FC2ブログ
36 (2)

2019-02

strane espressioni idiomatiche del mondo 世界のヘンな慣用句 - 2019.02.25 Mon

P2191290.jpg

Che buffo questo mondo...

ウケるね・・・




Ho trovato una pagina molto interessante!

私好みのオモロイ記事を見つけました!



esp.png

  慣用表現 世界の最もヘンテコな言い回し



tratto da こちらより引用 Viking Blog



< inglese 英語

As cool as a cucumber
= Freddo come cetriolo キュウリみたいに冷たい
→ Essere calmo e/o rilassato 冷静である、あるいは/そしてリラックスしている


tedesco ドイツ語

Jemandem einen Bären aufbinden
= Legare un orso a qualcuno 熊を誰かにくくりつける
→ Prendere in giro qualcuno 人をからかう


olandese オランダ語

Hair op per tanden hebbe
= Avere i capelli sui denti 歯に髪をもっている
→ Essere decisi e determinati 決断力があって動じない


italiano イタリア語

Non tutte le ciambelle escono col buco ドーナッツが全て穴あきとは限らない
→ Non sempre le cose riescono come si vorrebbe 全てがいつも思うように行くとは限らない


polacco ポーランド語

Musztarda po obiedzie
= Mostarda dopo pranzo ランチの後のマスタード
→ E` troppo tardi per far qualcosa perche` e` gia` successo
何かをするには遅すぎる、だってもう終わっちゃってるから


svedese スウェーデン語

Glida in på en räckmacka
= Avanzare scivolando su un panino di gamberetti 小エビのパニーノの上で滑りながら前進する
→ Avere una vita facile 気楽な生活を送る


arabo アラビア語

أصوم وأفطر على بصلة
= Rompere il digiuno con una cipolla 玉ネギで断食を破る
→ Ottenere meno di quello che t'aspettavi 手にした物が、期待していたより少ない


islandese アイスランド語

He Það pylsuendanum rúsínan í
= L'uva alla fine dell'hot dog ホットドックを食べた後のブドウ
→ Una sorpresa inaspettata alla fine di qualcosa 何かの後の思いもよらないサプライズ


norvegese ノルウェー語

Å svelge noen kameler
= Ingoiare qualche cammello ラクダを飲み込む
→ Arrendersi 降伏する


francese フランス語

Quand les poules auront
= Quando i polli hanno i denti 鶏に歯がある時
→ Qualcosa che e` impossibile che succeda 起こり得ないこと


giapponese 日本語

ほっぺたが落ちる
= Le mie guance stanno cadendo 自分のほっぺたが落ちようとしている
→ Questo cibo e` ottimo これ、メッチャ美味しい



ojisan.png

Ohhhh! E` un piacere che si sia classificato anche quello giapponese!

おぉー、ほっぺたも堂々のランクイン!




Non voglio la mostarda dopo pranzo!
ランチの後のマスタードはいらない!

Non voglio ingoiare cammello!
ラクダも飲み込みたくない!

Voglio invece le ciambelle tutte col buco!
その代わり、いつも穴あきのドーナッツが欲しい!

Voglio anche l'uva alla fine dell'hot dog!
ホットドックの後のブドウも欲しい!

Per ottenerle, cerchero` di essere sempre fredda come cetriolo
avendo i capelli sui denti,
e faro` del mio meglio per avanzare scivolando su un panino di gamberetti!!
それを手に入れるには
キュウリのように常に冷たく、歯には髪をもつように努め
そして、小エビのパニーノの上で滑りながら前進できるように頑張るぞ!

... magari divorando qualcosa che mi fa cadere le guance!
・・・で、ほっぺたが落っこっちゃうようなウマいもん食べながら滑れると、なおいいなぁ~




P.S. Andate assolutamente a vedere le vignette del sito che sono davvero spiritose!
引用させてもらったサイトのイラストも絶対見て下さいね!よくこんな絵思いつくな、って感じだから!
Viking Blog



pronome diretto+si 直接目的語代名詞+si - 2019.02.19 Tue

 P2071283.jpg

Da qui vi sto guardando se state studiando o no!

みんなが勉強してるかどうか、ここから見張ってるからね~





Se volete potete chiamarmi maniaca della grammatica italiana. Appunto, lo sono!

皆さん、私をイタリア語文法マニアと呼んで下さって構いません。実際そうだから。ウフフ




Se mettiamo il complemento all'inizio della frase, bisogna ripetere il pronome diretto corrispondente:

普通、直接目的語は他動詞の後ろにくるわけですが、それを文頭に置いた場合は、直後にその直接目的語を受ける代名詞を繰り返さなくちゃいけない、というルールがあります。日本語の「~を~する」が「~は~する」になるイメージ。



Mangio il gelato dopo cena.
ジェラートを夕食後に食べる

Il gelato lo mangio dopo cena.
ジェラートは、(それを)夕食後に食べる


Devi fare subito i compiti!
すぐに宿題をしなくちゃだめよ!

I compiti li devi fare subito!
宿題は、(それを)すぐにしなくちゃだめよ!


Vuoi il caffe` caldo o freddo?
ホットコーヒーとアイスコーヒーとどっちがいい?

Il caffe` lo vuoi caldo o freddo?
コーヒーは、(それは)ホットとアイスどっちがいい?


Vuole le olive nere o verdi?
黒オリーブとグリーンオリーブとどちらがいいですか?

Le olive le vuole nere o verdi?
オリーブは、(それは)黒とグリーンとどちらがいいですか?




Poi "si" impersonale richiede il verbo alla terza persona singolare:

直接目的語を文頭に置いた場合のルールが分かったところで、次は、「人はみんな~です」を意味する非人称の si なんですが、これはいつも動詞の3人称単数が後ろにきますね。



In Italia si parla molto.
イタリアでは、人はみんなよくしゃべる



で、お次は受身の si ですが、これは動詞の後の名詞が、実は受身形における主語なので、それが単数なのか複数なのかによって、動詞も3人称の単数か複数かが決まります。



In Iitalia si mangia molta pasta.
イタリアでは、人はみんなよくパスタを食べる

In Italia si bevono molti caffe`.
イタリアでは、人はみんなよくカフェを飲む





Mi state seguendo fin qua?
Allora, entriamo nell'argomento principale!

みんな~、ここまでちゃんとついて来てますかー?
では、本題に入りましょう!




In Italia si mangiano gli spaghetti al dente.
イタリアでは、人はみんなスパゲッティをアル・デンテで食べる



Se mettiamo "gli spaghetti" prima del verbo, come cambiera` la frase??
この文の gli spaghetti を動詞の前にもってきたら、文の構成はどう変わると思います?



In Italia gli spaghetti...
イタリアでは、スパゲッティは・・・

In Italia gli spaghetti li...
イタリアでは、スパゲッティはそれを・・・

In Italia gli spaghetti li si...
イタリアでは、スパゲッティはそれを、人はみんな・・・

In Italia gli spaghetti li si mangiano al dente...?
イタリアでは、スパゲッティはそれを、人はみんなアル・デンテで食べる・・・?



26157518_454867244909933_1521297834517725184_n.jpg



4J7X7ZbTGRSufEm_7475_2019021809432238f.jpg

In Italia si mangiano gli spaghetti al dente
イタリアでは、人はみんなスパゲッティをアル・デンテで食べる

In Italia gli spaghetti li si mangia al dente
イタリアでは、スパゲッティは、人はみんなアル・デンテで食べる





Nella frase "si mangiano gli spaghetti al dente", il soggetto e` "gli spaghetti" perche` e` la forma passiva, cioe` sta per dire "gli spaghetti sono mangiati al dente".
Ma se mettiamo "gli spaghetti" prima del verbo, cosi` come "il gelato lo mangio dopo cena", ci vuole il pronome corrispondente "li" e cosi` "gli spaghetti" non e` piu` il soggetto ma il complemento diretto. E chi li mangia? Le persone generali. E quindi ci vuole "si" impersonale, e di conseguenza il verbo deve essere alla terza persona SINGOLARE!

si mangiano gli spaghetti al dente という文は、gli spaghetti sono mangiati al dente という受動態を、受身の si を使って言い換えただけなので、主語は gli spaghetti。だから動詞も3人称複数形。
だけど、il gelato lo mangio dopo cena 「ジェラートは(それを)夕食後に食べる」のように、gli spaghetti を動詞の前に置くと、それを受ける直接目的語代名詞 li を繰り返さなくちゃいけないから、gli spaghetti はもはや主語ではなく、直接目的語になっちゃって、じゃあ、それを誰が食べるのかというと、「人はみんな」なので、非人称の si が必要になって、そうなると動詞も必然的に3人称単数形になるとっ!!



A: Dove si trovano i libri storici dell'antica Roma?
古代ローマの歴史の本はどこで手に入りますか?
B: Di solito li si puo` trovare ai musei Vaticani.
たいていは、バチカン美術館で(それらが)手に入りますよ


A: In Italia prima si facevano le tagliatelle a casa.
イタリアでは、昔はタリアテッレを家庭で作っていたよね
B: Esatto, ma ora normalmente le si compra al negozio di alimentari.
そうだね。でも今は、みんな(それらを)食料品屋さんで買ってるね


A: Sai come si mangiano i calciofi?
カルチョフィって、どうやって食べるか知ってる?
B: No, come li si mangia?
いや、どうやって(人はみんなそれを)食べるの?



028_20190219160055821.png
Ecco perche` mi piace l'italiano...

だから、イタリア語好きよ・・・




espressioni utili 便利な表現 - 2019.02.12 Tue

IMG_0176.jpg

(Non combina altro che guai quel piccolo... )

(こういうことばっかやってくれる・・・




Ho sempre voglia di far conoscere ai lettori piu` periodicamente le espressioni utili in cui mi sono imbattuta qua e la` negli ultimi giorni, ma la pigrizia mi ostacola ogni giorno e il tempo passa senza accorgermene.

こんな言い回し見つけたー!とか、こういう風に言えばいいのかー!とか、あちこちで出会ってはいちいち感動に震えた表現を、もっと定期的に皆さまにお知らせしたいしたいと常日頃思ってはいるんですが、アレレ?と思ってるうちに軽く10日間は過ぎているという、このテイタラク。




E oggi ho finalmente avuto il tempo di mettermi a fare un elenco della "scorta".

そんな不定期にもほどがある、これは便利だイェーイェーイェーイ!のストックを久しぶりに公開です。



Il mio cane ha 5 anni che sarebbero circa 40 in anni umani.
うちの犬は5歳なんだけど、人間の歳でいうと40歳くらいかな

Ohhh, in questo caso richiede la preposizione "in"!
こういう場合は、前置詞 in なのですね!


Ho studiato tantissimo come non avevo mai fatto in vita mia.
人生でこんなに勉強したことない

Questo me l'ha fatto sapere un mio amico-insegnante italiano mentre facevamo la prova di colloquio per l'esame dell'altra volta. Io ho spontaneamente detto "Ho studiato tantissimo senza precedente" ma lui mi ha suggerito che "in vita mia" suona molto meglio.

これは、私の友人&先生のイタリア人に、先日の面接の練習をしてもらった時に指摘してもらいました。私はとっさに Ho studiato tantissimo senza precedente 「これまでないほど勉強した」と言ったんですが、in mia vita 「自分の人生でしたことないぐらい」の方がいいということでした。なるほど!


La parola "proprio" si accorda in genere e numero con il nome al quale si riferisce
proprio という言葉は、性と数において、それが指している名詞に(語尾を)合わせる

Ecco, questo e` abbastanza complesso. Bisogna sapere tre cose: due verbi riflessivi "accordarsi con ql.co." e "riferirsi a ql.co.", e il pronome relativo "quale", quello piu` complicato di "cui".

ハイ、これはちょっとややこしいですよ。
accordarsi con ql.co. 「~と合致する」と、riferirsi a ql.co. 「~を指す、言及する」の二つの再帰動詞をまず押さえて、前置詞+定冠詞+quale のめんどくさい方の関係代名詞トリオでもって、エイヤッと文をつなげております。genere e numero が 「名詞の性と数」であることも覚えておかなきゃいけないですね。ふぅ~


Di recente non mi collego spesso a Facebook
最近は、FBはあんまり使ってないんだ

Non "uso" ne` "vedo" ma "mi collego a...". Me ne sono convinta.

uso 「使う」でもなく、vedo 「見る」でもなく、mi collego a... 「~に接続する」かぁ。ナットク!


Lei ha fatto spallucce borbottando qualcosa
彼女は、なにかブツブツ言いながら肩をすくめた

Vedo spesso gli italiani fare spallucce, ma la parola "spalluccia" non l'avevo mai sentita.
La possiamo anche chiamare la posa di "Boh""?

ワタ~シ、ワカ~リマセン、などと言いながら外国人の真似をして肩をすくめたりしますが、アレです。Boh! 「ボッ」のポーズと命名してもいいでしょう。
fare spallucce 「(無関心、軽蔑、不快感を表して)肩をすくめる」という成句があるとは知りませんでした。



s3-news-tmp-136481-idontknow--2x1--940.png



Insistere ha dato i suoi frutti
ねばり勝ち

Questa frase me l'ha mandata un mio amico italiano quando gli ho detto che avevo finalmente superato l'esame d'italiano.
Un'espressione di questo genere non mi verrebbe mai in mente!

イタリア語検定に合格した旨を伝えた時の、イタリア人の友人がくれたメッセージです。
insistere は、「固執する、執拗に~し続ける、繰り返す」ことですが、直訳すると、「しつこく続けたことが実を結んだ」ですね。ずっと頑張った甲斐があったね、という温かいメッセージなわけですが、もらった瞬間に頭に浮かんだ訳が、なぜか「ねばり勝ち」でした笑


Sono all'ultimo dei 30. Resisto ancora prima di cambiare decade
30代最後の歳だよぉ。40代になるまで、まだふんばるぞ。

L'altro giorno e` stato il compleanno di un mio amico. Gli ho chiesto quanti anni ha compiuto e mi ha risposto cosi`.
Il concetto e` semplice, ma non riuscirei a fare una frase come mi ha scritto.

この前、友人の誕生日だったもんで、何歳になったの?と訊いたら、こう書いてきました。
sono all'ultimo dei 30 「30代最後」は、書けそうで書けない!絶対覚えておきたいフレーズ!
decade は、「10を単位とする一組」だから、「10日」とか「10年」を意味して、cambiare decade で、「次の10年、つまり30代から40代に突入すること」を表現してるってわけですね~!嗚呼、逆立ちしても出てこないぞ、こんなの。




christ_2019021123252072a.jpg

Grazie cari amici, libri, internet
per avermi riempito di tante belle locuzioni!



なるほどガッテンな表現で満たしてくれた人たち、物たちに感謝!





vedere vs incontrare 会う vs 会う - 2019.02.04 Mon

937015.jpg

Quando avevo ancora due mesi

まだ生まれて2ヵ月だったころ





Se voglio dire 明日パオロに会う (ashita Paolo ni au) in italiano, di scelte ce ne sono quattro:

「明日パオロに会う」と言いたい場合、可能性としては4つ。


Domani vedo Paolo

Domani incontro Paolo

Domani mi vedo con Paolo

Domani mi incontro con Paolo



o0162016212229231691_201902040912156f3.jpgvedere ql.cu / incontrare ql.cu
(transitivo 他動詞)

vedersi con ql.cu / incontrarsi con ql.cu
(riflessivo 再帰動詞)


"vedersi" e "incontrarsi" li ho sempre usati nel senso reciproco ma effettivamente hanno anche una funzione intrasitiva!

パオロに会う、ごときになんで4つもあるんだよぅ!
vedersi、incontrarsi といえば、「お互いに会う」ことばかり考えてきたけど、con をはさんで「自分が~と会う」という自動詞でもあるのです!(緑の辞書にも載ってない)




Ho sentito che sono piu` o meno uguali ma la differenza della sfumatura c'e`:
じゃぁ、この4つに違いがあるかというと、基本的にはほぼ同じ。だけど、他動詞と再帰動詞にニュアンスの違いがあるらしい。



Domani vedo Paolo

→ domani vado a scuola e li' ci sara` sicuramente anche Paolo, e quindi lo vedro`
→ 明日学校に行けば、そこには絶対パオロもいるから、必然的に会うことになる

Domani incontro Paolo

→ idem
→ 同上

Domani mi vedo con Paolo

→ domani ho un appuntamento con Paolo, oppure anche senza, so che li` ci sara` lui
→ 明日はパオロと会う約束をしている、あるいは約束していなくても、そこに行けば彼に会えることが分かっている

Domani mi incontro con Paolo
→ idem
→ 同上



Quando invece ti chiedo se vedi Paolo domani, meglio chiedere con "vedere" piuttosto che "incontrare" perche` il verbo "incontrare" ha un senso di imbattersi inaspettamente, o mi sbaglio?

一方、「明日、パオロに会う?」と人に訊く場合は、会う約束をしているかどうかを訊いているわけじゃないので、vedere を使うんですね。incontrare は本来「ばったり出くわす、遭遇する」という意味だから、この場合はちょっと変らしい。
自分で「パオロに会う」という時は、どっちで言ってもほぼ同じで、人に訊く場合は vedere の方がいい、というのも、ちょっと責任者出てきなさいの部類に入るけど、ま、仕方ない。


Domani vedi Paolo a scuola? Gli puoi dare questa da parte mia?

→ 明日、学校でパオロに会う?これ、私からだって彼に渡してくれる?



Se ti chiedo se hai un appuntamento con lui, allora ti chiedo con il verbo riflessivo.

彼と会う約束をしているのかどうかを訊きたいなら、再帰動詞で訊くと。


Domani ti vedi con Paolo? Cosa farete di bello?

Domani ti incontri con Paolo? Cosa farete di bello?

→ 明日、パオロと会うことになってるの?何するの?(←どんなステキなことするの?)



222_2019020423420015c.jpg




Poi c'e` un'altra cosa.
Bisogna sapere che cambia il significato dipende dal contesto nel caso seguente.

で、もう一つ。
以下のような場合は、文脈によって意味が変わってくるってことも覚えとかなくちゃいけないですね。



A: Qualche novita`? Cosa hai fatto oggi?
なんか目新しいことある?今日なにした?

① B: Ho visto (Mi sono visto con) Paolo e abbiamo mangiato insieme.
パオロと会って、一緒にご飯食べたよ

② B: Ho visto Paolo alla stazione! Sai cosa? Stava con la sua ex ragazza!
パオロを駅で見かけたよ!それがさ、元カノといたんだよ!

③ B: Ho incontrato (Mi sono incontrato con) Paolo e abbiamo mangiato insieme.
パオロと会って、一緒にご飯食べたよ

④ B: Ho incontrato Paolo mentre camminavo! Che sorpresa! Non lo vedevo da tempo!
歩いてたら、パオロにばったり会ったんだよ!もうビックリ!しばらく会ってなかったからなぁ~!




Insomma, sono due verbi abbastanza difficili da usare di quanto pensino gli italiani.
Ma io innanzitutto dovro` padroneggiare "vedersi con" e "incontrarsi con"!

「会う」「会うことになってる」「ばったり会った」「見かけた」などなど、日本語ネイティブだからサラッと書いてるけど、外国人にとっては、それぞれの違いは覚えにくいのかもしれないですよねぇ。それと同じく、vedere と incontrare のニュアンスの違いって9割分かってても、な~んかモヤモヤします。
ま、それよりも、ワタシテキには、mi vedo con Paolo、さらには mi sono vista con Paolo という言い方のなんとも言えない違和感を克服せねば、と思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話、接続詞を強化しませんか? ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書 (2019.5.6)

Amazon限定販売

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (123)
grammatica 文法 (56)
espressioni 表現 (134)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (8)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (49)
ringraziamento 感謝 (34)
pubblicita` 宣伝 (21)
Circolo Massimo (23)
etc その他 (91)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}