無題

2017-10

Si parla alla toscana! トスカーナ風に話そう! - 2010.01.29 Fri

020-1.jpg

Ma perche' non lo riesco a mangiare? なんで食べられないんだろう?



Frequento un corso di traduzione dall'italiano al giapponese in cui l'insegnante ci sceglie gli argomenti vari: romanzo, favola, film, ecc.
Quello dell'altra volta era un pezzo di scenario del film "La vita e' bella".


Vi ricordate della scena nella quale Guido traduce a casaccio quello che dice il caporale tedesco? 秊


Caporale:(in tedesco) Il sabotaggio sul lavoro sara' punito con la morte mediante fucilazione alla schiena!
Guido:(traduce) Ogni giorno vi daremo la classifica generale, all'ultimo classificato attaccheremo un cartello con su scritto "asino" qui nella schiena!

Caporale:(in tedesco) Quando sentite il fischietto, tutti fuori dalla camerata, immediatamente!
Guido:(traduce) Non chiedete i lecca lecca perche' non ve li danno, ce li mangiamo tutti noi!



Che fantasista questo babbo!!


A proposito, leggendo lo scenario, ho saputo una cosa che mi era molto nuova.


"Noi ci fanno entrare, noi siamo prenotati! Vedrai Giosue'...noi ci si diverte!"
劣 "La merenda? Ora vediamo...si domanda, son tutti amici qua..."



Prima non ho capito a che cosa riferivano questi due "si".
Impersonale? Riflessivo? Allora chi e' il soggetto?...
Poi ho saputo che in Toscana si usa la terza persona anche se e' NOI chi lo dice 裂 .


Che complicato!
Nella frase "noi ci si diverte", ci sono due pronomi "noi" e "ci" che indicano ovviamente il soggetto e' "noi", ma dopo viene il verbo con "si" impersonale 怜
Anche nella seconda frase, dice "vediamo" poi subito dopo dice "si domanda" nonostante che sia la stessa persona che vede e domande.


Mi chiedo se i toscani parlino cosi' anche al giorno d'oggi.

・・・

Roberto Benigni, mi piace vederlo parlare in modo molto "italiano", a volte troppo esagerato, ma a dire il vero la storia di questo film non mi e' stata tanto convincente.
Posso capire il fatto che Benigni voleva descrivere l'amore estremo del padre a suo figlio, ma se si tratta dell'olocausto lo scenario non dovrebbe essere fatto in maniera scherzosa ma fedele come "Sindler's list".
Io personalmente penso cosi'.
Voi che ne dite?

lifeis.jpg

*************************


イタリア語から日本語への翻訳コースにいま通っています。小説や童話や映画など、先生が色んな題材を取り上げてくださるのでとっても楽しいんですよ。
で、先日やったのが映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のシナリオ。


だいぶ前の映画ですけど、皆さん覚えてます?ドイツ人伍長の言うことをグイードがでたらめに通訳するシーンは笑えましたよね~秊


伍長:(ドイツ語で)労働をさぼった者は、背中からの銃殺により死刑に処す!
グイード:(通訳)毎日(ゲームの)総合順位を発表する、ビリには背中に「バカ」と書いた紙を貼る!

伍長:(ドイツ語で)ホイッスルが聞こえたら皆部屋からすぐに出ること!
グイード:(通訳)ペロペロキャンディはもらえないんだから欲しがるな、それは我々が食べるのだ!



お父ちゃん、すご~い!とっさによくこんなこと思いつくなぁ。


ところで、シナリオを読んでいて「へぇぇぇ!裂」なことがありましたよ。


"Noi ci fanno entrare, noi siamo prenotati! Vedrai Giosue'...
noi ci si diverte!"

僕らは入れてもらえるぞ、予約したんだから!見ててごらん、ジョズエ、面白いことになるよ!
"La merenda? Ora vediamo...si domanda, son tutti amici qua..."
おやつ?そうだな、訊いてみよう、ここにいるのはみんな友達なんだから


ここにある「si」が何なのか、初め分かりませんでした。
非人称?再帰代名詞?じゃ主語は誰?…
なんとそれはトスカーナ地方の表現、主語が「NOI 私たち」でも三人称を使って言うんですって 裂


ややこしいなあ、もう!
だって「noi ci si diverte 我々は楽しむ」には「noi 私たち」と「ci 再帰代名詞一人称複数」の二つの代名詞があって、主語が「私たち」であることははっきりしているのに、その後には「si 非人称+diverte 動詞三人称」が来るんですもん 怜
次の文も大概ややこしい。
vediamo (主語=私たち)」のすぐ後に、「si domanda (非人称のsi+動詞三人称)」。「vediamo」も「domanda」も主語は同じ人なのに!
  

トスカーナの人たちは今でもこんな風に喋ってるのかしらん。

・・・

ところで、ロベルト・ベニーニ。
イタリア版明石家さんまとも言うべきそのキャラクターは、吉本興業所属タレントかと思うほどに強烈です。
いかにもイタリア人らしい彼のマシンガントークは聞いていて面白いけど、時にちょっとヘビーね 殮
この映画のストーリーは正直なところ、私はちょっと違和感を感じました。
息子への究極の愛を描きたかったんだろうベニーニの気持ちは分かるんだけど、舞台がホロコーストとなると、おもしろ可笑しく演出するのはどうかなぁ…。起こった事実と、お笑い要素にあまりにもギャップがあって、ちょっとついて行けない。
やはり「シンドラーのリスト」のように冗談抜き!まじめに忠実に描くべきだと個人的には思うんですよ。
皆さんはどう思います?



● COMMENT ●

はじめまして

CIAO!はじめまして。
ネットはいかいしていたら、このブログに行き当たりまして。。。トスカーナに10年近く住んでいるもので、このSIの使い方がイタリア語的には?というところ、やっぱりそうなのねー、と思ったところだったんですよ。トスカーナ(というかフィレンツェ)って一応イタリア語が生まれたところだと自負していますけど、それなりの現在イタリア語とは違う文法使いします。このSIなんかは、今でも普通ですし、なにがちがうの?ってかんじでしょう。。。この辺の人の絶対的な間違いはMI PIACEとかA ME PIACEっていうのをなぜかA ME MI PIACEっていうことです。かなりのトスカーナ人がこれを使います。(笑)あとは過去形。南のほうと同じく、普通に遠過去つかいますよー。ではっ!

>yossyさん

はじめまして~!!トスカーナに10年ですか!e-451 そんな方にいらして頂けてすっごく嬉しいです。v-314 トスカーナはどちらですか?

>>このSIなんかは、今でも普通ですし
>>普通に遠過去つかいますよ

えええーっそれは衝撃ニュースです。ダンテ・アリギエーリに何でやねん!と今大きくツッコミを入れさせていただきました。

これからも良かったら遊びに来て下さいね!色んなこと教えて下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/75-ce11a5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Accetta il MIO rammarico! 分かっておくれよ、この気持ち! «  | BLOG TOP |  » Un corso per i bambini di asilo nido お子ちゃま講座

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (93)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (107)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}