IMG_9150.jpg

2017-05

telefonata internazionale 国際電話 - 2013.08.12 Mon

28143585921.jpg

Non mi arrendero` neppure a Namahage!!

なまはげにだって負けないぞ!!





L'altro giorno, sfogliandolo per caso mi ha attirato un dialogo che c'era in un libro di testo d'italiano che ho.

先日、本棚にある、とあるイタリア語のテキストをなんとはなしにパラパラとめくっていたら、ちょっと面白い会話文が目に止まりました。本文をそのまま引用させていただきます!


--------- ↓ frase citata 引用文↓ ---------


Ai telefoni pubblici di Firenze

Ineke: Vorrei parlare con Amsterdam, per favore.
Impiegata: Qual e` numero dell'abbonato?
Ineke: Ventotto-quindici-trentasei (28-15-36), famiglia Van Dik.
Impiegata: La linea e` occupata, signorina.
Ineke: Bisogna aspettare molto?
Impiegata: Penso di no. Ora provo a chiamare di nuovo.
Ineke: Grazie, molto gentile!
Impiegata: Amseterdam in linea. Cabina numero sedici (16).
Ineke: Quanto pago?
Impiegata: Sono sei minuti, dunque... remilasettecentocinquanta (3,750) lire.

フィレンツェの電話局で

イネケ:すみません、アムステルダムと話をしたいのですが。
局員:相手の方の番号は何番ですか?
イネケ:28-15-36番で、ヴァン・ディクという家です。
局員:回線がふさがっています、お譲さん。
イネケ:長く待たなければなりませんか?
局員:その必要はないと思います。今もう一度かけてみます。
イネケ:ご親切にありがとうございます!
局員:アムステルダムがつながりました。16番のボックスへどうぞ。
イネケ:おいくらですか?
局員:6分ですから、3,750リラです。



--------- ↑ frase citata 引用文 ↑ -----------



 (゜▽゜;) 



I giovani d'oggi non capirebbero di cosa si tratta. Si sarebbero bloccati con un viso cosi` e direbbero "Ma perche` chiedi ad un altro di fare una telefonata con chi vuoi parlare? Poi non sarebbe meglio non dire il numero di telefono ad uno sconosciuto secondo il punto di vista di privacy? E... cos'e` la "cabina 16"??

はぃー?なんですかー?
サッコンの若者たちは、一体この人たちが何言ってんのかサッパリ分かんないでしょうね~。電話かけたければ自分でかければいいじゃないっスか。なんで人にお願いすんの?だいたい人の電話番号を教えちゃうって、プライバシー保護から言ってどうなの?それと・・・16番ボックスって何?



Infatti e` il libro del 1984.
L'originale e` "Si`, parlo italiano!" , quello che e` stato fatto dall'Universita` per Stranieri di Perugia diritta dal famoso professore Katerinov, e nel 1984 e` pubblicato in Giappone tradotto dai due professori dell'universita` giapponesi.
Da una ventina d'anni a questa parte la tecnologia ed i mezzi di comunicazioni sono stati sviluppati notevolmente che mai, ed ormai non si sentono piu` le parole come "linea occupata", "Amsterdam in linea", "cabina", ecc...

それもそのはず、この本は初版が1984年、もう29年も前のものなのですよ。
かの有名なカテリノフ教授を中心とするペルージャ外国人大学制作のイタリア語会話テキスト『Si`, parlo italiano!』を、日本の二人の大学教授が和訳し、1984年に出版されました。
ここ2~30年というと、通信技術がめっちゃくちゃ進歩して、ジーコジーコの黒・赤・ピンク・緑電話から、シュッシュッのスマホへとワープ。その変革ぶりは、キップからパスモへの進展とは比べ物にならないぐらい驚異的です。なもんで、生まれた時からスマホ世代に、回線がふさがってるだの、アムスとつながっただの言っても、なんですかー?になるのも無理はございません。


telefono1.jpg


Ma mi ricordo benissimo che quando vivevo a Firenze nel 1989 il sistema della telefonata internazionale era ancora proprio come questo testo.
In quel periodo, i miei abitavano in Egitto, al Cairo, e mia sorella a Londra, per cui mi recavo spesso all'ufficio del telefono, dove ora c'e` solo l'ufficio postale, per parlare con loro. E` stato facilissimo andarci, perche` si trovava proprio accanto a dove abitavo io!

80年代と言えば、私がフィレンツェに住んでいた1989年、国際電話のかけ方は、まさにこの会話の通りでしたね~。
その当時、両親はエジプトのカイロに、姉はロンドンに住んでいまして、フィレンツェと3国間通信をしていました。やっほ~元気にしてる?と向こうの様子を聞くには手紙か国際電話しかないわけで、よく電話局に通ったものです。足しげく通えたわけは、電話局のほぼ隣に住んでいたから!



49336261_20130812110739914.jpg


Vai allo sportello e dici a quale paese vuoi telefonare, ed aspetti un po` finche` non si sia liberata la cabina. Quando viene il tuo turno l'impiegato ti chiama, entri nella cabina, stacchi il ricevitore, fai il numero, e cominci a parlare guardando FISSO la macchinetta che conta la tariffa che dovrai pagare.

まずは受付カウンターに行き、どこに電話したいかを伝え、ボックスが空くまでしばし待つ。順番が来ると、受付が「X番空いたらからどうぞ~」とやる気のない声で呼んでくれるので、言われたボックスに入ります。受話器を取り、電話番号を回し(押してはいけない。回すのだ。)相手が出たらしゃべる(当たり前)。
ここで注意すべきは、電話の上にある料金カウンターを睨みながら話すこと。フィレンツェ~カイロ間は1分辺りいくらぐらいだったのかなぁ。調子にのってしゃべり続けるとエライことになりますからね、ここ重要です。


tel.png


Siccome mi mostravo cosi` spesso, qualche impiegato dell'ufficio telefonico mi riconosceva dicendomi

しょっちゅうしょっちゅう電話局に姿を表し、エジプトとばっかり話したがる、どう見ても10代にしか見えないジャポネーゼ。仕舞いに受付の人たちに顔を覚えられてしまって、「Buonaser…」と言い終わる前に


tele int



・・・



Sono passati circa 24 anni, ed ora se si tratta della telefonata internazionale, abbiamo questo

あれから24年が経ち、今や、国際電話といえばコレですね。


skype.png


Per parlare con gli amici dell'altra parte del mondo, basta cliccare l'icona sullo schermo sdraiandosi anche sul letto, e puoi chiacchierare quanto vuoi perche` e` tutto GRATIS!!!!!

地球の反対側にいる友だちと話すのだって、ベッドの上でゴロゴロしながらでも、画面のアイコンをポンッ!ただこれだけ。ピ~パラポンポンポン♫ みたいな呼出音が数秒流れた後、チャオ~!と相手と話せるんですから。しかも、タダ!!!
カイロ?とウィンクしてもらうのも確かに嬉しかった。うんうん。
でも・・・スカイプ時代に生きてて良かった・・・とも思う。



Il mondo e` cambiato... Come sara` nella prossima decina di anni?

世の中、ほんとに変わりましたね。これから先の10年は、一体どういうことになるでしょうねぇ



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Calore ぬくもり «  | BLOG TOP |  » organo オルガノ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (39)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}