無題

2016-11

La Traviata 椿姫 - 2016.11.29 Tue

PB271933 (2)






Una delle mie allieve A san e` laureata dell'universita` della musica e sta svolgendo l'attivita` come cantante dell'opera lirica.
Dice che aveva imparato l'italiano quando studiava il canto a scuola, ma ha deciso di mettersi a studiare di nuovo perché sentiva che la propria conoscenza della lingua italiana non fosse equilibrata, cioe` conosce tante parole particolari che vengono cantate nell'opera - per dirla con le parole, "ghigliottinare qualcuno" ad esempio - ma una frase di tutti i giorni tipo "Mi da` un chilo di mele, per favore" non la sa dire.

生徒さんのAさんは音大卒でいらして、音楽活動をずっと続けていらっしゃいます。
声楽の勉強をされている時にイタリア語の勉強もされたとのことなんですが、ご本人曰く、勉強したこともあまり覚えていなくて、学習した形跡の残るテキストも、あれ?誰が使ったのかな?ぐらいな感じだそうで(笑)。
でもなんといっても、もう一度ちゃんと勉強しようかな、と思い立った理由は、オペラに出てくる「断頭台」みたいな言葉は知ってるのに、「すみません、リンゴ下さいな」みたいな日常会話ができないんで何とかしたいんです!ということでした




Studiamo insieme gia` da piu` di un anno e sta facendo un "ripasso" senza nessuna difficolta`, ma un paio di mese fa mi ha portato il libretto di "la Traviata" di Giuseppe Verdi dicendo che ci sarebbe stato un piccolo concerto, e avrebbe fatto lei Violetta, la protagonista dell'opera! Mi ha chiesto di aiutarla a tradurre ogni singola frase del primo atto per capire meglio il significato delle battute e per comprendere piu' profondamente l'atmosfera della scena.
Wow! Che bello! Non ero per niente sicura se ce l'avrei fatta, tanto non m'intendo affatto dell'opera classica, anzi, direi che non ne so quasi nulla, tuttavia me ne sono molto incuriosita e ci siamo subito messe a leggere insieme...

一緒に勉強初めてもう1年以上になり、昔やった(はずの)文法の「復習」も順調に進んでいるんですが、2か月ほど前のレッスン時に、ジュゼッペ・ヴェルディ作『La Traviata(椿姫)』の台本コピーをもっていらっしゃいました。近々ミニコンサートがあって、そのセリフがどんなことを言っているかはもちろん把握しているけど、言葉一つ一つの意味や、文がどう構成されているかをもっときちんと知りたいから訳を一緒にやってもらないかと。なぜなら、Aさんはヴィオレッタ!そう、主役のトラヴィアータ(=道を踏み外した女)だというのです!
おぉ、ステキだ!・・・なんて言いながらも、「トラヴィアータ」と「椿姫」と「ヴェルディ」の関連性さえも実は怪しいオペラ音痴の私なんかが、果たしてそんな翻訳作業できるんだろうか、という動揺を隠しつつ、うんうん、面白そう!やってみようやってみよう!と一緒に読むことにしたのでした・・・





ma...
が・・・




non era cosi` semplice come immaginavo!
かなり手強かった!





Per esempio:
たとえば



Libiamo, amor fra i calici piu` caldi baci avra`




Cosa??!! (゜▽゜llllll) なんですかー?・・・




(ci ho messo per 1 minuto per capire la frase 理解するのに約1分 )

Libiamo, fra i calici l'amore avra` baci piu` caldi
乾杯しよう、盃を交わすうちに、恋はさらに熱い接吻をもつ(生む)だろう





Ah, in cotal guisa v'ucciderete... aver v'e` duopo cura dell'esser vostro


(dopo 2 minuti 2分後 )

In questa maniera si uccidera`, c'e` bisogno di aver cura di sé stessa
ああ、こんなことをしていては貴女は自分を殺すことになる、自分自身を大切にしなければ





Lui che modesto e vigile all'egre soglie ascese, e nuova febbre accese, destandomi all'amor


(dopo 3 minuti 3分後 )

E` stato lui che e` asceso in modo modesto e vigile alla soglia della mia casa dove stavo ammalata, e che mi ha acceso una nuova febbre destandomi all'amore
彼なのよ、病床の私がいる家の入口まで、謙虚に注意深く上がってきて、私に新たな熱を掻き立てて、愛に目覚めさせたのは





Mamma mia, quanto e` irregolare l'ordine delle parole! Senza nota e la traduzione in giapponese che c'erano nel libretto non avrei capito la struttura delle frasi!

こんな調子でことごとく言葉の倒置、省略、古語のオンパレード!しかも、昔は三人称の Lei「あなた」を、二人称複数形 Voi「あなた方」で呼んでいたから、それも相まって、誰が誰に言ってるんだか分かんなくなったりで、頭の体操超上級者編ぐらいの様相を呈しておりました!台本の書いてある注釈無しでは絶対読み明かせませんでしたよ。
いや~、オペラ恐るべしだな。







E la scorsa domenica sono andata al mini concerto ad ascoltare il canto di A san.
Oddio, sono rimasta davvero meravigliata che non vi dico!! La sua voce limpida, la sua bravura del canto, la sua bellezza mi hanno totalmente incantato!

そして、この前の日曜日、Aさんの歌声を聴きに、ミニコンサートに行って参りました。
それがもう素晴らしかったのなんのって! 彼女の透き通った声といい、歌の上手さといい、ご自身の美しさといい、いやはやもうトータルでいいモン見せてもらいました!って感じで、完璧にウットリしてしまいました。








Sono stata veramente fortunata di aver imparato come sono scritte le frasi dell'opera lirica, e di aver avuto questa bellissima opportunita` di ascoltare dal vivo il canto della propria allieva d'italiano.
Grazie mille, A san, sei stata bellissima!

えーと、ツバキヒメ・・・?ぐらいだった私が、「乾杯の歌」、あれはいいね、テンション上がるね、ぐらいのことを知ったかぶりあ~もできるようになったし、オペラの台本がどんな風に書かれているか勉強になったし、そして、生徒さんの歌声をライブで聴くことができたし、Aさんのお蔭で、本当に楽しい経験となりました。
どうもありがとう!とっても素敵でした!!




viaggiare 旅行する - 2016.11.24 Thu

PB231888 (2)

・・・




Si dice
えーと、こうは言うけど



Ho viaggiato in Italia (イタリアを旅行した)



Ma non si dice
こうは言わない



Ho viaggiato a Roma (ローマを旅行した)



ma perché ?!!
のはなぜっ?!





viaggio.jpg




E` stato un dubbio che mi accompagnava da sempre.
Praticamente mi sono sempre sentita che c'e` qualcosa che non va... che e` un errore... che non si dice cosi`...
ma non sapevo spiegare il perché!!

これは、ずいぶん前からモヤモヤモヤモヤと頭の中にあった疑問です。
viaggiare in Italia はシュッとしてるのに、viaggiare a Roma だと、な~んかど~っか変・・・。言うに言えない違和感があって、きっとこうは言わないんだろう、ということは感じるんだけど、何がどう変なのかが説明できない! という時間が長く続いておりました。







Ed ora, chiedendo ad alcuni italiani e consultando dei siti che fanno lo scambio linguistico, sono finalmente riuscita a chiarire (quasi) questa incertezza!

この度ようやく重い腰を上げ(早くしなさい)、ネイティブに聞いたり、言語交流サイトに質問したりして、このモヤモヤをやっと晴らすことができました(と思います。たぶん。)!




"viaggiare" とは

Piuttosto che la destinazione del viaggio, significa spostarsi andando in posti diversi e lontani
旅行の行先がどこどこ、というよりは、あちこち離れた複数の街の間を「移動する」ことを意味し、



Ho viaggiato in Italia イタリアを旅行した
(回ったのが複数の街か、一か所滞在かは明確じゃないけど、イタリア国内を「回った・移動した」)

Ho viaggiato per l'Italia イタリアを旅行した
(一か所滞在ではなく、あちこちの街を「周遊した」)



e descrive il viaggio con la durata, come ci si e` spostati, come si ha fatto, ecc.
そして、どのくらいいたのか、どう移動したのか、どんな風に旅行したのか、を描写する。



Ho viaggiato per una settimana 1週間旅行した
Ho viaggiato da Roma a Milano ローマからミラノまで旅行した(移動した)
Ho viaggiato tutto il giorno fino a Venezia ヴェネツィアまで一日中移動した
Ho viaggiato in treno 電車で旅行した
Ho viaggiato con gli amici 友だちと旅行した
Ho viaggiato bene/male 快適に・ひどい旅行をした




Se si tratta invece delle citta` non si puo` usare il verbo "viaggiare", perché la citta` e ` un posto "solo" e in genere non ci si puo` spostare lontano.

要するに、日本語で「旅行する」というと、荷造りしてチケット持って、さぁ出発だ!ルンルンル~ン♬ というニュアンスがありますが、viaggiare という動詞は、「遊びに出る」というより、あくまでも「あっちからあっちへ移動する」という動きに重きが置かれているようなんですね。
viaggiare の後に街の名前をもってこられないのは、「街」というのは「一か所の場所」であり、「あちこち遠い場所に移動する」という概念からは外れてしまうからなんですね、きっと。



Con la citta` quindi bisogna dire in un altro modo:
なもんで、「ローマを旅行した」なんて言う場合は、他の言い方をする必要があると。



Ho visitato Roma ローマを訪れた
Ho visto Roma ローマを見た
Ho girato per Roma ローマを見て回った
Ho viaggiato attraverso Roma ローマを(通って)旅行した




Conclusione:
結論


viaggiare + paese 国
viaggiare + citta` 街




※ Ringrazio gli amici italiani ed i soci del mitico sito Lang-8 che mi hanno aiutato!
※ 教えてくれたイタリア人の友人、そして、書き込みしたら、すぐさまコメントをくれた Lang-8(言語学習相互添削サイト)のメンバーの皆さんに感謝します!





A proposito
ところで


↓ il dizionario che ho 小学館の赤の辞書 ↓

PB241917.jpg




Mah!
ま、いいんだけど・・・




Comunque...
とにもかくにも



viaggi-2.jpg

世界は本である
だから旅をしない人は
本を1ページしか読まないということだ
 
ね?





ventaglio ホタテ - 2016.11.21 Mon

PB051792.jpg

Ottimo lavoro!

グッジョブ!





La scorsa settimana un mio amico italiano L e` venuto a Tokyo dall'Italia con la sua mamma, e siamo andati a cenare insieme in un ristorante giapponese.
Abbiamo brindato al nostro ri-incontro su un bicchiere di birra e abbiamo ordinato tanti piatti giapponesi, tra cui c'era un piatto misto di sashimi. Non era una varieta` di pietanza come la foto qui sotto ma comunque L e la sua mamma sembravano felici di gustare la cucina tipica giapponese.

先週、イタリアから友人のL君と、彼のママが来日し、3人で和食の店で夕飯を食べました。
再会を祝してサル~テ~! とビールで乾杯し、まぁ居酒屋によくあるザッツ・ジャパニーズなお料理を色々食べたわけですが、そのうちの一つがお刺身の盛り合わせでした。盛り合わせなら、もっと盛り合わせてほしい!といった内容で、決して下の写真のようなものではなかったんですが、それでも L君とママはニコニコしながら、クチーナ・ジャポネーゼに舌鼓を打っておりました。



sashimi1.png



Mangiavano ogni sashimi pensando che pesce fosse: "Questo e` sgrombo... e questo invece tonnetto... e questo cos'e`??" Mamma mi ha chiesto indicando le fettine bianche (quelle che indica la freccia rossa nell'immagine).

「これはサバ・・・これはカツオ・・・」と、それが何の魚なのかを確認しながら、食べ進める二人。するとママが、白く薄くペタッとしたものを指して、「これはなーに?」と聞いてきました(写真の赤い矢印のヤツ)。




: Ah, quello e`.... uhm, aspetta... lo conoscevo come si chiamava in italiano,ma mi e` scappato... (cercato l'immagine su internet e dimostrandogliela) si`, si`, ecco! Il ventaglio!
あー、それはですね、えーとえーと・・・イタリア語でなんていうんだっけ・・・知ってたのになぁ・・・ (と、すかさずネットで画像を調べて、ママに見せながら)あーそうだそうだ、ventaglio (ヴェンタッリオ)です!

: Eh? Cosa? (guardando l'immagine)... ahhh, ho capito, la cappasanta!
え?なに?・・・ (と画像を見る)あぁ~、あれね、カッパサンタね!






 ・・・(゜▽゜;;;)・・・????






youkai_kappa.png







河童 kappa
cos'e` kappa?





christmas_santa.png





サンタ Santa (= Santa Clause)






Cappasanta カッパサンタ・・・...
Cappa Santa カッパ サンタ・・・
Santa Cappa...?? サンタ・カッパ(=聖なるマント)・・・??




Oh, madonna! Non sapevo che il "ventaglio", o magari viene anche chiamato il "pettine di mare", ha un altro nome cosi` sacro!

ううう、知らなかったヨ!ventaglio(ヴェンタッリオ=扇)、pettine di mare(ペッティネ・ディ・マーレ=海の櫛)の他に、ホタテにそんな神聖な名前があったとは!





capa.png

Capasanta「カパサンタ」の由来
一般的には、San Giacomo「聖ジャコモ」、Pellegrina「ペルリーヌ」(18~19世紀に用いられた婦人用のウエスト丈肩掛け、巡礼者のケープに由来)、そして Cappasanta「聖なるマント」とも呼ばれるこの貝は、中世の時代、スペインのガリツィア海岸で猛烈に収獲され、この地には、巡礼者がこぞって訪れる聖地、サンティアーゴ(サン・ジャコモ)・デ・ドンポステーラがある。聖人が、神の祝福を授ける式典に使用する聖水を汲むために、この貝が使われたとされ、それが名前の由来である。ヨーロッパのあらゆる地域からこの聖地を目指した巡礼者たちは皆、ホタテ貝を一つ拾っては自分の杖に結んだり、首にかけたりして、巡礼の旅を成し遂げた証とした。

 Alimentipedia.it



image62.jpg

61474675.jpg



Ma che interessante! Interessante anche per il fatto che un mollusco ha cosi` tanti nomi diversi!

いや~、新宿のフツーの居酒屋でたまたまたのんだ、盛り合わせてない刺身盛り合わせから、こんなオモロイことにつながるとは思ってもみませんでしたよ! ホタテにこんなにたくさんの有難い名前があること自体オドロキですよね。



20110911_2139684.jpg



Per curiosita`, la cappasanta si chiama in giapponese HOTATE.

ホタテは、どこいってもホタテなんでしょうかね~。





una serata magica ウソみたいな夜 - 2016.11.14 Mon

PA261748.jpg

A♪◎RM♬W〇U♫XC♩E・・・






Fin da piu' di 20 anni, magari 25 anni, mi sono sempre piaciuti i quadri ad acquerello di una pittrice giapponese che si chiama Hiroko Arai.

20年以上前から、いや、もしかしたら25年以上前からずっと、日本人画家である荒井裕子さんが描く水彩画が大好きです。


PB121822.jpg


Ecco, questo e` quello che avevo acquistato circa 25 anni fa. E` stato qualche anno dopo del mio ritorno dal viaggio di studio a Firenze, per cui questo vicolo fiorentino mi ha attirato subito il cuore che era pieno di nostalgia.

ハイ、こちらが25年程前に購入しました作品です。その頃は、フィレンツェの語学留学から帰国したばかりのころで、イタリア、トスカーナ、そしてフィレンツェへの郷愁で心がバーンッ!涙ツツー 、みたいな毎日でありまして、荒井さんの個展でこの絵を見た時、嗚呼、お待たせ。迎えに来たよ。なんて思うほどグッときて、すぐさまお財布を取り出したのでありました。




La signora Arai Hiroko dipinge da molti anni i paesaggi dell'Italia, soprattutto di Venezia, viaggiando alcune volte all'anno. I suoi quadri si possono vedere non soltanto alla mostra delle sue opere, ma anche, se non mi sbaglio, nei luoghi dove si tiene la fiera enogastronomica italiana, la festa sull'Italia, ecc, e forse non ci saranno gli ammiratori giapponesi dell'Italia che non abbiamo mai visto le sue opere.
Ma praticamente queste cose sulla pittrice le ho sapute molto molto dopo del primo acquisto del suo quadro, perché negli anni '90, quando avevo scoperto che c'era una pittrice giapponese che dipingeva sempre l'Italia, non c'era ancora internet!! e non avevo nessun mezzo per avere informazioni su di lei.

荒井裕子さんは、イタリアの、特にヴェネツィアの絵を長年描いていらっしゃる方で、年に何度か現地に行かれているようです。東京や、他の色々な都市で開催されている個展で作品を見られるのは当然ですが、それだけでなく、たしか、百貨店などのイタリアンフェアや、イタリア絡みの催しでも、荒井さんが手がけた挿絵やポスターを目にすることができるはずで、イタリア好きで、荒井さんの作品を見たことがない方はいないのではないでしょうか!
・・・なーんて、エラそうに書いてますが、こんな情報を知ったのも、フィレンツェの絵を購入してからだいぶだいぶ経ってからのことです。だって、90年代はまだネットのない時代。イタリアをモチーフにした絵を描かれている日本人画家がどんな方なのか、詳しいことを知る手立てなんてなかったですもんっ!(あったのかもしれないけど、私には無理だった)。なもんで、購入した絵の作者さんのことを知りたくても、どうにもならなかったわけですねぇ。




Tuttavia ogni anno continuavo a comprare il calendario che contiene i suoi 12 acquerelli tutti dei paesaggi italiani.
それでも、イタリアの風景12枚が載ったカレンダーを毎年毎年、買っては壁にぶら下げ・・・


PB121819.jpg

Ed era diventata una bella collezione!
1年が終わると、絵だけ切り取って、いつの間にやらかなりのコレクションになっていました。

PB121820.jpg





Sono trascorsi molti anni senza sapere niente di lei...
どんな方なのか、知ることもなく時は過ぎ・・・





... e sapete cosa mi e` successo?
・・・ そして、何があったと思います?





Una mia allieva, la signora S, che e` anche una dei fan delle sue opere, visita frequentemente la mostra, ed alcuni mesi fa ne ha approfittato per parlare di me raccontandole che sono una grande appassionata di lei, e con mia grandissima sorpresa, qualche giorno dopo mi e` arrivata una mail dalla signora Arai Hiroko di persona!!

生徒さんであるSさんもまた荒井さんのファンで、個展があれば必ずといっていいほど出かけていらっしゃるんですが、数か月前のある日、個展でご本人様にお会いになった時に、身近にもう一人かなりのファンがおりましてね、というお話をして下さいまして、その数日後に、ななななんと!荒井裕子さんご本人様からメールがっ!!!




126.png


Mamma mia, che SORPRESA!!!!






Ma la storia non finisce qui!
でも、それだけじゃないんです!






Arai san, che era appena tornata dal viaggio d'affari in Italia, la settimana scorsa ha invitato me e la signora S ad andare insieme al Bacaro FERRO in quanto sente gia` una forte nostalgia di Venezia, ed e` realizzato un stupendissimo incontro che non me l'aspettavo proprio!!

メールをいただいただけでもビックリだったのに、さらなるサプライズが!
つい先日イタリアからお戻りになって、もうすでにヴェネツィアへのノスタルジーMAX!になってしまった荒井さんから、今度はななななんとお食事のお誘いがっ!しかも、ついこの前もお世話になった、大好きなBacaro FERROで待ち合わせ!
うひゃ~、こんなことってあるかしら!と、Sさんと大はしゃぎして、先週の金曜日に富士見ヶ丘駅に集結したのでした。


IMG_04461_20161114192147157.jpg
da sinistra: Maki, la proprietaria del locale, la signora Arai Hiroko che "cercavo" da 25 anni, io e la signora S che mi ha portato questa fortuna
左端から、お店のオーナーのMakiちゃん、25年前から「探していた」荒井裕子さん、私、この出逢いのきっかけを作ってくれたSさん(スマイリー君が雑ですみません!汗)

(写真はご本人様の了解を得て掲載しています)


PB121823.jpgParlando di persona con lei, ho scoperto che e` una signora tranquilla, calma, e molto modesta che non si potrebbe credere che sia un'artista famosa, e ci ha raccontato tante storie ed esperienze interessanti che aveva fatto a Venezia e in altre citta` durante la sua vita in Italia.
Abbiamo anche saputo che i paesaggi e le scene del calendario sono dei suoi ricordi personali, per cui a volte si trovano i nomi della citta` che non conosca nessuno.

荒井さんは、有名な画家さんでいらっしゃるのに、とても控えめで穏やかなお人柄で、ヴェネツィアやイタリアの各地で長年経験されてきた面白いお話を色々聞かせて下さいました。私もヴェネツィアは何度も行ってはいますが、所詮は観光客目線で、リアルト橋渡った~♪サンマルコ広場で鳩に餌やった~♪ゴンドラ高いからやめといた~♪に毛が生えたぐらいですもん。生活に密着したディープなお話がいっぱい聞けて、ほんと楽しかったです!
カレンダーに描かれている風景や、ところどころに散りばめられている雑貨や動物たちは、荒井さんのプライベートショットのようなもので、忘備録や絵日記のような役割を果たしている、ということも知りました。だから、日本人が誰も知らないような町の名前だったりするんですね~。





Ero gia` contentissima di questa serata incantata, ma Maki del bacaro e il pasticciere Akira Iwamoto, il compagno di lavoro di Maki, mi hanno fatto ancora una grande sorpresa con un biscotto di San Martino per festeggiare il mio compleanno!!
Uhhhhhh, sono veramente commossa! Grazieeeee!!!!

こんな夢みたいな夕べを過ごせただけでも幸せいっぱいなのに、突然お店が薄暗くなったかと思ったら、サン・マルティーノのビッグビスケット by イタリア菓子職人の岩本彬さん、がロウソクの火をキラキラさせて登場したではないですか!そして、Makiちゃんと他のお客様のハッピーバースデーツ~ユ~
もぉーーーーー、なにこの泣かせる演出は!嬉しいよぉー!ありがとうーー!



IMG_0456.jpg


Arai Hiroko san, grazie mille per l'invito! E` stato un onore e mi ha fatto davvero piacere conoscerLa! Sono sempre stata la Sua fan, ed anche da ora in poi lo saro`!
Sawako san, grazie davvero anche a te! Tu mi porti sempre un bellissimo incontro che mi porta fortuna!

荒井裕子さま、この度お誘い下さいまして、本当にありがとうございました!お会いできて光栄でした。荒井さんの描く絵はずっと好きでしたが、これからもずっとファンです!
Sさん、いつも素敵な出逢いを本当にありがとうございます!Sさんのおかげで、人の輪がぐんぐん広がっていく感じがします。


PB121818.jpg




Arai Hiroko sito web L'Italia della Luce

intervista Rythmoon



sembra... ~そう - 2016.11.11 Fri

PA161712.jpg

Il primo atterraggio sulla maniglia

初めてノブに着陸してみました





Faccio lezione di giapponese una volta alla settimana ad un simpaticissimo napoletano C.
Dato che non sono ancora tanto brava nell'insegnamento della nostra lingua, ogni lezione la faccio sempre con un sudore freddo , ed infatti la scorsa volta mi e` capitata una cosa che mi ha bloccato il cervello.

毎週1回、ナポレターノのC君に日本語のレッスンをしております。
まだまだ全然修行が足りないワタクシは、ことあるごとに脂汗やら冷汗やら、ありとあらゆる変な汗をかきつつ、怪しいイタリア語で何とか日本語文法を説明しておるわけですが 、先日も、自分が掘った墓穴に見事にズッポリはまり込むという出来事がありました。



fa802menu028.png



おいしそう! oishisoo (sembra buono!)



hamburger_boy.png



おいしい! oishii (buono!)





Ho spiegato a C cos'e` questo "soo".
あまり文法説明のないテキストに、急にこれが載っていたので、「~そう」がなんなのかをC君に説明しました。



: "soo" significa "sembrare". Togli l'ultimo "i" dell'aggettivo "oishii" e metti "soo" dopo.
「~そう」は、sembrare 「~に見える、~に思える」ということで、形容詞(正確には「イ形容詞」)の最後の「い」を取って、「そう」をつけるの。

: Ho capito. Oishii = buono, oishisoo = sembra buono...
なるほど。oishii、oishisoo・・・

: Esatto. Facciamo altri esempi...
そゆこと。他にたとえば・・・


むずかし muzukashii (difficile)
むずかし muzukashii
むずかしそう muzukashisoo (sembra difficile)

あつ atsui (caldo)
あつ atsui
あつそう atsusoo (sembra caldo)


: Facile.
簡単だね。

: Si`. E se vedi una ragazza che ti sembra gentile, puoi dire "やさしそう yasashisoo", e cosi` via.
もし、穏やかで柔和な女性を見たら、「やさしそう」とかね。


やさし yashii (dolce, affettuoso, gentile)
やさし yasashii
やさしそう yasashisoo (sembra dolce, ecc)


: "yasashisoo"... sembra gentile, carina... ho capito.
yasashisooか・・・。親切で可愛い人に見える、みたいな。なるほど。

: Si`, anche "sembra carina" funziona cosi`.
そうそう。「可愛い」もこんな感じ。


かわい kawaii (carina)
かわい kawaii
かわいそう kawaisoo (sembra carina)・・・





!!!!!!!!!(゜▽゜;;;;;;;)!!!!!!!!! 





: NOOOOOO!! Scusa! "kawaii" non diventa "kawaisoo"!!
わーーーー!ごめん、違う!「かわいい」は「かわいそう」じゃない!!

: Ma perche`?!
なななんで?!

: Perché "kawaisoo" significa "poverina"!!!!
だって、「かわいそう」は poverina ポヴェリーナ(可哀そう、哀れな)なんだもん!!

: Eeeehhhhhh????!!!!!
えぇぇぇぇぇぇっ??!!











Non sapevo proprio, ma c'era una regola.

全く知りませんでしたが、ルールがありました。




L'aggettivo + "soo" e` applicabile solo agli aggettivi che si riferiscono al carattere, alla proprieta`, alla natura che non si possono capire dall'apparenza se veramente lo sia o no, ovvero non si sa finche` non si mangi/faccia/prenda qualcosa o conosca bene quella persona
.
「~そう」は、パッと見ただけでは、本当にそうなのかが分からないものを表す形容詞にしかつかないらしいんですね~。


おいしそう oishisoo (sembra buono) → おいしい oishii (buono)
むずかしそう muzukashisoo (sembra difficile) → むずかしい muzukashii (difficile)
あつそう atsusoo (sembra caldo) → あつい atsui (caldo)
やさしそう yasashisoo (sembra gentile) → やさしい yasashii (gentile)
おもそう omosoo (sembra pesante) → おもい omoi (pesante)


Mentre invece non va bene se e` evidente a colpo d'occhio.

片や、一目見ただけで明らかなものには「~そう」はつかない、と。


うつくしそう utsukushisoo (sembra bello) → うつくしい utsukushii (bello)
かわいそう kawaisoo (sembra carino) → かわいい kawaii (carino)
きれいそう kireisoo (sembra bello) → きれい kirei (bello)




tumblr_najwx8Ik9C1qc0ha5o1_500.jpg




Cosi` continua la mia addestramento...

こうして、修行は続くのでありました・・・





compleanno 誕生日 - 2016.11.07 Mon

P9041419.jpg

Auguri!

おめでとさん!





buon-compleanno12.jpg

無題compleanno





comple + anno

= (latino ラテン語) complere+ anno

= (italiano 伊語) compiere + anno

= Portare a termine un anno, giungere al termine di un percorso...
1年を成し遂げる、一つの行程の終点に達する・・・





Che bella parola...
Avere un anno di piu' non si tratta d'invecchiamento, ma di aver potuto adempire sano e salvo il proprio 365 giorni anche quest'anno!

いい言葉ですねぇ・・・
また歳とっちゃった、もう~歳になっちゃった、というのは「あ~あ」感が満載ですが、無事にまた365日を走り切った!今までの歳に、達成した分の1年をプラスして、計○○歳になった!と表現するイタリア語ってステキ!!(久しぶりに負けた気がする)





Mentre invece
それに対して




gg1.png

birth + day = giorno della nascita


ta.png

たんじょう (tanjoo) + び (bi) = giorno della nascita



Uhm... non c'e` un pizzico di fantasia.
うむ・・・そのまんまやん。





Comunque, oggi ho compiuto gli anni...
とりあえず、今日また無事1年成し遂げました・・・



Circolo Massimo イタリア語教室からのお知らせ - 2016.11.05 Sat

無題7



2017年1月からの 新企画!

文法の勉強はとりあえず前に進んでいる・・・

基本的なことは何となく分かった・・・

でも、あそこだけがいつまでもはっきり分からない!

あれだけがどーも苦手! ・・・


みたいなこと、ありませんか?


そんな皆さまのお悩みにお応えして、来年の1月より月1回、文法事項を1テーマずつ学習するスペシャルコースを開催します!題して、『Corso Speciale G4』(G4=4名様定員のグループ

詳細は以下の通りです。


開催日時: 2017年1月より、毎月第4日曜 15:00~17:00

場所: 小田急線経堂駅より徒歩約5分にある自宅(詳細はお申込みいただいた方に、個別にお知らせ致します)

料金: 1名様 3,000円(当日お持ち下さい)

定員: 4名様(2名様以上で開講)、定員になり次第〆切とさせていただき、ブログ上でその旨ご連絡致します。

対象者: 

名詞の性・数、冠詞、基本的な動詞の人称変化などの学習を終えた、初級~中級レベルの方
定期的に通うのは無理でも、この回だけ参加したい、といった方も大歓迎です!お友だちお二人でお申込みいただければ、もうそれで開講決定です!

募集: 前月末頃に、翌月分の文法テーマをブログ上でお知らせし、募集を開始します。

お申込み方法:

当日3日前の午前10:00までに、forza_kst@jcom.zaq.ne.jp へお申込み下さい。
メールの件名に「Corso Speciale G4申し込み」とお書きの上、お名前、電話番号、メールアドレス、イタリア語の学習履歴(3年間、近過去までなど、簡単で構いません)をお知らせ下さい。

お申し込み後のキャンセル

レッスン前日の午前10:00までにメールにて必ずご連絡下さい。
ご連絡なく、当日いらっしゃらなかった方は、次回以降のお申込みをお断りさせていただきますので、ご了承下さい。
お申込みが2名様に満たなかった場合は、レッスンはキャンセルとなりますのでご了承下さい。お申込みいただいている方には、レッスンの有無のメールを前日午前中に必ず差し上げます。

講座内容:

文法テーマの一例 (90分)

・ 近過去、半過去、大過去の使い分け
・ 直接、間接目的語代名詞の用法
・ 再帰動詞の用法
・ 関係代名詞の用法
・ 受身のsiと非人称のsiの使い分け
・ ジェルンディオの用法 などなど・・・

イタリア人とフリートーク (30分)

IMG_05591.png
ヴェネト州トレヴィーゾ在住の友人 Stefano と中継を結んで、トレヴィーゾや近郊の街を歩きながら、皆さんに現地の様子や、バールで注文するライブ映像などを伝えてもらいます。春には、ヴェネツィアからの中継も予定しています。
まるでイタリアにいるかのような臨場感をお楽しみいただきながら、レッスンで覚えたフレーズを早速使ってみるもよし、イタリア語でどんどん質問するもよし、日頃イタリア語を話す機会のない方も、ここぞとばかりトークにご参加下さい!



分かっているようで分かっていないかも、早くここを勉強したい、日本語できちんと把握したい、そういった方々のための、文法テーマ別のレッスンです。学習した項目に沿った例文を、毎回10個は言えるようになってお帰りいただきます!
お互い教え合ったり、学習したことを人に説明してみるというのも、知識の定着にはかなり有効です。また、お互いの間違いをこっそり自分の勉強に役立てたりできるのも、グループレッスンのメリットです。みんなでイタリア語を楽しむ勉強会でもありますので、気軽にお越し下さい!Corso Speciale G4が、皆さまのイタリア語学習のお役に立てば本望です。

初回は、2017年1月22日(日)に行います。講座内容その他詳細は、12月10日前後にブログ上に掲載致します。
奮ってご参加下さいね!!b_body_jump (2)





★各回の学習内容★


文法テーマ別レッスン『Corso Speciale G4』 第3弾 参加者募集中 終了


Corso Speciale G4の第3弾を下記の日程で行います。


開催日時: 2017年4月23日(日) 15:00~17:00

テーマ: 補語人称代名詞、再帰代名詞、ci と ne、非人称の si と受身の siの区別 (15:00~16:30)


mi... la... si... ci... vi... gli... ne... lo... li...


なんだ、なんだ・・・?

チマチマした2~3文字が、やたらとあっちこっちに落ちてるぞ・・・

しかも、同じ ci なのに、同じ si なのに、同じ lo なのに、なんかそれぞれ意味が違うみたいだぞ・・・?

donna-incazzata_201703302350024ac.jpg


キィィィィーーーーッ!!!!!!!



・・・なんてことにならないうちに、みんなでスッキリしませんか?

「あ、悪いけど、これ送っといてくれる?」「いつ知らせてくれる?」など、日本語ではいちいち「彼にこれを」「私にそれを」なんて言わなくても、情況で判断したりしますが、イタリア語ではそうはいきません!「~に」と「~を」に当たるチマチマした言葉(代名詞)を、動詞にピピッと瞬時にセットして、一気に言わなくてはならぬのです。いちいち言わなくても分かるじゃん、なんてキレてはならぬのです!
それだけでも大変なのに、同じ言葉を極力繰り返さないために、それに代わる代名詞で言い換える(要らぬ)工夫は随所に施され、どこを何で受けるのかを把握する必要があり、それに加えて、非人称のsiだ?受身のsiだ?ハァ~? みたいな、代名詞地獄が展開されているわけです。
そんな地獄巡りに、皆さんも参加してみませんか?
限られた時間内で、全てをじっくり追求することは難しいですが、似通っていてややこしい代名詞同士を整理して、それぞれの基本用法を分かりやすく解説致します。


イタリア人とフリートーク (16:30~17:00)


お申込み〆切は、4月20日(木)午前10:00です。




文法テーマ別レッスン『Corso Speciale G4』 第2弾 参加者募集 終了


『Corso Speciale G4』の第2弾を下記の日程で行います。


開催日時: 2017年2月26日(日) 15:00~17:00

テーマ: 近過去、半過去、大過去の使い分け (15:00~16:30)

ハイ、突然ですがクイズです。

A: 昨日一緒に夕飯食べたかったから電話したんだけど、出なかったから一人で食べに行っちゃったよ。
B: ああ、ごめん、寝てたから気がつかなかった。前の日、遅くまで仕事したから、すごく疲れてたんだ~。

上の会話の中の、どれが近過去で、どれが半過去で、どれが大過去でしょうか?

イタリア語の直説法の過去時制は、近・半・大、それに遠過去を加えた計4つあるわけですが、近・半・大の3つ、その中でも日常会話で最も使用頻度の高い近過去と半過去の2つはめちゃめちゃ大事で、それぞれの形や用法はもちろんのこと、両者の使い分けがスムーズな会話をこなす上で最大のキーポイントとなります。
それに、「パニーノを食べます」「明日、友だちに会います」なんて、これからの予定ばかり言ってたってつまんないじゃないですか!「週末、何した?」「温泉行った。ご飯美味しかった~」など、人との会話って過去のことを話すことが断然多いですよね。

というわけで、日常生活に必要な近過去と半過去を中心とした過去時制を使いこなせるようレッスンを行います。


イタリア人とフリートーク (16:30~17:00)


お申込み〆切は、2017年2月23日(木)午前10:00です。




文法テーマ別レッスン『Corso Speciale G4』 第1弾 参加者募集!終了 


2017年1月からの新企画、『Corso Speciale G4』の第1弾を下記の日程で行います。


開催日時: 2017年1月22日(日) 15:00~17:00

テーマ:

基本的な前置詞の使い分け (15:00~16:30)

前置詞。それは、何年イタリア語を勉強していても、完璧に習得するのは無理であろう永遠のテーマ。同じ前置詞なのに全く意味の異なる使い方をしたり、これは a だけど、こっちは習慣的に in を使うなど、日本人である私たちには感覚的に難しく、よく分からないが故に、勝手に省略したり、何かテキトーに入れてしゃべっちゃうきらいがあります。
前置詞を正しく使うには、それを必要とする動詞が他動詞か自動詞か、といったことも重要になってきます。その辺も押さえつつ、基本的な前置詞を使いこなせるようレッスンを行います。

イタリア人とフリートーク (16:30~17:00)


お申込み〆切は、2017年1月19日(木)午前10:00です。

veramente - 2016.11.01 Tue

P9131503.jpg

Ora escooooo!

出まーーす!





Non sono sicura ma probabilmente molti giapponesi che studiano italiano usano l'avverbio "veramente" prevalentemente in questo modo:

突然ですが、副詞 veramente 「ヴェラメンテ」ってどんなイメージですか?
私の勝手な憶測ですが、イタリア語を勉強している皆さんの多くは、もっぱらこんなイメージをおもちなんではないでしょうか。




834dfe1b0563710e5bcd5535fb0f08d0.jpg



ウマ過ぎーーっ!


201510200553531.jpg




えぇーっ!マジすか?!





veramente
= realmente, sicuramente, effettivamente, seriamente...
「本当に、まさに、実に、誠に、実際、ものすごく・・・」





Leggendo gli articoli o guardando i programmi in italiano pero` si sente spesso dire con un altro senso.

ごもっとも!そういう私もそうです。
ところが、イタリア語の記事や番組などを見てますと、「超ナントカ」じゃないヴェラメンテがしょっちゅう登場するんですねー。



A: Che ne pensi di quello che lui dice? 彼が言ってること、どう思う?
B: Io, veramente, non sono d’accordo. 私は、実を言うと賛成じゃないんだよね

A: Raccontami tutto! Laura e` innamorata di Antonio, vero?
全部教えてよ!ラウラってアントニオのこと好きなのよね?
B: Veramente, non ne so nulla... いや、私、何にも知らないからさ・・・

A: Buongiogno, mi dica. こんにちは、何か?
B: No, veramente, sono qui per il lavoro. Ho visto l'annuncio d'assunzione.
あ、いや、仕事のことで来ました。求人広告を見たもので。



In questi casi "veramente" significa "ma, pero`, tuttavia, praticamente" che esprime incertezza e perplessita` del parlante, ma quando lo sento dire, per un istante non capisco il senso perché tendo ad interpretare come se significasse "davvero, sul serio, moltissimo".

この場合の veramente は、「でも、それでも、実は、実際のところ、いや〜なんていうか」といった、話し手の戸惑いとでもいいましょうか、えーとえーと、みたいな言いよどみを表す副詞なんでありますね〜。
もっぱら、「マジでナントカ!」という意味でしか使ってこなかった身としては、急に自信なさそうな使い方されても困りますよねぇ。でもこれがまた日常的によく使われるようなんですわ。





anfrt5.jpg

自分の言ってること、マジで信じてるわけ?





A proposito degli avverbi, ho l'impressione che non pochi siano incerti riguardo alla posizione di questa parte del discorso. Alcuni sembrano di avere una certa regola, ma effettivamente e` un po' complicato per noi giapponesi.

ところで、副詞といえば、文のどこに入れるべきなのか迷うことありませんか?文頭なのか、真ん中なのか、文末なのか・・・。場合によってはルールがあったり、どこでもいいんじゃないスかね、みたいな時もあったりしてね、意外にややこしかったりします。





Seguenti sono quelli che so io come una regola di base. Fatemi sapere se troverete gli errori o se ci sono altre regole!

語順ルールは大体こんな感じ↓ですかね~。ええ?そうかなぁ、というのがあったらぜひ教えて下さいね!




avverbio + aggettivo 副詞+形容詞

Marcello e` davvero simpatico! マルチェッロってものすごくいい人!
Ho mangiato una bistecca veramente buona. ほんとに美味しいステーキを食べた
La lingua italiana e` estremamente difficile. イタリア語は甚だ難しい


avverbio + avverbio 副詞+副詞

Si e` comportato molto male con me. 彼は私にとてもひどい態度をとった
Maria ride sempre allegramente. マリーアはいつも陽気に笑う
Oggi mi sento un po' meglio. 今日は少し気分がいい


verbo + avverbio 動詞+副詞

Marco studia molto. マルコはすごく勉強する
I bambini parlano correttamente inglese. 子供たちは英語を正しく話す
Prima di andare al lavoro passo sempre dal bar. 仕事に行く前に、バールにいつも立ち寄る


l'avverbio che si riferisce a un'intera frase 文全体にかかる副詞

Finalmente ho finito l'esame. やっと試験が終わった
≒ Ho finalmente finito l'esame.
≒ Ho finito finalmente l'esame.
≒ Ho finito l'esame finalmente.


l'avverbio che si riferisce al tempo 時を表す副詞

Ieri sera sono tornato a casa a mezzanotte. 昨夜、夜中に帰宅した
≒ Sono tornato a casa ieri sera a mezzanotte.
≒ Sono tornato a casa a mezzanotte ieri sera.


verbo ausiliare + avverbio + participio passato
助動詞+副詞+過去分詞


Ho gia` finito di leggere questo libro. もうこの本を読み終えた
Non sono mai stato in America. 一度もアメリカに行ったことがない
Mi sono molto arrabbiata con lui. 彼にはものすごく頭きた
Fin da piccola mi e` sempre piaciuto cantare. 子どもの時から、ずっと歌を歌うのが好きだった
Ho troppo bevuto il vino. ワインを飲み過ぎた

.
Questo ultimo, mi domando se si puo' anche dire "Ho bevuto troppo il vino" o in questo caso "troppo" funziona come aggettivo, per cui si deve dire "Ho bevuto troppo vino"...?

最後の文は、troppo を過去分詞の後に置いて、Ho bevuto troppo il vino でもいいんでしょうかねぇ。でもそうすると、troppo は動詞 bere にかかる副詞じゃなくて、 il vino にかかる形容詞「多過ぎるワイン」みたいになるから、定冠詞を外して Ho bevuto troppo vino と言わなきゃいけないんですかねぇ・・・




Piu' ci penso, piu' mi fa impazzire...

あぁやだやだ。考えれば考えるほどパァーになるぞ・・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}