IMG_9134.jpg

2017-06

Don Giovanni ドン・ジョバンニ - 2011.09.13 Tue

無題-123

Ciao, tartarughino! チャオ、カメちゃん!



L'altro giorno ho visto il DVD del film "Io, Don Giovanni" .

先日、映画『ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い』のDVDを観ました。


imagesCA05UQCC.jpg imagesCANG8W2L9.jpg


Ho vergogna di confessarvi che io non conoscevo la storia di "Don Giovanni".
Vergogna perche` e` probabilmente notoria e magari la sanno tutti. Mi piace la musica, mi piacciono i film, ma l'opera lirica purtroppo non rientra nell'ambito del mio interesse, almeno fino a quel momento.

大変お恥ずかしいことに『ドン・ジョバンニ』がどんな話なのか、ワタクシ知りませんでした
いや、常識ですよね?みんな知ってますよね?ジョン・ドバンニ?だはははっ!なんて言ってる場合じゃないですよね?
音楽も映画も好きなんだけど、オペラの世界にはとんと疎くてですねぇ。どうも興味が湧かなかったんですよ。少なくともこの映画を見るまでは。



La melodia naturalmente la conoscevo e mi e` sempre piaciuta perche`

メロディはもちろん知ってましたし、好きですよ。だって、





questa scena del film "Amadeus" mi emoziona cosi` tanto e ogni volta che la vedo mi risona negli orecchi Dooon Giovaaaannniiii!!!

映画『アマデウス』(おもしろ変換『甘で薄』 )のこのシーン、強烈な印象ですもんねえ!ここを見るたんびに、ドーーンジョバーーーンニーーー!と一日に何回も言ってしまいます。



Ma non sapevo, e stranamente non ho mai cercato di sapere, che si tratta di un donnaiolo che commette la violazione di domicilio (o di letto?) per conquistare il suo amore, assassina il padre dell'amore, e finisce per evocare gli spiriti del padre che lo predica di pentirsi dei propri peccati di essere dongiovanni! ahahaha! Che storia simpatica!

これがまさか、女ったらし(ストーカーもちょっと入ってる)による家宅侵入、及び殺人、そして蘇った父ちゃんの亡霊に「その女ったらしっぷり、悔い改めよ。何やってんだ、おまえ」と説教され、ダラダラしてたら一緒に地獄に連れて行かれてしまいましたとさ、という話だとは思いませんでしたよーーーっ
どんなストーリーなのか、これまでちゃんと知ろうとしなかったのが自分でも不思議なんですが、ま、まさかこんなだったとは・・・ヘナヘナ。





A proposito, il protagonista del film che ho visto e` Lorenzo da Ponte, un librettista di Mozart. Secondo questo film, Da Ponte se` stesso doveva essere un gran dongiovanni.
Mi chiedo se sia un personaggio che sembra in ombra dietro la presenza troppo spettacolosa di Mozart, oppure senza di lui non si puo` mai raccontare di Mozart.
Scrisse infatti tre musicisti libretti mozartiani "Le nozze di Figaro", "Don Giovanni" e "Cosi` fan tutte", ed ebbi anche un forte rapporto con Antonio Salieri.

ところで、今回観た映画の主人公は、モーツァルトの台本作家であるロレンツォ・ダ・ポンテ。この映画を観た限り、ポンテ君自身が相当な女好きだったようです  原題 Io, Don Giovanni(私がドン・ジョバンニ)はそれを言いたかったのかな。
なにしろオペラの世界が何も分からない私ですが、この人はウォルフィ・モーツァルトというあまりに眩しい存在に隠れてしまって、そんなに取り上げられることのない気の毒な人だったんでしょうか。それとも、モーツァルトと言えばダ・ポンテポンテポンテ!というぐらいの人だったんでしょうか。
モーツァルトのために『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』を書いたんだし、アントニオ・サリエリのお陰で皇帝にも出逢えたラッキーボーイなんだから、それ相当な扱いをされてる人なんですよね、きっと?(← 無知丸出し)


無題9999


Nonostante cio` nel film "Amadeus" non lo si trova.
Sara` perche` il suo episodio dovrebbe allungare troppo il film che ha gia` 160 minuti!

でも『アマデウス』のキャストの中には入ってないようですねぇ。出てたのかなぁ。もう一度見なきゃだなぁ。
ま、そうでなくても160分の長さだから、ポンテ絡みにしたら5時間ぐらいになっちゃいますよね!





Buono buono

577-1.jpg

なめこ蕎麦
soba con funghi nameko


山形県山寺
Yamadera, prettura Yamagata





● COMMENT ●

No title

Dato che la storia ti e' piaciuta ti aggiungo una curiosita', il personaggio di Don Giovanni e' stato creato da un famoso Drammaturgo spagnolo del '600 Tirso de Molina in un dramma dal titolo "el burlador de Sevilla y convidado de piedra" ovverosia "L'ingannatore di Siviglia e il convitato di pietra", poi l'opera fu ripresa da Molière che la tradusse in francese con diverse varianti , ed a questa si ispiro' Mozart per la sua opera, anche se molti dicono che si ispiro' soprattutto alla sua vita dissoluta.

>cara Alba

Ah, allora non era Da Ponte che l'ha creato?

Nel film "Amadeus" e` descritto che Mozart si e` preso un esaurimento nervoso prendendo l'uomo pietra per il Morte di suo padre, ma chissa` se sia vero, ne!


管理者にだけ表示を許可する

Ne ho bisogno 5!! 5人必要なのだ!! «  | BLOG TOP |  » segni confusionanti ややこしいマーク

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (40)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (5)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (17)
etc その他 (70)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}