IMG_9134.jpg

2017-06

rubare vs derubare 盗む vs 盗む - 2016.07.17 Sun

P7160966.jpg

Mi sospetti per caso che io sia strappatrice?

もしかして、ビリビリ犯だって疑ってる?





Mentre sfogliavo un testo di libro d'italiano, mi sono imbattuta in una frase che mi ha attirato gli occhi.

とあるイタリア語のテキストをパラパラとめくっていましたら、「ん?」という文に出くわしました。




P7160947 (2)

財布とパスポートを盗まれました

Sono stato derubato del portafoglio e del passaporto.





Noooooo!! Che guai!!! Non sarebbe il caso di fare denuncia con tanta calma come il signore della vignetta, no?! (pure la polizia sembra troppo tranquilla)

えぇーーーっ!財布とパスポートだなんてえらいこっちゃ! この挿絵のお兄さん、えらく冷静に被害申告してるけど、そんな場合か?もっとこう、切羽詰まった方がいいのでは?!(警察の人もポケーっとしてるし)






... ah, scusate, il tema di oggi non e` quello.

・・・あ、すみません、今日のテーマはそこじゃないから。







Quando ho visto questa frase, l'ho trovata strana, e mi sono subito ricordata della frase che avevo scritto in un post tanto tempo fa che era stata subito corretta da un caro lettore italiano.

この文を見た時、ん?なんか変だな、と思っちゃいまして、というのは、ずいぶん前に私がブログに書いた、とある文があるんですが、すぐさまイタリア人の読者の方に直されたことがありましてね。




Il cameriere mi ha offerto un caffe`. 
カメリエーレが私にカフェをおごってくれた
→ (X) Sono stata offerta un caffe` dal cameriere. 
私は、カメリエーレにカフェをおごってもらった
→ (O) Mi e` stato offerto un caffe` dal cameriere. 
カフェが、カメリエーレによって私におごられた




La frase "Sono stata offerta..." che ho scritto e` sbagliata perché non ero io che sia stata offerta dal cameriere , ma e` il caffe`!
Ma comunque credo che sia piu' normale dire "Il cameriere mi ha offerto un caffe`".

提供されたのはカフェで、私自身が誰かに提供されちゃったわけじゃないんだから 、「私」を主語にした受動態にはならないってわけですね。(いずれにせよ、Il cameriere mi ha offerto un caffe が一番自然な言い方なんだとは思いますが)





Ecco perché la frase "Sono stato derubato..." mi sembrava strana alla prima vista, e ho pensato persino che fosse un errore... ma ho capito subito che non lo era, e nello stesso momento sono rimasta sorpresa della differenza tra i verbi "derubare" e "rubare" che vengono a volte citati come sinonimi.

そんなわけで、自分を主語にして Sono stato derubato... なんて言うと、自分自身が誰かに盗まれた、つまり体ごと誰かにワッセワッセと運ばれちゃった、とか、そういうことになっちゃわないのか?!と瞬間的に思ってしまって、うむむ、これは間違ってるんじゃ?なんて腕組みしちゃったわけですが、そうじゃないってことはすぐに分かりました。
と同時に、同類語だと思ってた derubare と rubare の間に、実はかなりの違いがあることを知って、しばし遠い目・・・



derubare ql.cu di ql.co ~から~を盗む

Hanno derubato Marco del portafoglio. 彼らは、マルコから財布を盗んだ
Lo hanno derubato del portafoglio. 彼らは、彼から財布を盗んだ
→ Lui e` stato derubato del portafoglio.  彼は、財布を盗まれた(受け身)



rubare ql.co a ql.cu ~から~を盗む

Hanno rubato il portafoglio a Marco. 彼らは、マルコから財布を盗んだ
Gli hanno rubato il portafoglio. 彼らは、彼から財布を盗んだ
Gli e` stato rubato il portafoglio.  彼は、財布を盗まれた
(財布が彼から盗まれた)(受け身)
→ (X) Lui e` stato rubato il portafoglio.




Uhh, che complicato! Chissa` perché funzionano diversamente nonostante abbiano il significato quasi uguale!

おおお、ほとんど同じ意味のはずなのに、動詞の作り自体がこんなに違うとは!
まぁ、つまりは、derubare は被害者を直接目的語としてとるから、受け身形で被害者を主語にできるけど、rubare は被害者が間接目的語になるから、受け身では主語になれないってことなんですね~。私が間違えた offrire もこれと同じ理屈ですね。





P7160948 (2)




Tuttavia, se non mi sbaglio, in italiano credo che sia piu' normale dire all'attivo piuttosto che al passivo soprattutto quando si subisce qualche danno:

とはいえ、イタリア語ではこういった文の場合、受動態ではなく能動態の方が自然と思われ。



Lei e` stata ingannata da lui. → Lui l'ha ingannata.
彼女は彼にだまされました → 彼は彼女をだましました

Sono stato sospettato. → Mi ha sospettato.
私は疑われました → 彼は私を疑いました

E` stato picchiato da suo padre. → Suo padre l'ha picchiato.
彼は父親に殴られました → 父親は彼を殴りました (他に例文なかったのか?!)




In giapponese invece si usa normalmente la forma passiva quando si trova in una situazione sgradevole, e si chiama appunto "la forma passiva del danno". Forse perché si vuole essere al centro del discorso per far compassione agli altri, ma questo non lo so esattamente.

日本語では逆に、「被害の受け身」っていう名があるぐらい、ひどい目に遭った系の文は一般的に受け身で言いますよね。自分を主語に据えて、私って可哀そうなの!という状況を前面に押し出そう、という意図からなんでしょうか。よく分かんないけど。



pose_ohno_woman.png

昨日、泥棒に入られた (kinoo doroboo ni hairareta)
(letteralmente) Ieri la mia casa e` stata svaligiata dal ladro.

変な人に見られた (henna hito ni mirareta)
(letteralmente) Sono stata vista da una persona strana.

電車の中で足を踏まれた (densha no naka de ashi o fumareta)
(letteralmente) Il mio piede e` stato pestato nel treno.





Ah, anzi, magari siamo piu' discreti che vogliamo evitare di dichiarare di chi e` la colpa, a differente dell'italiano che e` molto piu' diretto.

あ、ていうか、泥棒が盗んだ!変なヤツが見た!誰かが足を踏んだ!と直球で言うイタリア人に比べて、そこんとこをぼかして、とりあえず自分を主語にしとく、控えめな私たちってことかしら。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Arrivederci Roma アリヴェデルチ・ローマ «  | BLOG TOP |  » gli spiccioli accumulati たまった小銭

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo
mail

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (89)
grammatica 文法 (41)
espressioni 表現 (100)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (5)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (17)
etc その他 (70)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}