IMG_9150.jpg

2017-05

gap generazionale ジェネレーション・ギャップ - 2015.06.04 Thu

P52404171.jpg

O' cibo mio!

オーチーボミーオ!

(チーボ=ご飯)




Ora sto facendo un corso intensivo per un impiegato di una ditta che va in Italia per lavoro il mese prossimo. Dice che rimarra` li` per circa un anno. (Beato lui! )

イタリアに赴任が決まっているビジネスマンの方に、ただ今、直前集中レッスンを行っています。赴任は、来月から1年間の予定だそうで、何ともうらやましいことであります (遊びに行くんじゃないんだぞ)



Per il momento abbiamo fatto 13 ore di lezione in tre giorni, e sto capendo che e` una persona che ha buone maniere - anche se e` un giovane di 28 anni - e si vede che intende affrontare lo studio con la massima serieta`. Infatti, prende gli appunti in modo preciso, ripete fedelmente tutte le parole e frasi che gli spiego, e prova a dirle tante volte anche fra di se` cercando di apprendere un'intonazione corretta e naturale. Mamma mia, chi si sarebbe mai aspettato che ci fosse un allievo ideale cosi`?! Complimenti davvero!

今現在、3日間で13時間のレッスンをこなしたとこなんですが、その生徒さんの折り目正しい人となりが段々分かってきました。
私が、ボンジョルノ~と呑気に現れた時には、必ずもう席についてテキストを広げていて、ニッコリきっちり挨拶と共にレッスンがスタート。30前の若者とは思えない、その律儀な姿勢にこちらが感動の涙を浮かべていると、青年は、私が説明する単語一つ、文章一つを几帳面にノートに書き留め、耳にしたフレーズを声に出してくり返し、自然で正しいイントネーションを習得しようと、さらに自ら独り言のようにゴニョゴニョ言い続け、練習問題はなるべく何も見ないで答えようと、目をつむってトライ!
な、なんなんでしょうか、このハイクオリティな姿勢は!こんな模範的な学習者がいようとは、誰が想像できたでしょうかっ!もう、先生、嬉しくて泣いちゃう!




1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif1008_a945a62ca31f7390d638b55d5d262573_201506042334330b1.gif





Ieri abbiamo studiato gli aggettivi. Quando s'impara sugli aggettivi, si deve sapere che in italiano l'aggettivo viene di solito dopo il sostantivio, che e` una regola che non esiste ne` in giapponese ne` in inglese:

で、昨日は形容詞の勉強をしました。形容詞を習う時、イタリア語では、形容詞は名詞の後にくることが多い、という、日本語にも英語にもないルールを知る必要があります。


una penna rossa
a red pen
あかいペン

un libro interessante
an interesting book
おもしろい ほん




Sapendolo, gli allievi di solito rimangono sorpresi, ed anche lui lo era.
Per renderli piu` convinti con un esempio familiare per i giapponesi, cito sempre il titolo di una canzone napoletana conosciutissima in tutto il mondo, e questo esempio funziona sempre bene per fargli dire "Ah, ho capito..."

これを聞くと、大抵の生徒さんは「なんだそれー、変なのー」みたいな顔をします。その彼もやはり、「ふぅーん・・・」と驚きを隠せない様子でした。
この、イタリア語独特のルールを、日本人に身近な例を取り上げて説明すべく、私はよく、世界中で有名なナポリ民謡のタイトルを引用したりするんですが、大抵の人にはそれで「なるほどねぇ~」とご納得いただけます。



Quindi anche questa volta gli ho chiesto con un aria sicura:
そこで、青年にも、やや自信あり気に聞いてみました。




: 『オー・ソーレ・ミーオ』っていう歌、知ってますよね?
Conosci la canzone "O' sole mio", no?





: いや、知りません
No, non la conosco 






!!!!!!!!!!!!!!!!(゜▽゜;;;)!!!!!!!!!!!!!!!!







Davvero, davvero...?
そ、そうか、知らないか・・・





OK...... scusa, e` colpa mia, non avrei dovuto credere troppo che non ci fosse nessuno che non la conoscesse!

うん・・・分かった。私が悪かった。日本人で知らない人はまずいないだろう、なんて思い込んでた私が間違ってた!




0000937958_500.jpgE` una canzone pubblicata nel 1898, e il periodo in cui c'e` stato un boom delle canzoni italiane in Giappone e` stato negli anni '60-'70, quindi sarebbe anche probabile che non l'abbia mai sentita un giovane come lui...
Con questo titolo gli volevo spiegare che persino l'aggettivo possessivo viene dopo il sostantivo quando vuole dare un'enfasi, e cosi' la sfumatura della frase cambia molto da quella normale "il mio sole".

なんつったって、120年近くも前の、1898年の歌だし、日本でイタリアン・カンツォ-ネが爆発的にブームになったのも1960~70年代ですもんね。青年は生まれてもないし、親御さんがカンツォーネにご興味なかったら、さすがのオーソーレミーオも出る幕なかったかもしれません。
ナポリ語の O' sole mio の O' は、定冠詞 il のことですが、「私の太陽」が mio sole ではなくて、sole mio 「太陽、私の」になってるとこがミソで、所有形容詞 mio さえも名詞の後に来ちゃう。君は誰のものでもない、僕の太陽だ!!と強調したい場合は、後にもってきちゃう。
名詞と形容詞の位置関係を、このタイトルを利用して説明するのが、私のいつものネタだったわけです。




Ma comunque lui e` riuscito ad "accettare" questa regola grammaticale della lingua italiana senza mio aiuto, non gli era necessario fare una spiegazione di troppo, e ne sono molto contenta.

でも、そんな余計なネタを言わずとも、若者はこのヘンテコな文法ルールを粛々と受け止め、もう次に進んでおりました。オーソーレミーオを知らないと言われて、固まった私を涼しくスルーしつつ・・・




La sfida del giovanotto continua...

彼の挑戦はまだまだ続きます・・・


● COMMENT ●

いいねーーー!

ほほ~。そんなに勉強熱心なんだー。いいじゃないのー。で、なになに、目をつぶって練習問題にトライだって?
もうーーー、ハグハグしたくなっちゃうくらい、熱心ねぇ。生徒さんが熱心だと、教えるほうも気合いがはいるよね。
私は、フラ語のレッスンで、勉強しないでいったら「そんなに勉強しないともう教えてあげない」と怒られたことがあります。笑。(←反省してない)
そうか、辞令がでたら「ハイ、すぐ行って。すぐイタリア行って」ってな感じなのねー。でも、若いんだもん、きっとすぐにイタリア語を覚えて、現地ではイタリア美人と「アモーレ」な事もあったりするわよーー。
あー、羨ましいわねぇ(と、妄想が拡大するワタクシ。笑)

いつも、前向きでイタリア語のエキスパート、勉強熱心なShowcian
素敵だねーーー。応援してるよ(^^)

Credo che oggi anche molti italiani, me compreso, di quella canzone ne conoscano solo il ritornello. v-411 Comunque Showcian attenzione perché ‘O sole mio non è non è scritta/cantata in Italiano ma in Napoletano che è una delle tante lingue e dialetti neolatini che convivono con l’Italiano, e anche se sembrano simili hanno molte differenze, quindi usarla come esempio per qualcuno alle prime armi che vuole imparare l’Italiano potrebbe essere tutt’altro che utile. v-290

>neigeちゃん

そうなの!その場でがんばって覚えようとして、ごにょごにょ何度も言っては、最後は力尽きてつっぷしちゃったりするんだけど、いいのよ、いいのよ、そんなにがんばらなくったって!ゆっくり覚えればいいんだからね!って、必要以上に温かい目で見守ってしまう私。
ほんとにスバラシイ生徒さんだわ。教師がこんなでごめんなさいって感じ。

初めての海外赴任、しかもそれがイタリア!
宣教師としては、これがきっかけで彼の人生がイタリアンになることを祈ってやみません。

>caro Matteo

>>...potrebbe essere tutt’altro che utile

ahahaha! Siii, lo so che non e` "italiano"! Volevo solo utilizzarla per spiegare la differenza tra "il mio sole" e "il sole mio".

Ma questa volta ho imparato che le vecchie canzoni italiane le conoscono solo le persone di certa eta`, forse sulla quarantina...


管理者にだけ表示を許可する

Frecciarossa1000 新高速列車フレッチャロッサ «  | BLOG TOP |  » con la testa o con il cuore? 頭で、それとも心で?

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (39)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (4)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (8)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (19)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (42)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (18)
etc その他 (69)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}