無題

2017-11

Dove ci vediamo? どこで会いましょうか? - 2015.02.15 Sun

7071193341.jpg

わたし どこ いるでしょう?
watashi wa doko ni irudeshoo?

(indovinate dove sono!)
crede che si sia nascosta perfettamente ↑ 本人は完璧に隠れてるつもり




Ieri ho incontrato un mio amico italiano, e prima di trovarci, ci siamo scambiati dei messaggi per darci appuntamento. Lui studia giapponese da circa un mese qui a Tokyo, e dalle sue frasi che mi ha scritto, si vede che e` migliorato molto il suo livello linguistico.

昨日、イタリア人の友人に会ったんですが、待ち合わせの場所や時間を決めるべく、事前にメールのやり取りをしました。友人は1ヶ月ほど前から東京の日本語学校で日本語を勉強しているんですが、昨日のメールを読んでビックリ~!来たばかりの頃と比べて、かーなーり上達していました。


Infatti, io gli scrivevo in italiano, ma lui ha continuato a scrivermi tutto in giapponese, e cosi` alla fine me ne sono "coinvolta".

私は最初イタリア語で書いていたんですが、書いても書いても向こうが日本語で返してくるので、おしまいにはその熱意に巻き込まれてしまいました



io: Ciao! Come stai? チャオ、元気?

lui: おはようございます、げんきです ohayoo gozaimasu, genki desu
(buongiorno, sto bene)


io: Se hai tempo pranziamo insieme? もし時間あるならランチする?

lui: きょうはじかんがあります、じゃ、たべましょ kyoo wa jikan ga arimasu, ja tabemasho
(oggi ho tempo, allora mangiamo insieme)


io: Bravo! Tutto in giapponese! すごいね!ぜんぶ日本語!

lui: ありがとう 、なんじにあいますか? arigatoo, nanji ni aimasuka?
(grazie, a che ora ci vediamo?)


io: 12じ? juuni ji?
(alle 12?)


lui: OK

io: 12じに・・・どこ? juuni ji ni... doko?
(alle 12.... dove?)


lui: どこにあいますか、しんじゅくえきいいですか doko ni aimasuka, shinjuku eki iidesuka
(dove ci vediamo? va bene alla stazione di Shinjuku?)


io: いいですよ、えきのどこ? iidesuyo, eki no doko?
(va bene, alla stazione dove?)


lui: にしぐちいいですか nishi guchi iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)


io: OK!

lui: じゃ、またね ja mata ne
(a dopo)




good20Job.png

Complimenti!! Hai scritto benissimo!!

グッジョブ!!完璧に会話成立!!



ma ・・・
でも ・・・


99796583.jpg

davvero un peccato! mancava qualcosina!

おっしーなぁ!ちょびっとだけ間違いが!




Ha scritto:
書いてくれた文は以下の通りで

どこにあいますか doko ni aimasuka
(dove ci vediamo?)

しんじゅくえきいいですか shinjuku eki iidesuka
(va bene alla stazione di Shinjuku?)

にしぐちいいですか nishi guchi iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)



Praticamente gli errori ce ne sono tre, ma tutto si tratta della stessa particella で de.

もっちろん意味は分かるんですが、んんん、残念!助詞の「で」がぁ・・・



Le frasi corrette sono:
正しくは、


どこ あいますか doko ni de aimasuka
(dove ci vediamo?)


Quando si dice どこに doko ni, la particella に ni si riferisce alla direzione verso cui si va, oppure al posto dove si trova qualcosa. で de invece viene usato quando si vuole specificare dove si fa quell'azione.

気持ちは分かるんですが、この場合「に」ではなく、「で」ですね。
そういう私も日本語を勉強し始めて、まだ2週間しか経ってないので、エラそうなことを言うのは差し控えますが、助詞「に」は、行く方向、あるいは人や物の存在場所を指して、「で」は、それをどこでするのか、という動作の場所を指す・・・気がしないでもない・・・


しんじゅくえき いいですか shinjuku eki de iidesuka
(va bene alla stazione di Shinjuku?)


・・・でいいですか? ・・・de iidesuka? (va bene...? / sei d'accordo con...?) e` un altro modo dell'uso della particella で de, cioe` nome + de iidesuka? viene usato come un set quando si chiede se sei d'accordo o no.

この「で」は上の例とは違って、「名詞+~でいいですか?」でセットで、それで相手も納得するかどうかを尋ねる表現・・・だと思う・・・(なんでこんなに自信がないんだっ!いずれ習ったら、もっと自信持って言います!)


にしぐち いいですか nishi guchi de iidesuka
(all'uscita ovest, va bene?)

anche questo, come sopraindicato.
上に同じく。



In giapponese, se volete fissare dove incontrarvi, si dice どこあう? doko de au? , ma se volete decidere dove andare insieme, si dice どこいく? doko ni iku? , quindi devi cambiare la particella dipende dal caso.
In italiano invece l'avverbio interrogativo dove puo` essere applicato in tutti e due casi senza preoccupazione di quale preposizione usare: Dove ci vediamo? Dove andiamo?

待ち合わせの場所を決めたい時は「どこ会う?」 、一緒に行く場所を決めたい時は「どこ行く?」という風に、日本語では何をしたいかで助詞が違うんですねぇ。
イタリア語では、どっちの場合も疑問の副詞 dove が使えて、この dove 「どこで、どこに」はなにしろ、日本語でいうところの助詞が内臓されているので、a やら in といった前置詞の心配をする必要も全くなく、Dove ci vediamo? 「どこで会う?」、Dove andiamo? 「どこに行く?」と言えちゃうわけですね~。



images1OXMPE2D.jpg par.png




Immagino che le particelle giapponesi facciano impazzire parecchio non soltanto gli italiani ma anche tutti gli stranieri, proprio come le preposizioni e quelle articolate della lingua italiana ci tormentano da morire.
E` un problema per entrambi che ci ossessionera` probabilmente fino alla morte...

「は」「が」「に」「で」「へ」などなどの助詞は、イタリア人、いや、外国人にとってはさぞかし頭の痛いアイテムでございましょう。でもそれを言うならねぇ、イタリア語の前置詞 in、a、da、di・・・、はたまた定冠詞がくっついた冠詞前置詞 nel、al、dal、dal・・・だって、オマエら、なんやねん!バーンッ!ってぐらい、いつまでたっても完璧にはものにできませんがね!
恐らくは、小さいくせにえらく煩わしい、なのにこれ無しでは文が成り立たないコイツらは、非ネイティブに死ぬまでつきまとう最も厄介な存在なんだと思います・・・


● COMMENT ●

なっとく!

Ciao! Come stai?
buongiorno, sto bene
Se hai tempo pranziamo insieme?
⇓ ⇓ ⇓
all'uscita ovest, va bene?
OK!
a dopo
このあたりは 文字で見ると理解できるようになりましたが
言葉に出てこない、、、

Come stai?
Come vai?
などが ごっちゃになったり
degli della del'  などは  めちゃめちゃ、、、

でも よく考えたら
て、に、を、は、
等は 外国語としての日本語学習者にしてみれば
同じことですね

なっとく!!

あせらず勉強続けますヽ(^。^)ノ

>aloha44さん

aloha44さん、お気持ち分かりますよ!
読んだり、聞いたりすると理解できるのに、それを言葉にしようと思うと出てこない・・・のは、一体なぜだ?!なぜなんだーーっ!

・・・と、私も毎日そう思ってます。その度に毛細血管が2,3本切れるので危ないです。

語学学習における脳内活動って、一体どうなっちゃってるんでしょうね。
その辺一度、茂木先生に聞いてみたいです。

お互いがんばりましょうねっ!(滝汗)




管理者にだけ表示を許可する

espressione madrelinguistica ネイティブ表現 «  | BLOG TOP |  » nutella ヌテッラ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}