2015-01

dolce giapponese semioccidentale 和洋折衷まんじゅう - 2015.01.29 Thu

IMG_3801.jpg

Spettacolareee!!!

スッゴーイ!!





L'incontro tra oriente e occidente crea a volte un mondo straordinario...

東洋と西洋の出逢いは、時としてスンバラシイ世界を生み出します・・・



In Giappone infatti esistono dei dolci fatti da un'ispirazione spettacolare del produttore, e di recente ne ho trovato uno, l'idela del quale non l'avrei mai aspettata!

チーズおかき、とか、チョコ柿の種、とか、いぶりがっこゴルゴンゾーラのせ、とか、日本には既に「誰が考えた?」的な組み合わせの食べ物がたくさんありますが、去年の暮れ、「誰が考えた世界選手権」で3位には入るかと思われる、奇抜なお菓子に出逢いました。



Si tratta di 大福 daifuku, cioe` il dolce di riso farcito con marmellata di azuki, ma attenzione, questo non si mangia in maniera normale.

もしかしたら、既にとても有名なのかもしれないんですが、和菓子専門店たねやの大福。それがただの大福ではないんですねぇ。



Ora vi faccio vedere quanto e` particolare...
どういうことかと言いますと・・・



Innazitutto, viene venduto con una pubblicita` di un frantoio italiano...  

まずは、お買い求めになると、イタリアのオリーブオイル搾油所の宣伝チラシがもれなく付いてきます。

707119246.jpg

E` confezionato cosi` strettamente che ha addirittura una striscetta che dice "fragile, handle with care".
Mmm, che misterioso...

包装はこんなにも厳重で、「壊れ物!取扱注意」の帯で巻かれているという物々しい姿。なんだなんだ?と何だかドキドキするではないですか!

707119249.jpg

la scatoletta pero` sembra molto normale....
でも、中の箱自体は至って普通・・・

707119250.jpg

MA!! nel bel mezzo di sei daifuku, trovi un estraneo verde giallo...
ところが!6個の大福のド真ん中に、何やら黄緑色の物体が・・・

707119251.jpg


ma cosa ci fai qui!!? Una bottiglietta dell'olio extra vergine d'oliva!!!!! 

 ねーねーそこで何やってんの?!と思わず言ってしまいそうな、その場に全くそぐわない状態で鎮座するエキストラバージンオリーブオイルの小瓶!


707119254.jpg

Chi l'avrebbe mai pensato che nella scatoletta convivessero un italiano e sei giapponesi!!?

まさかこの箱の中で、一人のイタリア人と六人の日本人が同居していようとは、誰が想像できたでしょうかっ!

707119256.jpg

L'idea e` nata dal produttore たねや Taneya che la combinazione tra il mochi (pasta di riso), l'anko (marmellata di azuki) e l'olio extra vergine d'oliva creerebbero un'armonia meravigliosa.
Il frantoio si chiama Castello Monte Vibiano che si trova a Mercatello della regione Umbria. Per conservare il profumo fresco ed un bellissimo colore di smeraldo, l'olio viene congelato alla temperatura di 25 gradi sotto zero subito dopo si spremono le olive.

大福withオリーブオイルって、もしかしたらとんでもなく美味しいんでねーか?と、たねやさんの一体どなたが思いついたのでしょうか。
オイルを作っているのは、ウンブリア州メルカテッロという街にある、カステッロ・モンテ・ヴィビアーノ社で、オイルの香りと美しいエメラルドグリーンを保つために、搾油後すぐに氷点下25度でオイルを冷凍保存するんだそうです。

707119257.jpg

Allora proviamo ad assaggiare questo gusto italo-giapponese che suscita tanto la mia curiosita`!

どんなだ?どんなだ?日伊合体のこの未知なる大福を早速いただきますよ!

707119260.jpg

mettendo un goccetto sopra l'anko...
アンコにオイルをちょびっとつけて・・・

707119262.jpg




・・・ (゜▽゜;) ・・・




... uhm ... mica male... un sapore giapponese nella bocca con un profumo amarognolo italiano che si diffonde nello stesso momento...

・・・ うん ・・・ いいね ・・・純粋和の味が口いっぱいに広がって、同時にイタリアのほろ苦い香りが鼻の奥にほわ~んと拡散するって感じ?・・・



... e` buono anche senza l'olio pero`! ahahaha!
・・・ でも、オイル無くても美味しいかも!あははは!



Ma comunque mi sembra che sia una sperimentazione fantastica!
いずれにしても、このスバラシイ試みに拍手ぅ~!



Vedo che c'e` anche un'altra combinazione che voglio provare la prossima volta, che e`...

たねやさんの戦略はこれだけじゃないみたいで、次回試してみたいのはこちら。


gorobalsamico_mainimage.jpg

un dolce fatto con la fecola di kudzu
servito con l'aceto balsamico di Modena!!

モデナ産のバルサミコをかけて食べる葛きり!!



Prossimamente vi faro` sapere com'e`.

近いうちにまた報告しまーす



Vai al sito del produttore Taneya
たねやさんのHPはこちら 



un messaggio di vecchiaia e di amore 老いと愛についてのメッセージ - 2015.01.26 Mon

7071193061.jpg

La vita circola...

人生はぐるぐる・・・





Recentemente vado a vedere di frequente il sito "Passa Parola!" dove trovi molti articoli interessanti.

最近、よく見に行くサイトに "Passa Parola!" (伝言ゲーム、口コミ) というのがあります。人生、健康、愛、動物、その他色んな興味深い記事が分かりやすく書いてあって、結構ハマってます。



Il seguente e` uno dei quelli che mi hanno attratto ed emozionato. Si tratta di un messaggio scritto da una madre alla propria figlia sulla vecchiaia inevitabile e sull'amore verso il suo tesoro.

今年に入って読んだ、ちょっと印象的でグッときた記事がこちら。ある母親から娘への、避けがたい老いと愛に関するメッセージです。




mamma-e-figlia-end.jpg


Se un giorno mi vedrai vecchia, se mi sporco quando mangio
e non riesco a vestirmi, abbi pazienza…

もし、歳老いて、
食事中もあちこち汚して、服も自分で着られなくなった私を見ても、辛抱してちょうだいね・・・


Ricorda il tempo che ho trascorso io ad insegnartelo quando eri piccola.

貴女がまだ幼い頃、私も貴女にそんなようなことを教えて過ごして来たわ


Se quando parlo ripeto sempre le stesse cose non m’interrompere, ascoltami…

もし、私が何度も同じことを言ったとしても、どうか遮らないで聞いてちょうだいね・・・


Quando eri piccola
io dovevo sempre raccontarti la stessa storia finchè non ti addormentavi.

貴女がまだ幼い頃、眠りにつくまで、私はずっと同じ物語を話して聞かせてあげたのよ


Se a volte non ho voglia di lavarmi non biasimarmi e non farmi vergognare…

もし、たまに私が体を洗うのを嫌がったとしても、どうか責めたり、恥ずかしい思いをさせないでね・・・


Ricordati quando dovevo correrti dietro inventando delle scuse
perché non volevi farti il bagno.

お風呂に入るのを嫌がる貴女の後ろを追いかけて
色んな理屈をつけては入れさせなくちゃいけなかったものよ


Se vedi la mia ignoranza sulle nuove tecnologie, dammi il tempo necessario
e non guardarmi con quel sorrisetto ironico…

もし、新しいテクノロジーについて、私が何にも知らないのを見たとしても
そんな冷やかな笑みを浮かべて私を見ないで、理解できるだけの時間をちょうだい・・・


Ho avuta tanta pazienza io quando t’insegnavo l’alfabeto e t’aiutavo nei compiti.

貴女にアルファベットを教えたり、宿題を手伝うのに、私もかなりの辛抱が必要だった


Se non riesco a ricordare e perdo il filo del discorso, dammi il tempo di ricordare,
e se non ci riesco non t’innervosire,
la cosa più importante non è quello che dico,
ma il bisogno d’essere li con te ed averti li che mi ascolti…

もし、言っていることが覚えてられなくて、話の道筋が分からなくなっても、思い出すまで待ってね
そして、たとえ思い出せなかったとしても、イライラしないでほしいの
一番大切なのは、私が話す内容ではなくて、貴女とそうして一緒にいたいということだし
私の話に耳を傾けてくれる貴女が必要だってことなんですもの


Se le mie gambe stanche non mi consentono di tenere il tuo passo,
non mi trattare come fossi un peso…
Vieni verso di me con le tue mani nello stesso modo con cui io l’ho fatto con te
quando muovevi i tuoi primi passi…

もし、疲れて思うように動かない足が、貴女の歩調に合わせることができなくても
私を重荷に思わないで・・・
貴女が初めて歩き始めた頃のヨチヨチ歩きに私が合わせて歩いたように
そばに来て手を引いてほしい・・・


Se dico che vorrei essere morta non arrabbiarti…

もし、私が、死にたい、と言っても、どうか怒らないでね・・・


Un giorno comprenderai cosa mi spinge a dirlo
e cerca di capire che alla mia età non si vive, ma si sopravvive.

どうして私がそんなことを口走るのか、いつかきっと分かる日が来る
そして、私のような年齢の人間は「生きている」のではなく
「生き残っている」のだということを分かってちょうだい


Un giorno capirai che nonostante i miei errori ho sempre voluto il meglio per te,
che ho tentato di spianarti la strada.

誤りを犯すこともあるけれど、私はいつだって貴女のためを想って来たし
貴女ができる限り順調に人生を歩めるよう、心を砕いて来た
貴女も、それをいつかきっと分かってくれると思うの


Dammi un po’ del tuo tempo, dammi un po’ della tua pazienza,
dammi una tua spalla su cui appoggiare la testa
allo stesso modo in cui io l’ho fatto per te.

少し貴女の時間を私にちょうだい、そして、少し辛抱強くつき合って
頭をもたせ掛けたい時に、貴女の片方の肩を貸してちょうだい
昔、私がしてあげたように


Ti amo figlia mia e prego per te anche se mi ignorerai.

貴女のことを愛しています
私を見て見ぬふりをすることになっても、貴女の幸せを祈っています





maniie.jpg




Noi di solito non ricordiamo piu` nulla dei propri capricci dell'infanzia che impazzivano i nostri genitori... ma ora, tocca a noi.
La ruota della vita gira...

子どもの頃にあんなことや、こんなことをして、親をウキィーーッ!とさせたこと、何一つ覚えてなくてスンマセン!!・・・だから、今度は自分の番。
人生は順繰り順繰り、持ち回りやけんね・・・




nomignoli 愛称 - 2015.01.22 Thu

7071192841.jpg

X◎■☆@□●▽△X★¥○▼・・・!!!!




Un mio caro amico italiano, che e` il marito di una mia cara amica giapponese, mi ha mandato un link molto interessante. E` la pubblicita` della nuova Fiat 500, e lui me l'ha mandata con un suo commento "Siamo proprio italiani!", e lo sono davvero!

イタリア人の友人、私が仲良くしている日本人の女の子(子?)の旦那さんなんですが、昨日オモロイもんをリンクしてくれました。新型フィアット500のCMなんですが、リンクついでの彼のコメントが、「ほんとに僕たちってイタリア人だよね!」。
ん?なになに?と早速見てみたならば・・・。意味分かった。ったく、あんたたちってホントしょーがないね・・・




Fiat



Madoooonna! Un'idea che non sarebbe mai venuta in mente delle case automobilistiche giapponesi!! ed anche se la Toyota, Nissan, Honda volessero farne una come questa, The Japan Commercial Broadcasters Association non gliela consentirebbe di trasmettere! ahahaha!!

いやはやまったく!こんなCM、日本の自動車メーカーだったら絶対思いつきませんよね!たとえ、トヨタや日産やホンダが、今回の新型XXXのCMはコレで行きましょう!って言ったって、日本民間放送連盟にバッサリ却下されるね!あははは !




50001.png

amore... ねぇ、あなた・・・ 



A proposito...
ところで・・・



In italiano i nomignoli "amorosi" ce ne sono parecchi ed e' consuetudine tra gli innamorati darsene nei momenti di intimita`.
Quelli classici saranno caro/a, amore, tesoro, ma ci si danno anche piccolo/a, piccolino/a, ciccio/a, ciccione/a, poi cucciolo/a, orsacchiotto/a... insomma, sembra che gli italiani ci si scambino l'affetto attraverso questi nomignoli tanto dolci. (^3^)

CMの中で奥さんが夫に囁いている 「Amore・・・」ですが、イタリア語には、カップル間で呼び合う「ダーリン」「ハニー」系の言葉が実にたくさんあって、一番メジャーな、caro/a(直訳は「愛しい人」)、amore(愛する人)、tesoro(宝物)から始まって、piccolo/a(おチビちゃん)、piccolino/a(もっとおチビちゃん)、ciccio/a(太っちょ)、ciccione/a(おデブちゃん)、はたまた、cucciolo/a(子犬ちゃん)に orsacchiotto/a(小熊ちゃん)・・・と、もういい加減にせーよ、オラッ!とどやしつけたくなる程のラインアップです。こうお互いに呼び合いながら、愛を確かめ合ってる・・・つか、彼らにとっては、こんなの普通なことなんですよねぇ。(^3^)



fiat5001.png



Ora sto pensando come sia tra i giapponesi...

一方、日本人カップル間の愛の呼び名事情はどうなっているでしょうか。



Per il mio nome Shoko ad esempio, qualcuno mi chiama Sho-chan, con il suffisso "chan" che viene messo normalmente ai nomi femminili, ma anche a quelli maschili, se e` un nomignolo: Kenji, ad esempio, che e` un nome maschile, puo` essere chiamato Ken-chan, Masahiro diventa Masa-chan, oppure Masa-kun con un suffisso "kun" per un nome maschile, e cosi` via.
Oppure una persona che ha un cognome tipo Yamamoto, viene chiamato molto probabilmente Yama-chan o Yama-san.
Poi, se qualcuno somiglia a Doraemon, allora tutti i suoi amici lo chiameranno Doraemaon. (infatti, ce n'era uno tra i miei compagni di liceo che veniva chiamato cosi'. )

たとえば、私の名前は「しょうこ」ですが、呼び名といえば、「しょうこちゃん」か「しょうちゃん」ぐらいなもんですし、男性も、ケンジがケンちゃん、マサヒロがマサちゃん、あるいはマサくん、みたいになるのが関の山(?)ですよね。
または、名字が山本さんなら、ヤマちゃんとか、ヤマさんとか、ドラえもんに似てたらあだ名はドラえもんとか (実際に、私の高校の同級生に、顔も、グーの手もまん丸な「ドラえもん」がいました



Per quanto riguarda i nomignoli come quelli d'italiano, purtroppo (io direi "purtroppo") in giapponese non esistono. Tra marito e moglie ci si danno molto spesso del パパ papa (papa`) e ママ mama (mamma) se hanno figli, e se non, ci si chiamano con il nome o il nomignolo come Yu-chan, Ken-kun, e via dicendo.

で、ラブラブカップルになったって、夫婦になったって、ドラえ・・・はさすがにないとしても、ユーちゃんはユーちゃんだし、ケンちゃんはケンちゃんなわけで、親になれば、互いに「パパ」「ママ」になっちゃうし、「愛する人」だの「宝物」だの、そういったアモーレに満ち満ちた呼び名というのは、残念ながら、日本語にはほぼ存在しないのでありますね。



Io personalmente trovo bello darsi dei vezzeggiativi come tesoro, amore, caro, ecc...,

テゾーロ(宝物)やら、アモーレ(愛する人)やら、カーロ(愛しい人)やらでお互いを呼び合うのって、個人的にはステキだな~と思います。呼ばれてみたいもんだと思います。



ma praticamente se io venissi chiamata
思うけど、実際に


imagesGV4KGUC4.jpg



cucciola o...
子犬ちゃんとか・・・


無題1



orsacchiotta... 
小熊ちゃん・・・



m'imbarazzerei davvero parecchio e arrossirei, poi scapperei via di vergogna!!

なーんて呼ばれちゃったら、ドヒャーーーッ!これはいかん、恥ずかし過ぎる!!
やっぱりダメよ、ダメダメ! (誰も呼ばないから大丈夫だって・・・)




debutto sul libretto nazionale(?) 全国誌デビュー(?) - 2015.01.19 Mon

 IMG_3721.jpg

Volete studiare con me?

一緒に勉強するぅ?




Ce l'ho fatta.......
やりました・・・・・




finalmente ce l'ho fatta.......
ついに、やりました・・・・・




707119289.jpg

ho esordito sul libretto nazionale!!
 \( ̄▽ ̄)/ 
全国誌にデビューしちゃいました! 



707119290.jpg



La NHK, il servizio pubblico radiotelevisivo giapponese, trasmette il programma del corso d'italiano una volta alla settimana dal 2008. Ogni mese esce un apposito libro di testo da seguire mentre si guarda il programma, e il libretto, oltre le spiegazioni grammaticali e le trascrizioni del dialogo che fanno in trasmissione, contiene anche delle notizie sull'Italia, quiz, cruciverbi, informazioni utili per chi studia italiano e alcune pubblicita` delle scuole d'italiano.

2008年から放送している、NHKの『テレビでイタリア語』。見ている方もきっと多いですよね~。
放送開始当時は、日本で一番有名なイタリア人である例のお方が、山口もえちゃんとか、土屋アンナちゃんとか、綺麗な女の子をとっ替えひっ替え(笑)傍らに置いて、アモーレ全開の番組を展開し、彼が去った後は、ふざけた3人組がやたらめったら大騒ぎするプログラムが長年続き、目にする度に茫然としたのを覚えています。そして、ここ数年はガラリとリニューアル。様々な反省点を踏まえて(多分)無駄なハイテンションはそぎ落とし、とても落ち着いた雰囲気の、内容の濃い講座になっているようです。良かった良かった。
番組に合わせて月に一回発行されるテキストも、毎回内容が猛烈に充実していて、これでわずか400円?!ぐらいの価値ありですよね。(ちょっと前まではもっと安かった気が・・・)



Da dicembre scorso lavoro presso la Kudan Language Academy, una scuola d'italiano a Ichigaya, e la prima foto di sopra e` la pubblicita` della nostra scuola che e` stata messa sull'ultimo testo uscito proprio ieri. E` il primo tentativo di pubblicizzare sul libretto di NHK che viene venduto in tutte le librerie del Giappone, percio` speriamo tanto che fara` un buon effetto e che vengano tanti iscritti!

私は昨年の12月から、東京は市ヶ谷にある九段アカデミーというイタリア語の学校で講師をやらせていただいるんですが、学校としてもちょっとこの変でドドーンといってみようかっ!ということで、昨日発売の2月号のテキストに広告をバァーンと掲載致しました!
事前に、写真撮るからね、とは言われていたんですが、学校のHP以外に、まさか全国の書店に並ぶNHKテキストにこんなに大きく載るなんて思わなくてですね、髪跳ねてるしぃ、ショール曲がってるしぃ、隣にいるフェデリカちゃんに比べて頭おっきいしぃ・・・と、色々無念な思いはありますが、ま、このようなものに載せていただけて、本当に恐縮&感動であります!
なんといっても全国の書店だからなぁ。たくさんの方の目に留まって、お問い合わせやお申し込みがあると嬉しいなぁ!



707119293.jpg



Per chi vuole imparare italiano ma vive fuori di Tokyo o non puo` frequantare la scuola per certe ragioni, abbiamo le ricche scelte del corso di corrispondenza: composizione, grammatica, ascolto, traduzione..., e io vi raccomando fortemente quello di "frasi per viaggiare", perche` le correzioni le faccio io!

東京以外にお住まいの方、あるいは、色んな事情で学校に通うことはできない方、でもイタリア語を勉強してみたい!という方には、添削通信講座が充実のラインアップ!作文、文法、リスニング、読解、翻訳など各種取り揃えておりますよ~。
中でも、呼び込み強化月間として、『フレーズで学ぶイタリア語旅行会話』を個人的にお勧めしたいと思います。なぜなら、私が添削担当だから!あははは 



Il corso e` composto dalle 120 espressioni e locuzioni utili per un viaggio, ed ogni giorno viene mandata una frase da tradurre dal giapponese in italiano con una formula indicata da usare. La frase scritta e rimandata dallo studente la correggo io e gli rimando con una spiegazione dettagliata.
Quando poi avrai finito tutte le 120 espressioni, sarai in possesso di una base di conoscenza per godere della conversazione durante il viaggio in Italia!!

イタリアに旅行に出かけたら、一言ぐらい現地の人に話しかけてみたりしたいですよね?食べたいものを注文したり、行きたい場所に行ったり、コーヒーたのんだのにまだ来ないんですけど!と文句言ったりしてみたいですよね?!
そんな貴方に、旅行で使える基本フレーズ&単語を120用意しました。それを、一日一文お手元に配信します。その日のキーワードを使ってワンフレーズを伊訳して返信してもらい、それをワタクシが添削して、詳しい文法解説と、ちなみに・・・という更なる余計な(笑)情報もくっつけてお返し致しますよ~!少しだけイタリア語を勉強したことがある初級者対象ではありますが、全くの入門者にも分かるようご指導致します。
120フレーズをマスターした頃には、「お腹空いてないからプリモはいらない」とか、「店で一番人気のピッツァはどれ?」なーんてことをサラリと言って、もうワンステップ上のイタリア旅行が楽しめるようになること請け合いです (知ってても言う勇気、コレはどんな時も必要ですね)


Piu` informazioni 詳しくはこちら  フレーズで学ぶイタリア語旅行会話


Vi aspettiamo in tanti!!
皆さんのお越しをお待ちしておりますよー!

pandaani48b_20150119085919451.gifpandaani48_20150119085917aaa.gif








gemellaggio 姉妹都市提携 - 2015.01.15 Thu

7071192961.jpg

E` venuto a trovarmi un mio amico

友だちが遊びに来たよ





L'altro giorno una mia allieva della lezione su Skype, che vive in provincia di Kagawa, mi ha fatto sapere una notizia molto interessante.

先日、香川県在住のスカイプレッスンの生徒さんが、とても興味深いことを教えてくれました。



Si tratta di un gemellaggio tra

姉妹都市協定締結のニュースなんですが、どことどこかと言いますと



map01.gif italia-parma4.png

la prefettura di Kagawa e la citta` di Parma!!
      
香川県とパルマ市!!



che verra` avviato fra non molto, infatti, il sindaco di Parma e la delegazione sono venuti a Kagawa in dicembre 2014, e quest'estate il governatore di Kagawa visitera` Parma, e cosi` la collaborazione entrera` in vigore!

昨年12月には、パルマ市長とその御一団が香川県を来訪し、色んな側面から色んな分野で交流を図りましょうね~!ということになったそうで、今年は香川県側がパルマを訪問予定、そして姉妹協定へ・・・!



La provincia di Kagawa e` conosciutissima per gli udon che sono i noodles preparati con farina integrale di grano, e per i giapponesi questa regione e` sempre associata a questo piatto. Parma invece e` famosa soprattutto per il prosciutto di Parma e il parmigiano reggiano.
Allora cosa sara` il motivo per cui hanno deciso di sviluppare gli scambi gastronomici e culturali? E` perche` la sede principale di Barilla, che e` conosciutissima anche in Giappone, c'e` a Parma, cosi` la "citta` di pasta" e la "provincia di udon" hanno voluto essere gemellati!

香川県と言えば、讃岐うどーん!!誰がなんと言おうと、うっどーーん!でありますが、一方パルマは、そりゃもうパルメザンチーズ、そして生ハム!パルマ、モデナ、ボローニャが一列に並ぶエミリア・ロマーニャは、美味しい肉類&チーズ類が溢れかえる、胃にはとても危険な食い倒れ街道で、パ・ル・マ、と聞いただけでも口の中にヨダレが充満して、ちょっとヤバいことになります。
うどんとチーズ、うどんとハム・・・。んんん?と思いきや、パルマはそれだけではなかった!かの有名な、バリラ(バリッラ)社の本社があるんですねーっ!ほれ、青いパッケージに赤いロゴの、日本のスーパーにも必ず並んでいるアレですよ、アレ。1877年にピエトロ・バリッラ氏が創業した、パスタの老舗中の老舗ですね。
うどんとパスタの麺コラボ! どうやらこれがこの度の姉妹提携の大きな柱になっているようです。



Bella notizia! e sono contenta che sia diventata piu` stretta la relazione tra l'Italia e il nostro paese! Un giorno, se vai a Parma, magari potrai trovare dei ristorantini dove puoi mangiare gli autentici udon di Kagawa, e viceversa!

いいニュースですねーっ!きっかけは何だっていいんです。イタリアと日本の結びつきがこれでまたギュッと強くなれば、個人的にはとても満足。これから先、イタリアで讃岐うどんが食べたくなったら、そうだ、パルマに行こう、JR東海・・・なーんてことになるかもしれませんよぉ。香川県にもバリラパスタ専門店が軒並みオープン!とかね。



pasta-barilla-220x165.jpg

title.jpg



A questo punto, mi e` venuta una grande curiosita`, cioe` quante citta` sono gemellate tra l'Italia e il Giappone?

このニュースがきっかけで、ワタクシ、知りたくなりました。イタリアと日本間は、どのくらいの姉妹都市協定が結ばれているのか。



La risposta l'ho trovata sul sito dell'Ambasciata del Giappone in Italia.

その答えは、ローマの日本大使館のHPにありました。



1960 Kagoshima (Kagoshima) 鹿児島市(鹿児島県) Napoli (Campania)
1963 Kiryuu (Gunma) 桐生市(群馬県) Biella (Piemonte)
1965 Kyoto (Kyoto) 京都市(京都) Firenze (Toscana)
1971 Ishinomaki (Miyagi) 石巻市(宮城県) Civitavecchia (Lazio)
1975 Tookamachi (Niigata) 十日町市(新潟県) Como (Lombardia)
1976 Atami (Shizuoka) 熱海市(静岡県) San Remo (Liguria)
1978 Gifu (Gifu) 岐阜市(岐阜県) Firenze (Toscana)
1979 Toki (Gifu) 土岐市(岐阜県) Faenza (Emilia Romagna)
1981 Osaka (Osaka) 大阪市(大阪府) Milano (Lombardia)
1983 Kanra (Gunma) 甘楽町(群馬県) Certaldo (Toscana)
1984 Toono (Iwate) 遠野市(岩手県) Salerno (Campania)
1985 Itoo (Shizuoka) 伊東市(静岡県) Rieti (Lazio)
1986 Prefettura di Ibaraki 茨城県 Emilia Romagna
1987 Ookawa (Fukuoka) 大川市(福岡県) Pordenone (Friuli-Venezia-Giulia)
1989 Tendo (Yamagata) 天童市(山形県) Marostica (Veneto)
1992 Nagahama (Shiga) 長浜市(滋賀県) Verona (Veneto)
1992 Tago (Aomori) 田子町(青森県) Monticelli Dongina (Emilia Romagna)
1993 Ikaho (Gunma) 伊香保町 (群馬県) Abano Terme (Veneto)
1993 Shibukawa (Gunma) 渋川市(群馬県) Abano Terme (Veneto)
1994 Shirakawa (Gifu) 白川町(岐阜県) Pistoia (Toscana)
1995 Utsunomiya (Tochigi) 宇都宮市(栃木県) Pietra Santa (Toscana)
1996 Tokyo 東京都 Roma (Lazio)
1997 Maebashi (Gunma) 前橋市(群馬県) Orvieto (Umbria)
1999 Kashiwabara (Osaka) 柏原市(大阪府) Grosseto (Toscana)
1999 Minamisanriku (Miyagi) 南三陸町(宮城県) Besano (Lombardia)
2000 Shibukawa (Gunma) 渋川市(群馬県) Foligno (Umbria)
2001 Ginoza (Okinawa) 宜野座村(沖縄県) Pescia (Toscana)
2001 Prefettura di Miyagi 宮城県 Roma (Lazio)
2001 Kumano (Mie) 熊野市(三重県) Sorrento (Campania)
2002 Prefettura di Aomori 青森県 Liguria
2002 Osaka 大阪府  Lombardia
2003 Hokuto (Yamanashi) 北杜市(山梨県) Manciano (Toscana)
2005 Azuchi (Shiga) 安土市(滋賀県) Mantova (Lombardia)
2005 Shirakawa (Gifu) 白川村(岐阜県) Alberobello (Puglia)
2005 Nagoya 名古屋市 Torino (Piemonte)
2005 Itabashi (Tokyo) 板橋区(東京) Bologna (Emilia-Romagna)
2012 Sakahogi (Gifu) 坂祝町(岐阜県) Maranello (Emilia-Romagna)
2013 Minoo (Gifu) 美濃市(岐阜県) Amalfi (Campania)
2013 Ushiku (Ibaraki) 牛久市(茨城県) Greve in Chianti (Toscana)



Spettacolo!! Le assocciazioni gemellaggi ce ne sono gia` cosi` tantissime! Vedo che ci sono alcune regioni e citta` costruttive e non, ma comunque sono rimasta meravigliata nel sapere che lo scambio culturale tra l'Italia e il nostro paese e` cosi` attivo.

ひえ~、スゴイな!こんなにあるとは!  
大阪は絶対ナポリやろ、と思いきや、実はミラノだったり、熱海とサン・レモなんていうのもオモロイですよね~。そして、意外なのは岐阜県。日伊交流の大穴的存在です!



JAPAN20mappa.gif images9CL0VPWZ.jpg mappa_italia.gif



A proposito del gemellaggio tra Napoli e Kagoshima, mi sono ricordata una cosa.

鹿児島とナポリでひとつ思い出しました。



Il primo anno di matrimonio, vivevo a Kagoshima e mi ero registrata come interprete d'italiano sapendo che queste due citta` sono gemellate.
Ho vissuto li` solo per un anno, ma proprio in quell'anno e` venuto da Napoli un gruppo di avvocati per il viaggio di studio. Gli avvocati ce n'erano decine e decine, e sono andata a fare interprete in un ricevimento di benvenuto svolto in un grande hotel della citta`.
Ero ancora molto giovane ed ero molto tesa non sapendo i termini tecnici legali in italiano che sarebbero dovuti venire fuori durante il discorso...

結婚1年目に鹿児島市に住んでいたんですが、両市が姉妹提携していることは知っていたので、イタリア語の通訳にとりあえず登録してたんですね。そしたらなんと、ナポリから何十人もの弁護士軍団が視察と勉強兼ねてやって来たんです。たった1年しか住んでいなかったのに、まさにその年にそんなイベントがあろうとはつゆ知らず。
鹿児島市主催の歓迎会が錦江湾近くのホテルで大々的に開かれまして、ワタクシも通訳として派遣され(てしまい)ました。私もまだうんと小僧だったし、法律関係の専門用語なんかが出てきたら、絶対答えられない自信ある!と、かなりビビりながら参加したわけですが・・・。



... pero` praticamente quello che mi hanno chiesto gli avvocati napoletani era prevalentemente sui cibi gipponesi che venivano serviti davanti a se`, dicendo "Senti, che cos'e` questo qua?", "Come si mangia questo?", "Che gusto avra`...?" ecc....
Per fortuna, sembrava che fossero interessati solo al mangiare i piatti giapponesi, e non al mondo dei giuristi.

蓋を開けてみたら、弁護士軍団に質問されたことと言えば、「ねーねー、これって何でできてるの?」「どうやって食べるの?」「どんな味がするの?」といった、ホテルのボーイさんが目の前に次々とサーブする食事についてばっかり。
ナポレターノたちは、日本の法曹業界なんかそっちのけで、もっぱら、茶碗蒸しやら鯛のかぶら蒸しなんかに釘付けなのでした。チャンチャン。



Sono di Tokyo 東京出身です - 2015.01.11 Sun

8111639341_20150111152102b33.jpg

Sono nata, cresciuta e vivo a Tokyo!!

東京生まれ、東京育ち、東京在住でありんす!!





A: Piacere, mi chiamo Sandro Franchi.
はじめまして、サンドロ・フランキです

B: Piacere, mi chiamo Giulio Rossi. Lei di dov'e`?
はじめまして、ジュリオ・ロッシです。あなたはどちらのご出身ですか?

A: Sono di Roma. E Lei?....
ローマ出身です。あなたは?・・・



images6LB66VX8.jpg


E` una solita battuta che s'impara prima di tutto del corso a scuola di lingua italiana, cioe` e` il primo passo dello studio.
Infatti, questo saluto l'insegno anch'io agli allievi all'inizio delle lezioni, ed io me stessa ho sempre salutato in tal modo quando ho conosciuto un italiano...

これは、イタリア語の学校でまず最初に習う、お決まりのやり取りですね~。言ってみれば、イタリア語を習い始めて、最初に出逢うであろう、会話らしい会話。おっ!私ったら、イタリア語話してるぅ?と、ちょっと嬉しくなる瞬間です。
実際、私も自分のレッスンで、生徒さんにまずこれをやるし、自分自身もイタリア人と知り合うことがあると、大体こんな調子で挨拶してきました・・・



ma..
が・・・



mi chiedo cosa sara` la definizione di "sono di Roma"...

改めて思うに、Sono di Roma「私はローマ出身です」の定義ってそもそもなんだろう・・・



In giapponese, "sono di Roma" viene traddo 私はローマ出身です watashi wa roma shusshin desu.
出身 shusshin significa "essere originario di", ma non indica sempre la citta` dove si e` nato. Praticamente la parola 出身 shusshin non ha una precisa definizione legale. Il significato e` quindi molto vago e sembra che si riferisca ad una citta` dove si e` vissuto l'infanzia, che fa sentire piu` nostalgia, e da cui si e` influenzato di piu` per la propria formazione della personalita`, per cui l'interpretazione di essa cambia dipende dalle persone.

「出身」の「場所」、つまりは「出身地」とは、一般的に、幼少期に住んでいた街、自分の人格形成において最も基礎になる街、人生のルーツとして一番懐かしく思う街、といったイメージですが、実際に、この言葉が指す具体的な法的定義はどうやら無いらしく、人によってとらえ方が違う、至って抽象的な言葉らしいんですね。「出身地」が「出生地」を指すなら分かりやすいんですけど、人格が形成された街が生まれた所とは限らないしねぇ・・・



Nel caso in cui qualcuno mi chiedesse "Di dove sei?", gli risponderei comunque "Sono di Tokyo", pero` in effetti la mia vita vagabonda e` talmene tremendo!

私、Di dove sei? 「どこの出身?」と訊かれたら、とりあえず Sono di Tokyo 「東京出身です」と答えてはいるんだけど、自分が東京の人間である自覚は、実はほっとんどありません。なぜなら、私の人生ってこんなだから↓


quando avevo 0-2 anni: Tokyo 0-2才:東京
3-5: Vienna ウィーン
6-7: Tokyo 東京
8-9: Chiba 千葉
10-15: Milano ミラノ
16-23: Tokyo 東京
24-25: Firenze フィレンツェ
26-28: Tokyo 東京
29-31: Kagoshima 鹿児島
32-33: Yokohama 横浜
34-36: Fukuoka 福岡
37-38: Tokyo 東京
39-40: Niigata 新潟
41-45: Tokyo 東京
46-48: Sendai 仙台
49-: Tokyo 東京



Beh, la meta` della mia vita sto a Tokyo, ma pensando se sia il luogo dove mi ha formato decisamente il carattere e la personalita`, dovrei dire che non lo e`, e allora mi chiedo "ma di dove sono io?!"
Inoltre, mio padre e` nato a Tokyo ma e` cresciuto in provincia di Shizuoka, poi si e` laureato e ha cominciato a lavorare a Kobe, mia madre invece e` nata a Shanghai, cresciuta, finito lo studio e ha cominciato il lavoro ad Osaka, quindi la mia famiglia non e` neanche originaria di Tokyo.

ま、一応東京生まれだし、人生の半分は東京にいるっちゃいるんですけど、幼少期だってこんなだし、ましてや、東京が自分の人間形成に大きな影響を及ぼした、人生の基礎となる街かと言えば、どう考えてもそうじゃないしなー。
じゃ、私って一体どこ出身?
しかも、父は東京生まれだけど、静岡育ちで、大学卒業と就職は神戸。母は、上海生まれ、大阪育ち、卒業も就職も大阪。つまりは、両親のルーツもちっとも東京でないわけです。



images2CA41R36.jpg



A questo punto, vorrei sapere quale criterio avra` quando un italiano dice "Sono di Roma", "Sono di Napoli", "Sono di Venezia", oppure "Sono romano", "Sono napoletano", "Sono veneziano" in tono di solito piu` orgoglioso.
Cosi` come in giapponese, credo che "sono di Roma" non si tratti del fatto che e` nato a Roma, ma forse s'intende dire che vive a Roma da molto tempo o i genitori sono originari di Roma.

イタリアの人たちは、自分がどの街、どの地方の出であるかを殊のほか大事にする(そして人の出身を気にする・笑)ので、1に「はじめまして」、2に「こんにちは」、3に「どこ出身?」ってぐらい、挨拶の一部になってるような気さえします。E` italiano?「イタリア人ですか?」→ Si`, sono romano「はい、ローマ人です」って、別に訊いてないよ、みたいな答え方する人もいっぱいいるし。
で、ここで思うのは、Sono di Roma「ローマ出身です」、Sono di Napoli「ナポリ出身です」、Sono di Venezia「ヴェネツィア出身です」、あるいは、Sono romano「ローマ人です」、Sono napoletano「ナポリ人です」、Sono veneziano「ヴェネツィア人です」(←こっちの方が、ややドヤ顔して言う気がする)とイタリア人たちが言う時、どういうことを基準にして言ってるのかなぁ、ってことなんですよね。
日本語の「出身」と同様に、そこで生まれたかどうかだけを言っているのではなくて、そこに長年住んでるとか、ファミリーのルーツがそこにある、ってことなんだろうとは思いますがね。



Ma come risponderebbe se fosse un italiano che conduca una vita peregrinante senza radici come me?

私のような、さすらいの遊牧民生活を送っているイタリア人たちは、彼らのソールフレーズである Sono di...が使えなくて、ちょっと淋しかったりするんでしょうか・・・?


le-avventure-di-zarafa-giraffa-giramondo-2012-bezancon-lie-02-932x396.jpg



Avendo sempre detto e sentito dire "Sono di...", mi e` passata per la mente una cosa del genere...

Sono di...「私は~出身です」なんて、これまで100万遍言ったり聞いたりしてきましたが、ふとそんなことを考えたのでした。



vinto 敗者 - 2015.01.08 Thu

IMG_3648.jpg

Faccio finta di non sentire...

聞こえないふり・・・ 





Quando sento dire la parola "vinto" , mi viene un'immagine come seguente

vinto という言葉がありますが、これを聞いて頭に浮かぶイメージといったら


vinto3.png
Hai vinto tu 君の勝ちだね(=僕の負けだね)


oppure una squadra che ha vinto il Mondiale
そうか、Wカップで優勝したチームとか

campioni-del-mondo_t.jpg


o uno che ha vinto un milione di euro alla lotteria...
宝くじで100万ユーロ当てた人とか・・・

win_money.jpg


Ovvero, la parola "vinto" mi fa sempre pensare, quasi automaticamente, ad un fatto positivo, ma molto POSITIVO che si puo` difficilmente avere.

つまりは、vinto ときたら、私の頭の中ではほぼ自動的にポジティブなこと、それもすごーくポジティブなことが浮かぶわけです。



Ma praticamente non e` cosi`...

でも、実はそうではなかった・・・



Tutti sanno che "vinto" e` il participio passato del verbo "vincere": 

vinto とは、動詞 vincere「~に勝つ、~を打ち負かす、~を獲得する」の過去分詞、ってことは周知の事実。



vincere: sconfiggere, battere, superare l'avversario, la concorrenza, ecc.
(敵を)打ち負かす、(競争に)勝つ

aver vinto: aver sconfitto, battuto, superato l'avversario, la concorrenza, ecc.
(敵を)打ち負かした、(競争に)勝った 



Dal punto di vista di chi e` perso, il verbo "vincere" viene usato al passivo:

で、やられた側から見れば、vincere の受身形になるわけですよね。



essere vinto: essere sconfitto, battuto, superato dall'avversario
(敵に)負かされる→(敵に)負ける 



Il participio passato poi hanno di solito anche una funzione aggetivale e sostantivale:

過去分詞は、往々にして形容詞的用法があるし、そのまんま名詞になったりもするので



vinto: (agg.) sconfitto, battuto, superato
(形容詞)負かされた、やられた

vinto: (sost.) chi e` stato sconfitto, battuto, superato
(名詞)敗者、落選者  



Quindi, un "vinto" non e` uno che ha ottenuto la vittoria, anzi, e` quello che e` stato distrutto!! ・・・
Si`, e` logico, ma mi trovo sempre a pensare in un secondo: "un vinto e` quello che ha vinto o perso...?

なので、名詞 vinto とは、やったーっ!イェーイ!的なポジティブイメージどころか、どんより暗い負け犬のことなのですねぇ。・・・
「負かされた人」と考えれば、そりゃま、そうなんですよね。分かっちゃいるけど、vinto と聞くといつも一瞬、え?え?勝った方?負けた方?と思っちゃうんですよねぇ。ヴィンチェレ「勝つ」→ヴィント「勝った」という、脳内自動スイッチをどげんかせんといかん!



!B5cDnwwB2k~$(KGrHqF,!hkEyrwgTq-EBMto!4!)3Q~~_35

ne` vincitori ne` vinti = 勝者でも敗者でもない



Ma una cosa...
でもね・・・


"vinto" come aggettivo, mi sa che abbia un significato contraddizionario, cioe` qualcosa/qualcuno che e` stato portato a termine con insuccesso e successo:

名詞はいいとして、形容詞としての vinto には、どうも矛盾する意味があると思うんですよ。つまり、勝ったの?負けたの?どっちやねん的な。



nemico vinto = nemico che e` stato vinto
nemico 「敵」 + vinto = 負けた敵 

guerra vinta  = la guerra che hanno vinto
guerra 「戦争」 + vinta = 勝った戦争(勝ち戦)



Se fosse giusto cio` che penso, allora come si potrebbe dire il nemico che ha vinto e la guerra da cui si e` stati distrutti...?

もしそうなら、「勝った敵」とか「負けた戦争」はどう言えばいいんだ・・・?



ねこ3







Incontro con Mari Yamazaki ヤマザキマリ氏とのひととき - 2015.01.04 Sun

s.png

E` iniziato un nuovo anno!!

新しい年の始まり始まり~!




Buon anno ancora a tutti i cari lettori!  
Come avete passato l'ultimo dell'anno? Spero tanto che abbiate avuto un buon inizio dell'anno nuovo!

皆さま、改めまして、新年おめでとうございます。 
年末はどのようにお過ごしでしたか?各地でとんでもなく寒いお正月となりましたが、皆さまがほんわか幸せな元旦を迎えられことを願ってやみません!



Per il primo post del 2015, vi faccio vedere il seguente video che ci ha gentilmente linkato uno dei cari lettori Matteo nel post che avevo fatto a Natale.
Si tratta di un incontro, organizzato da KAPPA festival (facebook), con l'autrice di "Thermae Romae", Mari Yamazaki, svolto a Ferrara in dicembre 2014 e condotto da Keiko Ichiguchi che e` anche una fumettista e scrittrice che vive a Bologna. Di Mari Yamazaki, non servirebbero le mie spiegazioni, ma e` una fumettista ormai conosciutissima sia in Giappone che forse anche in Italia, e durante l'incontro ha parlato di se` stessa, delle sue opere e della storia segreta del suo mitico "Thermae Romae", insomma, ha continutato a raccontare come una bomba su tante cose interessantissime..

さて、2015年の第一発目は、昨年のクリスマスの記事へのコメントに、常連さんのMatteoが貼ってくれたリンクのご紹介です。もうご覧になった方もいるかな?
『テルマエ・ロマエ』の作者、パドヴァ在住のヤマザキマリさんを迎えて、昨年12月にKAPPA festival主催(facebook)でフェッラーラで行われた対談なんですが、司会は、ボローニャ在住の同じく漫画家の市口桂子さんで、二人の軽快な掛け合いからスタートして、マリさんの爆笑トークが1時間に亘って炸裂します。


images_201501032322274b4.jpg



E` un video abbastanza lungo di piu` di un'ora, ma e` DIVERTENTISSIMO!! per cui vi consiglio di vederlo fino alla fine!
Poi vi dico quanto sono rimasta meravigliata nel sentire parlare in italiano queste due signore giapponesi!! Ma gurada, secondo me come se fossero due madrelingua, soprattutto Mari Yamazaki, il suo modo e ritmo di parlare, i gesti che fa, le parole che usa mi sembrano tutti perfetti!
Beh, e` naturale, Mari vive in Italia per circa 31 anni da quando aveva 17 anni, e Keiko pure per 22 anni da quando aveva 27 anni, ed entrambe sono sposate con un italiano. Tuttavia, mi commuovo lo stesso quando sento parlare i giapponesi un italiano cosi` fluente!!

全編イタリア語なんですが、いや~それが面白いのなんのって!!  1時間ちょっとですから長いんですが、皆さん、ぜひ全部ご覧になって下さいよー。
面白い内容もさることながら、私が感動しちゃったのは、このお二人の話すイタリア語!それはまるでネイティブ・・・少なくとも私の耳には。とりわけ、マリさんの話しっぷり、間の取り方、ジェスチャー、使う言葉があまりにもイタリア人なので、聞いていてジーンと涙さえ浮かびます・・・ 
ま、そりゃそうだ。マリさんは17歳の時から在伊31年(途中、ダマスカス、リスボン、シカゴ在住期間あり)、桂子さんも27歳から在伊22年、しかもご主人はイタリア人ですもの、当然といえば当然なんですが、それでも、日本人がこんなにもネイティブのように話すのを聞くのは、なんつーかこう、デイブ・スペクターが私よりスゴイ日本語を話すのを聞くのとはまた違った、感動のツボをグイグイさされるような気がするんですよねぇ。



Ora vi faccio ascoltare le loro battute davvero spiritose, e provo a tradurre il riassunto in giapponese.
(Vedo che viene pubblicato con un periodo limitato, quindi vedetelo ora!)

前置きが長くなりました。では、ごゆっくりお聴きください。
あまりにもしゃべりまくっているので全部はとても無理ですが、要点を順にメモってみました。(ちょっと長いですが、良かったらどうぞ~)(あ、限定公開のようなので、お早めにご覧下さいね!)




 Estratto dall'articolo di AnimeClick.it gestito dall'Associazione New Type Media che e` l’autore dell’articolo e dei video. Nel sito si trova anche la trascrizione dell'intervista.
 Associazione NewType Mediaが運営するサイト、AnimeClick.it より映像を拝借しました。インタビューの全内容もお読みいただけます。 (転写に問題がある場合は、すぐに削除致します)



・マリさん自身のプロフィールからスタート。個人的にイタリアに興味があったわけでは全然なかったが、14歳の時ドイツとフランスを1ヶ月旅行した際、イタリア人のおじさんに「イタリアに行かないなんてけしからん!」と言われたのが、イタリアとの接点の始まり・・・

・イタリア男は女好き。特にじーさんにそういうのが多いのはなぜだろう(桂子さん説)

・日本で一番有名なイタリア人といえばジローラモ・パンツェッタ。一緒に仕事をして分かったが、ネックレスと胸毛が見える開襟シャツ、必要以上にナポレターノをアピールする、その暑苦しい存在は、日本人がもつイタリアのイメージに合わせるようメディア側から要請された虚像。そんな格好してたらマンマが嘆くので、ナポリに帰る時は至って普通になる。
そんなジローラモもだいぶ年をとり、現在はフランチェスコ・ベリッシモが、チャラいイタリアンキャラの代表格となっている。

・イタリア人はみんなジローラモ、というイメージを日本人は持っているので、日本在住の無口で地味なイタリア人たちは、「あなたってイタリア人っぽくないね」と言われるのがとても嫌い。

・古代ローマ人と日本人は温泉好き、しかも、体を綺麗にするというよりは、お湯に浸かって心身ともにリラックスし、明日への英気を養うのが目的、という共通点がある

・新作で描いたプリニウスは、恐らく誰も知らない人物。歴史上の人物に関する書物を読もうとすると大変な作業になるが、漫画はそういった人物を知るための最初の扉として役立つと思う。それに、漫画家にとって、誰も知らない人を描く方が楽。

・(質問:日本では、学校で西洋諸国に関する勉強をする?)するけど、暗記ばかりに重点が置かれて、口頭で話をさせる訓練もしないし、試験も選択問題が多いので、終われば簡単に忘れてしまう。ヨーロッパ諸国の位置関係も分かってない子が、試験だけは受かる、という状況はとても変だと思う。

・17歳から海外にいるので、平成の日本は分からない。だから、描く漫画は昭和テイスト。著名な人物は描かず、無名で変わり物のイタリア人ばかり描いている

・『プリニウス』に出てくるネロ皇帝も、『テルマエ』に出てくるハドリアヌス皇帝も、定説からは脱却したキャラクターで描いた。型にはまったステレオタイプのイメージとは違う視点から見てみる柔軟さは大切。

・17歳から日本を離れているので、帰国しても故郷を感じられない。でも、イタリアにおいては自分は外国人なので、やはり故郷というわけではない。

・一時帰国して、実家の風呂場でシャンプーハットや、その他変なバスグッズを見る度に、日本にはなんてヘンテコなもんがあるんだ!と驚愕し、『テルマエ』にそれを全部盛り込んだ。自分としては、日本はおかしな発明品がたくさんある変な国、という、全くもって外国人の視点から描いたわけだが、『テルマエ』を読んだ日本人の感想は、日本人ってマジで天才!古代ローマにこんなにも影響を与えたのね!という自画自賛・・・。まさかそんな読後感になっちゃうとは。

・(質問:漫画『テルマエ・ロマエ』は映画になったが、その違いについてどう思う?)原作の漫画『テルマエロマエ』は、全てを古代ローマ人の目線から描いたが、映画は、日本人の発想や発明品のすごさに焦点が当たり過ぎで、ナショナリズムな内容と言わせてもらう。自分は、映画制作に関しては蚊帳の外なので仕方ないが、原作とはかなりコンセプトが違う。

・つい日本アピールになっちゃうのは、300年間の鎖国を経て、歴史上常に西洋に対する劣等感や対抗意識があり、その反動かも。外国から、他人から、自分がどう見られてるかを日本人は意識し過ぎ。

・日本人はメディアが流す情報を鵜呑みにする傾向がある。ウソと事実を見分ける力を、自分はイタリアで暮らして身に付けた(笑)

・(質問:スティーブ・ジョブズの漫画を描こうと思ったのはなぜ?)彼の考え方も、彼自身も、実のところ好きではなかったが、亡くなった時、アップルの店の前でたくさんの人が泣いているのを見て驚いたのと、「変わり者の外国人」を描くのが得意な自分が、どうにも好きになれない人物を描くのも面白いと思ったから。

・(質問:今後、女性を主人公にした作品を描く予定は?)女性を描くのは個人的に苦手で、男性、しかも中年以上の男についてばかり描いている。中年男性のシワシワの顔や、裸を描くのは昔からものすごく得意で大好き!!


などなど・・・・・・




1334975788969132286241.jpg



Ahhhh, che meraviglia! Voglio essere in grado di parlare cosi`!!!! Proprio questo e` il mio obbiettivo finale! ... ma forse mi spegnero` prima di raggiungere lo scopo...

はーい、お疲れ様でした!ねぇ、スバラシイですよねーっ!!この竹をスパーンスパーン!とブッた切ったようなトークと、グイグイ前に出てくるような押しの強さ、そして、圧倒的なイタリア語力!!頭の中で日本語を一切通さず、ダイレクトにイタリア語で考えているのがよく分かりますよね。
嗚呼、こんな風にしゃべってみたい!!これぞ、私の究極の目標!!・・・・・・って、達成しないまま、絶対、寿命全うしてますが



Matteo, grazie per averci fatto sapere una cosa cosi` divertente!!

Matteo、こんなオモロイもん教えてくれてありがとう~!



sito web ufficiale di Mari Yamazaki ヤマザキマリ オフィシャルHP

blog di Mari Yamazaki ヤマザキマリ ブログ

blog di Keiko Ichiguchi 市口桂子ブログ「ボローニャゆらゆら」



Buon anno nuovo! 謹賀新年! - 2015.01.01 Thu


Sorrideteeee......!!
ハイ、チーズ!!







2015.jpg


nota: una parte della foto e` stata composta... perche` l'attuale Pakkun e` tanto paurosa che non si avvicina mai agli ignoti. E` molto diversa da Pakkun II che si credeva il re di tutte le cocorite del mondo!

(注)写真は一部合成です・・・ なぜって、現パックンチョは、見知らぬ変なヤツには絶対近づこうとしないので、飼い主が思うようなグッドな写真が中々撮れないのです。先代のパックンチョ2世とはエライ違いだな。アイツは自分のこと、インコ界の帝王だと思ってたからな。



2011124578.jpg


Visitate in tanti il mio blog anche quest'anno! Vi aspetto!!

今年もブログ応援、よろしくお願い致します!皆さまのお越しをお待ちしています!!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (103)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}