FC2ブログ
101312.jpg

2019-04

litigare 喧嘩する - 2019.04.27 Sat

543430.jpg

Le piaceva fin da piccola strappare il dizionario

小さい時から、辞書をビリビリするのが好きだった





Ci sono delle azioni che non possono essere fatte senza avere l'altra persona. (mi sono spiegata bene? )
Ovvero si tratta dei verbi riflessivi reciproci.

相手がいなくちゃできないことってありますよね?(よね?ったって、言いたいこと分かりますかね。
つまりは、お互いに「~し合う」を意味する、相互再帰動詞のお話なんですがね。




vedersi 互いに会う

conoscersi 知り合う

chiamarsi 互いに電話し合う

frequentarsi つき合う

amarsi 愛し合う

abbracciarsi 抱き合う

baciarsi キスする

sposarsi 結婚する




Ok, fin qua si e` tutti felici.

オケー。ここまでは、誰しもがハッピーね




matrimonio.jpg




Dopo alcuni anni pero` spesso arriva la crisi e cominciano a

でも、数年後にはそりゃまぁ色んなことが起きてきて、誰しもがすることと言えば、




litigarsi 口喧嘩する




Ecco. Questo e` il tema su cui voglio parlavi oggi.
ハイ、これが本日のテーマです。




Ho saputo molto recentemente che
ごくごく最近知ったんですが、



o020002001352027225551_20190427221223e94.gif

"litigarsi" non viene usato per dire loro due fanno litigi!!

「~と口喧嘩する」は litigare、じゃ「互いに口喧嘩する」は litigarsi、かと思いきや、そうは言わないんです!





Ehhhh! Strano!! Il litigio non si puo` fare da solo cosi` come frequentarsi, amarsi e sposarsi, no?

えぇぇーっ!なんで~?口喧嘩って、一人じゃできませんよね。絶対相手が要りますよね。つき合ったり、愛し合ったり、結婚したりするのと同じで、相手あってのことですよねっ!?




Ma ho subito saputo che fare litigi si può sostituire solamente con il transitivo "litigare", e che il riflessivo "litigarsi" vuol dire solo contendersi qualcosa, cercare di ottenere qualcosa facendo a gara o competendo con qualcun altro.

でもね、すぐ分かったんです。
「互いに口喧嘩する」っていうのは、自動詞の litigare でしか言えなくて、相互再帰動詞の litigarsi は、「何かを誰かと競い合う、奪い合う、争い合う」っていう意味しかないってことを。だから、litigarsi の後には、何を巡って争ってんの?という内容が必要だってことを。



I bambini litigano sempre.
子どもたちは喧嘩ばかりしている

I nostri vicini di casa stanno litigando ad alta voce.
うちの近隣が大声で喧嘩している

Basta! Smettete di litigare!
いい加減に喧嘩はやめなさい!


I bambini si litigano per aver l'ultima caramella.
子どもたちは、最後の一個の飴を取り合っている

Loro due si litigano il titolo di campione.
彼ら二人は、チャンピオンの座を奪い合っている

I fratelli si litigano l'eredita` del loro padre.
兄弟は、父親の遺産を巡って争っている




Per quanto riguarda me, tanto non voglio litigare ne` ho intenzione di contendere con qualcuno per ottenere qualcosa, quindi non credo di aver necessita` di distinguere la loro differenza pero`.

私個人は、だれかと喧嘩したり、何かを奪い合ったりする気はさらさらないので、この二つの違いを区別しなくちゃいけない時があるとも思えないからいいんだけども。




carne 肉 - 2019.04.21 Sun

083.jpg

Pakkun III, quando aveva un mese circa

ぱっくん3号、生後約1ヶ月のころ





Per favore! Non mettere troppa carne al fuoco!!

たのむ!火の上にあんまり肉を乗っけないで!


0402.jpg


In fatti, in questo modo non si può sorvegliare tutta la carne, cosi` una parte potrebbe rischiare di bruciare e l'altra di restare cruda.

こんなに乗っけたら、肉たちの焼け具合を監視できなくて、こっちは焦げ焦げ、あっちは生焼け、ワーワーやってる間にファイアーなんてことも。



16686235.jpg

carne in fiamma
燃える肉



Molto spiritoso il modo di dire "mettere troppa carne al fuoco" che sta a significare "dedicarsi a troppe cose, oppure intraprendere troppe attività iniziative contemporaneamente" che nella maggior parte dei casi puo` causare un risultato negativo.

オモロイな~と思うのは、 mettere troppa carne al fuoco 「火に肉を乗せすぎる」という熟語が冗談抜きにあることです。
意味は、「あまりに多くのことをいっぺんにやろうとすること」 で、そんなことすると、得てしてロクな結果にならないよ。バーニング焼肉のようにね。というのが教えであります。



Secondo me nella tesi hai messo troppa carne al fuoco, prova ad abbreviarne un po'.

私に言わせれば、君は論文に肉を盛り込み過ぎたね(=色んなこと書き過ぎた)。もうちょっと要約してみれば?


Oggi la lezione non e` andata tanto bene. Forse ho messo troppa carne al fuoco e magari gli studenti si sono imbarazzati.

今日は、レッスンがあまりうまくいかなかった。多分、肉を乗せすぎちゃって(=色んなこと教え過ぎて)、生徒たち、困惑したかもなぁ。


Se c'è troppa carne al fuoco in un tempo troppo breve, infine si finira` per non poter giungere al traduardo.

短時間に肉を火に乗せすぎたら(=一気に色んなことやろうとすると)、結局は目標を達成できない。


Ho tante altre cose da spiegarti, ma non metto troppa carne al fuoco perche` non voglio crearti confusione.

他にも説明したいことあるんだけど、肉を火に乗っけるのは(=これ以上言うのは)やめとくね。君を混乱させたくないからね。



f5279b7101ef0247c7f89cef25e08d07.jpg

Piano piano, neeee...

何ごともちょっとずつねぇ...



sono o siamo? 私?私たち? - 2019.04.14 Sun

P3310234.jpg

Grazie di cuore per le vostre condoglianze e per aver provato la compassione per me.
Saro` per sempre nel vostro cuore...


皆さま、温かいお言葉を本当にありがとうございました。
優しいお心遣いが沁みます・・・。
絶対、その辺飛んでる!パタパタパタパタパタパタ・・・


IMG_0462.jpg



Allora, mi rimetto a studiare.
では、気を取り直して、勉強再開。





L'altro giorno mentre facevo gli esercizi di CILS, l'esame organizzato dall'Universita` per stranieri di Siena, mi sono imbattuta nella seguente domanda:

先日、シエナ外国人大学が行っているCILS試験の問題を解いてたら、次のような問題が出てきました。




Avevo 12 anni quando (visitare) per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non (dimenticare) i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito (andare) in un'agenzia di viaggi e....

サルデーニャのマッダレーナ島を初めて訪れたのは、私が12歳の時だった。そのヴァカンツァで体験した潮の香りと海の色を今でも覚えている。というわけで、去年の夏、夫と一緒に私は旅行代理店に行き・・・





Si deve completare il testo con le forme giuste dei verbi tra parentesi, e sinceramente non e` stato tanto difficile, almeno mi sembrava.

カッコの中の動詞を適切な形にしなさい、という問題なんですが、そ~んなには難しくないかも、と思いました。少なくともパッと見は。




Avevo 12 anni quando ho visitato per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non dimentico i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito sono andata in un'agenzia di viaggi e....





Tutti i verbi del testo li ho coniugati e sono andata tranquillamente a controllare le soluzioni... e qui mi aspettava una cosa INCREDIBILMENTE SCONVOLGENTE!!!

全部で20個あるカッコの動詞を、こうであろうと思われる形にホイホイと変えて、では答え合わせを、と解答を見たらば・・・そこには、なんとも大変ショーゲキテキな答えが待ち受けていました!




Le soluzioni dicono:
答えが言うには、




Avevo 12 anni quando ho visitato per la prima volta l'Isola della Maddalena, in Sardegna. Di quella vacanza non dimentico i profumi ed i colori del mare. Cosi` l'estate scorsa con mio marito siamo andati in un'agenzia di viaggi e....

サルデーニャのマッダレーナ島を初めて訪れたのは、私が12歳の時だった。そのヴァカンツァで体験した潮の香りと海の色を今でも覚えている。というわけで、去年の夏、夫と一緒に私たちは旅行代理店に行き・・・





o0162016212229231691_2019041415062022b.jpgMa come mai?!
Perche` "siamo andati"?! Perche` il soggetto e` NOI?!
Dice che "con mio marito" quindi sono io che sono andata con lui in un'agenzia di viaggi, no?!

えぇぇーっ!なんでなんで?!
なんで、「私たち」が主語なの?!
con mio marito 「夫と一緒に」って書いてあるんだから、彼と旅行代理店に行ったのは「私」ですよね?!





Sono andata con mio marito al cinema.
私は夫と一緒に映画に行った

Io e mio marito siamo andati al cinema.
私と夫は映画に行った



La suddetta regola e` quella su cui non avevo mai avuto dubbio da 30 anni!

「夫と一緒に」なら主語は「私」!
「私と夫」なら主語は「私たち」!
人生このかた、このルールに疑いをもったことなんて一度もありまてん!!





... ma mi chiedo se sara` possibile che l'Universita` per stranieri di Siena faccia un errore cosi` distratto...

・・・でも、シエナ外国人大学が、こんなうっかり間違えをするなんて有り得るだろうか・・・(時々あるんだけどね)





oppure...
そうか・・・





Non vorrei sentire che c'e` per caso una regola grammaticale che definisce

まさかとは思うけど、こんな文法ルールがあるなんて言わないよね・・・?



Sono andata con mio marito al cinema.
私は夫と一緒に映画に行った

ma
だけど

Con mio marito siamo andati al cinema.
夫と一緒に私は映画に行った



08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_20190414175014889.jpg


Ovvero, se "con mio marito" viene prima del verbo, il soggetto diventa NOI e non IO...?

つまり、con mio marito 「夫と一緒に」が動詞の前にくると、主語は「私」ではなく、「私たち」になるとか・・・?





Cari lettori madrelingua italiani, ci potreste far sapere i vostri parere su questo?
Altrimenti non riuscirei a dormire!

ここはもう、イタリア語母国者の皆さまのご意見をお寄せいただきたい!
日本人の方でも、あ、そういうルールになってるみたいだよぉ~、ということをご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお寄せ下さいまし。
解決しないと寝られない!(うそ)



E` salita al Cielo 天国へ - 2019.04.09 Tue



Bye bye, Pakkun...


p3.png

p5.png

p2.png

p4.png


Accoglieva tutti i miei allievi, e da questa posizione appoggiava sempre il loro studio osservandoli a volte con gli occhi severi da maestra.

レッスンにおいで下さる皆さまをハイテンションでお迎えし、いつもこの位置から皆さまの勉強を、時に厳しい目で(?)応援していました。

P4080247.jpg


Vola, Pakkun!!!
Vai al mondo dove ti aspettano tutti i tuoi compagni!!

翔べ、ぱっくん!!
仲間が待ってる空高く飛んで行け!



P1092654 (002) - コピー


... e a volte fatti viva!! E io ti faro` sapere come sta andando lo studio di tutti quanti.

・・・そして、たまにはどうしてるか知らせてね。
こっちからは、みんなが楽しく勉強できてるかどうか知らせるからね。


IMG_9984_20190409092207b1d.jpg



Ringrazio tutti voi che avete frequentato questo blog non soltanto per leggere i post ma anche per vederla!

ブログをお読みいただくついでに、この子を見るのを楽しみにして下さった皆さま、ありがとうございました。


roller coaster ジェットコースター - 2019.04.06 Sat

P3101324.jpg

Non sto bene e sono all'ospedale...

具合悪くて入院してます・・・





Perche` in italiano il roller coaster viene chiamato cosi`?

イタリア語でジェットコースターのことをこう呼ぶのはなぜか。



Sime_1.jpg



tratto da un articolo di こちらの記事から引用 Focus
russe.png

russe1.png

なぜ、montagne russe なんていう名前なのだろうか

Le montagne russe 「ロシアの山々」などという名前なのは、1800年代初頭、ロシアですでに流行っていた遊具に端を発しているからである。元々は、そりに乗って、ビューンッと急降下したかと思ったら、ところどころに点在する危険いっぱいの勾配をガーッと急上昇するアイスリンクのことであった。遡ること1700年代終わりに、ロシアの女帝エカテリーナ2世(1729-1796)が、廷臣たちを楽しませようと、自身の邸宅にある公園の丘の傾斜地に、短い間隔で上り下りできる遊技場を作らせ、そこが雪で覆われると、そりで上ったり下りたり、みんな大騒ぎだ!(←イメージ)(それで「ロシアの山」なのね)
montagne russe という言葉は、アイスリンクとそりを、レールに固定されたキャビンに替えて、そのアイデアを模倣したフランス人たちが考えた造語なのである。





Catherine_II_by_J_B_Lampi_(1780s,_Kunsthistorisches_Museum)

Grande Caterina!

エカテリーナ、エライ!


perché-si-chiamano-montagne-russe-storia

Grazie alla Sua spiritosita`

おもしろ物好きの貴女のおかげで



original-e06eb193b913675e163c2813a3f82fe3fdded877.jpg

oggi abbiamo queste Montagne Russe nel cuore di Tokyo,
le piu` antiche del Giappone nate nel 1958!
... forse le piu` paurose del mondo! !

東京のド真ん中にコレがあるんだね
1958年生まれ、日本最古のコレが!
・・・恐らくは世界で一番ヤバイやつ!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話、接続詞を強化しませんか? ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

CLICK⇒

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (123)
grammatica 文法 (56)
espressioni 表現 (137)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (8)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (49)
ringraziamento 感謝 (34)
pubblicita` 宣伝 (22)
Circolo Massimo (23)
etc その他 (91)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}