無題

2017-11

Arrivederci Roma アリヴェデルチ・ローマ - 2016.07.22 Fri

IMG_8922 (2)

Arrivederci Showcian!





luomodeldubbio さんの投稿作品より

Arrivederci Roma (1955)

アリヴェデルチ・ローマ


Renato Rascel

musica 作曲 Renato Rascel
testi 作詞 Pietro Garinei e Sandro Giovannini



T'invidio turista che arrivi,
t'imbevi de fori e de scavi,
poi tutto d'un tratto te trovi
fontana de Trevi ch'e tutta pe' te!

ローマにやってくる観光客よ
貴女が羨ましい
遺跡にどっぷり浸かり
いきなり目の前に広がるトレヴィの泉を独り占めできるのだから!


Ce sta 'na leggenda romana
legata a 'sta vecchia fontana
per cui se ce butti un soldino
costringi er destino a fatte tornà.

この古い噴水にまつわるローマの伝説があるの
コインを投げると
必ずここ戻ってこられるという伝説が


E mentre er soldo bacia er fontanone
la tua canzone in fondo è questa qua!

コインにキスして噴水に投げる
そして、貴女が歌う歌は


Arrivederci, Roma...
Good bye...au revoir...
Si ritrova a pranzo a Squarciarelli
fettuccine e vino dei Castelli
come ai tempi belli che Pinelli immortalò!

さようなら ローマ・・・
さようなら また会いましょう・・・
お昼にレストランホテル『スクアルチャレッリ』で集い
カステッリ・ロマーニのフェットチーネやワインを楽しむ
まるで バルトロメオ・ピネッリがローマに多くの不朽の名作を残した あの時代のように!
(18-19世紀にローマで活躍した版画家、画家、陶工)


Arrivederci, Roma...
Good bye...au revoir...
Si rivede a spasso in carrozzella
e ripensa a quella "ciumachella"
ch'era tanto bella e che gli ha detto sempre "no!"

さようなら ローマ・・・
さようなら また会いましょう・・・
観光馬車で顔を合わせ
あの「チュマケッラちゃん」のことを考えたりする
とても美人で、彼にいつも「ノー!」と言ってた彼女のことを
(ciumachella とは lumaca 「カタツムリ」→「のろまちゃん」?ローマにそんなような子が出てくるお話があるようです)


Stasera la vecchia fontana
racconta la solita luna
la storia vicina e lontana
di quella inglesina che un giorno parti`

今晩も
トレヴィの泉は変わらぬ気持ちを語っている
遠くて近いあの話を
あの日行ってしまった イギリスのあの子のことを


Io qui, proprio qui l'ho incontrata...
io qui...proprio qui l'ho baciata...
Lei qui con la voce smarrita
m'ha detto:"E' finita ritorno lassù!"

僕は、まさにここで彼女と逢ったんだ・・・
僕は・・・ まさにここで彼女にキスをした・・・
でも、あの子はここで困ったような声で僕に言ったんだ
「もう終わりよ。国に帰らなきゃ!」


Ma prima di partire l'inglesina
buttò la monetina e sussurrò:

でも、ここを発つ前に
彼女はコインを投げて囁いた


Arrivederci, Roma...
Good bye...au revoir...
Voglio ritornare in via Margutta
voglio rivedere la soffitta
dove m'hai tenuta stretta stretta in braccio a te!

さようなら ローマ・・・
さようなら また会いましょう・・・
マルグッタ通りに帰りたい
あの屋根裏部屋をもう一度見たい
あなたが私を強く強く抱きしめてくれた、あの部屋を!
(『ローマの休日』でグレゴリー・ペック扮する新聞記者ジョーも住んでいた通り)


Arrivederci, Roma...
Non so scordarti più...
Porto in Inghilterra i tuoi tramonti
porto a Londra Trinità dei monti,
porto nel mio cuore i giuramenti e gli "I love you!"

さようなら ローマ・・・
君のことを忘れることなんてできないよ
君が好きだった夕焼けをイギリスにもって行ってあげたい
トリニタ・デイ・モンティをロンドンにもって行ってあげたい
その時は、誓い合った愛と、I love you をもって行くよ
(スペイン広場の階段上にある教会)


Mentre l'inglesina s'allontana
un ragazzinetto s'avvicina
va nella fontana pesca un soldo e se ne va!

彼女が遠ざかる中
小さな男の子が近づいてきて
泉に入って
コインを拾い上げて
とっとと消えやがった!



arrivederciep11web.jpg







Ad una delle mie allieve, la signora K.S., piacciono tanto le antiche canzoni italiane, e alla lezione ci divertiamo a fare la traduzione del testo, e l'ultima volta ho avuto l'opportunita` di apprezzare di nuovo questa famosissima canzone. Le parole erano molto piu' interessanti di quanto mi ricordassi, infatti non mi ricordavo che fosse una storia di un'inglese che se n'era tornata al suo paese lasciando Roma e il suo amore.

生徒さんのK.S.さんは、懐かしのイタリアン・カンツォーネが大好き。そして、ビックリするほどよくご存じ!歌詞の内容を把握したり、そこから文法を学んだりと、毎回楽しくレッスンさせていただいておりますが、お陰でこの懐かしい名曲を改めて聴いてみるチャンスをいただきました。
いや~、じっくり聴いてみますと、中々興味深い歌詞なんですねぇ。なんせ、アリ~ベデ~ルチ、ロ~マ~♬ しか覚えてなかったもんで、ローマにさよならしたのが、イギリス人の女性だったなんて初めて知りましたよ。で、ローマのどこを見ても彼女を思い出してウルウルしてしまうイタリア人男。そういうことだったんですね~。



dc7aac58c8a199089e21d796b38585d5.jpg
Il testo e` tanto romantico da poter suscitare la voglia di tutte le giapponesi di andare a Roma , e tanti posti nominati ci ricordano l'avventura della principessa Anna e il giornalista Joe Bradley.

それにしても、なんてロマンチック!ア~リ~♬ って聴いただけで、日本人女性のハートをグッと鷲掴み 、全員がローマにゴーしたくなっちゃうほど、郷愁を誘うメロディではありませんか!
そして、トレヴィの泉に、マルグッタ通り、トリニタ・デイ・モンティなどなど、アン王女と新聞記者ジョーのアドベンチャーを彷彿とさせる場所が随所に登場して、『ローマの休日』ファンならずとも嬉しい歌詞であります。




 vacaciones2ben2broma.jpg

Annex20-20Hepburn,20Audrey20(Roman20Holiday)_03


8e4aec713a5cf43b6a1af006972d4bb3bd2a10a0_p.jpg


... ma penso che sarebbe stato meglio anche non mettere le ultime parole della canzone che "rovina" il romanzetto!

・・・とはいえ、最後の最後の歌詞は無くても良かったのではないかと。ロマンを歌い上げて、最後にコイン泥棒を登場させた意図はどこにあるのかと。



fon_01_672-458_resize_MGbig.jpg

Magari il ragazzinetto era lui??

もしかして、コイツ??
(「ダルタニアン」と呼ばれている、どうやら有名なコイン泥棒のようです)





Ah, una cosa.
Qualcuno ci saprebbe dire chi e` "ciumachella" che era tanto bella e che gli ha detto sempre "no!"?





  Curiosita` di Oggi 今日のおもしろポイント
 

E' finita, ritorno lassù!

もう終わりよ、国に帰らなきゃ!



lassu` とは、「あっちの上の方へ」という意味で、イタリアからイギリスへ帰る彼女が、「あっちの北方へ帰るわ」と言ってるわけですね。
うん、確かに。イギリスはイタリアの北。
Torno a Londra 「ロンドンに帰る」や、Torno al mio paese 「自分の国に帰る」以外に、「北へ帰る」という言い方があるのがオモロイな~と思うわけです。

A: Quando torni quassu`? いつこっちに(=私がいる北方へ)帰ってくる?
B: Torno lassu` domani. 明日、そっちに(=あなたがいる北方へ)帰るよ

A: Quando torni quaggiu`? いつこっちに(=私がいる南方へ)帰ってくる?
B: Torno laggiu` domani. 明日、そっちに(=あなたがいる南方へ)帰るよ


そういえば、北へ帰る人の群れは誰も無口で~♬ というのがありましたね。日本語も実は同じだったり?でも、南へ帰るはあまり聞かないね。


・・・とここで、以前同じテーマで既に記事を書いていたことを思い出しました。
何年経っても、同じことをオモロイと思ってる私って、どうなんでしょう・・・ 




● COMMENT ●

Salire o scendere?

In genere si dice "scendo a *città più a Sud*" , "salgo a *città più a Nord*", ma per la mia esperienza, la Sicilia fa eccezione.
Vivo a Palermo, e qui si dice "salgo in paese" (il proprio paese su una montagna a Sud di Palermo), e "scendo a Palermo", anche se la città è quella più a Nord: si fa riferimento all'altitudine!

ついこの間テレビで「ローマの休日」やってて懐かしかった!やっぱり名画です。

主語

é finita.の主語はなんですか?女性名詞なんですね。

>caro Davide-かちょ

Interessante!
Magari fanno eccezione anche in altre regioni, ne!

cara iiwata

うんうん、やっぱ名画だよね!
ジェラート食べ歩きしたり、ヴェスパに乗ったり、ギターでバーンと人の頭叩いたり、どんなに楽しかっただろうね~。ホロホロ・・・(:T_T:)

>くままさん

さすが、気がつきましたね!
そうですねぇ、la storia romantica di noi dueってところなんでしょうかねぇ。
「どうだった?」は、Com'e` andata?と、過去分詞を女性形にしますが、全部をひっくるめて la cosa「そのこと」を主語にしていると思われ、それと近いかもしれません。

ciumachella

buongiorno Showcian,
"ciumechella" è una parola dialettale romanesca che sta per "giovane ragazza".Quindi chi canta ricorda una bella giovinetta di cui era stato innamorato senza essere corrisposto.
Piuttosto il "ragazzinetto", che è un altra forma dialettale, questa volta per "piccolo ragazzo", probabilmente ruba proprio il soldo gettato nella fontana dall'inglesina, rendendo vano il tentativo di addomesticare il destino!

>caro ジャンフランコ

Ciao ジャンフランコ!
Grazie mille per la spiegazione che dovrebbe essere utile ai lettori giapponesi!
Grazie anche per farmi conoscere la parola "addomesticare il destino", infatti cerco sempre di addomesticare il destino, ma mai e` andata come desideravo! (:T▽T:)


管理者にだけ表示を許可する

vacanza vs vacanze  «  | BLOG TOP |  » rubare vs derubare 盗む vs 盗む

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (94)
grammatica 文法 (45)
espressioni 表現 (108)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (10)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (27)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (74)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}