3749299106.jpg

2017-05

Suor Cristina vol.2 修道女クリスティーナ part-II - 2014.10.28 Tue

8111639411.jpg

Like a shredder, hey!

ライク・ア・シュレッダー、Hey!





Da quando avevo fatto un post sull'impressionantissima suora, Cristina Scuccia, e` aumentato notevolmente il numero di accesso di questo blog. Eh, certo, il gap di una suora in tonaca che canta una canzone pop americana ballando e` stato cosi` coinvolgente!

驚くべき歌唱力の持ち主、修道女クリスティーナ・スクッチャを皆さん覚えてますか?
彼女に関する記事を書いた時から、このブログのアクセス数が飛躍的に増えましてね~。  検索キーワードにも「クリスティーナ イタリア」「修道女 歌うまい」などでおいで下さる方が多くて、やっぱり皆さん知りたくてたまらないのね、と思ったりしました。そりゃそうですよ、黒い修道衣をまとい、十字架を揺らしながら踊り歌いまくる現役シスターなんて、いる?いや、いないよ。そのギャップ、スゴ過ぎです。



Sono passati circa 6 mesi, e vedo che e` ritornata alla ribalta!

あれから約半年が過ぎ、最近またえっらい脚光を浴びているようですよ!



-----R.itの記事より抜粋 ↓ estratto da R.it ↓ -----


sc-1.png
sc14.png


修道女クリスティーナ版『ライク・ア・バージン』が教会に論争を巻き起こす

TV番組「The Voice」の覇者である修道女が、教会や信者間の空気を2分している。まずは、カトリック新聞『Avvenire』のインタビュー記事が物議を醸し、カトリック監督教会の出版社Sir(Servizio informazione religioso)からも厳しい意見が出ている。「これは商業主義に乗った無謀な試み、少なくとも抜け目ないやり口と言えるだろう。本件に対する判断は、司祭たちの関与するところではない」。

2014年10月24日 アンドレーア・グアルティエーリ

マドンナの「ライク・ア・バージン」の歌詞の解釈については、映画監督クエンティン・タランティーノも自身の作品『レザボア・ドッグス』の中のワンシーンで試みているが、まさかその論争がキリスト教会に飛び火するとは、数日前まで誰にも想像できなかっただろう。聖職者たちの神聖なる社会をビックリ仰天させたのは、またしても聖ウルスラ修道会の25歳の修道女、クリスティーナ・スクッチャであった。

クリスティーナが出演したタレントショー『The Voice of Italy』は、多くの視聴者を興奮させ、彼女を優勝に導いたが、カトリック信者たちの意見は大きく分かれたようだ。その元凶となったクリスティーナが、アメリカのポップスターであるマドンナの名曲のリメイクを収録したファーストアルバムのリリースを予定より早める決定をし、再び注目を集めている。アレンジ面でも、精神面でも、オリジナル曲を違った視点から解釈し直した作品で、修道女の僧衣で歌う姿が、この若いシンガーの自信を表している。
カトリック新聞『Avvenire』のインタビューの中で彼女は、「ライク・ア・バージン」は自身にとって、聖職者ではない一般の人々の祈りの歌になった、と言っている。「この曲は、神が私に触れて、それによって私の新しい人生が始まったような、そんな神の手の感触と解釈しています。私に純粋さや、神に愛される者としての自尊心を取り戻させてくれるんです。」



Vai all'articolo 元の記事はこちら  R.it Esteri


Andrea Gualtieri continua:
記事はさらに続きます。ザザッと要約するとこんな感じ。


「マドンナが私の『ライク・ア・バージン』を聴いたらどんな顔するかしら。しかも、歌っているのが本物のシスターだって知ったら?」とクリスティーナ。
そして、マドンナ、実際に聴いたーっ!自分の名曲の修道女バージョンを聴いたーっ!そしてツイッターに「Like a virgin?」と一言。自身の『ライク・ア・バージン』のビデオクリップと、クリスティーナのそれを並べてアップし、さらに、こんなの初めてだわ、という意味、あるいは皮肉を込めて、「Sisters for life! シスターに人生賭けてるね!(でいいですかね?)」と再びツイ。今度は、貞節な姿で映るクリスティーナのアルバムジャケットの隣に、挑発的な自分の写真を合成するという技に出た。



sc3.png

sc2.png


そんな中、カトリック監督教会の出版社Sirは渋い顔で、「ここ最近のミュージックシーンにおいて、最も無謀な試みだ。」とコメント。
Sirの局長も、修道女の僧衣をひるがえして歌うクリスティーナについて、「責任は我々にあって、司祭たちの負うところではない。しかし、こういうのを好意的に見る人たちもいるから注意せねば。実際、たくさんのメールやコメントがSNSに寄せられているんだから。」と発言したが、こうも言っている。「彼女を破門するような話ではないでしょう。司教や枢機卿たちは教会会議を招集して、活発な意見交換をしました。カトリック信者が、クリスティーナのこのアルバムについて違った意見をもつってことは不思議なことではないでしょう?」
現役のシスターがテレビのタレントショーで優勝すること自体、普通有り得ないことだし、多くの人にとって受け入れ難いことだったが、ものすごく新鮮な出来事だったし、驚くべき素敵なニュースだったことも事実だ。
何かと話題の多いポップスター、マドンナだが、彼女の名曲『ライク・ア・バージン』の修道女バージョンが近日ラジオでオンエアされたら、どんな議論が巻き起こることだろう。(ちなみに、アルバムは来月11月11日にリリースらしいです)



images_201410281039489b8.jpg


Mamma mia, che polemica sconvolgente ma anche interessantissima!

司祭?枢機卿?教会会議?いやいやいや、すごい大ごとになっちゃってますねー! でも、なんかオモロイぞ。もっとやれやれー、みたいな完全外野気分。



E pensare che infatti il testo e` cosi` seducente da essere cantata da una suora!

まぁ、考えてみれば、物議を醸すにはもってこいの歌詞ですもんね。神に仕えるシスターが歌うにはあまりにも、ちょっとアレですよね。


Like a virgin, hey
Touched for the very first time
Like a virgin
With your heartbeat
Next to mine・・・

あなたに出逢うまで、あたしは人生に迷いながらも、苦しい日々を何とか乗り越えてきたのよ。
悲しくて憂鬱な毎日を送っていたあたしに、光を射し込んで生まれ変わったような気分にさせてくれたのはあなた。
あたしを、まだ男性経験のないヴァージンだと思って、あたしの身体に優しくそっと触れてちょうだい。
あなたが側にいてくれるだけで心強く感じるし、大胆にもなれるの。
この命が尽きるまで、あたしはあなたのものよ。
あなたに抱かれて身体ごと愛されると、もうたまらない気持ちになっちゃうんだもの。


madonna.png


TUTTAVIA, la versione della casta suora e` praticamente bella! troppo bella, direi che li` c'e` un mondo totalemente diverso dall'originale, magari molto piu` bello!!

しかしながら!修道女クリスティーナ・バージョンが素晴らし過ぎるのですよ! 同じヴェネツィアのロケですが、マドンナ姐さんがちょんちょんクネクネ跳ね回る軽いノリとは全く別の重厚な世界。まさに、純潔、貞節、清貧の世界に生きる聖職者ならではの解釈がそこにあるわけですよ!
前置きが長くなりましたが、じっくりとご覧下さい!


sistercristinaVEVOより




Non dovrei dimenticare di mettere anche questo!
Uh, che nostalgia! Il clip del 1984 (triste e` che il video e` gia` sfocato!) quando Madonna aveva 26 anni, quindi quasi la stessa eta` che ha ora Cristina!

おっと、これを載せるのも忘れちゃいけませんね。
なつかひー!私も好きで死ぬほど見たなぁ。1984年の作品だから、姐さんもまだ26歳。今25歳のクリスティーナとほぼ同じっていうのも奇遇ですね。(私の青春時代の映像が既にボケているのがカナスィ・・・)


QueenMadonnaHDより






● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

I ponti di Madison County マジソン群の橋 «  | BLOG TOP |  » croissant taiyaki クロワッサンたい焼き

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

Circolo Massimo

corso d'italiano イタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (86)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (99)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (49)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Italiano-juku イタリアーノ塾

Skypeレッスンはいかが? マレンマ満喫ホームステイはいかが?

KLA 九段アカデミー

東京市ヶ谷にあるイタリア語の学校です

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Digiscoping di Stefano

Stefanoの自然写真館

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}