2015-02

meritare ~にふさわしい - 2015.02.26 Thu

IMG_3730.jpg

Mi merito tutte queste fragole!!

これ全部もらっていいよね!!




Voi non avete qualcuno che non conoscete ancora tanto bene, per cui non sapete come trattarlo?... tuttavia vi interessa e vi sta sempre a cuore... potreste vivere senza, ma preferite fare amicizia se e` possibile...

まだあんまりよく知らなくて、だからどうつき合っていいか分からなくて、でもなーんか興味があって、気になって頭から離れない人・・・。皆さんはそういう人、いませんか?その人がいなくったって別にどってことないんだけど、でも、できることならお近づきになりたいなぁ。気ごころ知れたら楽しいかもなぁ、みたいな・・・



Infatti, io ce ne ho uno!
Non si tratta pero` di una persona, ma di un verbo.

私、います。
といっても、人じゃなくて、動詞なんですが。



che e`...
それは・・・



meritare メリターレ



Forse gli italiani non capiranno cosa c'e` di complicato, ma io, e probabilemente anche tanti giapponesi fanno fatica a capire come si usa questo verbo.

「~は~に値する」「~には~の価値がある」「~は~するのにふさわしい」といった意味の動詞ですが、これがまた難儀な動詞でしてね。ああー、もうややこしくてヤダッ!と思ってるの、私だけじゃないと思うんですよねぇ。日本語に当てはめると「アレ・・・?んんん・・・?」といちいち頭が混乱する、できれば関わりたくない動詞。だけど、いい意味で使えば、とても素敵な動詞なので、できれば克服したいような・・・。



Per esempio, se ho un amico che lavora veramente tanto, lo posso consolare usando o transitivo o riflessivo del verbo meritare:

たとえば。会社でものすごく働かされている友だちがいるとします。meritare を使って励ますには、他動詞的用法か、再帰動詞(意味が強まるだけで、中身は同じ)を使って、こんな風に言いますよね。


Meriti piu` stipendio!
Ti meriti piu` stipendio!

あなたはもっと高い給料に値する
あなたはもっと高い給料にふさわしい
あなたにはもっと高い給料の価値がある



cioe`, il soggetto e` "tu" e il complemento diretto di meritare e` "un buon stipendio".
Ma in base alla traduzione in giapponese, mi lascio dire come seguente, mettendo lo "stipendio" come il soggetto, anche se so che e`sbagliato:

ようするに、「あなたはもっと高い給料をもらってもいいぐらい働いてるよね」ということなんですが、日本語で考えると、「あなた」が「高い給料」に「値する」なので、「高い給料」は動詞「値する」の目的語ではないわけですね。
さらに、「もっと高い給料」が「あなた」には「ふさわしい」と考えると、まるで「給料」が主語、「あなた」が間接目的語のような感じすらします。
一方、イタリア語では、「あなた」は「高い給料」を「手に入れる資格がある」という考え方をするので、「給料」が動詞meritareの直接目的語なわけです。
すでに頭がフラフラしてきましたが、結論(もう結論?!)は、ついこう言いたくなっちゃうってことです。


Ti (=A te) merita un buon stipendio.

あなたにはもっと高い給料がふさわしい



Mi trovo sempre a pensare che un buon stipendio puo` essere appropriato a te che lavori cosi` tanto.

イタリア語では、価値を認められているのは「あなた=主語」で、どんな価値を認められているかを「もっと高い給料=目的語」で表す!!・・・って、ここまでオケー?




imagesD97TQNCB.jpg

君(の活躍・功績・魅力・ひっくるめて全部)に乾杯




Faccio gli altri esempi:
他の例いきます。○が正しくて、×は私の思考回路です。



Merito / Mi merito un bel voto, perche` ho studiato tantissimo.
A me merita un bel voto...

私はいい点を取って当然だ(←取るに値する)、だってものすごく勉強したから

Paolo merita / si merita una lode.
A Paolo merita una lode.

パオロは称賛に値する

Quel criminale merita / si merita una punizione più pesante.
A quel crinimale merita una punizione piu` pesante.

あの犯人は、もっと重い処罰を受けてもいい(←受けるに値する)

Non meriti / Non ti meriti la tua moglie.
A te non merita la tua moglie.

君にはもったいない奥さんだ(←君は、君の奥さんにふさわしくない)




Se vuoi mettere un verbo dopo, puoi continuare con "di + infinito".

「~するのにふさわしい」と、動詞を続ける場合は、di+不定詞になります。


Meriti / Ti meriti di prendere una vacanza, perche` hai gia` lavorato tanto.

君はすでにすごく働いたのだから、休暇を取ったっていい(←取るに値する)

Il signor Rossi merita / si merita di essere stimato.

ロッシ氏は、尊敬に値する (←尊敬されるに値する)





imagesZA4H1P4Z.jpg

悪い娘(こ)だね・・・ 
お尻ペンペンしちゃうぞ・・・

(君はたくさんのお尻ペンペンに値するぞ)




Poi al passato mi diventa piu` complicato.

みんな、ついて来てるかーい?
次は過去形です。またまたややこしいです。


Ho meritato / Mi sono meritato/a un bel voto, perche` avevo studiato tantissimo.
Mi (=A me) ha meritato un bel voto...

私は、いい点を取って当然だった、だってものすごく勉強したから

Paolo ha meritato / si e` meritato una lode.
A Paolo ha meritato una lode.

パオロは、称賛に値した

Quel criminale ha meritato /si e` meritato una punizione più pesante.
A quel crinimale ha meritato una punizione piu` pesante.

あの犯人は、もっと重い処罰を受けてもよかった(←受けるに値した)

Non meritavi / Non ti eri meritato la tua moglie.
A te non meritava la tua moglie.

君にはもったいない奥さんだった(←君は、君の奥さんにふさわしくなかった)




Con i pronomi si fa ancora piu` complicato!!
Neanche adesso, mentre parlo, non riesco a capire all'istante perche` deve essere cosi` la struttura. Dico cosi` solo perche` dicono che si deve dire cosi`.

ここに直接目的語代名詞が入ってくると、もうやってらんないです。どうでもよくなること請け合いです。 しかもホラ、他動詞と再帰動詞の両方あるからね、ちゃぶ台バーンッなわけですよ。
冷静に並べて書くと、ふ~ん・・・と納得しますが、たとえ奇跡的に言えたとしても絶対よく分からないで言ってます、私。こういうことになってるらしいから、とりあえずそう言っとけ的な。



Un bel voto, l'ho meritato / me lo sono meritato (lo = un bel voto), perche` avevo studiato tantissimo.

私は、それを取って当然だった、だってものすごく勉強したから (それ=いい点)

Una lode, Paolo l'ha meritata / se l'e` meritata. (la = una lode)

パオロはそれに値した (それ=称賛)

Una punizione più pesante, quel criminale l'ha meritata / se l'e` meritata. (la = una punizione piu` pesante)

その犯人は、それを受けてもよかった(←受けるに値した) (それ=もっと重い処罰)

La tua moglie, non la meritavi / non te la meritavi. (la = la tua moglie)

彼女は、君にはもったいなかった(←君は、彼女にふさわしくなかった) (彼女=君の奥さん)




donna-incazzata.jpg

Non potete immaginare
quanto e` complicatooooo!!!! 

いったいなんなんだーーーーーーっ!!




Insomma...
ふぅ~、やれやれ・・・ 



Mi ci vogliono quindi almeno 10 secondi per dire delle frasi semplici come "Secondo me le vacanze te le meriteresti.", "I film di Hayao Miyazaki hanno meritato un gran successo","A chi lo dici?! Io non merito i tuoi rimproveri!" ecc...

一事が万事こんな感じなもんで、たとえば、Secondo me le vacanze te le meriteresti「あなたはバカンスを取ってもいいと思うのよ(それだけのことをちゃんとしたんだから)」とか、I film di Hayao Miyazaki hanno meritato un gran successo「宮崎駿の映画は大成功を収めるだけのことはあった」とか、A chi lo dici?! Io non merito i tuoi rimproveri!「誰にもの言ってんの?アンタの非難を受ける筋合いはないよ!」とか、そういう単純なことを言うにも、少なくとも10秒はかかるわけです(10秒で言えたら恩の字)



Sinceramente a me non importa, potrei vivere tutta la mia vita senza usare questo verbo nemmeno una volta fino alla morte!
Pero`... e` anche vero che ne sono sempre consapevole nell'angolo della mia testa, e in realta` vorrei possibilmente frequentarlo piu` francamente...

冒頭で申しましたようにね、こんな厄介なら、一生死ぬまで一度も関わらなくったってぜ~んぜん平気。ちっとも困らないんですよ、私はね!
でも・・・。
強がってみたところで、いつまでも解決できない存在として、頭の片隅でいつもモヤモヤと意識しているのも事実。この際、ズバッと迫って、フランクにつき合える間柄になりたいものです。



P.S. Ho scritto tanto. Se troverete qualche errore, fatemelo notare! Grazie!
長々と書きましたので、誤りを見つけた方はどうか教えて下さいね!





Un regalo da un'allieva 生徒さんからのプレゼント - 2015.02.23 Mon

7071193521.jpg

Otsukaresamaaaa!!  
(≒hai lavorato tanto, sei stanco, vero?, riposati, grazie per avermi contribuito, ecc...)

お疲れ様~!
 




Da cosa nasce cosa...
ひとつのことから、またもうひとつへ・・・



Dicembre scorso, una donna, che si chiama M, e` venuta a scuola dove lavoro io per prendere la lezione di prova. Con mia sorpresa, segue da tempo il mio blog, e ha deciso di partecipare alla lezione avendo letto il post in cui avevo fatto l'annuncio!

昨年12月、Mさんという女性が、イタリア語の体験レッスンにいらしてくれたんですが、ビックリしたことに、このブログを以前から読んで下さってるとのことで、今度無料体験レッスンやりまっせー!と書いたこの記事を読んで、じゃ、行ってみようかなぁ、と決意して下さったとのことでした。




Poi ancora una bella sorpresa e` che il mese prossimo andra` a vivere in Italia, perche` li` la sta aspettando il suo fidanzato, infatti, sono in programma di sposarsi prossimamente!! Ecco perche` voleva imparare italiano, almeno un po' prima di partire.
Che belloooooo!!!!!  Non esisterebbe una motivazione piu` forte di questa che mira verso l'acquisizione di una lingua!!!

それだけでも嬉しいのに、来月イタリアに行くって言うじゃないですか!それもただの旅行じゃないんですよ。なんとなんと、イタリア人のフィアンセがかの地で待っているっていうじゃないですかっ!そう、Mさんはイタリアの方とのご結婚を控えた、カウントダウン新婦だったのであります!わーん、ステキーーーッ! 
今は英語でコミュニケーションをとっているとはいうものの、そりゃ旦那様がイタリア人で、イタリア永住(?)となったら、語学習得にエンジンが掛かるってもんですよね!こ、これ以上のモチベーションがありましょうや!(私が興奮してどうする) 



Cosi` sono cominciate le nostre lezioni intensivissime di 2 ore x 5 volte.
In solo 10 ore non si possono fare tante cose, ma abbiamo fatto del nostro meglio fino all'ultimo minuto. La signora M mi ha seguito molto bene, anche se, poverina, le ho costretto a fare una sgobbata di studio partendo dal presente, passato prossimo, imperfetto, poi verbi riflessivi, pronomi, posessivi, ecc, ecc,.....

こうして、限られた時間の中で、2時間x5回のウルトラ集中レッスンが始まりました。
わずか10時間では、そんなに多くのことはできませんが、それでも最後の1分までやり切りました、うん、やり切りましたとも!Mさん、いや、心情的にはもうMちゃんって感じですが、本当に本当に頑張りました!現在形、近過去、半過去から始まって、再帰動詞、代名詞、所有形容詞などなどを、野菜詰め放題タイムセールのように脳内にギュムギュム詰め込んだにもかかわらず、最後までへこたれず、パニックにもならず、至って冷静にタンタンと学習していきました。



images1K2BKZMS.jpg




Il 19 e` stato l'ultimo giono. Finita la lezione, abbiamo chiuso il libro, e ci siamo dette "お疲れ様でした~!otsukaresama deshitaaaa! (≒Hai fatto benissimo!)", "ありがとうございました~!arigatoo gozaimashitaaaa! (Grazie mille!)", dandoci un profondo sospiro di soddisfazione ed anche un po' di stanchezza...

最後のレッスンだった先週の19日、いよいよ最後の1分が終わり、「お疲れ様でした~!」「ありがとうございました~」 と、安堵と疲労の混じったような溜息と共に、超集中講座は終了したのでした・・・



...e figuratevi, mi ha dato un regalo di ringraziamento!!

・・・で、なんと、お別れにプレゼントをいただいてしまいました!!


707119356.jpg


Mamma mia, grazie mille!!!!!

えぇー、ありがとうございますぅ!!




うさぎ



cosa sara`, cosa sara`.....??
なんだろ、なんだろ・・・


707119357.jpg

Wow! un file e gli sticky note di uccellini adorabili!!!!!!!  
Ecco, essendo la lettrice di questo blog, conosce benissimo il mio gusto!

わあぁーっ!鳥ちゃんがいっぱいのファイルとポストイットだーっ!
さすがだ!私の鳥好きをよくご存じでらっしゃる!!


707119373.jpg


Rimango meravigliata ogni volta che m'imbatto in tal coincidenza curiosa, e mi sento soddisfatta di aver deciso di fare qualcosa nel passato, che poi dopo alcuni anni mi porta una bella sorpresa come mi e` capitata quasta volta. Forse nella vita nulla e` spreco.

こういう不思議な偶然に出逢うたびに、あぁ、人生ってステキね、なんて思います。あの時あれをやったからこそ、今これがある、なんてことを考えると、日頃の一つ一つに無駄なことなんて何一つないような気がするんです。



7071193761.jpg

tutti a nanna...

みんな、おねんね・・・




Carissima M, grazie mille per essere venuta alla mia lezione! Grazie anche per questo bellissimo pensiero, e inanzittutto per frequentare questo blog! Ti auguro buona fortuna e tanta felicita`, e in bocca al lupo con il tuo italiano!

Mちゃん、この度は体験レッスン&正規レッスンにご参加下さり、ありがとうございました、そしてお疲れ様でした!こんな可愛いプレゼントをいただいて、恐縮しています(大汗)。ブログを通して、こんな出逢いもあるんだなぁ、と感動しちゃいましたよ。
向こうに行かれたら、今回の10時間分なんて、あっちゅ間にものにできると思いますので、どうかイタリアンライフを大いに楽しんで下さいね!お幸せに~!




espressione madrelinguistica ネイティブ表現 - 2015.02.19 Thu

8111633251_20150218235053068.jpg

dai, non importa!

ま、いってことよ!





Sono una giapponese... e non potro` mai essere in grado di parlare bene ne` scrivere bene italiano come madrelingua, anche con tutti i miei sforzi di ogni giorno...

言うまでもなく、私は日本人。添加物一切なしの100%純粋ジャポネーゼであります。なので、どーんなに頑張ったって、ネイティブのようにイタリア語を話したり書いたりできるわけがございません。いや、できる人もいるのかもしれないけど、私にはできません・・・



Beh, non c'e` niente da fare, anzi, e` ovvio! più che ovvio, ovvissimo!! e` proprio fuori dalla mia portata! ahahaha!! Anche perche` sto in Giappone e non e` che mi stia immergendo in un ambiente in cui possa guardare e sentire 24 ore su 24 tutto in italiano...

それはもう仕方がないです・・・、つか、当たり前?おまえ、何を寝ぼけたことを言っている?ぐらいの無い物ねだり!
日本にいるんだし、見るもの聞くものぜーんぶイタリア語の、まさに24時間イタリア語漬けの暮らしをしているわけじゃないですしねぇ・・・。



Cosi`, a volte rimango estasiata davanti ad alcune frasi scritte dagli italiani che non mi sarebbero mai venute in mente.

なもんで、ネイティブが書く、日ごろ自分じゃ絶対思いつかないような表現に出会うと、じわ~と瞳孔が開き、同時に感動の吐息が漏れ、しばし恍惚の人と化します。



Vi faccio un esempio.
卑近な例でいいますと



Ammettiamo che io avessi fatto un post tanto commovente su facebook, e che mi fossero poi venuti i numerosi complimenti dagli amici. Rimarrei molto meravigliata nel leggerli, ma purtroppo non ho tempo per rispondere ad ogni messaggio. Eppure voglio esprimermi il mio ringraziamento a tutti quanti, cosi` comunque metto "mi piace" a tutti i commenti arrivati..., ma sento anche voglia di dire qualcosa in piu`....

たとえば、私がFB上で、人の心を揺さぶるようなスバラシイことを書いたとします。その内容に感動した友人たちからジャンジャン届くメッセージ・・・。みんなのその反応に自らも感動しつつも、あまりに数が多くて、一つ一つのメッセージに返事が書けないでいるとします。でも、みんな喜んでくれたんだし、何とか返事をしたい・・・、ということで、とりあえず各々に「いいね!」をクリック。でも、それだけじゃなぁ・・・・・・。



in tal caso forse scriverei cosi`:
で、一言書くとしたら、きっとこんな感じ。


"Grazie mille per i vostri numerosi messaggi, ma siccome sono veramente tanti, mi dispiace se non potro` rispondere ad ognuno. Ho messo quindi "mi piace" ad ogni vostro commento, e vorrei che capiste i miei ringraziamenti!"

たくさんのメッセージをありがとう。でも、あまりに数が多いので、一つ一つに返事が書けなくてごめんね~。その代わり、みんながくれたコメントにそれぞれ「いいね!」したので、それで私の感謝の気持ちを分かってくれると嬉しいな!





gruppo-del-laocoonte-35.jpg

Troppo lungooo!!! E` un giro di parole!!!

長過ぎーーっ!回りくどーーー!!




・・・     




In effetti, qualche settimana fa c'era un mio amico italiano che era praticamente in questa situazione, e sapete come ha scritto lui?

実はですね、最近、実際にそういうことになってたイタリア人の友人がいましてね、その人、なんて書いてたと思います?



"Siete talmente tanti che vi chiedo di tradurre
il "mi piace" in "grazie, ti voglio bene!".

みんながくれたメッセージがあんまりたくさんなので、
「ありがとう、みんな大好きだよ!」っていう代わりに
「いいね!」したからね!





Ascensione.jpg

ALLELUIA!!! ハッレルーヤ!!!



Aveve visto questa differenza?
Le mie lunghe frasi "bla, bla, bla....." sono state semplicemente condensate in "tradurre A in B", e azzecca proprio cio` che volevo dire!

どうですか、この違い。
私がダラダラと書いた文を、たったのこれだけでピッ!と解決。tradurre A in B で、「AをBで言い換える、AをBで表す」なので、A=「いいね!したこと」を、B=「ありがとう、みんな大好きだよ!」という意味に置き換えるよ、だから、そういう意味に取ってね!と言ってるわけですね~!



Rimango sempre meravigliata e a volte leggermente "scioccata" ogni volta che trovo delle frasi naturali, concise e spiritose scritte dai miei amici di madrelingua italiani, e ne prendo nota per approfittarne nella prossima occasione...

辞書ひきひき、必死で書いた文が、ネイティブの手にかかると、至って簡潔で、粋で、しかも自然な文に瞬時に変身するんですもん。そういうのにブチ当たった時は、感動に打ちひしがれると同時に、かる~くショックをね、受けるわけですよ。
でも、ショックでヨロヨロしててもしょうがないので、それをすかさずメモ。次のチャンスに活かせれば、と願いつつ・・・  (これがまた活かし損なうんだな・・)




Dove ci vediamo? どこで会いましょうか? - 2015.02.15 Sun

7071193341.jpg

わたし どこ いるでしょう?
watashi wa doko ni irudeshoo?

(indovinate dove sono!)
crede che si sia nascosta perfettamente ↑ 本人は完璧に隠れてるつもり




Ieri ho incontrato un mio amico italiano, e prima di trovarci, ci siamo scambiati dei messaggi per darci appuntamento. Lui studia giapponese da circa un mese qui a Tokyo, e dalle sue frasi che mi ha scritto, si vede che e` migliorato molto il suo livello linguistico.

昨日、イタリア人の友人に会ったんですが、待ち合わせの場所や時間を決めるべく、事前にメールのやり取りをしました。友人は1ヶ月ほど前から東京の日本語学校で日本語を勉強しているんですが、昨日のメールを読んでビックリ~!来たばかりの頃と比べて、かーなーり上達していました。


Infatti, io gli scrivevo in italiano, ma lui ha continuato a scrivermi tutto in giapponese, e cosi` alla fine me ne sono "coinvolta".

私は最初イタリア語で書いていたんですが、書いても書いても向こうが日本語で返してくるので、おしまいにはその熱意に巻き込まれてしまいました



io: Ciao! Come stai? チャオ、元気?

lui: おはようございます、げんきです ohayoo gozaimasu, genki desu
(buongiorno, sto bene)


io: Se hai tempo pranziamo insieme? もし時間あるならランチする?

lui: きょうはじかんがあります、じゃ、たべましょ kyoo wa jikan ga arimasu, ja tabemasho
(oggi ho tempo, allora mangiamo insieme)


io: Bravo! Tutto in giapponese! すごいね!ぜんぶ日本語!

lui: ありがとう 、なんじにあいますか? arigatoo, nanji ni aimasuka?
(grazie, a che ora ci vediamo?)


io: 12じ? juuni ji?
(alle 12?)


lui: OK

io: 12じに・・・どこ? juuni ji ni... doko?
(alle 12.... dove?)


lui: どこにあいますか、しんじゅくえきいいですか doko ni aimasuka, shinjuku eki iidesuka
(dove ci vediamo? va bene alla stazione di Shinjuku?)


io: いいですよ、えきのどこ? iidesuyo, eki no doko?
(va bene, alla stazione dove?)


lui: にしぐちいいですか nishi guchi iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)


io: OK!

lui: じゃ、またね ja mata ne
(a dopo)




good20Job.png

Complimenti!! Hai scritto benissimo!!

グッジョブ!!完璧に会話成立!!



ma ・・・
でも ・・・


99796583.jpg

davvero un peccato! mancava qualcosina!

おっしーなぁ!ちょびっとだけ間違いが!




Ha scritto:
書いてくれた文は以下の通りで

どこにあいますか doko ni aimasuka
(dove ci vediamo?)

しんじゅくえきいいですか shinjuku eki iidesuka
(va bene alla stazione di Shinjuku?)

にしぐちいいですか nishi guchi iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)



Praticamente gli errori ce ne sono tre, ma tutto si tratta della stessa particella で de.

もっちろん意味は分かるんですが、んんん、残念!助詞の「で」がぁ・・・



Le frasi corrette sono:
正しくは、


どこ あいますか doko ni de aimasuka
(dove ci vediamo?)


Quando si dice どこに doko ni, la particella に ni si riferisce alla direzione verso cui si va, oppure al posto dove si trova qualcosa. で de invece viene usato quando si vuole specificare dove si fa quell'azione.

気持ちは分かるんですが、この場合「に」ではなく、「で」ですね。
そういう私も日本語を勉強し始めて、まだ2週間しか経ってないので、エラそうなことを言うのは差し控えますが、助詞「に」は、行く方向、あるいは人や物の存在場所を指して、「で」は、それをどこでするのか、という動作の場所を指す・・・気がしないでもない・・・


しんじゅくえき いいですか shinjuku eki de iidesuka
(va bene alla stazione di Shinjuku?)


・・・でいいですか? ・・・de iidesuka? (va bene...? / sei d'accordo con...?) e` un altro modo dell'uso della particella で de, cioe` nome + de iidesuka? viene usato come un set quando si chiede se sei d'accordo o no.

この「で」は上の例とは違って、「名詞+~でいいですか?」でセットで、それで相手も納得するかどうかを尋ねる表現・・・だと思う・・・(なんでこんなに自信がないんだっ!いずれ習ったら、もっと自信持って言います!)


にしぐち いいですか nishi guchi de iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)

anche questo, come sopraindicato.
上に同じく。



In giapponese, se volete fissare dove incontrarvi, si dice どこあう? doko de au? , ma se volete decidere dove andare insieme, si dice どこいく? doko ni iku? , quindi devi cambiare la particella dipende dal caso.
In italiano invece l'avverbio interrogativo dove puo` essere applicato in tutti e due casi senza preoccupazione di quale preposizione usare: Dove ci vediamo? Dove andiamo?

待ち合わせの場所を決めたい時は「どこ会う?」 、一緒に行く場所を決めたい時は「どこ行く?」という風に、日本語では何をしたいかで助詞が違うんですねぇ。
イタリア語では、どっちの場合も疑問の副詞 dove が使えて、この dove 「どこで、どこに」はなにしろ、日本語でいうところの助詞が内臓されているので、a やら in といった前置詞の心配をする必要も全くなく、Dove ci vediamo? 「どこで会う?」、Dove andiamo? 「どこに行く?」と言えちゃうわけですね~。



images1OXMPE2D.jpg par.png




Immagino che le particelle giapponesi facciano impazzire parecchio non soltanto gli italiani ma anche tutti gli stranieri, proprio come le preposizioni e quelle articolate della lingua italiana ci tormentano da morire.
E` un problema per entrambi che ci ossessionera` probabilmente fino alla morte...

「は」「が」「に」「で」「へ」などなどの助詞は、イタリア人、いや、外国人にとってはさぞかし頭の痛いアイテムでございましょう。でもそれを言うならねぇ、イタリア語の前置詞 in、a、da、di・・・、はたまた定冠詞がくっついた冠詞前置詞 nel、al、dal、dal・・・だって、オマエら、なんやねん!バーンッ!ってぐらい、いつまでたっても完璧にはものにできませんがね!
恐らくは、小さいくせにえらく煩わしい、なのにこれ無しでは文が成り立たないコイツらは、非ネイティブに死ぬまでつきまとう最も厄介な存在なんだと思います・・・


nutella ヌテッラ - 2015.02.12 Thu

7071192851.jpg

・・・?





Sapete che la Ferrero S.p.A. sta facendo ora una bellissima promozione?

フェレロ社が、今とってもステキなキャンペーンを実施中だって知ってました?



 CLICK! 
  
nutella1.png


Con l'acquisto di nutella,
puoi ricevere la tazza personalizzata!!!!

ヌテッラを買って、オリジナルマグカップをゲットしよう!!



無題nt

ne voglio unaaaa !!!!!!!

欲しいかもーーーっ !!!!!!




Che buona nutella..... Mi piace tantissimo! Non so se potro` iniziare la giornata con entusiasmo vedendomi la faccia stampata sulla tazza, ma e` comunque carina e mica male averne una originale che ce n'e` solo una nel mondo!

ヌテッラ、美味しいですよね・・・ 私も大大大好きですよぉ。Inizia la giornata con entusiasmo!「貴方もウッキウキの朝を迎えて下さい!」って言ってますが、自分の顔写真入りのマグカップを見ながら朝食とって、果たしてウッキウキになれるかどうかは分かりません。大概なれないとは思いますが、ま、もちろん自分の顔でなくてもいいわけだし。世界に一つの my ヌテッラカップがあってもステキじゃないですか~。



nt1.png


応募方法

1.630g、825g、1kgのいずれかのヌテッラをお買い求めの上、レシート(オンラインでご購入の場合は請求書)を保管して下さい

2.ご購入10日以内に、このサイト上でご登録いただき、購入証明の画像をロードして下さい

3.ご登録内容に不備のないことが確認されましたら、5日以内に賞品に関する確認メールが届きます

4.メールには、下記のことが記されています
・オリジナル・ヌテッラマグカップを作るためのリンク
・無料でオーダーするためのプロモーショナルコード

5.貼られたリンクにアクセスし、写真とメッセージを選んで、世界に一つのカップをお作り下さい。4で受け取ったプロモーショナルコードを入力すれば完了です

6.ご登録いただいたご住所に、貴方のオリジナルマグカップが届くのを楽しみにお待ち下さい





... ma ho scoperto una cosa scoraggiante...
・・・しかし、ここで一つ問題が・・・



In Italia vedo che la nutella viene venduta con un vasetto di varie grandezze: 30g, 400g, 630g, 750g, 825g, 1kg... ma in Giappone mi sa che ci siano solo 220g, 375g e 750g!! Quindi non hanno i requisiti necessari per partecipare!! Che peccato...

イタリアで販売されているヌテッラは、30g, 400g, 630g, 750g, 825g, 1kg・・・と、大きさにかなりのバリエーションがある模様で、この中の630gか、825gか、1kgを買ってくれ、ということなんですが、ちょっと見たところ、日本では、220g、375g、750gの3種類しか売ってないみたーーい!よって、応募条件を満たしていないのでアウト!



ntr.png

← Vedo che questa e` la nutella piu` gigante che c'e` in Giappone, infatti, qui dice "どっか~んと大容量!dokkaan to daiyooryoo" = una versione di altisssssima capacita`!

← なんせ750gで「どっか~んと大容量! 」ですから・・・





Mi chiedo come sara` quella di 1kg... una tinozza...?

それにしても、1kgのヌテッラってどんなだ・・・?バケツか・・・?




mi dispiace 遺憾である - 2015.02.09 Mon

IMG_3828.jpg

Mi dispiace se mangio il dizionario

辞書食べるけどごめんね




C'e` un'espressione di cui non posso essere ancora tanto convinta, che e`

未だに、ちょっとピンとこない表現があります。それは




Mi dispiace ミ・ディスピアーチェ




Mi dispiace si puo` usare in alcune situazioni diverse.

なんで今ごろコレ?と自分でも思うんですが、なーんか未だにモヤモヤしている言葉なんですよねぇ。
mi dispiace は、それこそしょっちゅう耳にする言葉で、色んな意味がありますが、これを言われると「え~、マジですか~?」と、とりあえず体をよじよじしたくなります。



Per esempio,
たとえば


Mi dispiace, ma il servizio di questo bar non e` tanto buono.
残念だけど、このバールのサービスはあまり良くないね
zannen dakedo, kono bar no saabisu wa amari yokunai ne

Mi dispiace, ma non ho voglia di uscire oggi.
悪いけど、今日は出かける気分じゃないんだ
waruikedo kyoo wa dekakeru kibun ja nainda

Mi dispiace, però non riesco a sentirti bene.
ごめん、でもよく聞こえないんだ
gomen, demo yoku kikoenainda

Mi dispiace, ma dicono che domani piovera`.
あいにく、明日は雨だって
ainiku, asu wa ame datte

Mi dispiace, ma puoi venire domani?
申し訳ないんだけど、明日来てくれる?
mooshiwake naindakedo, ashita kitekureru?



Mi dispiace suddetti possono essere tradotti come "E` un peccato ma..." o "Sono spiacente di dovertelo dire ma...", cioe`si dice come un'introduzione quando si deve dire qualcosa che non puo` soddisfare le esigenze dell'interlocutore o qualcosa di meno piacevole.
Come avete notato, in giapponse abbiamo diverse espressioni per dire mi dispice, ma comunque il senso e` tutto uguale.

この mi dipiace は、「あいにく」とか「本当は言いたくないんだけど」とか、あんまり楽しくないことや、相手の気に染まないことを言わなきゃならない時の前置きのようなセリフですよね。こうだといいのに!と思っているところに、相手から「ミ・ディス・・・」っと言われただけで、ハイッ、消えた!って感じの、ガックリ前振りシリーズの筆頭格であります。
イタリア語ではみんな mi dispiace なのに、日本語ったら色々言い方があるもんですねー。ま、結局みんな意味は同じですけどね。


imagesQYHQW38G.jpg



Poi, si dice quando si vuole esprimersi la propria compassione verso gli altri.

次の使い方としては、そりゃえらいこっちゃ!と、大変な目に遭った相手へ寄せる同情ですかね。


E` morto suo padre? Oh, mi dispiace...
彼のお父さん、亡くなったの?あぁ、お気の毒に・・・
kare no otoosan nakunattano? aa, okinodokuni...

Mi dispiace, ti sei rotto il braccio?!
可哀想に、腕を折ったの?!
kawaisooni, ude o ottano?!



Ma non solo. Ha un altro significato che somigia a "pentirsi".

さらにさらに、「あ~やんなきゃ良かったな」という後悔なども表しますよね。元々が「残念である」「遺憾である」という動詞だから、そういうことをしてしまった自分を遺憾に思う、とでも言いますか。


Mi dispiace (di) esserci andato.
そこに行ったことを後悔している
soko ni itta koto o kookai shiteiru

Mi dispiace (di) aver sprecato i soldi.
無駄遣いしたことを後悔している
mudazukai shitakoto o kookai shiteiru



0141.png

Fin qui OK!!

ここまではオッケー!





Ecco, l'argomento principale di oggi.

ハイ、ここからが本題です。



Mi dispiace, ma non intendevo farti del male.
ごめんね、君を傷つける気はなかったんだ
gomenne, kimi o kizutsukeru ki wa nakattanda

Mi dispiace se ti ho offeso.
気分を悪くさせてごめん
kibun o waruku sasete gomen

Mi dispiace tanto (di) averti fatto soffrire.
君を苦しめて本当にごめん
kimi o kurushimete hontoo ni gomen



Ok, posso capire che questa persona mi sta chiedendo scusa, ma quando sento dire mi dispiace in tal caso, non so perche` ma non mi suona che si sta scusando, ma mi suona come se parlasse considerando che la cosa accaduta non lo riguarda, pero`comunque chiede perdono perche` ha visto che l'altra persona si e` offesa contro se` stesso...
Sapendo il vero significato, mi trovo sempre a pensarci cosi`. Mi domando da quando e` che sono diventata cosi` scontrosa.

うん、分かる。この人は私に謝っているんだってことは分かる。分かるんだけど、謝罪の場面で mi dispiace を使われると、どうもなんか釈然としないんですよ。なぜだか分からないんですけど、これを聞く度に、なんか他人事というか、なんで謝らなきゃいけないのか本当はよく分かんないんだけど、相手が自分に怒ってるみたいだから、とりあえず謝っておこう、みたいな感じに聞こえちゃうんですよー。「遺憾に思う」ってヤツ?
辞書で「ごめん」とひくと、一番上に mi dispiace と出てくるぐらいだから、分かってはいるんですけど、何でこんな風に曲げて取っちゃうんだろう。私っていつからそんな人間になっちゃったんだろう?



Ma perche` non si puo`dire onestamente "Scusami!" o "Ti chiedo scusa!" o "Perdonami!"se si sente veramente in colpa? Oppure tra queste espressioni non c'e` nessuna differenza? e sono io che non sono onesta?

でも、なんで正直に Scusami! 「ごめん!」、Ti chiedo scusa! 「ごめんなさい!」、Perdonami! 「許してくれ!」って言えないかなー。遺憾に思うだの、こんなことになって残念だ、なんて言い方してないで、一言「わーん!ごめーん!」って言えばいいのに!プンプン!
なんて 怒っててもしょうがいないんだけど、そもそも mi dispiace と、scusami「自分を許して」、ti chiedo scusa「あなたに謝罪を乞う」、perdonami「自分を許して」の謝罪3兄弟は全く同じ意味と思っていいのでしょうか?私がへそ曲がりなだけなんでしょうか?!



mi dispiace

「ごめんね」

md.png

「ごめんって、何が?」

md1.png

「こんな自分でごめん」





coniugazione dei verbi 動詞の語尾変化 - 2015.02.05 Thu

無題88

Che roba da matti!!

なんじゃこりゃーーっ!





Io dovrei chiedere scusa a tutti i miei allievi d'italiano, che fanno sempre molta fatica ad imparare a memoria la coniugazione dei verbi, perche`, sottovalutando il loro tormento, gli sgrido sempre

ごめんなさい・・・反省してます・・・。イタリア語の動詞人称変化が中々覚えられずに打ちひしがれる皆さんの気持ちも考えずに、日頃ビシバシ言っていることを内心忸怩たる思いで受け止めています・・・。



imagesCKPO0AB4.jpg

io vado!! 私は行く
tu vai!! 君は行く
lui/lei va!! 彼・彼女は行く
noi andiamo!! 私たちは行く
voi andate!! 君たちは行く
loro vanno!! 彼ら・彼女らは行く

 
"Ehi, ragazzi!! Non e` per niente da brontolare!
Basta ripetere 100 volte! Forza, forza!!
VADO! VAI! VA!......"


オーラオラッ!ブチブチ言ってる場合じゃないよ!
100回も唱えれば覚えられるに決まっとろーが!気合いだ、気合い!
ほれ、ヴァード!ヴァーイ!ヴァ!・・・




・・・



Ve lo sto dicendo perche` alla prima lezione del giapponese della scuola di formazione professionale, ho "scoperto" che la coniugazione dei verbi giapponesi era anche cosi` talmente complicata!!

なんでこんなことを言ってるかと言いますと、先日スタートした日本語教師養成学校の一日目の授業で、日本語の動詞のヘンカクカツヨーがイタリア語に負けず劣らず、猛烈にややこしいということを「発見」したからなんです!


Gruppo-①

iku (andare)
かない ikanai
(non vado)
こう ikoo (vado io/andiamo!)
きます ikimasu (vado)
った itta (sono andato)
iku (andare)
くとき ikutoki (quando vado)
けば ikeba (se vado)
ike (va'!/andate!) 

Gruppo-②

miru (vedere) 
ない minai (non vedo)
よう miyoo (vedo io/vediamo!)
ます mimasu (vedo)
mita (ho visto)
miru (vedere)
るとき mirutoki (quando vedo)
れば mireba (se vedo)
miro (vedi!/vedete!) 

Gruppo-③

deru (uscire)
ない denai (non esco)
よう deyoo (esco io/usciamo!)
ます demasu (esco)
deta (sono uscito)
deru (uscire)
るとき derutoki (quando esco)
れば dereba (se esco)
dero (esci!/uscite!)

Gruppo-④

suru (fare)
ない shinai (non faccio)
よう shiyoo (faccio io/facciamo!)
ます shimasu (faccio)
shita (ho fatto)
suru (fare)
るとき surutoki (quando faccio)
れば sureba (se faccio)
shiro (fa'!/fate!)

Gruppo-⑤

kuru (venire)
ない konai (non vengo)
よう koyoo (vengo io/veniamo!)
ます kimasu (vengo)
kita (sono venuto)
kuru (venire)
るとき kurutoki (quando vengo)
れば kureba (se vengo)
koi (vieni!/venite!)



a17136-0.png



Questa coniugazione dei verbi, l'ho imparata senz'altro alle elementari, ma e` un ricordo lontano lontano lontano..., e questa volta si e` mostrata davanti a me dopo una quarantina di anni di silenzio!!
Se agli occhi di un giapponese e` gia` cosi` complessa, figuriamoci quanto sara` duro per gli stranieri, e per questo sento rimorso per aver costretto a ricordare la flessione verbale d'italiano agli allievi giapponesi che sono oppressi da un incubo...
Si comprende il sentimento altrui solo quando ci si trova nella stessa situazione, eh...

先生が授業中に発した「ゴダンカツヨー」「カミイチダン」「シモイチダン」「サギョー・カギョーヘンカクカツヨー」という言葉を聞いた時、遥か遥か遠い遠い記憶が・・・・・ぜんぜん蘇りませんでした。それはなんせ40年以上も前のいにしえの時代。それ以来、この歳になるまでただの一回も耳にすることのなかった単語なのですから。
日本語の動詞のこの活用ぶり。日本人の目から見たって、こんなにややこしいんですもん、ましてや外国人の皆さんには拷問に近いものがありましょう。知らない言語を習って覚える。その大変さを改めて思い知ったものですから、動詞andareの人称変化にふらっふら になってる生徒さんたちに対して、うぅぅ、無理言ってすまぬ・・・ と反省したわけであります。



imagesDV9YNUKI.jpg



Interessante e` che in italiano la coniugazione dei verbi di tutti i tempi cambia dipende dal soggetto, ma la forma del verbo se` stesso non cambia anche nelle occasioni diverse.

イタリア語と日本語の動詞の活用を並べてみて、オモロイもんだな~と思ったのは、イタリア語は主語によっていちいち動詞の語尾が変わるけど、情況によってもコロコロ変わるわけではなく、全く一緒の時も多くあり、


io vado 私は行く
tu vai 君は行く
lui va... 彼は行く・・・

io non vado 私は行かない
tu non vai 君は行かない
lui non va... 彼は行かない・・・

se io vado 私が行けば
se tu vai 君が行けば
se lui va...  彼が行けば・・・


In giapponese invece, qualsiasi persona lo facesse, la forma del verbo rimane lo stesso, ma se cambia la situazione, varia pure la terminazione del verbo.

一方、日本語は誰がそうしようと動詞の形は同じで、その点イタリア語より楽だけど、使う場面によって活用が変わってくる、ってことです。


わたしは行く watashi wa iku (io vado)
きみは行く kimi wa iku (tu vai)
かれは行く kare wa iku (lui va)

わたしは行かない watashi wa ikanai (io non vado)
きみは行かない kimi wa ikanai (tu non vai)
かれは行かない kare wa ikanai (lui non va)

わたしが行けば watashi ga ikeba (se io vado)
きみが行けば kimi ga ikeba (se tu vai)
かれが行けば karega ikeba (se lui va)



Secondo voi, qual e` fa impazzire di piu` non madrelingua?

いやはや、ややこしさにかけては、全くどっちもどっちって感じ!
皆さんは、どっちの方が非ネイティブ泣かせだと思います?



un'altra sfida さらなる挑戦 - 2015.02.01 Sun

FullSizeRender1.jpg

Stai ancora progettando qualcosa?

またなんか考えてんの?





Ho un certo progetto che covavo da tempo... di cui non vi ho ancora raccontato...

実は、以前からうすらボンヤリ考えていたことがあります。まだ皆さんにはお話してないことなんですが。



Dal fine anno 2014 e` cominciato pian piano ad andar bene il mio lavoro come insegnante d'italiano per i giapponesi, e contemporaneamente mi e` capitato spesso di sentire dire che ci sono molti italiani che vogliono imparare la nostra lingua.
L'idea l'ho sempre avuta. Vorrei essere in grado di insegnare il giapponese agli italiani.

2014年暮れ頃から、お陰さまでイタリア語講師の仕事もすこーしずつ増えて参りまして、それまで基本的にボケーッとした暮らしをしていたもので、ちょっとレッスンが立て込んできただけで、ワタシ、倒れるかも、なーんてくらいに頭がおっついてないこの頃です。
そんな中、日本語を勉強したいと熱烈に思っているイタリア人って結構いるんだよ~という話を耳にしたり、いや、マジで教えてくれ、と直接イタリアーノに言われたりすることもあったりして、うーむ、これはもしかして新しい風かなんか・・・?



... ma aspetta.
Non e` che si possa spiegare della propria lingua solo perche` e` un madrelingua. Anzi!! Se uno straniero mi chiedesse qualcosa della grammatica giapponese, io non riuscirei a spiegargliene bene! Direi che io non so proprio nulla! ahahaha!!

・・・でも、ちょっと待った。
日本人だからって、日本語が教えられるわけじゃぜっんぜんないんだよ。実際問題、外国人に「ねーねー、これってなんで?」と日本語に関して訊かれても、ろくすっぽ答えられない自信ある!チチンプイプイって即行姿消せる自信ある!だって、日本語文法なんて全然分かんないもん、私。



... quindi, ci ho pensato bene, raccolto informazioni, sono andata a visitare la lezione ad una scuola di formazione professionale per insegnanti giapponesi, e...

・・・なので、考えました。考えて、情報収集して、とある日本語講師養成専門学校へ行って、授業見学をさせてもらって、そして・・・




 mi sono iscritta ad un corso annuale!!!

1年コースに申し込んじゃいました!!
 




・・・(゜▽゜;)・・・ Ooooops! Mi sono lasciata sfuggire pubblicamente il mio progetto! Allora non lo potrei rinunciare a meta` strada, e lo dovrei compiere a tutti i costi!
In effetti, il corso comincia da DOMANI! E` composto da tre campi: grammatica, linguistica e didattica, e si seguono le lezioni di 420 ore in totale. Non sara` facile, ma faro` del mio meglio.

・・・(゜▽゜;)・・・ し、しまった!公言してしまった!!公言してしまったからには、もう後には引けぬのぉ~。さすれば、なんとしてでも最後までやり遂げねばならぬ故、心して取り組んで参ります!
授業は実は明日から(爆!)日本語学科、言語学科、教授法の3本柱の計420時間を、1年かけて学んで参ります。決して平たんな道のりではありますまいが、懸命に学業に励む所存でおりまする!応援よろしくお願いします。




imagesD2Z7TPQO.jpg




Domenica scorsa c'e` stata una prelezione in cui un'insegnante ha fatto una lezione simulata come prova. Ci ha spiegato tante cose interessanti, tra cui c'e` stata una cosa che non avevo mai notato.

先週の日曜日、授業開始前のプレレッスンがあって行って来たんですが、講師の方が為になることをたくさんお話下さいました。日本人が日本人から日本語を説明してもらいながら、えぇーっ!そうなの?とか、ひーっ!マジ?とか、それはもう考えてもみなかったことの連発で、何も知らない自分にビックリしちゃったんですが、その中の一つがこれ。



"Preparo un caffe`." si dice in giapponese
コーヒーを準備する行為を、


コーヒーをいれる koohii o ireru (ireru = preparare)


Quindi se vengono degli ospiti a casa tua, per dire "Vi preparo un caffe`." si dice normalmente
と言いますが、例えば、お客さんが来た時、「まーまーお座り下さいな」の後、こんな風に言いますよね。


コーヒー(を)いれますね koohii (o) iremasu ne (la particella viene di solito omessa)


Ma quando e` stato preparato, diciamo spontaneamente
で、コーヒーを人数分作った後、お盆で運びながら、こんな風に言いません?


コーヒー(が)はいりましたよ koohii (ga) hairimashita yo


ma non
で、こうは普通言いませんよね。


コーヒー(を)いれましたよ koohii (o) iremashita yo


Cioe`, il passato del verbo transitivo いれる ireru (preparare in questo caso) e` いれた ireta, ma in questo caso si dice はいった haitta che e` il passato del verbo intransitivo はいる hairu (entrare).
Si puo` dire コーヒー(を)いれましたよ koohii (o) iremashita yo, e non e` per niente sbagliato, ma a volte potrebbe suonare come se io dicessi "Sono io che vi ho preparato un caffe`" e sembra che ti facessi pesare i miei favori. Per questo motivo, si usa senza accorgersene il passato del verbo tansitivo はいる hairu come se il caffe` si fosse preparato da solo! (ma pensandoci bene, anche in italiano si dice "Il caffe` e` pronto" piuttosto che "Ho preparato il caffe`")

つまり、他動詞「淹れる」の過去形は「淹れた」なのに、こういう場面では「淹れました」ではなく、自動詞「入る」の過去形「入った」を無意識で使っているんですね。
「コーヒー(を)淹れましたよ」でも、もちろん間違いではないし、そういう風に言う時もあるかもしれないけど、なんとなく、コーヒーを淹れたのは私なの、わーたーしーが淹れてあげたの!みたいなニュアンスがあるということなんですね。 なので、自動詞「入る」を使うことで自分を前面に押し出さず、あれれ~?コーヒーがいつの間にか入っちゃった、みたいな語調に無意識のうちにしている、ということなんですね~。
(でも考えてみれば、イタリア語でも、コーヒーを淹れた後は、Ho preparato il caffe`「私がコーヒーを準備した」よりも、Il caffe` e` pronto「コーヒーが準備できた」の方が自然だろうから、そこんとこ似てますね)



... ... ... ... ... 



Uhm.... quanto e` difficile spiegare delle cose che dico ogni giorno senza pensare!
Chissa` se veramente potro` essere capace di fare un'insegnante di giapponese per gli italiani... ma non mi arrendero`, faro` a passo a passo. Non si sa quando ma vorrei aprire un giorno una scuola d'italiano dove i giapponesi possano imparare italiano, e gli italiani imparano il giapponese!

ふぅ~・・・。日頃、考えずに話していることを改めて説明するって、なんて大変なんだ!
こんな調子で大丈夫なのか、まったく自信ありません。ありませんが、諦めまっせん!一歩一歩進んで、いつのことやら分かりませんが、日本人がイタリア語を、イタリア人が日本語を学べる学校を開くのが夢であります・・・。(こりゃまた大きく出たよ、オイ!)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (103)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}