IMG_9134.jpg

2017-06

participio passato 過去分詞 - 2017.06.25 Sun

P6100443 (2)

Siete pronti a studiare?

今日も勉強しますよー





Se per esempio faccio vedere un'immagine come seguente e chiedo di descriverla, tra i miei allievi c'e` qualcuno che risponde

たとえば、下のような写真を生徒さんに見せて、どんな写真?と聞いたらば、こんな風にお答えになる方が少なからずいらっしゃいます。



the-godfather-part-ii-pacino1.jpg

Al Pacino si e` seduto sulla poltrona

アル・パチーノが椅子に座りました




e io glielo correggo: "Al Pacino e` seduto ma non si e` seduto, perché si e` seduto e` un movimento, cioe` e` il passato prossimo del verbo sedersi, essere seduto invece e` uno stato, ovvero seduto e` in questo caso un aggettivo".

で、私こんな風に言います。
「アル・パチーノが si e` seduto 座りました ではなくて、e` seduto 座っています です。なぜなら、 si e` seduto は、再帰動詞 sedersi 「座る」の近過去、つまり「座った」という動作になっちゃうからで、片や、essere seduto は、「座っている」という状態を表すんですね。この場合の seduto は、動詞の過去分詞が形容詞に転じたものなんですね~。」



o0162016212229231691_2017062423102309b.jpg


⇐ la reazione generale della maggior parte di chi me l'ha sentito.
これを聞いた方の大方の反応。





sedersi-12164.jpg

sedersi 座る、腰かける 
➡ si siede sulla sedia 彼は椅子に座る 
➡ si e` seduto sulla sedia 彼は椅子に座った


img_1_20170624234900ec8.jpg

essere seduto 座っている、腰かけている
➡ Sharon Stone e` seduta sulla sedia シャロン・ストーンは椅子に座っている




Il participio passato usato con la funzione aggettivale ce ne sono molti, ma facendo lezioni scopro che ci sono non poche persone che confondono quello con il passato prossimo dei verbi.

動詞の過去分詞は、essereとセットで形容詞になることが多いんですが、なんせ形が同じなので、動詞と形容詞を混同してしまう方も少なからずいるのだな、ということに気づき、これはぜひとも知ってほしい!と激しく普及したくなった次第です。



arrabbiarsi 怒る
essere arrabbiato 怒っている


A: Ieri mia moglie si e` arrabbiata moltissimo sapendo che avevo comprato una nuova macchina senza dirglielo niente.
黙って新車買ったもんだから、昨日、女房のヤツ、めちゃめちゃ怒っちゃってさぁ
B: Beh, la capisco. E ora?
そりゃそうだ。で、今は?
A: E` ancora arrabbiata e non mi parla...
まだ怒ってる。口もきいてくんないよ・・・



innamorarsi 恋をする
essere innamorato 恋をしている


A: Ho conosciuto un ragazzo simpaticissimo e me ne sono subito innamorata!
すっごくいい感じの彼に出逢って、即行好きになっちゃった!(恋に落ちちゃった
B: Dai, veramente?!
え、マジ?
A: Si`, praticamente lo penso 24 ore su 24... sono proprio innamorata...
うん、一日中彼のこと考えてる。本気で恋してるって感じ!ウフッ



deludere がっかりさせる
essere deluso がっかりしている


A: Il mio ragazzo mi ha deluso!
彼にはがっかりした!(彼は私をがっかりさせた
B: Come mai?
なんで?
A: Ha dimenticato il mio compleanno! Sono davvero delusa da lui!
だって、私の誕生日を忘れたんだよ!ホントにがっかり!(私はがっかりしている



emozionarsi 感動する、頭に血がのぼる
essere emozionato 感動している、興奮している


A: Ohhh, sono emozionata!!!
あああああ、(私は)感激している)!
B: Cosa ti e` successo?
どした?
A: Ho finalmente superato l'esame d'italiano livello 1! Non sai quanto mi sono emozionata quando ho saputo il risultato!!
イタリア語検定1級についに合格したの!結果を知った時、どれだけ興奮しちゃったか分かるぅ?



aprire 開く
essere aperto 開いている


A: Sai, di recente Antonio ha aperto un bar qui vicino.
最近、アントニオがこの近くにバールをオープンしたって知ってる?
B: Davvero?
ほんと?
A: Si`, e` aperto anche il sabato e la domenica.
うん、毎週土日もやってるんだって(開いてるんだって)。




Naturalmente questa non vale per tutti e ci sono tanti aggettivi di forma diversa dal participio passato.

とはいえ、全部が全部、過去分詞と形容詞が同形なわけではもちろんありません。形が違うものもたくさんありますよね。




stancarsi 疲れる
essere stanco 疲れている


A: Come stai?
元気?
B: Sono stanca...
疲れてる・・・
A: Perché ?
なんで?
A: Ieri Marco mi ha invitato a fare un picnic con lui, ma non era per niente un picnic! Siamo dovuti salire sulla montagna impiegando per piu' di 3 ore, sai? Mi sono cosi` stancata da non poter piu` parlare mentre scendevamo! ・・・
昨日、一緒にピクニックに行こうってマルコが言うもんだから行ったんだけどね、どこがピクニックじゃ!って感じだったのよ。3時間以上もかけて山を登らされたんだよ!ホント疲れた!下山の時口もきけなかったよー。




無題1

Ho lavorato tanto e mi sono stancato parecchio

たくさん働いて、ものすごく疲れた



1104ジョギングくま2

Oggi non voglio lavorare perché sono stanco

疲れてるから、今日は働きたくない





Ci sono anche altri modi molto utili del participio passato, ma ne parliamo nei prossimi giorni.

過去分詞の便利な用法は他にも色々ありますが、それはまた今度。




particella "NI" 格助詞「に」 - 2017.06.21 Wed

P6100450 (2)

Sono entrambe incredibili

どっちもどっちだね





Circa un anno fa ho scritto sull"incoerenza" dell'uso della preposizione DA, ma devo ammettere che una delle particelle giapponesi abbia una medesima incostanza, il cui significato e` davvero vario che farebbe impazzire parecchio chi studia la nostra lingua.

もう1年ほど前ですかねぇ、前置詞 DA のあまりにも一貫性の無さ、あまりにもやりたい放題の性質に関して書きましたが、日本語の格助詞の中にも、同じようなヤツがいましたよ~。日本語学習者をちゃぶ台返しに導く、そんなヤツが。




particella "NI" 格助詞


ポケットの中100円玉があった poketto no naka ni hyakuendama ga atta
(nella tasca ho trovato una moneta di 100 yen)

椅子座る isu ni suwaru
(sedersi sulla sedia)

ここ荷物を置いて下さい koko ni nimotsu o oitekudasai
(metta pure qui il bagaglio)

オタマジャクシが蛙なった otamajakushi ga kaeru ni natta
(i girini si sono trasformati in rane)

貿易会社勤めています booeki-gaisha ni tsutomete imasu
(lavoro in una ditta commerciale)

仕事行く shigoto ni iku
(vado al lavoro)

毎朝7時起きます maiasa shichiji ni okimasu
(ogni mattina mi alzo alle 7)

イタリアを旅行した natsu ni Italia o ryokoo shita
(in estate ho fatto un viaggio in Italia)

タクシー乗る taxi ni noru
(salire sul taxi)

買物出かける kaimono ni dekakeru
(vado a fare spese)

誕生日プレゼント時計を贈った tanjoobi purezento ni tokee o okutta
(per il regalo di compleanno le ho regalato un orologio)

彼女時計を贈った kanojo ni tokee o okutta
(ho regalato un orologio alla mia fidanzata)

時計をもらった kare ni tokee o moratta
(ho ricevuto un orologio dal mio fidanzato)

先生叱られた sensee ni shikarareta
(sono stato rimproverato dalla maestra)

姉は母よく似ている ane wa haha ni yoku niteiru
(mia sorella maggiore assomiglia molto a nostra madre)

薬を一日3回飲む kusuri o ichinichi ni san kai nomu
(prendo la medicina 3 volte al giorno)

朝はいつもトーストコーヒーだ asa wa itsumo toosuto ni koohii da
(faccio colazione sempre con un toast e un caffe`)

ピアノを習わせた musume ni piano o narawaseta
(ho fatto imparare il pianoforte a mia figlia)




nii.png




Siamo pari, ne...

これでお相子だな・・・



Fukuoka2 - 2017.06.18 Sun

P5140350 (2)

Il souvenir per me?

ワタシのお土産は?





In occasione del mio viaggio a Fukuoka, si sono riunite tutte, ma proprio tutte le mie ex allieve del corso di lingua e cucina italiana tenuto a casa mia circa 20 anni fa.

福岡に住んでいたのは、もうかれこれ20年近く前。
その時に、自宅で初めて開いたイタリア語とイタリア料理教室(←こっちの方はなんちゃって過ぎて、今思い出すだけでも顔からファイアー!((((;゚Д゚))))) 皆さん、ごめんなさいごめんなさい!)に来てくれていた生徒さんたち全員と、この度感動の再会〜!


P6170482.jpg


Sono davvero fiera di questa stretta amicizia che si mantiene così a lungo nonostante che abbiamo sempre vissuto lontani.

思えばあれが私のキャリアの原点で、あれがなかったら、今の私はないと言えます。だから、みんなにはとても感謝しています。
そして、福岡、東京、イタリア、ドイツと、みんなてんでバラバラの場所で生きて来たのに、今でもこうして続く友情を心から誇りに思います。


P6170479_20170618225746aec.jpg


Poi, Fukuoka...
そして、福岡よ・・・


P6170469.jpg


sei cattiva...
あなたって、ホントに罪な街。


P6170495 (2)


Hai TROPPE cose buone da mangiare...
ちょっと美味しいもん、あり過ぎでしょ・・・


P6170498 (2)

P6170499.jpg

P6170497.jpg

P6170500 (2)


e moltissimi posti da visitare che per apprezzare tutta la sua bonta` non basterebbero 3 giorni!

それに、訪れるべきスバラシイ場所もいっぱいあり過ぎて、3日じゃ足りるはずもありません!


P6180502.jpg


E quindi ci tornero` di sicuro!!
だけん、また行くけーん、待っとって~!


P6180511 (2)


Grazie di cuore a tutti di essere venuti a trovarmi!

皆さん、この度は本当にありがとう!またみんなとの想い出が増えました。
お土産もいっぱいいただいてしまって、今日はこれらを抱きしめて寝ようと思います!



Fukuoka - 2017.06.17 Sat



Ora sono a Fukuoka: un viaggio in Giappone che non facevo da molto tempo.

福岡に来ています。本当に久しぶりの国内旅行です。





Stamattina, arrivata all'aeroporto di Haneda, mi sono recata al check-in counter, e sapete cosa ho visto?

今朝、羽田空港に着いて、当然チェックインカウンターに行ったわけですが、そこで何を見たと思います?



20170617001210664.jpg


Una decina di macchine automatiche del deposito bagagli dove non c'era nessun addetto! (@_@)
So che in questi anni il check-in si fa a self-service, ma ora addirittura il deposito bagagli!??
Mamma mia, è una notevole riduzione del personale, ne!

どわぁ〜っと何台も立ち並ぶ自動手荷物預け機!!(@_@)
搭乗券をかざして、ピッとやって、ピッとやったら、柵が降りて、自動で大きさと重さが軽量され、いいよ〜預かるよ〜、となったら引換券がシャっと出てくるという、とんでもなくオートメーション化された頭のいい機械たち。
ビビりながら預けても、きちんとミッションをコンプリートするから、カウンターは無人。つか、カウンター自体が無い。
ここここまで人件費削減が進んでるとは思わなんだ。。。





Domani le mie 7 ex-allieve di Fukuoka + un marito italiano + 2 bambini italo-giapponese + 2 bambini tedesco-giapponese mi accompageranno in un posto bellissimo.
Non ne vedo davvero l'ora❣️

明日は、福岡にいた頃の元生徒さんたち7名+イタリア人オット1名+日伊ハーフのバンビーノ2名+日独ハーフのバンビーノ2名が、とても素敵な所に連れて行ってくれることになってて、まことに楽しみだわ〜❣️


moglie e buoi 妻と牛 - 2017.06.15 Thu

P60404221.jpg

(^3^)




Tra i vari esercizi sui proverbi italiani, ne ho trovato uno che mi ha attirato parecchio:

イタリア語の諺や格言に関する練習問題を探していましたら、こんなんがありました。




20761066622_2fce600588_b.jpg

"Moglie e buoi dei paesi tuoi"

       

「女房と牛は、同郷から探せ」



concetto 概念

"Il mio amico Luigi di Trieste dice sempre che, o sposa una triestina, o rimane scapolo."

トリエステの友人ルイージは、トリエステの女性と結婚するか、独身のままでいるかのどっちかだな、といつも言っている


significato 意味

Con questo proverbio si vuole dire che è meglio scegliersi il proprio partner tra le persone che sono dello stesso luogo, che hanno un "background" simile.
Meglio quindi sposare una persona del proprio paese, rimanendo fedeli alle proprie tradizioni.
Il messaggio che si nasconde dietro questo modo di dire, è quella sorta di diffidenza che si prova verso ciò che non fa parte degli usi e costumi di un certo luogo e del relativo popolo che vi abita, e dai quali potrebbero nascere attriti o incomprensioni.


パートナーは、自分に近いバックグラウンドをもった、地元の人の中から見つけた方がいいし、長年続いてきた伝統を変えないためにも、そういう相手と結婚した方がいい。
自分が生まれ育った環境や習慣に馴染まないものへの警戒心は、互いの摩擦や無理解を生む可能性がある、というのが、この諺の裏に隠れたメッセージである。


derivazione 由来

E' un detto di saggezza popolare riferito al mondo contadino, siccome i buoi erano parte integrante della vita contadina, non si andava a cercare lontano per poter trovare una moglie.

牛は、農民の生活の一部であり、長期間ほったらかしにできなかったところから、嫁さんを探しに遠方まで行くようなことはしなかった、という昔の農民の知恵に由来。


(tratto da こちらから引用 LETTERA 43, italki)




thumb150ml_preview_20170615190955f53.png

Chissa` se sia ancora viva questa credenza tra gli italiani...

こう信じているイタリア人って、未だにたくさんいるんだろうか・・・





Beh, direi che ci potrebbe anche essere della verita` e non e` che voglia fare obiezione... ma scusa, non poteva essere cavallo, pecora, capra o qualcosa del genere anziché buoi...?

そりゃまぁね、たとえば北海道の人と沖縄の人がお付き合いしたり、東京の人が名古屋の人と結婚したりするのって、色んなことが色んな風に違ってたりして、理解し合うのが大変な要素ってたくさんあるだろうし、地元の幼馴染みがくっつく方が、何かとスムーズに行くことが多いんだろうから、「女房と牛」説も一理ある。そんなことないですよぉ、べろべろ~ なんてことはしません。
しませんが、牛じゃなくてもいいだろう。馬とか、ヤギとか、羊とか。その辺のもっとカワイイ系でも良かったのではなかろうかと。




shutterstock_105060272-685x457_R.jpg




sostantivo 名詞 - 2017.06.10 Sat

P4010032.jpg

Bentornata!

お帰り~!





Ciao a tutti!
Ieri sono finalmente finiti due corsi intensivi per i dipendenti che ho fatto per un mese consecutivamente.
E` stato parecchio duro fare circa 8 ore di lezione al giorno ai principianti assoluti , ma una volta finito, potrei dire che e` stata una buon'esperienza per la mia carriera (anche se ogni sera tornavo a casa completamente distrutta...).

皆さん、こんにちは!
約1ヶ月続いた、ビジネスパーソン向けの集中講座が、昨日やっと終了しました~!パチパチパチ!
その間、自宅でのプライベートレッスンはほぼお休みをいただきまして、いらしていただいている皆さまにはご迷惑をおかけしましたが、来週からはまた平常通りになりまーす。
いやはや、イタリア語の学習なんて夢にも思わなかった方々を相手に、一日約8時間のレッスンをほぼ毎日行うのは、受講生様&講師共々、中々・・・、いや、相当にハードでありましたが 、終わってしまえば、とても良い経験をさせてもらったなぁ・・・なんて、大人の感想が述べられるようになった私(毎晩、疲労でブッ倒れてたのが実情)。




無題




Ogni volta che insegno italiano proprio da zero alle persone che non hanno nessuna conoscenza di questa lingua, ho impressione che tutti rimangano stupiti, imbarazzati e tirino un profondo sospiro davanti sempre allo stesso elemento che caratterizza principalmente la grammatica italiana (e forse anche tutte le lingue derivate dal latino).

で、全くゼロの状態からお教えするにあたり、毎回思うことは、イタリア語(と恐らくはラテン語由来の言語全部)の文法の最大の特徴であるアレを前にして、受講生さんたち全員がたまげ、困惑し、あまりのめんどくささに深いため息をつく、ということです。





Cioe`...
それは何かというと・・・




 vino
ワイン

 questo vino
このワイン

 questo vino rosso
この赤ワイン

 questo vino rosso è buono この赤ワインは美味しい



mela
リンゴ

questa mela
このリンゴ

questa mela rossa
この赤いリンゴ

questa mela rossa è buona
この赤いリンゴは美味しい



Mario
マーリオ

Mario è il mio amico
マーリオは私の(男)友だちです

Mario è il mio amico italiano
マーリオは私のイタリア人の(男)友だちです



Maria
マリーア

Maria è la mia amica
マリーアは私の(女)友だちです

Maria è la mia amica italiana
マリーアは私のイタリア人の(女)友だちです



Il bambino 
その男の子

Il piccolo bambino 
その小さな男の子

Il piccolo bambino è andato a scuola
その小さな男の子は学校へ行った

Il piccolo bambino è andato a scuola da solo
その小さな男の子は一人で学校へ行った



La bambina
その女の子

La piccola bambina
その小さな女の子

La piccola bambina è andata a scuola
その小さな女の子は学校へ行った


La bambina è andata a scuola da sola 
その小さな女の子は一人で学校へ行った




Ovvero
つまりは、




1s62_01

Il sostantivo e` il RE della grammatica italiana
e tutti gli altri lo seguono fedelmente!




名詞がイタリア語文法の王様!
下々の者はそれに粛々と従うのであります!







studente : Questo panino e` buono.
このパニーノは美味しい

io : Ok.

: Questa pizza e` buono.
このピッツァは美味しい

: BuonA.

: Buona... Questo spaghetti e` buoni.
ブオーナ・・・ このスパゲッティは美味しい

: QuestI spaghetti SONO buoni.

: ・・・

: Poi?
それから?

: Ieri Marco e` venuto a Roma.
昨日、マルコがローマに来た

: Ok.

: Stamattina Lucia e` venuto a Roma.
昨日、ルチーアがローマに来た

: venutA

: Venuta... e siamo andato a mangiare una pizza.
ヴェヌータ・・・ そして、僕たちはピッツァを食べに行った

: andatI



chabudai_kaeshi.png




Dai, su su! Molti pochi fanno un assai, eh!
Chissa` quando... ma un giorno!

まーまー、落ち着いて。この段階でちゃぶ台返ししてたら、これから先いくつちゃぶ台があっても足りませんぜ。
塵も積もれば、いつかきっと山となるから、細かい塵をちょびちょび積み上げて行きましょうね。




tabu` con il cibo italiano イタリアの食のタブー - 2017.06.04 Sun

P6030415.jpg

Supplementazione della vitamina

ビタミン補給




Ho trovato un articolo interessante riguardo al tabu` con il cibo italiano.

ちょっと面白い記事を見つけました。(注:和訳はかなり脚色してあります)





estratto da こちらから記事をお借りしました The Post Internazionale Inside Foreign Affairs

errori.png


外国人が犯しがちな、イタリアの食べ物に関するタブーの数々

英国の新聞『The Independent』が
イタリア料理に関してやってはいけないことを、イタリア人シェフに聞いてみた



L'attenzione del popolo italiano alla correttezza delle procedura per cucinare il cibo della nostra tradizione culinaria è nota in tutto il mondo. Tanto da scatenare periodicamente polemiche internazionali come quella sulla carbonara “alla francese” nel 2016.
Per evitare in futuro errori madornali e rimproveri da parte dei suscettibili italiani, il quotidiano britannico The Independent ha chiesto ad alcuni chef italiani di base a Londra come Antonio Tonelli, del ristorante La Tagliata, alcuni consigli su cosa sia assolutamente vietato fare quando si cucina cibo italiano.


自国の食の伝統に則って、いかに正しく食べ物を調理するかに、かなりイタリア国民がうるさいことは、世界中が知るところであり、それ故に、定期的に国際論争が勃発するほどである。2016年に起きた、「フランス風」カルボナーラのそれのように。
これから先、大きな間違いを犯したり、敏感に反応するイタリア人たちから非難を浴びないために、英国の新聞『The Independent』が、たとえば、リストランテ・ラ・タリアータのシェフ、アントニオ・トネッリといった、ロンドンを中心に活躍するイタリアン・シェフたちに、イタリアの食材を調理する上で、絶対的に避けるべきことを尋ねた。



Ecco alcuni degli errori più gravi:

最もヤバいことの一例がこちら。


 Pasta パスタ

Nel cucinare gli spaghetti alla carbonara, mai usare la panna al posto dei tuorli d’uovo. Mai dimenticare il sale nell’acqua bollente, e mai aggiungerlo solo una volta scolata la pasta.

La pasta non è mai un contorno, e la tipica tradizione anglosassone delle polpette sugli spaghetti non ha posto in Italia, così come la pasta al pollo. L'olio non deve essere aggiunto all'acqua di cottura, ma solo dopo averla scolata.

Ovviamente il ketchup è bandito da ogni condimento.


スパゲッティ・カルボナーラを作る時、卵黄の代わりに生クリームを使うなんて絶対ダメーー!そして、塩は、パスタを茹でるお湯に入れること。パスタのお湯を切った後に加えるなんてダメダメー。

パスタというのは、付け合わせではない。よって、スパゲッティに肉団子をオンしちゃうとか、チキン・パスタとか、そういった(5世紀にイギリスに侵入した)アングロサクソン民族の伝統料理のようなものは、イタリアには存在しない。で、パスタを茹でるお湯にオイルを入れたりしてないよね?オイルは、お湯を切った後のパスタにかけること。

言うまでもないけど、ケチャップはどんな味付けからも追放ーーーっ!



Dolci デザート

Il peggiore errore nel cucinare il tiramisù è non utilizzare i bianchi d’uovo, che vanno sbattuti e aggiunti alla crema. Il cacao non va aggiunto subito, ma solo prima che il dolce venga servito per impedirgli di diventare molle.

ティラミスを作る時に、卵の白身を使わないなんて有り得ない。泡立てて、クリームに加えるべきなのに!ココアは、ティラミスが出来上がってすぐに振りかけちゃダメ。サーブする時にかけるべし。そうしないと、ベチャっとなっちゃうからね。


Bevande ドリンク

Mai bere cappuccino durante pasti che non siano la colazione o uno spuntino pomeridiano. I cocktail sono per gli aperitivi, quindi non vanno bevuti durante i pasti.

朝食や、午後の軽食でない限り、食事中にカップチーノは飲んじゃダメなんだよぉ。そして、カクテル。これは食前酒なんだから、これも食事の最中に飲むのはやめようね。


Formaggio チーズ

Evitare di usare parmigiano grattugiato su qualsiasi tipo di pasta, soprattutto nel caso di condimenti di mare, e lo stesso vale per i piatti che contengono tartufo. 

La burrata non va servita fredda, ma più calda che a temperatura ambiente.


卸したパルメザンチーズを、パスタというパスタ全てに振りかけるのはやめて下さい。特に、魚介類のパスタにはご法度。トリフ入りの料理にもね。

ブッラータ(モッツァレッラよりもっとクリーミーなフレッシュチーズ)は、冷やしてサーブするもんじゃない。室温より高い温度でお出ししてよね。


Pane e pizza パンとピッツァ

Evitare di chiedere il burro insieme al cestino del pane, e non mangiarlo con pasta e riso per evitare il sovraccarico di carboidrati.
Niente ananas sulla pizza, né mangiarla con la forchetta.


カゴに入ったパンを見て、すみませ~ん、バター下さい。なんて頼むのはやめよう。パスタやお米と一緒にパンを食べるのもやめよう。それは、炭水化物摂取オーバーというもんです。
それと、ピッツァの上にパイナップルをオンするなんていうのは、そりゃもうお話にならないんで、そこんとこヨロシク。切り分けられたピッツァをフォークで(お上品に)食べるっていうのも、イタリアンじゃないな~。そこはこうバシッと二つ折りにして、手で食べてくれないと!




made-in-italy.jpg




Ok, ok, mi arrendo e vi obbedisco...

分かった、分かった、服従致します・・・




L'articolo originale del quotidiano "The Independent" lo potete leggere QUI, in cui si trova un'espressione simpatica "a big no-no" che mi e` piaciuta tanto

英国の新聞『The Independent』に掲載の元の記事はこちらから。イタリア語の記事に比べて、もっと色んなことが書いてあります。
「それはやっちゃダメでしょ」が、 a big no-no と表現されているのがオモロイですね~



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (41)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (5)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (17)
etc その他 (70)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}