無題

2017-11

Capacita' cerebrale di solo 1MB わずか1MBの脳内キャパ - 2010.02.07 Sun

003-1.jpg

Caravaggio mi ha decapitato! カラヴァッジョに首斬られた!


Quando scrivo le frasi in italiano, cerco di non ripetere piu' possible le stesse parole.
E' una regola d'oro nella lingua italiana e leggendo un libro noto che e' pieno di sinonimi.


Per esempio, se io trovassi le frasi incluse le parole "ammettere", "consentire", "concedere" e "approvare", le cercherei tutte e quattro sul dizionario, e finirei con il stancarmi sapendo che sono piu' o meno uguali. 兩


Per seguire questa regola, sento il bisgno di aumentare i miei vocaboli, purtroppo pero' non mi permette il cervello sempre "disc-full" di salvare le nuove parole. 輦


A proposito, mi sa che non soltanto i sinonimi ma anche il cambiare da un verbo ad un nome, e viceversa, arricchisce le frasi.

volere → avere voglia
confidare → avere confidenza
fidare → avere fiducia
conoscere → fare conoscenza
augurare → fare gli auguri
lavare → fare lavaggio
correre → fare una corsa
dormire bene → fare una bella dormita
ridere molto → fare una bella risata
mancare → sentire la mancanza

e cosi' via.


Ma qui nasce un altro problema.
Il nemico e l'incubo dei giapponesi, gli ARTICOLI 念念
In quale caso li si mette e non?
Determinato o indeterminato?
Singolare o plurale?


Uuuuu, mi fa impazzire!!!


L'imaparare una lingua non ha limite...


17754284_o3.jpg


イタリア語で文章を書くとき、なるべく同じ言葉を繰り返さないようにしています。
それはとても大事なルール…らしい。本を読んでいても、類義語のオンパレードだということに気がつきますよね。


たとえば、ammettereconsentireconcedereapprovareという単語が入った文章に当たるとします。
何コレ、何コレ、何コレ、何コレ、と4つとも辞書を引く私。
そしてこれらがほとんど全て、「認める、同意する」というような意味だったと知って、ガクーリと疲れるわけです 兩


同じ言葉を繰り返さない、という黄金のルールを守るには語彙を増やす必要性をヒシヒシと感じるんだけど、常にディスクフルな脳はそれを許さない。
ひとつデリートすると、勝手にもう二つ三つ消えちゃうんだよぉ。脳内USBメモリーくださーい。


ところで。
類義語だけではなくて、動詞を名詞にすることでも、意味は同じでも違ったニュアンスになって、文が豊かになるような気がするんですが如何でしょう。

volere → avere voglia (~がしたい→~の欲求をもつ)
confidare → avere confidenza (信じる→信用する)
fidare → avere fiducia (信じる→信用する)
conoscere → fare conoscenza (知り合う→知り合いになる)
augurare → fare gli auguri (祈る→お祝いする)
lavare → fare lavaggio (洗う→洗浄する)
correre → fare una corsa (走る→走行する)
dormire bene → fare una bella dormita (よく眠る→熟睡する)
ridere molto → fare una bella risata (たくさん笑う→爆笑する)
mancare → sentire la mancanza (~がいなくて寂しい→不在を感じて寂しい)

などなど。


しかーし、ここでまた新たな問題が。
それは日本人の最大の敵であり悪夢のような存在である、かかか冠詞 念念
いつ付けていつ付けないの?
定冠詞?それとも不定冠詞?
単数形?それとも複数形?


わあぁぁぁぁぁぁぁぁっ


・・・言葉の学習に終わりはないのである。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/79-ae19dc42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Un linquido candido e angoscioso 純白の魔液 «  | BLOG TOP |  » Un gigolo' di campagna 田舎のジゴロ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}