IMG_9730.jpg

2017-07

Io e te 僕と私 - 2010.08.10 Tue

IMGP0595-1.jpg

Shuwacci! シュワッチ!



In inglese la prima persona e’ I, e la seconda e’ you, magari cambiano secondo il caso, ma in genere sono cosi’.
In italiano invece io, e tu o Lei. Ci sono due modi che si riferiscono a you, ma io e’ comunque solo io.

英語で一人称はI、そして二人称はyou。場合によって他の表現もあるかもしれないけど、とりあえず一般的にはこうですね。
イタリア語では自分はio、相手は単数ならtuLeiですよね。英語がyouだけに対してイタリア語は2通り。でもioioだけ。




Ora vediamo come si dice in giapponese.
Generalmente i maschi dicono (boku) e le femmine dicono (watashi) per dire io. Credo che tutti gli studenti che studiano giapponese imparino cosi’ a scuola.
Gia’ ci sono due nomi diversi dipende da maschio o fimmina che lo dice , ma non solo! Ci sono piu’ variazioni:

で、何が言いたいの?…えっとですね、日本語には英語や日本語と比べて自分と相手を指す言葉がたくさんあるなー、ということを最近改めて思ったもので、それをお伝えしようと思いまして。
日本語を勉強している外国人の方々は、男だったら自分は、女だったら、ととりあえず習うんでしょうか。あ、ここで既に2通りです。でも他にも色んなバリエーションがあります。


 Pure gli uomini dicono (watashi) nei casi formali.
フォーマルな場面では男も(わたし)と言いますよね。

 Con lo stesso kanji ma si legge “watakushi” che si usa sia maschi che femmine nei casi molto formali.
ワタクシとなると更にフォーマル。男女ともに使用。

  (ore), un linguaggio maschile, molto familiare e casual, meglio non dire quando parli con un tuo superiore!
オレオレ詐欺の。上司には使用ご法度。

おいら (oira), sempre per maschile, suona un po’ scherzoso, il maestro Takeshi Kitano si chiama cosi’ se stesso.
おいら、の位置づけはどういうの?ちょっとおチャラけた感じ?たけしが使うので有名ですね。

わし (washi), un linguaggio dei nonni ed anche dei Samurai ^^.
わしはお爺ちゃんか侍使用。

 Ci sono anche拙者 (sessha), (soregashi) che furono detti dai Bushi (Samurai) ma ora non si usa quasi mai.
拙者とか(それがし)なんていうのもあるけど、ま、使わないかな。

 Ci sono meno variazioni femminili, mi viene in mente solo うち (uchi) ma questo deve essere un dialetto di Kansai.
女性専用の言葉はあまりバリエーションがありませんねぇ。あ、それ、うちがやるからいいよ、とも言うけどこれは元々関西の方言ですね。



A questo punto, forse avete gia’ indovinato che esistono anche le variazioni per dire tu e Lei.

この時点で外国の皆さまは、じゃもしかしてtuLeiを指す日本語もどっさり?とお思いのことと思いますが、当たりです。


 Forse il piu’ famoso e’ あなた (anata), sia agli uomini che alle donne.
あなた、が一番一般的。

あんた (anta), la forma molto famililare di あなた, soprattutto alle persone minori di te.
あんた、はあなたの砕けた形。あんたさぁ、何やってんの?とか。

(kimi), sia agli uomini che alle donne, da un capo ad un nuovo impiegato ad esempio.
、これやっといて、と上司が部下に言ったり。お姐さまがヒヨッコ男子に言ったりもするかな。

貴様 (kisama), てめえ (temee), molto volgari... si usano quando si litigano tra gli uomini.
キサマーッ!テメェ!ボコボコボコッ・・・

そち (sochi), おぬし (onushi), Samurai...^^
そちも悪よのぉ、とか、おぬしは何ものじゃ!とか。公家、武士使用?



Ma a dire il vero, benche’ i libri di testo dicano sterotipatamente che Lei = あなた (anata) e tu = 君 (kimi), mi sa che non li usiamo tanto. Per esempio, nel dialogo seguente diremmo cosi’:

テキストには決まり文句のように、Lei = あなた、tu = 君、という風に書いてあることが多いんですが、日常生活においてあなた&君ってあまり使いませんよね~。たとえば、


Professore: Yuko, che fai di bello quest’estate?
先生:Yukoさん、夏はなにをするの? (Yuko san, natsu wa nani o suruno?)
Yuko: Vado al mare, e Lei? 
ゆうこ:海に行きます。(あなたは)?先生は? (Umi ni ikimasu. (Anata wa?) Sensei wa?)


io-e-te.gif



Il mio punto di oggi e’ questo: quando traduco l’italiano al giapponese, bisogna cambiare le parole giuste per dire IO e TE / LEI secondo il contenuto!
Senno’, farebbe sentire talmente strano!!

前置きが長いですが、言いたかったことはイタリア語の文を日本語に訳すとき、話し手やその相手、状況などに合わせてio、tu、Leiの訳を変える必要があって、そうじゃないととても可笑しなことになるのだなぁ、ということです。


 (ragazzo) Sono Taro Suzuki, e tu?
(男の子) は鈴木太郎、は? boku wa Suzuki Taro, kimi wa?

 (impiegato) Sono Taro Suzuki, e tu?
(会社員) は鈴木太郎です、あなたは? watashi wa Suzuki Taro desu, anata wa?

 (yakuza) Sono Taro Suzuki, e tu?
(やくざ) は鈴木太郎だ、おまえは?(貴様は?) ore wa Suzuki Taro da, omae wa? (kisama wa?)

 (nonno) Sono Taro Suzuki, e tu?
(じいちゃん) わしは鈴木太郎じゃ、あんたは? washi wa Suzuki Taro ja, anta wa?

 (figlia dice alla mamma) Io vado a fare la spesa, e tu?
(娘が母親に) 、買い物行ってくるけど、ママは? watashi, kaimono ni ittekurukedo, mama wa?

 (nonna dice alla nipotina) Io vado a fare la spesa, e tu, Yuko?
(ばあちゃんが孫に) おばあちゃんは買い物に行ってくるけど、ゆうこちゃんは? obaachan wa kaimono ni ittekurukedo, Yuko chan wa?



e cosi’ dicendo... se ce ne fosse solo uno o due anche in giapponese, sarebbe mooolto piu’ semplice! 

などなど...日本語も一つか二つだったら簡単なのにな。





● COMMENT ●

ブログ村から遊びに来ました♪

初対面の挨拶も、僕は、とわしゃぁ~、じゃ印象違いすぎですねぇww
むむ!自分のしゃべり方ってどんな風に思われててるのかな~?
とても楽しい記事ばかりで楽しい!また遊びにきます~

>Sandii #5R/fB1ac さん

こんにちは!いらっしゃいませ!ご訪問いただいて嬉しいです(^◇^)
イタリア人は最初から最期まで、どんな場面でもioだからシンプルですよね~。
私も時々「え?わたひ?」などと言ってしまいますが、もうちょっときちんとしようと思います。^^

実はこのブログ、今日よそから引っ越してきたんです。イタリア人の方々からもたくさんコメント頂いているんですが、新ブログに反映されてなくて・・・良かったら旧ブログもどうぞ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/145-fb0cf402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Cerco di non far fuoriuscire あふれないようにします «  | BLOG TOP |  » Complimentissimo コンプリメントだらけ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (42)
espressioni 表現 (102)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (71)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}