3749299106.jpg

2017-04

meritare ~にふさわしい - 2015.02.26 Thu

IMG_3730.jpg

Mi merito tutte queste fragole!!

これ全部もらっていいよね!!




Voi non avete qualcuno che non conoscete ancora tanto bene, per cui non sapete come trattarlo?... tuttavia vi interessa e vi sta sempre a cuore... potreste vivere senza, ma preferite fare amicizia se e` possibile...

まだあんまりよく知らなくて、だからどうつき合っていいか分からなくて、でもなーんか興味があって、気になって頭から離れない人・・・。皆さんはそういう人、いませんか?その人がいなくったって別にどってことないんだけど、でも、できることならお近づきになりたいなぁ。気ごころ知れたら楽しいかもなぁ、みたいな・・・



Infatti, io ce ne ho uno!
Non si tratta pero` di una persona, ma di un verbo.

私、います。
といっても、人じゃなくて、動詞なんですが。



che e`...
それは・・・



meritare メリターレ



Forse gli italiani non capiranno cosa c'e` di complicato, ma io, e probabilemente anche tanti giapponesi fanno fatica a capire come si usa questo verbo.

「~は~に値する」「~には~の価値がある」「~は~するのにふさわしい」といった意味の動詞ですが、これがまた難儀な動詞でしてね。ああー、もうややこしくてヤダッ!と思ってるの、私だけじゃないと思うんですよねぇ。日本語に当てはめると「アレ・・・?んんん・・・?」といちいち頭が混乱する、できれば関わりたくない動詞。だけど、いい意味で使えば、とても素敵な動詞なので、できれば克服したいような・・・。



Per esempio, se ho un amico che lavora veramente tanto, lo posso consolare usando o transitivo o riflessivo del verbo meritare:

たとえば。会社でものすごく働かされている友だちがいるとします。meritare を使って励ますには、他動詞的用法か、再帰動詞(意味が強まるだけで、中身は同じ)を使って、こんな風に言いますよね。


Meriti piu` stipendio!
Ti meriti piu` stipendio!

あなたはもっと高い給料に値する
あなたはもっと高い給料にふさわしい
あなたにはもっと高い給料の価値がある



cioe`, il soggetto e` "tu" e il complemento diretto di meritare e` "un buon stipendio".
Ma in base alla traduzione in giapponese, mi lascio dire come seguente, mettendo lo "stipendio" come il soggetto, anche se so che e`sbagliato:

ようするに、「あなたはもっと高い給料をもらってもいいぐらい働いてるよね」ということなんですが、日本語で考えると、「あなた」が「高い給料」に「値する」なので、「高い給料」は動詞「値する」の目的語ではないわけですね。
さらに、「もっと高い給料」が「あなた」には「ふさわしい」と考えると、まるで「給料」が主語、「あなた」が間接目的語のような感じすらします。
一方、イタリア語では、「あなた」は「高い給料」を「手に入れる資格がある」という考え方をするので、「給料」が動詞meritareの直接目的語なわけです。
すでに頭がフラフラしてきましたが、結論(もう結論?!)は、ついこう言いたくなっちゃうってことです。


Ti (=A te) merita un buon stipendio.

あなたにはもっと高い給料がふさわしい



Mi trovo sempre a pensare che un buon stipendio puo` essere appropriato a te che lavori cosi` tanto.

イタリア語では、価値を認められているのは「あなた=主語」で、どんな価値を認められているかを「もっと高い給料=目的語」で表す!!・・・って、ここまでオケー?




imagesD97TQNCB.jpg

君(の活躍・功績・魅力・ひっくるめて全部)に乾杯




Faccio gli altri esempi:
他の例いきます。○が正しくて、×は私の思考回路です。



Merito / Mi merito un bel voto, perche` ho studiato tantissimo.
A me merita un bel voto...

私はいい点を取って当然だ(←取るに値する)、だってものすごく勉強したから

Paolo merita / si merita una lode.
A Paolo merita una lode.

パオロは称賛に値する

Quel criminale merita / si merita una punizione più pesante.
A quel crinimale merita una punizione piu` pesante.

あの犯人は、もっと重い処罰を受けてもいい(←受けるに値する)

Non meriti / Non ti meriti la tua moglie.
A te non merita la tua moglie.

君にはもったいない奥さんだ(←君は、君の奥さんにふさわしくない)




Se vuoi mettere un verbo dopo, puoi continuare con "di + infinito".

「~するのにふさわしい」と、動詞を続ける場合は、di+不定詞になります。


Meriti / Ti meriti di prendere una vacanza, perche` hai gia` lavorato tanto.

君はすでにすごく働いたのだから、休暇を取ったっていい(←取るに値する)

Il signor Rossi merita / si merita di essere stimato.

ロッシ氏は、尊敬に値する (←尊敬されるに値する)





imagesZA4H1P4Z.jpg

悪い娘(こ)だね・・・ 
お尻ペンペンしちゃうぞ・・・

(君はたくさんのお尻ペンペンに値するぞ)




Poi al passato mi diventa piu` complicato.

みんな、ついて来てるかーい?
次は過去形です。またまたややこしいです。


Ho meritato / Mi sono meritato/a un bel voto, perche` avevo studiato tantissimo.
Mi (=A me) ha meritato un bel voto...

私は、いい点を取って当然だった、だってものすごく勉強したから

Paolo ha meritato / si e` meritato una lode.
A Paolo ha meritato una lode.

パオロは、称賛に値した

Quel criminale ha meritato /si e` meritato una punizione più pesante.
A quel crinimale ha meritato una punizione piu` pesante.

あの犯人は、もっと重い処罰を受けてもよかった(←受けるに値した)

Non meritavi / Non ti eri meritato la tua moglie.
A te non meritava la tua moglie.

君にはもったいない奥さんだった(←君は、君の奥さんにふさわしくなかった)




Con i pronomi si fa ancora piu` complicato!!
Neanche adesso, mentre parlo, non riesco a capire all'istante perche` deve essere cosi` la struttura. Dico cosi` solo perche` dicono che si deve dire cosi`.

ここに直接目的語代名詞が入ってくると、もうやってらんないです。どうでもよくなること請け合いです。 しかもホラ、他動詞と再帰動詞の両方あるからね、ちゃぶ台バーンッなわけですよ。
冷静に並べて書くと、ふ~ん・・・と納得しますが、たとえ奇跡的に言えたとしても絶対よく分からないで言ってます、私。こういうことになってるらしいから、とりあえずそう言っとけ的な。



Un bel voto, l'ho meritato / me lo sono meritato (lo = un bel voto), perche` avevo studiato tantissimo.

私は、それを取って当然だった、だってものすごく勉強したから (それ=いい点)

Una lode, Paolo l'ha meritata / se l'e` meritata. (la = una lode)

パオロはそれに値した (それ=称賛)

Una punizione più pesante, quel criminale l'ha meritata / se l'e` meritata. (la = una punizione piu` pesante)

その犯人は、それを受けてもよかった(←受けるに値した) (それ=もっと重い処罰)

La tua moglie, non la meritavi / non te la meritavi. (la = la tua moglie)

彼女は、君にはもったいなかった(←君は、彼女にふさわしくなかった) (彼女=君の奥さん)




donna-incazzata.jpg

Non potete immaginare
quanto e` complicatooooo!!!! 

いったいなんなんだーーーーーーっ!!




Insomma...
ふぅ~、やれやれ・・・ 



Mi ci vogliono quindi almeno 10 secondi per dire delle frasi semplici come "Secondo me le vacanze te le meriteresti.", "I film di Hayao Miyazaki hanno meritato un gran successo","A chi lo dici?! Io non merito i tuoi rimproveri!" ecc...

一事が万事こんな感じなもんで、たとえば、Secondo me le vacanze te le meriteresti「あなたはバカンスを取ってもいいと思うのよ(それだけのことをちゃんとしたんだから)」とか、I film di Hayao Miyazaki hanno meritato un gran successo「宮崎駿の映画は大成功を収めるだけのことはあった」とか、A chi lo dici?! Io non merito i tuoi rimproveri!「誰にもの言ってんの?アンタの非難を受ける筋合いはないよ!」とか、そういう単純なことを言うにも、少なくとも10秒はかかるわけです(10秒で言えたら恩の字)



Sinceramente a me non importa, potrei vivere tutta la mia vita senza usare questo verbo nemmeno una volta fino alla morte!
Pero`... e` anche vero che ne sono sempre consapevole nell'angolo della mia testa, e in realta` vorrei possibilmente frequentarlo piu` francamente...

冒頭で申しましたようにね、こんな厄介なら、一生死ぬまで一度も関わらなくったってぜ~んぜん平気。ちっとも困らないんですよ、私はね!
でも・・・。
強がってみたところで、いつまでも解決できない存在として、頭の片隅でいつもモヤモヤと意識しているのも事実。この際、ズバッと迫って、フランクにつき合える間柄になりたいものです。



P.S. Ho scritto tanto. Se troverete qualche errore, fatemelo notare! Grazie!
長々と書きましたので、誤りを見つけた方はどうか教えて下さいね!





● COMMENT ●

Showcian penso che il tuo problema si possa risolvere con la pratica: non so se alla scuola di Italiano te l’hanno insegnata, ma ti aiuterebbe fare esercizi di analisi logica delle frasi.v-290
Comunque mi hai fatto morire da ridere con l’immagine che dice “ti meriti tante sculacciate”, probabilmente non conosci quel signore ed è meglio che non ti dica chi è. v-411

>caro Matteo

Ma chi e` quel signore???!!!!
Dimmi, dimmi, dimmi, mi hai incuriosito!!!!!

Showcian quel signore si chiama Rocco Siffredi ed è un famoso attore di film porno. v-411

>caro Matteo

・・・(゜▽゜;;;)!!!・・・


管理者にだけ表示を許可する

festivita` 祝祭日 «  | BLOG TOP |  » Un regalo da un'allieva 生徒さんからのプレゼント

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

Circolo Massimo

corso d'italiano イタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (86)
grammatica 文法 (38)
espressioni 表現 (98)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (49)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Italiano-juku イタリアーノ塾

Skypeレッスンはいかが? マレンマ満喫ホームステイはいかが?

KLA 九段アカデミー

東京市ヶ谷にあるイタリア語の学校です

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Digiscoping di Stefano

Stefanoの自然写真館

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}