IMG_9150.jpg

2011-04

Vai! いざ! - 2011.04.18 Mon

055-1.jpg

Che sollievo! はぁ~やれやれ!



Il giorno del nostro trasloco per Sendai era rimandato dopo il terremoto, ma e` stato fissato al 3 maggio.
Sabato scorso io e mio marito siamo andati a Sendai in macchina per vedere come sta la situazione del nostro appartamento gia` affittato in marzo.
Anche se sta in centro citta` e non in regione costiera, ci preoccupavamo tanto, ma veramente tanto!
Come facciamo se e` crepato il muro? Se e` danneggiata la struttura del palazzo? Anzi, se e` gia` crollato...? Nooooooo!!!

我々の仙台行きは延期になっていましたが、ついに5月3日に決まりました。ほぇ~、やっとね、決まりましたよ。落ち着かなかったなぁ、この一カ月。
で、この前の土曜日に車でちょっこし様子を見に行ってきました。なんせ賃貸マンションを既に
3月に契約しちゃってたもんで、むぉぉ心配で心配で。
建ってるのは仙台の街中だから、まぁ大丈夫かな、とは思ってましたけど、天井が落ちてすごいことになってしまった仙台駅のすぐ近くなもので被害が似てたらどーする?!壁にヒビが入ってたら? 構造に問題起きてたら? いや、もう既に倒れてたら?!! ああああ”ーーーっ



Quando abbiamo visto, appena arrivati davanti all'ingresso, alcuni pezzi di piastrelle staccate dal muro, siamo rimasti senza parole e ci e` venuta la tensione.

玄関前に到着してこの剥がれたタイルを見た時は、二人してドーーーンと暗くなり、部屋中の壁が、修復前の「最後の晩餐」 by ミケランジェロ、のようにピキピキにヒビが入ってる図を思い浮かべてしまいました。


078-111.jpg


Abbiamo aperto piaaaano la porta, e siamo entrati di soppiatto come due ladri, ma praticamente con tanta paura...

緊張しながらドアをそ~っと開けて、泥棒のように抜き足差し足忍び足で中に入ると・・・



Ma guarda, non abbiamo trovato niente danni! Grazie a Gesu`, a Budda e a Maometto!!
Solo che tutte le ante di scaffali erano aperte, le cassette erano sporte fuori e la carta igienica, che avevo messo dentro lo scaffale quando ci ero stata in marzo, era tutta caduta per pavimento. Ma nientro altro!

なんということでしょう!匠が造った部屋はビクともしてないではないですか!
ビフォーアフターになってなくて良かった・・・。ホントに良かった。
ただならぬ様子だったのは、戸棚という戸棚、引き出しという引き出しが全部開いていたことと、魚焼きグリルの蓋が取れて床に転がってたことと、3月に契約に来た時に買ってトイレの棚に入れておいたトイレットペーパーが全て飛び出て散乱してたことぐらいでした。でもそんなのどっってことないし。



Tutto sollevati siamo usciti dall'appartamento a fare un giretto.
Il centro citta` sembrava un po` buio e abbiamo visto alcuni palazzi di pareti esterni crepati e la stazione tutto coperta per restauro, ma il resto ci sembrava che funzionasse normalmente. Ci dovevano essere piu` danni anche al centro ma in solo un mese i Sendaiesi l'hanno riportato fin qua. Grande!

ドッと安心してふにゃふにゃしながら、街の様子を少し見に行きました。
街中はやはり少し暗く、壁にヒビが入ったビルも幾つかあり、仙台駅は修復のために全面が覆われていましたが、その他は全く何も変わりなく、ごく平常に機能しているように見えました。
でもそう見えてるだけで、市内だってそれ相当に被害があったはずですよね。ガスが未だに来てない地域もあるはずだし。それでもわずか一か月でここまで持ち直した仙台市、スゴイ!!


110402_1801~01222 110402_1904~01222

"Non ci arrendiamo! Forza Sendai!"
仙台市民の心意気に涙が出ます



Arriviamo fra poco! Aspettateci, Sendaiesi! Vogliamo essere anche noi del vostro aiuto.
Speriamo di cuore che ritornino il piu` presto possibile i giorni normali e tranquilli anche agli abitanti di regione costiera!

もうちょっとで行くからねー!身体も頭もすぐくたばるヘナチョコな私たちだけど、できることあったら何でもやりますからねー!
そして海岸地域の皆さまに、普通で穏やかな日々が一日も早く戻りますように。


006-1.jpg
Tanuki spensierati
呑気に過ごせる日が早く来ますように



Albero di ・・・ ・・・の木 - 2011.04.14 Thu

8111223-1.jpg

Chi vuole giocare a nasconino con me?
ボクと隠れん坊する人いない?



Leggendo il commento di Vittorio fatto al post precedente, sono rimasta stupita nel vedere una parola.

前回の記事にVittorioがくれたコメントを読んでいたら、ある単語に目が釘付け、というのはちょっと大げさだけど、20秒ほど視線がフリーズしました。


"... da noi e` il mandorlo in fiore …"
... イタリアではそれは花をつけたアーモンドの木なんだよ...



Mandorlo? MandorLO ?!
Sapevo l'oliva e` il frutto d'olivo, e pure la mandorla, ma non sapevo che l'albero di mandorla fosse il mandarlo!

マンドルロ?え、なに?マンドル・?!(思わず二度見
oliva がオリーブの実で、olivo がオリーブの木とか、語尾が a か o で実だったり木だったりするのは少しは知ってました。mandorla が一粒で二度美味しいアーモンドだということも知ってたけど、アーモンドの木が mandorlo とはね~。80トリビア。



Ecco mi e` venuta una grossa curiosita` che nessuno possa fermare. Ho subito consultato il vocabolario per vedere il nome di frutto e quello d'albero supponendo che ci debba essere la stessa regola.

こんなトリビアの泉に出会っちゃうと、もっと知りたくなっちゃうのが人情ってもんですよね。
実と木では呼び名はどう違うのか。アーモンドと同じルールなのか?(ドキドキ)


mandorla アーモンド (aamondo) - mandorlo アーモンドの木 (aamondo no ki)
oliva オリーブ (oliibu) - olivo オリーブの木 (oliibu no ki)
arancia オレンジ (orenji) - arancio オレンジの木 (orenji no ki)
ciliegia さくらんぼ (sakuranbo) - ciliegio 桜の木 (sakura no ki)
castagna 栗 (kuri) - castagno 栗の木 (kuri no ki)


Ah, ecco, ma fin qua OK. Sono nomi che si imparano a scuola d'italiano e vengono a conoscenza nella prima tappa di studio.

ああ、やっぱり。a が実で、o が木。
ま、ここまではいいですよね。イタリア語の勉強を始めれば、ステップ1ぐらいで出てくるかもしれない単語だし。


08111200DSC02597-2.jpg


Poi ho pensato.
a = il frutto, o = l'albero, questa regola e` applicabile in ogni frutta??
Ho cominciato ad elencare da quella che mi piace, e qui sono rimasta ancora stupita.

で、また考えました。
このルールは全ての果物に当てはまるのだろうか?
もう頭の中は木に生るフルーツでいっぱいになっちゃって、唾液腺が刺激されてナマツバごっくんでございます。


pesca 桃 (momo) / pesco 桃の木 (momo no ki)
prugna プラム (puramu) / prugno プラムの木 (puramu no ki)
pera 梨 (nashi) / pero 梨の木 (nashi no ki)
albicocca 杏 (anzu) / albicocco 杏の木 (anzu no ki)
mela 林檎 (ringo) / melo 林檎の木 (ringo no ki)
banana バナナ (banana) / banano バナナの木 (banana no ki)


Eeeeehh? melo? addirittura banano??! Una scoperta sconvolgente!!
La parola mela la conosco da 100 anni, dal primo giorno di studio d'italiano con la frase "Questa e` una mela.", e la banana e` banana anche in giapponese, ma il melo, tra l'altro il banano mi sono sconosciutissmi!

ええええーっ!メー?バナナに至ってはバナ
お・ど・ろ・き・も・も・の・き・さ・ん・しょ・の・き。
ま、まさかとは思ったけど、やはりそうであったか!!
「Questa e` una mela. これは林檎です」と入門第1章あたりで mela は出てくるので、林檎はメーラ、林檎はメーラとその時以来思ってきましたが、いきなりメーロと言われても・・・。それにバナナはバナナでしょ。バナーノなんて言われても困るよ



Dunque, ci sono le eccezioni?

a → o の例外はあるのかしら。


limone レモン (lemon), レモンの木 (lemon no ki)
noce 胡桃 (kurumi), 胡桃の木 (kurumi no ki)
→ 実は la noce だけど、木は il noce でした 
lampone ラズベリー (razuberii), ラズベリーの木 (razuberii no ki)
→ ラズベリーは木ではありませんでした
pompelmo グレープフルーツ (gureepufuruutsu), グレープフルーツの木 (gureepufuruutsu no ki)


Sembra non cambino i nomi con la terminazione " e ", poi non esiste la pompelma.

どうやら " e " で終わるものは実も木も一緒みたいですね~。
pompelmo は pompelma にはならないんだね (それにしてもポンペルモってグレープフルーツと似ても似つかないネーミングですよね。ポムはポモドーロと一緒で林檎かなぁ。ペルモはなんだろうなぁ。←次回の課題)


07071217DSC01148-2.jpg


Grazie Vittorio, il tuo commento mi ha reso ancora piu` colta.
Non si sa mai dove e quando si trovi una piccola occasione per appronfondire la conoscenza, ne!

Vittorio、ありがとね。お陰でまた賢くなっちゃった。うふ
どこにおもしろネタが落ちてるか分からないものですね。


Primavera a tutti quanti みんなに春を - 2011.04.10 Sun

041-1.jpg

Sto pregando お祈り中



Finalmente e` arrivata la primavera.
E` finito un lungo lungo inverno che ci sembrava senza fine, e ora a Tokyo i ciliegi sono in piena fioritura.
Ma potrei dire anche che la primavera e` arrivata ugulamente anche se il nord-est del Giappone e` ancora in una situazione disperata. I fiori stanno sbocciando sul cumulo di macerie e gli uccelli cantano sul paesaggio tutto travolto da tsunami... che paradossale.
Vi chiedo scusa se racconto sempre sul solito disastro, ma non posso fare a meno di pensarci perche` la prefettura di Miyagi sara` il nostro prossimo recapito.

やっと春が来ましたね~。
この冬は本当に長かった。寒いし長いし、もう一生終わんないじゃないかと思ってましたけど、どんどん暖かくなって東京は今や桜が真っ盛り。
でも、東北地方がまだ大変な状況なのに、それでも春はいつものようにやって来るんだなぁとも思います。瓦礫の山を見下ろすように木々の花が咲いていたり、津波で流されてしまった風景の上を鳥がピーチク鳴いていたり・・・何とも言えない光景です。
ああ、すみません。違うことを書こうと思っても、どうしても今回の惨事に話がいってしまいます。なんせ被害が一番大きかった宮城県が我々の次回の住処なもので、他人ごとには思えなくて。最近とみに涙もろい私 .



Ora vi lascio delle foto primaverili che ho fatto stamattina.
Si trovano tanti fiori cosi` belli anche nel centro centro di Tokyo.

ため息をついていても仕方ないんで、今朝撮った春いっぱいの写真を見てもらおうと思います。
東京のド真ん中にもこんなに綺麗な花が咲いてるんですよー。


102-1.jpg

101-1.jpg

106-1.jpg

114-1.jpg

119-1.jpg

121-1.jpg

118-1.jpg

122-1.jpg

126-1.jpg


Spero che queste immagini portino un po` di conforto e sollievo a chiunque che e` oppresso dalla tristezza.

春春パワーを贈って、哀しみを抱えている方たちが少しでも元気づきますように




Lo scrivo serio まじめに書きます - 2011.04.06 Wed

019-111.jpg

Volete studiare o no? 勉強したい?したくない?



Da tanto tempo che non scrivevo sulla grammatica.
Mi piace fare i post spiritosi con le foto scherzose - come lo faccio quasi sempre - ma oggi invece vi presento "seriamente" un articolo che mi interessava da sempre, che e`:

文法に関しては長いこと書いてませんでしたね~。
いつもふざけた写真を取り混ぜながら、おちゃらけたことばかり書いておりますが、今日は久しぶりにビシッと決めたいと思いますよ。ビシッとね。やるときゃやるんです、私も。
前から気になっていた文法事項ではあるんですが、それを紹介しますよ。


gli aggettivi con funzioni avverbiali

副詞的働きをもつ形容詞



Uh, che accademico!
Magari mi direste cosa c'e` da interessare, ma io ogni volta che lo vedo mi rimane sempre nella mente.
Per esempio, nel periodo in cui ho appena cominciato a studiare italiano, a Firenze in un bar, sono stata chiesta dal barista dopo aver ordinato un panino:

おーっ、いきなりアカデミックな話題
でもそれが何か?と思われる方もいらっしゃることでありましょう。ごくフツーに使われているので何にも珍しいことはないかもしれません。が!私にとっては未だに新鮮なの!だからしょーがないの!
私がまだイタリア語を習い始めたばかりの初々しい時代、そう、あれはフィレンツェのとあるバールでパニーノを注文した時でした。バリスタのお兄ちゃんがウイウイしい私に言ったんです。


"Lo vuoi caldo?" (熱いのがほしい?→)温める?


In quel tempo conoscevo solo "il nome + l'aggettivo" come un caffe` caldo, una penna rossa, ecc., per cui quando l'ho sentito dire "Lo vuoi caldo?", non sono riuscita ad intuire cosa mi aveva detto.(゜_゜;) Come mai l'aggettivo viene dopo il verbo?
Poi ho scoperto che l'aggettivo caldo qualificava il pronome diretto lo, cioe` il panino, cioe` un nome!! Ahahaha.

その頃はまだ名詞+形容詞の構文、un caffe` caldo「熱いコーヒー」とか una penna rossa「赤いペン」とか、そんなのしか習ってなかったから、お兄ちゃんが Lo vuoi caldo? と言っても、何ゆえに形容詞の直前が動詞 vuoi なのだ?何言ってる?この人、と変な目つきで見てしまったものです。
後々、文頭の Lo が大切だということが分かりました。Lo は「それ」という直接目的語でこの場合パニーノを指していますね。なので caldo はちゃんと「それ」という名詞を修飾していたのですね~。Lo vuoi caldo? で「熱いそれがほしいか」と言っていたんですね。あははは



Allora in questo caso caldo non c'entra niente con la funzione avverbiale! BANG!

じゃこれはテーマである「副詞的働きをもつ形容詞」じゃないじゃん!バング!


imagesCAN4Z3II.jpg



Ma un articolo di Yahoo Italia sul terremoto in Giappone che ho letto i giorni fa me l'ha fatto riconsiderare nuovamente.

仕切り直し。
先日、ヤフーイタリアの東北大震災関連のニュースを読んでいたら、こんな記事がありました。



"Giappone - La buona notizia, tra tante di morte, paura e disperazione, arriva dalla città devastata di Ishinomaki, dove nonna e nipote, di 80 e 16 anni, sono stati ritrovati vivi, dopo 9 giorni, sotto le macerie della loro casa..."


日本 - 多くの死者と恐怖と絶望の中、破壊された石巻市から、80歳の祖母と16歳の孫の生存が確認された、という明るいニュースが飛び込んだ。自宅の瓦礫の下から9日ぶりの救出であった・・・



Ecco, questo e` il punto che vi volevo raccontare.

そうそう、これこれ。このことを言いたかったんですよ。

sono stati ritrovati + vivi ← verbo passivo + aggettivo
発見された生きている ← 動詞 ritrovare の受身+形容詞 vivo




Ora mi sono venute in mente anche queste:

こんなのも頭に浮かびました。


Ha mangiato contenta. 彼女は満足そうに食べた
Abbiamo camminato stanchi. 私たちはへとへとになって歩いた
Il mio cane mi ha guardato triste. 犬は悲しそうに私を見た


Questi vivo, contento, stanco e triste sono tutti aggettivi ma hanno completamente la funzione avverbiale.
All'inizio personalmente lo trovavo strano, ma piu` mi ci abituo piu` mi sembra l'italiano fico! (sarebbe meglio non dire questa parola una straniera come me, o no? )

vivo「生きている」、contento「満足な」、stanco「疲れている」、triste「悲しい」。ね?ね?みんな形容詞ですよね。名詞を修飾するはずの形容詞が動詞と結びついて副詞的な意味になっているではないですか!(興奮)
ウイウイしかった頭に刷り込まれた名詞+形容詞の呪縛が邪魔をして、何か変だよ、これ!と初めのうちは思ってたんですが、慣れてくると何だかとてもカッチョいい用法に思えてきて、なるべく自分も使ってみたいと思うようになりました。(カッチョいい!クール!と言いたい時の fico は老若男女
日伊人問わず使ってもオケー?


imagesCAJQJ730.jpg

Gli aggettivi di questo genere li possiamo sostituire con gli avverbi stancamente, tristemente, ecc., ma mi e` anche facile pensare inserendo "con aria..." o "in condizione..." prima dell'aggettivo.

副詞的用法の形容詞は、言ってみれば既存の副詞 stancamente「疲れて」、tristemente「悲しそうに」などに置き換えれば意味がすぐ分かるわけですが、私は勝手に「con aria...~みたいな雰囲気で」とか「in condizione...~のような状態で」という言葉を形容詞の前に入れて理解しています。


Sono stati ritrovati (in condizione) vivi.
生きている(状態で)発見された

Ho mangiato (con aria) contenta.
満足(そうな雰囲気で)食べた

Abbiamo camminato (in condizione) stanchi.
疲れている(状態で)歩いた

Il mio cane mi ha guardato (con aria) triste.

犬は悲しい(ような雰囲気で)私を見た



Indicatemi per cortesia se faccio interpretazione errata!

さーて、私の理解は正しいでしょうか。
ちがくね?というところがあったらどんどん教えて下さいね~!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}