無題

2017-07

capp... カップ・・・ - 2017.07.31 Mon

P7170546.jpg

Ho gia` perso ben 3g !!

もう3g痩せたよ!






Portret_Titusa.jpg

frate cappuccino カプチン修道士


377c71f2069b1dba47f10aeb701d576d889101ee.jpg

cappuccino カップッチーノ


d.png

cappotto カッポット(コート)


felpa-65260-felpa-zip-cappuccio1.jpg


cavolo-cappuccio-501a8cbf36c348_338488131.png



penna-Bic_Cristal1.jpg

cappuccio 

(゜▽゜)! (゜▽゜)! (゜▽゜)!

カップッチョ(ペンのキャップ)



non lo sapevo 知らなかった・・・


13203_large_jpg.png

Cappuccetto Rosso 

カップッチェット・ロッソ(赤頭巾ちゃん)




33 - 2017.07.23 Sun

P5280383 (2)

Sapete cosa? Da oggi devo mettermi a dieta!

あのね、今日からダイエットしなくちゃなの!





Mentre guardavo una rubrica del mio sito preferito "ALMA.tv", ho sentito un'espressione molto incuriosente che mi e` venuta subito voglia di sapere il perche`.

いつものお気に入りのイタリア語学習サイト「ALMAtv」の中に、お役立ち表現を教えてくれるコラムがあるんですが、その動画を見ていましたら、え~なんでなんで?と、すぐさまその理由を知りたくなるような慣用表現が飛び出しました。




CLICK

al,a
tratto da こちらから引用 ALMAtv.


(要約)
医者に行かなくていいなら、それに越したことないけれど、お医者さんで使える便利な表現や言葉は知っておきたいものですよね。
相手の様子を聞く表現に、Come stai?「元気?」があるけど、これは慣例的な挨拶だから、Cos'hai?「どうかしたの?」、Non ti vedo bene oggi「今日は何だか具合悪そうだね」、Hai una brutta cera「顔色悪いね」なんていうのが、調子悪そうな人に対してかける言葉としていいかも。
これに対する答えとしては、Non mi sento bene「気分がよくないんだ」とか、Ho la febbre「熱があるんだ」といった感じ。Mal di testa/pancia/stomaco「頭・お腹・胃が痛い」もあるし、これには、antidolorifico「鎮痛剤」や aspirina「アスピリン」ですよね。
もっと具合が悪かったら、medico di famiglia「ホームドクター」や、medico generico「各種診療医」に相談のこと。mal di denti「歯痛」には dentista「歯科医」、irritazione alla pelle「肌の炎症」には dermatologo「皮膚科医」、mal di schiena「背中の痛み」には radiografia「レントゲン」を撮りましょう。
ところで、医者が聴診器を当てて診察を行う時に言う、決まった言葉があります。それは、Dica 33!「33って言って下さい!」
なんで Dica 33 かって?それは、聴診器を当てられた患者が 「33(トレンタトレ)」と言うと、身体の中に問題があるかどうか、お医者さんには分かりやすいからなんです。




333.png

TRENTATRE`!!




Ohhh, non lo sapevo! "33" ha veramente questa funzione??

えぇー!そうなの? 「33」に、そんな効能が?




tratto da こちらから引用 RISPOSTE
33.png

.医者は、診察する時に、なぜ「33」と言わせるのでしょうか

その答えはごく簡単です。医者は患者の胸の音を聴くために、一般的には手を平らに患者の胸に置き、発せられた言葉をエコーさせる、喉頭と気管支の中の空気によって生成される振動、いわゆる「音声振動の触感」を探ります。
歯と舌による摩擦と振動の多い「33(トレンタトレ)」は、医者の聴診に必要な音の波を生成するわけです。






rea.png




essere o avere? - 2017.07.17 Mon

IMG_0580 (2)

Fammi uscire!!!

出してくれぇ





Ciao a tutti!
Spero che non stiate morendo di questo caldo. Anche qui a Tokyo fa un caldo tremendissimo senza avere nemmeno una goccia di pioggia! Ed io ogni giorno non faccio niente altro che pregare che venga presto il Natale...

皆さま、こんにちは。
暑い・・・。暑すぎる・・・。何かが狂ってる・・・。ワタクシ、まじでカッスカスに干からびております。 皆さまはご無事でしょうか。
イタリアもこの夏は尋常じゃない暑さのようですが、これはもう一日も早くクリスマスが来るよう、みんなで教会に行って神に祈るしかないと思います。アーメン。




atube480.jpg




Nonostante questo sole abbagliante mi stia lanciando un attacco, io non mi arrendo e continuo a studiare italiano!

そんな中なんですが、近過去の助動詞について。(えぇーっ!今それやるか?!)





Per chi studia l'italiano, quando vuole parlare con tempo passato, nella prima tappa non potrebbe parlare senza pensare se quel verbo sia transitivo o intransitivo per non sbagliare l'ausiliare.

イタリア語の学習を始めて間もない方が、「昨日は何をした?」なんて聞かれて、過去時制で何かを言わなくちゃいけない時、使おうとしている動詞が他動詞なのか自動詞なのか、これを考えずに話すことはできませんよね。それが分かんないと、助動詞が avere なのか essere なのかが判断できませんものね。



A colazione ho mangiato un cornetto (avere + 他動詞mangiare)
朝食にコルネットを食べて
e ho bevuto un cappuccino. (avere + 他動詞bere)
カップチーノを飲んだ
Sono uscita di casa verso le 8:00. (essere + 自動詞uscire)
8時頃家を出た
Ho lavorato molto fino alle 9:00 di sera. (lavorare は自動詞だけど + avere)
夜の9時までかなり働いた
Sono tornata a casa, (essere + 自動詞tornare)
家に帰って
e ho fatto la doccia. (avere + 他動詞fare)
シャワーを浴びた
Dopo la cena sono andata subito a letto. (essere + 自動詞andare)
夕食後、すぐにベッドに入った




Non sapete quanto e` faticoso per noi giapponesi capire e ricordare questa regola di base alla prima fase dello studio, ma facendo tanti esercizi, infine ce la facciamo comunque.

「昨日はパンを食べた」と言うのに、他動詞?自動詞?avere?essere?なんてことを瞬時に判断しなきゃいけないなんて、オイオイ、どうかしてるぜ、と初めてこのルールを目にした時は思うわけですが、繰り返し言ったり書いたり聞いたりしているうちに、いつの間にかなんとかなるもので。



l'ausiliare "avere" + verbo transitivo
助動詞 avere + 他動詞

l'ausiliare "essere" + verbo intransitivo
助動詞 essere + 自動詞

l'ausiliare "avere" + certi verbi intransitivi tipo "lavorare, dormire, camminare" ecc.
助動詞 avere + 一部の自動詞(lavorare, dormire, camminare など)




無題ea




Un certo gruppo dei verbi pero` la cui particolarita` dell'uso degli ausiliari rende la cosa ancora piu` complicata!
Cioe` prendono "avere" quando non c'e` lo scopo ma solo un movimento, prendono "essere" invece quando e` indicato lo scopo o la destinazione che il soggetto vuole raggiungere.

ところが、勉強が進むにつれて、助動詞は avere でも essere でもいいよ~。ただし、それが「単なる体の動き」の場合は avere、「そうする理由があったり、目的や行先に重点がある」場合は essere と、使い分けが必要だよ~、みたいな動詞が出てきて、オイオイ、それはどういうことだい?



correre 走る

Mario ha corso molto alla lezione di ginnastica マリオは体育の授業でたくさん走った
Mario e` corso in cerca di aiuto マリオは助けを求めて走った


volare 飛ぶ

Il pappagallo ha volato sopra di me オウムが私の上を飛んだ
Il pappagallo e` volato via オウムが飛んで行ってしまった




Poi per quanto riguarda il verbo "salire", "scendere" e "saltare", possono essere sia transitivo che intransitivo con entrambi ausiliari.

で、correre 「走る」や volare 「飛ぶ」のように、元々が自動詞で、その意味合いによって助動詞を使い分けるものもあれば、salire、scendere、saltare のような、他動詞と自動詞の両方の意味をもっているものあって、この動詞たちは、それこそどっちの助動詞でも良いようで、気をつける点といったら、自動詞の場合は前置詞が必要ってことでしょうか。



salire 上がる、登る、昇る

Ho salito il monte 山を登った(他動詞)
Sono salito sul monte 山に登った(自動詞)

Ho salito le scale 階段を上った(他動詞)
Sono salito per le scale 階段で上った(自動詞)

(x) Ho salito l'ascensore エレベーターを上った
Ho preso l'ascensore per salire 上へ行くのにエレベーターに乗った(エレベーターを使った)(他動詞)
Sono salito con l'ascensore エレベーターで上った(自動詞)


scendere 下りる、降りる

Ho sceso il monte 山を下りた(他動詞)
Sono sceso dal monte 山から下りた(自動詞)

Ho sceso le scale 階段を下りた(他動詞)
Sono sceso per le scale 階段で下りた(自動詞)

(x) Ho sceso l'ascensore エレベーターを降りた
Ho preso l'ascensore per scendere 下へ行くのにエレベーターに乗った(エレベーターを使った)(他動詞)
Sono sceso con l'ascensore エレベーターで下りた(自動詞)
Sono sceso dall'ascensore エレベーターから降りた(自動詞)


saltare 跳ぶ、跳ねる、飛び越える

La bambina ha saltato la corda 女の子は縄跳びをした(縄を飛んだ)(他動詞)
La bambina e` saltata con la corda 女の子は縄跳びをした(縄を使って跳んだ)(自動詞)

Ho saltato le siepe 生垣を飛び越えた(他動詞)
Sono saltato sull'autobus 急いでバスに飛び乗った(自動詞)




a.jpg




Ma ora mi viene un dubbio.
Vanno bene tutti i due ausiliari con il verbo "salire" e "scendere", ma quando c'e` la destinazione o lo scopo per cui si sale o si scende, bisogna usare l'ausiliare "essere" ma non "avere" come abbiamo visto con il verbo "correre" e "volare"?

と、ここで疑問が。
salire と scendere は、avere でも essere でもどっちでもいい、ということだけど、correre や volare のように、上ったり下りたりする理由や具体的な行先がある場合は、助動詞はやっぱり essere になるんでしょうかねぇ。



Sono salito sul monte fino alla cima 山の頂上まで登った
(x) Ho salito il monte fino alla cima

Sono sceso in fretta dal monte perché stava per piovere 雨が降りそうだったから、急いで山から下りた
(x) Ho sceso in fretta il monte perché stava per piovere.



Qualcuno sarebbe cosi`gentile da dirci come funziona?

どんなつもりで走ったり、跳んだり、山を登ったり下りたりしたかを、言う前に考えなきゃいけないなんて、まったくもって有り得ない!バンッ!(机たたく)
でもまぁ、書いてて思ったんですが、同じ「のぼる」でも「山を登る」「階段を上る」、同じ「おりる」でも「山を下りる」「エレベーターで下りる」、でも、「エレベーターから降りる」・・・。外国の方からすれば、有り得ない!バンッ!ですよねぇ。





troppi cuochi 多過ぎる料理人 - 2017.07.13 Thu

027 (2)

quando ero ancora piccola piccola (maggio 2013)

まだチビっ子だったころ(2013年5月)





"Troppi cuochi guastano la cucina"
料理人が多過ぎると、料理を台無しにする

"Troppi cuochi rovinano il brodo"
料理人が多過ぎると、スープをダメにする


 Quando troppe persone si occupano di una stessa cosa senza essere coordinate tra di loro, il risultato potrebbe rivelarsi disastroso

 お互い息の合ってないたくさんの人が一つのことをやろうとすると、ろくでもない結果になる



troppi-cuochi-16199704.jpg



"Con troppi galli a cantare, non si fa mai giorno"
歌う雄鶏が多過ぎると、ちっとも朝にならない

 Se molti pretendono di comandare, non si sa a chi obbedire e si finisce per non poter prendere alcuna decisione

 みんながワーワー仕切りたがると、周りは誰に従えばいいのか分からなくなって、何の結論も出ない



galli.jpg



『船頭多くして船山に上る』 sendoo ookushite fune yama ni noboru

 Significa letteralmente, con troppi barcaioli la barca sale su un monte. Proprio come galli suddetti, troppi comandanti rendono la situazione peggiore e si potrebbe avere un rischio di procedere la strada sbagliata.

 船頭さんが多過ぎると、船が山に上っちゃうぞ。つまりは、上記の雄鶏と全く同様に、やいのやいの命令する人が多過ぎると混乱を招き、結局は事があらぬ方向に行っちゃって、事態の悪化を招きます、ということですね。




こちらより画像を拝借しました
kotowaza49.gifA dire il vero pero` fino ad una decina di anni fa l'ho capivo completamente male, cioe` lo comprendevo come se significasse che se ci fossero molti barcaioli, la barca potrebbe anche essere portato addirittura fino alla cima del monte grazie alla solidarieta`! ovvero, sarebbe importante la collaborazione reciproca!

実をいうと、ここだけの話、この『船頭多くして…』の意味を、ワタクシ10数年程前まで大きく誤解しておりました。
船頭が多ければ、みんなでワッセワッセと船を山の頂上へさえも運んでいける!みんなで力を合わせれば、不可能だって可能になる!だから協力と団結は大事なのだっ!!・・・ってことかと・・・思っちょりました・・・






lo-chef-consiglia-camia-restaurant-moncalieri-torino-1.png

Del cuoco,
料理人と



13sendou-c.png


del barcaiolo,
船頭さん



niwatori01_01.png



e del gallo ne basta uno in ogni situazione, ne!

そして雄鶏クンは、どんな時も一人いれば十分ですわね。
色々もめないためにもね。






in altre parole 言い換え - 2017.07.08 Sat

P5110304 (2)

Ohhh・・・




Leggendo degli articoli scritti in italiano, si nota subito una cosa che caratterizza la sua maniera di scrivere,

イタリア語の記事などを読んでいると、すぐにとあることに気がつきます。イタリア語の文体の大きな特徴であるそれは、




cioe`
なんといっても、




evitare possibilmente di ripetere a usare la stessa parola!

なるべく、極力、力の限り、同じ言葉の繰り返しを避けること!




Nel titolo dell'articolo di Shakespeare del mio post precedente infatti e` gia` evidente, nonostante sia una scritta di solo 4 righe.

前回載せたシェイクスピアの記事のタイトルにも、それが如実に表れています。わずか3行と1単語しかないにもかかわらず!



sp1_20170708210757403.png

『シェークスピアは、メッシーナ生まれだった。
その作家の出生証明書が見つかり、
英国の天才劇作家の出生にまつわる論争がついに決着』

Shakespeare シェイクスピア
= lo scrittore その作家
= il genio inglese 英国の天才




La frase suddetta e` facile da capire, a volte pero` e` abbastanza difficile per chi studia italiano intuire quella parola corrisponde ad una gia` menzionata prima!

上の文はまだ簡単な方ですが、一生懸命辞書を引いて、えーと、コレなんだろなんだろ、と考えた末、もしかしてコレってさっきのアレのこと?!(激しく脱力)なんてことはざらにあるわけで、既出の単語はなるべく使わず、なにがなんでも同類語や他の言い回しに換えようとする、イタリア人たちの執念にも似た、凄まじいこだわりに、我々学習者たちは一同 こんな顔。



l'Italia イタリア
= la Repubblica 共和国
= Bel Paese 美しき国
= lo Stivale 長靴
= la Penisola 半島


il Giappone 日本
= il Sol Levante 日出る国
= l'Estremo Oriente 極東
= il Paese di Samurai サムライの国




Italia-Giappone_20170708224029f38.jpg



Questa "regola" vale anche per la formulazione diversa tra i verbi e i sostantivi corrispondenti

名詞間だけでなく、この同一語リピート撲滅運動は、動詞とそれに準ずる名詞の間でも展開されており、同じことを言うのでも、「~する」という動詞から、「名詞+する」という組み合わせでもって、なんとか表現にバリエーションをもたせようと、日々努力が繰り返されている模様です。

.
correre 走る vs corsa 走行

Ho corso 走った
Ho fatto una corsa 走った

camminare 歩く vs camminata 歩行

Ho camminato molto よく歩いた
Ho fatto una bella camminata よく歩いた
 
passeggiare 散歩する vs passeggiata 散策

Ho passeggiato nel giardino 庭を散歩した
Ho fatto una passeggiata nel giardino 庭を散歩した

dormire 寝る vs dormita 熟睡

Ho dormito bene よく寝た 
Ho fatto una bella dormita 熟睡した

mangiare 食べる vs mangiata お腹一杯食べること

Ho mangiato tanti dolci お菓子をたくさん食べた
Ho fatto una mangiata di dolci お菓子をたくさん食べた

ridere 笑う vs risata 爆笑

Ho riso tanto たくさん笑った
Ho fatto una bella risata 爆笑した

chiacchierare おしゃべりする vs chiacchierata おしゃべり vs chiacchiere おしゃべり

Chiacchieriamo in italiano イタリア語でしゃべろう
Facciamo una chiacchierata in italiano イタリア語でおしゃべりしよう
Facciamo due chiacchiere in italiano イタリア語でちょっとおしゃべりしよう

sorridere 微笑む vs sorriso 微笑み

Lei mi ha sorriso 彼女は私に微笑んだ
Lei mi ha fatto un sorriso 彼女は私に微笑みかけた

pulire 掃除する vs pulizia 掃除

Pulisco le stanze 部屋を掃除する
Faccio le pulizie delle stanze 部屋の掃除をする

sbagliare 間違える vs sbaglio 間違え

Ho sbagliato di grosso とんでもなく間違えた
Ho fatto un grosso sbaglio とんでもない間違いをした

conoscere 知る vs conoscenza 知ること

Mi fa piacere di conoscerLa あなたを知ることができて(お知り合いになれて)嬉しいです
Mi fa piacere di fare la Sua conoscenza あなたとお知り合いになれて嬉しいです




         
a58439b679cff1796541772208ad745e--italian-vocabulary-italian-quotes.jpg

Piu` si usano sinonimi, piu` sembra intelligente?

同義語や言い換えを多用すればするほど、頭よさそーに見えるのだな?






Shakespeare シェイクスピア - 2017.07.02 Sun

P6220521.jpg

Non si sa mai cosa succedera` domani, nee!

なにが起きるか分かんないよねぇ~






Ma che sorpresa!!!

ななななんと!!!






tratto da こちらの記事から引用 SKY 24 ORE
sp1.png


シェークスピアは、メッシーナ(シチリア)生まれだった
出生証明書が見つかり、英国の天才劇作家の出生にまつわる論争がついに決着



Quella che fino ad oggi si riteneva essere solo una leggenda si è rivelata realtà: William Shakespeare era, in realtà, originario di Messina. La conferma arriva dal Centro Studi Shakespeariano di Stratford-upon-Avon, fino a ieri considerata la città natale di Shakespeare.

今日までただの噂話だと思われてきたことが、現実になった。ウィリアム・シェイクスピアは、実はメッシーナの生まれだったのだ。昨日まで、彼の生まれ故郷だとされていた英国ストラトフォード・アポン・エイヴォンにある、シェイクスピア研究所からの発表である。

Il 26 giugno 2017 è stato, infatti, recuperato l’atto di nascita di Shakespeare, fino ad oggi mancante. Il documento è stato rinvenuto nell’archivio Shakespeare della biblioteca di Stratford- Upon-Avon, in mezzo ai documenti personali dello scrittore. Dall’atto di nascita si evince che Shakespeare si chiamava in realtà Michelangelo Florio ed è nato a Messina il 23 aprile 1564. lo scrittore era in realtà figlio di Giovanni Florio, un medico calvinista, e di una nobildonna, Guglielmina Scrollalanza.

2017年6月26日、これまで存在が明らかになっていなかった、シェイクスピアの出生証明書が発見された。証明書は、ストラトフォード・アポン・エイヴォン図書館にある、シェイクスピアの記録資料の中から、自身のプライベートな書類に挟まった形で発見された。出生証明書によると、シェイクスピアの本名は、ミケランジェロ・フローリオで、1564年4月23日生まれ。カルヴィン主義の医師であった父ジョヴァンニ・フローリオと、貴婦人であった母グリエルミーナ・スクロッラランツァとの間に生まれた。

Il sospetto che Shakespeare fosse originario di Messina nasce quando i critici letterari analizzarono attentamente una delle sue opere, “Much ado about nothing” (in italiano: Molto rumore per nulla), ambientata proprio a Messina. Ad un’attenta analisi non si tratta di una semplice ambientazione, dato che sono presenti espressioni e modi di dire tipicamente messinesi (ad esempio: “Mizzeca, eccellenza!”). Shakespeare dimostra, inoltre, di possedere una conoscenza della geografia messinese che non poteva essere certo posseduta da un semplice inglese. Quel dramma teatrale, insomma, non sembrava essere un semplice ritratto di Messina, ma qualcosa scritta su Messina da un messinese. E ieri è arrivata la conferma.

シェイクスピアは、実はメッシーナ生まれなのではないか、という疑惑は、文学評論家たちが、まさにそのメッシーナを舞台とした彼の作品の一つ『Much ado about nothing』(日本題『空騒ぎ』)を入念に分析した時に生まれていたわけだが、その分析は、単に、作品の中にメッシーナ人特有の表現や言い回しが使われていたといったような、単純な舞台描写を意味していたわけではない。シェイクスピアは、英国人が持ち合わせているはずのない、メッシーナの地理的知識を有していたことを、作品の中で表していたのである。要するに、喜劇『空騒ぎ』は、単にメッシーナを舞台にした演劇なのではなく、メッシーナ人によって描かれた、メッシーナという街に関する作品のように思われた。そして昨日、それが裏付けされたのである。

無題e Con tutta probabilità Shakespeare ha lasciato l’Italia attorno al 1585 perché calvinista, cosa molto rischiosa a quel tempo, data l’intolleranza religiosa dei cattolici (suo padre fu ucciso per questo). Dopo aver viaggiato molto ha raggiunto l’ Inghilterra ed è entrato nelle grazie della regina Elisabetta I. È stato allora che ha deciso di cambiare identità. Probabilmente l’idea di tradurre il cognome della madre piuttosto che quello del padre fu dovuto al fatto che, semplicemente, “suonava meglio”.

恐らくは、シェイクスピアは1585年頃にイタリアを後にしている。なぜならば、当時カルヴィン教徒であることは大変危険があり、カトリック教徒から宗教的差別を受けていたからだ(彼の父は、それが原因で殺されている)。イタリアを去ってから、長い旅路を経てイギリスにたどり着き、エリザベス1世の寵愛を受けることになる。自分のアイデンティティを変えることを決意したのはその頃である。父の苗字「Florio」ではなく、母の苗字「Scrollalanza」(scrollare 「揺さぶる」)を英訳して「Shakespear」としたのは、ただ単にその方が「聞こえがいい」からだったと思われる。

L’idea di Shakespeare messinese si diffonde nel corso del Novecento, quando viene ipotizzato da alcuni critici letterari italiani come Santi Paladino, Enrico Besta e Martino Iuvara. Vi era infatti uno scrittore messinese, vissuto all’epoca della gioventù di Shakespeare chiamato Michelangelo Florio che scrisse una commedia in dialetto intitolata “Tantu trafficu ppi nenti” ed autore di un libro di proverbi (e molti di questi si ritroveranno nell'”Amleto”). Le analogie tra Florio e Shakespeare erano veramente troppe per essere ignorate.

メッシーナ人シェイクスピアの作品は、サンティ・パラディーノや、エンリーコ・ベスタ、マルティーノ・イゥヴァーナといった、イタリアの文学評論家たちに注目されるようになった19世紀に広く知られるようになる。地元方言を使った喜劇『Tantu trafficu ppi nenti』を書いたメッシーナ人作家や、地元の諺を集めた本を出した作家が、シェイクスピアがまだミケランジェロ・フローリオと呼ばれていた幼少期に存在し、その内容の多くが、後の『ハムレット』に登場している。ミケランジェロ・フローリオとシェイクスピアの類似性は、無視するにはあまりにも高いのであった。

Com’è facile immaginare la teoria non venne accolta bene dagli inglesi, che non volevano accettare che proprio il loro scrittore più famoso non fosse inglese. Invece in Italia è stata accolta con entusiasmo, tanto che un servizio sul caso era stato mandato in onda nella trasmissione televisiva Voyager.
Adesso invece Shakespeare messinese è realtà: gli inglesi ne prendano atto.
Riempe d’orgoglio non solo i messinesi e i siciliani, ma tutti gli italiani.


自国の最も著名な劇作家がイギリス人ではないという事実。それを認めたくない英国人たちが、今回の学説を容認したがらないのは、容易に想像できる 。方やイタリアでは歓喜をもって受け入れられ、国営放送RAIのテレビ番組Voyagerで放送されたほどだ。
今や、「メッシーナ人シェイクスピア」が現実のものに。そして、イギリス人たちがそれを認めることに。
今回の発表は、メッシーナやシチリアの人々だけでなく、イタリア人全員を誇り高い気分で満たしたのであった。




Fotolia_42292346_Small.jpg




William Shakespeare












Biography-of-William-Shakespeare.jpg




Michelangelo Florio




Sapendo ora la verita`, non sembra altro che italiano, anzi, siciliano!

いや~、急にミケランジェロって言われてもねぇ。
でも事実を知ってから見ると、イタリアーノ・・・いや、シチリアーノにしか見えなくなってきたぞ!





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (93)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (107)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}