FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2020-10

coprifuoco 夜間外出禁止令 - 2020.10.27 Tue

P9210268.jpg

Mi mette ansia...

心配だねぇ・・・




Vedo che in Italia è arrivata la seconda ondata del covid-19 e va aumentando di giorno in giorno il numero di contagi. Magari è una situazione tutta scontata causata dai vari motivi e ho sentito che per il momento è tutto sotto controllo, tuttavia me ne preoccupo moltissimo.

春先のあの地獄を経て、他のヨーロッパ諸国に比べて、頑張ってコロナを抑え込んでいたように見えたイタリアですが、現在、第2波に襲われている模様で、日に日に感染者が急増しているようですね。夏のバカンスや、他国からの人の往来などを考えると、予想していた事態なのかもしれないし、今のところ国のコントロール下にあるから大丈夫、などと向こうの友人は言いますが、それでもとっても心配です。



copri_20201026224330545.png
こちらの記事より引用 tratto dall'articolo di CORRIERE DELLA SERA


10月24日
コロナウィルス、イタリアはロンバルディア州、ラツィオ州、カンパーニャ州に夜間外出禁止令
外出時自己申告フォーマットと時間帯


新規感染者数と入院者数の急速な増大により、人々の密を制限するための、さらなる厳格な条例が施行されることとなった。レストランでの夕食から、犬の散歩に至るまで、できること(と、できないこと)は以下の通り。

Il 24 ottobre il premier Conte ha firmato il nuovo Dpcm per contenere la diffusione del Covid. Nel testo finale sono contenute le misure urgenti in vigore fino al 24 novembre: bar e ristoranti chiusi alle 18, palestre e piscine chiuse, sospesa l’attività di cinema e teatri, didattica a distanza fino ad almeno il 75 % per le scuole superiori. Restano consentiti gli spostamenti tra Regioni.

10月24日、コンテ首相は、コロナウィルス感染の抑制のためのDpcm(Decreto del Presidente del Consiglio dei ministri 首相令)に調印。この文書には、11月24日まで有効な、以下の緊急措置が含まれる。バールとレストランは、午後6時までの営業とする。ジムとプールは営業停止、映画館と劇場は閉鎖、高校では、少なくとも75%までがオンライン授業とする。他の州への移動は引き続き許可される。

In attesa del Dpcm del governo che dovrebbe fissare un orario per il coprifuoco valido in tutta Italia, alcune Regioni come la Lombardia (dalle 23 alle 5), il Lazio (dalle 24 alle 5) e la Campania (dalle 23 alle 5) e da lunedì 26 ottobre il Piemonte (dalle 23 alle 5), hanno già limitato il tempo consentito per le uscite serali. E anche la Sicilia ha annunciato misure di contenimento per evitare il diffondersi del Covid-19, in un documento che verrà reso noto nelle prossime ore (e che previene il divieto di circolazione con ogni mezzo dalle ore 23 alle 5 del giorno successivo). Nelle aree dove è in vigore il coprifuoco non si può uscire dopo l’orario stabilito a meno che non ci siano comprovate esigenze. (...)

イタリア全土に規する、夜間外出禁止時間を制定した政府のDpcmが待たれるが、ロンバルディア州(午後11時から午前5時まで外出禁止)、ラツィオ州(午前0時から午前5時)、カンパーニャ州(午後11時から午前5時)、また10月26日月曜日からは、ピエモンテ州(午後11時から午前5時)などの一部地域が、夜間に外出していい時間帯をすでに制限している。 また、シチリアは、コロナウィルスの拡散を抑えるための封じ込め措置を発表。この文書は、数時間以内に発表されることになっている(これにより、午後11時から翌日の午前5時までの、いかなる人の往来も禁止される)。 夜間外出禁止令が実施されている地域では、必要性が証明されない限り、定められた時間を過ぎての外出はできなくなる。(以下省略)




Fiaccolata-per-Nikola.jpg

170424_s08.jpg



Coprifuoco...
Non sapevo che si tratta del divieto di circolare durante le ore notturne, né perché si chiama così.
Chi avrebbe mai pensato che un'usanza medioevale e di tempo di guerra sarebbe tornata d'attualità.

coprire il fuoco 「火を覆う、消す」→ copri + fuoco → coprifuoco 「夜間外出禁止令」・・・
春先は、昼夜問わず全面外出禁止のロックダウンだったから、こんな単語は目にしなかったけど、ここ数日のニュースでよく目にするようになったと思ったら、そんな意味だったとは。
中世の時代、火事を起こさないために、夜になったらロウソクの火を消すよう鐘やラッパを鳴らした、というのが coprifuoco の由来らしく、その後、第一次、第二次世界大戦中に、敵の爆撃を受けないよう、明かりを消すよう警鐘を鳴らす時もこの言葉が使われたみたいです。これは日本も同じですね。よく昔の映画で、空襲警報が鳴ると、お母さんたちが急いで明かりを消したりしています。
そんな言葉が現代では、夜になったらさっさと電気(ロウソクの火)を消して、外を出歩かないよう禁じる言葉になったのですねぇ。



Non avrei imparato questa parola se non fosse diventato uno stato di emergenza, quindi ringrazio ironicamente il covid-19.

イタリアがこんな事態にならなかったら、夜間外出禁止令なんて単語を覚えることもまずなかったと思う。
そういう意味では、コロナよ、ありがとう。たっぷり嫌味を込めて。



influenza インフルエンザ - 2020.10.21 Wed

IMG_25632.jpg


sintomi-influenza1.jpg

influenza インフルエンザ



気がつけばもう10月後半。今年もあと70日で終わりじゃないですか!
明けましておめでとう~と言ってた時点では365日もあったのに、その直後にコロナに見舞われて、その後はもう空白の8ヶ月間・・・。2020年という年は無かったにも等しく、この際もうとっとと終わってしまえっ!と思います。



残り70日でできることってなんでしょう。
ここまで無事にきたんだから、コロナはもちろんのこと、風邪引かない、インフルエンザにかからないってことでしょうか。
というわけで、今日の単語はコレです!



influenza (名詞)インフルエンザ

Chissà, magari ho preso l'influenza.
分かんないんだけど、もしかしたらインフルエンザにかかったかも

Come non prendere l'influenza.
インフルエンザにかからないようにするには

Il modo migliore per difendersi dall'influenza è fare il vaccino.
インフルエンザから身を守る最善の策は、ワクチン接種だ


「インフルエンザ」は実はイタリア語。「風邪」は raffreddore だけど、聞くところによると、ただの風邪でもかなりしんどいと、人はそれを influenza「インフルエンザ」と呼ぶらしい。両者の専門的な概念はこの際省くとして、Ho preso il raffreddore 「風邪引いた」のか、Ho preso l'influenza「インフルエンザにかかった」のかは、本人がどのくらいしんどいかによって決まる、ということでよろしいでしょうか?


influenza (名詞)影響、影響力

L'influenza del riscaldamento globale sull'ambiente è notevole.
地球温暖化が環境に及ぼす影響は計り知れない

Smettere di fumare avra` subito una buona influenza sulla salute.
禁煙は、すぐに健康にいい影響を及ぼすだろう

Quel politico ha una grande influenza nel governo.
あの政治家は、政府に大きな影響力をもっている


「インフルエンザ=しんどい風邪」という認識で生きてきましたが、元々は「影響」という意味であることを考えると、インフルエンザにかかっちゃうのは、人から菌という「影響」を受けるからなんだなぁ、と今さらながら大いに納得です。


influencer (名詞)インフルエンサー、情報発信者、影響力をもつ人

Naomi Watanabe è una delle influencer più famose del Giappone.
渡辺直美は、日本における最も有名なインフルエンサーの一人だ


SNSを使ってユーザーに消費行動を促したり、物の考え方に大きな影響力をもつ人をこう呼ぶらしく(らしく、と言ってる時点で、この言葉に私ついて行けてません)、「インスタグラマー」や「ユーチューバー」、「ブロガー」などが現代のインフルエンサーの代表といえる、らしい。influencer は英語だけど、イタリアでもこう呼ぶんですね。



 wn_2020102121383922f.png

instragramより画像お借りしました



influente (形容詞)影響を及ぼす、影響力のある

La classifica dei 100 personaggi più influenti secondo il Time.
タイム誌による、最も影響力のある人物ベスト100

Internet è in testa alla classifica dei media più influenti.
インターネットは、最も影響力のあるメディアのトップである


influenzale (形容詞)インフルエンザの、流行性感冒の

È stato scoperto un nuovo virus influenzale.
新しいインフルエンザウィルスが発見された(もう縁起でもないからやめてぇ!)

Anche quest'anno è arrivata la stagione influenzale.
今年も、インフルエンザの季節がやってきた


influenzare (他動詞)~に影響を及ぼす、~を左右する、インフルエンザをうつす

I social network influenzano molto l'opinione pubblica.
SNSは、世論に多大な影響を及ぼす

Non voglio influenzarti con le mie idee.
私の意見であなたを左右したくない

Il figlio ha influenzato tutta la famiglia.
息子が、家族全員にインフルエンザをうつした


essere influenzato (受身)~から影響を受けている、~から感化された

Sono stata molto influenzata da questo film.
私は、この映画にすごく感化された

Il clima è influenzato da diversi fattori.
気候は、様々な要素から影響を受けている


influenzato (形容詞)影響された、感化された

Mia figlia influenzata dalle sue amiche si veste strano recentemente.
友だちから影響を受けている娘は、最近変なかっこうをしている

Una pittura influenzata da Van Gogh.
ゴッホから影響を受けた絵


influenzabile (形容詞)影響を受けやすい、感化されやすい

Lui è una persona facilmente influenzabile dagli altri.
彼は、他の人たちから簡単に影響を受けやすい人だ


ininfluente 影響力のない、重要性に欠けた

Volevo in qualche modo arbitrare il loro conflitto ma il mio intervento è stato del tutto ininfluente.
彼らのいざこざを何とか収めたかったが、私の仲裁は全く意味がなかった


influente 「影響力のある」の反意語は、ininfluente。inin 「イニン」であります。



EaxgxunUwAE3XQk.jpg



というわけで、残り70日間を元気で過ごしましょう!



leggiamo il dizionario 辞書を読もう - 2020.10.15 Thu

IMG_6780.jpg

TATAAAAAAN!!



Mi domando com'è andato l'esame dell'altro giorno. Non ho ancora sentito l'impressione di tutti i miei studenti che l'hanno sostenuto, tra cui ci dovrebbero essere sicuramente sia gioia che dolore , ma comunque sarei contenta se avessero fatto del proprio meglio!

先日実施された実用イタリア語検定はどうだったでしょうかねぇ。受験された生徒さんたちの手ごたえを、まだ全員分聞いてないですが、よっしゃー! な方もいれば、次回頑張ります泣笑! な方もいて、悲喜コモゴモなここ2週間だったことと思います。
まぁとにかく、皆さんが日ごろの力を出し切れていたら、私は嬉しいです。



Quel giorno ci sono andata a fare un lavoretto come supervisione di candidati. Finiti tutti gli esami, ognuno di noi che ha aiutato l'Associazione ha potuto portare a casa il libretto di domande di tutti i livelli.

私は当日、試験監督なんていうエラソーな役回りを検定協会から賜り、一日中会場にいたんですが、やったことといえば、ベテラン監督さんから出されるキューに従い、リスニングCDの再生ボタンをピッと押して、30分後に停止ボタンをピッと押したぐらい(こんなんですんません!)。試験が全て終了した後に、ご褒美(?)として全級の問題冊子をいただいて解散となりました。



Ne ho fatti subito alcuni per curiosità, sperando di ottenere un buon risultato, ma a parte i punti, una frase delle prime pagine del livello secondo mi ha catturato subito l'attenzione!

で、さっそくやってみましたよ。ダメダメだったらどうしよーっ!なんてちょっとドキドキしながら。
そしたらですね、点もさることながら、2級のリスニング問題の中にビビビッと目が釘付け、いや、耳が釘付けになる文章があって、思わず辞書にかぶりついてしまいました。



tornare

(2級リスニングN13より)
F: Ma sei sicuro di averla sempre presa?
ねぇ、本当に(薬)飲んだ?
M: Certo, dopo mangiato, regolarmente.
もちろん。食後にちゃんと。
F: Mah, è strano, qui il conto non torna…(略)
うーん、おかしいわね、数が合わないわ。


"tornare" mi è sempre stato "tornare", cioè vai da qualche parte e rientri in un posto dove eri prima, ma questo qui non ha niente a che fare con il tale movimento ma ha un significato di "corrispondere"! Vi confesso che non lo sapevo affatto!!

tornare といえば tornare でしょ!つまりは、どこかに行って、そして帰ってくること。そう、私にとってこれまで tornare は「帰る」以外の何物でもありませんでした。でも、この会話を聞いた時、文脈からいって、「数が帰ってこない」のわけがなく、「(残ってる薬の)数が合わない」がピッタリで、ということは tornare にそんな意味がっ?!
ハイ、そんな意味が。あります。小学館の緑の辞書で tornare を引くと、10個の意味の中の7番目に 「正しい、ぴったり合う、正確である」とあります。し、しらなかった・・・。



oddio.jpg



Chi studia l'italiano da tempo dovrebbe avere tanti vocaboli imparati nel primo passo dello studio, il cui significato numero uno era già penetrato fino in fondo al cervello. Questo sarebbe una cosa positiva ed è anche importante, ma questa volta, avendo saputo un'altro significato di "tornare", mi sono convinta di nuovo dell'importanza di "leggere" tutti i significati quando si consulta il dizionario per controllare una parola.

長年イタリア語を勉強している人は、学習の初期の段階で覚えた単語の1番目の意味が、脳細胞の奥の奥まで浸み込んでいる、なんてことがよくあると思います。mangiare だったら「食べる」!andare だったら「行く」!みたいに。
もちろんそれっていいことだし、大事なことなんだけど、今回この tornare の「帰る」とは全く違う意味に触れて、辞書を引く時は、その単語の意味を最初から最後までぜ~んぶ読まなくちゃいけないな。辞書を「読む」って大事だな。と改めて思った次第です。脳細胞に浸み込んでる意味だけで勝負しようとするのは、土台無理な話です。



Seguenti sono gli esempi, il primo significato dei quali acquistato tanto tempo fa potrebbe impedire di capire subito il vero senso della frase. Ce ne saranno tanti, ma scrivo quelli che mi vengono in mente.

というわけで、本当の意味を理解する上で、初期に習得した知識が邪魔しそうな単語を思いつくままいくつか書いてみますね。



via

Prenderanno il via ai lavori l'inizio del 2021.


la via といえば「道、通り」だけど、il via だと「出発、スタート」。よーく見て。男性名詞だよ。それを知らないと、prenderanno il via が「道を選んで・・・?」みたいに思えちゃって意味分かんなくなる。
prendere il via で「出発する、スタートする」なので、「2021年初頭に作業は開始されることになっている」という意味になるんですね。
ちなみに、via は「向こうへ、あちらへ」という副詞でもあるから、Pronti... via! 「よーいドン!」は、「準備して・・・ハイ、あっちへ行って!」なのかと思いきや、この via は実は「スタート」という意味なのでした。


invitare

Il professore mi ha invitato a rispondere subito.


invitare といえば、すぐさま「招待する」!と考えるけど、先生が私を招待したんじゃなくて、「先生は、私にすぐ答えるように言った」なんですね。invitare a+不定詞「~するように仕向ける、誘導する、誘い込む」は結構よく目にする決まった形。


dovere

Il mio successo è semplicemente dovuto alla fortuna.


dovere といえば、誰がなんてったって「~しなければならない」!でも、私の成功は単に幸運でなければならない?・・・んん?
dovere で覚えておくべき3つの意味は、①「~しなければならない」②「~にちがいない」③「~のおかげである、~を負っている」なので、この例文は③の意味で、「私の成功は、単にラッキーだっただけですよ」ってことになりますね。


politica

politica aziendale


politica といえば「政治」だけど、aziendale は「企業の、会社の」という形容詞。じゃあ、会社の政治・・・?
じゃなくて、politica は「政策、対策」でもあるから、「企業政策」ってことですね。


partire

L'orologio è caduto a terra ed è partito.


入門時代に習った partire は、これまた誰が何と言おうと「出発する」!じゃあ、時計が地面に落ちて出発した・・・?え?時計どこに旅立った??
そうじゃなくて、partire には、なんとなんと「壊れる、故障する、ダメになる」という意味があるので、地面に落ちて壊れちゃったと。

じゃ、これは?

Ieri sera Marco ha bevuto troppo ed è parito.


昨日マルコは飲み過ぎて、どっかに出発しちゃったって?
いや、そうじゃなくて、「壊れた」→「わけ分かんなくなった」→「酔ってベロベロになった」ってこと。
今年の忘年会は、Sono partitooooo! Yeah!!!! 「酔っぱらっちゃった~!イェ~イ!」と弾けてみるのは如何でしょうか?(あ、コロナだから駄目だね)
  

lavorare

lavorare il ferro
lavorare la pasta per il pane
lavorare il giardino


lavorare といえば「働く」という自動詞だけど、3つとも後に直接目的語があるぞ。「~を働く」ってどゆこと?と思った時点で、もしかして lavorare に他動詞の意味が?と疑ってみた貴方、エライです。
「手を加えて~を加工する、細工する」、庭や土地なら「耕す」という立派な他動詞でもあるので、上から、「鉄を加工する」「パンのための生地を練る」「庭を耕す」という意味になります。
lavorare in giardino なら「庭で働く」だけど、lavorare il giardino なら「庭を耕す」になるだなんて!エキサーイティン!


vivere

Ha vissuto l'infanzia a Roma

vivere とくれば「生きる、暮らす、生活する、住む」だけど、この例文は Ha vissuto a Roma 「ローマで暮らした」じゃなくて、Ha vissuto l'infanzia 「幼年期を暮らした」になってるので、vivere は自動詞の「暮らす」ではなく、他動詞の「~を過ごす」。「ローマで幼年期を過ごした」ってことになりますね。
一つ前の lavorare もそうだけど、直接目的語をとるかとらないか、他動詞か自動詞かの見極めってやっぱり大事だわ~。


ballare

Mio nonno sa ballare il valzer.


あ、これは私個人の忘備録なので気にしないで下さい。ballare は「踊る」という自動詞でしかほとんど使ったことがなかったので、「~を踊る」という他動詞でもあることを知った時、軽くクラッときたもんで。
「私のおじいちゃんはワルツを踊れる」。カッコいいな、おじいちゃん。


dolce, salato, aspro, piccante, frizzante

Lei è molto dolce.
Il conto dell'albergo era salato.
Il capo mi ha costretto di fare un aspro lavoro.
Quell'uomo mi ha minacciato con parole piccanti.
Lui mi ha risposto con parole piuttosto frizzanti.


dolce「甘い」、salato「しょっぱい」、aspro「酸っぱい」、piccante「ピリッと辛い」、frizzante「発泡性の」だけど、さにあらず。
「彼女はとても甘い」→「彼女はとても優しい」
「ホテル代はしょっぱかった」→「ホテル代は高かった」
「上司は、私に酸っぱい仕事を強要した」→「上司は、私にきつい仕事を強要した」
「その男は、ピリッと辛い言葉で私を脅した」→「その男は、辛辣な言葉で私を脅した」
「彼は、かなりシュワシュワした言葉で返事した」→「彼は、かなり手厳しい言葉で返事した」



le-nuove-parole-del-dizionario-2016.jpg

Leggiamo il dizionario
che il significato che vuoi sapere
si potrebbe anche trovare alla fin fine della pagina!

辞書を読もう!
突き止めたい意味は、
ページの最後の最後に書いてあるかもしれないよ!







pronomi indiretti 間接目的語代名詞 - 2020.10.09 Fri

P9210258 (2)

Malinconia autunnale...

秋の哀愁・・・




Ho sempre pensato di fare un post riguardo ai pronomi indiretti nell'uso un pochino "misterioso" per noi giapponesi , ma finora non l'avevo ancora fatto. Ho deciso di spiegarlo anche perché l'altro giorno sono stata chiesta in proposito da una mia allieva.

今日は、間接目的語代名詞の変な使い方についてです。
いや、ネイティブにとっては変な使い方どころか、至極真っ当な用法なんでしょうが、我々日本人は「ふー・・・ん 」みたいな顔になる 。これについては、前から書きたいと思ってはいたのに書いてなくて、先日生徒さんから質問をいただいたのをきっかけに書こうと思いました。




Quando studiamo i pronomi indiretti, i libri ci danno degli esempi di frase come questi:

「誰々に」を表す間接目的語代名詞を学習する時、テキストにはたいてい次のような例文が載っていますよね。


Ho telefonato a Mario → Gli (= a lui) ho telefonato.
マリオ電話した→彼電話した

Ho regalato dei fiori a Maria → Le (= a lei) ho regalato dei fiori
マリア花をプレゼントした→彼女花をプレゼントした

A me piace il gelato → Mi piace il gelato
私(にとって)はジェラートが好き

Ai bambini piace giocare → Gli (= a loro) piace giocare
子どもたち(にとって)は遊ぶのが好き→彼ら(にとって)は遊ぶのが好き


Questi sono facili da capire, si tratta soltanto della funzione fondamentale di "a chi?".

ハイ、これは簡単ですね。「誰?」を mi「私に」、ti「君に」、ci「私たちに」、vi「君たちに」、gli「彼に」、le「彼女に」、gli「彼らに、彼女らに」で表すという、間接目的語代名詞の基本中の基本の用法ですもんね。



maxresdefault_202010082325499e4.jpg



Ora entriamo nell'argomento di oggi
I seguenti esempi invece a prima vista è difficile capire quale funzione abbiano quei pronomi.

さて、ここからが本題です。
次の文に入っている間接目的語代名詞の役割はなんでしょ?1問5秒でお答え下さい!チッチッチッチッ・・・


1) Scrivo quello che mi passa per la mente.
頭に浮かんだことを書く

2) Il giovane le ha carezzato la guancia.
若者は、彼女の頬を撫でた

3) Gli ho tagliato i capelli.
彼の髪を切ってあげた

4) Mi gira la testa quando salgo in alto.
高い所に上るとめまいがする

5) Ho portato mio figlio dal medico. Gli ha osservato la gola e gli ha prescritto dei farmaci.
息子を医者に連れて行った。喉を診てもらって、薬を処方してもらった


Certo, anche questi sono quelli che hanno significato "a qualcuno", ovvero per il 1) a me, 2) a lei, e così via, ma praticamente hanno una funzione che sostituiscono gli aggettivi possessivi: 1) Scrivo quello che passa per la mia mente.
Se il complemento diretto del verbo è una parte del proprio corpo, in italiano mi sa che venga usato il pronome indiretto invece dell'aggettivo possessivo, e credo sia una delle caratteristiche dell'italiano.

これらも文法的には、a me「私に」、a lei「彼女に」などを指す間接目的語代名詞なんですけど、実際には「私の」「彼女の」といった所有形容詞の代わりをしていますよね?1)だったら「私の頭」だし、2)だったら「彼女の頬」だし。
頭、頬、髪、喉など、自分の体の部位が動詞の直接目的語になっている場合、イタリア語ではそれを mia mente とか sua guancia といった所有形容詞を使わずに、間接目的語代名詞で表すんですね。そうすることで、それが「自分の体」であることが分かると。my mind とか her cheak とか、英語みたいに所有格を使う方が分かりやすいんじゃないの?とは思うけど、これもイタリア語の大きな特徴の一つとして面白がっておきましょう。


6) A scrivere tanto mi si stanca la mano.
たくさん書くと手が疲れる

7) Oggi ho letto tutto il giorno e mi si sono stancati gli occhi.
今日は一日中本を読んでいたので、目が疲れた

8) Ascoltando la sua storia, ci si è affacciato un dubbio.
彼の話を聞いていて、私たちには疑念が生じた


Pure questi sono come gli esempi precedenti, ma in questo caso vengono seguiti dal verbo riflessivo, e credo normalmente questo uso non siano tanto familiare per chi studia italiano.

6)が、生徒さんに質問された例文です。1)~5)同様に、6) la mia mano の代わりに mi、7) i miei occhi の代わりに mi と、やはり間接目的語代名詞が所有格の代わりをしていますよね。ただし、今度は再帰動詞との合わせ技だ!
stancarsi 「疲れる」のは私の手。でも la mia mano じゃなくて mi を使うから、mi si stanca となる。mi si「ミシ」の響きがなんとも馴染み薄くて不安になりますね(笑)。7)はその過去形!
一方で8)は、所有格の代わりをしているわけではなくて、ただの a noi「私たちに」という意味だけど、affacciarsi「出現する、心に浮かぶ」という再帰動詞とのコンビで、ci si「チシ」になっとります。


8) Mi hanno rubato la borsa.
私はバッグを盗まれた

9) Mia figlia ha solo due mesi e ogni tanto mia madre me la guarda.
私の娘はまだ生後2ヶ月で、母が時々見てくれる

10) Questo libro ti è troppo difficile?
この本はあなたには難しすぎる?


Questi invece il pronome indiretto ha un senso non "a qualcuno" ma "da qualcuno" (8) e "per qualcuno" (9 e 10).
Io non ho mai trovato un libro di grammatica che lo spiega e non capisco perché!

さて、これらは「~に」ではなく、「~から」「~にとって」を意味する間接目的語代名詞であります。
よく見る8)の例文は、Mi (= da me) hanno rubato「私から盗んだ」、9)は、mia madre me (= per me) la guarda「母は私のために彼女を見てくれる」、10)は、ti (= per te) è troppo difficile?「あなたにとって難しすぎる?」という使い方ですね。
間接目的語代名詞は a qualcuno「~に」って言ったじゃん!と怒ったところで仕方ないので、代名詞多用民族の前に白旗を上げてしまいましょう。
それにしても、「~に」以外にもこんな意味で使われますよ、と解説している参考書やテキストに出会ったことがないのは何故だろう。


11)
A: Che bella borsa!
ステキなバッグだね!

B: Veramente ce l'ho da tanto tempo.
前から持ってるよ

A: Davvero? Non te l'avevo mai vista.
本当?あなたがそれを持っているのを見たことがなかったよ


Questo è difficile. Pensandoci piano, capisco la funzione del "te", ma all'istante io non riuscirei a dirlo e quello che potrei dire sarebbe "Non ti avevo mai visto portarla." o cosa del genere.

さあさあ、これは難しいですよ!実はこれ、イタリア語検定準2級のリスニング問題の会話です。
ゆっくり考えてみましょう。
non l'avevo mai vista の l' は borsa「バッグ」でしょ~?
だから、「私はそれを見たことがない」でしょ~?
te はホントは ti だけど、l' の前だから te に変身してるでしょ~?
vedere「見る」の直接目的語代名詞はバッグだから、この te は間接目的語代名詞「あなたに」でしょ~?
でも、8)~10)で見たように、「~に」とは限らず他の意味があるのかもしれない・・・
とここまでは分析できるんだけど、これが「あなたがそれを持っているのを見たことがなかった」という意味になるというではありませんか!この ti が「あなたが」という主語のような役割を果たすなんて、誰が想像できましょうや!私なら、Non ti avevo mai visto portarla と言っちゃいそうだけど、Non te l'avevo mai vista って言った方がイタリア語としての「こなれ感」が違うのかなぁ。


img55080f29zikezj_20201008233018a85.gif



Insomma, più si studia l'italiano più si nota che questa lingua ha una forte preferenza di usare i pronomi, e come non bastasse, ogni pronome ha vari significati che a volte ci mettono in imbarazzo.

というわけで、本日は間接目的語代名詞マジックをご覧いただきました。
イタリア語は勉強すればするほど、いかに代名詞大好き言語であるか、いや、もう代名詞依存症と言っても過言ではない言語であるかが分かります。しかも、たった2~3文字のちっちゃい単語のくせに妙に色んな意味があるし、まったく学習者泣かせの奴らです。



L'apprendimento delle lingue non finisce mai.
終わり無き言語学習。明日も頑張りましょう。



auguri vs congratulazioni 祝辞 - 2020.10.03 Sat

P9110217 (2)

Ce l'ho fatta a perdere 6g! Congraturazioni a me!

6g ダイエットした!自分におめでとう!





Ho sentito che molti italiani confondono le due espressioni "Auguri" e "Congraturazioni", allora figuratevi com'è difficile usarle noi giapponesi senza sbagliare!
Molto probabilmente si crede che queste due sono sinonimi e che le si possono dire nelle medesime situazioni, ma in realtà non lo sono.

Auguri (アウグーリ)と Congraturazioni(コングラトゥラツィオーニ)というお祝いの言葉。どちらも日本語にすると「おめでとう~!」なので、どっちを言っても大して変わらない・・・と思いがちですが、さにあらず。これ、イタリア人でさえ混同することが多いらしいので、日本人である我々が「むむ?」と思うのも無理ありません。



Questo video, che ho trovato per caso, ce lo spiega in maniera molto chiara. A dire il vero, pure io le ho sempre usate con un po' di incertezza, ma grazie alle spiegazioni dettagliate di questo video mi è stata risolta l'ambiguità.

これ、たまたま出会ったビデオなんですが、その辺のことをとてもクリアに説明してくれています。
実は私もね、200%自信を持てぬまま、ひっそりと小声で使っていたことも、ある。うん、確かにある。それがこのビデオのおかげで、違いがバシッと分かりました!




tratto da こちらより引用 LearnAmo



Provo a riassumerlo per i lettori giapponesi.
ざっと要約すると・・・



Auguri Congraturazioni は、いずれも人に投げかけるお祝いの言葉だけど、まったく同じように使っていいかというと、実はそうじゃないのです!類義語と思われがちのこの二つ、シーンに合わせて使い分けが必要なんですよ。


Auguri!(アウグーリ) 「祝辞」「祈願」

① 誕生日、結婚記念日、オノマスティコ(日替わり聖名の祝日)など、毎年やってくる、その人個人のお祝い事(ビデオでは、una festa personale ricorrente 「繰り返される個人のお祝い事」という表現をしています)

A: Oggi è il tuo compleanno, vero? Auguri! 今日、誕生日でしょ?おめでとう!
B: Grazie! ありがとう!


② クリスマス、正月、パスクワなど、万人に共通の祝日

A: 3... 2... 1... Auguriiiii!!! 3・・・2・・・1・・・おめでとーー!
B: Buon anno nuovooooo!!! 新年おめでとーー!


③ 母の日、父の日、バレンタインデーなど、個人でもなく、国の祝日でもない特別な日

A: Auguri, mamma! Questo è per te! おめでとう、ママ!これプレゼント!
B: Grazie, cara! ありがとう!


これらは全て、Buon/Buona~で言い換えられます。

Buon compleanno! 誕生日おめでとう!
Buon anniversario (di matrimonio)! 結婚記念日おめでとう!
Buon onomastico! オノマスティコおめでとう!(自分の名前がその日の守護聖人である時)
Buona festa della mamma! 母の日おめでとう!

こう言われた人は、Grazie! 「ありがとう!」と答えます。

Buon Natale! クリスマスおめでとう!
Buon anno nuovo! 新年おめでとう!
Buon San Velentino! バレンタインデーおめでとう!
Buona Pasqua! 復活祭おめでとう!

こう言われた人は、Altrettanto! 「あなたにもおめでとう!」と答えます。


ここで一つ気をつけなくちゃいけないことは、Auguri は場合によっては皮肉めいたニュアンスになる、ということ。
いいことがあった人、あるいは嬉しいことを控えている人に対して、一応はお祝いを言うけど、心の中では「ま、自分には関係ないけど」という無関心さが表れます。

A: Ho finito tutto il lavoro!! 仕事ぜんぶ終わったー!
B: Auguri. そりゃ良かったね(でも自分にとってはどうでもいい)


Congraturazioni!(コングラトゥラツィオーニ) 「祝辞」

① 結婚、妊娠、子どもの誕生、大学卒業など、その人個人のおめでたい日。ただし、毎年繰り返されるわけではない。(ビデオでは、una festa personale non ricorrente 「繰り返されるわけでない、個人のお祝い事」という表現をしています)

A: Mio figlio si è sposato il mese scorso. うちの息子が先月結婚しました
B: Wow! Congraturazioni! わぁ!おめでとう!

A: Finalmente mi sono laureato! やっと大学を卒業したよ!
B: Che bella notizia! Congraturazioni! それはいいニュースだね!おめでとう!


② 就職や昇進、大きなことを成就した相手に、心からのお祝いや喜びを伝える時。

A: Ho vinto il premio del concorso fotografico! 写真コンクールで賞を取ったよ!
B: Bravo! Congraturazioni! すごい!おめでとう!

A: Finalmente ho trovato un lavoro! ついに仕事が見つかった!
B: Congraturazioni! おめでとう!



さぁ、ここで使い分けに要注意!



まだ起きていないこと、実行されていないことに対しては、Congraturazioni ではなく、Auguri と言います。

A: Mi sposerò tra un mese! 私、1ヶ月後に結婚するの!
B: Auguri! おめでとう!

auguri augurio の複数形ですが、「祝辞」という意味の他に、「祈願」という意味もあるので(なんせ動詞 augurare は、「~を願う、~を祈る」という意味)、結婚を控えている人に対して Auguri と言うのは、Spero che il tuo matrimonio vada bene! 「あなたの結婚式がつつがなく行われますように」と祈願していることになります。


それに反して、もうすでに起きたこと、実行されたことに対しては、Auguri ではなく、Congraturazioni と言います。

A: Mi sono sposata il mese scorso. 私、先月結婚したの
B: Congraturazioni! おめでとう!

(これはビデオ内では言ってないですが)この場合に Auguri と言うと、あたかも「あなたの結婚生活が、(離婚もせずに)長く続きますように」と言っているようで、縁起でもないのですよ。
ここが Auguri Congraturazioni の最大の違いなわけで、誕生日やクリスマス、新年に言う決まり文句 Auguri 「祝辞」とは違って、「就職した」「結婚した」「子どもが生まれた」「一軒家を買った」といった、すでに成就したことに対して Auguri と言うのは、「何ごともなく、これからもうまくいくことを願います」という、転ばぬ先の杖といいますか、余計なお世話といいますか、せっかくメデタイことを報告しているのに、な~んかヤな感じ? Congraturazioni! 「おめでとう!」と素直に言いましょうよ、ってこと。




Per quanto riguarda "Felicitazioni", io non l'avevo mai sentito dire. Se neanche italiani lo dicono quasi mai, allora potrei non metterlo nella mia lista da ricordare?

ビデオの中では、これ以外のお祝いの言葉として Felicitazioni も挙げていますが、とてもフォーマルで、ほとんど(誰も)使ってないらしいので、この際無視しちゃいましょう。



2b433fd7e6a946c19811eda18d1bff25.png




Insomma, nel passato sono sicura di aver rivolto diverse volte "Auguri!!" a chi ha raggiunto un grande obbiettivo. Mi dovrebbero scusare che non intendevo prevedere la possibilità che gli accada qualcosa di male.

すごい目標をついに達成した人に対して、Auguri! って私、過去に言ってた。絶対何度も言ってた。ガビーン!
「そんなハッピーなことがこれからも続くとは思えないけど、でもとりあえず続くことを願ってるよ」なんてことを言いたかったんじゃないからね!そうじゃないからね!


さぁ、明日はいよいよ実用イタリア語検定試験の当日です!
皆さんに Congraturazioni!! と私は言いたい!ガンバレ!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}