FC2ブログ
36 (2)

2013-02

Le 5 domande piu` strane 最もおかしな5つの質問 - 2013.02.11 Mon

201112441311.jpg

Conta su di me per quanto riguarda Firenze!

フィレンツェのことならボクにお任せ!





L'altro giorno ho trovato per caso un sito interessante che si chiama "teladoio Firenze". E` un sito pieno di informazioni su Firenze: cultura, cibo, eventi e tanti altri, e ho letto un articolo molto buffo e ironico, ma e` anche inquietante. Oggi lo vorrei tradurre in giapponese per i lettori giapponesi a cui amano Firenze.

先日、偶然おもしろいサイトを見つけました。その名は『teladoio Firenze』。
teladoio とは、恐らく te la do io(私がそれを君にあげるよ)という意味かと思われ、フィレンツェの文化や食べ物、イベントなど、フィレンツェに関することなら何でも教えちゃうよ~!みたいなサイトです。
で、そこにとっても興味を引く記事が。皮肉っぽくて笑っちゃうんですが、笑いごとではない憂うべき事態も垣間見えて、これはフィレンツェ好きの皆さまのためにも訳してみようか思いました(訳に多少の脚色あり)。
オリジナル記事に飛ぶようにリンクすれば、そのまま使用可とのことなので、原文をそのまま拝借します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


teladoio.png
vai al sito サイトへジャンプ



Turisti a Firenze: le 5 domande più strane agli Uffizi
04feb2013
フィレンツェの観光客-ウフィッツィ美術館に関する5つの最高に変な質問
2013年2月4日


Scritto da Francesco Ricceri
フランチェスコ・リッチェリ著


I fiorentini lo sanno: qualsiasi giorno a qualsiasi ora ci saranno dei turisti a Firenze, sopratutto agli Uffizi. Ma mettiamo da parte le classiche domande sulle indicazioni e andiamo a vedere cosa chiedono quando sono al grande museo. True story.

フィレンツェ人は先刻承知。来る日も来る日も、どんな時間にだって観光客が自分たちの街に、特にウフィッツィ美術館にやって来ることを。館内にある表示について尋ねるお決まりのフレーズがあるが、それはちょっと置いといて、この世界有数の美術館において、観光客がどんなことを質問するのかを見てみよう。これは実話です。



« Non sono un po’ troppi 6,50 € di biglietto? »

I turisti a Firenze che dicono questo potrebbero anche avere la nostra solidarietà: si sa che la città è un po’ cara. Ma lamentarsi dei prezzi dei musei è come guardare la messa in tv e spegnere quando arriva il momento delle offerte.

Tipologia turista: il taccagno

« 6.5ユーロの入館料って高過ぎじゃね? »

フィレンツェでこういうことを言う観光客は、もしかすると我々と意を共にしてくれているのかもしれない。この街の物価が高いのは事実だからだ。でも、美術館の入館料についてあーだこーだ言うのは、テレビでミサの中継を見ていて、奉納金募金の時間が来るとテレビを消すようなものだ。

観光客のタイプ:ケチ


face2_grin_m.gif face2_grin_m.gif face2_grin_m.gif



«Ma non le pare ci siano poche cose?»

Lo sconcerto aumenta. Ci sono visitatori che tornano più e più volte a vedere gli Uffizi: più di 80 sale, 2.200 opere esposte e altrettante in magazzino. C’è pure un bar con terrazza, faccia lei.

Tipologia turista: l’incontentabile

«あんまり色んなモンないんだなって思いません?»

困惑は増すばかりだ。80以上もの部屋に展示された2,200の作品を何度も何度も見に来るリピーターもいる。同じくらいの数の作品が保管倉庫にもある。テラス付きのバールだってある。そんなこと言うなら、あなたに管理を任せます。

観光客のタイプ:足るを知らざるヤツ

 dog_sad.gif dog_sad.gif dog_sad.gif



«Scusi, ma la Gioconda?»

Si sa che i turisti a Firenze arrivano stanchi. Quindi se lo chiede uno straniero, è sconcertante ma ancora dignitoso. Se lo chiede un italiano è letteralmente inquietante.

Tipologia turista: lo sperduto

«あの、モナリザは?»

フィレンツェにやって来る観光客は、それ相当に疲れて到着する。だから、彼らがこんな質問をしたとしても、「はぃ?」とは思うけど、まだ品位があるってもんだ。イタリア人がこんなこと訊こうもんなら、マジむかつく。

観光客のタイプ:知らない場所に来て戸惑っている人


face2_lose_m.gif face2_lose_m.gif face2_lose_m.gif



«Ma Botticelli è il cantante italiano che ha scritto la canzone Con te Partirò?»

Prendete una turista giapponese un poco confusa sulla cultura della penisola, un museo bello grande e il caldo d’agosto. Shakerate il tutto ed avrete un grande risultato. Da servire fresco.

Tipologia turista: lo straniero

«ボッティチェッリって『Con te partiro`(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)』を作曲したイタリアの歌手だっけ?»

8月の暑い日、だだっ広い美術館で、イタリア文化についてちょっとばかり頭が混乱している日本人観光客(女性)を捕獲して下さい。ガガガッとシェイクすると、ものすごいものが出来上がるかも。新鮮なうちにお召し上がり下さい。

観光客のタイプ:外国人


b_face2_shock_m.gif b_face2_shock_m.gif b_face2_shock_m.gif



«Le mummie morte dove le posso trovare?»

Tra tutti i turisti a Firenze questo è l’apice. La domanda è diretta e senza tentennamenti, come se stesse parlando dell’ovvio. Quelli confusi adesso siete voi. Vi ritroverete a balbettare una risposta e a veder andare via scocciato il grande viaggiatore. Ricorderete con terrore quel momento.

Tipologia turista: l’archeologo mancato.

«ミイラはどこに行けば見られますか?»

フィレンツェの観光客の中で、この質問は極めつけだ。ダイレクトで何の迷いもない。まるで当然のことのように訊いて来る。で、当惑するのは次は君たちの番だ。いや、ミイラはここには…と口ごもると、当然あると思っていた偉大な勘違い野郎である旅人は、チェッという顔をして立ち去るのである。そのオソロシイ瞬間を君たちは二度と忘れないだろう。

観光客のタイプ:出来損ないの考古学者


1476_0.gif 1476_0.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
Chi e` che sta facendo finta di non essere questo tipo??

自分はこんな恥ずかしいこと訊かないよぉ~。訊くはずないじゃ~ん!と、トボケているそこのあなた、大丈夫ですかー?



Spero che sia stato solo il numero 4 che e` stato combinato dal giapponese!... ma come vedete la foto di un signore sicuramente un giapponese messa alla pagina dell'articolo, magari noi giapponesi vengono considerati come un tipico popolo che fa una brutta figura di questo genere?!
Ma dai, scherzi!

それにしても、4番目は「una turista giapponese(日本人女性の観光客)」と名指しで来ましたね!実際にあった話なら仕方ないけど、どうか4番だけであってほしい。
でも、どう見ても日本人にしか見えないオジサンの写真がこの記事のページに使われているということは、ジャポネーゼはこういうことを訊いて来る典型と思われているということでしょうか!?
ちょっとちょっと、それはいささか侵害だわ 



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話、接続詞を強化しませんか? ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書 (2019.5.6)

Amazon限定販売

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (123)
grammatica 文法 (56)
espressioni 表現 (134)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (8)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (49)
ringraziamento 感謝 (33)
pubblicita` 宣伝 (21)
Circolo Massimo (23)
etc その他 (91)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}