2017-08

Troppo onore! 身に余る光栄! - 2010.03.03 Wed

006-1.jpg
Non torno ancora in gabbia まだ籠に帰るもんか


Senza temere di esagerare, posso tranquillamente affermare che questo mio blog e' basato sui vostri gentilissimi complimenti 烈 .
Scrivere un blog in un'altra lingua puo' essere un'azione coraggiosa e mi preoccupo sempre di come lo troverebbero i lettori nel leggere il mio dubbio italiano.


Quindi se non mi sarebbero arrivati i vostri commenti, ora non lo potrei continuare a scrivere.
Ogni volta che ricevo un messaggio tipo "Brava! E' molto interessante!", mi sento facilmente motivata di nuovo e mi viene voglia di salire su un albero fino alla cima!


Perche' salire su un albero???


In giapponese c'e' un modo di dire:


"豚もおだてりゃ木に登る Buta mo odaterya kini noboru"
Persino un maiale si arrampica su un albero se e' complimentato


Ma perche' un maiale? Lo volete sapere, no?


Mi sono informata poco fa per sapere l'origine di questo proverbio, e con mia sorpresa, non era un proverbio! Pensavo che lo fosse fino a 10 minuti fa 聯


Originalmente era una parolaccia che veniva usata alla regione di Aizu della provincia di Fukushima per prendere in giro una persona che si esalta troppo avendo complimenti anche se non e' la vera intenzione.


Poi uno scenaggiatore di Aizu l'ha diffuso con il suo manga "ヤッターマン Yattaa-man" negli anni '70 tramite un maiale che sale spontaneamente su un albero essendo lisciato 秊 .

41nvTuTMNoL__SL500_AA280_.jpg

Cosi' questa frase "豚もおだてりゃ木に登る Buta mo odaterya kini noboru" e' cominciata ad essere usata dalla persona se' stessa che "si arrampica" come un'espressione umile piu' che una parolaccia degli altri.


Oddio, e' diventata lunga la spiegazione del maiale
Vi volevo solo ringraziare per la indulgenza e per le gentile parole che mi danno una bella spinta! 撚

yujin-080302aL.jpg

このブログは皆さんの優しい励ましの上に成り立っていると言っても過言ではございません 烈
だいたい他の言語でブログを書こうだなんて、それ自体いい度胸。
自分の怪しいイタリア語をお読みの皆さんが一体どう思っているのか、考えただけでも穴があったらいつでも入ります 怜


そんな風にいつもオドオドしながら書いているので、皆さんの暖かいコメントがなかったらとっくのとーに辞めているでしょう。
「いいね!面白いね!」と言っていただけるだけで感涙にむせび、そりゃもう単純にまたやる気が出て、
木のてっぺんまでスルスルと登ってしまうってものです。


さて、ここでなぜ「木に登る」のか。


「豚もおだてりゃ木に登る」


って、なんで


今さっき調べて知ったんですが、これって「諺・格言」じゃないんですよーっ!知ってました?私、孟子あたりのエライ人のお言葉かと思ってました、さっきのさっきまで 聯


元々は福島県会津地方の悪態で、褒められて調子に乗っている人をからかって言う言葉だったんですって。


その後、会津出身の脚本家が、漫画「ヤッターマン」を1977年に作り、それに出てくる「おだて豚」(上の絵参照)が自ら木に登りながら♪豚もおだてりゃ~♪と言うのがきっかけで全国に大ブレイク、今や格言扱いまでされる(私だけ?)ようになったそうです。

・・・

まぁ、そんなことはいいんです 廉
つたないイタリア語にお付き合いくださる皆さんに感謝の意を述べたかったんですよぉ。完




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/88-522fd4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Cosi' perche' e' cosi' そうだからそう «  | BLOG TOP |  » Eh gia'! なるほど!

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (103)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}