FC2ブログ
IMG_2756.jpg

2018-10

uno dei metodi dello studio 勉強の一つの方法 - 2018.10.14 Sun

P7110863.jpg

Studiate bene, mi raccomando!

ちゃんと勉強して下さいYO!




Oggi scrivo solo in giapponese perche` si tratta di una proposta riguardo ad un metodo dello studio d'italiano per chi vuole studiare presso Circolo Massimo.

今日は日本語だけです。なぜなら、レッスン教材としてコレいいんじゃないでしょうか!という、Circolo Massimoイタリア語教室においでの皆さま(と、行ってみようかなぁ、とご検討中の方々がもしいらっしゃったら、その皆さま)に宛てたご提案だから。
ご提案と宣伝兼ねてますので、ちょっと長文です。





イタリア語の勉強方法は、それこそ十人十色です。

基礎文法を理解し、ひたすら練習問題をこなすのも、入門~初級段階では欠かせないし・・・
書くのが好きな方は日記や作文を続けるのも、文章の組み立ての力がつくし・・・
イタリアの歌をよく聴く方は、お気に入りのフレーズがそのまんま耳から吸収できちゃうし・・・
読むのが好きな方は、語彙や表現力が豊かになるし・・・
イタリア語を話す機会がある方は、ネイティブの表現を真似したり、負けじとしゃべることで会話力がつくし・・・




a02-thumb.jpg

可能ならば、日頃からそのぜーんぶができたらいいのにっ!



なんてことを、日本で地道にコツコツ勉強していると思うわけです。思いません?思いますよね!




Circolo Massimoにおいでいただいている皆さまとも、ご要望に合わせて文法学習をしたり、既習文法を取り入れた会話のヒアリングをしたり、長文を読んだり、大事な構文で文を作ったり、日常会話の練習をしたりと、色々な方法で学習を進めていますが、最近、数名の方と行っている方法がですね、イタリア語の総合的な力をつけるのに何だかとても有効な気がして、早速皆さまにご提案しようと思った次第です。



それは、



PA130104.jpg

実用イタリア語検定の過去問を使って勉強する!




なぜ有効かといいますと、



受験されたことがある方はご存じと思いますが、検定は各級リスニングからスタートします。各問題はそれほど長くないですが、ネイティブがそれなりのスピードで、何かの説明や、自然な会話を展開し、さあ何を言ってるでしょうか?と問われます。
1回聞いただけでは、えぇ~!なんも分かんない! と愕然とするかもしれませんが、少しずつ止めながら何回も聞き、口に出して正しく発音し、内容を把握しながら最後にスキットを読み、その後でスキットを閉じてもう一度聴くとぉ・・・ あら、不思議。最初 こんなだったのが、耳に入ってくる単語が増えているではありませんか!みたいな嬉しい結果になる・・・はずです。

PA130106.jpg


次は、文法問題です。
各級の文法出題範囲に応じて、色んな問題が出ます。冠詞の次は形容詞、楽勝楽勝と思いきや、いきなり関係代名詞。冷汗を拭く暇もなく、接続詞や、代名詞や、近か半かの100本ノックだ!
要は、あちこちから予想だにしない文法の矢が飛んでくるわけです。一般のテキストにある練習問題は、各文法項目別になっていて、その項目だけに集中して解いていけばいいので、ある意味機械的です。その点、検定問題は、ジムで泳いだり、バーベル上げたり、縄跳びしたりするようなもんで、気がついたら文法筋肉がモリモリになっている・・・はずです。
さらにスゴイことは、過去問の答えに、1つ1つ解説がついていることです。なぜ他の答えではダメなのかが書いてあるので、理解も深まります。
レッスンでは、問われている答えだけでなく、そこに出ている単語の意味や使い方も考えていきますし、解説を読んでもピンとこないことがあれば、どんどんお持ちいただいて、解決していきます。また、やっていくうちに、たとえば代名詞が苦手だなぁ~、ということが分かってきますので、そしたら一旦過去問をストップし、代名詞を重点的に復習していきます。

PA130108.jpg


そして、次は長文読解。
アルファベットだけがギッチリ詰まった長文を読むのは、中々億劫な作業です。語彙力もさることながら、主語・述語を見極めたり、前置詞の役割を理解したり、代名詞類が何を指しているのかを把握したり、やはりある程度の文法知識が無いと無謀です。
でも、逆を言えば、練習問題などの単文だけでは、イタリア語という言語の構成全体や習慣、独特のクセが理解できないので、文法を勉強して、ある程度の知識のストックが貯まってきたら、果敢に長文読解に挑んでいただきたい!ドンッ!(←机たたく)
読めば読むほど、文章を読むコツというか、テクニックも身についてきて、そんなに億劫にならなくなる・・・はずです。
レッスンでは、事前にお渡ししたものを読んできていただき、意味のとれない箇所をご一緒に解明していきます。

PA130109.jpg


そして、最後は作文です。
5、4級にはありませんが、3級ではイラストに描かれているものを決められた文字数で作文、準2級以上は与えられたテーマについて書きます。
イタリア語で文を書くという作業も、文の組み立て方が分からないことには難しいですし、組み立て方が分からないと話せない! 話すのは待ったなしの瞬発力が必要ですが、その前段階として、じっくり文を書いてみるというのは、話すことができるようになる上でも、いいトレーニングになる・・・はずです。

PA130110.jpg

(実用イタリア語検定2014年3級春季の問題より引用)



これは私の個人的な意見ですが、試験を受ける受けないは別として、イタリア語検定3級レベルの実力があれば、だいたいの日常会話はこなせると思いますし、イタリア人とのメッセージのやり取りも、結構イケるんじゃないかと思うんですよ。もっと幅のある、複雑な表現を使いこなすには、それ以上のレベルが当然必要ですが、ある程度コミュニケーションが取れれば嬉しい♪ということであれば、3級をガッチリ(ガッチリですよ!)ものにすればかなり自信になると思います。



おおよその目安ですが、近過去・半過去ぐらいまで勉強したら、5級4級の問題を。関係代名詞を初めとする代名詞群、命令形、未来形ぐらいまで勉強したら、3級の問題で聴解力・文法力・読解力・作文力を鍛えていくのが、ここ最近の私のお勧めです!同じ練習問題を解くにしても、実際に使われた試験問題を解く方が、何だかゲーム性があって楽しいじゃないですか!
レッスンでは、それプラス、そこに出てきた単語や熟語で文を作ったり、文法項目を使って話す練習もしていきますよ~!



PA130105.jpg




文法学習はある程度進んだけど、この後どうやって勉強したらいいか分からない、とお考えで、過去問を使ったレッスンにご興味をお持ちになった方は、ご一報下さいね!過去問のプリントはレッスン内で無料で差し上げます。



以上、試験前に問題解いて、答え合わせてして、ハイ、終わり。じゃあまりにもったいない検定過去問題集のご紹介とご提案でした。

(私は、イタリア語検定協会の回し者ではありません・爆)


in bianco 白いの - 2018.10.08 Mon

P2060014_201810082339077ea.jpg

Proporzione squilibrata

2頭身




Si tratta di una piccola cosa, ma ci fa anche pensare per un secondo ・・・

ほんのちょーっとしたことなんですがね、数秒ほど「ん?」と思ったりするわけです ・・・




commessa: Desidera, signora?
店員: 何かお探しですか?

signora: Senta, ho visto una camicia celeste in vetrina.
C'e` anche in bianco?

客: ええと、ウィンドーに水色のシャツを見たんですが、白いのもあります?




A me suona piu` naturale dire "C'e` anche una / quella bianca?" perche` il colore segue di solito il nome, ma ho saputo che "in bianco" si usa quando ci sono le altre versioni di colore e si vuole uno uguale ma in colore bianco, quindi non si dice mai "Senta, avete una camicia in bianco?" ma "Avete una camicia bianca?".

「シャツ」を繰り返さずに「白いの」と言うなら、C'e` anche una / quella bianca? みたいに、「の」にあたる una とか quella を入れたくなっちゃいます。だって、色は通常名詞とセットですもん。
でも、色んな色のシャツがあって、それの白いバージョンが欲しい、という場合、versione 「バージョン」や colore 「色」を省略した in bianco という表現になるってことを改めて知りました。あくまでも、他の色があってこその話なので、いきなり Senta, avete una camicia in bianco? 「ええと、in bianco のシャツはありますか?」と言うのは変で、こういう場合は、Avete una camicia bianca? 「bianca なシャツはありますか?」と言うべきなんですね。




6ad13c14-9bf7-4b2a-b434-0be6816953e6.jpg

C'e` anche in bianco?
= C'e` anche in versione bianca?
= C'e` anche in colore bianco?




Per il momento e` tutto! Ciaoooo!

こんなコンマイことばっか考えててどーするよ、と我ながら思う。人間もっと大きく!
今日は以上です!チャオ~!




ottobre 10月 - 2018.10.03 Wed

P8100006.jpg

Ho fame da lupiiiiiiii!!!!!!

腹へったーーー!!!!!!!





Passato un tifone tanto pazzesco da aver paralizzato quasi tutti i mezzi pubblici non solo di Tokyo ma forse anche quelli di tante altre regioni... e` tornato di nuovo il caldo.

ちょっとどうかしてるぜ級の台風が、東京の交通網を麻痺させ、恐らくは他の地域の色んなもんもエライ目に遭わせながら、ワァァーーッと駆け抜け・・・そして再び暑さが戻ってきました。




Ora sto infatti in maglietta senza maniche e a piedi nudi, e un vento caldo che soffia sul viso non e` assolutamente quello di ottobre...

実際、今ワタクシ、ノースリーブのTシャツに裸足ですし、日中吹いてる生ぬるい風といったら、10月のそれとはとても思えません・・・




di ottobre...
10月の・・・




di ottobre...
10月の・・・




di ottobre = ottobrino!!




Ecco, questo e` quello che volevo scrivere oggi!
Sono rimasta meravigliata quando ho saputo che alcuni mesi hanno il proprio aggettivo!

ハイ、これが今日書きたかったことです!
「10月の」といえば di ottobre なわけですが、di 込み込みの ottobrino 「10月の」という形容詞が存在するという事実!
10月だけじゃなくて、12ヶ月の中には、自分の形容詞をもつものがいくつもあるという、衝撃の事実にアナタはついて来られるか?!



gennaio 1月 → ??

febbraio 2月 → febbraiolo 2月の、2月にできる

marzo 3月 → marzolino 3月の、3月にできる

aprile 4月 → ??

maggio 5月 → maggiaiolo 5月の、5月にできる

giugno 6月 → giugnolo 6月の、6月にできる

luglio 7月 → ??

agosto 8月 → agostino/agostano 8月の、8月にできる

settembre 9月 → settembrino 9月の、9月にできる

ottobre 10月 → ottobrino 10月の、10月にできる

novembre 11月 → novembrino 11月の、11月にできる

dicembre 12月 → dicembrino 12月の、12月にできる



Questi aggettivi praticamente non mi sono tanto familiari, o meglio non li avevo mai usati, ma secondo alcuni siti, sembra che vengano usati come queste frasi:

フェブライオーロだの、マルツォリーノだの、とんと馴染みのない形容詞。つか、使ったことないし。でも、いくつかサイトで見てみると、こんな風に使われるようです。



La neve marzolina dura tutto il giorno
3月の雪は一日中続く

I vini ottenuti dalle uve agostane
8月に熟したブドウからできたワイン

Il cachi e` la frutta ottobrina
柿は10月の果物だ

La nebbia novembrina ha coperto tutto il campo
11月の霧が、平野全体を覆った

In queste fredde giornate dicembrine non c'è niente di meglio che gustare un piatto di zuppa bollente
12月のこんな寒い日は、熱々のスープを飲むに限る




frutta_20181002233412ca2.png

frutta ottobrina
10月の果物




Ma scusa, per gennaio, aprile e luglio? Chissa` perche` ma non si trovano ne` sul dizionario ne` su siti internet...
Qualcuno ci saprebbe dire se esistono?

「2月の」「5月の」などという形容詞が存在するなんて、動詞 imburrare 「バターを塗る」を発見して以来のオドロキですが、ところで、1月と4月と7月はぁ~?これの形容詞は無いのぉ~?
辞書にもネットにも見つからないのだけど、9ヶ月分はあるのに、この3つが無いのが妙に悔しい。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報を!






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (110)
grammatica 文法 (52)
espressioni 表現 (122)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (7)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (62)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (46)
ringraziamento 感謝 (29)
pubblicita` 宣伝 (17)
Circolo Massimo (21)
etc その他 (84)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}