FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2020-07

mi piace ~が好き - 2020.07.27 Mon

piace.png

Mi piace molto fare il bagno!

お風呂大好き!




L'altro giorno durante la lezione una mia allieva N chan mi ha fatto una domanda interessante:

先日レッスン中にNちゃんから興味深いご質問をいただきました。



「~が好き」って言いたい時、日本語は、好きなものがなんであっても、とりあえず「~が好き、~が大好き」でいいじゃないですか。イタリア語ではどんなバリエーションがありますか?

(Quando si mostra simpatia verso qualcosa o qualcuno, in giapponese si dice "~ga suki" o "~ga daisuki" per qualunque cosa, no? In italiano invece? C'è qualche variazione?)




Ha ragione.
In giapponese, pur essendoci certo delle espressioni diverse, possiamo comunque utilizzare "~ga suki" o "~ga daisuki", se ci piace molto, per qualsiasi cosa e persona.

そう言えばそだねー。
自分の好意を示す表現は、そりゃもちろん他にも色々あるけど、とりあえず「~が好き」。とっても好きなら「~が大好き」。好きな対象がラーメンだろうが、彼氏だろうが、なんであってもこれで事足りる。



イタリア料理が好き (italia ryoori ga suki)
Mi piace la cucina italiana

ラーメンが大好き (ramen ga daisuki)
Mi piace molto il ramen

食べるのが大好き (taberu no ga daisuki)
Mi piace molto mangiare

レディ・ガガが好き (Lady Gaga ga suki)
Mi piace Lady Gaga

ユーヴェントスが大好き (Juventus ga daisuki)
Mi piace molto la Juventus

お母さんが好き (okaasan ga suki)
Mi piace mia mamma

彼氏が大好き (kareshi ga daisuki)
Mi piace molto il mio fidanzato



大好き



Forse anche in italiano il verbo "piacere" è usabile in tutti i casi, ma quante altre espressioni vi vengono in mente che esprimono la propria simpatia?

イタリア語も、「~が好き」と言いたい場合は、動詞piacereが万能だろうし、mi piace~と言っておけばまず間違いない。(英語と違って、主語はその人じゃなくて…の説明を始めると、読者がみんな寝ちゃうから割愛。)
でも、piacere以外の、自分の好意や愛情を表す言葉って、他にどんなのが浮かびます?



adorare ~が大好きである、~を熱愛する
Adoro la cioccolata チョコレートが大好き
Maria adora i bambini マリーアは子どもが大好き

amare ~を愛する、~が大好きである
Amo il mio fidanzato 彼を愛している
Mio papà ama la muscia classica パパはクラシック音楽が大好き

volere bene a qlcu ~が好きである、~を大事に想う、~を愛する
Mamma, ti voglio bene! ママ、好きだよ!
Claudia, ti voglio bene... クラウディア、君が好きだ・・・

provare affetto per qlcu/qlco ~に愛情を感じる、~を愛する、~が好きである
Provo affetto per te あなたのことが好きだ
Per il mio cane provo tanto affetto 自分の犬が大好き

essere innamorato di qlcu/qlco ~に恋をしている、~に夢中である
Sono innamorata di Andrea 私、アンドレアに恋してるの
Luca è innamorato dell'arte giapponese ルカは日本の芸術に夢中だ

essere appassionato di qlco/qlcu ~が大好きである、~に夢中である
Sono appassionato di tutti i dolci al cioccolato チョコレートのお菓子ならなんでも大好き
Mia figlia è appassionata di Justin Bieber 娘はジャスティン・ビーバーに夢中

andare pazzo/matto per qlco/qlcu ~が好きでたまらない、~に熱中している
I ragazzi vanno pazzi per i videogiochi 子どもたちはビデオゲームに熱中している
Vado pazza per la torta alla crema クリームケーキが好きでたまらない

perdere la testa per qlcu ~にぞっこんである、~に夢中である
Ho perso la testa per te 君にぞっこんだ
Mauro perde subito la testa per le ragazze マウロはすぐ女の子に夢中になる

essere tifoso di qlcu ~の熱狂的なファンである
Siamo tifosi degli Yankees 私たちはヤンキーズの大ファンだ
Sono una grande tifosa di Rui Hachimura 八村塁の熱狂的ファンだ



"adorare" è un sentimento più forte di "piacere" ed è simile ad "amare", giusto?

色々あるけど、やはり一番スタンダードな「好き」「大好き」は、piacereadorareamareでしょうか。
adorare 「大好き」は、piacere 「好き」より強い気持ちを表し、amare 「大好き」に近い。


ovvero sarebbe
つまりこんな感じ?


amare ≒ adorare > piacere


Se per esempio ti piace veramente tanto il cioccolato, puoi anche dire "Adoro il cioccolato" o "Amo il cioccolato", ma ho sentito dire che sarebbe meglio non usare troppo questi due verbi, altrimenti sarebbe strano. Forse agli orecchi di italiani suonerebbe troppo esagerato e ridondante, e quindi se vuoi dare un'enfasi al sentimento di piacere, sarebbe molto più naturale usare "piacere" aggiungendo gli avverbi tipo "mi piace molto/moltissimo/davvero tanto/un sacco/da morire" e così via.

もし、あなたが無類のチョコ好きであるなら、Adoro il cioccolato とか Amo il cioccolato と言ってもいいわけだけど、大好きだからといって、adorare amare を頻発するのは変らしい(特に amare)。「私はチョコに夢中だ!」「私はチョコを愛してやまない!」なんていう日本語を連発する外国人がいるとしたら、どんだけチョコ好きかは充分伝わるけど、ちょっと暑苦しくてヒクって言うんですか?イタリア人の耳にはそんな風に響くのかもしれません。
そんなに好きなら、ここは一つ、スタンダードな piacere と副詞の合わせ技で、mi piace molto/moltissimo/davvero tanto/un sacco/da morire 「すごく/めっちゃめちゃ/マジでほんとに/猛烈に/死ぬほど+チョコが好き」などと表現するのが最も自然であると。どうやらそういうことらしいです。



Amo-lItalia_art.jpg

Questo invece lo possiamo dire pure 100 volte, giusto?

これは100回言ったっていいですよね?




N chan a cui piace tantissimo il cioccolato alla menta voleva sapere altre versioni oltre a "Mi piace".
Spero di esserle stata d'aiuto.

チョコミントが大好きなNちゃんは、チョコミントへの愛を表現するのに、Mi piace以外にどんなのがあるのか知りたかったようでした。
お役に立てば嬉しいです。



panini パニーニ - 2020.07.21 Tue

IMG_25632.jpg



panini-con-il-prosciutto-crudo.jpg

panino パニーノ



「パニーニ」は「パニーノ」の複数形。なのに、1個でも「パニーニ」と呼ばれているのはなぜなんでしょうか。
「ウン・パニーニ・ペルファヴォーレ!(パニーニ1個、お願いします!)」と店の奥の店員に注文を通す某店のレジの人と、「1個だけだってば」とツッコむイタリア人友人と、まーまーまーとなだめる私。



ま、それはいいとして。
シリーズ2回目の今日は、パニーニ関連の単語を並べてみようと思います。


pane パン(総称)

Vado a comprare del pane.
パン買いに行ってくる

panino は、pane に接尾辞の -ino をつけた形。-ino をつけると、物ごと「小さく、可愛く」なります。signora 「婦人」→signorina 「お嬢さん」、gatto 「猫」→gattino 「子猫」など。


paninoteca パニーノ屋

È aperta una nuova paninoteca vicino al mio ufficio.
会社の近くに新しいパニーノ屋がオープンした

-teca はギリシャ語語源で、「所蔵、収蔵」を意味する接尾辞。パニーノをわんさか置いてるところってことですね。他にも、discoteca 「ディスコ(レコードわんさか)」、biblioteca 「図書館(書物わんさか)」など。


panetteria / panificio パン屋、パン製造所

Il pane lo compro sempre in quella panetteria / in quel panificio.
パンは、いつもあのパン屋で買う


panettiere パン焼き職人、パン屋の店員

Vado dal panettiere a prendere un po' di pane.
ちょっとパンを買うために、パン屋さんに行く

ハイ、panetteria に行く場合は前置詞は inで、panettiere に行く場合は da です。人のところに行く場合は、前置詞は da だから。
パン屋さんに行っても、パン職人のところに行っても、パンを買えることには変わりはないんですが、私の師匠の説によると、イタリアは日本に比べてまだまだ個人商店が多くて、パン屋に行くというよりも、たとえばジュゼッペが作ったパンを買いに行く、といった、人と人とのつながりが土地に根強く残っていて、それがこういった違いを生んでいるんだろう、ということです。なんだか温かい感じがしますよね。ジュゼッペが焼いたパンは美味しいからな♪っていう気持ちが伝わってきます。

あ、ちなみに、「店」と「職人」の前置詞の違い、イタリア語検定2級だったかな、出たことあります。たしか、「文房具屋」と「文房具職人」だった気がする。


panettone パネットーネ

Si è cominciato a vendere il panettone anche quest'anno.
今年もパネットーネが売られ始めた

クリスマスシーズンに食べる、ミラノ発祥のケーキ。
15世紀ころ、ミラノを統治していたルドヴィコ・イル・モーロ公に出すはずだったケーキが、オーブンに入れ過ぎて焦げてしまい(マヌケ)、料理人の下働きをしていたトーニ(アントニオの愛称)が、材料の残り物で急きょチャチャッとケーキを作って献上。モーロ公はそれをいたくお気に召し、なんという名のケーキか尋ねた。トーニは、「pan de Toni (トーニのパン)でございます。」と言ったとか、言わないとか。
pan de toni → pandetoni → panettone... 諸説あるようですが、これが有力のようです。


pandoro パンドーロ

Ecco la ricetta per fare il pandoro fatto a casa!
ホームメイドのパンドーロのレシピはこちら!

こちらも、クリスマスシーズンに食べる、ヴェローナ発祥のケーキ。ヴェネト弁の pan de oro 「黄金のパン」が名前の由来。(トーニのパンよりシンプル!笑)パンドーロのドーロと、ポモドーロのドーロが同じ意味というのも目ウロコ系?
皆さんは、パネットーネ派?それともパンドーロ派?私は断然パンドーロ派!


pangrattato パン粉

Mescolare il pangrattato con il formaggio grattugiato.
パン粉と、すりおろしたチーズを混ぜる

pane + grattato = pangrattato。
grattare は、「(爪などで)引っ掻く」だけど、「すりおろす」という意味もあるから、pangrattato で「すりおろしたパン」って、うん、そのまんまだね。似てるけど grattugiare 「(おろし金などで)すりおろす」というのもあるので、pane grattugiato ともいいますね。
一方、おろしたチーズは formaggio grattugiato オンリーのようで。


impanare パン粉をまぶす

Impanare bene le fette di maiale.
豚肉のスライスにパン粉をよくまぶす

出た!パン粉の動詞!ちなみに他動詞。


impanatura / panatura パン粉をまぶすこと

Come realizzare una buona impanatura.
まんべんなくパン粉をまぶすには(←キッチリとしたパン粉まぶしを実現するには)

「パン」→「パン粉」→「パン粉をまぶす」→「パン粉をまぶす」の名詞!


impanato / panato パン粉をまぶした

Il filetto di merluzzo impanato.
鱈のパン粉焼き(←パン粉をまぶした鱈)

そして形容詞!



15941146_1209202455799491_6409895829267151458_n_2020072114322465d.jpg


パニーニセット

え!2つくれるの!?


他にもパン関連の単語ってあるかな~。
思い浮かんだ方がおられたら、ぜひコメントをお寄せ下さいね!


cercasi turisti 観光客求む - 2020.07.13 Mon

IMG_6240.jpg

Sono in ansia...

心配だねぇ...




Ho letto un articolo su un sito qui sotto in cui spiega la situazione inconsueta di Capri.

たまたま読んだ記事、ナポリから約30㎞南に位置するカプリ島の尋常ならざる状況を伝えています。
ビデオを見ているだけでも、カプリの人たちの戸惑いがジワジワと。記事は、ビデオの内容をまとめたものになっています。


↓ click ↓
euronews.png





tratto da こちらより拝借しました euronews


Capri: vacanzieri cercasi
Di Giorgia Orlandi 11/07/2020 - 14:48

カプリ、旅行者求む
ジョルジャ・オルランディ 2020年7月11日14:48


Russi, americani o brasiliano non s'interessano solo delle principali città italiane, ma anche del isole della penisola, soprattutto durante la stagione estiva.

ロシア人、アメリカ人、ブラジル人は、イタリアの主要都市だけでなく、特に夏のシーズンには半島の島々をも好んで訪れる。

Capri è una delle destinazioni preferite del paese, ma oggi la biglietteria delle navi treghetto è vuota. Dice Ciro Accordo delle Linee Ferry “CAREMAR”: "L'ufficio biglietti in genere è pieno di visitatori e sono tutti stranieri, non senti mai parlare italiano, ma oggi ce ne saranno un paio di stranieri". A bordo di una delle navi treghetto la situazione non è dissimile come ci conferma la nostra corrispondente: "In questo momento dell'anno questo traghetto collega Napoli a Capri e dovrebbe essere pieno di turisti. La capacità dell'imbarcazione è di almeno 600 passeggeri, soprattutto durante il fine settimana, ma oggi non c'è nessuno. Mancano i turisti stranieri".

カプリは、人気の高い観光地だが、今日、フェリー乗り場のチケット売り場には誰もいない。CAREMARフェリーラインのチーロ・アッコルドは言う。「チケット売り場は、普段だったら観光客でいっぱいだし、それはみんな外国人で、イタリア語が聞こえることなんてないけど、今は外国人が2、3人いる程度です。」フェリーの中も、我々特派員が確認したように状況は同じだ。「年間この時期、このフェリーはナポリ~カプリ間を走るんですが、観光客で溢れかえるのが通常です。少なくとも600人ほどの乗客がいるのに、今日はゼロです。観光客がいないんです。」

Una volta a Capri diventa ancora più chiaro di quanto le cose siano cambiate. Dice il proprietario di un negozio: “Solitamente ci sono due persone che lavorano al bancone. In questi giorni sono da solo. I clienti sono pochissimi".

世の中の状況がいかに変わってしまったかが、カプリではより鮮明だ。「店では通常二人で働いているんですが、ここ数日は私一人です。お客はほんのわずかしかいません。」と店主は言う。

I brasiliani sono considerati il secondo gruppo per importanza qui. Assieme a russi e americani sono quelli che spendono di più e generano il reddito maggiore soprattutto nel lusso.

ブラジル人たちは、ここでは2番目に大切な存在だ。ロシア人、アメリカ人と共に、彼らは最もお金を遣い、とりわけ贅沢に、カプリにとって最高の収入を生み出す人たちなのだ。

Luciano Bersani presidente “ASCOM”, dice: "La riduzione dell'economia locale è di almeno un 70% del reddito complessivo. Si tratta di un tipo di clientela insostituibile. Per ora ci sono italiani e alcuni europei"

ASCOMのルチアーノ・ベルサーニ社長は言う。「地方経済の総収入は、少なくとも70%減です。それは、我々にとって、なくてはならない観光客がいないからです。今現在いるのはイタリア人と、いくらかのヨーロッパ人だけです。」

I tour di gruppo sono scomparsi e la maggioranza di turisti è, appunto, italiana o tedesca. Una ragazza tedesca dice: "Sicuramente è molto meglio, puoi goderti la vita selvaggia e lunghe passeggiate nella natura ed è molto più facile prenotare un ristorante."

団体ツアー客は消え、観光客の大半はまさにイタリア人とドイツ人だ。「絶対今の方がずっといいです。自由な日常を満喫できるし、自然の中をうんと散歩できるし、それにレストランの予約もすぐできちゃうし♪」とドイツ人観光客の女の子。

Ma cosa dovremmo aspettarci in futuro? Poniamo la domanda al presidente di Federalberghi: "Sembra che il virus abbia colpito i paesi più ricchi, cioè quelli più importanti per noi. Io però sono molto ottimista e penso che una volta trovato il vaccino, coloro i quali non sono venuti quest'anno, torneranno nel 2021".

一体我々はこの先、何を期待すべきなのだろうか。イタリアホテル事業の業界団体代表にこの質問を投げかけてみた。「ウィルスは、最も富のある国々、つまり、イタリアにとって最も重要な国々を襲ったように思えます。しかし、私はとても楽観主義者なので、一度ワクチンができれば、今年来なかった観光客も、来年2021年には戻ってくると思うんです。」

Per adesso però, un vaccino è ancora lontano e in Italia la dolce vita tarda a ritornare.

しかしながら、今のところワクチンもまだ遠い話で、イタリアに『甘い生活』が戻ってくるのもまだ先のことだ。




1280px-Habour_of_Capri.jpg



Mi chiedo veramente quando tornerà la dolce vita in Italia...
Anzi, non c'è bisogno di essere una vera e propria dolce vita. Basta che l'Italia, il Giappone e tutto il mondo ritornino almeno un po' come prima, giusto?

ヴァカンツァシーズン到来の7月2週目に、ほとんど誰もいないカプリ。そして恐らくは、どこもかしこも同じような状況。
本当に、いつになったら観光客がわんさか集まる、これぞ世界の観光立国!これぞイタリア!が戻ってくるんだろうか。
いや、なにも完璧なDolce Vitaでなくてもいい。イタリアに、日本に、そして世界中の国々に、ほんのちょっとでもいいから前の活気が戻りさえすれば、今はそれで充分嬉しいですよね?



Non si sa quale provvedimento preso in ogni paese sia stato il meglio, ma l'unica cosa certa è che il numero di contagiati a Tokyo sta aumentando di nuovo di giorno in giorno!
Anche se l'Italia fosse pronta ad accogliermi a braccia aperte, essendo in questa situazione io non potrei uscire mai dal Giappone! Da Tokyo! Da mia casaaaa!!

最初のピーク時に、各国が取った措置のどれが最良のものだったかなんて分かりようがないけど、今一つだけ確かなことは、東京の感染者数が再び、日に日に、ジャンジャン増えてるってこと!
たとえイタリアが、「さぁ、おいで!」と両手広げて私を迎えてくれる日が来ても、こんな状況下じゃいつまでたっても、日本から、東京から、家から出られないYOOO!


pronomi relativi 関係代名詞 - 2020.07.05 Sun

IMG_6173.jpg

Il posto su cui ho atterrato per caso
è stato la giungla del germoglio di piselli


たまたま着地したのは豆苗ジャングルだった



(Leggerete un post molto lungo)
(今日は長いです。しかもマジメ系。)



Tra gli elementi grammaticali della lingua italiana, uno di quelli più difficili per i giapponesi sarebbe i pronomi relativi, almeno credo, o meglio è uno degli elementi con la più grande differenza tra quelli che capiscono senza fatica e quelli che fanno molta fatica.
Per chi conosce bene l'inglese può essere abbastanza facile perché è simile, ma per la maggior parte dei giapponesi sarà difficile capire come costruire la frase dal momento che la struttura grammaticale è totalmente diversa da quella giapponese.

たくさんあるイタリア語の文法項目の中で、日本人にとって最も難しいものの一つは関係代名詞なんじゃなかろうか、と個人的に思います。というより、さほど苦労せずにさ~っと理解できる方と、とても苦労する方の差が大きい項目と申しましょうか。
英語の関係代名詞、私もほとんど忘れちゃってますが、これが分かってる方は当然早いですよね。考え方が似てますもんね。でも大多数の方にとって、日本語とまったく!まったく!まったく!違う、イタリア語の関係代名詞を使った文の構造を理解するのは容易なことじゃありません。




Il pronome relativo "che" che si riferisce al soggetto o al complemento diretto è abbastanza facile da capire per tutti, un brutto incubo invece è "cui" preceduto da preposizione.

「関係代名詞といえば che でしょ~? 」「それだけじゃないってば!」というやりとりを何度したか分かりませんが、確かに che はいいんです。簡単だから。「私が食べたパン」「あそこで働いている人」といった、直接目的語と主語を指すのが che だから、比較的分かりやすい。
問題は、そうじゃないヤツ(ヤツ呼ばわり)。前置詞+cui で言わなきゃいけないヤツ!



(qlco =qualcosa 何か、qlcu =qualcuno 誰か)


dare qlco a qlcu (~を~にあげる、渡す)

Il bambino a cui ho dato le caramelle è mio nipote.
私が飴をあげた男の子は、私の甥っ子です

「~あげる」が、dare a~だと分かっていても、「飴をあげた男の子」の部分をイタリア語にする時、なぜ難しいか。それは多分、「~」が無いからだと思います。「~」が日本文に無いから、a が引き出せない。
でも、「私は飴を男の子あげた Ho dato le caramelle al bambino」と、「男の子は私の甥っ子だ Il bambino è mio nipote」をくっつけるので、言ってみれば、「男の子、私はその子飴をあげたんだけど、その子は私の甥っ子」といった文になるわけですね。

offrire qlco a qlcu (~を~におごる、提供する)

Chi è la ragazza a cui hai offerto un caffè?
君がコーヒーをご馳走した女の子は誰?
(その女の子は誰?君はその子コーヒーをご馳走したけど)

chiedere qlco a qlcu (~を~に尋ねる、お願いする)

La signora a cui ho chiesto la strada era molto gentile.
私が道を聞いた女性は、とても親切だった
(女性、私はその人道を聞いたんだけど、その人はとても親切だった)

insegnare qlco a qlcu (~を~に教える)

Gli studenti a cui insegno l'italiano sono tutti bravi.
私がイタリア語を教えている学生たちは、みんな優秀だ
(学生たち、私は彼らイタリア語を教えているんだけど、彼らはとても優秀だ)


imparare qlco da qlcu (~を~から習う)

L'insegnante da cui imparo l'italiano è di Roma.
私がイタリア語を習っている先生は、ローマ出身だ

これも、「私がイタリア語を習っている」の中に「~から」が無いから、da がパッと出にくいのかもしれない。同様に、「先生、私はその人からイタリア語を習っているんだけど、その人はローマ出身だ」と考えるのは如何でしょ?

prendere in prestito qlco da qlcu (~を~から借りる)

Ho perso la tessera della biblioteca da cui ho preso in prestito il libro.
本を借りた図書館の会員証を失くした
(図書館の会員証を失くした、そこから本を借りたんだけど)


parlare di qlco, qlcu / con qlcu (~について話す / ~と話す)

Ho comprato il libro di cui mi hai parlato l'altro giorno.
君がこの前話してくれた本を買ったよ

お次は、同じ動詞でも前置詞が変わると意味が変わるものです。
parlare di~は、「~について話す」だから、「あの本買ったよ、君がこの前それについて話してたやつ」のような組み立てになるんですね。

Chi è quella bella ragazza con cui parlavi?
君が話してた、あの綺麗な子は誰?

一方こちらは、parlare con~「~と一緒に話す」なので、「あの綺麗な子は誰?君が一緒に話してた子」って感じ。

Non mi piace il modo in cui parla il mio capo.
上司の話し方が私は好きじゃない

これは、parlare in というよりは、modo 「方法、やり方」とセットになってる前置詞が in だからで、「私はその方法が好きじゃない、上司はいつもその方法話すんだけどさ」というわけですね。
modo とくれば前置詞は in!(例 in modo specifico 「具体的な方法」)


andare a / in / da / con (~に行く / ~と行く)

La festa a cui sono andata ieri sera non era tanto divertente.
昨晩行ったパーティは、そんなに楽しくなかった
(パーティ、私は昨晩そこ行ったんだけど、そんなに楽しくなかった)

Non mi ricordo il giorno in cui sono andato in quel ristorante.
そのレストランに行った日を覚えていない
(日にちを覚えていない、そのレストラン行った日を)

Il medico da cui vado sempre è molto bravo.
私がいつも行っているお医者さんは、とても優秀だ
(お医者さん、私はいつもその人のところ行っているんだけど、とても優秀だ)

Lei è Angela con cui sono andata insieme in Sicilia quest'estate.
彼女は、この夏一緒にシチリアに行ったアンジェラです
(彼女はアンジェラです、この夏彼女シチリアに行きました)

andare alla festa 「パーティ行く」、andare in quel giorno 「その日行く」、andare dal medico 「医者行く」、andare con Angela 「アンジェラ行く」・・・とこれはもう、いつ・どこに・誰と行くのかで前置詞が違うから仕方がない。


per questo motivo / per questa ragione (~という理由で)

Mi dica il motivo (= la ragione) per cui sono stato licenziato!
私がクビになった理由を教えて下さい!

さっき、modo 「方法」といえば in!と書きましたが、motivo、ragione (いずれも「理由、原因」)といえば per!なぜなら、「~の理由」の「」が per だからで、「理由を教えて下さい、私はその理由クビになったと」 という表現になるからですね。


avere bisogno di qlco (~が必要である)

avere voglia di qlco (~がしたい)

avere fiducia in qlcu (~を信用する、~を信頼する)

fidarsi di qlcu (~を信用する、~を信頼する)

contare su qlco/qlcu (~を信頼する、~を当てにする)

non poter fare a meno di qlco (~なしではいられない)

intendersi di qlco (~に詳しい)

volere bene a qlcu (~を愛する、~を大事に想う)

essere innamorato di qlcu (~に恋をしている)

fare il tifo per qlco/qlcu (~を応援する)


ハイハイ、もう数え上げたらキリがないですよー。
これらは全部、いつも決まった前置詞がつく熟語!しかも、その前置詞が日本語としっくり噛み合ってないのが特徴です。「~が」なのに di?「~を」なのに in?などと考えててもしょうがない。なぜなら熟語だから。
でもその前置詞を知ってないと、たとえば、「信用できない人には、仕事の話はしない方がいいよ」とか、「あなたの人生において、これなしではいられないもんってなに?」とか、「あなたたちが応援してるチームはどこ?」なんていう文が作れないわけですねぇ。ふふふ。



Insomma, cari lettori italiani,per i giapponesi è molto molto più difficile manovrare i pronomi relativi, soprattutto "preposizione + cui" di quanto immaginiate! La nostra lingua è anche complessa, ma parlando solo del pronome relativo, magari il giapponese sarà molto più semplice.

というわけで、イタリア人の読者の皆さん、我々日本人が、「前置詞+cui」の関係代名詞にいかに苦労させらているか、お分かりいただけたでしょうか。di かな?a かな?それとも in かな?ウヒヒヒ~ッ!と前置詞どもに試されてる気がして腹立たしい。腹立たしいから頑張らなくちゃいけないのです!
「飴をあげた男の子」→「男の子飴をあげる」って何て言う?「昨日行ったパーティ」→「パーティ行く」って何て言う?という思考回路で前置詞を導き出してみて下さいね~!


ねこ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}