3749299106.jpg

2011-02

Tanti paesi, gli stessi costumi 所変われど品変わらず - 2011.02.27 Sun

057-1.jpg

Ciao, bella!



L'autunno scorso quando sono stata a Firenze sono andata in una libreria per cercare qualche testo interessante della lingua italiana. Ho guardato bene gli scaffali di libri e materiali scolastici, ma purtroppo non ho trovato niente di particolare.
Mentre andavo verso l'uscita, mi ha attirato invece questo libro e l'ho comprato subito.

昨年の秋にフィレンツェに行った時、面白そうなイタリア語のテキストかなんかないかなぁと思って本屋に行きました。教科書や学校の教材が並ぶ棚をじっくり見てみたんですが、ピンとくるものがなかったので仕方なく出口に向かうと・・・右目斜め右下あたりにオモロそうな本が!!手に取るや、すぐに買っちゃいましたよ。


071-1.jpg 



『結婚生活をどう生き抜くか』


なぜ人は結婚するか

新郎
「愛、運命、その女性と決めたから…」

新婦
「不運だったから…」










Voglia di Ridereシリーズ
Giunti出版
Giunti Store
Amazon(現在在庫切れ)


Si racconta della "regola" e dei propri sentimenti che esistono nella vita matrimoniale attraverso il dialogo tra marito e moglie e lo sfogo del marito / della moglie ad un amico / un'amica in modo piuttosto onesto e ironico.
Si svela la "realta`" del matrimonio e si svolge la controbattuta della coppia fino alla fine, ma non c'e` niente di cupo, angoscioso, doloroso, ANZI, tutte le battute sono davvero argute e fanno ridere! C'e` addirittura qualcosa da imparare.

表紙からして分かりますが、結婚生活における目に見えない暗黙のルール、男女の本音、夫婦の力関係(大抵の場合、妻の勝ち)などが妻と夫の会話や、友人へ思わず言ってしまうセリフなどを通して最後までぶっ通しで書かれています。
結婚生活の現実と、夫婦間で繰り広げられるアップテンポでハイレベルな応酬はそりゃもうすごいんですが、読んでいて暗く、陰鬱になるどころか、そのウィットの利いたあまりに正直、且つ皮肉たっぷりの書きっぷりに大笑いです。おおー、そういう言い返しがあったか、とメモを取りたくなるぐらいです。



Partiamo da questo.

では早速これから見てみましょう。


075-11.jpg

私と主人は興味あることが一緒だから気が合うの。主人は私のことだけ考えてるし、私も私のことだけ考えてるんですもん。



Ma il marito non si arrende.

夫も負けてません。


072-1.jpg






結婚して25年間女房をモルジブ島に連れて行ってるんだけどね、金婚式には迎えに行こうと思ってさ。

















Ahahaha! Che spiritoso questo marito!
 
あははは、やるな~、ダンナ!


076-11.jpg



妻: このスープどう思うか正直に言って。

夫: 最高って言ったらもう絶対作らないって約束する?


















Se mio marito mi rispondesse cosi`, mi vendicherei cosi`.

もしダンナこんなこと言おうもんならこう復讐します。


078-11.jpg




妻:主人はプライスレスな人なの。

友:格別な人ってこと?

妻:いいえ…一銭の価値もないってこと。
















Ma la lotta continua.

戦いは続きます。


077-11.jpg
じっと耐える妻
グローリアは友だちになったばかりのラウラに打ち明けます。
「夫は船乗りなの。だから年に3週間しか帰って来ないの。」
「あらぁ、そんな生活大変ね。」
「え?3週間なんてあっという間だから大丈夫よ。」


歩み寄る妻
数えきれない言い争いの後、妻が夫に提案。
「仲直りしましょ。私が正しいってことを認めるなら、あなたが間違ってるって私も言うの止めるわ。」

退屈した妻
ほとほと退屈しているスノッブな妻「ねぇ、あなた~、この夏はどこか行ったことのない所で過ごしたいわ。」
夫「ハニー、じゃキッチンで過ごせばいいじゃないか。」




La cosa importante nel matrimonio non e` lamentarsi, ma continuare la battuta spiritosa, cosi` non si annoia MAI!
Sono contenta di aver trovato un libro piu` utile per la mia vita di un testo per lo studio.
Ma lo trovo interessante che la storia tra marito e moglie sia ugualissima in tutto il mondo!

ま、結婚生活なんてもんは愚痴ったり嘆いたりばかりいると碌なことはないので、こう言われたらこう切り返す、コンニャロ~これでどうだ!手裏剣シュパパパパッ、みたいなアッケラカンと明るく健康的な血の流し合い、というか取っ組み合いが長続きの秘訣なんではないかと思うわけですよ。あくまでもお互いにね。どっちかが手裏剣に刺されてばかりで身動き取れないようではいけません。刺されたらすかさずそれを抜いて投げ返す!そんなことをこの本で学びました。いや~、勉強の本よりいいもん見つけて嬉しいな。
それにしても夫婦のこういう応酬って世界共通なんだな、と思って可笑しくなりました。

Un significato inaspettato そんな意味があったとは - 2011.02.22 Tue

015-1.jpg
Ti seguo dappertutto
どこにでもついて行っちゃうよん



L'altro giorno mentre lavoravo una degli insegnanti e` entrata nella stanza dove lavoriamo e ha aperto subito la finestra dicendo:

先日、仕事の最中に先生のうちの一人が部屋に入って来ると、すかさず窓をババンと開けて言いました。



"Vi dispiace aprire la finestra?
Qui c'e` l'aria viziata!"

「窓開けてもいい?(ってもう開けてるし)ここ空気わるっ!」



L'aria viziata!! Mi era la prima volta che lo sento usare in tale situazione.
Quello che sapevo e` "un bambino viziato", ma pensandoci bene il senso origine e` uguale, cioe` una cosa o una persona "rovinata", "danneggiata" e "sporcata" da qualcosa/qualcuno altro.
Infatti la nostra stanza era viziata dal odore di 弁当 bento (= cestino da pranzo) che abbiamo mangiato poco prima.

L'aria viziata(空気が悪い)!ほーーっこんな風に言うんですね!初めて聞きましたよ。
viziato と言えば un bambino viziato「甘やかされた子ども」といった意味しか知りませんでしたから、甘やかされた空気とな!と最初思いました。でもよく考えれば、viziare 甘やかして悪くする→ダメにする→汚染する、ということで一貫性はあるわけだ。
実際、その先生が入って来たとき、直前に食べたお弁当の臭いで部屋中モワワ~ンとしてました、確かに。



Ma per me e` interessante riferire l'aria rovinata ad un bimbo viziato piangente come da matti davanti ai giocattoli che vuole che gli comprino i genitori.

それにしても、買って買って買ってぐれーーーっ!とおもちゃ売り場の前で寝っ転がって泣きわめく子ども、泣けば親は買ってくれるもんだぜ、とちらっと横目で親の様子を伺いながら尚も泣き続け(てみ)る子どもと、「ダメになった」空気が同じ言葉というのは何とも面白いですね~。


imagesCATJT6AE.jpgimagesCAMWGWQ4.jpg



A proposito, ora in Giappone ci sono tre politici viziatissimi che sta mettendo in confusione il nostro paese.

ところで「ダメになった」政治家も3人ほどいますよね。


imagesCA0085TE.jpg


Certo che non solo loro e i politici incredibili ce n'erano da sempre, ma pure questo trio del Partito Democratico sara` allo stesso livello di quello Liberaldemocratico disastroso.

いやいや今に始まったことじゃなく、これまでもずっとダメダメな政治家はいましたけどね、A氏とか、F氏とか・・・。でもこの民主党のトリオもそーとーなもんですよねぇ。
小沢さんを辞めさせるとか辞めさせないとか、そんなんどうでもいいですから!
いつまでも内輪もめしてないで、仕事のない国民の救済を考えなさいよね。



Lo studio senza fine 終わりなき勉学 - 2011.02.15 Tue

075-1.jpg
Amo strappare i fazzolettini
ビリビリするの大好き



Studio italiano da 22 anni.
Da BEN VENTIDUE ANNI!!!!!
Eppure ho saputo solo 3 giorni fa, TRE GIORNI FA, una cosa assai elementare ma anche scioccante da mi viene un capogiro.

イタリア語を勉強して22年になります。にじゅうにねん!!!!
ああ、それなのにそれなのに。3日前、わずか3日前にとんでもなくチョーチョーチョー初歩的なことを知りました。それは目眩がするほどに衝撃的でもありました。



Si tratta del verbo

何を言ってるかというと動詞の


pagare 払う 



Mentre sfogliavo il vocaborario, mi e` attirata una spiegazione sul "pagare" che dice:

辞書をパラパラ見ている時に pagare の項目にこんなことが書いてあるのが目に留まったんです。



他動詞<人を直接補語として>~に金を払う
transitivo <con complemento diretto di una persona> pagare una persona

・ pagare il sarto 仕立て屋に支払いする
・ pagare i dipendenti 従業員に賃金を支払う




Eeeeeeehhh?!?
えーーーー?!?


Non lo sapevo...
Dicevo senza dubbio pago a lui e pago a lei, e con il pronome al passato dicevo necessariamente gli ho pagato e le ho pagato!

知らなかった・・・
これまでずっと pago a lui(彼に払う)、 pago a lei(彼女に払う)と 「a + 人」という形で言ってきましたし、人称代名詞をつけて過去にすると必然的に gli ho pagato(彼に払った)、le ho pagato(彼女に払った)だと思ってきました。ええ、ええ、何の疑いもなく22年間!
がーんがーんがーん

imagesCAS3QZ9I.jpg


A scuola, come una regola di base, s'impara prima i verbi con un complemento diretto che e` traducibile in giapponese ~を (~ o).

学校では基本的なルールとして、まず直接目的語をとる動詞を習いますよね。「~を~する」と言える動詞です。


mangiare (una mela) (リンゴ)食べる (ringo o) taberu
studiare (italiano) (イタリア語)勉強する (italiago o) benkyoo suru
guardare (la partita) (試合)見る (shiai o) miru



Poi i verbi con un complemento indiretto, in gipponese ~に (~ni), e s'impara che bisogna una preposizione.

次に、間接目的語「~に」が後にくる動詞を習います。「~」にあたる前置詞を忘れずにね。

spiegare (a lui) (彼)説明する (kare ni) setsumei suru
chiedere (a lei) (彼女)訊く (kanojo ni) kiku
regalare (a mamma)(ママ)贈る (mama ni) okuru



Infine l'insegnante ci enfatizza che ci sono dei verbi "truffanti" a cui si deve fare attenzione. Traducibili in ~に (~ni) ma viene subito il complemento diretto senza preposizione, e viceversa.

ま、この後に「~を~に~する」という組み合わさった形を習ったりするわけですが。
そして最後に、先生は黒板をビシッと叩いてこう叫ぶのです。「『~を』と言えるから前置詞なし、『~に』と言えるから前置詞あり、と思ったら大間違いだ!トリッキーな動詞もあるから気をつけるように!バムバムッ」


salutare (lui) (彼)挨拶する (kare ni) aisatsu suru
chiamare (Paolo) (パオロ)電話する (Paolo ni) denwa suru
informare (tutti) (みんな)知らせる (minna ni) shiraseru

credere (in Dio) (神)信じる (kami o) shinjiru
approfittare (dell'occasione) (チャンス)利用する chance o riyoo suru
fidare (in te) (君)信頼する (kimi o) shinrai suru



E questo pagare era la categoria truffante!
Non ci ho fatto caso forse perche` non l'ho mai pagato ne l'ho pagata , e il verbo pagare lo uso soprattutto con mi, ti e ci che non cambiano tra diretto e indiretto.

結論と致しましては、pagare は「誰々に払う」のくせに「~に」にあたる前置詞は不要という、なんちゃってカテゴリーに入る動詞だったわけです。
いやぁ、全然気がつきませんでしたよ。皆さん、知ってました?長年気がつかなかったのは、恐らく3人称と共に使うことが少なかったからかな。「彼に」とか「彼女に」とか。「電気屋に」「引越業者に」はあったはずだけどね。 pagare と共に使う頻度が高い mi「私に」、 ti「君に」、 ci「我々に」という代名詞は、直接→間接目的語で形が変わらないので意識しなかった、ということでしょうね~。


Per il compenso del lavoro mi ha pagato 30.000 yen. 
バイト代3万円もらった(彼は私に3万円払った)

Ti ho gia` pagato ieri, giusto? 
君には昨日払ったよね?

Abbiamo lavorato tanto ma ci hanno pagato pochissimo! 
私たち、すごい働いたのにほんのちょっとしか払ってもらえなかった!キィィッ
(彼らは私たちにほんのちょっとしか払わなかった)




Ogni giorno c'e` qualcosa da imparare...

毎日が修行。がんばりま~す。ははは




Un gusto apprezzabile, anzi! ばかにできないどころか! - 2011.02.10 Thu

059-1.jpg

sbadiglione ふゎ~~~・・・



Ieri sera siccome sono tornata dal lavoro verso le 21:00, ho preparato la cena in fretta utilizzando la minestra istantanea che avevo comprato l'autunno scorso in un supermercato di Firenze.

昨夜は仕事で遅くなっちゃって、家着いたの9時だったもので大急ぎで夕飯の支度をしました。で、こんな時お役立ちなのがインスタントスープ。昨年フィレンツェのスーパーで買っておいたのがあったんだな。イヒヒ。


016-111.jpg


Sapete cosa? Era BUONISSIMA!!!
Mi piace da sempre la zuppa istantanea italiana ed ogni volta che vado in Italia, passo sempre da qualche supermercato per comprarne alcune. Sugli scaffali si trova di solito una serie di Knorr con gusti diversi, percio` ne compravo quasi sempre di Knorr, ma l'anno scorso l'ho presa per caso.
E` famoso il Gruppo PAM S.p.A.? Grande PAM!! Mi e` piaciuto tanto non solo il gusto delicato di brodo, ma anche la pastina liscia liscia che e` al dentina ma si passa dolcemente la gola... Mnn, non riesco a spiegarmi bene. Riesco a dire solo in giapponese: パスタがつるつるして喉越しがいい! (pasta ga tsurutsuru shite nodogoshi ga ii!)

いや~これがことのほか美味しかったんですよーー!
イタリアで売ってるインスタントスープは前から好きで、行く度にどこかのスーパーでこれはうちの、これはお土産…あ、やっぱこれもうちの…などと買ってたんですけどね。棚に並んでるのはクノールのシリーズが多かったりして、クノール購入の頻度が高かったわけですが今回はたまたまこれを買ったんです。
Gruppo PAM株式会社ってもしかして有名ですか?いやいや、すごいぞ、パム!デリケートなコンソメも中々だったし、中に入ってるパスタがね、ツルツルなんですよ。ほんとに、つっるつる!すこーしアルデンテでもあり、でもチュルチュルと喉越しが良くて、うっま~。(「つるつる」「喉越し」の伊訳は難しいですねぇ)



Questa invece e` del solito Knorr, ma sembra buona anche questa, no? La conservo nel scaffale per la prossima serata impegnata.

そしてこちらは毎度お馴染みのクノール。これも美味しそうですよね。忙しい日のために取っとこっと。
イタリアの店は「Pizzeria da Paolo パオロのピッツェリア」とか「Corniciao 額縁屋」とか、そのまんまやんけ、みたいなネーミングが多い気がしますが、この商品名もどうなんでしょ。


018-111


Non solo il gusto che mi attira, ma mi interessa anche l'istruzione che c'e` scritta sulla busta.

味だけじゃなくて、袋に書いてある説明や作り方も読んでみると結構面白いです。

017-1.jpg

019-1.jpg

La minestrina ortolana dice "porta a ebollizione" e "cuoci...", la pasta e fagioli dice invece "porta a bollore" e "fai cuocere".
Oooh, che interessante! Ci sono due nomi dello stesso significato ebollizione e bollore e si usa il verbo portare. Pure tale piccola cosa e` utile per lo studio d'italiano.
Per quanto riguarda cuocere, e` un verbo transitivo ma anche intransitivo, giusto? E quindi si usano tutti e due "cuoci" e "fai cuocere". Ma mi domando qual e` la differenza...?
Di questa cosa ne abbiamo gia` discusso in questo post, ne!


「写真はイメージです」はこんな風に言うんですね。
a fuoco medio 中火で」「a fuoco lento 弱火で」なんていうのもさりげなく勉強になるし、「~ tanto ~ tanto」はよく試験に出ますよね~ふふふ。
野菜スープには porta a ebollizionecuoci...とあり、パスタと豆には porta a bollorefai cuocere とあります。おー、同じ「沸騰」でも ebollizionebollore と違う名詞が出てきました。そして「沸騰させる」の「させる」は portare(導く、至らしめる」を使うんですね~。
cuocere は「煮る」と「煮える」、つまり自動詞と他動詞の両方の意味があるんですよね?だから「cuoci 煮る」でも「far cuocere 煮えさせる」でもどっちでもいいと。でも両者の違いはなんだ?
これに関してはここでもやりましたねぇ。



Va bene, non parliamo della grammaticaccia.
Vi consiglio veramente questa minestrina ortolana di PAM. E` da provare!

ま、文法なんてこの際いいや。
こちらの PAM のつるつるパスタ入りスープ、機会があったらぜひお試しあれ!




Un nuovo star italiano 新しいイタリア人スター - 2011.02.06 Sun

073-1.jpg

le piume 羽



Il calcio non e` affatto il mio campo, ma so almeno che la Blue Samurai ha vinto il campionato della Coppa d'Asia che e` finito il 21 di mese scorso. Per questo grande trionfo, il nuovo allenatore Alberto Zaccheroni che e` appena entrato in carica in agosto scorso e` diventato uno STAR di tutto il Giappone. Infatti ogni giorno fanno i programmi televisivi in cui lo portano alle stelle, e la Federazione di calcio giapponese sembra di aver gia` deciso di richiederlo di rimandare il suo mandato fino alla prossima Coppa Mondiale del 2014.

サッカーのことは全然分からないんですけどね、先月21日に終わったアジアカップで日本が優勝したことぐらいは知ってます。
これでアルベルト・ザッケローニ監督は名を揚げましたね~。昨年8月に監督に就任したばかりなのに、もうザッケローニ様様!下にも横にもどこにも置かない扱いで、あなたはもう日本のスター! 毎日テレビでは大騒ぎですね。
任期は来年までらしいんだけど、日本サッカー連盟は2014年のブラジル大会までお願いだから監督やって!たのむよーん!とお願いすることを決めたとか決めないとか。


imagesCAHLS7C4.jpg

imagesCAPEOCHF.jpg




Ripeto, non conosco quasi niente di calcio, ma ho sentito dire che tutti i precedenti allenatori stranieri - Troussier (Francia) , Zico (Brasile), Osim (Bosna i Hercegovina) - erano bravi ma troppo "carismatici" e c'era sempre una vaga e certa rigida relazione come "un capo e seguenti".
Ma dicono che il signor Zaccheroni invece si rivolge la parola a tutti i giocatori molto spontaneamente e da` molta importanza alle comunicazioni tra di loro.
Immagino! Il dono della parola ce l'hanno tutti gli italiani! (Scusate per il mio punto di vista stereotipato! )

も一回言いますけど、サッカーのことは全く分かりません。が、歴代の監督(フランスのトルシエ、ブラジルのジーコ、ボスニア・ヘルツェゴビナのオシム)はみんな優秀だったけど、ちょっとカリスマ的過ぎて、選手との間にどうしても、なんというか、厳しい師弟関係のような空気があって、いまひとつ言いたいことも伝わらず、一体感に欠けていた…のかもしれない…とコメンテイターが言っていたのを聞きました。へー、そうなのか。
で、今度のMr.ザッケローニは至ってオープンで、控えの選手を含むみんなに積極的に声をかけ、コミュニケーションがモルト・インポルタンテなのだ!という姿勢で引っ張って行ってる、らしい。
そりゃベシャリ、いや、しゃべりにかけてはイタリア人の右に出る者はいないでしょ!(ステレオタイプな意見、お許しを



Eccola qua la sua intervista fatta subito dopo che e` venuto in Giappone.

来日してまもない頃のインタビューをどうぞ。




Da ieri sono giapponese.
Mi sento piu` che italiano, mi sento piu` giapponese.
昨日から私は日本人。
自分がイタリア人というより、日本人のような気がする。

(んも~、またテキトーなこと言っちゃって~)


Ma mi chiedo come ne pensino gli italiani del fatto che i giapponesi chiamano la sua squadra ZAC JAPAN... Secondo me lo trattano con trappa familiarita`, bisognerebbe chiamare Zaccheoni Japan con un po` piu` di rispetto se gli affidassero il futuro della squadra.

それにしても、彼が率いるチームをザック・ジャパンと呼ぶのはどうなんでしょ。何だか馴れ馴れし過ぎませんか?岡田監督を岡ちゃんと呼んでたのと似ているような。ヘーイ、ザック!って友だちじゃないんだから。
サムライの将来を託したいんだったら、もう少し尊敬の念を込めてザッケローニ・ジャパンと呼んだ方がいいような・・・。
ま、私、サッカーのこと分からないんでいいんですけどね。

Un paio di... ひと組の... - 2011.02.03 Thu

066-1.jpg

C'e` qualcosa per me? ボクにも何かお土産は?



Scusate per essere insistente con il singolare e il plurale del sostantivo.
Scrivendo il post precedente, mi sono ricordata un episodio che mi era capitato abbastanza tempo fa.

今回もまた名詞の単複の話です。しつこいな、私って。
いや、前回あのようなことを書いていたら、結構前のとある出来事を想い出してしまいましてね。



Mentre insegnavo italiano ad un principiante giapponese, un giorno gli ho spiegato la declinazione di nomi.

以前、初級者の方にイタリア語を教えていたときなんですが、名詞の変化について説明していたらこんなことがありました。



私:男性名詞はこんな風に変化します。il libro → i libri、lo studente → gli studenti・・・
io: I nomi maschili si declinano come "il libro → i libri", "lo studente → gli studenti"...

彼: Libro → libri・・・ なるほど。
lui: Libro → libri..., ho capito.

私:女性名詞はこんな風に。la pizza → le pizze、la donna → le donne・・・
io: Le femminili invece "la pizza → le pizze", "la donna → le donne"...

彼:へぇ、そうなんですね。
lui: Ah, ho capito.

私:でもですね、いつも複数形で言う名詞もあるんです。i pantaloni(ズボン)、 gli occhiali(眼鏡)、le forbici(ハサミ)・・・
io: Ma ci sono dei nomi che si usano normalmente al plurale, ad esempio i pantaloni, gli occhiali, le forbici...

彼:え、なんでですか?
lui: Come mai?

私:えーと、これらはみんな構造上二つのパーツでできているので単数形じゃ数えられないんです(汗)。
io: Perche` questi si compongono di due parti, e non li si possono contare al singolare.

彼:でも・・・ズボンの片方だけ破けちゃった場合なんかは・・・?事故かなんかに遭ったとして・・・ズボンの一つの足は il pantalone
lui: Ma... se si strappasse solo una parte di pantaloni...? Ammettiamo per esempio che si subisca un incidente... una parte di pantaloni e` il pantalone?

私:あははは(笑いつつ汗 )。その場合は un lato di pantaloni(ズボンの片方)・・・かな?(先生やってて「かな?」はあり?)
io: Ahahaha (turbata ), in quel caso sara` "un lato di pantaloni"... se non mi sbaglio.

彼:なるほど、そうなんですね。あ、ちなみに「靴」は?
lui: Ah, ho capito. Ma come si dice "KUTSU"?

私:La scarpa le scarpe です。
io: La scarpa le scarpe.

彼:靴も二つでセットなのに単複それぞれあるんですねぇ。
lui: Anche le scarpe vengono normalmente messe in un paio, tuttavia ci sono il singolare e il plurale.

私:(大汗 )だってほら、片方の靴なくしちゃうこともあるじゃないですかー!居酒屋とかで!
io: Guarda, si puo` anche perdere solo una scarpa, vero? (una bella sudata )



・・・


Ma mi sa che aveva ragione.
Per chi non sa niente d'italiano, sarebbe difficile capire perche` esistono i nomi che vengono usati quasi sempre al plurale ma ci sono anche quelli che si usano sia al singolare che al plurale.
E` dipende dalla struttura separata o unita??

でもおっしゃる通りかもしれませんね~。
イタリア語を全然知らない人にとっては、常にセットで使うという点では同じなのに、複数形で言ったり、単複で言ったりする名詞があるというのは分かりづらいことかもしれませんよね。目からウロコがばーらばら。構造上、離れているかくっ付いているかの違いか?

imagesCAHV8M0B.jpgimages88.jpgimagesCAFD9UQR.jpgimagesCA1RK81W.jpg
images-0.jpgimagesCAMG8YNO.jpg

images44.jpg  imagesCAV21YA3.jpg

imagesCAGQRKWR.jpg   imagesCA9WXY93.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

Circolo Massimo

corso d'italiano イタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (86)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (98)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (49)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Italiano-juku イタリアーノ塾

Skypeレッスンはいかが? マレンマ満喫ホームステイはいかが?

KLA 九段アカデミー

東京市ヶ谷にあるイタリア語の学校です

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Digiscoping di Stefano

Stefanoの自然写真館

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}