IMG_9730.jpg

2016-03

corretto o scorretto?? 合ってる?間違ってる? - 2016.03.28 Mon

P3250158.jpg

Avete capitooo?

なんだって。





Il giorno 6 di questo mese si e` tenuta la quarantaduesima prova dell'abilita` linguistica italiana. E` un'esame non internazionale, ma viene fatto ogni anno solo in Giappone, ma vedo che ogni volta tante persone provano a farlo per sapere in quale livello sia la propria capacita` linguistica.

今月6日は、第42回実用イタリア語検定でしたね~。
受験された方は如何でしたか?バッチ来い!の手応えありあり?それとも、どんよりダメダメの手応えゼロゼロ?
とは言っても、もう答えはとっくに分かってるんですよね。まー、いずれにしても、終わったってことで、お疲れさまでした!



topimg8.jpg




Tre delle mie allieve infatti l'hanno sostenuto, e durante la lezione dell'altra volta, con una delle quali, la signorina T, ho controllato le risposte che aveva sbagliato.
Riguardo agli errori, li aveva commessi semplicemente perche` non sapeva come si dice in italiano, e quindi, pazienza! Succede, succede. Va bene se hai capito ora.

私の生徒さんも、3名がエントリー。で、先日のレッスンで、3級を受けたTちゃんと、答えの見直しをしました。
間違っちゃったとこはね、イタリア語でそういう言うんだ、ってことを知らなかっただけのことだから、ドンマイドンマイ!今回知ったわけだから、それでいいのだ。





Controllando insieme le risposte che aveva scelto tra quattro opzioni, una domanda mi ha attirato l'attenzione.

うひゃ~そうなんや!うへぇ、知らんかった!などと、ワイワイ言いながら見直しをしていましたら、ある問題に目が留まりました。




Paola deve ( ) dal lavoro, vedo la luce della sua camera accesa. 

a) torna
b) tornare
c) tornata
d) essere tornata




La risposta giusta e` "d", ma la signorina T aveva scelto "b". Le ho chiesto perche` l'aveva scelto, e lei mi ha spiegato perche` l'aveva intuito che la frase voleva dire che qualche conoscente di Paola ha visto la luce della sua camera lasciata accesa, per cui ha pensato che Paola dovesse tornare subito a casa!

答えは「d」で、「パオラは、会社から戻っているに違いない。部屋の電気が点いているのが見える。」という文なんですが、要は、英語の must にあたる dovere の「~に違いない」を問う問題なんですね。でも、Tちゃんは「b」を選択。なんで「b」にした?と聞いたらば、「パオラは、会社から帰らなければいけない。部屋の電気が点けっぱなしなのが見える」だと思ったから、だと言うんです!




Mi sono messa a ridere sentendo la sua idea spiritosa , e le ho spiegato poi perche` la risposta deve essere "d".

あはははは!ツケッパの話か! と、Tちゃんのナイスな発想にポンッと膝を打ち、ひとしきり笑った後、なんで「d」が答えなのかを説明しました。



Paola deve ( essere tornata ) dal lavoro, vedo la luce della sua camera accesa.
パオラは、(帰った)に違いない。部屋の電気が点いてるのが見える。





pero`...
でも・・・





cosa c'e` di male nella risposta "b"??...
「b」で、何が悪い・・・?




Paola deve ( tornare ) dal lavoro, vedo la luce della sua camera accesa.
パオラは、(帰ら)なければいけない。部屋の電気が点いているのが(あるいは、点けっぱなしなのが)見える。




Come no?! Anche se suona un po' strano considerando la situazione, grammaticalmente non e` per niente sbagliato, no?
Se l'imprendiamo come aveva pensato la signorina T, forse "deve" dovrebbe essere "dovrebbe" (un gioco di parole!), ma non mi sembra un errore errore secondo il caso.

ダメですかね?一体誰がこれを言っているのか、パオラのツケッパをいちいちチェックしてる人が近所にいるのか、という疑問はあるにしても、文法的には全く問題ないですよね?
Tちゃんの解釈にのっとれば、恐らく、deve を dovrebbe にして「帰らなくちゃいけないんじゃないかな」ぐらいにしないと変なんだろうけど、検定の文法項目の出題なんだから、文法的に問題がなければいいのではなかろうかと。




918B96BE82A982E8.jpg

Vedo la luce della sua camera accesa...




A questo punto, ho deciso di chiedere all'Associazione Linguistica Italiana, l'organizzatrice di quest'esame, la ragione per cui la risposta deve essere assolutamente "d".

モヤモヤするので、検定の主催者である、イタリア語検定協会に、「d」ではダメな決定的理由を問い合わせてみました!





E mi e` arrivata subito la risposta, dicendo...
すると、ご親切にもすぐお返事をいただきました。それによると・・・


こちらをどうぞ(ページ一番下の「同意して掲示板を見る」をクリック) 
andate al forum dell'Associazione (cliccate la casella che troverete sotto la pagina)


(riassunto della risposta ricevuta いただいたお返事を要約)
"Andrebbe anche bene se la frase fosse come "... perche` vedo la luce...", ma iniziare la frase con "deve tornare..." e` un po' strano e meno comune. Innazitutto, chissa` chi e` la persona che si preoccupa delle spese della luce di Paola. Che rapporto avra` con Paola quella persona? Chi penserebbe di dover tornare apposta dal lavoro per solo spegnere la luce della camera? ... Sarebbe accettabile se fosse "dovrebbe tornare..." oppure "devo dirle di tornare..." ... "deve tornare" grammaticalmente non e` per nulla sbagliato, ma sarebbe probabile solo se ci fosse qualche altro contesto, come nel romanzo ad esempio. E quindi, va scelta la risposta "d" che e` il piu` naturale.
Non sono poche le espressioni difficili da capire per noi giapponesi, che sono normali per gli italiani, ma per acquistare i loro modi di dire e di pensare, non ci resta che abituarci poco a poco, ed e` importante scegliere quello che ci sembra piu' naturale."


028.png



Ho capito. Me ne sono convinta.
Ma poveretti i candidati del livello 3! Dovrebbero essere gia` in grado non solo di capire la grammatica, ma anche d'intuire in un attimo questo senso...

そうなのですね。とりあえずは、納得。
ですが、3級ですでにこのレベルを要求されるとは!覚えた文法を間違えないようにガチガチに緊張している状態で、文型だけに気を取られてないで、全体の意味を把握しろと。木だけじゃなくて、森を見ろと・・・。
恐れ入りました。

イタリア語検定協会様、ありがとうございました!



La Via del Te` ラ・ヴィア・デル・テ - 2016.03.25 Fri

P3250150.jpg

Ciao a tutti!

どうも、どうも





L'altro giorno ho ricevuto da una mia allieva, la signora M, un souvenir italiano che non sembrava italiano a prima vista.

先日、生徒さんのMさんから、一見イタリアのお土産に見えない、イタリアのお土産をいただきました。




P3250127.jpg

"Ah, sei stata a Londra?"

" " " " "

あれま、ロンドンに行ってきたんですか?的な・・・





Ma perdonamiiii! Non e` per niente un souvenir della Gran Bretagna, ma un te` pregiato prodotto da un'azienda fiorentina!!

わーーん、ごめんなさいごめんなさい! よく見たら、グレートなブリテンなんかじゃなくて、フィレンツェの会社が作っているスバラシク高貴な紅茶ではないですか!



P3250131.jpgGuardate che bello!
E` un'azienda che si chiama "La Via del Te`" fondata nel 1961 a Firenze dall'imprenditore Alfredo Carrai. Visto che questo signore viaggio` nei tanti paesi diversi incluso il Giappone in ricerca dei te` migliori per diffonderli tra gli italiani che allora non li conoscevano tanto.

おおー、美しいですねー!
パッケージを見ると、La Via del Te`』(お茶の道)という会社で、事業家のアルフレード・カッライ氏という人が、当時イタリアではあまりポピュラーじゃなかった、お茶というものを広めるべく、最高の葉っぱを求めて世界のあちこちを飛び回り、日本の玉露も研究したりなんかして、ついに1961年にフィレンツェに創設したんだそうです。


Non solo io, ma forse tanti altri avrebbero l'impressione "stereotipica" che gli italiani bevano appunto 24 ore su 24, 365 giorni su 365, esclusivamente il caffe`, ma quasi mai il te` caldo, quindi mi e` stata una bella sorpresa sapere che ci fosse un'azienda di te` di vecchia fondazione cosi` in Italia.

イタリア人って、24時間365時間、もっぱらカフェばっかり飲んでて、熱い紅茶なんて飲まないんじゃないの~?っていうのが、イタリア人に対するステレオタイプなイメージなもんで、こんな紅茶の高級老舗がイタリアにあったなんて、とっても新鮮な驚きです。




P3250133.jpg


P3250130.jpg

Poi un'altra sorpresa e` che la bustina in tessuto trasparente che ha il te` a foglia dentro e` interamente cucito A MANO!!

そして、もう一つの驚きが、ティーの透明な布のバッグが、なななんと全て手縫いだってこと!!




Mamma mia, dovrebbe essere un lavoro che richiede un sacco di precisione!!
どひゃー!ホントにお疲れさまでございます!

P3250142.jpg

L'ho preso cosi` perche` lo volevo bere subito, ma forse non dovevo: avrei dovuto mettere la bustina nella teiera, versare l'acqua bollente, e aspettare con pazienza finche` le foglie di te` diano un buon colore e profumo...

早く飲みたかったから、こんな風に雑に淹れてしまったけど、ほんとはもっとこうね、ちゃんとね、ティーポットにバッグを入れて、熱湯を注いで、いい色と香がぽわ~んと出るまで待って飲むべきなのだと思う。次回はそうする。


P3250145.jpg


P3250153.jpg


Insomma, questo bellissimo souvenir mi ha fatto sapere tre cose che non conoscevo: che gli italiani bevono non solo il caffe` ma anche il te`; che esiste in Italia un'azienda di te` nata una cinquantina di anni fa, addirittura nella mia seconda "patria"; che esistono nel mondo un tea bag cosi` bello e pregiato!

それはまぁ、ともかく。
イタリア人も紅茶を飲むんだ!イタリアに、しかも私の「第二の故郷」フィレンツェに、紅茶の老舗があるんだ!この世に、一つ一つ手縫いで作られたティーバッグなんてもんがあるんだ!と、3つのことを教えてくれたとっても素敵なお土産でした。




Grazie, signora M, mi hai scelto un'ottimo regalo!!

Mさん、ナイスなチョイス、本当にありがとうございました!




P3250164.jpg

mi dispiace se buttarla via...
もったいなくて捨てられない・・・





francobolli nostalgici - 2016.03.20 Sun

P3150063.jpg

Hai intenzione di guadagnare una bella somma?

ひと儲けしようと思ってる?





Approfittando del trasferimento del mese scorso, ho messo in ordine tutte le mie cose buttandone via anche tantissime. Ho cercato di ridurre per quanto possibile la roba - perche` ce n'era troppa! - e in fine tra le cose che mi sono restate, ho trovato un oggetto che mi da` tantissima nostalgia, ma di cui me n'ero anche quasi dimenticata.

この度のもろもろで、身の回りの物をかなり整理しました。
断捨離スイッチ、よぉーし!発車オーライ!ぴぃーーー!の合図と共に、じゃんじゃんじゃんじゃん不用品を捨てまくったわけですが、3年触らなかったものはゴミ箱、をモットーに生きているのに、物があるある。なんでこんなにある?と途方に暮れました。
で、腕まくりの作業中、クローゼットに押し込まれていた物の中から、思わぬ物が出てきました。




Si tratta di...
それは・・・



P3200090.jpg

I bellissimi francobolli della Reppublica di San Marino che probabilmente ho acquistato circa 25 anni fa!

切手収集家にはたまらん、サン・マリーノ共和国(イタリア内にある独立国)で約25年前に買った、美しい切手の数々!

P3200087.jpg

Poi questi qua!! La serie piu' nostalgica che ci riporta negli anni '70-'80!

そしてそして、最も郷愁漂う、こちらのシリーズ!1970~80年代だよねぇ~

P3200093.jpg

E tanti altri.
その他にもいろいろと。

P3200091.jpg

P3200096.jpg

P3200100.jpg

Mi dispiace anche per Raffaello Sanzio che avevo lasciato per molti anni in fondo al cassettone...

嗚呼、ラファエロ・サンツィオ様までも、押し入れの奥に何年も・・・

P3200103.jpg



Dunque, il problema e` se questi francobolli che mi sembrano preziosi abbiano qualche valore come oggetti "antiquariato" o no...
se sia un peccato lasciarli...
se ci fosse qualche perito di oggetti antichi che me li compri a centinaia di migliaia di euro!

でもね、問題は、これらの切手に、果たして骨董品(?)としての希少価値が有るのか、無いのかってことで・・・
手放すには惜しいのかどうか・・・
もしかして、何十万ユーロで買い取ってくれる鑑定士がいるかも! ・・・しれない・・・かどうか、ってことで・・・




Voi che ne dite?
皆さん、どう思います?



da ダ - 2016.03.13 Sun

IMG_8380.jpg

io sto bene cosi`...

この態勢が一番楽ちん・・・





Era da tanto che avevo in mente di fare una "tesi" su questo argomento.

前々から、このテーマで「論文」を書きたいと思ってました。





Cioe`...
それは何かというと・・・


 


sull'incoerenza estrema della funzione della preposizione DA!

前置詞 DA がもつ、甚だ一貫性のない意味について!

 




Per noi giapponesi le preposizioni sono gia` un grande incubo che ci fanno spesso bloccati non capendo quale di esse usare, ma mi sa che DA e` eccezionale nel senso della sua ricchezza di varieta` del significato, che e` a volte molto incoerente tra di loro.

前置詞は、何年、何十年イタリア語を勉強してても永遠の課題。完璧に克服するなんて有り得ない、まったくもって厄介なヤツらですが、とくに DA!英語でいう from に始まって、その意味の多さったら天下一品、しかもお互い関連性の薄い、支離滅裂ともいえるバリエーションに、もうこちらは笑うしかありません。




Vediamo cosa intendo dire.
では、どういうことかご説明致しましょう。




Vengo da Roma.
出発点「~から」→ローマから来ています

Vado da Paolo.
(人や職業と共に)行先「~のところへ」→パオロのところに行きます

Ecco, gia` incoerente!
Tanti anni fa ho chiesto all'insengnante: "allora come posso dire se mi sposto dalla casa di Anna a quella di Paolo, magari vado da Anna da Paolo? " Mi ricordo che l'insegnante si e` mostrato una faccia cosi` e mi ha detto che in quel caso si dice di solito "vado da Paolo dalla casa di Anna."

ほら、もうワケ分かんないし!
基本的には from と同じく、出発点を表す「~から」なくせに、後に人や職業名がくると、「その人のところへ行く」という行先を表すという矛盾ぶり。
昔、先生に訊いたことがあります。「じゃあ、アンナのところから、パオロのところへ行く場合、Vado da Anna da Paolo となるんですかっ?」と。そしたら先生、 こんな顔して言いましたよ。「その場合は、Vado da Paolo dalla casa di Anna (アンナの家から、パオロのところに行く)と言うかな」とね。


Il bambino e` stato lodato da tutti.
受動態の動作主「~によって」→その子供は、みんなに(から)褒められた

Il cane tremava dal freddo.
原因「~のせいで」→その犬は、寒さで(によって)震えていた

Ho dimenticato di portare gli occhiali da sole.
用途「~用の」→サングラス(太陽用のメガネ)を持ってくるの忘れた

Mi da` un panino da due euro.
値段「いくらいくらの」→2ユーロのパニーノを一つください

Comportati da uomo!
特質「~らしく」→男らしく振舞いなさい!

Quella ragazza dai capelli biondi si chiama Caterina.
特徴「~をもった」→あの金髪の女の子はカテリーナといいます

Ascoltami bene, te lo dico da amico.
資格「~として」→よく聞いて、友だちとして言うよ

Da piccolo, volevo diventare un pilota.
年齢「~のころ」→子どもころは、パイロットになりたかった

Da grande, vorrei diventare un pilota.
年齢「~になったら」→大きくなったらパイロットになりたい

Ehehe! Anche qua! Mi suona strano dire "Da piccolo, da grande volevo diventare pilota"... ma e` corretto?

これも、どう落とし前つけてくれる? 「子どものころ」が da bambino で、「大人になったら」が da grande って、ふざけてますよね?じゃ、「子どものころ、大人になったらパイロットになりたいと思ってた」って、Da piccolo, da grande volevo diventare pilota って言うんでしょうか。なーんか、変?

Ce lo faro` da sola.
限定「自身で」→自分一人でできるだろう

Oggi ho tante cose da fare.
義務「~すべき」→今日はやることがたくさんある

Forse molti giapponesi che studiano italiano conoscono gia` che significa "ho da fare", cioe` "ho delle cose che devo fare", ma se si dice, ad esempio, "ho da partire subito", probabilmente ci vorra` un pochino di tempo per capire che significa "devo partire subito".

ho da fare は、ho delle cose che devo fare 「私はやるべきことがある」ってことですよね。これは、結構早い段階ですり込まれるので、知ってる方も多いと思うんですが、たとえば、ho da partire subito と聞くと、一瞬、「・・・ん?」となりませんか?(私だけじゃないことを祈る!) ho da fare と同じ、avere da + 不定詞なんだけど、 「(やるべきことを)もっている」としての avere の意味はこの場合なくて、「私はすぐに出発しなければならない」ってことなんですねぇ。

In quel momento mi e` venuto da piangere.
状況「~しそうだ」→その時、私は泣きそうになった

Mettiamo da parte un po' di soldi.
副詞句 mettere da parte 「わきにどけておく」→少しお金をとっておこう

Sono tanto stanco da non poter piu' camminare.
熟語 tanto~da+不定詞「~するには、あまりにも~」→あまりにも疲れて、もう歩けない


ecc, ecc,....
などなどなど・・・



だあ




Insomma... cosi` e` interessante la lingua italiana!

やれやれ・・・ だから、イタリア語ってオモロイね。




riapertura Circolo Massimo! チルコロ・マッシモ新装開店!  - 2016.03.10 Thu

IMG_8375.jpg

Venite in tantiiiii!!

みんな、来てね~~!!




Signore, signori, buongiorno!
Oggi ho il piacere d'informarvi della riapertura del corso d'italiano Circolo Massimo! b_body_jump (2)
Era aperto in ottobre scorso, e con mia grande gioia, sono venuti piu' iscritti di quanto mi aspetassi, pero` poi fino a oggi non ho potuto piu` sviluppare l'attivita` ne` organizzare nessun incontro e divertimento a causa d'essere stata cosi` presa dalle faccende private.

皆さま、こんにちは~!
今日は、晴れて皆さまにCircolo Massimo イタリア語教室のリニューアルオープンのご案内でございますよ!b_body_jump (2)
長らく駅前のカフェでコソコソとレッスンをさせていただき、昨年10月に自宅をオープンして、Circolo Massimoイタリア語教室と命名して教室の規模を拡大・・・したのでありますが、諸事情がもろもろもろもろありまして、ちっとも活動範囲が広げられない!ちっとも楽しいイベントが企画できない!という状況に陥っておりました。ショボーン。




Ma ora finalemente si riparte!!
で、もろもろもろもろをくぐり抜けて、この度ついにリニューアール!!



E383A0E383BCE383B3_201603092237293b3.png



In quest'occasione faccio di nuovo l'annuncio per l'iscrizione come segue, aggiornando e modificando alcune parti necessarie.

ハイ、てなわけで、昨年10月の生徒さんの募集広告に手を加え、改めて掲載させていただくことに致しました!パンパカパーン!





CIRCOLO MASSIMO イタリア語教室
リニューアルオープンのご案内


FullSizeRender_20160310081450527.jpg



 講師プロフィール

*小学校4年の時、父親の仕事の都合でミラノに行ったのがイタリアとの出逢い
*ミラノ日本人学校の小学部、中学部卒
*東京で高校、短大を卒業後、商社に4年勤務、その後フィレンツェ・イル・ダビデ校に語学留学
*帰国後、イタリア食材輸入商社のモンテ物産に3年勤務
*1999年、自宅でイタリア語教室をオープン
*2008年~現在、東京外国語センター派遣講師。企業のイタリア赴任者対象の集中講座を担当。学習者計14名、レッスン時間計約200時間(2017.4現在)
*2001~2013年、ダンテ・アリギエーリ協会東京支部の委託翻訳者として、講座やセミナー関連の日伊翻訳に従事
*2001~2013年、仙台市泉パークタウンカルチャーセンターで、イタリア語講座の講師として勤務
*2011年、テキスト写真集『イタリア旅行をもっと楽しくするために』を自費出版
*2013~2016年、西新宿カルチャープラザで、イタリア語講座の講師として勤務
*2013年~現在、自宅で『イタリア語教室チルコロ・マッシモ』開催。生徒数32名(2017.7現在)
*2014年~現在、イタリアーノ塾イタリア語スカイプレッスン講師。生徒数7名(2017.7現在)
*2015年~現在、ディラ国際語学アカデミー派遣講師。企業のイタリア赴任者対象の集中講座を担当。学習者計12名、レッスン時間計約320時間(2017.7現在)

<資格>
2001年 実用イタリア語検定2級
2010年 シエナ大学CILS試験 C1
2016年 日本語教師養成講座420時間修了


 教室へのアクセス

経堂教室① 自宅

小田急線経堂駅から徒歩約5分。南口から伸びる農大通りをまっすぐまっすぐ進み、左折して、右折した所にあるマンションです。場所の詳細は、お申込み後、顔合わせでお会いした時にお知らせ致します(下記、『レッスンまでの流れ』をご参照下さい)。

農大通りは、左右に色々なお店が並ぶ賑やかな通りです。また、一つ道を入った所に、可愛いパン屋さんや喫茶店、またお洒落な飲み屋さんなどもあったりして、レッスンの前後に寄り道するのも楽しいかもしれません。
駅から自宅までは、農大通り以外にも近道がありますので、追々お知らせ致します。


経堂教室② 経堂駅北口にあるカフェ

小田急線経堂駅北口改札のすぐ左手にある、エクセルシオールカフェ経堂店、あるいは、同じく北口のバスロータリーまん前にある、ショッピングセンターCORTY2階のタリーズコーヒー

カフェは両店とも比較的静かで、文法をきちんと勉強されたい方でも落ち着いてレッスンできる環境です。駅から激近なので、その方がいいわ、という方はこちらをお選び下さい。ただ、ヒアリングや映像を見ながらのレッスン等はカフェではできませんので、自宅の方がいいわ、という方は①をお選び下さい。

大変申し訳ないのですが、①は女性のみに限らせていただきます。


 レッスンの曜日と時間帯

経堂教室①② 月~金 10:00~12:00、13:00~19:00(土曜日は17:00まで)の間、日曜祝日定休
(平日19:00、土曜17:00はレッスン終了時間を指しますが、多少のオーバーはご相談に応じます。)



IMG_6443_20151001221249abf.jpg レッスン時間

90分 / 1レッスン


 レッスン体系

プライベートレッスン
セミプライベートレッスン(2名様)


 レッスン料金

プライベート 3,000円/1レッスン 
セミプライベート 2,500円/1名様 1レッスン 

毎回レッスン時にお支払い下さい。
入会金、その他の年会費等はありません。



 レッスン内容

イタリア大好き!でも一言も分かんな~い!という方

お急ぎでなければ、やはり文法をある程度きっちり学習することをお勧めします。急がば回れで、文法の基礎知識が身についていると、あとでジワジワ効いてきます!
今や書店にはイタリア語のテキストがずら~りと並んでいて、どれを選べばいいのか、正直のところ私も迷いますが、下記の4冊は、実際にレッスンで使用してみて良かったお勧めテキストです。

『しっかり学ぶイタリア語』一ノ瀬俊和氏著 ベレ出版
『らくらくイタリア語文法+会話』近藤直樹氏、カパッソ・カロリーナ氏共著 国際語学社
『らくらくマスターイタリア語』白崎容子氏著 郁文堂
『しっかり身につくイタリア語トレーニングブック』入江たまよ氏著 ベレ出版

既にお持ちのテキストを使いたい、という場合は、もちろんご相談に応じます。
テキストを中心に、補足のプリントも交えてレッスンを進めます。


だいぶ前に勉強したことがあるけど、ほとんど忘れちゃった~!という方

思い出させますよ~!
文法項目別にプリントを用意しますので、ああ、そういえばこんなことやった気がする!と、少しずつ記憶を掘り起こしていきましょう。そして、練習問題で理解を確認したり、自分で文を作ったり、それを使って会話したりと、どんどんイタリア語を楽しんでいけるようお手伝い致します。


イタリア人の先生に習って、とりあえず文法は最後までいったけど、いまいちよく分かってないかも?という方

ずっとネイティブの先生にイタリア語で授業を受けていると、誤解していたり、日本語でスッキリ把握できず、モヤモヤした状態を抱えてしまうことが時にあります。文法事項を日本語で説明してほしい!とお考えの方は、ぜひご相談下さい。
抜けてしまっている穴を埋める作業をしながら、作文や長文読解にも挑戦していきましょう。
ご希望に応じて、ヒアリングも取り入れます。


イタリアを旅行したことはあるけど、もっと話せたら、もっと楽しかったのにー!という方

現地の人とコミュニケーションしたり、レストランや駅などで、自分の意思を伝えることができたら、旅行は格段に楽しくなりますよね!場面に応じたコツなども織り交ぜながら、旅行会話を中心としたレッスンを行います。
旅行が近いからフレーズを丸暗記したい、来年の旅行に向けてじっくり学びたい、など、様々なリクエストにお応えします。



前もってお伝えしなければいけないのですが、私はネイティブではないので、どうしても文法のレッスンが中心になります。その点は予めご了承下さい。学習したことを基に会話の練習をしたり、文を組み立てていく作業はもちろん積極的に行います!
ただ、上級者の方の会話レッスンは、やはりイタリア人の先生をお勧め致します。




 レッスンの予約方法

レッスン日は固定ではありません。毎回レッスン終了時に、次回のご予約をご相談の上承りますので、次回ご都合の良い日を2~3日分お考えの上、レッスンにお越し下さい。他の生徒さんとの兼ね合いで、第一希望のレッスン日や時間に対応できない場合もございますので、ご了承下さい。


 レッスンの頻度

週に1度でも、月に1度でも全く自由です。ちなみに現在のところ、2週に1度のペースでいらしていただいている生徒さんがほとんどです。


 レッスンまでの流れ

IMG_6485.jpg(1)このページのトップ左側にある「プロフィール」内にメールアドレスがありますので、そこにメールをお送り下さい。
メールの「件名」には、「circolo massimo申し込み」とお書き下さい。下記の項目をコピペしていただき、簡単で構いませんので教えて下さい。

・お名前と性別
・メールアドレスと携帯番号
・年代(30,40,50,60代・・・)
・イタリア語学習歴(時期、期間、学習内容など)
・レッスン内容のご希望
・レッスン場所のご希望

(2)レッスン開始前に一度、経堂駅においで下さい。
経堂教室②であるカフェで、コーヒーなどを飲みながら、自己紹介を兼ねて、レッスン内容のご希望を詳しくお聞きしたり、進め方などの簡単な打ち合わせをします。経堂教室①をご希望の方には、その時に道順を詳しくお伝え致します。
初回レッスンのご予約はこの時に承ります。
打ち合わせ所要時間は30分~1時間ほどです。(無料)

(3)ご予約いただいた日にちと時間に、教室においで下さい。レッスン、スタートです!


 キャンセルポリシー

生徒さんのご都合によるキャンセルは、レッスン日前日の午前10時ぐらいまでにはメールでご連絡をお願い致します。
ご連絡がないまま、レッスン時間になってもいらっしゃらない場合は、次回からのレッスンをお断りすることもありますので、ご了承願います。
レッスン当日に、急にどうしてもいらっしゃることができない状況になった場合は、レッスンはキャンセルで構いませんし、どうしても致し方ない事情の時はレッスン料もいただきませんが、必ずご連絡はお願い致します。
レッスン日を忘れていたなどの理由で、お待ちしていてもいらっしゃらなかった場合は、次回のレッスン時に2回分のレッスン料のお支払いをお願い致します。


 イタリア語教室以外のイベント eventi "extrascolastici"

イタリア好きにお集まりいただき、みんなどうやってイタリア語の勉強をしているの?イタリアを旅行してどこが一番良かった?などなど、イタリアに関することをみんなでワイワイ情報交換できる場を設けたいと思っています。
せっかくの機会ですので、どんなにハチャメチャでもいいから、みんなでイタリア語で話そう!日本語話しちゃったら10円!なんていう「ゲーム」も楽しいかな、と考えています。

開催日:3~4ヶ月に1度、土曜日あるいは日曜日の午後
場所:経堂教室①
参加費:1,000~1,500円ほど(グラスワイン、ソフトドリンク、おつまみ付き)
定員:10人ほど

もし、10人以上ご参加いただける場合は、どこかお店を予約するつもりでいます。その場合は、参加費が変更になりますので、ご了承下さい。
詳細はまだ未定です。

Una volta in alcuni mesi intendo organizzare un incontro per i fan dell'Italia dove possono scambiarsi infomazioni tutte sull'Italia. Sarebbe anche piacevole se a qualcuno di voi italiani che sarete in Giappone per un viaggio capitasse di partecipare a questo nostro incontro! Siete sempre benvenuti!



PA020195.jpg



Spero tanto che ci sia presto un nuovo incontro...

そんなにドデカイことはできませんが、イタリア語学習で挫折しそうなところをギリギリ持ちこたえてる方、うぅーと行き詰ってる方、教師は全員ネイティブ!を謳われても、言ってることいまいち分かんないじゃん、とキレ気味の方・・・ そんな皆さまを支えるニッチ家具的存在になりたいと願っております。
たくさんのお越しをお待ちしております!

ご不明な点がございましたら、いつでもメールでお問い合わせ下さいね。(アドレスは、ページ最上部左側のプロフィール内)



Circolo Massimo イタリア語教室 - 2016.03.10 Thu

937100 (2)



CIRCOLO MASSIMO イタリア語教室
リニューアルオープンのご案内


FullSizeRender_20160310081450527.jpg



 講師プロフィール

*小学校4年の時、父親の仕事の都合でミラノに行ったのがイタリアとの出逢い
*ミラノ日本人学校の小学部、中学部卒
*東京で高校、短大を卒業後、商社に4年勤務、その後フィレンツェ・イル・ダビデ校に語学留学
*帰国後、イタリア食材輸入商社のモンテ物産に3年勤務
*1999年、自宅でイタリア語教室をオープン
*2008年~現在、東京外国語センター派遣講師。企業のイタリア赴任者対象の集中講座を担当。学習者計14名、レッスン時間計約200時間(2017.4現在)
*2001~2013年、ダンテ・アリギエーリ協会東京支部の委託翻訳者として、講座やセミナー関連の日伊翻訳に従事
*2001~2013年、仙台市泉パークタウンカルチャーセンターで、イタリア語講座の講師として勤務
*2011年、テキスト写真集『イタリア旅行をもっと楽しくするために』を自費出版
*2013~2016年、西新宿カルチャープラザで、イタリア語講座の講師として勤務
*2013年~現在、自宅で『イタリア語教室チルコロ・マッシモ』開催。生徒数32名(2017.7現在)
*2014年~現在、イタリアーノ塾イタリア語スカイプレッスン講師。生徒数7名(2017.7現在)
*2015年~現在、ディラ国際語学アカデミー派遣講師。企業のイタリア赴任者対象の集中講座を担当。学習者計12名、レッスン時間計約320時間(2017.7現在)

<資格>
2001年 実用イタリア語検定2級
2010年 シエナ大学CILS試験 C1
2016年 日本語教師養成講座420時間修了


 教室へのアクセス

経堂教室① 自宅

小田急線経堂駅から徒歩約5分。南口から伸びる農大通りをまっすぐまっすぐ進み、左折して、右折した所にあるマンションです。場所の詳細は、お申込み後、顔合わせでお会いした時にお知らせ致します(下記、『レッスンまでの流れ』をご参照下さい)。

農大通りは、左右に色々なお店が並ぶ賑やかな通りです。また、一つ道を入った所に、可愛いパン屋さんや喫茶店、またお洒落な飲み屋さんなどもあったりして、レッスンの前後に寄り道するのも楽しいかもしれません。
駅から自宅までは、農大通り以外にも近道がありますので、追々お知らせ致します。


経堂教室② 経堂駅北口にあるカフェ

小田急線経堂駅北口改札のすぐ左手にある、エクセルシオールカフェ経堂店、あるいは、同じく北口のバスロータリーまん前にある、ショッピングセンターCORTY2階のタリーズコーヒー

カフェは両店とも比較的静かで、文法をきちんと勉強されたい方でも落ち着いてレッスンできる環境です。駅から激近なので、その方がいいわ、という方はこちらをお選び下さい。ただ、ヒアリングや映像を見ながらのレッスン等はカフェではできませんので、自宅の方がいいわ、という方は①をお選び下さい。

大変申し訳ないのですが、①は女性のみに限らせていただきます。


 レッスンの曜日と時間帯

経堂教室①② 月~土 10:00~12:00、13:00~19:00(土曜日は17:00まで)の間、日曜祝日定休
(平日19:00、土曜17:00はレッスン終了時間を指しますが、多少のオーバーはご相談に応じます。)



IMG_6443_20151001221249abf.jpg レッスン時間

90分 / 1レッスン


 レッスン体系

プライベートレッスン
セミプライベートレッスン(2名様)


 レッスン料金

プライベート 3,000円/1レッスン 
セミプライベート 2,500円/1名様 1レッスン 

毎回レッスン時にお支払い下さい。
入会金、その他の年会費等はありません。



 レッスン内容

イタリア大好き!でも一言も分かんな~い!という方

お急ぎでなければ、やはり文法をある程度きっちり学習することをお勧めします。急がば回れで、文法の基礎知識が身についていると、あとでジワジワ効いてきます!
今や書店にはイタリア語のテキストがずら~りと並んでいて、どれを選べばいいのか、正直のところ私も迷いますが、下記の4冊は、実際にレッスンで使用してみて良かったお勧めテキストです。

『しっかり学ぶイタリア語』一ノ瀬俊和氏著 ベレ出版
『らくらくイタリア語文法+会話』近藤直樹氏、カパッソ・カロリーナ氏共著 国際語学社
『らくらくマスターイタリア語』白崎容子氏著 郁文堂
『しっかり身につくイタリア語トレーニングブック』入江たまよ氏著 ベレ出版

既にお持ちのテキストを使いたい、という場合は、もちろんご相談に応じます。
テキストを中心に、補足のプリントも交えてレッスンを進めます。


だいぶ前に勉強したことがあるけど、ほとんど忘れちゃった~!という方

思い出させますよ~!
文法項目別にプリントを用意しますので、ああ、そういえばこんなことやった気がする!と、少しずつ記憶を掘り起こしていきましょう。そして、練習問題で理解を確認したり、自分で文を作ったり、それを使って会話したりと、どんどんイタリア語を楽しんでいけるようお手伝い致します。


イタリア人の先生に習って、とりあえず文法は最後までいったけど、いまいちよく分かってないかも?という方

ずっとネイティブの先生にイタリア語で授業を受けていると、誤解していたり、日本語でスッキリ把握できず、モヤモヤした状態を抱えてしまうことが時にあります。文法事項を日本語で説明してほしい!とお考えの方は、ぜひご相談下さい。
抜けてしまっている穴を埋める作業をしながら、作文や長文読解にも挑戦していきましょう。
ご希望に応じて、ヒアリングも取り入れます。


イタリアを旅行したことはあるけど、もっと話せたら、もっと楽しかったのにー!という方

現地の人とコミュニケーションしたり、レストランや駅などで、自分の意思を伝えることができたら、旅行は格段に楽しくなりますよね!場面に応じたコツなども織り交ぜながら、旅行会話を中心としたレッスンを行います。
旅行が近いからフレーズを丸暗記したい、来年の旅行に向けてじっくり学びたい、など、様々なリクエストにお応えします。



前もってお伝えしなければいけないのですが、私はネイティブではないので、どうしても文法のレッスンが中心になります。その点は予めご了承下さい。学習したことを基に会話の練習をしたり、文を組み立てていく作業はもちろん積極的に行います!
ただ、上級者の方の会話レッスンは、やはりイタリア人の先生をお勧め致します。




 レッスンの予約方法

レッスン日は固定ではありません。毎回レッスン終了時に、次回のご予約をご相談の上承りますので、次回ご都合の良い日を2~3日分お考えの上、レッスンにお越し下さい。他の生徒さんとの兼ね合いで、第一希望のレッスン日や時間に対応できない場合もございますので、ご了承下さい。


 レッスンの頻度

週に1度でも、月に1度でも全く自由です。ちなみに現在のところ、2週に1度のペースでいらしていただいている生徒さんがほとんどです。


 レッスンまでの流れ

IMG_6485.jpg(1)このページのトップ左側にある「プロフィール」内にメールアドレスがありますので、そこにメールをお送り下さい。
メールの「件名」には、「circolo massimo申し込み」とお書き下さい。下記の項目をコピペしていただき、簡単で構いませんので教えて下さい。

・お名前と性別
・メールアドレスと携帯番号
・年代(30,40,50,60代・・・)
・イタリア語学習歴(時期、期間、学習内容など)
・レッスン内容のご希望
・レッスン場所のご希望

(2)レッスン開始前に一度、経堂駅においで下さい。
経堂教室②であるカフェで、コーヒーなどを飲みながら、自己紹介を兼ねて、レッスン内容のご希望を詳しくお聞きしたり、進め方などの簡単な打ち合わせをします。経堂教室①をご希望の方には、その時に道順を詳しくお伝え致します。
初回レッスンのご予約はこの時に承ります。
打ち合わせ所要時間は30分~1時間ほどです。(無料)

(3)ご予約いただいた日にちと時間に、教室においで下さい。レッスン、スタートです!


 キャンセルポリシー

生徒さんのご都合によるキャンセル
● レッスン日前日の午前10時までに、メールにてご連絡をお願い致します。(キャンセル料は無料)
● レッスン当日のキャンセルは、レッスン料の一部2、000円をお支払いいただきますので、ご了承願います。次回のレッスン時に当日のレッスン料と合わせてお持ちください。
● レッスン日を忘れていたなどの理由で、お待ちしていてもいらっしゃらなかった場合は、次回のレッスン時に2回分のレッスン料のお支払いをお願い致します。

ご連絡がないまま、レッスン時間になってもいらっしゃらず、こちらからお電話しても連絡がつかない場合は、次回からのレッスンをお断りすることもありますので、ご了承願います。


 イタリア語教室以外のイベント eventi "extrascolastici"

イタリア好きにお集まりいただき、みんなどうやってイタリア語の勉強をしているの?イタリアを旅行してどこが一番良かった?などなど、イタリアに関することをみんなでワイワイ情報交換できる場を設けたいと思っています。
せっかくの機会ですので、どんなにハチャメチャでもいいから、みんなでイタリア語で話そう!日本語話しちゃったら10円!なんていう「ゲーム」も楽しいかな、と考えています。

開催日:3~4ヶ月に1度、土曜日あるいは日曜日の午後
場所:経堂教室①
参加費:1,000~1,500円ほど(グラスワイン、ソフトドリンク、おつまみ付き)
定員:10人ほど

もし、10人以上ご参加いただける場合は、どこかお店を予約するつもりでいます。その場合は、参加費が変更になりますので、ご了承下さい。
詳細はまだ未定です。

Una volta in alcuni mesi intendo organizzare un incontro per i fan dell'Italia dove possono scambiarsi infomazioni tutte sull'Italia. Sarebbe anche piacevole se a qualcuno di voi italiani che sarete in Giappone per un viaggio capitasse di partecipare a questo nostro incontro! Siete sempre benvenuti!



PA020195.jpg



Spero tanto che ci sia presto un nuovo incontro...

そんなにドデカイことはできませんが、イタリア語学習で挫折しそうなところをギリギリ持ちこたえてる方、うぅーと行き詰ってる方、教師は全員ネイティブ!を謳われても、言ってることいまいち分かんないじゃん、とキレ気味の方・・・ そんな皆さまを支えるニッチ家具的存在になりたいと願っております。
たくさんのお越しをお待ちしております!

ご不明な点がございましたら、いつでもメールでお問い合わせ下さいね。(アドレスは、ページ最上部左側のプロフィール内)



tirocinio didattico 教育実習 - 2016.03.04 Fri


707119409.jpg

Irasshaimaseeee!

いらっしゃいませ~!





Alla fine del gennaio e` cominciato il tirocinio didattico del giapponese per stranieri, e noi cinque maestre tirocinanti facciamo a turno una lezione su un tema qualsiasi.

1月下旬に、日本語の学校の実習がついに始まりまして、我々5人の実習生が順番に、それぞれが決めた課題についての授業を行っております。





E sabato scorso e` stato il mio turno.
Ma guardate, non sapete quanto ero tesa...
Essendomi presentata davanti a 14, 15 studenti stranieri, praticamente avevo la testa completamente vuota anche se mi ero preparata ben bene!
Quando faccio la lezione d'italiano ormai non divento affatto nervosa, ma insegnare giapponese davanti a tutti mi e` stata la prima esperienza, e mi ha reso talmente turbata.

で、先週の土曜日がワタクシの当番でありました。
ううううう、緊張緊張ドッ緊張!!誰か毛の生えた心臓下さい!ってくらいのバクバクぶりでしたよぉー!
綿密な準備はしたつもりだったんですが、14、15人いるホンモノの外国人学習者の皆さんを前にした途端に、段取りも何もかもがスッポ~~ン!と一瞬にして真っ白白スケとなりました。
イタリア語のレッスンをする時は、緊張でガタブル、なんてことはもうなくなりましたが、なんせ今回はライブで日本語を教えるなんていう、初めての経験だったもので、自分でもあんまりよく分かってないことを(いいのか、それで)、人さまに説明することの重圧にギュムギュム押されて、圧搾機から流れ出るオリーブオイルのごとく、変な汗が大量に流れました。





L'argomento che ho scelto e` come si ordina al ristorante giapponese.

今回選んだテーマは、日本のレストランでの注文の仕方です。難しいことは極力省いて、これだけ言えば大丈夫、みたいな感じの内容です。



izakaya-men-1.png



: いらっしゃませ~!なんめいさまですか? irasshaimase! nanmeisama deska?
(Buonasera! In quanti siete?)

: さんにんです sannin des
(siamo in tre)

: どうぞ! doozo!
(Prego!)

: すみません、カレーひとつと、ラーメンふたつ、ください
sumimasen, karee hitotsu to raamen futatsu kudasai
(Scusi, un curry e due ramen, per favore.)

: おのみものは? onomimonowa?
(Da bere?)

: ビールふたつと、ワインひとつ、ください biiru futatsu to wain hitotsu kudasai
(Due birre e un vino, grazie.)

: はい、ありがとうございます。 hai, arigatoo gozaimas
(Grazie.)



menu_izakaya.jpg
(居酒屋わたやのメニューより)



La maggior parte degli studenti e` francesi, poi una portoghese, una cinese, e una coreana. Si vede che a tutti piace davvero il nostro paese, e sembra che i cibi giapponesi gli siano senz'altro molto affascinanti, e quindi per fortuna il tema che ho scelto li ha incuriositi molto. Infatti mi hanno fatto tante domande su quello che non erano riusciti a dire quando erano stati in un ristorante, poi hanno recitato bene la parte dei clienti nella prova che abbiamo fatto durante la lezione, ordinando in modo scherzoso tre ramen e quattro tempura anche se erano in due!

学習者の皆さんの大半はフランス人。あと、ポルトガル、中国、韓国の人だったかな。もうみんな日本が大好き~!という熱気がムンムン出ていて、日本の食べ物もそれ相当に彼らを魅了しているようでした。なもんで、皆さん、とても熱心に聞いてくれまして、「子供います。なんて言いますか?」「ビール、一杯。ビール、ひとつ。違いますか?」なーんていう質問も出たりして、また大いに変な汗をかかせてくれました。
あと、「二人で来店」という設定で、ラーメン三つに天ぷら四つ、なんていうオモロイ冗談も出たりして、ナイスフォロー by 学習者!





Tuttavia, ho sbagliato completamente l'allocazione del tempo facendo la lezione troppo velocemente! Mi e` venuto il freddo sudore quando ho saputo che ci ho messo solo dieci minuti per la parte che andava dedicata per una ventina di minuti o di piu'! ・・・

それでもね、時間配分をめちゃくちゃ間違えてしまって、ダメダメだったんですよぉ。20分、いや、それ以上を計画していた個所を、シャカシャカと10分ぐらいでやっちゃったことが分かった時、もう終わったな自分、と思いました。完全に脳内停止して、お花畑を飛んでいる自分を見ました・・・ ・・・



076_2016030400594092b.png



Comunque e` finita! E` finita la questione in sospeso di cui mi preoccupavo da tempo!!
... ma sapete cosa? Di lezione ne devo fare un'altra, la prossima volta il 26 di questo mese!! Uhh, che angoscia!!
Qualcuno mi potrebbe dare un cosiglio su quale tema scegliere?

まぁ、とにかく終わった終わった!だいぶ前からの懸案事項がやっと終わったーーーっ!
・・・と喜ぶのはまだ早い。なぜなら、もう一回あるの。うん、一人2回なの。次回は今月26日。ああああああ!
次は何についてやればいいんだ?どなたか、とっておきのアイデアくれませんかの?





Ma una cosa.
Se gli studenti non fossero francesi ma italiani, chissa` se potrei fare in un modo un po' diverso... magari piu' "italiana"! spiegandogli che e` cosi` perche` e` fatto cosi`, oppure e` cosi perche` suona bene...

それにしても。
学習者の皆さんがフランス人ではなく、みんなイタリア人だったら、もうちょっと違う自分を押し出せるのかしらん。
これは、こういう風にできてるから、こうなの。とか、これがこうなのは、耳に心地よいから、とか、悪いから、とか・・・





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (42)
espressioni 表現 (102)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (71)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}