FC2ブログ

2018-04

comprensione della lettura 長文読解 - 2018.04.30 Mon

P4270371.jpg

Dovrei essere in grado di passare qui...

通れるはず・・・





Provate a leggere seguenti frasi, la struttura delle quali sono molto difficili da comprendere a prima vista.

突然ですが、次の文をちょっと読んでみて下さい。





"... Per gli studenti che hanno diritto ad un finanziamento la borsa e` pagata in due rate: la I rata, pari all'80% del totale nel momento in cui lo studente, arrivato a destinazione, avra` inviato per mail all'Ufficio Erasmus dell'Universita` per Stranieri di Siena il Certificato Erasmus compilato, firmato, datato e timbrato dall'ufficio Erasmus straniero..."
(tratto dalle domande della comprensione della lettura CILS B2 del dicembre 2017)
(2017年12月CILS B2の長文読解過去問より引用)








lunga, e complicata...

文、ながっ!どこがどうつながってるのか、パッと読んだだけじゃよう分からん!




Ma con una piccola "tecnica"....

でも、ちょっとしたコツを加えると・・・






... Per gli studenti (che hanno diritto ad un finanziamento) la borsa e` pagata in due rate: la I rata, (pari all'80% del totale) (viene pagata) nel momento in cui lo studente, (arrivato a destinazione,) avra` inviato (per mail all'Ufficio Erasmus dell'Universita` per Stranieri di Siena) il Certificato Erasmus (che e` stato)( ①compilato, ②firmato, ③datato e ④timbrato dall'ufficio Erasmus straniero)... 

・・・(奨学金の受給資格を有する)学生には、奨学金が2回に分けて支払われる。(受給金額全体の80%に相当する)1回目の支払いは、(目的地に到着した)学生が、(受け入れ先のエラスムス事務所が記入、署名、日付入れ、捺印した)証明書を(シエナ外国人大学のエラスムス事務所に電子メールで)送った時点で履行される。






diventa molto piu` facile da capire, no?

あら不思議、赤い部分だけだとグッと分かりやすくなりません?




Un altro esempio:
もう一つ例を。




"... Il virus (che provoca l'infezione della membrana cardiaca e degli stessi tessuti del cuore detta miocardite) ha provocato 4 morti e trenta casi sospetti nella penisola ellenica..."

・・・(心臓膜と心臓組織自体の感染、いわゆる心筋炎を引き起こす)ウィルスは、ギリシャに4人の死者と発症例と思しき30人の患者を出した・・・
「イタリア語検定2級突破」 聴き取り問題P.217 設問より抜粋




Ma quanto dista il verbo dal soggetto.......

主語と述語、とぉーいぃー・・・・・




Io le letture le leggo sempre con questa maniera: cercare il verbo del soggetto, e viceversa, e capire prima di tutto il punto principale della frase e` penso la cosa piu` importante quando leggiamo qualcosa, e mettere nei parentesi quello secondario ci aiuta a comprendere velocemente il concetto essenziale.

長文の読み方にも人それぞれ色んなやり方があると思うんですが、ワタクシはいつもこんな感じでやってます。
イタリア語の文章ってホラ、やたらめったら長いじゃないですかぁ。接続詞や、関係代名詞や、形容詞的用法の過去分詞なんかでいっくらでもダラダラと(失敬)長くしちゃうし、カンマで区切って、あ、もうちょっと付け加えちゃおうかな、カッコ入れて補足しちゃおうかな、イヒヒ!なんて感じで、書き手の思いつき(失敬)で、結果息が続かないくらい長い文になる。それを、文法上語順が違う日本語で訳していかなきゃいけないんだから、もうグッタリですよ。
なので、とにかくまず主語と述語を探そうじゃありませんか!この主語の動詞は、えーとえーと・・・・・これだっ!こんなとこにいた!じゃその間はみんなカッコでくくってしまえ!そいつらは後回しじゃ!「誰がどうした」を把握するのが先決じゃ!・・・って感じで整理していくと、最初読んでチンプンカンプンだった文も、少しずつぶゎ~っと骨子が浮かび上がってきます(と思います)。




oggetto1.gif





Poi osservare le funzioni delle preposizioni e le locuzioni fisse sara` anche un punto di vista molto importante per capire il piu` presto il concetto delle frasi.

主語述語をキャッチしたら、次は前置詞の働きに注目するのがいいんじゃないかと。
同じ前置詞が3つほど並んでいたら、それはきっと何かを並列してるし、単独だったら、その前にある動詞と熟語になってる場合が多いし、あとはいつもコンビで使われるようなセットもん。これらをピピっと見つけて、グルグル丸をすると、その文の言ってることがぶゎ~っと浮かび上がってきます(と思います)。



di..., di..., di... ~と、~と、~の~がナントカカントカ
con..., con... ~と、~でナントカカントカ
su..., su... ~と、~についてナントカカントカ
da... a... ~から~まで 
cosi`... da... ~するほど~だ 
sia... che... ~も~も
o... o... ~か、あるいは~
prima..., poi... 最初は~、そして~
in seguito a... ~の結果として
di conseguenza... 結果的に
riguardo a... ~について
per ragione di... ~の理由で
a causa di... ~のせいで
grazie a... ~のおかげで

e cosi` via... 
などなど・・・



Tra i miei allievi ce ne sono non pochi che non se la sentono di leggere una lunga lettura (perché li fa impazzire! )
Spero che il mio piccolo consiglio possa essere d'aiuto.

アルファベットだけがビッチリ並んだイタリア語の長文を読むって、ほんと億劫ですよね。生徒さんの中にも、試験対策などでどうしても避けて通れない方々がいらして、読みながら頭ドッカーンなこともしばしば。
主語述語をまず見つける、後回しはカッコでくくる、前置詞に注目する、文の区切りには縦線を引く、という私の方法が少しでもお役に立てば嬉しいです。



P4270372.jpg

!X▽!(;T_T;)!▽X!



imprinting 刷り込み - 2018.04.25 Wed

P4070319.jpg

Pakkun ci cova ( )

(今やエッグマシーン





Le parole il cui significato principale gia` impresso profondamente nel nostro cervello fin dall'inizio dello studio d'italiano ci portano a volte ad un'interpretazione totalmente sbagliata.

1つの単語にはたいがい色んな意味があるわけですが、イタリア語学習の初期段階で、その最も基本となる意味を、脳の奥深くに刷り込まれた単語は、時として我々をあらぬ方向にイザナイます。


 

Ad esempio
たとえば
 


perché ペルケ

perché ペルケとくれば

perché = per il fatto che = なぜなら!


Lascia aperta la porta perché non possono entrare tutti
みんなが入れないから、ドアを開けておいて

ma
ところが

Lascia aperta la porta perché possano entrare tutti 
みんなが入れるように、ドアを開けておいて (perché+接続法=~するように) 




vivere ヴィーヴェレ

vivere ヴィーヴェレとくれば

vivere = abitare = 住む!


Ho vissuto a Milano
私はミラノに住んだ

ma
ところが

Ho vissuto l'infanzia a Milano
私はミラノで幼少期を過ごした (他動詞vivere+目的語= ~を過ごす、~を体験する)




solo ソーロ

solo ソーロとくれば

solo = esclusivamente = ~だけ!


Ho lavorato fino a tardi e a cena ho potuto mangiare solo una pizzetta
遅くまで仕事して、夕飯はミニピッツァ一枚しか食べられなかった

ma
ところが

Ho lavorato fino a tardi e ho potuto mangiare una pizzetta solo dopo le 23:00
遅くまで仕事して、23時過ぎにようやくミニピッツァ一枚食べられた(この場合、finalmente「ついに」は変)



se セ

se セとくれば

se = nel caso che = もし!


Fammi sapere se non puoi venire
もし来られないなら連絡して

ma
ところが

Scusami se ti ho fatto aspettare
待たせてごめん (se ~して)




1Sloths-image-sloths-36191131-625-469




A proposito, in Giappone si tiene una volta all'anno l'esame di stato per chi vuole diventare guida-interprete professionale, e nelle domande del passato ne ho trovata una a me molto "strategica".

ところで、一年に一回行われる国家試験の通訳案内士試験。こちらを目指す生徒さんがこのところ数人増えたこともあって、過去問を入手してチラチラ見ているんですが、ずいぶん前の試験の中にこんなのがありました。



Sei (  ) sette (  ) quarantadue, vero?
セイ(  )7(  )42、だよね?



sei セイ

sei セイとくれば

sei = essere: tu sei = be動詞の「君は」!



ma la risposta e`
ところが答えは、



Sei ( per ) sette ( fa ) quarantadue, vero?

(掛ける)7(は)42だったよね?








andare venire 行く・来る - 2018.04.20 Fri

P1152067.jpg

Vado o non vado...

行くか行くまいか・・・





"vado, vai, va..." si dice in giapponese いく (iku), "vengo, vieni, viene..." invece くる (kuru).

andare の人称変化 vado, vai va... は、日本語で「行く」。一方、venire の人称変化 vengo, vieni, viene... は、「来る」。




Ora leggete questa battuta, e noterete una cosa.
これを踏まえて次の会話を聞くと、あることに気がつきます。




A: Domani vieni?
あした くる? (Ashita kuru?)

B: Si`, vengo.
うん、いく (Un, iku)




Avete capito?
In giapponese, non si dice "Si`, vengo" ma letteralmente "Si`, vado", anche se ci si reca verso l'interlocutore. Questa differenza dell'espressione crea sempre una certa confusione ai giapponesi che studiano italiano. (e molto probabilmente anche agli italiani che studiano giapponese!)

ね?
話し相手の方に向かって行く場合は、「行く」ではなくて「来る」になる、というのは英語のルールと同じわけですが、英語に不慣れな方だってそりゃいらっしゃるわけで、「うん、行くよ」を「うん、来るよ」と言わなくちゃいけないことに、眉毛が八の字になるか、眉間に川の字が刻まれるか、たいていどっちかのリアクションをいただきます。




Ma non solo:
でも、眉間に川の字刻むにはまだ早すぎます。




A: Domani non vieni?
あした こないの? (Ashita konaino?)

B: No, non vengo.
うんいかない ( Un, ikanai)




うん (un) significa "si`", quindi noi rispondiamo alla domanda come se dicessimo "Si`, non vengo".
Per voi italiani e` talmente imbarazzante, no? ・・・

ハイ、皆さんが大好きな否定疑問文の話です。
「来ないの?」という相手の質問に対して、「来ない事実」を肯定して「うん」という日本語と、「行かない」もんは「行かない」からNOと答えるイタリア語。それにプラスして、イタリア語では non vengo 「来ない」と答えるべきところを、「行かない」と表現する日本語。
「うん」と首を縦に振りながら「行かない」と首を横に振る日本人を見ながら、イタリア人は ・・・ こんな顔します。




traducendo in italiano cosi` com'e` in giapponese
日本語の文をそのままイタリア語にすると

A: Domani vieni? あした、くる? (ashita kuru?)
B: No, non vado. ううん、いかない (uun, ikanai)
A: Non vieni? こないの? (konaino?)
B: Si`, non vado. うん、いかない (un, ikanai)


traducendo in giapponse cosi` com'e` in italiano
イタリア語の文をそのまま日本語にすると

A: あした くる? ashita kuru? (Domani vieni?)
B: ううん、こない uun, konai (No, non vengo)
A: こないの? konaino? (Non vieni?)
B: ううん、こない uun, konai (No, non vengo)



365896_a5134149349043798cc3096f8a416d67~mv2

SI` o No?! Vieni o non vieni? Vai? ma dove?!

うん、なの?ううん、なの?来るの来ないの?行くってどこ行くのよ?!




allergia アレルギー - 2018.04.13 Fri

P3290272.jpg

Non e` il pollo fritto, eh! E` un biscottino per uccellini

鶏の唐揚げじゃないよ!小鳥ちゃん用のビスケットだよん


(フーちゃんママ、ありがとう!)



Si soffre di allergia ai polline

日本もイタリアも


bbca430eebffed6dc9c1d2e9db955aed--paper-hats-runny-nose.jpg

sia in Giappone sia in Italia!!

みんな花粉症!!




tratto da こちらから記事を引用 PISATODAY

polline.png

春、それはアレルギーの季節。そこで「生き残る」ための対策を貴方に

いい季節の始まりは、花粉症の人たちにとっては、往々にしてやんなっちゃう季節


po2.png

気持ちのいい季節。日は長くなり、気候は穏やか、午後は野外で過ごせて・・・そして、くしゃみ大連発!多くの人にとって、春は喜びや活力をもたらし、できるだけ家の外で過ごしたいなぁと思わせる季節だが、アレルギーもちの人にとっては、植物や花の開花期は、花粉症の季節に他ならない。
数を見れば明らかだ。2025年には、ヨーロッパの人口の50%近くが、なにがしかのアレルギーに悩むことになるだろうと言われているが、我がイタリアでは、もうすでに約40%の人々がそういった症状を発症しているのだから。
Assosalute(イタリア化学工業協会内の自己投薬全国協会←ちゃんとした名称は分かりましぇん)は、今年も春の訪れに向けてどう立ち向かい、くしゃみを初めとする、アレルギー性鼻炎が引き起こす、どうにかしてほしい全ての症状をどうウォッチしていくべきかに言及している。



poi2.png

花粉が全ての元凶

poll.png

・・・最も油断できない花粉としては、イネ科、ヒカゲミズ(イラクサ科)、カバノキ科、そしてイタリアのある地域に生育するセメンシナ(キク科ヨモギ属)である。ここ数年では、糸杉やハシバミ、オリーブの木など、いわゆる「マイナー花粉」と呼ばれるものも増えている。


polle.png

で、予防できる?


Sono andata subito a leggerlo aspettandomi pienamente di trovare qualcosa di magico, qualche segreto italiano che non sappiamo noi giapponesi.......... ma purtroppo tutti i consigli erano quelli che faccio gia` da un secolo!

なになに?なにか秘策でも?日本人の知らないような、花粉症撲滅イタリアンマジックでもあるのか?!・・・と期待してダッシュでアドバイスを読んだんですが 、暑くて乾燥して強風の日はスポーツするのはやめましょう、とか、花粉が入らないように窓はキッチリ閉めましょう、とか、毎日シャワーを浴びて髪を洗いましょう、とか、そんなの100年前からやっとるわっ!みたいなことしか書いてなくて超ガッカリなんですけど~




Comunque, ho capito bene che gli italiani e noi giapponesi siamo gli stessi esseri umani che soffriamo di quei polveri microgrammi sparpagliatisi dalle piante e dai bei fiori primaverili.
Quasi quasi pero` sta per finire questo periodo terribile per gli allergici, no? Lo spero proprio!

まぁ、いずれにしましても、春先の爽やか~な風に乗って飛散する、あのミクロの粉に鼻も目も徹底的にやられてしまうという点で、イタリア人も日本人も同じ人間だってことがよく分かりました。
そんな悲惨な(飛散だけに。プッ)季節もそろそろ終わり?だよねーっ?!



anatra? 鴨? - 2018.04.08 Sun

P2060014.jpg

A quale ordine e famiglia appartengo io?

わたしはナニ目ナニ科?





Noi giapponesi con la parola "鴨 (kamo)" ci riferiamo sempre a

我々日本人は、「鴨」といえば、誰しもがコレを思い浮かべますよね。


4ce5f45d835487001783894a37b2c6f9_s.jpg



Con la parola "アヒル (ahiru)" invece ci riferiamo sempre a

一方、「アヒル」といえば、誰がなんと言おうとコレね。

768px-White_domesticated_duck,_stretching


Insomma, voglio dire che per noi "kamo" e "ahiru" sono due cose diverse!

つまり、何が言いたいかというと、「鴨」と「アヒル」は別物だってことです!





Durante la lazione dell'altro giorno pero` ho scoperto che in italiano vengono chiamati tutti e due

ところが、先日のレッスン中に、イタリア語では「鴨」も「アヒル」もこう呼ばれているということを知りました。



f0233968_1110089.jpg

anatra (oppure anatra domestica)

アーナトラ あるいは、アーナトラ・ドメスティカ(家鴨)





Consultando internet ho saputo che tutti e due infatti sono uccelli domestici appartenenti all'ordine degli Anseriformi e alla famiglia degli Anatidi, solo che hanno colori molto diversi, e ho anche saputo che, anche se in giapponese "ahiru" viene normalmente scritto in katakana, ha un vero e proprio nome in kanji "家鴨 (iegamo)" che sta per appunto "anatra domestica"! Uhh, non lo sapevo proprio!

鴨とアヒルは同じなのか?!と結構うろたえてネットで見たならば、どっちもカモモクカモカ・・・あ、いや、カモ目カモ科のカモだということが判明。しかも、「アヒル」ってカタカナで書くことが多いけど、漢字で書くと「家鴨」だということも分かってクラっとめまいが・・・。
鴨とアヒルを、同じ anatra 「アーナトラ」で片づけようとするイタリア語に疑い光線を発射して申し訳ありませんでした!




giant_rubber_duck.jpg



Durante la lezione la mia allieva T san voleva sapere come si dice "ahiru" in italiano, e io che in quel momento pensavo che "ahiru" dovesse sicuramente avere un nome diverso da "anatra", ho cercato LUI su internet:

レッスン時、生徒さんのTさんからの質問は、「アヒル」は anatra でいいんでしょうかね、というもので、いやいや、anatra は鴨でしょ!と信じて疑わなかった私は、ハッとアイツが頭に浮かんで、そうだそうだとすぐにネットで見てみました。




39800457.gif

Paperino パペリーノ




Paperino sarebbe il nome vezzeggiativo di "papero", allora mi chiedo se "ahiru" puo` essere chiamato anche "papero".

Paperino 「パペリーノ」は、ドナルドダックのイタリア語名で、papero に愛称接尾辞 -ino がついた形ですが、papero を辞書で引くと、「若いガチョウ」とか書いてあって、え?ガチョウ?ドナルドがガチョウ?こりゃまためんどくさいことになってきたぞ、ということで、見なかったことにしました。
でも、いくつかの伊伊辞典には、anatra と併記して papero ともあったので、papero もアヒルで良いかと。




Nel frattempo mentre andavo avanti e indietro tra "ahiru", "kamo" e "paperino", ho trovato un sito molto interessante.

アヒルは鴨で、ドナルドはガチョウで、ガチョウもきっとカモモクカモカで・・・と、今まで考えたことないラビリンスを行ったり来たりしていましたら、、中々興味深いサイトに行き当たりました。



↓ CLICK ↓

disney.png




Non lo sapevo che Goofy letteralmente significa sciocco e imbranato! Allora meglio chiamato Pippo, ne!

ミッキーはミッキーだろ、と思いますが、イタリア語名は Topolino 「トポリーノ」(小さいネズミ)。
グーフィーは可愛そうに、文字通りの意味は「マヌケ」だそうですよ。それなら Pippo と呼んであげた方がいいですね!


(Tさん、おかげでオモロイことがたくさん分かりました。ありがとうございます!)


Pasqua パスクア - 2018.04.04 Wed

P3260225.jpg

PAC PAC PASQUA

パクパクパスクア





Anche se e` gia` finita...
もう終わっちゃったけど・・・



La parola Pasqua viene dall’ebraico Pesach, che significa “passare oltre”, e celebra la liberazione degli ebrei dalla schiavitù degli egiziani, grazie a Mosè che con l’aiuto di Dio portò il suo popolo oltre il Mar Rosso. In sostanza, grazie alla liberazione del popolo di Israele, ha inizio la nuova vita verso la Terra promessa. Il termine, dunque, sta a significare “transito, passaggio”.

Pasqua 「パスクア」という言葉は、passare oltre 「向こうに渡る」を意味するヘブライ語 Pesach から由来していて、神の力を借りて、イスラエルの民を紅海の向こう側まで率いたモーゼのおかげで、エジプト人の奴隷であったヘブライ人たちが解放されたことを祝う日である。 つまり、イスラエルの民の解放が、約束の地カナンに向けての新たな人生の始まりを意味するわけで、Pasqua は言うなれば 「通過、移動」ということなのである。


1677927.jpg


Per i cristiani, quel passaggio è la Resurrezione di Cristo, quindi un transito dalla morte alla nuova vita.

キリスト教徒にとっては、その「通過」は、イエス・キリストの復活、要するに、死から新しい生命への移行を意味する。

Inoltre, nell’etimologia del nome è compreso il significato di “sofferenza” o “sacrificio”, per gli Ebrei quello che ha dovuto sopportare il popolo schiavo degli egiziani, che ha infine dovuto sacrificare un agnello, e col sangue segnare gli stipiti e l’architrave della porta. Dio, sceso sull’Egitto per uccidere il primogenito di ogni famiglia, riconobbe quel segno e passò oltre.

また、Pasqua は、エジプト人の奴隷であった苦渋に耐え、羊を生贄に捧げ、戸や窓の側柱に血文字を刻んだヘブライ人たちの「苦悩」と「犠牲」をも意味している。彼らの長男を殺すためにエジプトに降り立った神は、その血文字を見て、過ぎ去って行ったと言われる。

Nella Pasqua cristiana, resta dunque l’etimologia del nome, ma il senso è diverso. Cristo, agnello di Dio, prende su di sé la colpa dell’uomo, sconfiggendo la morte e donando la speranza della vita eterna...

キリスト教における Pasqua は、そんな由来をもつ名前を残しつつも、意味するところは違っている。神の子羊であるイエス・キリストは、死に打ち勝ち、永遠の命に希望を託しながら、人間の罪を背負ったのである・・・


tratto da こちらから引用 VIAGGI NEWS COM



christ.jpg

Buona Pasqua!



anche se e` troppo tardi.

ってちょっと遅いけど。



1 aprile 4月1日 - 2018.04.01 Sun

P3070175.jpg

Vi teniamo d'occhio

見張ってるからね~




Pesce d'Aprile
エープリルフール


b16a7156d80363d2a38fbcd05072c07c--cain-y-abel-middle-ages.jpg

Niente bugie, mi raccomando!

嘘ついちゃダメよ~




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (107)
grammatica 文法 (51)
espressioni 表現 (120)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (62)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (17)
Circolo Massimo (20)
etc その他 (81)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}