3749299106.jpg

2017-04

La notte 夜 - 2012.04.29 Sun

3749299072 (2)1

La notte si fa ancora freddino qui a Sendai

仙台は夜になるとまだちょっと寒いんだ







La notte 夜(2012)

Arisa

parole 作詞 Giuseppe Anastasi
musica 作曲 Mauro Pagani



Non basta un raggio di sole in un cielo blu come il mare
perché mi porto un dolore che sale che sale
Si ferma sulle ginocchia che tremano
e so perchè

海のように碧い空に広がる陽の光だけでは足りない
どんどん強くなる哀しみを私は抱えているから
震える膝でそれは止まる
その理由を私は知っている


E non arresta la corsa lui non si vuole fermare
perché è un dolore che sale che sale e fa male
Ora è allo stomaco, fegato, vomito, fingo
ma c’è

そして哀しみは止まらない、止まろうともしない
それはどんどん強くなり私を苦しめるから
膝から徐々に上がってきて、私はそれを吐き出して、平気なふりをするけれど
でもまだそこにある


* E quando arriva la notte e resto sola con me
La testa parte e va in giro in cerca dei suoi perchè
Né vincitori né vinti si esce sconfitti a metà
La vita può allontanarci
l’amore continuerà...

* 夜がやってきて私と一緒にいる
頭の中が自分から離れて、理由を探しに出かける
勝者も敗者も半ばうろたえもしない
人生は私たちを遠ざけることもあるけれど
それでも愛は続いていく・・・


Lo stomaco ha resistito anche se non vuol mangiare
Ma c’è il dolore che sale che sa e e fa male
Arriva al cuore, lo vuole picchiare più forte di me

食べる気がしなくても私はまだ耐えている
でもどんどん強くなる哀しみはまだそこにあり苦しめる
そして心に達して、私より強く打ちのめそうとする


Prosegue nella sua corsa si prende quello che resta
Ed in un attimo esplode e mi scoppia la testa
Vorrebbe una risposta ma in fondo risposta non c’è

哀しみは自分の道を進み、残っているものをつかまえる
そして一瞬にして爆発して、私の頭ははじける
哀しみはその答えを探そうとするけれど、結局は答えなんてない


E sale e scende dagli occhi
il sole adesso dov è?
Mentre il dolore sul foglio è seduto qui accanto a me
Che le parole nell'aria sono parole a metà
Ma queste sono già scritte e il tempo non passerà

涙が目にあふれて落ちる
太陽は今どこにある?
手紙に書かれた哀しみは、いま私の横にある
風に舞った言葉は言いたいことの半分だけれど
でもそれはもうここに書かれていて、そして時間が止まっている


* ripetere くりかえし


* ripetere くりかえし


continuerà...
continuerà...

それでも続いていく・・・
それでも続いていく・・・



festival-sanremo-2012-arisa-premio-radio-e-tv.jpg


       




Che bella voce... delicata e soffice.
Non la conoscevo ma da questa canzone ha cambiato molto la propria apparenza?! Gli occhiali grandi da Arale-chan non li trovo tanto affascinanti...

お、お、お、なんて綺麗な声なんでしょう。細くてデリケートでしなやかで。
1982年ジェノバ生まれの歌手で女優のArisaです。この曲は今年のサンレモ音楽祭で、Emmaの"Non e` l'inferno"に次いで第2位になった曲のようです。
私はちっともこの人のことを知りませんでしたが、情報によると、どうやらこの曲からずいぶんとイメージチェンジしたらしく、これまではなぜかアラレちゃんのようなメガネをかけていたようです。な、なぜに?


200xNxarisa6_jpg_pagespeed_ic_mDUfkNvxEt.jpg 10073081a7.jpg



Riguardo al testo, l'interessante e` che vengono usati i termini "chiurgici". Le ginocchia e il cuore sono probabili anche nelle canzoni giapponesi, possibile anche lo stomaco, ma il fegato, MAI!
Letto tutte le parole ho capito che e` una metafora del dolore, causato dalla separazione con il suo ragazzo, che si sposta man mano dalle gambe alla testa, ma nonostante cio` trovo particolare le parole molto "dirette"!
Meno male che non dica addirittura il polmone o il pancreas!

最初は膝に、そして最後には頭にまで到達、という、恋人と別れた哀しみがじわじわと上昇する様を歌った切ない歌でありますが、膝から頭までの過程として、「胃」「肝臓」「心臓」というモロ外科的用語が並んでいて、これは悲しいラブソングとしてどーなの?ねぇ、どうなのよ、とツッコミを入れたい気持ちを禁じ得ません。
隠喩であること(下記参照)は十分に承知していますが、この綺麗な歌声がよもやストーマコとかフェーガトとか吐くとか言うとは思わないじゃないですか!
「肺」や「膵臓」が出てこなくてホント良かったです 
いずれにしましても、内容が抽象的、抒情的で日本語にするのは難しい曲です。





  Curiosita` di Oggi 今日のおもしろポイント
 

Ora è allo stomaco, fegato 今や胃と肝臓に到達

Lo stomaco ha resistito 胃は持ちこたえた

Arriva al cuore 心臓に到達


ひゃ~、何の歌でしょうかっ!

胃と肝臓をどう訳しましょうか。このまんまじゃあまりにもブラックジャック的なので、「徐々に上がってきて」と逃げました。
「持ちこたえた」の主語を「胃」とはせずに「自分」のようにし、心臓は「心」としました。
 
stomaco「胃」は「忍耐力」という意味もあり、Ci vuole uno stomaco「我慢が必要だ」という言い方をしたり、fegato「肝臓」は「勇気」という意味で Hai il fegato di tuffuarsi da qui?「ここから飛び降りる勇気ある?」のように言うようです。「肝が据わってる」ってヤツですね。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

フライング・ゲット Flying get «  | BLOG TOP |  » Cosa restera` degli anni '80 80年代の何が残るのだろう

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

Circolo Massimo

corso d'italiano イタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (86)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (98)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (49)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Italiano-juku イタリアーノ塾

Skypeレッスンはいかが? マレンマ満喫ホームステイはいかが?

KLA 九段アカデミー

東京市ヶ谷にあるイタリア語の学校です

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Digiscoping di Stefano

Stefanoの自然写真館

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}