2017-08

Un rischio nascosto nel giapponese 日本語に潜む危険 - 2010.03.18 Thu

002-1.jpg

Mi sto stagionando ボクも熟成中


Come abbiamo discusso nel post dell'altro giorno, ognuno ha fatica nell'imparare una lingua, ma ognuno cerca anche un proprio mezzo per procedere lo studio.


Io penso che si possa migliorare molto la lingua nell'ascoltare ed imitare quello che si parlano tra i madrelingua.
Dalle conversazioni dal vivo si puo' imparare molte parole ed espressioni appropriate per il discorso che si ha sentito.
Per questo motivo, piu' che fare quattro chiacchiere con un italiano in due, mi piace stare in tre, io e due italiani/e 


Riguardo al giapponese pero', c'e' un problemino 兩.


Come ho scritto l'altra volta, nella nostra lingua esiste la distinzione del linguaggio maschile e femminile non soltanto delle parolacce ma anche del suffisso.


Per esempio, se si tratta di questa frase


"Ieri sono andato/a alla festa e con mia sorporesa ho incontrato la mia/il mio ex!"


mio marito lo direbbe cosi':


"昨日パーティに行ったら、元彼女に会ったんだよ。びっくり①したよ!②したぜ!
(②=non si usa molto) "
kinoo partyni ittara, motokanojo ni attandayo. bikkuri①shitayo!②shitaze!


Io invece lo direi cosi':


"昨日パーティに行ったら、元彼にあったのよ。びっくりしちゃった!"
kinoo partyni ittarane, motokare ni attanoyo. bikkuri shichatta !


Se un italiano mi sentisse dire e provasse ad usare questa "~ね、~のよ、~しちゃった", sembrerebbe molto femminesco e magari tutti lo considerebbero come
un finocchio 嶺
rischioso, rischioso...


Ma questo ti succederebbe se sei a Tokyo. Non so bene come sara' in altre province che hanno anche i loro dialetti diversi.

TD6UI16F.png
Mi chiamo KABAcian


先日の語学学習に関しての皆さんの意見を読んで、みんな苦労してるんだなぁということが分かったと同時に、それぞれが独自に工夫して頑張っているのだな、ということも分かり、勉強になりました。


個人的な意見なんですが、ネイティブ同士が話しているのを聞いて、それを真似して使ってみる、というのもかなりの効果が期待できると思うんです。
生きた会話を聞きながら、「おっ、そーゆー時はその単語か!裂」「むむっ、そんな言い回しがあったのか!裂」とそれはもう興奮の連続。メモとる暇なんかありゃしませんぜ。
なので、1対1でお喋りするのもいいけれど、私+2人のイタリア人という図が自分にとっては理想的。


しかーし。
日本語に限っていいますと、そこにはちょっとした問題が。兩


前回書いたように、日本語には男言葉、女言葉が基本的にありますね。「このやろう」ばかりでなく、
語尾がね、違ったりしますね。


たとえば、この文章。


「昨日パーティに行ったら、驚いたことに元カノ/元カレに会った」


これをうちの夫が言ったとすると、


「昨日パーティに行ったら、元カノに会ったんだよ。びっくり①したよ!②したぜ!
(②はテレビのみ?秊) 


でも私ならこう言うかも。


「昨日パーティに行ったら、元彼に会ったのよ(「会ったんだ」も有り)。びっくりしちゃった!」


もし男のイタリア人が、この「~ね、~のよ、~しちゃった」を聞いて、そのまま真似して「私ね~撚」って使っちゃったら、それはもうKABAちゃんかトオルくんってことです。アッテンツィオーネでございます。


あ、でもこれって東京だったら、の話です。他県の男女言葉はどういう風になっているのかな。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showcian.blog135.fc2.com/tb.php/94-eadee04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ce l'ho fatta! やったぜ! «  | BLOG TOP |  » In pratica sono piu' raffinata 本当はもっと上品なんです

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を 勉強しませんか? ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Per inserire commenti

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (91)
grammatica 文法 (43)
espressioni 表現 (104)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (3)
proverbi 諺 (6)
ITA in JP 日本の中のイタリア (50)
canzoni italiane イタリアの歌 (59)
canzoni giapponesi 日本の歌 (25)
cibo italiano イタリアの食べ物 (9)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (8)
giapponese 日本語 (20)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
ricordi 想い出 (44)
ringraziamento 感謝 (26)
pubblicita` 宣伝 (16)
Circolo Massimo (19)
etc その他 (73)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Benvenuti ようこそ

free counters

ジオターゲティング

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

Free area

RSS

.new {color:red; font-weight:bolder;}