無題

2011-10

tartufissimi トリフ三昧 - 2011.10.28 Fri

無題9999-1

Say cheese!  はいっチーズ!



Le donne sono incostanti come il tempo in autunno ... e lo sono pure io e imbarazzo spesso mio marito.
Come state, cari lettori?

女心と秋の空 ・・・ワタクシもまさにそんな感じ。コロコロと機嫌が変わり、オットは迷惑千万なことでありましょう。
皆さま、お元気でいらっしゃいますか?



A proposito, mi sto ricordando il mio viaggio in Piemonte dell'anno scorso.
In questo periodo del 2010 ero circondata dai tartufi neri, bianchi, grigi, marroni, gialli... insomma, dai numerosi tartufi autentici provenienti da Alba e tutte le regioni piemontesi.

さて、去年のピエモンテ旅行をつらつらと思い出しています。
2010年の今ごろは、アルバやピエモンテ全域から集まった黒、白、グレー、茶、黄色・・・えーい、とにかくもうすんごい数のトリフに囲まれて、私は鼻血ブー寸前、頭がくらっくらしたのを覚えています。


100947-1.jpg

Ecco qua la famosissima Fiera Internazionale di Alba, la cui appassionati ce ne sono tanti anche in Giappone.

かの有名なアルバのトリフ国際見本市に行ってきたわけですが、日本にもこのお祭りのファンが大勢いますよね。



Ora vediamo la tariffa d'ingresso.

えーと、入場料はどのくらいだったかと言うと、


100950-1.jpg

Sarebbe stato anche sufficiente pagare solo 2 euro, ma ho scelto quasi d'istinto quello con 2 degustazioni! Mica male 3 euro di un bel bicchiere di Barolo, vero? A Tokyo farebbe 10 euro.

2ユーロのだけで十分だったかもしれないけど、あの時は鼻息も荒く、本能的に「試飲2チケット付きを下さい!」と言っちゃいましたねぇ。でもグラスにバローロをたぷたぷ一杯で3ユーロって悪くないですよね、というか有り得ないです。東京西麻布のあの店やこの店(←恨み骨髄)だったら
軽く10ユーロ(約1,070円)だな



100952-1.jpg

I bianchi nella cassetta, i neri scoperti.

白トリフは大事に大事にケース入り、黒は野ざらし


100972-1.jpg

Di prezzo c'e` la differenza di una cifra!

白と黒じゃ値段ひと桁違うのか!


100975-1.jpg

"Mi dispiace, signora, ma i bianchi sono cosi`."
(41g = 61.50euro≒6.500yen! )
「奥さーん、白はこういうもんだで、仕方ないっぺさ」 (41g = 61.50ユーロ≒6.500円!


E con la mia amica Ciliege

で、私は友人の Ciliegeちゃんと


100980-1.jpg

abbiamo assaggiato mangiato naturalmente quel "tesoro " di Piemonte.

とーぜんこのピエモンテの至宝 である白を味見 むしゃむしゃ食べました



Non solo, ma io ho comprato anche questa per souvenir che non si trova mai in Giappone.

それだけでなく、私はこんなものもお土産に買いました。トリフ入りラビオリなんて日本じゃまずもって手に入らないですよねぇ。


100961-1.jpg



Andavo proprio in estasi per il profumo particolare che non avevo mai odorato...
A dire il vero pero` mi sa che e` un cibo che basterebbe mangiare solo una volta all'anno (se e` possibile ).
Mi manca non il tartufo ma l'Italia! Chissa` quando sara` il prossimo.

これまで嗅いだことのない独特の香りにケホケホッとむせ返りながら2時間も見本市を歩きまわれば、あなたはもう全身の毛孔からトリフ・フレグランスが立ち上るキノコ人間。いやぁ、聞きしに勝るすごいお祭りでした。
でもですね、これだけ書いててなんですが、1年に1回でいいかな、トリフって。食べられればの話ですけどさ
それよりイタリアにまた早く行きたーい!次回はいつかなぁ。


Buono buono

277-1.jpg

オリジナル・はっとボロニェーゼ(結構いけた!)
ricetta originale: Hatto bolognese (sono usciti bene!)




sostantivo + are 名詞 + are - 2011.10.24 Mon



Chiamami che arrivo subitissimo!

呼んでくれたらすぐ行くよ!




L'altro giorno mentre traducendo una ricetta dal giapponese all'italiano, mi e` sfuggito il verbo "spalmare" che volevo usare con il complemento oggetto "burro".
Ho cercato sul dizionario "塗る nuru" che s'intende "spalmare", e ho fatto una scoperta straordinaria, come al solito.

先日、とあるレシピを日本語からイタリア語へ訳していたところ、「バターを塗る」の「塗る」って何て言ったっけ?とド忘れしまして、辞書をピロピロめくったら、またいつものように面白いことを発見しちまいました。


 塗る nuru
・ pitturare, colorare, dipingere (絵具、ペンキなど)
・ laccare, verniciare (ラッカー、ニスなど)
・ applicare, mettere (薬など)
・ stendere, spalmare (ジャムなど)
・ imburrare (バター)


Esiste il verbo apposito per il burro Uuuh, non lo sapevooo!
Allora ci saranno anche marmellatare, mielare, nutellare o qualcosa del genere??!!.....no, questi non ci sono.

いくらバターが burro だからって、バター専用の「塗る」があるのか  
し、知らなかったああああ・・・(こだま)
バターがあるなら、ジャム専用のマルメッラターレや、ハチミツ専用のミエラーレ、ヌテッラ専用のヌテッラーレなんてのもあるのか?いいえ、ありません


images33.jpg


Mi sono impressionata quando ho conosciuto i termini sulla rete tipo

ネット用語のこんな動詞を知った時も軽くめまいがしたものです。


cliccare クリックする
linkare リンクする
postare アップする
zoomare ズームする(←特にこれ)


ma e` facile da immaginare perche` anche in giapponese si dice ugualmente: nome inglese + する suru (fare)

でもまぁ、これらは「英語の動詞+する」ってことで日本語も同じじゃん、あんたにめまいするなんて言われたかないわって話ですよね。


salare  塩する
pepare 胡椒する


Pure questi verbi consistono in sostantivo + -ARE cosi` come in giapponese 塩する shio suru (sale + fare), 胡椒する koshoo suru (pepe + fare), tuttavia mi hanno meravigliato quando li ho visti per la prima volta in una ricetta.

この二つも同じ考え方ですよね。塩+する胡椒+する、だもん。でも sale と pepe をそのまんま無理矢理(?)動詞にしてしまうというところがアッパレでございます。



Ma questo imburrare... non ci ho immaginato neanche! Per curiosita`, バターする bataa suru non si dice, ma バター(を)塗る bataa (o) nuru (spalmare il burro).

一方、「塗る」は「塗る」でもバター専用の imburrare・・・そうきたか!って感じ。
バタールはフランスパンだけど、バターする とは言わないですねぇ。面白いですねぇ。


imagesCAFKHLRQ.jpg



Incuriosendomi di piu`, ho consultato il vocabolario per vedere se c'e` il verbo per l'olio senza essere persuasa... ma l'ho trovato!

こんなこと考えてると楽しくなっちゃって、ほんじゃ olio(油)は?油用の「塗る」もあったり?まさかね~!・・・と思ったらありました!


oliare オイルを塗る、オイルをかける


un altro verbo che finisce con -ARE! E` perche` circa 80% di verbi italiani ci finiscono?

これまた -ARE で終わる動詞だ!さっきから -ARE が多いな。-ARE, -ERE, -IRE の動詞の中で -ARE が80%近くを占めているそうだから、どうしてもそうなっちゃうのかな。sale&pepe なんてせっかく e で終わってるのに salere&pepere じゃないのね・・・ブツブツ



Cosi` non finisce mai la mia curiosita` per la lingua italiana...

こうしてイタリア語への興味は尽きないのだった


Buono buono

737-1.jpg

山形産さつまいも&栗のおまんじゅう
dolcini farciti di patate americane e castagne di Yamagata


山形市デパ地下
reparto dolci di un grande magazzino a Yamagata




calendario カレンダー - 2011.10.19 Wed

705-1.jpg

I musicanti di Brema?! ブレーメンの音楽隊か?



Il tempo vola ed e` gia` uscito il nuovo Gekkan. Andate a vedere! A me e` venuta tanta voglia di visitare Genova e le Marche che conosco poco.

信じられないことにあれからもう一ヶ月。で、Gekkanの最新号がもう出ましたよ。今回はマルケ州第3弾ですが、いいとこそうですねぇ、マルケ。フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの超カギ鼻が昔から大好きです。どうぞお読み下さいね~



Dunque, siamo gia` in meta` ottobre.
Considerando che il 2011 e` un anno odioso per il Giappone, sarebbe meglio che arrivasse presto l'anno nuovo. Tuttavia il tempo vola come la luce e m'invecchio cosi` rapidamente...ahiahiahi

さて、それにしても10月ももう半ばですよ。
2011年は日本にとって悪夢の年だから、早いとこ終わって新年を迎えたい気分ではあるけれど、それにしても、嗚呼それにしても月日の経つのの何と早いことよ!猛烈な速さで増えていく目じりのシワーーッ・・・ベンジャミン・バトンになりたい



Mancano solo due mesi al 2012 e l'altro giorno ho comprato un calendario dell'anno prossimo.

嘆いていても仕方ない。2012年も残すとこ2か月になったので、来年のカレンダーを買って来ました。


667-1.jpg


Mi e` piaciuto e ho usato da sempre il calendario di questo tipo, cioe` uno fatto settimanalmente e orizzontalmente. Non so perche` ma dipende dal calendario se le domeniche vengono all'inizio o alla fine delle settimane, e a me piace quello all'inizio.

私はこの週ごとに横書きになってるタイプが好きで、毎年ずっとこんな感じ。日曜日が週の頭にくるか、終わりにくるかはカレンダーによって違うんでしょうかね。個人的には先頭にきてるのが好きです。


699-1.jpg


Ma quando vado in Italia nel periodo in cui si vendono caledari,

でも、カレンダー売ってる季節にイタリアへ行くと、


697-11.jpg 698-11.jpg


a volte mi lascio acquistarne uno che e` scritto tutto verticalmente dal lunedi` alla domenica, per un bell'arredamento piu` che per l'uso quotidiano.
Ma mi chiedo sempre: non e` difficile capire quale giorno e` oggi? quanti giorni o settimane mancano all'appunamento previsto? I miei occhi e il mio cervello riescono a comprendere in un secondo, solo se e` scritto settimanalmente!

時にはこんなのもつい買っちゃいます。毎日使うため用というよりは飾りに。曜日と日付が縦書きにズラズラ並んでますね~。
この一直線にズラズラタイプって読みにくくないのかなぁっていつも思います。今日は何日?あのアポまであと何日?ホレホレ、どうなの?どうなのよ!ってなりませんか?探している日付が
一直線上のどこに書いてあるかを見つけるだけで一苦労。
私の目と脳は、週ごとに横書きになっててくれないと瞬時に理解できないようになってるみたいです。皆さんはどうですか?



In Italia trovo che sia maggioranza il tipo con giorni diretto e verticale (o orizzontale), in Giappone invece quello come la prima foto.

イタリアでは、この一ヶ月丸ごとズラズラ縦書き一直線(あるいは横書き一直線)タイプが主流のような気がします。日本は一番上の写真のような、週ごとキッチリ横書きタイプが多いかと。



Lo trovo strano e interessante perche`

面白いな~と思うのは、


702-1.jpg


i libri giapponesi sono scritti normalmente in senso verticale.

日本の本はおおむね縦書きで、


701-1.jpg


e quelli italiani (occidentali) in senso orizzontale.

イタリア(西欧)は横書き。



Se si tratta del calendario, forse tra italiani e giapponesi il movimento di occhi e la funzione cerebrale sara` un'altra cosa.

カレンダーの表記となると、イタリア人と日本人の目の動きと脳の働きはまた別問題なのか?


Buono buono

704-111.jpg

ふかひれくっきー
Fukahire cookies (biscotti alla pinna di squalo)


宮城県気仙沼のお土産屋
negozio souvenir a Kesennuma, prefettura Miyagi



onomatopea 擬声語 - 2011.10.14 Fri

無題8888-111

Pakkun of the rings



Signore e signori, facciamo un bell'applauso al nostro signor mauro!!
Guardate quest'opera magnifica e geniale creata da lui!
Dice che ci ha messo solo 2 minuti per farlo, ma io non ce la farei anche in un giorno. Sono contenta per Pakkun che si e` procurato l'anello del Signore.

レディース&ジェンツルメン、このブログによく来てくれるMr.mauroに盛大な拍手をお願いします!
彼が作成したこの天才的にスバラシイ作品をご覧下さい!
本人によると「切って貼っておしまい。2分で出来たよ」とのことですが、はぃ?どーゆーこと?何を言ってる?私なんて一日かかっても出来ないよ。それにしてもロードのリングをゲッツしたぱっくんのドヤ顔、私まで嬉しくなります



Ora parliamo del tema di oggi.
Oggi vorrei mettere in ordine ed elencare delle parole che ci fanno pensare un certo "suono".
In giapponese ci sono varie onomatopee - che di solito vengono espressi con un "suono" ripetuto due volte - che caratterizzano la nostra lingua.

さて、今日のお題はイタリア語の擬声語についてです。
ある動作や状態を表す時にぴったりの「音」、日本語にはそりゃもうたくさんありますよね。大抵の場合同じ「音」を2回繰り返して表現します。こういう言語表現が豊かな国は、日本は世界でもダントツなんでしょうかね。



Un esempio tipico sarebbe questo:

よく言われる例としてはこんなのがあります。


雨がポツポツ降り出した (ame ga potsu potsu furidashita)
E` cominciato a piovigginare
雨がパラパラ降り出した (ame ga para para furidashta)
E` cominciato a cadere le gocce di pioggia
雨がシトシト降っている (ame ga shito shito) futteiru
Sta piovigginando
雨がジトジト降っている (ame ga jito jito futteiru)
Sta pivendo con tanta umidita`
雨がザーザー降っている (ame ga zaa zaa futteiru)
Sta piovendo a dirotto




Anche in italiano ce ne sono tante ma non sono "suoni" come nostri, invece si usano normalmente sostantivi, verbi ed aggettivi. Sono rimasta sorpresa per la somiglianza del suono quando ho saputo per la prima volta il verbo miagolare, perche` il verso di gatti si dice in giapponese myaa myaa o nyaa nyaa , e croccante pure, da noi kari kari o pari pari .

実はイタリア語にもあるんですよね。あるんですが、日本語のように「音」ではなく、名詞や動詞や形容詞で表現するようです。
miagolare「猫が鳴く」を初めて知った時はまたまた御冗談を!と思いましたよ。だって、
みゃ~みゃ~みゃごら~れ? croccante「カリカリ、パリパリとした」しかり。カリコリクロッカンテ?



Ora provo ad elecarle di cui ho preso nota in ogni incontro, con "suono" giapponese che vi aiutera` a conoscere quali immagini sonori abbiamo noi giapponesi con queste parole.

何だか日本語っぽい音感だとひゃ~おもろ~い!と思って、そういうのに出会う度に書き留めておいたんです。全く違うものももちろんある訳ですが、ここでちょっと一覧にしておこうと思います。少し無理矢理な感じのものもありますが、あえて「音」で訳してみました。イタリア人の皆さんには、ガタガタギトギトガバガバといった音を楽しんでもらおうと思いますよ。ではスタート!


borbottio(名) borbottare(動)
(文句)ブツブツ  (lamentarsi) butsu butsu 
(カフェ)コポコポ  (caffe` e` pronto) kopo kopo

cigoglio(名) cigolare(動)
(ドア)ギシギシ  (porta suona) gishi gishi

scrocco(名)
(機械)カチッ   (macchina dice) kachi!

frusci'o(名) frusciare(動)
(紙)カサカサ   (carte si strisciano) kasa kasa 
(布)シャリシャリ  (stoffa si striscia) shari shari

scabroso(形) scabrosita`(名)
デコボコの(道)  (strada) deko boko 
ゴワゴワした(タオル)  (asciugamano) gowa gowa

impastato(形) impastare(動)
(血で)ベトベトした   beto beto (con sangue)

viscido(形)
ネバネバした(食べ物)  (cibo) neba neba 
ネチネチした(男)  (uomo) nechi nechi

spiegazzare(動) spiegazzatura(名)
(紙を)クシャクシャにする  (rendere carte) kusha kusha

cinguettare(動)
(鳥が)チッチッと鳴く   (uccelli cantano) chi!chi! 
(女の子たちが)ペチャクチャと喋る   (chiacchierano le ragazze) pecha kucha

ronzare(動) ronzio(名)
(モーターが)ブーンと鳴る   (motore urla) buun 
(蜂が)ブンブン飛ぶ   (api volano) bun bun

schioccare(動) schiocco(名)
(鞭で)ピシッとたたく  (frustare) pishi! 
(指を)パチッと鳴らす   (suonare le dita) pachi! 
(キスを)チュッとする  (baciare) chu!

mugolare(動) mugolio(名)
(犬が)クンクン鳴く   (cane) kun kun 

pizzicare(動)
(舌に)ピリッとくる  (alla lingua) piri! 
(鼻が)ムズムズする  (al naso) muzu muzu

guizzare(動) guizzo(名) guizzante(形)
(魚が)ピチピチ動く   (pesci si muovono) pichi pichi
(スリが)スルッと逃げる  (scippatore scappa) suru!


eccetera, eccetera...non si finisce mai...
などなど、数え切れないほど...


110827_1925~02-1 ギチギチ gichi gichi


Per il mio lavoro di traduzione dall'italiano al giapponese, sento che conoscere piu` parole onomatopeiche poter rendere piu` vivaci le frasi.

翻訳をやっていると、こういった単語をたくさん知っていればいるほど文章がよりイキイキしてくるだろうなぁと感じます。
Ho sentito dalla cucina il borbottio del caffe` は、「キッチンからカフェができる音が聞こえた」よりも「キッチンからカフェが出来るコポコポという音が聞こえた」の方が、
ぷ~ん といい香りがしてきそうだと思いませんか?


Buono buono



Chiuso per faccende personali
都合により本日閉店






Tornare allo spirito iniziale 初心に返る - 2011.10.07 Fri

644-12.jpg

E` mio!!! ゲッツ!!!



Budda ha ascoltato la mia preghiera, ed e` pervenuto all'inizio il mio corso d'italiano presso il Centro Culturale.


仏様に私の願いが届いたらしく、カルチャーセンターでのイタリア語講座が開講にこぎつけました!


izumi.png


Stamattina c'e` stata la prima lezione e sono appena tornata a casa tutta contenta!
Tutte le cinque studentesse sono piene di voglia di studiare italiano, o meglio dire di "conoscere" italiano desiderando viaggiare un giorno l'Italia.
Mi guardano con gli occhi luccicanti per le emozioni ed ad ogni spiegazione che le faccio rispondono con le esclamazioni "Heeee! " (sorpresa),
"Hoooo! " (convinzione), "Fuuuun! " (ammirazione)

今朝が第一回目のレッスンで、先ほどルンルル~ンと帰ってきたところです。
申し込んで下さった5人の生徒さんは、皆さんやる気バリバリ。いつかイタリアに行くことを夢見て、それまでにイタリア語を勉強したい、というか、イタリア語ってどんなか知りたい!という気力に満ち溢れていました。
そりゃもう情熱で目もキラッキラで 、私が何かを説明する度に「へぇぇぇ!
「ほぉぉぉ! 」「ふぅぅん! 」と盛り上がるのでした。


imagesCAVNJ2ZW.jpg


Si capisce che si stanno divertendo a cercare di parlare in una lingua che non hanno mai usato, anche se e` un discorso semplice come "Mi chiamo XXX, piacere. E Lei?".
Avevano gli occhi fortemente motivati e lo spirito "puro" verso la lingua italiana che ho perso ormai da tempo...

イタリアは大好き、イタリア語だっていつかは話せるようになりたい!あ、でも私ってば、それを今話してるんだわ!という喜びがザバ~ッと溢れ出し、嬉しそうにしている皆さんを見て、また涙ぐむ私。
初回なので「Mi chiamo XXX, piacere. E Lei? 私の名前はXXXです、初めまして。あなたは?」といった簡単なところから入ったんですが、それでもこれまで話したことない言葉を言っている、というのはスゴイことですよね。
皆さんのイタリア語に対するキラキラな目と純粋な心・・・嗚呼、これって私がもうだいぶ前に失くしてしまったものだわ・・・


Certo che una volta li avevo anch'io! ma combattendo contro la difficolta` del mantenimento della capacita` linguistica e tormentandomi di non poterla migliorare tanto, recentemente scopro spesso d'avere una faccia cosi`:

もちろん私だって昔はもっていたんですよ、ええ、ええ。
でも、3単語覚えても翌日は4単語忘れるよーっ(つまりマイナス)、とか、何年もやってる割に
ちっとも進歩しないよーっ、とか、自分の脳に蹴りを入れながら戦っているうちに目は澱み、何だかとっても邪悪な顔になっている自分に気づくことが多くなりました。
images9990.jpg


Vabbe`, non mi ci arrendero`!
Non vedo l'ora della prossima lezione che si svolge fra due settimane.

でも私も負けないぞ!
2週間後の次回のレッスンがとても楽しみです。


Buono buono

313-11.jpg

うに・ほたて・いくら丼とにぎり
donburi (ciotola) con ricci di mare, capasanta e uova di salmone + sushi misto


鮨智(宮城県気仙沼)
Sushitomo (Kesennuma, prefettura Miyagi)



Dicono che la forma non c'entra 形は関係ないらしい - 2011.10.03 Mon



Vado matto per gioielli
光もん大好き!



Dando un'occhiata ad un libro di parole italiane, ho saputo occasionalmente una cosa che non m'aspettavo proprio.

イタリア語の単語帳をパラパラ見ていたら、ある単語を「え”っ? 」と思わず「え」に濁音をつけて二度見してしまいました。


imagesCA750XPV.jpg Medusa

imagesCA2N1LZA.jpg medusa


Incuriosita, mi sono informata perche` hanno lo stesso nome.
Dicono che le meduse pungono con la spina anche dopo la morte, e pure Medusa dopo la sua morte aveva ancora il suo potere magico di trasformare in sasso la persona che l'ha vista.
Uhhhmmm, che origine inimmaginabile!!

カラヴァッジョも、あの中華鍋の裏に描いてあるようなヘビ女も昔から大好きな私ですが、これは知りませんでした。
い、い、一体どんな共通項が?!
クラゲは死んでも人を刺し、メドゥーサも、自分を見た者を石に変えてしまうという魔力を死んだ後ももっていた、というトンチクイズのような共通点からだとか。マジっすか!


imagesCAOQMMHT-1.jpg imagesCA5FZ5W7-1.jpg


Buono buono



632-12.jpg

山形の芋煮
Imo-ni di Yamagata (ignami cotti con la zuppa di salsa di soia)


酒菜ままや(仙台)
osteria Mamaya (Sendai)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}