無題

2017-10

Mi ha preso di sorpresa! そうきたか! - 2010.04.14 Wed

009-1.jpg

Io sto pensando sempre a come posso scappare da qua ボクはここからの脱走方法をいつも考えてます



Ora faccio un lavoretto del corso d’italiano ad un impiegato che fra poco si trasferira’ a lavorare in Italia
Mi sono registrata in un’azienda che invia ad un’impresa un insegnante della lingua, e quando accetto la richiesta mi reco alle varie ditte per fare delle lezioni.


Come al solito, anche il signore a cui faccio le lezioni ora non ha mai vissuto in Italia, anzi non e’ mai andato in Europa, per cui sta con l’animo molto sospeso soprattutto per il problema della lingua 怜.


Lui ha la missione di vivere per 4-5 anni a Roma. Uuuh, lo invidio da morire! Voglio andare io al posto suo! Ma per lui che non sa un’acca d’italiano, e’ una cosa molto angosciosa.


Dicendogli di non preoccuparsi troppo e che puo’ abituarsi subito, posso immaginare bene il suo stato d’animo.
Se per esempio io dovessi andare a vivere a Mosca il mese prossimo e lavorare con russi? A Shanghai? Ad Atene? A San Paolo? ... 兩 Sarei sicuramente mooolto sconvolta e non sono sicura se possa dire tranquillamante “OK, me la cavero’!”.


Insomma, in ogni lezione cerco di spiegargli il piu’ possibile come sara’ la vita in Italia e le frasi utili per ogni giorno.
Sembra curioso e spontaneo, e mi fa tante domande.


L’altro giorno abbiamo fatto sul saluto, l’ariticolo fondamentale per i principianti.


A: Buongiorno, come sta?
B: (Sto) Bene, grazie.



Gli ho detto che poteva senz’altro variare secondo la condizione di salute nel dire ad’esempio “Non c’e’ male”, “Non sto bene”, “Sono stanco”, ecc.
Allora mi ha chiesto modestamente.


 : Scusa ma si dice “Sto bene”, ma non si dice “Sto stanco”. Come mai?
In inglese si dice“I’m fine” e “I’m tired” e tutti e due con “I'm”, no?



Ooooh, signore! Puo’ partire anche adesso!
La sua domanda colta mi ha bloccato.
Io studio italiano da 20 anni ma non ci ho mai pensato! 聯
Il mio pensiero si e’ fermato completamente per un secondo, ma per fortuna pian piano sono rinvenuta e sono arrivata a spiegarglielo (per sicurezza, dopo l’ho chiesto di nuovo alla mia insegnante 秊).


ESSERE e STARE sono intracambiabili come SONO a Roma” eSTO a Roma”.
Ma se si tratta di SONO stanco” eSTO bene” non si puo’, perche’
ESSERE + AGGETTIVO e STARE + AVVERBIO non si possono essere sostituiti.



Grazie, signore, ho potuto fare un bellissimo ripasso.
Mi sono anche resa conto della importanza di tornare ogni tanto la via che hai gia’ passato.
Non bisogna mai perdere lo spirito inziale! 烈

6001112_2143_1.jpg

La vita e' sempre piena di esercizi

人生は常に修行だ



いま派遣の仕事で、まもなくお仕事でイタリアへ赴任される会社員の方へのイタリア語レッスンをしています。
とある派遣会社に登録しているんですけど、そこから要請があった時に出向いてるんです。


多くの場合、「えええっ!ボボボクがイタリア駐在??」というイタリア超初心者の方。ヨーロッパだって行ったことありませんよ(泣)という方もいらして不安いっぱい 怜、特に言葉の問題で思いっきりため息をついていらっしゃいます。


いまレッスンしている方のミッションは、ローマに4-5年の駐在。くぅーっ、うらやまひー!私が代わりに行きますよ、ええ、ええ。
でもご本人にとってはイタリア語なんてひとっことも分からないんだから、それはもうため息も出るというものです。


大丈夫ですよ~、すぐ慣れちゃいますよ~、などと励ましてはみるものの、分かりますよね、その不安。
もし私が、来月からモスクワ赴任だ!ロシア人と働くのだ!などと会社に言われたらどうしましょ。上海とか、アテネとか、サンパオロとかだったら…? 兩 きっと泣く。不安で泣く。
おけー、何とかなるさ、とはお気楽にしてられないだろうな・・・(歳と共に余計そうなる)。


ま、とにかく、レッスンの度にイタリア生活はどんなかをできる限り説明して、日常便利なフレーズを伝授申し上げています。
今ご一緒している方は好奇心があり、積極的なので、質問もたくさんしてきます。


先日は、初級者には必須項目の「あいさつ」をやりました。


A: Buongiorno, come sta? おはようございます(こんにちは)、お元気ですか?
B: (Sto) Bene, grazie. 元気です。


もちろん体調によって色々バリエーションありますよ、
Non c’e’ male まずまずです」
Non sto bene 元気じゃないです」
Sono stanco 疲れてます」など、
なーんて説明してたら、その方が言ったんです。遠慮がちに。


 : あのー、「Sto bene 元気です」とは言うけど、「Sto stanco」とは言わないのは
なぜですか?英語ではどっちもbe動詞使って「I’m fine」「I’m tired」ですよね。



あああああああ。今すぐローマに出発しちゃってください!!
いきなりなんて鋭い質問。のっけからグサッと刺さってサン・セバスチャン状態ですよ!
ワタクシ、20年以上イタリア語を勉強していますが、そんなこと考えたこともありませんでした。恐れ入谷の鬼子母神ですよ。


瞬間、思考回路が止まって相当目が泳いでしまったと思われますが、徐々に正気を取り戻しまして、何とか説明までこぎ着けました(後日、学校の先生に確認とっちゃいましたが 秊)。


ESSERESTAREはよく似ていて、「SONO a Roma ローマにいます」「STO a Roma ローマにいます」はほとんど同じ。入れ替え可能。
でも「
SONO stanco 疲れています」と「STO bene 元気です」に関しては入れ替え不可能、なぜならESSERE + 形容詞と、 STARE + 副詞に限ってはそれが決まりだから



鋭い質問によって成長する講師。ありがとう、ありがとう、お陰でいい復習になりました。
どんどん前に進もうとするのもいいけど、昔やったことをたまには振り返ってみるのも大事なんですよね。
初心忘るべからず、ですね!! 烈




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/104-846673c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Cosi' s'impara dagli orecchi 耳から覚える «  | BLOG TOP |  » E' impareggiabile! あんたの勝ち!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (93)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (107)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}