無題

2017-11

Attenzione ai borseggi! スリに注意! - 2014.08.26 Tue

8111633331.jpg

Ragazzi, state attenti!!

みんな、気をつけようねー!





Le vacanze estive ormai stanno finendo, ma se si trova un annuncio come seguente, non si potrebbe non avvisarne chi ha in programma di partire da oggi in poi per Roma.

夏のヴァカンツァシーズンももう終盤ですが、今日ご紹介のこんなニュースを見てしまったら、そりゃもうこれからローマに出かける方々に教えずにはいられないってもんです。



IL TEMPO.it 19/8/2014の記事より引用

roma.png




日本からSOS
ローマでは周りに要注意。道端で、地下鉄で、ホテルで、あなたは狙われているのだから


ローマにおいて、日本人観光客が散々な目に遭っている。ジプシーによるスリ、バイクからの引ったくり、睡眠薬入りのカクテルを飲ませて意識不明にさせる、など手口も様々。場所もコロッセオ、スペイン広場、真実の口などのメジャーな観光地はもちろんのこと、テルミニ駅からサン・ピエトロ寺院を結ぶ64番のバスや、フィウミチーノ空港行きの電車の中では、日本からやって来た観光客の鞄や荷物をスリたちが舌舐めずりして待ち構えている。日本の外務省はこういった状況を把握しており、一連の勧告を発布した。ローマの休日から無事に帰国したいと思う人たちのための一種のマニュアルである。
まず第一に守るべきは、ダンボールや新聞をまとったジプシーを見たら、すぐに逃げること。取り囲まれて、面食らっている間に財布をスラれたらおしまいだ。最もはびこっている犯罪は盗難だ、と岸田文雄外務大臣は書いており、空港や鉄道駅、バス、地下鉄、観光スポットでは細心の注意を払うようにしたいものだ。




imagesG1F75LE7.jpg




L'articolo su "IL TEMPO.it" continua con un elenco delle "tecniche" criminali.
Provo a riassumere per sommi capi per i giapponesi che sono a volte troppo innocenti.

記事はさらに、悪いヤツらの手口一覧を書いています。往々にして現地ではポケーっとしていることの多い、スリからすれば赤子のような日本人ですが、手口を要約してみますので、ぜひ参考になさって下さいね。



 IL GELATO ROVESCIATO ジェラートこぼしちゃったパターン

バールやジェラテリアで、何気なくあなたの隣にやって来て、「すみません、今何時ですか?」。教えてあげようとした時、「わー!ごめんなさい!ジェラートをあなたの服にこぼしてしまった!すぐに拭きますからね」・・・なーんて拭き拭きしながら財布もいただき~  ってヤツ。


 IL FALSO POLIZIOTTO インチキ警察パターン

バルベリーニ広場、トレビの泉、コルソ通りで発生している事例。
「両替してあげますよ」とあなたに近づく男たち。両替してもらった後に、そいつらの仲間が警官のふりして現れて、「今あなた、ニセ札つかまされませんでしたか?覚醒剤をいつの間にか衣類に入れられちゃう手口もあるんですよ」・・・なーんて財布を出させて、お札やカードをチェックし、ハイ、大丈夫でした、と返却  
あ~良かったとホッとしたあなたは、そいつが立ち去った後にカードが盗まれているのを知るのでした。チャンチャン



imagesRZ8VADIS.jpg




 DROGATI E SPOGLIATI AL BAR バールで薬を仕込まれるか、身ぐるみ剥がされるパターン

一人で出張中のビジネスマンが狙われることが多い事例。
「ドゥーユースピークイングリッシュ?」などと親しげに英語で話しかけてきて、「オー、ユーも一人?ミーも一人。じゃ一緒に飲もう!」と、グイグイ友だちになってくるその男はワイン、ウィスキー、カクテルをじゃんじゃん注文し、「ユーもどんどん飲んでよ!」などとフレンドリーにカンパ~イ!・・・なーんて、最後はお前全部払えと。
払わないんなら警察呼ぶぞ、オラッ!と脅された可哀想な日本人は、大抵の場合、ヒーーッ助けてーっ!と鞄を置いたまま逃げる。あるいは、睡眠薬の入ったカクテル飲まされ、パンツ一丁にされてチャンチャン。


imagesGB3NKNZ5.jpg



 INCURSIONE IN ALBERGO ホテルでまんまとやられるパターン

日本人観光客が泊まる宿には、他のアジア人もいるわけで、ごちゃごちゃ混ざってると「みんなアジア人」というくくり。どさくさに紛れて日本人の部屋に忍び込み、いただきまーす  
そうか、ホテルで朝食をとって、部屋に戻るとビデオカメラが無くなっている。それは4つ星ホテルだろうとなんだろうと関係ない。だから、どんな時も貴重品は金庫に入れましょうね、という外務省からのお達し。


 ZINGARI&CO. 「ジプシー&コーポレーション」パターン

ローマにはジプシーがウヨウヨ。ダンボールや新聞を広げて観光客を取り囲み、わーなんだなんだ!?と猛烈にうろたえている間にいただきまーす! 
ヤバそうな気配を感じたら即行逃げること!あるいは躊躇せずに「助けてぇーーーっ!」と叫ぶこと。レオナルド・ダ・ヴィンチ空港行きのレオナルド・エキスプレス内でも起こり得るんだから油断大敵。


 BANCOMAT CLONATI クローンATMパターン

手持ちのお金が無くなっても、ATMで下ろす時は要注意。あなたが暗証番号をピッピッピッ。ハイ、いただきました ! という仕組みだったりするから。


imagesJXQYRVKJ.jpg



Ma secondo me tutto questo e` il solito stile dei deliquenti che facevano da decine di anni fa e non sarebbe piu` una novita` da viene allarmati nuovamente, addirittura dal Mofa. Sopratutto il "gelato rovesciato" e` il classico modo che esiste gia` dagli anni '70, e ci dovrebbe essere nellla prima pagina del manuale dei borseggiatori!

地べたで物乞いしているジプシーがいきなり立ち上がって近寄って来たり、たくさんの子どもジプシーがダンボール広げてぐわぁーっと走って来たりしたら、それは怖い。ホラー映画並みにかなり怖い。
でも、外務省から改めて警告発令!なんていうから、どんな新種の手口かと思いきや、ジプシー含めて全て、もう何十年も前からヤツらがやってきたことじゃないですか~。怖かったら逃げるか叫べって、子どもか?
ジェラートこぼしちゃってごめんなさい、に至っては、盗人マニュアルの1ページ目に載ってそうなくらい超クラシックな手口で、懐かしささえ覚えます。私が小学5年生の1970年代から既にミラノで被害続出、ずいぶん手の込んだことするんだなぁ、と妙に感心したものです。



Zingari aggressivi, scippatori, borseggiatori, poliziotti finti devono essere certamente sbattuti dentro, ma direi che una parte della risponsabilita` appartiene ai turisti giapponesi a cui manca troppo la diffidenza. Almeno non dovrebbero restare a bocca spalancata davanti alla bellezza dei monumenti essendo assorti a scattare mille foto senza fare attenzione alla borsa a tracolla.
Cambiare denaro a meta` strada? Impossibile!

攻撃的なジプシーにしろ、引ったくりやスリ、インチキ警察は、そりゃもう牢獄にぶち込むべき悪人ですが、日本人観光客はあまりにも無防備、無警戒で、カモネギ状態まる出しなんだから、彼らにも責任の一端はあるのでは、というのは言い過ぎでしょうか。
ちょっと腰かけたら、それは紀元前の遺跡だった、みたいな、どれもこれもスゴ過ぎるローマを前にして、魂抜かれてポケェ~とローマの休日を過ごしてしまう気持ちも、おばさん、分かる。うん、よーく分かるよ。でも、たのむから鞄は常にキュッと持ち、ジェラートこぼされたら、「うち、クリーニング屋だから大丈夫」と、すかさず切り返すぐらいのことして下さいよぉー。
道端で声掛けられて両替?そんなことするぐらいだったら夕飯一回抜きなさい!!






● COMMENT ●

I posti come Roma sono scelti dai ladri proprio per via dell’alta densità dei turisti, e purtroppo i Giapponesi essendo smaliziati e poco abituati (non che ciò sia una colpa) sono i primi ad abbassare la guardia diventando un facile bersaglio. v-390 La cosa migliore secondo me è cercarsi delle mete meno mainstream e più tranquille, in Italia ce ne sono tante basta informarsi. Poi magari uno al ritorno dal viaggio non potrà raccontare di aver visto il Colosseo, ma almeno avrà trascorso una vacanza tranquilla vedendo posti altrettanto belli. v-392

>caro Matteo

Hai ragione, purtroppo i giapponesi saranno facilissimi da intrappolare per un "professionista".
Mi mette sempre ansia vedere un gruppo di turisti giapponesi cammina con la testa tra le nuvole tra panorama, monumenti, siti archeologici, opere artistiche sempre troppo fantastici!


管理者にだけ表示を許可する

sappi che... サッピケ・・・ «  | BLOG TOP |  » mozzarella モッツァレッラ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}