2017-08

OKURIBITO おくりびと - 2009.10.09 Fri

09090611-1.JPG

Assaggio un po' ちょっと食べてみよう


(↑Cliccate sulla foto, cosi' potete vedere Pakkun ingrandito! 写真上でクリックすると、でっかいパックンがお楽しみいただけます)

@@@@@@@@@@



Con riferimento alla "bara", il discorso dell'altra volta, oggi parliamo del film "おくりびと (okuribito)" che ha vinto il premio di Oscar della sezione di film stranieri.

Negli Stati Uniti il titolo era tradotto in inglese "Departure", se non mi sbaglio, ma noi giapponesi lo troviamo un po' strano.

Il protagonista del film non e' la persona che e' morta, cioe' "partito", ma un uomo che aiuta la persona morta a far salire al Cielo in modo sereno e sacro prima di porre il cadavere nella bara.
Purifica il colpo, cambia i vestiti, pettina i capelli e trucca come se fosse ancora vivo.

"おくりびと" e' una parola inventata per il film ma il senso letterale sara' "una persona che far partire" oppure "una persona che accompagna", ovvero un esperto incaricato dell'ultimo momento della vita.
Il lavoro che generalmente non si vuole fare con piacere.

Qualche mese fa ho parlato di questo film con i miei amici italiani.
Siccome non riuscivo a spiegargli bene che mestiere fosse, uno mi ha detto:

"Ah, un becchino, no?"

Ma nooooo 聯 ! Non e' mica quello 寧 !!

SS500_.jpg

Comunque se avete occasione, vi consiglio fortemente di vederlo.
E' veramente un ottimo film .

************************************


先日の「棺桶」関連で、今日は映画おくりびとについて話しましょうかねぇ。
アカデミー賞外国映画部門でオスカーをとったあれです。

たしかアメリカでは「デパーチャー(旅立ち)」というタイトルになってましたけど、日本人にはちょっと違和感がありますよね。

映画の主人公は亡くなった人、つまり旅立った人、ではなく、亡骸を納棺する前に、亡くなった人が天へ召されるのを静かに神聖に手助けする男なのですから。
遺体を清め、服を着替えさせ、髪をといて、そしてまるでまだ生きているかのように化粧をするわけです。

「おくりびと」は映画のために造られた言葉だろうけど、言葉通りの意味は『旅立たせる人』もしくは『見送る人』ってことでしょうか。つまり人生の最期の時を託された専門家。
一般的に人はあまりやりたがらない仕事ですよね。

数ヶ月前、イタリア人の友人たちとこの映画について話してたんですけどね。
それがどんな職業なのか、私がうまいこと説明できなかったもので、一人が言ったんです。

「あ~、墓掘り人のこと?」

ちがーーーー 聯 !そうじゃないですから 寧 !

ま、とにかく、機会があったらぜひ見てください。
本当にいい映画です 。






● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/29-407c4902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

STARBUCKS, segue la propria linea スタバ、我が道をゆく «  | BLOG TOP |  » E' piu' di la' che di qua この世よりあの世

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (103)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}