IMG_9730.jpg

2015-06

una sfida in 50 ore 50時間での挑戦 - 2015.06.30 Tue

IMG_5175.jpg

mi stanno chiudendo gli occhi...

ねむ・・・





In solo 50 ore se si dovesse acquisire conoscenze che non si ha mai pensato di imparare, fino a quale livello si potrebbe raggiungere...?

わずか50時間で、これまで勉強しようなんて一度も思ったこともないことを習得しようと思ったら、人は一体どのくらいのところまで到達できるでしょうか。



Per quanto riguarda lo studio d'italiano, ho saputo che si puo` arrivare fino al congiuntivo trapassato, che e` generalmente l'ultimo capitolo del libro della grammatica italiana. ... ma solo se si affronta con tanta serieta`, volonta` e pazienza, ovviamente.

イタリア語の学習に関して言えば、人は、『接続法大過去』まで行けるのだということを、ワタクシはこの度身をもって知りました。『接続法大過去』といえば、文法書の最後の最後、その先は行き止まり、ってぐらいの項目でありますよ! ・・・もちろん、相当気合いを入れて、全力で、忍耐強く頑張れば、の話ですが。



Venerdi` scorso e` finito il corso intensivo che ho fatto all'impiegato di cui vi avevo raccontato l'utimo giorno. Non e` stato facile fare lezione privata di 5-6 ore al giorno, ma deve essere stato sicuramente duro anche per lui che doveva imparare in tempo limitato una lingua che non conosceva un'acca .

先日お話した、イタリア駐在を控えたビジネスマンの方への集中レッスンが、先週の金曜日にめでたく終了しましてね。いや~、一日に5,6時間のプライベートレッスンは結構体力要りましたけど、限られた時間の中で、一言も知らない言語を習得しなければならなかったご本人は、私なんかよりさぞかし大変だったのではないかと思います。




img55080f29zikezj.gif imgcff2d79dzik8zj.gif

Tuttavia, non potete immaginare
quanto ha impegnato tutte le proprie energie allo studio!!!!
E` stato davvero qualcosa di incredibile!

それでも、弱音も吐かず、半べそもかかず、挫折もせず、
ストイックなまでのガンバリよう!!!
それはもうスゴイものがありました!!





Siamo partiti proprio da zero, da A, B, C, e venerdi` scorso, all'ultima lezione, figuratevi fino a quale punto e` arrivato! (ovviamente guardando di tanto in tanto il libro di testo)

初日にお会いした時は、イタリア語のイの字もご存じなかったので、文字通りイの字からスタートしました。
で、最終回の先週金曜日の時点で、どれだけのことが言えるようになったと思います?(そりゃまぁ、時折テキストをチラ見しながらではありますが)



Ecco questo e` il tragitto che ha percorso in 50 ore:
50時間の行程は下記の通りです。



 ortografie particolari diverse dall'inglese 英語とは違う綴り

Giappone 日本 (non Jappone)
sciopero ストライキ (non shopero)

 gli articoli e verbo "essere" e "avere" 冠詞、essere、avere

un panino, il panino, i panini 一個のパン、そのパン、それらのパン
Mi chiamo..., sono giapponese, ho XX anni 私の名前は・・・、私は日本人です、XX歳です

 coniugazione dei verbi 動詞の人称変化

Dove abita? どちらにお住まいですか?
Prendiamo un vino rosso! 赤ワインをたのみましょう

 volere, dovere, potere, sapere 助動詞

Vorrei andare in Italia. イタリアに行きたいな
Posso provare queste scarpe? この靴を履いてみてもいいですか?

 posessivi 所有形容詞

Questa e` la mia macchina. これは私の車です
Di chi e` questo? これは誰のですか?

 passato prossimo 近過去

Cosa hai fatto ieri? 昨日は何をした?
Non sono mai stato a Napoli. ナポリには行ったことがない

 pronomi diretti e indiretti 直接・間接目的語代名詞

Ti serve questo computer? Posso portamelo? このパソコン使う?持って行っていい?
Che begli occhiali! Dove li hai comprati? いいメガネだね!どこで買ったの?

 verbo riflessivo 再帰動詞

Domani mi alzo alle sei. 明日は6時に起きます
Dovete lavarvi le mani. 手を洗わなくちゃダメだよ

 imperativo 命令法

Scrivimi una mail, oppure chiamami! メールしてね、そうか電話して
Fammelo vedere! (私にそれを)見せて!

 imperfetto e trapassato prossimo 半過去、大過去

Mentre guidavo, mi ha chiamato Roberto. 運転中にロベルトが電話してきた
Quando sono arrivato alla stazione, era gia` partito il treno. 駅に着いた時、電車はもう出てしまっていた

futuro semplice e anteriore 単純未来、先立未来

Ti chiamero` dopo saro` tornato a casa. 家に帰ったら電話するよ
Domani a quest'ora saremo gia` arrivati a Torino. 明日のこの時間には私たちはもうトリノに着いているだろう

 pronomi relativi 関係代名詞

Ho letto il libro che avevo comprato ieri. 昨日買った本を読んだ
Quella e` la ragazza di cui ti ho parlato poco fa. あの子が、さっき僕が君に話をした子だよ

 condizionale presente e passato 条件法現在・過去

Mangerei la trippa, se c'e`. トリッパが食べたいな、あればね
Avrei mangiato la trippa, ma purtroppo non c'era. トリッパが食べたかったけど、残念ながらなかった

 congiuntivo presente e passato 接続法現在・過去

Penso che tu abbia ragione. 君の言うことは正しいと思う
Credo che lui sia gia` partito per Roma. 彼はもうローマに発ったと思う

 congiuntivo imperfetto e trapassato 接続法半過去・大過去

Immaginavo che fosse piu` buono. もっと美味しいと思ってた
Mi preoccupavo che lui non sarebbe venuto. 彼は来ないだろうと私は心配していた



e all'ultima lezione siamo arrivati al...
そして、最終回にはついに・・・



 periodo ipotetico!!!!!!!!!!! 仮定法!!!!!!!!

Se potessi, verrei anch'io, ma non posso. Peccato! できれば私も行きたいんだけど、ダメなんだ。残念!
Se io avessi avuto piu` tempo, avrei potuto studiare di piu`. もっと時間があったら、もっと勉強できたのに




E383A0E383BCE383B3.png



Chi l'avrebbe mai pensato che uno che non sapeva dire "Sono giapponese" sarebbe stato in grado di dire l'ultima frase suddetta!
Ho fatto anch'io del mio meglio, ma vorrei apprezzare i suoi sforzi e fare a lui i miei complimenti!!

「Sono giapponese 私は日本人です」も言えなかった方が、「Se io avessi avuto piu` tempo... もしもっと時間があったら・・・」なんてことを言えるようになるだなんて、誰が想像できたでしょうかっ!! もっと時間があったら、もっともっと色んなこと教えてあげたかったのは私の方ですよぉ~
私もエンジン全開で臨みましたが、レッスン時間中に極力暗記しようと目を閉じ、宿題を出してくれと自らリクエストし、復習問題はいつも8割方正解し、さらにさらに上を目指されたご本人の努力に心から敬意を表したいと思います。



Domani parte per Milano.
Gli auguro buona fortuna, e spero che fara` tanta bella esperienza in Italia!!

いよいよ明日、ミラノに向けてご出発です。
素敵な体験をいっぱいされて、大のイタリアファンになって戻って来られますように!





zenzero 生姜 - 2015.06.27 Sat


IMG_5048.jpg

Guaritaaaa!!!

治ったぁー!!!





In queste ultime settimane avevo un brutto raffreddore, e la tosse persistente mi faceva stare davvero male. Non potevo stare tranquilla ne` quando ero sveglia ne` quando ero a letto, anzi, in posizione sdraiata avevo un attacco di tosse fortissimo tale da non riuscire mai a dormire...

この数週間、ひどい風邪を引きましてね。もう何でも言うこと聞くから止めてくれーっ!ってぐらいの咳が何日も続いて、お腹の皮は痛いわ、喉からは血が出そうだわで、起きてても寝ててもどうにもなんない日々を過ごしておりました。咳って、布団に入ると余計ひどいのね。拷問?嫌がらせ?ウトウトしてても、一端咳込むとシッテンバットーの苦しみ。その挙句には、涙と鼻水とヨダレがね、もうそれはちょっとね・・・



history_img1.jpg
Per calmare la tosse, uno dei rimedi piu` efficaci sarebbe lo ZENZERO!! Per fortuna, lo zenzero mi piace tanto, e cercavo possibilmente di prenderlo, anche se purtroppo questa volta non mi ha fatto quasi nessun effetto...

咳には生姜。これはもう、お婆ちゃんに教えてもらわなくても、皆が納得する特効薬ですよね。私も無類の生姜好きで、日頃からスリスリしたり、トントンしたり、あるいはガリガリボリボリ摂取しております。しているのに、今回の風邪には効果なかったなぁ・・・





A proposito di "zenzero", il suono di questa parola ci fa sorridere, perche` suona scherzoso agli orecchi di noi giapponesi. Mi ha invogliato a sapere l'etimologia, e mentre navigavo su internet, ho scoperto che esiste il verbo "zenzerare"!! I siti su cui lo menzionavano ce ne sono alcuni, tra cui c'e` questo blog .
Beh, forse e` una parola inventata e non sara` usata comunemente, ma io che adoro i piatti "zenzerati", lo trovo molto simpatico!

ところで。
生姜はイタリア語で zenzero といいますが、「ゼンゼロ」だなんて、なんかふざけた響きですよね。「ジンジャー」はキリッとカッチョいいけど、「ゼンゼロ」は音声学的に言っても脱力系。
語源はいったい何だろう、と、ネットをつらつら見てましたら、語源は発見できなかったけど、余計なもんを発見してしまいました!なんと、ゼンゼロの動詞、 zenzerare ゼンゼラーレなんていうのが存在したんです!ウッソー!
ゼンゼラーレが出てくるサイトはいくつかあって、そのうちの一つがこのブログ。生姜好きの筆者が、色んな生ジュースに関して書いてるんですが、「私は molto zenzerato (生姜たっぷり)にしてね、ってたのむの」とか、「オレンジ、人参、リンゴ・・・スイカに生姜、zenzerare molto(生姜いっぱいでお願い)」なんて、 当たり前のように登場しています。
まぁ、造語だとは思いますけどね。でも、生姜好きとしては、いいなぁ、ゼンゼラーレ



20130122_332562.jpg

Saltato di fette di maiale alla salsa zenzerata
(uno dei piatti tradizionali giapponesi)

ゼンゼロ料理の代表格といえばコレ、豚の生姜焼き




Ci sono alcuni verbi provenienti dai condimenti di cui sono rimasta meravigliata quando l'ho saputo per la prima volta.

調味料から派生した動詞は結構あるんですよね。これを知った時の衝撃は、かなりものだったのを覚えています。



sale 塩 salare 塩する
pepe コショウ pepare コショウする
olio オイル oliare オイルをかける
burro バター imburrare バターをぬる
zucchero 砂糖 zuccherare 砂糖を加える
farina 小麦粉 infarinare 小麦粉をまぶす
pangrattato パン粉 impanare パン粉をまぶす



e nella lista oggi aggiungo questo:
で、リストの中に今日はこれを追加しま~す。


zenzero 生姜 zenzerare 生姜を加える


(今気がつきましたが、日本語は「する」「かける」「ぬる」「くわえる」「まぶす」って動詞がいっぱーい!ヒィーッ!これをイタリア語で解説する気力も、正しい知識もないので、イタリア人たちには秘密ね




Ma per gli altri condimenti come seguenti? Mi domando se ci siano appositi verbi anche per quelli...

バターに動詞があること自体ビックリだけど、じゃ他の調味料類はどうなんだって話ですよね。個人的には、それぞれ全部に動詞があってほしいけど、どうなんだろう。


aceto 酢
salsa di soia 醤油
vino ワイン
sake` 酒
aglio ニンニク
peperoncino 唐辛子

basilico バジリコ
origano オレガノ
bottarga カラスミ
nero di seppia イカスミ・・・




IMG_4988.jpg


Finalmente la tosse si e` calmata da 2-3 giorni fa, e mi sto rimettendo in forma.
Cerchero` di zenzerare di piu` i piatti che mangio ogni giorno per amazzare tutti i virus nella gola!

咳はやっと2,3日前から治まってきて、シッテンバットー涙ツツー、なんてこともなくなってきました。
でも、今回で懲りた!これからはもっともっとゼンゼラーレを徹底して、喉のバイキンをやっつけていこうと思います!






tunnel トンネル - 2015.06.23 Tue



Al di la` di questo tunnel
この

IMG_4230.jpg

buio e lungo...
暗くて長いトンネルの向こうには

IMG_4234.jpg

chissa`
いったい何が

IMG_4233.jpg

cosa mi aspetta...
待っているんだろう・・・

IMG_4236.jpg



PicCollage_201506232330274a3.jpg


 


tenersi per mano, ecc 手をつなぐ等々 - 2015.06.20 Sat

IMG_4943.jpg

appendersi con le gambe ad un ramo

枝にぶら下がる






fff.png

passeggiare tenendosi per mano
passeggiare con la mano nella mano

手をつなぐ te o tsunagu



printcomp.jpg



camminare a braccetto con il findanzato
camminare sottobraccio al fidanzato

腕を組む ude o kumu



Keira-Knightley1_130711.jpg




camminare con le braccia intorno a vicenda

肩を組む kata o kumu



Frank+Wildhorn+Wonderland+Alice+Through+Whole+NWENa_fhqsll.jpg




mettere un braccio intorno alla vita

腰に手を回す koshi ni te o mawasu



img_0_20150620215419252.jpg


prendere in braccio

(お姫様)抱っこする dakko suru



illust2094.png


pensare con le braccia incrociate

腕組みをする udegumi o suru



mca1303080501000-p1.jpg



stringere la mano al Presidente Obama
stringersi la mano

握手する akushu suru



41cw0mOqw9L__SY300_.jpg


sedersi con le gambe incrociate
incorciare le gambe

足を組む ashi o kumu



billiejean_toursers_gold.jpg




mettersi in punta di piedi
mettersi sulle punte di piedi

つま先で立つ tsumasaki de tatsu






135.png

Italian people, siete davvero simpatici...

ホワーイ・イターリアン・ピーポー!!!!!







Vacanze amalfitane アマルフィの休日 - 2015.06.15 Mon

IMG_4875.jpg

Che bello...

ステキ・・・





Avete gia` visto questa bellissima pubblilcita` televisiva?

皆さんはこの素敵なCM、もうご覧になりましたか?





えいりあんぼぶさんの投稿作品より



Incredibile! Sembra proprio viva!!
E` la pubblicita` del produttore inglese della cioccolata Galaxy, che hanno fatto la parte di Audrey con la computer grafica. In Inghilterra sembra che sia gia` in onda da questo febbraio, da noi invece non ancora. In Italia?

ねー、スゴイねー!本物みたいねー!
チョコレートで有名なイギリスのGalaxy社が作った新作CMだそうで、ヘップバーンだけオールCGなんですって。イギリス本国では今年の2月から放送されてるらしいけど、日本ではやってないですよね。イタリアはどうかなぁ。




galaxy.png




Nel video nessuno parla, tranne quel fruttivendolo trovatosi nei guai di cocomeri che dice "ma non e` colpa mia, colpa di...", allora ho inventato io una battuta visto che la nostra principessa Anna e' tornata in Italia, ad Amalfi che e' uno dei posti piu' affascinanti del mondo! Qui ci dovrebbe essere qualche storia, no?


このビデオ、スイカぶちまけてエライことになってるおっちゃんが、「いや、オレのせいじゃないからさ。コイツが・・・」なんて言ってる以外、誰もしゃべってないですよね。そこで私、勝手にセリフ考えました。だってほら、アン王女がイタリアに戻って来たわけだし、しかも、世界屈指のリゾート地アマルフィだし!これはきっと何か事情があるに違いないじゃないですかっ!




fc2blog_20150615190936789.jpg



ragazzo: Ciao, dove stavi andando? Per colpa di quel vecchiotto, tutto e` bloccatto... ma sara` piu` comoda in macchina, vero?

車の彼:チャオ、どこに行こうとしてたの?あのおっさんがのせいでこれだもんな。でも車の方がまだいいだろ?


Anna: Si`, e` vero, grazie... stavo andando verso Positano.

アン:そうね、ありがとう・・・ ポジターノの方にちょっとね。


ragazzo: Ah, ho capito... ma tu, da dove vieni?

車の彼:そうなんだ・・・ どこから来たの?


Anna: Beh, da un piccolo regno che forse tu non conosci...

アン:えっと・・・ 小さな王国だけど、きっとあなたは知らないわ・・・


ragazzo: E` la prima volta in Italia?

車の彼:イタリアは初めて?


Anna: No, la seconda... praticamente i mesi fa sono stata a Roma per qualche giorno... per "lavoro".

アン:いいえ、2回目・・・ 実は数ヶ月前にローマに何日間かいたの。「仕事」で。


ragazzo: Che lavoro fai?

車の彼:なんの仕事してるの?


Anna: Faccio... facevo la responsabile della delegazione e andavo in visita in tanti posti per fare richieste di mantenersi un buon rapporto con il nostro regno..

アン:視察団の責任者というか・・・ 国と国との友好関係のために、あちこちを表敬訪問してたというか・・・


ragazzo: Caspita! Sembra un lavoro duro... io non lo potrei fare, richiede troppa responsabilita`.

車の彼:ひぇ~なんかよく分かんないけど大変そうだな!そんな重い仕事、オレには絶対無理。


Anna: Appunto!! Tu lo capisci! Ecco perche` sono qui! Non ne potevo proprio piu`, sai? Cosi` l'ho mollato tutto e sono scappata via senza dire niente!

アン:でしょーーっ?!でしょ?でしょ? だから私、今ここにいるの。もう我慢できなくなって、ぜーんぶ放り出して何も言わずに出て来ちゃった!


ragazzo: Che storia!! E adesso come fai? Come potresti vivere senza lavoro? ... Ah! Ho un'idea, facciamo cosi`. Tu vieni a casa mia e rimani quanto vuoi. Non ti preoccupare per i soldi. Sai perche`? Ho ricevuto una certa eredita` da mio nonno che e` morto un mese fa. Quindi sei venuta proprio un momento giusto! Ahahaha!

車の彼:な、なんかスゲェ話だな! で、どうするの、これから。仕事なしでどうやって暮らしてくの?・・・あ、いいこと考えた!オレのうちに来て、好きなだけいたらいいよ。金は心配いらないよ。なぜだか知ってる?一ヶ月前にじーちゃんが死んじゃって、ちょいとばかり遺産がね・・・ふふふ・・・ だから君はグッドタイミングで来たってわけよ。あははは!


Anna: Grazie, sei molto gentile... ma a dire il vero, un giornalista americano mi sta aspettando a Positano...

アン:ありがとう。あなたって親切な人ね・・・ でも、実は、アメリカ人の新聞記者がポジターノで待ってるの・・・


ragazzo 車の彼: ・・・??

Anna: Si`! Era questo il nostro destino! Oggi andremo a vedere una nostra nuova casa che abbiamo gia` trovato a Salerno!! Vieni anche tu?

アン:私たちってこうなる運命だったの。あの時、ビビビと来たのは間違いなかったんだわ!今日はね、サレルノに見つけたいい物件を一緒に見に行くことにしてるの。あなたも来る?





20110129184219427.jpg

 Auguri!! 
 今度こそお幸せに~!! 


8_fin.jpg





dare e ricevere あげ・もらい表現 - 2015.06.12 Fri

IMG_4423.jpg

♪♬♫♪♫♩♬♫♪♬♫♪♫♩♬♫



Nel corso del giapponese c'e` una lezione dedicata ad un'espressione detta 《dare e ricevere》.
I libri di testo dicono che e` uno degli elementi piu` complicati della lingua giapponese, ed infatti pure la nostra insegnante ci ha detto che dobbiamo ascoltare bene la spiegazione e cercare di capire bene questa caratteristica grammaticale giapponese.

日本語の勉強の中に、『授受表現』っていうのがあります。
ジュジュ・・・?と私も初めはなんだか分かんなかったんですが、「あげる・もらう・くれる」のことで、「あ~、アゲモライね」なーんて、その筋の人々には呼ばれているようです。私も早く、そんなツーみたいな言い方をしてみたいもんだ。
で、その「あげ・もらい」。日本語文法の中でも、とてもややこしい分野に属する項目のようで、現にそれに特化した授業もあったし、先生からも、よく聞くよう釘刺されたし、テキストにも「『あげる』と『くれる』を区別する言語は極めてまれです」と特記してあるし、そ、そんなに難しいのか?!と覚悟して臨みました。



Ora vediamo subito di cosa si tratta.
どんなことだったかというと・・・



La forma cortese del verbo "dare" si dice in giapponese あげます agemas, e al passato "ho dato" si dice あげました agemashita. Al contrario, "ricevere" si dice もらいます moraimas, e al passato "ho ricevuto" もらいました moraimashita.



わたし は アンナ に 花 を あげました
watashi wa Anna ni hana o agemahista

(わたし watashi = io, 花 hana = fiori, あげました agemashita = ho dato)
= Ho dato dei fiori ad Anna

わたし は アンナ に おかし を もらいました
watashi wa Anna ni okashi o moraimashita

(おかし okashi = dolci, もらいました moraimashita = ho ricevuto)
= Ho ricevuto dei dolci da Anna



Ma ce n'e` un altro: くれます kumas, che diventa al passato くれました kuremashita. Questo si usa quando il soggetto e` Anna

「あげました」はいいとして、「もらいました」をアンナ側から表現した「くれました」の存在が、ジュジュ表現のミソ。



アンナ は わたし に おかし を くれました
Anna wa watashi ni okashi o kuremahsita

(くれました kuremashita = ha dato)
= Anna mi ha dato dei dolci



Le frasi e significano quindi uguali, solo che cambia il verbo dipende dal soggetto dell'azione.
Da notare e` nelle frasi e , noi usiamo due verbi diversi "あげました agemashita" e "くれました kuremashita", ma in italiano il verbo rimane sempre "dare".
 
は、結局は同じことを言ってるんだけど、あげ手ともらい手のどっちを主語にするかで「もらう」「くれる」を使い分けるってことですよね。
で、ここで注目は、日本語では の動詞が「あげる」「くれる」で区別するのに、イタリア語では両方とも同じ dare「与える」っていう点で、ho dato なのか ha dato なのかで、その行為の主語を区別しているってことなんですね。
「『あげる』と『くれる』を区別する言語は極めてまれです」とテキストが言ってるのは、このことだったのか!とアハ細胞が赤く点滅。



Fin qui, come lo trovate? Vi e` difficile? Non tanto, no?
Beh, praticamente in italiano i verbi ce ne sono solo due "dare" e "ricevere", in giapponese invece ce ne sono tre "あげます agemas", "もらいます moraimas" e "くれます kuremas" che vanno utilizzati dipende dal soggetto dell'azione, e magari questo fatto vi fa impazzire molto.

dare「あげる」とricevere「もらう」の二つで事が済むイタリア語に対して、「あげる」「もらう」「くれる」の三つがある日本語。この一つの差はやはり大きいでしょうかねぇ。もうわっけ分かんない!なんて思われちゃいますかね。





wedding_propose.png





"あげます agemas", "もらいます moraimas" e "くれます kuremas" si possono usare non solo con i sostantivi, ma anche con gli altri verbi, ma quei verbi devono trasformarsi nella "forma -TE". (guardate questo sito che vi spiega bene come si fa)

「あげます」「もらいます」「くれます」のバージョンアップとして、動詞と合体した「~てあげます」「~てもらいます」「~てくれます」というのもありますね。



minimini-seki03_20150610184600a2f.gif てつだう tetsudau (= dare una mano) → (forma-TE) てつだって tetsudatte

わたし は アンナ を てつだっ あげました
watashi wa Anna o tetsudatte agemashita

= Ho dato una mano ad Anna

わたし は アンナ に てつだっ もらいました
watashi wa Anna ni tetsudatte moraimashita

= Mi sono fatta dare una mano da Anna

アンナ は わたし を てつだっ くれました
Anna wa watashi o tetsudatte kuremashita

= Anna mi ha dato una mano


minimini-seki03_20150610184600a2f.gif かう kau (= comprare) → (forma-TE) かって katte

わたし は アンナ に 花 をかっ あげました
watashi wa Anna ni hana o katte agemashita

= Ho comprato dei fiori ad Anna

わたし は アンナ に 花 を かっ もらいました
watashi wa Anna ni hana o katte moraimashita

= Mi sono fatta comprare dei fiori da Anna

アンナ は わたし に はな を かっ くれました
Anna wa watashi ni hana o katte kuremashita

= Anna mi ha comprato dei fiori



Dovreste sapere che la forma "~てくれました ...te kuremashita" se stessa ha un senso di ringraziamento, quindi se si sente dire "かってくれました katte kuremashita (= mi ha comprato)", "おくってくれました okutte kuremashita (= mi ha mandato)", "つれていってくれました tsureteitte kuremashita (= mi ha accompagnato)", ecc, si capisce non soltano quello che ti ha fatto l'altra persona, ma si capisce anche che ne sei stato grato.

「買ってくれました」「送ってくれました」「連れて行ってくれました」をイタリア語で言うと、mi ha comprato、mi ha accompagnato、mi ha portatoのようになりますが、これじゃーダメよ、ダメダメ!だって、「私に買いました」「私を送りました」「私を連れて行きました」と同じなんだもん。自然と感謝の念がこもる「~ってくれました」感が足りないっていうの?そんなことを考えつつ、この「ありがとう」の気持ちを出すために、私は個人的に gentilmente「親切にも」という副詞をはさんで、mi ha gentilmente comprato なーんて風に言ったり書いたりしています。



044.png




Quando ho imparato il modo di usare di questi tre verbi, per fortuna non l'ho trovato tanto difficile quanto ci avesse avvisato l'insegnante, ma mettendolo cosi` in ordine sto capendo la sua complessita` e particolarita` che sara` difficile da comprendere per gli stranieri.
Ci sono ancora altre cose da aggiungere per farvi capire di piu` come vengono usati, ma ora mi fermo, anche perche` mi impedisce il naso tappato causato dal raffreddore.

授業で習った時は、先生やテキストが脅かすほど難しくないじゃん、なんて思ったりしましたが、こうして書いてみると、確かにややこしい。三つも要らなくない?って気もしてきました
「あげ・もらい」について語るには30年早い私が、いやぁえらいこと書き始めちゃったな、と若干後悔しつつ、何とかまとめなければと必死でここまで書きました。他にも書くことあったんですが、力尽きました。風邪のせいで鼻がつまって、これ以上書けないっていうのもあるし



Buon fine settimana a tutti!
皆さん、楽しい週末を!





Frecciarossa1000 新高速列車フレッチャロッサ - 2015.06.07 Sun

IMG_4770.jpg

Magari si potesse andare in Italia in 2 ore e 20 minuti

イタリアまで2時間20分で行けたらいいのに





Vedo che stia arrivanto una nuova tecnologia italiana...

どうやら、イタリアのテクノロジーを結集した新型列車がお目見えのようです・・・



fr10001.png

『新型フレッチャロッサ1000がやって来る!』

articolo tratto da こちらの記事から抜粋 Corriere della sera


fr.png


ローマ 「時速350kmに達すると、ローマ~ミラノ間を約2時間20分で走行可能となる。」これは、今月5日に施行された試運転の折、FS Italiane(鉄道会社フェッロヴィーエ・デッロ・スタート・イタリアーネ)の代表取締役であるミケーレ・マーリオ・エリア氏が、新型フレッチャロッサ1000について語った談話である。
モスクワオリンピックの200m金メダリストである、イタリアの元陸上競技男子短距離選手ピエトロ・メンネアにちなんでメンネアと呼ばれる、この新世代フレッチャロッサは、今年4月25日に、イタリア大統領マッテレッラを乗せた専用車両として、既にミラノまでの走行を行い、時速400kmまで達せられることが分かっている(しかし、今のところ、ヨーロッパの速度規制を遵守し、300km強のスピードにとどめている)
今月6月14日より、1日8本、イタリアの2大主要都市ローマとミラノ間で開通し、北はさらにロー・フィエーラを通ってトリノまで、南はナポリまで走る。開通までにかかった予算は、およそ10億60万ユーロである。




fr4.png




Sinceramente non ho tanto interesse per i treni, anzi, direi che ne ho proprio zero, ma riesco a capire anch'io che 350 chilometri all'ora e` super veloce, considerando il nostro Shinkasen piu` veloce percorre a 320 chilometri all'ora.

ま、ホントのこと言いますと、電車にはほとんど興味がない。と言いますか、まったくゼロ、と言ってもいいんですが、現段階の日本の最速新幹線「はやぶさ」の時速が320km(あってます?!)であることを考えると、このフレッチャロッサ(赤い矢)の350kmっていうのが、どうだ、参ったかっ!ってぐらいに速いってことは、さすがに私でも分かります。




pero`...
でもさ・・・




fernandel_e_toto.jpg


ma che fretta hai, scusa?

そんなに急いでどうすんの?










07791.jpg Sarebbe come se fosse una nonna abbandonarsi sempre ai ricordi, ma negli anni '90 quando vivevo a Firenze, il treno piu' veloce, comodo e simpatico era l'Intercity, ed anche ora e` il vagone che mi piace di piu' tra tutti i treni italiani!
Ogni compartimento aveva un'atmosfera diversa: uno aveva un'aria amichevole in cui ci si poteva amalgamare facilmente, uno aveva qualcosa di freddo dove non ci si parlava niente, e uno era occupato dai giovani un po' strani (drogati?) per cui si evitavano di entrare anche se c'erano ancora posti...
Mi ricordo anche che nel compartimento c'era sempre qualche gentiluomo che mi aiutava a caricare le valigie sul portabaglio senza essere richiesto, ed ogni volta mi capitava, ero rimasta commossa dalla gentilezza degli italiani!

遠い目をしながら昔話に浸るのは、なんだか縁側のお婆ちゃんみたいなんですが、新しいものに喰いついて行くより、昔のことを考える方が楽だ、と最近自分の脳も言い出している始末で、やばーーい。超やばーーい。
でもね。何かにつけてゆるいイタリアが、鼻息荒くこんな新型列車を宣伝しているのを見ると、いや、昔のあなたに戻ろうよ。いいとこいっぱいあったじゃない、なんて、回顧モードになっちゃったりするわけです。
フィレンツェに住んでいた頃の90年代、速くて、快適で、情緒ある電車と言えば、インテルシティでした。長距離旅行には欠かせない存在で、探偵ポワロが出てきそうな6人掛けのコンパートメントは、同席した人たちとすぐに仲良くなれそうな、フレンドリーな雰囲気が満ちてるのもあれば、お互いあまりしゃべらず、やけに静かなのもあり、そうかと思えば、ちょっと薬入ってそうな危ない人たちに占領されてて、席が空いててもよう入らん!みたいなコワいのもあり、それぞれの箱が色んな空気をもっていました。
それと、コンパートメントには、棚に重いスーツケースを乗せるのを手伝ってくれるジェントルマンが必ず一人はいて、目が合うなり、無言でヒョイ、そしてまた無言で席に座る、という、惚れてまうがな!的なイタリア人に出逢ったものです。


faa8724c442dce25a3a5f4a37fd00578.jpg Chi non poteva godere di questo "incontro", non si poteva fare altro che cercare un posto al corridoio, oppure si doveva stare in piedi tutto per il percorso, ammazzando il tempo chiacchierando o leggendo i libri (senza cellulari e computer!!). Ma anche quello ci dava una bella sensazione del viaggio, che oggi e` difficile sentire...

そんなような、惚れてまうがな!な幸運にあやかれなかった人々は、廊下に組み込まれている椅子を頑張ってゲットするか、それさえもしそこなかった人は、目的地に着くまで廊下に立って、本を読んだり、近くにいる綺麗な子に声をかけたりしながら過ごすのでした。スマホもタブレットもない時代、やることといったらそれくらい。でも、なんとも旅情がありますよねぇ~・・・





koutsu_densya_060525_20150607161118d0d.gif koutsu_densya_060525_20150607161118d0d.gif koutsu_densya_060525_20150607161118d0d.gif koutsu_densya_060525_20150607161118d0d.gif koutsu_densya_060525_20150607161118d0d.gif




Vi faccio vedere una parte della collezione dei biglietti dell'anno 1989 che tengo ancora, quando ci volevano ancora circa 3 ore per andare a Milano da Firenze.

当時、1989年の電車の切符がわんさか出てきましたので、いくつかご紹介。フィレンツェ~ミラノ間が約3時間の時代です。


フィレンツェ~ミラノ 26,000リラ
fm.png

オルヴィエート~フィレンツェ 8,200リラ
of.png

フィレンツェ~ヴェネツィア 21,200リラ
fv.png

ローマ~アッシジ 8,900リラ
ra.png

サン・レモ~フィレンツェ 16,300リラ
sf.png

フィレンツェ~トリエステ 32,600リラ
ft.png





gap generazionale ジェネレーション・ギャップ - 2015.06.04 Thu

P52404171.jpg

O' cibo mio!

オーチーボミーオ!

(チーボ=ご飯)




Ora sto facendo un corso intensivo per un impiegato di una ditta che va in Italia per lavoro il mese prossimo. Dice che rimarra` li` per circa un anno. (Beato lui! )

イタリアに赴任が決まっているビジネスマンの方に、ただ今、直前集中レッスンを行っています。赴任は、来月から1年間の予定だそうで、何ともうらやましいことであります (遊びに行くんじゃないんだぞ)



Per il momento abbiamo fatto 13 ore di lezione in tre giorni, e sto capendo che e` una persona che ha buone maniere - anche se e` un giovane di 28 anni - e si vede che intende affrontare lo studio con la massima serieta`. Infatti, prende gli appunti in modo preciso, ripete fedelmente tutte le parole e frasi che gli spiego, e prova a dirle tante volte anche fra di se` cercando di apprendere un'intonazione corretta e naturale. Mamma mia, chi si sarebbe mai aspettato che ci fosse un allievo ideale cosi`?! Complimenti davvero!

今現在、3日間で13時間のレッスンをこなしたとこなんですが、その生徒さんの折り目正しい人となりが段々分かってきました。
私が、ボンジョルノ~と呑気に現れた時には、必ずもう席についてテキストを広げていて、ニッコリきっちり挨拶と共にレッスンがスタート。30前の若者とは思えない、その律儀な姿勢にこちらが感動の涙を浮かべていると、青年は、私が説明する単語一つ、文章一つを几帳面にノートに書き留め、耳にしたフレーズを声に出してくり返し、自然で正しいイントネーションを習得しようと、さらに自ら独り言のようにゴニョゴニョ言い続け、練習問題はなるべく何も見ないで答えようと、目をつむってトライ!
な、なんなんでしょうか、このハイクオリティな姿勢は!こんな模範的な学習者がいようとは、誰が想像できたでしょうかっ!もう、先生、嬉しくて泣いちゃう!




1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif





Ieri abbiamo studiato gli aggettivi. Quando s'impara sugli aggettivi, si deve sapere che in italiano l'aggettivo viene di solito dopo il sostantivio, che e` una regola che non esiste ne` in giapponese ne` in inglese:

で、昨日は形容詞の勉強をしました。形容詞を習う時、イタリア語では、形容詞は名詞の後にくることが多い、という、日本語にも英語にもないルールを知る必要があります。


una penna rossa
a red pen
あかいペン

un libro interessante
an interesting book
おもしろい ほん




Sapendolo, gli allievi di solito rimangono sorpresi, ed anche lui lo era.
Per renderli piu` convinti con un esempio familiare per i giapponesi, cito sempre il titolo di una canzone napoletana conosciutissima in tutto il mondo, e questo esempio funziona sempre bene per fargli dire "Ah, ho capito..."

これを聞くと、大抵の生徒さんは「なんだそれー、変なのー」みたいな顔をします。その彼もやはり、「ふぅーん・・・」と驚きを隠せない様子でした。
この、イタリア語独特のルールを、日本人に身近な例を取り上げて説明すべく、私はよく、世界中で有名なナポリ民謡のタイトルを引用したりするんですが、大抵の人にはそれで「なるほどねぇ~」とご納得いただけます。



Quindi anche questa volta gli ho chiesto con un aria sicura:
そこで、青年にも、やや自信あり気に聞いてみました。




: 『オー・ソーレ・ミーオ』っていう歌、知ってますよね?
Conosci la canzone "O' sole mio", no?





: いや、知りません
No, non la conosco 






!!!!!!!!!!!!!!!!(゜▽゜;;;)!!!!!!!!!!!!!!!!







Davvero, davvero...?
そ、そうか、知らないか・・・





OK...... scusa, e` colpa mia, non avrei dovuto credere troppo che non ci fosse nessuno che non la conoscesse!

うん・・・分かった。私が悪かった。日本人で知らない人はまずいないだろう、なんて思い込んでた私が間違ってた!




0000937958_500.jpgE` una canzone pubblicata nel 1898, e il periodo in cui c'e` stato un boom delle canzoni italiane in Giappone e` stato negli anni '60-'70, quindi sarebbe anche probabile che non l'abbia mai sentita un giovane come lui...
Con questo titolo gli volevo spiegare che persino l'aggettivo possessivo viene dopo il sostantivo quando vuole dare un'enfasi, e cosi' la sfumatura della frase cambia molto da quella normale "il mio sole".

なんつったって、120年近くも前の、1898年の歌だし、日本でイタリアン・カンツォ-ネが爆発的にブームになったのも1960~70年代ですもんね。青年は生まれてもないし、親御さんがカンツォーネにご興味なかったら、さすがのオーソーレミーオも出る幕なかったかもしれません。
ナポリ語の O' sole mio の O' は、定冠詞 il のことですが、「私の太陽」が mio sole ではなくて、sole mio 「太陽、私の」になってるとこがミソで、所有形容詞 mio さえも名詞の後に来ちゃう。君は誰のものでもない、僕の太陽だ!!と強調したい場合は、後にもってきちゃう。
名詞と形容詞の位置関係を、このタイトルを利用して説明するのが、私のいつものネタだったわけです。




Ma comunque lui e` riuscito ad "accettare" questa regola grammaticale della lingua italiana senza mio aiuto, non gli era necessario fare una spiegazione di troppo, e ne sono molto contenta.

でも、そんな余計なネタを言わずとも、若者はこのヘンテコな文法ルールを粛々と受け止め、もう次に進んでおりました。オーソーレミーオを知らないと言われて、固まった私を涼しくスルーしつつ・・・




La sfida del giovanotto continua...

彼の挑戦はまだまだ続きます・・・


con la testa o con il cuore? 頭で、それとも心で? - 2015.06.01 Mon

IMG_4499.jpg

in galera...

ムショ入り・・・






wst1505020074-p1.jpg Oggi la temperatura di Tokyo e` salita fino al 32.2 gradi! Non 23, ma 32, eh!!!
Maggio dovrebbe essere la stagione piu` fresca dell'anno, ma il maggio 2015 e` stato tremendo, e` stato il piu` caldo mai registrato fin dal 1876 quando fu iniziato l'osservazione meteologica in Giappone.

今日は、なななんと東京の気温が32.3度!23 ではなく、32! 何なんでしょう、一体。
5月は若葉が目にも眩しく、カラッとしたそよ風がフワッとそよぐ、年間で一番爽やかな季節なのではなかったかっ!それが、気象観測が始まった明治9年以来の暑さって、ねーねーどゆこと?


← Osaka, i bambini che giocano con l'acqua... come se fosse gia` in piena estate

← いよいよ夏本番!・・・でもないのに、水遊びに興じる大阪の子どもたち





Questo periodo con un caldo cosi` lo trovo strano...
せっかくの5月にこの暑さって、おかしいよ・・・




lo trovo molto strano....
絶対おかしいって・・・




Ecco, il tema di oggi e` il verbo
ハイ、今日のお題は、動詞の



"trovare"



Forse gli italiani ci diranno cosa c'e` di diffilce con questo verbo, ma siccome alla prima tappa dello studio d'italiano lo s'impara soltanto il significato "scoprire qualcosa", e` probabile che ci siano giapponesi che non sanno che abbia un'altro significato "penso che..., ho impressione che...".

trovare は「~を見つける、発見する」という意味ですが、イタリア語学習の初期段階、いや、もしかしたらだいぶ経っても、この意味で聞いたり読んだりすることが多いため、pensare 「~だと思う」、avere impressione 「~という印象をもつ」と同じのような意味があることを知らない人も結構いると思うんですね。



Trovo che sei ingrassato. = Penso che tu sia ingrassato
あなた、太った気がする

Antonello, lo trovo un bell'uomo. = Penso che Antonello sia un bell'uomo.
アントネッロってイケメンだと思う

Lei come trova questo vino? = Che ne pensa di questo vino?
このワインをどう思われますか?



Una cosa che rende ancora piu` complicato e` che c'e` un altro verbo simile che ha un significato sembra uguale, ma praticamente non lo e`.

で、さらに事をややこしくしているのが、trovare に単語自体も、意味も似て非なる動詞 provare なんていうのが存在することなんですね。これも、「試す、チャレンジする」っていう意味があまりにも擦り込まれちゃってて、sentire 「(愛情や嫌悪や恐怖などを)感じる」と同じように使える、ってことを知らない人いる、かも?



"provare"

Provo (= Sento) odio per questo caldo!
この暑さ、やんなる!(憎悪を感じる)

Ti sei appena sposata, e cosa provi (= senti) in questo momento?
結婚ホヤホヤで、今どんな気持ち?

Non provo (= sento) nessuna simpatia per lui.
彼には何の親愛の情も感じない




Non potrete immaginare quanto e` complicato la distinzione tra "trovare" e "provare", ma ci si confonde spesso tra qual e` il pensiero e qual e` il sentimento!

イタリア人の皆さんにしてみれば、これのどこがややこしいの?ってことだと思うけど、我々にとっては、どっちが「頭で思うこと」で、どっちが「心で感じること」だったっけかな、と混乱するわけです。
なので、ここらでバチッと押さえておきましょうね~。



trovare 頭で考えたり思うこと 
= pensare 「考える」、avere impressione 「印象をもつ」

provare 心で感じること
= sentire 「感じる」



o0571047712640975343.jpg

Provo un gran disgusto per un'abbondante sudata in maggio
e tanto per cominciare, lo trovo incredibile!!

5月に大汗ってマジやんなるし、そもそもおかしいと思うのよね!






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (42)
espressioni 表現 (102)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (71)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}