gola e gli ha prescritto dei farmaci.
息子を医者に連れて行った。喉を診てもらって、薬を処方してもらった


Certo, anche questi sono quelli che hanno significato "a qualcuno", ovvero per il 1) a me, 2) a lei, e così via, ma praticamente hanno una funzione che sostituiscono gli aggettivi possessivi: 1) Scrivo quello che passa per la mia mente.
Se il complemento diretto del verbo è una parte del proprio corpo, in italiano mi sa che venga usato il pronome indiretto invece dell'aggettivo possessivo, e credo sia una delle caratteristiche dell'italiano.

これらも文法的には、a me「私に」、a lei「彼女に」などを指す間接目的語代名詞なんですけど、実際には「私の」「彼女の」といった所有形容詞の代わりをしていますよね?1)だったら「私の頭」だし、2)だったら「彼女の頬」だし。
頭、頬、髪、喉など、自分の体の部位が動詞の直接目的語になっている場合、イタリア語ではそれを mia mente とか sua guancia といった所有形容詞を使わずに、間接目的語代名詞で表すんですね。そうすることで、それが「自分の体」であることが分かると。my mind とか her cheak とか、英語みたいに所有格を使う方が分かりやすいんじゃないの?とは思うけど、これもイタリア語の大きな特徴の一つとして面白がっておきましょう。


6) A scrivere tanto mi si stanca la mano.
たくさん書くと手が疲れる

7) Oggi ho letto tutto il giorno e mi si sono stancati gli occhi.
今日は一日中本を読んでいたので、目が疲れた

8) Ascoltando la sua storia, ci si è affacciato un dubbio.
彼の話を聞いていて、私たちには疑念が生じた


Pure questi sono come gli esempi precedenti, ma in questo caso vengono seguiti dal verbo riflessivo, e credo normalmente questo uso non siano tanto familiare per chi studia italiano.

6)が、生徒さんに質問された例文です。1)~5)同様に、6) la mia mano の代わりに mi、7) i miei occhi の代わりに mi と、やはり間接目的語代名詞が所有格の代わりをしていますよね。ただし、今度は再帰動詞との合わせ技だ!
stancarsi 「疲れる」のは私の手。でも la mia mano じゃなくて mi を使うから、mi si stanca となる。mi si「ミシ」の響きがなんとも馴染み薄くて不安になりますね(笑)。7)はその過去形!
一方で8)は、所有格の代わりをしているわけではなくて、ただの a noi「私たちに」という意味だけど、affacciarsi「出現する、心に浮かぶ」という再帰動詞とのコンビで、ci si「チシ」になっとります。


8) Mi hanno rubato la borsa.
私はバッグを盗まれた

9) Mia figlia ha solo due mesi e ogni tanto mia madre me la guarda.
私の娘はまだ生後2ヶ月で、母が時々見てくれる

10) Questo libro ti è troppo difficile?
この本はあなたには難しすぎる?


Questi invece il pronome indiretto ha un senso non "a qualcuno" ma "da qualcuno" (8) e "per qualcuno" (9 e 10).
Io non ho mai trovato un libro di grammatica che lo spiega e non capisco perché!

さて、これらは「~に」ではなく、「~から」「~にとって」を意味する間接目的語代名詞であります。
よく見る8)の例文は、Mi (= da me) hanno rubato「私から盗んだ」、9)は、mia madre me (= per me) la guarda「母は私のために彼女を見てくれる」、10)は、ti (= per te) è troppo difficile?「あなたにとって難しすぎる?」という使い方ですね。
間接目的語代名詞は a qualcuno「~に」って言ったじゃん!と怒ったところで仕方ないので、代名詞多用民族の前に白旗を上げてしまいましょう。
それにしても、「~に」以外にもこんな意味で使われますよ、と解説している参考書やテキストに出会ったことがないのは何故だろう。


11)
A: Che bella borsa!
ステキなバッグだね!

B: Veramente ce l'ho da tanto tempo.
前から持ってるよ

A: Davvero? Non te l'avevo mai vista.
本当?あなたがそれを持っているのを見たことがなかったよ


Questo è difficile. Pensandoci piano, capisco la funzione del "te", ma all'istante io non riuscirei a dirlo e quello che potrei dire sarebbe "Non ti avevo mai visto portarla." o cosa del genere.

さあさあ、これは難しいですよ!実はこれ、イタリア語検定準2級のリスニング問題の会話です。
ゆっくり考えてみましょう。
non l'avevo mai vista の l' は borsa「バッグ」でしょ~?
だから、「私はそれを見たことがない」でしょ~?
te はホントは ti だけど、l' の前だから te に変身してるでしょ~?
vedere「見る」の直接目的語代名詞はバッグだから、この te は間接目的語代名詞「あなたに」でしょ~?
でも、8)~10)で見たように、「~に」とは限らず他の意味があるのかもしれない・・・
とここまでは分析できるんだけど、これが「あなたがそれを持っているのを見たことがなかった」という意味になるというではありませんか!この ti が「あなたが」という主語のような役割を果たすなんて、誰が想像できましょうや!私なら、Non ti avevo mai visto portarla と言っちゃいそうだけど、Non te l'avevo mai vista って言った方がイタリア語としての「こなれ感」が違うのかなぁ。


img55080f29zikezj_20201008233018a85.gif



Insomma, più si studia l'italiano più si nota che questa lingua ha una forte preferenza di usare i pronomi, e come non bastasse, ogni pronome ha vari significati che a volte ci mettono in imbarazzo.

というわけで、本日は間接目的語代名詞マジックをご覧いただきました。
イタリア語は勉強すればするほど、いかに代名詞大好き言語であるか、いや、もう代名詞依存症と言っても過言ではない言語であるかが分かります。しかも、たった2~3文字のちっちゃい単語のくせに妙に色んな意味があるし、まったく学習者泣かせの奴らです。



L'apprendimento delle lingue non finisce mai.
終わり無き言語学習。明日も頑張りましょう。



pronomi relativi 関係代名詞 - 2020.07.05 Sun

IMG_6173.jpg

Il posto su cui ho atterrato per caso
è stato la giungla del germoglio di piselli


たまたま着地したのは豆苗ジャングルだった



(Leggerete un post molto lungo)
(今日は長いです。しかもマジメ系。)



Tra gli elementi grammaticali della lingua italiana, uno di quelli più difficili per i giapponesi sarebbe i pronomi relativi, almeno credo, o meglio è uno degli elementi con la più grande differenza tra quelli che capiscono senza fatica e quelli che fanno molta fatica.
Per chi conosce bene l'inglese può essere abbastanza facile perché è simile, ma per la maggior parte dei giapponesi sarà difficile capire come costruire la frase dal momento che la struttura grammaticale è totalmente diversa da quella giapponese.

たくさんあるイタリア語の文法項目の中で、日本人にとって最も難しいものの一つは関係代名詞なんじゃなかろうか、と個人的に思います。というより、さほど苦労せずにさ~っと理解できる方と、とても苦労する方の差が大きい項目と申しましょうか。
英語の関係代名詞、私もほとんど忘れちゃってますが、これが分かってる方は当然早いですよね。考え方が似てますもんね。でも大多数の方にとって、日本語とまったく!まったく!まったく!違う、イタリア語の関係代名詞を使った文の構造を理解するのは容易なことじゃありません。




Il pronome relativo "che" che si riferisce al soggetto o al complemento diretto è abbastanza facile da capire per tutti, un brutto incubo invece è "cui" preceduto da preposizione.

「関係代名詞といえば che でしょ~? 」「それだけじゃないってば!」というやりとりを何度したか分かりませんが、確かに che はいいんです。簡単だから。「私が食べたパン」「あそこで働いている人」といった、直接目的語と主語を指すのが che だから、比較的分かりやすい。
問題は、そうじゃないヤツ(ヤツ呼ばわり)。前置詞+cui で言わなきゃいけないヤツ!



(qlco =qualcosa 何か、qlcu =qualcuno 誰か)


dare qlco a qlcu (~を~にあげる、渡す)

Il bambino a cui ho dato le caramelle è mio nipote.
私が飴をあげた男の子は、私の甥っ子です

「~あげる」が、dare a~だと分かっていても、「飴をあげた男の子」の部分をイタリア語にする時、なぜ難しいか。それは多分、「~」が無いからだと思います。「~」が日本文に無いから、a が引き出せない。
でも、「私は飴を男の子あげた Ho dato le caramelle al bambino」と、「男の子は私の甥っ子だ Il bambino è mio nipote」をくっつけるので、言ってみれば、「男の子、私はその子飴をあげたんだけど、その子は私の甥っ子」といった文になるわけですね。

offrire qlco a qlcu (~を~におごる、提供する)

Chi è la ragazza a cui hai offerto un caffè?
君がコーヒーをご馳走した女の子は誰?
(その女の子は誰?君はその子コーヒーをご馳走したけど)

chiedere qlco a qlcu (~を~に尋ねる、お願いする)

La signora a cui ho chiesto la strada era molto gentile.
私が道を聞いた女性は、とても親切だった
(女性、私はその人道を聞いたんだけど、その人はとても親切だった)

insegnare qlco a qlcu (~を~に教える)

Gli studenti a cui insegno l'italiano sono tutti bravi.
私がイタリア語を教えている学生たちは、みんな優秀だ
(学生たち、私は彼らイタリア語を教えているんだけど、彼らはとても優秀だ)


imparare qlco da qlcu (~を~から習う)

L'insegnante da cui imparo l'italiano è di Roma.
私がイタリア語を習っている先生は、ローマ出身だ

これも、「私がイタリア語を習っている」の中に「~から」が無いから、da がパッと出にくいのかもしれない。同様に、「先生、私はその人からイタリア語を習っているんだけど、その人はローマ出身だ」と考えるのは如何でしょ?

prendere in prestito qlco da qlcu (~を~から借りる)

Ho perso la tessera della biblioteca da cui ho preso in prestito il libro.
本を借りた図書館の会員証を失くした
(図書館の会員証を失くした、そこから本を借りたんだけど)


parlare di qlco, qlcu / con qlcu (~について話す / ~と話す)

Ho comprato il libro di cui mi hai parlato l'altro giorno.
君がこの前話してくれた本を買ったよ

お次は、同じ動詞でも前置詞が変わると意味が変わるものです。
parlare di~は、「~について話す」だから、「あの本買ったよ、君がこの前それについて話してたやつ」のような組み立てになるんですね。

Chi è quella bella ragazza con cui parlavi?
君が話してた、あの綺麗な子は誰?

一方こちらは、parlare con~「~と一緒に話す」なので、「あの綺麗な子は誰?君が一緒に話してた子」って感じ。

Non mi piace il modo in cui parla il mio capo.
上司の話し方が私は好きじゃない

これは、parlare in というよりは、modo 「方法、やり方」とセットになってる前置詞が in だからで、「私はその方法が好きじゃない、上司はいつもその方法話すんだけどさ」というわけですね。
modo とくれば前置詞は in!(例 in modo specifico 「具体的な方法」)


andare a / in / da / con (~に行く / ~と行く)

La festa a cui sono andata ieri sera non era tanto divertente.
昨晩行ったパーティは、そんなに楽しくなかった
(パーティ、私は昨晩そこ行ったんだけど、そんなに楽しくなかった)

Non mi ricordo il giorno in cui sono andato in quel ristorante.
そのレストランに行った日を覚えていない
(日にちを覚えていない、そのレストラン行った日を)

Il medico da cui vado sempre è molto bravo.
私がいつも行っているお医者さんは、とても優秀だ
(お医者さん、私はいつもその人のところ行っているんだけど、とても優秀だ)

Lei è Angela con cui sono andata insieme in Sicilia quest'estate.
彼女は、この夏一緒にシチリアに行ったアンジェラです
(彼女はアンジェラです、この夏彼女シチリアに行きました)

andare alla festa 「パーティ行く」、andare in quel giorno 「その日行く」、andare dal medico 「医者行く」、andare con Angela 「アンジェラ行く」・・・とこれはもう、いつ・どこに・誰と行くのかで前置詞が違うから仕方がない。


per questo motivo / per questa ragione (~という理由で)

Mi dica il motivo (= la ragione) per cui sono stato licenziato!
私がクビになった理由を教えて下さい!

さっき、modo 「方法」といえば in!と書きましたが、motivo、ragione (いずれも「理由、原因」)といえば per!なぜなら、「~の理由」の「」が per だからで、「理由を教えて下さい、私はその理由クビになったと」 という表現になるからですね。


avere bisogno di qlco (~が必要である)

avere voglia di qlco (~がしたい)

avere fiducia in qlcu (~を信用する、~を信頼する)

fidarsi di qlcu (~を信用する、~を信頼する)

contare su qlco/qlcu (~を信頼する、~を当てにする)

non poter fare a meno di qlco (~なしではいられない)

intendersi di qlco (~に詳しい)

volere bene a qlcu (~を愛する、~を大事に想う)

essere innamorato di qlcu (~に恋をしている)

fare il tifo per qlco/qlcu (~を応援する)


ハイハイ、もう数え上げたらキリがないですよー。
これらは全部、いつも決まった前置詞がつく熟語!しかも、その前置詞が日本語としっくり噛み合ってないのが特徴です。「~が」なのに di?「~を」なのに in?などと考えててもしょうがない。なぜなら熟語だから。
でもその前置詞を知ってないと、たとえば、「信用できない人には、仕事の話はしない方がいいよ」とか、「あなたの人生において、これなしではいられないもんってなに?」とか、「あなたたちが応援してるチームはどこ?」なんていう文が作れないわけですねぇ。ふふふ。



Insomma, cari lettori italiani,per i giapponesi è molto molto più difficile manovrare i pronomi relativi, soprattutto "preposizione + cui" di quanto immaginiate! La nostra lingua è anche complessa, ma parlando solo del pronome relativo, magari il giapponese sarà molto più semplice.

というわけで、イタリア人の読者の皆さん、我々日本人が、「前置詞+cui」の関係代名詞にいかに苦労させらているか、お分かりいただけたでしょうか。di かな?a かな?それとも in かな?ウヒヒヒ~ッ!と前置詞どもに試されてる気がして腹立たしい。腹立たしいから頑張らなくちゃいけないのです!
「飴をあげた男の子」→「男の子飴をあげる」って何て言う?「昨日行ったパーティ」→「パーティ行く」って何て言う?という思考回路で前置詞を導き出してみて下さいね~!


ねこ




se cambiamo la preposizione...? 前置詞を換えると...? - 2020.04.21 Tue

IMG_5469.jpg

Mi mancano tutti che venivano a lezione...

みんながいないとつまんないなぁ…





E` complesso... davvero complesso...
ややこしい... ホントややこしい...



無題



Le preposizioni sono le parti del discorso indubitabilmente importanti, ma nello stesso momento sono anche indubitabilmente complicate tale da a volte far impazzire chi studia l'italiano.
Leggendo dei testi o degli aricoli in italiano mi imbatto nelle locuzioni fisse, tra cui ci sono quelle a prima vista uguali ma praticamente non lo sono, e mi trovo spesso a consultare il dizionario per cercare il significato gia` controllato poco prima! Uffff...

前置詞って、品詞の中でも間違いなくトップ級に重要なんだけど、トップ級にややこしいことも間違いなくて、イタリア語学習者を時にキィーーッ!とさせます。キィーーッって。
イタリア語で書かれた文章や記事を読んでいると、多くの熟語に出くわすわけですが、一見同じに見えて、よく見ると実は少し違う、なんていうのもしょっちゅうで、意味を調べようと辞書を引いたら、ちょっと前にすでに調べたヤツだった!似てるからまた引いちゃったじゃないか!バンッ!(ちゃぶ台返し)と一人で怒ったりして疲れます。まったく…。




Ad esempio:
たとえば



in fretta 急いで(~する)
Mi sono svegliata tardi! Devo prepararmi in fretta!
寝坊した!急いで準備しなきゃ!

essere di fretta 急いでいる
Scusa, ora sono di fretta, ne parliamo dopo.
ごめん、今急いでるから、それについては後で話そう



a base di... ~から成り立っている、~をベースにした
La cena di ieri sera a base di pesce è stata davvero eccellente.
魚をベースにした昨日の夕食は、実に素晴らしかった

in base a... ~に基づいて
Il risarcimento dovrebbe essere offerto in base a quello che si avrebbe guadagnato.
補償は、得るはずだった収入に基づいて成されるべきだろう



consiste di... ~で構成されている、~から成り立っている
Il corso d'italiano consiste di 2 ore ogni lezione e 4 volte al mese.
イタリア語講座は、各レッスン2時間、月に4回で構成されています

consiste in... ~に由来する、根拠が~にある
Il nostro lavoro consiste nel progettare scuole nei paesi poveri.
我々の仕事は、貧しい国に学校を造ることである(仕事する根拠がそこにある)



per caso 偶然に、たまたま、ひょっとして
Senti, hai per caso una moneta da un euro?
ねぇ、ひょっとして1ユーロ硬貨もってない?

a caso 適当に、行き当たりばったりに
Non e` un vino tanto pregiato, l'ho scelto a caso.
そんなにいいワインじゃないよ、適当に選んだんだから



dietro a + 物・人 ~の後ろに、~の裏に
Dietro al Duomo (= Dietro il Duomo) c'e` un buon ristorante.(aはあっても無くてもOK)
ドゥオーモの裏にいいレストランがある

dietro di +人称代名詞 ~の後ろに
Mario, non correre, stai dietro di me!
マリオ、走らないで私の後ろにいなさい!



a quanto... ~によると
A quanto lei dice, quel fatto non e` per niente vero.
彼女が言うところによると、それはまったく真実ではないらしい

per quanto... ~に関しては、~の限りでは
Per quanto io ne sappia, c'e` gia` un farmaco per il virus. (lo spero tanto!)
私が知る限り、ウィルスに効果的な薬剤はもうあるらしい(だといいんだけど!)

in quanto... ~だから
Pazienza, dobbiamo per forza stare a casa in quanto quasi tutti i negozi sono chiusi.
仕方ない、家にいなくちゃいけないよ、ほとんどの店が閉まってるんだから



di vista 視界から
Seguivo quell'uomo ma ad un certo punto l'ho perso di vista.
その男を追いかけていたが、ある瞬間見失った(視界から消えた)

in vista 見えるように
Metti le mani in vista o sparo!
手を(見えるように)上げろ、さもなくば撃つぞ!

in vista di ~を見据えて、~を考慮して
Organizziamo il viaggio in vista delle condizioni fisiche della mamma.
お母さんの体調を考えて、旅行を計画しよう



di solito 通常、いつもは
Di solito prendo un caffe` al bar prima di andare in ufficio.
通常、会社に行く前にバールでコーヒーを飲む

al solito いつも通り、いつものように
Mario e` venuto in ritardo come al solito.
マリオは、いつものように遅刻してきた

del solito いつもより(比較級)
Oggi sono tornata dal lavoro piu` presto del solito.
今日はいつもより早く仕事から帰った



a proposito ところで、ちなみに
A proposito, sei libera stasera?
ところで、今晩ヒマ?

a proposito di... ~に関して
A proposito di Marcella, sai dove abita adesso?
マルチェッラといえば(マルチェッラに関してだけど)、今どこに住んでるか知ってる?

in proposito この点に関して
Permettemi di esprimere alcuni commenti in proposito.
この点に関して、いくつか言わせて下さい

di proposito わざと、まじめに、まじめな
Probabilmente lui l'ha fatto di proposito.
恐らく彼は、それをわざとやったんだろう



972177_10151603968805735_269123820_n_2020042122561307f.jpg

Oh, Dio mio!

なんたることよ!




Ce ne dovrebbero essere molti altri!
Se eventualmente vi verranno in mente, fatemeli sapere!

こんなのごく一部で、絶対もっともっとどっさりあるんだと思う。
もし見つけたら、ぜひご一報を!



Grazie, l'italiano! ありがとうイタリア語! - 2019.12.05 Thu

IMG_4243.jpg

Forza, forza!

ガンバレ、ガンバレ!





Di recente faccio abbastanza spesso il corso intensivo ai dipendenti delle aziende che andranno in Italia per lavoro.
La maggior parte dei casi sono principianti assoluti che non sanno nemmeno "buongiorno", e in tempo limitato faccio del mio meglio per fargli capire la base della struttura grammaticale dell'italiano e conoscere il fascino di questa lingua.

ここ最近、イタリア赴任を控えたビジネスパーソン様の短期集中レッスンを多く承っております。
大多数の方が、「ぼんじょるの」って何ですか?の入門者でいらっしゃいまして、イタリア語の文法がどんなことになっちゃってるかをお教えし、かーなーりーめんどくさいけど、かーなーりーオモロイ言語なんでありますよ、といったことをご説明申し上げるのに、ワタクシ、燃えます。




Ormai i corsi li ho gia` fatti tantissime volte, ma ogni volta che lo faccio, riconosco di nuovo che l'italiano e` una lingua veramente ben fatta.

もはや、こういった講座は何度もやってるんですが、学習者の方たちが、イタリア語の特徴を一目で分かるような例文を敢えて書き、そのたんびに、イタリア語ってホンマよぉできとる言語やわ~、と自分でも毎回感心します。




Questo cappotto nero e` molto bello.
Questi pantaloni neri sono molto belli.
Questa giacca nera e` molto bella.
Queste scarpe nere sono molto belle.

この黒いコートはとても綺麗だ
この黒いパンツはとても綺麗だ
この黒いジャケットはとても綺麗だ
この黒い靴はとても綺麗だ


Lo posso provare?
Li posso provare?
La posso provare?
Le posso provare?

(コートを指して)あれを試着していいですか?
(パンツを指して)あれを試着していいですか?
(ジャケットを指して)あれを試着していいですか?
(靴を指して)あれを履いてみてもいいですか?


Paolo e` simpatico.
Paolo e Lucio sono simpatici.
Paola e` simpatica.
Paola e Lucia sono simpatiche.

パオロはいい人だ
パオロとルーチョはいい人だ
パオラはいい人だ
パオラとルチーアはいい人だ


Sandro e` andato al mare.
Sandro e Claudio sono andati al mare.
Sandra e` andata al mare.
Sandra e Claudia sono andate al mare.

サンドロは海に行った
サンドロとクラウディオは海に行った
サンドラは海に行った
サンドラとクラウディアは海に行った



2718502i_20191203224014e13.jpg

Bellissima questa desinenza in rima!!
(A me piace l'avverbio che solo lui fa a modo suo senza obbedire al sostantivo )

この美し過ぎる語尾の韻はなんだ!
(他の品詞が名詞に粛々と従う中、一人だけテコでも動かない副詞が男前




Vedendo questi esempi infatti quasi tutti gli studenti si convincono della regola caratteristica della lingua italiana. Poi c'e` chi provo piu`interesse, ma c'e` anche chi si sente perplesso davanti alla complessita` grammaticale.

これらの例文は実際とても説得力があって、イタリア語独特のルールを、へえぇー!こりゃたまげた!と一発でお分かりいただけます。たまげた後、面白いですねぇ~と前のめりになる方もいれば、こんな細かいルール覚えられる気がしません、と天を仰ぐ方もそりゃたくさんね、いるわけですけどね。


a03482-0_20191204223402897.png


Ma io penso che chi deve studiare italiano abbia vantaggio sulle persone che hanno bisogno di studiare un'altra lingua.
Quando faccio questo corso, nelle altre aule fanno le lezioni di diverse lingue, e ogni tanto si sentono le voci degli studenti che si esercitano la pronuncia corretta con l'insegnante.

でもね、イタリア語を勉強しなくちゃいけない人は、世界の他の言語を勉強しなくちゃいけない人に比べたら、ずーっとマシだと思うんですよ。
この集中講座をしている時、他のクラスでは往々にして他の言語のレッスンも行われていて、生徒さんたちが先生に続いて、正しい発音をみんなで何度も何度も声に出して練習しているのが時折り聞こえてくるんです。



Enchante, je m'appelle XX. (アンシャンテ、ジュマペールXX)

Freut mich, Ich heisse XX .(フロイト ミッヒ、イッヒ ハイセXX)

Приятно C BAMN познакомиться, Меня зовут
(プリヤートナ ス ヴァーミ パズナコーミッァ、ミニャー ザヴートXX)

ยินดีที่ได้รู้จักครับ/ค่ะ ผมชื่อ ... ครับ 
(インディー ティー ダイ ルーゥチャック クラッ(プ) カー、ポム チューXXクラッ(プ)

初次见面,我的名字是XX (チューツージェンメン、ウォー ジャオXX)



Incredibile! Sono tutti "Piacere, mi chiamo..."! Ma quanto sara` difficile pronunciare correttamente!!

これ全部、単なる「はじめまして、私の名前はXXです」!
je m'appelle がなんで「ジュマペール」、Freut がなんで「フロイト」なんだ!アルファベットじゃない人たちはもう見ただけでお手上げだ!




Chi studia l'italiano (almeno noi giapponesi) dovrebbe ringraziare il fatto che questa lingua e` fatta con uno spelling e una pronuncia assai semplice rispetto al francese, tedesco, russo!! Il primo passo dello studio inizia con aprire il libro, per cui vedere delle frasi che si possono piu` o meno leggere e` una cosa estramamente positiva!

ローマ字はローマ字通り読めば良く、母音は書いてあるだけキッチリ発音すれば良いイタリア語って、なんて学習者に優しいんでしょっ!語学学習はまずテキストを開くところからスタートするんだから、パッと開いた瞬間に、なんだか読めちゃうというのは、最初の一歩のモチベーションが全然違いますよね。
あとは、マッキナなのかマッキーナなのか、マッティーナなのかマッティナなのかを覚えればいいんだけなんだから、こんなとっつきやすいにも程があるイタリア語に、皆さん感謝しましょう。なーむー。



ci vs ne notizia aggiornata 続報 - 2019.11.13 Wed

IMG_3900_20191113104404276.jpg

・・・




Nell'ultimo post ho scritto sul "mistero" delle particelle Ne (=di esso) e Ci (=con esso).
Penso di aver capito piu` o meno la regola, o meglio sto cercando di convincermene per forza, ma praticamente mi rimane ancora irrisolto...

前回、NE (=di~) と CI (=con~) の謎について書きました。
なんとなくは理解したというか、なんとか理解しようと努力しているというか、でもやっぱりまだ喉に引っかかったまま食道に落ちて行かないというか・・・



Nel frattempo un caro lettore Higheppa-san ci ha mandato un messaggio in proposito che mi ha dato un gran suggerimento!

これはもうご飯を丸飲みして、無理矢理落とし込むしかないな、と思っていた矢先、記事を読んで下さったヒゲッパさんから、大きなヒントになる貴重なコメントをいただきました!




辞書によると、「con:素材(〜で、〜から、〜を使って)」、「di:材料(〜の、〜でできた)」というのがありました。
英語でも、「from:原料(質や成分が変化する)」と「of:材料(構成要素)」を使い分けることが多いようです。
con(from)と di(of)の使い分けにもそんな意識が影響しているのかもしれませんね。

ll dizionario dice: CON indica materie prime, DI indica materiali/ingredienti.
Anche in inglese vengono distinti tra FROM (cambiano la qualita` e/o elementi) e OF (ingredienti, componenti)
Forse anche in italiano c'e` questa differenza.





2718502i_20191110173153ef6.jpg

Infatti!!!

確かに !!!






succo fatto CON l'uva ブドウでできたジュース
sake` fatto CON il riso 米でできた酒
dolce fatto CON il tofu 豆腐でできたお菓子
torta fatta CON le mele リンゴでできたケーキ


In poche parole non si capisce a prima vista di cosa e` stata fatta, cioe` gli elementi si trasformano nel corso di produzione.

一言で言えば、それが何でできているのか、一目じゃ分からないもの。原料であるブドウや、米、豆腐、リンゴが、出来上がりにはすっかり姿を変えているわけで、ヒゲッパさんが指摘して下さった、「素材・原料→質や成分が変化する」に当てはまるわけですね。


tavolo fatto DI legno 木でできた机
vaso fatto DI vetro ガラスでできた器
casa fatta DI mattoni レンガでできた家
torta fatta DI farina, uova e zucchero 粉、卵、砂糖でできたケーキ


Questi esempi invece, in poche parole si capisce a prima vista di cosa e` stata fatta, cioe` quei materiali e ingredienti sono stati utlizzati per fare un prodotto.

一方こちらは、パッと見てそれが何でできている分かるもの。つまりは、木やガラス、レンガ、粉その他を材料にして作ったということで、「質が変化」しているわけじゃなくて、その物を構成する「要素」を述べているってことなんですね、きっと。(きっと、というあたりにまだ自信の無さが滲んでいる)

どこに書いてあったかどうしても思い出せなくて、ちょっと今イライラしてるんですが、使うものが同じ「牛乳」でも、出来上がったものが、これは牛乳でできてる!とすぐ分かれば、fatto di latte で、これ何でできてるの?え?牛乳なの?!みたいなものだと、fatto con il latte になる、ということがどこかに書いてあったことを思い出しました!えーと、どこに書いてあったんだっけなぁー。イライラするなーもう!




Ringrazio Higheppa-san per avermelo notato!

ヒゲッパさん、すっごいヒントを下さってありがとうございます!




Ma quanto e` complessa la lingua italiana...

いやはや、イタリア語ってなんてオモロイんでしょう・・・ヒクヒク




ci vs ne - 2019.11.07 Thu

IMG_3994.jpg

Tutti e due vanno bene, no?

どっちだっていいんじゃないの~?




Mio figlio e` fortissimo nella corsa. ( ) faro` un vero campione!
私の息子は走るのが大の得意です。私は彼を真の一流選手にするつもりです。

a) lo
b) ne
c) ce lo
d) ce ne


Questo e` uno delle domande dell'esame d'italiano del primo livello svolto nel 2016.
L'avevo dato anch'io e avevo scelto a) che e` sbagliato.
La risposta giusta e` b) e ho saputo che c'e` un'espressione idiomatica "fare di + ql.cu. + ql.co." che vuol dire "fare diventare ql.cu. + ql.co.", e "di + ql.cu." si puo` sostituire a NE, per cui la risposta e` "NE (= di mio figlio) faro` un vero campione".

これは、2016年の実用イタリア語検定1級に出題された問題です。
私も受けたんですが、答えに a) を選んでアウト。
正解は b) で、「fare di + 人 + 何か」で、「人を~にする」というイディオムであることを後になって知りました。で、「di + 人」の部分が NE で置き換えられるので、答えは、NE (= di mio filgio) faro` un vero campione 「息子を一流選手にする(息子でもって一流選手を作る)」なんだとか。
こういう場合の di は、手段を表す「~で」という意味をもつんですね。



La mia insegnante Fiorenza mi ha spiegato che l'uso simile lo troviamo anche nella frase come questa:

そんなの分かんないよぉ~、とフィオレンツァ師匠に言いつけたら、こういう NE はこんな文の時も使うわよ、と新たな例文を教えてくれました。



In casa ho della farina, delle uova e dello zucchero, e NE faro` una torta.
家には、小麦粉と卵と砂糖があるから、これでケーキを作ろう。



Anche in questo caso NE indica "di tutti questi ingredienti" e li trasformo in torta.
Ok, sto capendo che questo "DI qualcosa" sia il punto importante per sostituire con la particella NE...

この場合も、NE は、di tutti questi ingredienti 「これらの全ての材料で」を指していて、li trasformo in torta 「これらをケーキに変える」ということなんですね。
ふーむ。息子「で」一流選手を作ったり、粉と卵と砂糖「で」ケーキを作ったり、その「で」が NE なのだな・・・



MA!!!!

ところが!!!!




Ho comprato 3 mele, ( ) faro` una torta.
リンゴを3つ買ったので、これでケーキを作ろう。

a) ne
b) ci


Questo e` un quiz che ho trovato su internet e la risposta giusta non era NE ma CI !!!!

これ、ネットでたまたま見たクイズなんですけど、答えは NE ではなくて CI だと言うではないですかっ!!!


365896_a5134149349043798cc3096f8a416d67~mv2

Ma come mai????!!!!!

なんでだよぉー????!!!!





Ho provato a chiedere il perche` ad una pagina scambio linguistica, e un signore me l'ha spiegato gentilmente che in questo caso CI riferisce a "CON queste mele" e sta a dire che "con queste 3 mele faro` una torta"
Quando hai invece farina, latte, uova e zucchero e di tutti questi ingredienti fai una torta, puoi dire NE fai una torta, perché li trasformi in una torta.
Non puoi usare NE per le 3 mele, perche` e` impossibile trasformarle in una torta senza l'uso degli altri ingredienti.
Neanche lui era certo al 100%, ma e` cosi` il suo parere.

粉と卵と砂糖でもってケーキを作る時は NE で受けて、リンゴでもってケーキを作る時は CI で受けなきゃいけないって、一体どゆことー?!ドンッ!(机叩く)
ワナワナしながら、ネットで然るべきサイトに尋ねてみたところ、とっても親切なネイティブの方が教えてくれました。(ゼーゼー)
曰く。
粉や牛乳や卵や砂糖があって、それらを全部使ってケーキを作る場合、すでに上に書いたように、DI tutti questi 「それら全部で」を NE で受けることはできるけど、リンゴ3つの時は NE はダメ。なぜなら、他の材料を何も使わずにリンゴだけでケーキを作るなんて不可能だから、CON queste 3 mele 「この3つのリンゴを使って」を意味する CI になるのだと。
解説してくれたその人も、100%確信があるわけじゃないけど、僕はそう思うと。



Capisco che CI intende "CON qualcosa", invece NE indica "DI qualcosa", ma per me sono ugualli nel senso che faccio una torta UTILIZZANDO qualche ingrediente, una con farina, uova e zucchero, e l'altra con le mele (e ovviamente con gli altri ingredienti)!

「con~」を代名詞に替えると CI になり(Sto bene con Anna = Ci sto bene など)、「di~」を代名詞に替えると NE になる。うん、そうだとも。それは分かってる。
でも、ワタシテキには、その材料を使ってケーキを作るという意味において、両方とも同じなんですけど! 1つは、粉と卵と砂糖を使って(←しつこい)、もう1つは、そりゃ他にも材料必要だけど、リンゴを使ってってことでしょ?結局同じじゃん!


08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_201911071510460ed.jpg


C'e` qualcuno che potrebbe convincermene in modo semplice...?

どなたか、ズバッと一発で腑にブッ込んで下さる方はいらっしゃいませんか?





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}