FC2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2021-01

実用イタリア語検定3級出題傾向 - 2021.01.31 Sun

IMG_0138.jpg

Ce la state mettendo tutta?

みんなガンバってるぅ~?




C'è un esame della lingua italiana che si svolge in Giappone due volte all'anno: livelli 5, 4, 3, pre-secondo in marzo e in ottobre, e livello 2 e 1 solo una volta in ottobre. Per chi studia l'italiano è un buon'occasione per sapere il proprio livello, e studiare puntando a un livello superiore può anche aiutare a mantenere la motivazione dello studio.

3月と10月の年2回実施されている実用イタリア語試験。1995年にスタートしてから既に四半世紀続いてるんですねぇ。
イタリア語を勉強している人にとっては、日ごろの勉強の成果を試す絶好の機会ですし、一つ受かったら今度はもっと上のレベルを!と思うのが人間の自然の摂理。半年先に自ら人参をぶら下げて、そこに向けてひたすら走るというのも、これ以上ない学習のモチベーションになりますよね。



Anche tra i miei studenti non pochi stanno facendo del loro meglio per superarlo, e così per essergli d'aiuto ho deciso di analizzare uno alla volta gli elementi grammaticali più chiesti in ciuascun livello.

私の生徒さんの中にも、合格に向けて頑張っている人たちが少なからずいるので、何か力になれることないかなぁと考えていたところ、各級の文法項目の出題傾向を分析してみようじゃないか!と思い立ちました。リスニングや長文の傾向を探るのは難しいけど、文法はある程度項目別に分類できるので、どんな問題が出やすいの?という疑問の参考程度にはなると思うんですよ~。



Partiamo dal livello terzo, il livello che ha sempre il maggior numero di candidati.

まずは、6レベルの中でも毎回受験者の多い3級からスタートです。
2015年秋から昨年2020年秋に実施された、計9回分の文法問題を全部解いて、それぞれがどの文法項目に当たる問題なのかを数えてみました。これはどの分類に当てはまるかなぁ、と微妙な問題もありましたが、一番文法要素の濃いものの中に入れました。
では、その分析結果を発表致します!

CCF_000180.jpg

Negli ultimi 9 esami, i primi 6 elementi di grammatica più frequenti sono:

1. pronomi diretti, indiretti e particelle "ne" e "ci"
2. passato prossimo, imperfetto e trapassato prossimo
3. preposizioni
4. imperativo
5. condizionale semplice e composto
6. pronomi relativi

①出題頻度ナンバーワンは、やっぱり直接、間接、ci&neの代名詞ファミリーだ!ファミリーの人数が多い分、手を変え品を変え問題に出しやすいんですね、きっと。
でも、よく見て下さい。2016~2017年に多発してた割に、近年はゼロ!一体どうしたんでしょう。でも、出ないならいいや、なんて思わない方がいい。次回またドッカンと出るかもしれないからね。こんな風に分析する人が多いから、検定協会側でも裏をかいて出題を控えているだけかも。

②近過去・半過去・大過去の使い分けと前置詞は、これはもうイタリア語の基本のキだから仕方ない。これ分かんなくちゃダメっしょ、ということで、毎回ほぼまんべんなく出ています。

③命令形は、対tuと、対Leiが思いのほかややこしいのに加えて、これに代名詞が併用されると、出題者側としては楽しくなるほどひっかけ問題が作りやすいんですね。まんまと罠に引っかかっちゃダメですよぉ。

④関係代名詞と比較級は、私の勝手な思い込みで、毎回もっともっと出てると思ってました。意外と少ない。

⑤あ、それとですね、最近増加の傾向(って聞くと「感染者」と思ってしまうこのごろ)にあるのが、andarseneやcavarselaといった、動詞に代名詞が複数ついて一つの動詞になっている代名動詞の出題。チェキラ!



Il terzo corrisponde il livello medio ma richiede veramente una vasta gamma di conoscenza grammaticale!
Non sarebbe facile superarlo in poco tempo, ma io personalmente penso che si potrebbe avere una certa fiducia nel proprio italiano se si potesse passare questo livello, per cui dico sempre ai miei studenti di cercare a mettercela tutta!

それにしても、3級は文法の出題範囲がめちゃめちゃ広いですね。4級に合格して、次に3級の扉をそぉっと開けたら、ドワ~~~ッととんでもない量の学習事項が流れ込んできた!という感じ?
でもめげてはいけない。大変な分、3級に合格したらとても大きな自信になると思うんですよ。だから頑張りましょう!!


次回は、準2級の分析をしようと思ってます。


cotto 調理された - 2021.01.24 Sun

IMG_25632.jpg



Il verbo "cuocere" significa sottoporre gli alimenti all'azione del fuoco o del calore per renderli mangiabili e digeribili, e per far capire come vengono cotti si aggiunge il modo di cuocere dopo il verbo "cuocere".
Interessante è che a differenza di quello in italiano, in giapponese ogni modo di cottura ha un verbo diverso.

動詞 cuocere とは、食材に火や熱量を加えて食べられるようにすること、つまりは「調理する」ってことですが、日本語では、ざっくり「調理する」の中に、「焼く」「煮る」「蒸す」「茹でる」「炊く」など、調理方法によって動詞が違いますよね。面白いなぁと思うのは、イタリア語では friggere 「揚げる」といった独立した動詞もあるものの、多くの場合、調理方法は動詞 cuocere の後にピコッと付け加えるという手法をとることです。


cuocere in padella フライパンで調理する→焼く、炒める
cuocere al forno オーブンで調理する→焼く
cuocere ai ferri / alla griglia 焼き網で調理する→焼く、グリルする
cuocere a vapore 蒸気で調理する→蒸す、ふかす
cuocere a fuoco lento 弱火で調理する→煮込む


Poi sia il pane che il riso, in italiano si possono tutti e due "cuocere", ma da noi i verbi sono diversi secondo cosa si cuoce.

調理方法が cuocere 一本やりなら、パンを焼こうがお米を炊こうが、やっぱりこれも cuocere でいいってところが、いやはやなんとも。


cuocere il pane パンを焼く
cuocere il riso 米を炊く
cuocere gli spaghetti スパゲッティを茹でる


Insomma, "cuocere" è un verbo utilissimo che viene usato ovunque nel mondo culinario.

とにかくそういうわけで、cuocere という動詞は、料理用語としてあっちにもこっちにも登場するオールマイティな動詞なのですね。



vallespluga__temperatura_giusta_cottura_galletto_carne_bianca.jpg

griglia.jpg

41dc5347-ef39-4dfa-95c1-3eee8be428fb.jpg



Il participio passato del "cuocere" è "cotto", e anche questo viene utilizzato in vari nomi di cibi e non.

cuocere 「調理する」の過去分詞は cotto ですが、これまた色んな言葉にさりげなく使われていて侮れません。


prosciutto cotto 熱処理したハム
panna cotta パンナコッタ
terra cotta テラコッタ
ricotta リコッタチーズ
biscotto ビスケット


パンナコッタ (panna cotta), リコッタ (ricotta), ed anche ビスケット (biscotti con la pronuncia "bisketto") sono tutti ben conosciuti anche in Giappone, ma alcune persone potrebbero non conoscere perché hanno questi nomi.

パンナコッタも、リコッタチーズも、ビスケット(イタリア語ではビスコット)も、もはや日本人の誰もが知っているんじゃなかろうかと思う食べ物ですが、なんでコッタとかコットなのかを知っておくと、物知りボーイズ&ガールズとして、飲み会の席なんかでいいカッコできるかもしれません。

cuocere 「熱処理した」ハムだからプロシュットコット。(prosciutto 「ハム」が男性名詞だから、形容詞は cotto)
panna 「生クリーム」に火を入れて cuocere したからパンナコッタ。(panna が女性名詞だから、形容詞は cotta)
terra 「土」を焼いて cuocere したからテラコッタ。(terra が女性名詞だから、形容詞は cotta)
牛乳を加熱してチーズを得た後、ホエーをもう一度 cuocere して(再調理して)作るからリコッタ。
bis 「もう一度」 cuocere するから、つまりは2度焼きするからビスコット。



25a9fd8a.jpg

manicotto (scaldamani)

mani 「手」+ cotto 「温め」= マフ



Devo dire 言わなくちゃいけない - 2021.01.17 Sun

IMG_0011.jpg

Devo dire che preferirei la mela
piuttosto che il mandarino...

ほんとはミカンよりリンゴの方がいいんだけどなぁ・・・





C'è un'espressione in cui m'imbatto spesso, la traduzione in giapponese della quale è a volte facile ma a volte no.

イタリア語を読んだり聞いたりしている最中に、とってもよく出くわす表現があります。その日本語訳は、時に簡単で、時に難しく。




Si tratta di:
それはなにかというと、



devo dire



Mi capita davvero spesso di vederla e sentirla, e ogni volta che la incontro, mi fermo un attimo a pensare come sia la traduzione più appropriata.

devo dire って、直訳すると「私は言わなくちゃいけない」だけど、それじゃどーも変、っていう文が結構多くて、このデヴォディーレに出会うたびに、どう訳すのが適切か、しばし悩んだりします。



Ieri ho visto un film. Beh, non è stato tanto divertente devo dire.
昨日映画見た。うーん、正直なところ、あんまり面白くなかった。(面白くなかったと言わざるを得ない

Devo dire che davvero non la capisco.
言わせてもらえば、彼女のことは本当に理解できない。(理解できないと言わざるを得ない


Questi sono abbastanza facile da capire perché ci fanno pensare che il parlante in teoria non avrebbe voglia di dire una cosa negativa, ma non ne può fare a meno, quindi "deve dire per forza" che il film era noioso e che lei è una ragazza incomprensibile.

これはまだ分かりやすいですよね。「面白くなかった」「理解できない」なんていうネガティブなことは本当は言いたくないんだけど、言わざるを得ない、という気持ちが伝わってきますもん。言いたかないけど、言うしかない。だから devo dire。


Il mio nuovo appartamento è molto più piccolo di quello prima, ma devo dire che è comunque tranquillo e confortevole
私の新しいマンションは、前のよりずっと小さいけど、まあ確かにとりあえず静かで快適かな。

Devo dire che a scuola ero abbastanza bravo.
言わせてもらうと、僕は学校ではかなり出来が良かったんだ。


Un po' diversi da quelli primo e secondo, ma posso capire il senso. Il parlante non è tanto tanto contento del suo nuovo appartamento ma si sente di dover accontentarsi dell'ambiente tranquilla, e quello dopo, lui esita a vantarsi della propria bravura, ma si permette di dirlo con un'aria un po' orgogliosa.

初めの2つとはちょっと違うけど、これもニュアンスは分かりますよね。新居にすごく満足しているわけじゃないけど、まぁ静かな環境を良しとしなくちゃいけないかな、っていう dovere。その次のは、自分のことを出来が良かったなんて、自分で言っちゃうのもなんだけどぉ。え?いいから言えって?そう言うなら言わざるを得ないけど、の dovere。



Il problema è i seguenti usi.
問題は次です。



Questo è il risultato finale della torta, devo dire che sono molto soddisfatta!
これが出来上がったケーキ。正直すっごく満足!

Devo dire che non sono venuti male.
正直、出来上がりは悪くないと思う(むしろ良い出来だ)。

E devo dire che sembrano essere davvero prodotti interessanti.
本当のところ、実に興味深い製品に思えます。

Devo dire che sono un po' emozionato.
本当のところ、ちょっと感動してます。

Ma devo dire che stai benissimo.
いや、マジで元気そうだね。(そう言わずにはおれない←?)

Mi piace camminare, devo dire.
私は歩くのが好き、本当に

Bene, devo dire.
いいと思う、実に


Nessuna frase suddetta ha una sfumatura d'imbarazzo, né d'esitazione, né di compromesso, anzi, tutte hanno una nuance positiva, spontanea e attiva.
In questi casi sembrano che abbiano dei significati come "veramente", "onestamente", "a dire il vero", "potrei dire che", e così via, per cui ogni frase ha bisogno di una traduzione adeguata in giapponese.

上記の文のどれをとってみても、「ほんとは言いたくないけど、言わざるを得ない」といった、戸惑いや躊躇、妥協を感じさせるニュアンスは皆無。それどころか、「すごい満足」だの「実に興味深い」だの、至ってポジティブで積極的!みんなニコニコ嬉しそう!それなのに、dovere という、どこか強制力を匂わす動詞を使って、devo dire 「言わなくちゃいけない」と表現するところがめんどくさい。
これらは皆、veramente 「本当に、実に」、onestamente 「正直に」、a dire il vero 「本当のところ」、potrei dire che 「~と言えるだろう」のような意味になると思われ、よって、ケースバイケースで適した日本語訳を考えなくちゃいけないってことになりますね。



Figurati フィグーラティ - 2021.01.11 Mon

IMG_0121.png

Avete parlato qualcosa di me?

なんか噂した?



C'è una parola che di recente è stata inserita nella lista dei miei vocaboli preferiti, che è

最近、私の「お、これいただき単語リスト」に追加された言葉があります。それは、



Figurati! フィグーラティ!



"figurati", che è l'imperativo alla seconda persona singolare del verbo riflessivo "figurarsi", ha vari significati, tra cui quello che avevo già imparato per primo è

再帰動詞 figurarsi の tu に対する命令形である figurati。色んな意味がある中で、最初のころに覚えたのはこれ。



A: Grazie per avermi aiutato!
手伝ってくれてありがとう!
B: Figurati! (= Prego / Di niente / Non c'è di che / Ci mancherebbe)
フィグーラティ!(=どういたしまして/いや、いいんだよ/とんでもない/そんなそんな)



Ma non è questo che mi attira l'interesse, perché questo lo sentiamo spesso dire gli italiani ed è già conosciuto a tutti.

でも、リスト入りしたのは、これじゃないんです。
Grazie 「ありがとう」と言われれば、Prego 「どういたしまして」と応える、ということしか知らなかったころ、「いやいや、いいんだよ、ありがとうだなんて」的なニュアンスで、フィグーラティ!とすかさずイタリア人たちが返すのを聞いて、「へぇ~」と思って比較的早い段階で覚えちゃいました。それにまぁ一般的によく知られた表現ではありますよね。



bd61c309e914b5cad42675c313684ec0.jpg



Sono seguenti gli altri usi di "figurati" che trovo molto utili. In giapponese, naturalmente anche in altre lingue straniere, ci sono delle parole o espressioni difficili da tradurre in italiano, e a volte si fa fatica a trovare locuzioni corrispondenti, ma "figurati" qui sotto potrebbero risolvere alcune di quelle.

こりゃ便利だな、と思ってリスト入りさせたのは、以下の figurati です。
他の外国語もきっとそうだと思いますが、日本語の中には、これってイタリア語でなんて言えばいいのかな、もうちょっとピッタリくるもんないかなぁって考え込んじゃう単語や表現っていっぱいありますよね。たくさんの意味をもつ figurati が、そのうちの3つを解決してくれました。



significa "non è vero! / non è possibile! / Ma va!"
「まさか!」「またまた~!」「冗談でしょ」

A: Hai sentito che Claudio si sarebbe sposato con la figlia di miliardario?
クラウディオが億万長者の娘と結婚するって聞いた?
B: Ma figurati!! Non è possibile!
まっさかー!ありえない!

A: Mi sembra che mio marito abbia qualcun'altra...
うちのダンナ、誰か他の人がいるみたい・・・
B: Ma figurati! Io so che ti vuole tanto tanto bene, eh!
またまた~!ダンナさん、あなたのことが大好きだって、私知ってるよ!

これは驚きや呆れを強調する ma 込み込みとなっております。できれば「はぁ~?何言ってんの?」みたいな気持ちを込めて、Maffiguuuratiii! 「マッッフィグーラティ!」のように発音すると、より感じが出るかと。


significa "non mi sorprende / lo immaginavo"
「ちっとも驚かないよ」「やっぱりね」「だろうね」

A: Oggi il numero di contagiati è aumentato di 500!
今日は感染者が500人も増えた!
B: Figurati/Figuriamoci, è sempre in aumento.
だろうね。ずっと増え続けてるもん。

A: Guarda! Pakkun sta facendo un buco nella parete!
見て!ぱっくんが壁に穴開けてるよ!
B: Figurati, fa sempre quello che non desidero.
別に驚かないよ。やってほしくないことばっかりするんだ。

「まさか!」に対して、こちらは「ああ、やっぱね~。別にいいよ。」と妙に平常心。とっくに想像できていたので、今さら驚きません、という気持ちを込めて、「フィグーラティ・・・」とため息まじりに言ってみましょう。


significa "tanto meno / pensa"
「ましてや~」「~はなおさら」「~は言うまでもなく」

Non voglio uscire quando fa freddo, figurati quando nevica!
寒い時は外に出たくない。ましてや雪の日なんて!

Mi dici di imparare anche il tedesco? Per me la grammatica italiana è già parecchio difficile. Figurati il tedesco, che ha anche il genere neutro!
ドイツ語も習えって?イタリア語の文法でもすでに相当難しいのに、ましてや中性名詞もあるドイツ語なんて無理無理!

Ora che ogni ospedale è in una situazione critica, non possiamo prendere nemmeno un leggero raffreddore, figuriamoci se ci ammaliamo.
今はどこの病院も危機的な状況だから、軽い風邪ひとつ引けないのに、もし病気にでもなったりしたら大変だ

figurarsi は元々「想像する、思い描く」という意味だから、「Aでも~なのに、ましてはBだなんて、~だって想像して下さいよ。言うまでもないでしょ?」というニュアンスなんですね。「ましてや」が figurati で表せることを知った時は、静かに涙が3粒ほどハラハラと落ちました。


ねこ


Vorrei tanto mettere in pratica questi tre "figurati" nella conversazione con gli italiani, ma per il momento purtroppo non ho nessuna occasione...

この3つのフィグーラティ!をイタリア人との会話の中ですかさず使ってみたいんですが、残念ながら今のところそのチャンスがないわけで・・・。


capo- カポ - 2021.01.06 Wed

IMG_0088.jpg

Come state??

みんな元気~?




felice.png


Buon anno a tutti! Come avete passato il fine anno?
È finalmente iniziato un nuovo anno lasciando alle spalle il maledetto, incredibile e inaudito 2020.
Anche se la situazione di tutto il mondo resta ancora difficile, anzi estramamente severissima, da cui non possiamo distogliere lo sguardo nemmeno un secondo, ma desidererei almeno augurare un auspicio positivo che ci porti alla fine della guerra contro il covid-19!

皆さん、明けましておめでとうございます!年末年始はどのようにお過ごしでしたか?
前代未聞の呪われた2020年がようやく過ぎ去り、新年となりました。
まだまだ世界中の状況は厳しい、っていうか、むしろ片時も目が離せないほど未だ甚だ深刻でありますが、コロナとの闘いの収束に向けて、せめてせめてほんの少しでも明るい兆しが、向こうの方からキラリ~ン☆と見えてくることを切に望みます!



capodanno-2021-fuochi.jpg



A proposito, la parola "capodanno" la trovo molto compatta in cui viene espresso tutto il concetto.

ところで。
「元日」を意味する capodanno って、キュッとコンパクトな中に、言いたいことがギュッと詰まった単語だなぁと思います。


capo di anno カーポ ディ アンノ (capo 「頭/初め/先端」、anno 「年」)

capo d'anno カーポ ダンノ

capodanno カポダンノ


Mi sa che in inglese non ci sia una parola corrispondente e si deve dire per forza "the first day of the year", ovvero "il primo giorno dell'anno", oppure "new year's day", che sarebbe "il giorno dell'anno nuovo". Comunque tutti e due sono troppo lunghe e ridondanti rispetto a "capodanno".

capodanno に相当する、1単語の英語ってない気がするんですけどどうでしょ?the first day of the year (年の最初の日)とか、new year's day (新年の日)とか、そんな風に言うんでしょうけど、いやいやダメでしょ。ダラダラと長過ぎでしょ。なんかこう説明調って言うんですか?カポダンノみたいに、キュッとしてくれないと。キュッと。


capodanno vs the first day of the year

capodanno vs new year's day 


1large



Il prefisso "capo-" che sta a significare "inizio", "leader", "eccellenza" viene usato in tantissime parole e approfittando del capodanno 2021 ho provato ad elencare delle parole che iniziano con "capo".

capo とくれば「頭」ですが、「頭」とくれば、組織の「長、トップ、ボス、指導者」、そして「トップ」とくれば、複数の物の中の「卓越性」も意味するわけで、capo- を接頭辞とする単語はいっぱいありますよね。
2021年のカポダンノということで、「カポ」で始まる単語を並べてみました。


capoufficio 事務長
capodivisione 局長
caposezione 部長、課長
caposara 室長
capotecnico 技術長
capomacchinista チーフエンジニア
caposervizio 業務責任者
capofficina 工場長
capofabbrica 工場長
capomastro 現場監督
capogruppo グループリーダー
capocuoco 料理長
caposquadra チームリーダー
capostazione 駅長
capobanda 楽団長
capoclasse 級長
capocomico 座長、劇団長
capofamiglia 家長
capomafia マフィアのボス
capobranco 動物の群れのボス
capotavola テーブル上座に座る人
capoluogo 県庁所在地
capolinea 始発駅、終点
capopagina ページの冒頭
capodopera 傑作
capolavoro 傑作、秀作
capovolta 逆転、転覆、宙返り、水泳のターン
capogiro めまい



ナンバーワンにならなくてもいい~ もともと特別なオンリーワ~ン
Non c'è bisogno di lottare per essere il numero uno, sii te stesso, sii l'unico
(musica e testo originale Noriyuki Makihara 作詞作曲 槇原敬之)


Che ne dite? Siete d'accordo?

2番じゃいけないんですか?!(笑)
いや、2番でいいです。カポじゃなくていいです。


Visitate in tanti questo blog anche quest'anno!! Vi aspetterò!!

今年も張り切ってオモロイことを書いていこうと思いますよー!
どうぞよろしくお願い致しまーす!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《入門・初級》 foto1.png 《中級・上級》 foto2.png aka.png amazon2_201912101722193b0.png
 
皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓
イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (142)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (67)
espressioni 表現 (159)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (56)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (11)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (35)
pubblicita` 宣伝 (24)
Circolo Massimo (29)
etc その他 (106)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

交流掲示板

Circolo Massimoイタリア語教室の生徒さん限定掲示板 PA290350 (2)1 閲覧にはパスワードが必要です

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

日本人講師 プライベートレッスン Circolo_Massimo 教室 イタリア語 小田急線 東京 小田急線経堂 チルコロマッシモ 世田谷区 イタリア語教室 経堂 

.new {color:red; font-weight:bolder;}