IMG_9730.jpg

2017-07

Addio Congiuntivo?! さらば接続法?! - 2009.11.03 Tue

09102911-1.JPG

Eccomi qua!!! じゃじゃ~ん!!!



Oggi parliamo della nostra "pena", il signor CONGIUNTIVO!!
Yeahhhh 凉凉 獵


A scuola di lingua italiana in Giappone, magari anche in altri paesi, lo s'impara piu' o meno al corso superiore.
Un principiante assoluto comincia a studiare naturalemente dal PRESENTE, poi viene il PASSATO PROSSIMO, poi il FUTURO, l'IMPERFETTO, il TRAPASSATO PROSSIMO, il CONDIZIONALE, l'IMPERATIVO, e finalmente arriva al nostro CONGIUNTIVO.
(E dopo, il testo finisce con il PASSATO REMOTO.)


Ci affatica tanto 嶺 ma all'inizio impariamo comunque che lo si usa quando si esprime un'incertezza, un pensiero, un giudizio ecc, seguendo le frasi principali come "Penso che..", "Spero che..", e poi nelle frasi ipotetiche.


A scuola pero' sento spesso che dicono gli insegnanti italiani che ormai il CONGIUNTIVO sta scomparendo, anzi, e' quasi morto.
Quando si scrive si', ma nei discorsi si evita di usarlo, con la ragione:
"Perche' e' difficile!!".

Ma dai! Veramente 聯 令

Dicono che si tende di piu' a usare l'INDICATIVO al posto di CONGIUNTIVO anche se si sappia che e' molto piu' corretto.


Mi domando come sia trattato e come sia collocato grammaticalmente il poverino CONGIUNTIVO.
Per esempio:


驪 "Se io avessi saputo che lui era ancora celibe, non mi sarei sposata con un altro!"
麗 "Se sapevo che lui era ancora celibe, non mi sono sposata con un altro!"


Tutti e due vanno bene nel caso colloquiale?
Se io che sono una straniera dicessi quella prima, sembrerei piu' intelligente 烈 ??
Credevo di poter mostrarmi piu' "cool" se parlo di piu' con il congiuntivo, ma non e' vero?
La riduzione del CONGIUNTIVO e' dipende dalla persona, dalla generazione, dall'educazione e dalla regione,ecc ?


Siccome anche qui all'Estremo Oriente lo si impara a memoria con tanta fatica, non diteci che e' uno sforzo sprecato, mi raccomando!!

***********************************



今日は悩みの種である、Mr.接続法について語りますよ~!
イェーイ 凉凉 獵


日本のイタリア語学校では、ま、他の国でもそうだとは思いますが、接続法はだいたい上級クラスで習います。
丸っきりの初級者は、当然「現在」からスタートして、次に「近過去」、「未来」、「半過去」、「大過去」、「条件法」、「命令法」という順に勉強して、そしてやっとこさ「接続法」にたどりつくわけです(その後には「遠過去」、これが最終項目ですかね)。


接続法」、まじ大変です 嶺
でもまぁ最初はとりあえず、不確かなことや感情、判断などを表現するときに使いまーす、なんて感じで習うんですよ。
「~と思う」「~と願う」などの「~と」の前にくる動詞がそういう形になる、と。


でもですね、いまや「接続法」は使われなくなってきている、死にかけているのだ!なんてことを学校のイタリア人先生たちが言うのをよく聞くんですよ~。
書くときは使うけど、話すときは避けられてるんですって。

なぜか。

それは難しいから。

えぇぇ~!まじですか~ 聯 令

接続法」を使った法がより正しいイタリア語だと分かっていても、「直説法現在、過去…」を使う傾向がよりいっそう強まってるんですって。


どう扱われ、文法的にどのような位置づけなのか、可哀想な「接続法」よ。

たとえば、

驪 "Se io avessi saputo che lui era ancora celibe, non mi sarei sposata con un altro !"(接続法)
麗 "Se sapevo che lui era ancora celibe, non mi sono sposata con un altro!"(直説法半過去)
「彼がまだ独身だって知ってたら、私だって他の人となんて結婚しなかったわ!キーッ」


この二つはしゃべり言葉としては両方ともOK?
外国人である私が一番目の文を言ったら、なんだか頭良さそうな感じ 烈 ?
接続法」を使って話すほど、クールでできるヤツ、と思ってもらえると信じていたんですが、そんなことはないのか?
接続法」の使用頻度減少は、人や世代や教育や地方性などによってまちまちなのか?


まぁ、いずれにしましても、この極東の地でもせっかく必死こいて「接続法」を暗記しているのですから、そんなの無駄な努力だよん、使わなくたっていいんだよん、なーんて言わないですよね?!
お願いしますよ 廉





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/41-9568d786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Capii bene! よく分かった! «  | BLOG TOP |  » Coche, coche! コーケコーケ!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (42)
espressioni 表現 (102)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (71)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}