IMG_9134.jpg

2017-06

Una coincidenza miracolosa 奇跡の一致 - 2010.01.20 Wed

038-1.jpg

Ciao a tutti! 皆さん、こんにちは!



Circa 10 ann fa quando abitavo a Fukuoka insegnavo italiano ai principianti a casa mia...no...e’ troppo arrogante dire “insegnavo”... organizzavo un piccolo gruppo in cui venivano delle ragazze interessate in Italia. Quasi tutte erano di Fukuoka.


Un giorno una fra di loro non poteva venire in tempo. Mi ha chiamato e detto:


“すみません、あと20分で来ます! sumimasen, ato nijuppunde kimasu” (Scusa, vengo in 20 minuti)


裂裂裂 Eeh?! “来ます (vengo)”???!!!


Sia in italiano sia in inglese si usa il verbo venire quando si parla con qualcuno verso cui si dirige.


A: Showcian, vieni qua!
S: Si’, vengo subito!

A: Showcian, come here!
S: Yes, I’m coming right now!



In giapponese invece, cioe' in giapponese generale diciamo, si usa andare”.


A: Showcian, おいでよ! oideyo (vieni qua!)
S: うん、すぐ行く! un, sugu iku (Si’, vado subito!) [行く iku = andare]


Ma con mia sorpresa, a Fukuoka si usa "venire"


A: Showcian, おいでよ! oideyo(vieni qua!)
S: うん、すぐ来る けん! un, sugu kuruken (Si', vengo subito!) [来る kuru = venire]


Dopo ho saputo che e’ un dialetto di Fukuoka! (“けん ken” e’ un suffisso del dialetto fukuochese)


Ma come si poteva immaginare che c'era l'uso comune di verbo "venire" tra italiano ed un dialetto regionale del Giappone?! Fantastico 烈 !


Praticamente i principianti fanno fatica a comprendere se devono usare sia "venire" o "andare", perche' da noi e' contrario come avete visto prima.


io: Come risponderesti a questa domanda? "Domani vado alla festa. Vieni anche tu?"
A: Ummm..."Si',
vado anch'io." (tradotto da "うん、私も行く un, watashimo iku)
io: Nooooo, devi dire "Vengo anch'io", eh!


Ma le ragazze fukuochesi li manovravano tranquillamente, anzi, sembravano di non aver capito perche' ghiel'ho fatto una spiegazione con tanto entusiasmo 秊

810.jpg

Vengo subito!!! すぐ行くよ!!!

***********************


10年ほど前に福岡に住んでいたころ、自宅で初級者にイタリア語を教えていました…あ、いや、「教えていた」だなんてちょっとエラそうだな…小さなサークルもどきを作って、イタリア大好きな人たちに来てもらってました。来てくれてた彼女たちはほとんどが福岡出身。


とある日、一人の子が少し遅れて来ることになり電話をしてきました。


「すみません、あと20分で来ます!」


裂裂裂 え?今なんて?「来ます」令


イタリア語でも英語でも、自分が今そっちに向かっている人に対しては「venire, come 来る」を使いますよね。


A: Showcian, vieni qua! (Showcian, おいでよ!)
B: Si', vengo subito! (うん、すぐ行く!)

A: Showcian, come here!
B: Yes, I'm coming right now!



でも日本語では一般的に「行く」を使うわけです。


A: Showcian, おいでよ!
B: うん、すぐ行く



ところが驚いたことに、福岡では「来る」を使うのであった 囹


A: Showcian,おいでよ!
B: うん、すぐ来るけん!



後にそれが福岡の方言であることを知りました。(「けん」もですね~。いいですね~。大好き、この「けん」)


それにしてもオモロイなぁ。イタリア語と日本の一方言の間にこんな共通点があるとはなぁ。


実際、この「venire 来る」と「andare 行く」のどっちを使えばいいのか、イタリア語初級者にはちょっとややこしい問題なわけです。


私:じゃこの質問にはどう答える? 『Domani vado alla festa. Vieni anche tu? 明日のフェスタに私は行くけどあなたも来る?』
A: えーっと…『Si',
vado anch'io. うん、私も行く
私:ブッブー 廉 『Vengo anch'io 私も来る』だよ~ん。


福岡の彼女たちはそれを難なくクリア。
というより、この人はなんでこんなにこのことを熱く説明しているのだ?という顔をしていました。
いや~まいったまいった 蓮



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/72-34fc3cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Se io avessi un cervello di 3 anni...3歳の脳だったら... «  | BLOG TOP |  » Non sto scherzando, mica male! 冗談抜きで悪くないんだってば!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (40)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (5)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (17)
etc その他 (70)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}