2017-08

Accresce l'onore nazionale? - 2009.09.17 Thu

07101913.DSC01569.JPG

Un riposo ちょっと一休み


L'altro giorno mi e' capitata l'occasione di conoscere l'inno nazionale d'Italia, comunemente conosciuto sotto il nome di "Inno di Mameli".
Non l'ho mai ascoltato con attenzione e non so neanche adesso come sia la melodia, ma mi hanno incuriosito le sue parole.

Eccole qua:

鍊鍊 Fratelli d'Italia, l'Italia s'e' desta,
dell'elmo di Scipio s'e' cinta la testa.
Dov'e' la Vittoria?
Le porga la chioma,
che schiava di Roma Iddio la creo'.
Stringiamoci a coorte, siam pronti alla morte.
Siam pronti alla morte, l'Italia chiamo'.
Stringiamoci a coorte, siam pronti alla morte.
Siam pronti alla morte, l'Italia chiamo', si'!
鍊鍊

E' stato scritto da un poeta Goffredo Mameli ed e' stato adottato come l'inno nazionale nel 1946, ovvero subito dopo la guerra.

Mi domando che ne pensino di queste parole gli italiani di oggi, soprattutto i giovani.
Le trovano indifferenti o li rendono eccitati?

Approfittando di questa occasione vi presento anche quello del Sol Levante: 

鍊鍊 君が代は 千代に八千代に
(Kimigayowa ciyoni yaciyoni)
さざれ石のいわおとなりて 苔のむすまで 鍊鍊
(sazare iscino iwaoto narite cocheno musumade)

(Finisce cosi'! E' brevissimo rispetto al vostro )

Il significato e' piu' o meno cosi':
Ci auguriamo che l'Epoca Imperatoria duri per mille anni,
per otto mila anni (cioe' eternamente)
finche' non diventi un sassolino come una roccia tutta coperta di muschio.

Wikipedia dice che il significato cambia abbastanza
dipende da come si interpreta la parola "君が代":
"l'Epoca Imperatoria", oppure semplicemente "questo tempo pacifico".

In Giappone da alcuni anni c'e' una polemica pesante per quanto riguarda questa interpretazione, oggi pero' io non intendo sviluppare il discorso su questa.
E' un tema troppo duro!

Alle Olimpiade a Vancouver nel caso che vinca la medaglia d'oro sia l'Italia che il Giappone, ascoltiamo bene i nostri inni reciprochi 秊 獵

***********************************


先日ひょんなことからイタリアの国歌を知ることになりました。
「マメーリの賛歌」として一般的には知られているようですね。
これまで注意して聴いたこともなかったし、どんなメロディかも
今もって知りませんが、その歌詞に目が留まったんですね~。
はい、どうぞ。

鍊鍊 イタリアの兄弟よ、スキピオのかぶとを頭(こうべ)にいただき
イタリアは、いま目覚めぬ
勝利の女神よ、いず方にありや
汝のうるわしき髪、み国に手向けよ
汝、ローマの僕たれと、主が創りたまいしなれば
我ら、いざ隊伍組み、死に臨まん
イタリアに召され、この身ささげん
鍊鍊
<小学館・伊和辞典より転記>

ゴッフレード・マメーリという詩人が作詞し、1946年、つまり戦後
すぐに国歌として採用されたらしいです。

現在のイタリア人、特に若い人たちはこの歌詞をどう思ってるんだろう。
ドン引き?それとも燃える?

この機会に我々、日出ずる国の国歌もどうぞ:

鍊鍊 君が代は 千代に八千代に
さざれ石のいわおとなりて 苔のむすまで
鍊鍊

(ハイッおしまい!イタリア国歌と比べて短か! )

<君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれに
さらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますよ~に!>

「帝の世」なのか「この治世の平安」なのか・・・
「君が代」という言葉をどう理解するかによって、歌詞のとらえ方が変わってくるとウィキペディアにあります。

日本では、これに関するドえらい論争が数年前から展開しております。
でも今日はその話は無し!
だってテーマがヘビー過ぎるんだもーん。

バンクーバーオリンピックでイタリアか日本が金メダルをとったら
お互いの国歌をよ~く聴いてみると面白いかも 秊 獵







● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/18-1c16e307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ma pensa un po'! «  | BLOG TOP |  » Chi sara' il vincitore?!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (103)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}