P2122864 (2)

2017-09

sono tornata! 帰ってきたよ! - 2015.10.25 Sun

IMG_6423.jpg

ma dove t'eri cacciata...

どこ行ってたんだよぅ・・・





Ciao a tutti!!! TADAIMA!!! Il 22 ho fatto il back to the future di 7 ore dall'Italia! (poco fa ho saputo che da oggi 8 ore)

ただいま~!!22日、イタリアより7時間バック・トゥ・ザ・フューチャーしてきました!(今日から8時間、ってさっき知った)




Certo che quando sono partita dall'aeroporto di Venezia ero nello stato d'animo cosi`

ヴェネツィア空港を発つ時は、もちろん


20100606_817125.jpg

ma pazienza, tutto cio` che ha un inizio deve avere una fine, e con questo non c'e` niente da fare...

こんなんでしたが、ま、初めがあれば必ず終わりもあるわけで、こればかりは仕方ありませんわね・・・。




Grazie a tutti i miei carissimi amici che mi aspettavano li`, tutti i giorni erano come un sogno, un bellissimo sogno da non poter sembrare reale.
Ed e` stato anche un tempo prezioso per me in cui parlavo e ascoltavo solo italiano per 24 ore su 24 ore! Spesso mi sentivo frustrata dal fatto che con il mio italiano non riuscivo ad esprimermi bene quello che volevo dire, ma comunicando con gli amici in italiano, mi sono resa conto di nuovo di quanto s'impara molto dagli orecchi!

イタリアで待っててくれた友人たちのお陰で、毎日が夢のようでした。ホントにこれってホント?みたいな感じでねぇ。
そんな夢うつつの日々も楽しかったんだけど、24時間中24時間、イタリア語オンリーという環境に身を置く、ということ自体が、私にとってはとても貴重な時間でした。
ウキーッ!なんでこんなことも言えないんだよぅ!と、自分の乏しいイタリア語にフラストレーション起こすこともしばしばありましたけど、イタリア語で会話をしていて改めて思ったのが、語学を耳から吸収していく大切さです!



Dumbo_3.gif




Infatti i miei orecchi hanno afferrato tante parole durante il discorso con gli amici, che conoscevo gia` come i vocaboli "sul dizionario" ma non erano quelle che riesco ad usare in modo "vivo".

おしゃべりしていると、おのずと色んな単語が耳に入ってくるわけですが、「辞書で覚えた意味」は知っている言葉でも、「生きた言葉」としては使えない、あるいは使ったことがないものが、それこそわんさかありました。




Avrei dovuto prendere appunti di tutte, ma quelle che mi restano ancora in testa sono queste:

イタリア人が話すスピードと量にメモが追いつくわけもなく、今になって全部書き留めておくんだったな~、なんて思いますが、やけに頭に定着したのは次のようなものです。



Ne vorrei un altro uguale もうひとつ同じものを下さい

A Firenze mentre facevo spese con la mia amica giapponese N, che vive da piu' di dieci anni in Italia, ha chiesto al commesso cosi`.
Ma cosa c'e` di particolare? Forse voi penserete cosi`. Beh, infatti, e` un semplice pronome + aggettivo, per me pero` "un altro uguale" e` stata una fresca espressione!

日本人の友人Nちゃんは、今やもう在伊10年以上なんですが、一緒に買物をしている時に、ある物を買おうとして彼女が店員さんにこう言ったんです。
ん?これがなにか?と思われる方も大勢いると思います。altro uguale って、ただの代名詞+形容詞の組み合わせですもんね。でもねでもね、なーんかとっても新鮮に思えたんですよー。そうか、そういう風にいうのか!って。


Buttati a sinistra! 左に行け!

Stefano e Luigi, i miei amici di Veneto, mi hanno portato in macchina ai tanti posti diversi.
Mentre guidava Stefano, di tanto in tanto ha chiesto a Luigi in quale direzione deve girare: "Ehi, qui a destra?!" e Luigi risponde: "No, no, no, buttati a sinistra!"
Il verbo riflessivo "buttarsi" lo usavo solo nelle frasi come "si e` buttato dalla finestra", "ero molto stanco e mi sono buttato sul letto", ecc, per cui lo grido di Luigi mi ha fatto impressione.

ヴェネトの友人、ステーファノとルイージは、この度ほんとに色んな所に連れて行ってくれました。
で、ステーファノが運転中にルイージに道を訊くんです。「おい、ここ右?!」って結構直前に。それに対するルイージの返事が、 「No, no, no, buttati a sinistra! ちがちがちがっ!左に行け!」
再帰動詞 buttarsi は「自分で自分を投げる」ってことで、si e` buttato dalla finestra「彼は窓から身を投げた」とか、ero molto stanco e mi sono buttato sul letto「すごい疲れてたから、ベッドに倒れ込んだ」なんていう時に使うことは知ってたけど、「左に身を投げろ!」という表現はとっても印象的でした。


Allora, approfittiamo! じゃ、そうするか!

Non mi ricordo bene in quale situazione sia stata, ma mentre parlavamo sull'itinerario del giro in macchina, uno ha proposto un'idea di andare in un posto, e l'altro ha risposto "Si`, allora approfittiamo!"
Se non mi sbaglio, forse significa "approfittiamo di questa occasione per passare in quel posto", ma siccome in tal caso dicevo sempre "ok, facciamo cosi`!", mi e` stata una fresca sorpresa.

会話の前後は忘れちゃったんですけど、今日のドライブどうする~?みたいな話をしている時、ほんじゃここ行かない?という意見が出まして、それに対する相槌がコレ。
approfittarsi di~「~を利用する」と丸暗記している頭としては、これはきっと approfittiamo di questa occasione per passare in quel posto「この機会を利用して、そこに行ってみよう」ということなのだと思われますが、こういうシチュエーションにおいては、ok! facciamo cosi`! 「オッケー、そうしよっか!」が関の山なもんで、Approfittiamo! だけってなんかシンセーーーン!


Mi hanno incastrato! アイツらにはやられたぜ!

Il verbo "incastrare" non lo sapevo, e questa volta l'ho imparato dagli orecchi in quanto l'ho sentito dire spesso!

incastrare という動詞は知りませんでした。
「打ち込む、差し挟む」という元来の意味から、「にっちもさっちもいかなくする」という時に使えるみたいで、ステーファノとルイージが日本人そっちのけで、100%イタリア人同士の会話に突入すると、なんだかやけに耳に入ってきた単語です。「まいったぜ!」「マジ参るぜ!」的な存在なんでしょうか。真似して日本人女子が使うと、ちょっとお下品な危険ワードかもしれません。(知ってる方いたら教えて)




IMG_7058.jpg



Insomma, si potrebbe imparare una lingua leggendo, scrivendo, parlando, facendo esercizi, ecc, ma il viaggio che ho fatto questa volta mi ha fatto sapere di nuovo che immergersi nell'ambiente in cui si sente solo quella lingua e` uno dei metodi piu' importanti per acquistare le conoscenze linguistiche.

てなわけで、語学学習は誰しも読んだり、書いたり、話したり、練習問題をこなしたりしながら実力アップを目指すわけですが、イタリア語しか聞こえてこない環境にどっぷり浸って、耳から覚えていく、というのは、言葉を覚える上でとても重要な方法の一つなんだなぁ~ということを、今回の旅行で改めてしみじみ感じました。
とはいっても、そうそうイタリアに行けるわけじゃないですもんねぇ。その場合は、ヒアリング重視の勉強方法が大事なのかもしれませんね。




Mi domando quando sara` la prossima occasione...

今度行けるのはいつかなぁ・・・




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

fontana sconvolgente ビックリな噴水 «  | BLOG TOP |  » Bye bye Italia!!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (93)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (105)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}