FC2ブログ
P4200282.jpg

2019-05

parole vecchie 古い言葉 - 2019.05.24 Fri

543393.jpg

Gia` cominciava il suo primo lavoro...

すでにこの頃からビリビリマシーン化・・・




Anche quest'anno e` finito il corso intensivissimo d'italiano per i dipendenti che andranno in Italia per lavoro. Si tratta di un "addestramento militare" tanto duro sia per gli studenti sia per l'insegnante (cioe` io) che si svolge ogni maggio con le lezioni di 8 ore al giorno per 2 settimane.
Pesante ma e` stato anche divertente: 3 giovani di circa 30 anni mi hanno seguito bene e hanno fatto grandi progressi partendo proprio da zero fino ad essere in grado di dire "Dovevo studiare italiano ma non l'ho fatto, perche` ero stanco", cioe` usare corretamente il passato prossimo e l'imperfetto. Complimenti davvero!

ハイ、今年も終わりました。イタリア赴任を控えたビジネスマン対象の、ウルトラ集中講座が。
毎年5月に行われる、この講座。1日8時間の勉強が2週間も続くという、士官学校の軍事訓練も真っ青なイタリア語強化合宿で、受講者にとっても、講師(つまりワタシ)にとっても、ウルトラハードなスケジュールなんでありますが、本日無事終了しました。
大変だったけど、楽しくもありました。30代の3名の若者たちは本当によく勉強されて、2週間でドンドン上達し、初日全くゼロだったイタリア語が、最終日には、Dovevo studiare italiano ma non l'ho fatto, perche` ero stanco 「イタリア語を勉強しなくちゃいけなかったんだけど、疲れてたからしなかった」なんていう、近過去と半過去を上手に使い分けた文まで作れるようになりました!
すごい!ホント、頑張りました!パチパチパチ!




A proposito della lezione, un giorno si sono imbattuti nella parola "sciarpa" e uno dei tre mi ha chiesto cos'era, e io gli ho risposto:

ところで、レッスンのとある日、sciarpa (シャルバ)という単語が出てきて、3名のうちのお一人が、シャルパってなんですか?と聞いてきたもので、ワタクシ、答えました。




シャルパはですね、スカーフのことです。ショールとか・・・

La "sciarpa" e` skaafu (in inglese "scarf"), o shooru (in inglese "shawl")...




Avrei dovuto fermarmi qui, ma chissa` perche` mi e` uscita una parola di troppo:

で、ここで止めときゃよかったのに、なぜだか余計な一言が口からポロッと。




それから、襟巻きとか。

... oppure "erimaki"





Avendomi sentito dire "erimaki", tutti e tre giovani hanno abbozzato un sorriso forzato.

「襟巻き」と聞いて、苦笑する3人の若者たち。



08842080f47b043936b84524da7e6c2b_400_201905241916190d7.jpg



Sapete perche`?
Perche` la parola "erimaki" - letteralmente significa la cosa che avvolge il collo - non la dice piu` nessuno! E` una parola usata forse fino agli anni '70, cioe` e` un vocabolo ormai vecchissimo ed antichissimo, quasi morto! Ora e` stato sostituito con la parola "mafuraa" (muffler in inglese, ma anche questo e` un mistero perche` muffler e` praticamente il silenziatore dell'auto, ma da noi "mafuraa" indica foulard. ).

なんで、エリマキなんて言葉が口をついて出ちゃったんだろっ!
「スカーフ」や「ショール」みたいな女性が使うもんじゃ男子は分からないかもしれない、と脳のどこかが勝手に瞬時に判断して、で、出てきた言葉がエリマキ。.
苦笑いしたってことは、30代でも意味は分かったってことだろうけど、それにしても、恐らくは1970年代あたりまでしか使われていない死語ですよ、死語。なぜ「マフラー」と言えなかったか、自分でも謎です。(「マフラー」は「マフラー」でこれも実は謎。だって、英語の muffler って車のマフラー(原動機)のことなんだもん。「マフラー」は scarf 「スカーフ」なんですね。)




m_01.jpg




Non so perche` ma in quel momento mi e` uscito "erimaki", un termine tanto nostalgico che ricorda mio papa`, ma e` stata un'opportunita` di pensare alle parole morte in giapponese.

思わず苦笑するノスタルジックな古びた言葉は、それを普通に使っていた父親を思い出したりしますが、もはや葬り去られた日本語をつらつら考えるきっかけにもなりました。



おかって → 台所 → キッチン
okatte → daidokoro → kicchin (kitchen) = cucina

こうもり → 傘
koomori = pipistrello → kasa = ombrello

ズック → スニーカー
zukku → sniikaa (sneaker) = scarpe da ginnastica

ズボン → パンツ
zubon → pantsu (pants) = pantaloni

茶の間 → 居間 → リビング
chanoma → ima → ribingu (living) = salotto

チリ紙 → ティッシュ
chirigami → tisshu (tissue) = fazzoretti di carta

チョッキ → ベスト
chokki → besto (vest) = panciotto

写真機 → カメラ
shashinki → camera = macchina fotografica



Praticamente tutti sono stati sostituiti in inglese tranne kasa!
Non chiedete quindi se qualcuno avesse "chirigami" quando volete soffiare il naso che fareste una brutta figura.

傘以外、英語になっただけやん!爆
「コウモリは持ったか?」「ズックを履いた方がいい」「オカッテから塩もって来て」なんて言ってた父に、「プッ!コウモリだって!ケケケ」と笑ったのが懐かしいですが、令和の今、「チリ紙もってる?」なんて言ったら、ケケケ!って笑われちゃいますよね。




Immagino che ci siano tante parole vecchie come queste anche in italiano.

イタリア語にもきっと、こういった、もう使われなくなった言葉っていっぱいあるんでしょうねぇ~。



pa・ma パ・マ - 2019.05.17 Fri

DSCF1602.jpg

A volte studiava con me

たまに一緒に勉強してました




padre (パードレ) 父

madre (マードレ) 母




papa` (パパ) パパ

mamma (マンマ) ママ




paterno (パテルノ) 父の、父方の

materno (マテルノ) 母の、母方の




patrizzare 体格、性格、容姿が父親に似る

matrizzare 体格、性格、容姿が母親に似る




... e a questo punto ho notato all'improvviso una cosa.
・・・ってことは、もしかして




images (2)

patrimonio (パトリモーニオ)財産、遺産

matrimonio (マトリモーニオ)結婚、結婚式




Sono due termini apparantemente simili! Similissimi!

この二つ、見た目が激似!!




E` naturale che io abbia supposto che queste due parole abbiano a che fare con "padre" e "madre", no? )))

パードレ・マードレからの流れで、パトリとマトリだもん、これきっと「父」と「母」になんか関係あるんだわ!と色めき立つのも無理ないってもんです。 )))













Il termine patrimonio deriva dall'unione di due lemmi latini "pater = padre" e "munus = dovere"; letteralmente il patrimonio è il "dovere del padre" e per estensione rappresenta tutte le cose che appartengono al padre e che vengono quindi lasciati ai figli...

patrimonio は、 pater = padre 「父」munus = dovere 「義務」 という二つの言葉から成る。よって、文字通りの意味は、「父親の義務」ということになり、ひいては、父親に属すること全てを指し、それは代々息子へと引き継がれる・・・(それで、「遺産」か!)


L'etimologia della parola matrimonio deriva, senza dubbio, dall'unione di due parole latine: mater (matris, nella forma del genitivo) = madre e munus = compito, dovere. Infatti, secondo il diritto romano, era compito prettamente materno dare legittimazione alla prole nata dall'unione biologica dei genitori...

matrimonio という単語の語源は、ラテン語の mater = madre 「母」munus = compito、dovere 「義務」の組み合わせであることは間違いない。ローマの法律によれば、母親の仕事は、生まれてきた子孫に正当性を与えること・・・(それで、「結婚」か!)


...dal latino matrimonium, da mater madre, intendendolo quale ufficio femminile riguardo la creazione e cura della famiglia - su modello di patrimonium, che invece si collega all'ufficio del padre di provvedere al sostentamento.

・・・ラテン語の matrimonium は、家族を増やし、世話をするという女性の任務を意味し、一方、patrimonium は、家族を養う父親の義務と結びついている。


tratto da こちらより引用 etimoitalianouna parola al giorno





Il dovere di padre = sostentare la famiglia e rimandarla ai figli ⇒ "patrimonio"
父親の義務=一家を養い、それを子孫に受け継ぐ ⇒ patrimonio 「遺産、財産」

Il dovere di madre = creare e curare la famiglia ⇒ "matrimonio"
母親の義務=家族を増やし、世話をする ⇒ matrimonio 「結婚(して子を増やす)」



Non so se questa "definizione" abbia ragione o no riguardando a questi ultimi tempi, ma comunque mi sono convinta lo stesso a proposito di "patrimonio" e "matrimonio".

この「定義」が、この時世に照らし合わせて妥当かどうか別として、とりあえず、patrimonio と matrimonio がやっぱり「父」と「母」に関連してたことだけは大いに納得しました。



unesco-toscana.jpg

Patrimonio UNESCO in Italia

イタリアの世界遺産




sinonimi 類義語 - 2019.05.10 Fri

543343.jpg

Che grossa lingua aveva!

ビッグなベロだったね!




L'altro giorno alla lezione ho letto con un'allieva una lettura dell'esame CILS svolto nel 2015, e ho notato una cosa interessante, ma anche imbarazzante.

先日のレッスンで、2015年に出題されたCILS試験の長文読解を生徒さんと一緒にしていたんですが、興味深い・・・というか、いやはやまったく(疲)なことを改めて感じることがありました。




Ecco l'estratto di esso:
こちらが、その試験の抜粋です。





LO SPORT RITORNA IN PIAZZA

Venerdi` 18 e sabato 19 settembre ritorna l'iniziativa "Fitness in Piazza". (...) L'evento e` il risultato della collaborazione del Comitato Palestre Siena, che riunisce 12 palestre di Siena (...) Questo appuntamento ha due obiettivi importanti (...) un incontro regionale (...) una manifestazione sportiva di due giorni...

スポーツが広場に戻ってくる

9月18日(金)と19日(土)、「フィットネス広場」のイベントがまた戻ってきます(…)このイベントは、シエナにある12のジムを一つに集めた、シエナ・ジム委員会の協力の元に実現しました(…)このイベントには、二つの重要な目的があります(…)地域イベント(…)2日間に亘るこのスポーツイベントは・・・





Credo che abbiate gia` intuito cio` che intendo dire...

私が何を言いたいか、もうお分かりですね?




972177_10151603968805735_269123820_n.jpg



La lettura italiana e` piena di sinonimi!!

イタリア語って、ほっんと類語好き!!






Beh, certo, anche nella nostra lingua una parola ha un sacco di sinonimi, ma in ogni caso, ci si stanca due volte quando si controlla ogni vocabolo sconosciuto e infine si scopre che tutte le parole consultate hanno piu` o meno lo stesso significato! ・・・

そりゃね、日本語にだって、「イベント」「企画」「催し」「催し物」「催事」「お祭り」「フェスティバル」などなど、たくさんの類語があるわけですが、いずれにしても、知らない単語に出くわす度にせっせと辞書を引いて、5個も6個も調べた挙句に、どれも似たり寄ったりの同類語であることが分かった時の、あのなんともいえない疲労感・・・。同じ言葉を繰り返すのはカッチョ悪いから、バリエーション豊かにしてみました♪てか?・・・




Ma comunque si capisce che leggere una lettura e` molto importante per arricchire i vocaboli.

疲労はたまるんだけど、こうして語彙が増えていくので、長文を読むというのは大事なことですね。

試験問題の長文読解で、テーマが何かのイベントの場合、上に挙げた単語以外にも、avvenimento「行事」なんていうのもよく出てくるし、appuntamento が「約束、アポイント」だけじゃなくて「参加者が集まること、集まる日」、incontro が「出会い、遭遇」だけじゃなくて、「参加者が一同に会うこと、会う日」であることも、覚えておいて損はないです。





Vi chiedo scusa per gli errori 誤りとお詫び - 2019.05.06 Mon

P5060303.jpg

ご購入はこちらより Amazon

La vendita e` esclusivamente su Amazon, non in libreria

Amazon限定販売です、書店には並びません



Ringrazio di cuore tutti coloro che mi hanno acquistato il libro! Ne sono veramente felice!
Oggi pero` vi devo dire onestamente che sono stati scoperti alcuni errori da correggere. Naturalmente non si tratta di sbagli grammaticali ma ci sono alcuni errori ortografici, lettere mancanti e un lay-out strano.

本日、Amazonから発売の、『イタリア語文法これが知りたかった!』 を早速ご購入下さった皆様に、心から感謝申し上げます!
出版にこぎつけたこと、発売前からたくさんの方にご購入いただけたこと、本当に本当に嬉しく思います!
自分も完成したものを手にして感無量でしたが、同時に、いくつか間違いを発見してしまったことを、ここに正直にご報告申し上げます。もちろん、文法上の誤りではありません。誤字脱字と、レイアウトが変になってしまったところが一か所です。


・ P.16 (真ん中あたり)Siamo italiani → Siamo italiane
・ P.30 (別枠の解説)「…親族名詞でも定冠詞をつけ」→「つける」
・ P.30 (一番下の行)「いいえ、私じゃないです」→「私のじゃないです」
・ P.47 (下の表)前置詞inが全ての交通手段に当てはまるところ、上の4つのみになってしまっている(レイアウトミス)
・ P.130 答え⑯(P.60) E` il diciotto ottobre → E` il ventuno giugno


本当に申し訳ありません!お詫び申し上げます。(特に、P.47のレイアウトミスは痛恨の極みです)


Entro fine ottobre ho in programma di pubblicare il secondo libro dedicato al livello medio-avanzato.
Spero che piacera` a tutti anche quello!

10月末頃までには、第2弾の『中級~上級編』を出版予定です。今度は表紙は緑。「赤のこれ知り」「緑のこれ知り」な~んて、皆さまに愛用していただけることを夢見て、今夜も書き続けます!

Amazonにカスタマーレビューをお寄せ下さい!どうぞよろしくお願い致します!

Circolo Massimo イタリア語教室からのお知らせ - 2019.05.01 Wed

無題7


派遣業務のため、下記日時のレッスンをお休みさせていただきます。何卒ご了承下さい。

5月20日(月)、23日(木)終日
5月21日(火)、22日(水)、24日(金)9:00~14:00


In vendita! 絶賛発売中! - 2019.05.01 Wed

543328.jpg

Faccia strana di piccolina Pakkun

チビぱっくんの変顔





Notizia, notizia!!
号外!号外!


Con l'inizio della nuova era "Reiwa" sara` in vendita il mio libro su Amazon!!

新しい令和の時代と共に、ワタクシの本がAmazonより出版決定!!



amazon.png

Andate a rubare! さあ貴方も早速ゲット! Amazon


Praticamente sara` in vendita dal 6 maggio e intanto accettano il pre-ordine.

GW中で印刷屋さんが止まってる関係で、実際は5月6日発売開始、今は予約購入受付中です。





E` stato davvero un lunghissimo percorso per arrivare fin qua...

ここまでの道のりは、ホントにホントに長かった・・・



highway-2699542_960_720.jpg




Insegno italiano da vent'anni circa e ho sempre preparato i diversi materiali adatti ad ogni livello, ad ogni scopo, ad ogni esigenza degli allievi, e in questi ultimi anni mi e` nato un forte desiderio di fare un libro utilizzando quello che avevo scritto nel passato accumulato ormai una gran quantita` di pagine.

イタリア語を教え始めてから、かれこれ20年になりますが、生徒さんたちの学習歴や目的、ご要望に合わせて、あれこれあれこれ教材を作っているうちに膨大な数に膨れ上がってきて、ねーねー、コレって1冊の本にまとめられたりしないワケ?と、ここ数年強く思うようになりました。




Prima dell'estate scorsa ho iniziato a sistemare i file di materiali informandomi nello stesso tempo sulla casa editrice da rivolgermi.

昨年の夏前に、教材ファイルを整理して、原稿を書き始め、同時に出版社についても調べ始めました。




Ma mi sono sempre chiesto:
でも、そんなことをやり始めながらも、いつも頭にあったのはコレ。



ねこ3Ce la farei...? No, non ci credo...

はたしてできるんだろうか・・・。
いや、できるとは思えない・・・。





Una volta cominciato pero` pian piano il lavoro e` stato messo in moto, e mentre scrivevo mi sono venute in mente tantissime idee da non credere, proprio come l'acqua sgorgante dalla fontana di Trevi, ed ero piena di voglia di far capire a chi studia l'italiano la struttura della grammatica di esso in modo semplice possibile.

でもですね、一度書き始めたらエンジンがパラリラパラリラ♪と掛かり出して、アイデアがトレビの泉のように湧き出てくるじゃありませんか!イタリア語文法がどんなことになっちゃってるかを、シンプルに楽しく理解してもらうためにはどう書けばいいのかを考えるのも、これまた楽しい作業でありました。




Questo libro non potrebbe essere realizzato senza aiuto di Fiorenza sensei che mi aveva fatto correzioni di tutte le pagine in italiano, e di Koji san, il marito di Fiorenza sensei, che l'aveva anche controllato e mandato tanti commenti prezioni soprattutto dal punto di vista di un gipponese che studia italiano.
Vorrei esprimere tutta la mia gratitudine per la loro disponibilita` e per avermi sempre spinto ad andare avanti!!

本書の完成は、私の師匠であるフィオレンツァ先生と、ご主人様のコウジさんのお力なくしては語れません。
先生は、私が書いたイタリア語を一字一句チェックしてくれて、ポカミスという名のスペルミスも全部指摘してくれましたし、コウジさんは、「イタリア語を学習する日本人の目線」から、本当に貴重な御意見をたくさん寄せてくれました。
力を貸してくれたこと、めげそうな私の背中をグイグイ押してくれたことに、心から感謝します!
La grammatica italiana? Te la spiego io! 「イタリア語文法?私が教えちゃうよ!」は先生が考えてくれたサブタイトルです。




Tanti pasticci in cui sono stata coinvolta prima di potergli finalmente mostrato il primo manoscritto sono ormai un bel ricordo ...

最初の原稿をやっとお二人に渡せるまでの、あの数々のゴタゴタも、今思えばいい想い出です。

31 ottobre 2018
4 novemtre 2019




Comunque,
とにかく、

E383A0E383BCE383B3_2019050111422138d.png

CE L'HO FATTA a realizzare il sogno che nutrivo da tempo!!!!

ずっと抱いていた夢を実現することができて感無量です!





Ora non mi resta che aspettare il parere dei lettori...
Spero tanto di potergli essere d'aiuto!
Il secondo libro dedicato al livello medio-avanzato sara` pubblicato verso ottobre-novembre, ma anche prima!

あとは、5月6日以降、ご覧いただいた皆さまのご意見を待つばかり。
緊張で心臓バーンッですが、本書がイタリア語を勉強されている方々のお力になれば幸甚です。
そして、イタリア語ラブな知人友人の方々に広めていただき、Amazonにもレビューをお寄せ下さると、尚喜びが炸裂します!どうぞよろしくお願い致します!
中級~上級編は、今年の10月~11月、いや、もしかしたらもう少し早く発売予定です。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化しませんか? ↓CLICK↓
PC031070.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書 (2019.5.6)

Amazon限定販売

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (120)
grammatica 文法 (54)
espressioni 表現 (132)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (8)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (48)
ringraziamento 感謝 (31)
pubblicita` 宣伝 (21)
Circolo Massimo (22)
etc その他 (89)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

Free area

.new {color:red; font-weight:bolder;}